教えて掲示板の質問

「無意味な嫉妬心に縛られて苦しんでいます」に関する質問

  • 受付終了

こだまさん

初めまして。
お世話になります、こだまと申します。


私は以前家庭持ちで子供もいたのですが同じ会社の19歳年下の女性との関係で家庭を壊し、離婚しました。

今は慰謝料と養育費を払いながら自分は実家に移り住んで生活しています。


その彼女は私の離婚後に私を振って別の男性と付き合い始めました。

とは言え彼女はまだ今の職場にいて、仕事上毎日顔を合わせています。


問題は別れてから1年半も経つのに私が彼女に固執し続けていることです。


私は職場の(年下の)上司と非常に折り合いが悪く、何度も揉め事を繰り返しています。

その上司が彼女のことを非常に気に入っていて頻繁に話しかけるのが私は非常に嫌です。
その上司も私と彼女の過去の関係にうすうす気づいている様子で私と彼女が
接触するのを嫌っているのが態度でわかります。


彼女にはすでに振られていますから別にヨリを戻したいとかではないのですが、
その上司が彼女にちょっかいをかけるのが我慢できません。

仕事ですから会話や接触があるのは当たり前でそんなことにいちいち嫉妬してもしょうがないのはわかります。
ですが、頭では分かっていても心がどうしても納得してくれないのです。心は今でも彼女に囚われたままです。


最近は上司と彼女が立ち話をしているのを見かけるだけで酷く心が乱れて仕事が手につかなくなるほどで
自分でも本当にどうかしていると思うのですが、全く制御できません。


彼女が結婚でもして会社を去ってくれればこの執着、嫉妬心に囚われることもなくなると思います。
見なければ、聞こえなければ気にせずにいられるのです。


ですが、私の隣が上司の机、彼女の机はその向こう隣ですから仕事をする以上見ないことも耳を塞ぐことも出来ません。
また彼女に結婚や転職を勧めることも(当たり前ですが)出来ません。


嫉妬心にとらわれてもう毎日が地獄のようです。家族を裏切った罰でしょうか。
こんなに苦しむくらいなら消えてしまいたいです。


気を紛らわせるためにサークル活動参加など考えましたが、残業が多く平日の活動は不可能です。

友人も少なく事情を知っているのは二人だけ、相談しても答えは出せませんでした。


四十路にもなって情けない話ですが、この呪いのような執着と嫉妬心をどうしたら消しされるのでしょうか?
私が転職するしかないのでしょうか?

ついに今日、そのことが辛くて仕事を休んでしまいました。

このままでは心が壊れそうです。どうか助けてください。

違反報告

2014年6月11日 14時02分

教えて掲示板の回答

カウンセリング 催眠療法(ヒプノセラピー)の総合セラピールーム

>無意味な嫉妬心に縛られて苦しんでいます

無意味と自覚しておられるようですが、

どう無意味なのか、なぜ嫉妬・執着するのかという事だと思います。

>最近は上司と彼女が立ち話をしているのを見かけるだけで酷く心
>が乱れて仕事が手につかなくなるほどで
>自分でも本当にどうかしていると思うのですが、全く制御できません。

彼女の机はその向こう隣ですから仕事をする以上見ないことも耳を塞ぐことも出来ないという状況ですから環境を変えるか心を変えるかだと思います。

環境を変えるというのは転職ですが、難しいと思います。

心を変えるという事は行動を変えるという事です。

心理カウンセリング後に、どう行動を変えれば、執着から逃れ、楽になるかだと思います。

http://healing-sweet.net/ryou/index.html


違反報告

2014年6月12日 23時25分


お礼コメント

お忙しい中お時間を割いていただき有り難うございます。

いろいろな方にご意見やアドバイスを戴けましたので、その中からまずは出来ることを実践したいと思います。

どうしてもダメならまたお世話になることもあるかと思います。
その時はよろしくお願い致します。

有難うございました。

2014年6月14日 23時23分

コスモ スピリチュアル ラボ

はじめまして、シリウスと申します。

不倫は、「負のカルマ」として、インプットされます。
負のカルマは、必ず解消しなければなりません。
出来ましたら、来世で解消するのではなく、現世で解消するのが望ましいのです。

今、あなたが置かれている条件は、
現世で「負のカルマ」を解消しなさいいうことなのかもしれません。

振られるのは当たり前なのです。
彼女にとっては、奥さんがいる貴方を好きになったのです。

ハラハラ、ドキドキする恋に恋をしていたのです。
貴方に恋をしていたのではないのです。
ですから、貴方が離婚をしたので、恋が冷めてしまったのです。
ただ、それだけなのです。

目を覚ましてくださいね。


違反報告

2014年6月12日 22時24分


お礼コメント

お忙しい中お時間を割いていただき有り難うございます。

なるほど、不倫とはそういうものなのですね。

それは分かりましたが「負のカルマ」を解消する方法というのは「善行」を積むとこですか?それとも「苦痛」を受け入れることですか?あるいは自分自身の「成長」とか…?

今後の参考にしたいので宜しければおおまかに教えて頂けるとありがたいです。

2014年6月14日 20時53分

心理カウンセリングルーム「My essence Cafe」

こだまさん、はじめまして。心理カウンセラーの高橋と申します。

お悩みを読ませていただきました。


ご自身で選んだ行動とは言え、とても辛いお気持ちで過ごされていらっしゃるのですね。
年齢に関係なく「失う」と思うと、とても寂しく、辛く、苦しい気持ちでいっぱいになると思います。


そのお気持ちの中で、こだまさん自身が本当は何をどうしたいのか?が見えなくなってしまっているのではないかと感じられました。

本当の気持ちはどこにあるのでしょう。

元彼女に執着しているのか、

上司との折り合いが悪くて上司が関わることすべてに怒りや憎しみの感情が向いてしまうのか・・・この場合上司が誰と何を話していてもそこにいるだけで怒りなどの感情が出ているのではないかと思います・・・

離婚をされて失ったご家族の大きさを感じてご自分を責める気持ちが外に向いているのか・・・答えは1つではないかも知れませんよね。


これからは、こだまさんの人生をどういうものにしていきたいか?ということに向き合うときだと思うのですが、いかがでしょうか?


恨みつらみや怒りでいっぱいのものを選ぶのか、

そこにある学びはなんだったのか?をご自分で認識して、前を向かれる道を選ばれるのか?

寂しくて動かない自分を選ぶのか・・・、

どんな人生を選んでも自由です。

その選んだ人生が、こだまさんにとって歓びのあるものであるといいなと思います。

これからどんな人生を選びたいか?どんなご自分になりたいのか?ということを、整理してみてはいかがでしょうか?


時間がかかるかも知れません。
むしろかかって当然だと思います。
ゆっくり、今までのご自分と向き合うタイミングにきたのかも知れません。


今の環境がお辛いのでしたら、転職も一大決心だと思いますが、環境を変えてみるのも1つの方法ですよね。

1つ1つをよく吟味されて、「自分は本当は何を求めているのか?」に焦点をあてて、選ばれるといいのではないかと思います。








違反報告

2014年6月12日 16時43分


お礼コメント

お忙しいなかお時間を割いていただき有り難うございます。

他の方が仰っていましたがきっと私の「器が小さい」のです。
皆さんお優しいのでグサッと来る言葉は避けて戴いてますが、私自身がそう思いますから間違いないです。

それならもう器を大きくする方法を考えるしかないですよね。
なりたい自分を描いてそのために必要な努力をする。

簡単ではないですがビジョンを明確にすれば少しずつでも進んでいけるような気がします。新しい出会いがあった時に今より一回り大きな自分になっていられるように頑張ってみます。

有難うございました。

2014年6月14日 20時45分

カウンセリングスペース フィールマインド

こだまさんはじめまして。
フィールマインドカウンセラーの小日向るり子です。

心の持っていきかたについては他のカウンセラーの先生方が回答されていらっしゃいますので、私は別の方向から1つの考え方をお伝えします。

こだまさんはご自身で最後に書いていらっしゃいますよね。
「私が転職するしかないのでしょうか」と。
これは1つの選択肢として全然「あり」です。
失恋が新しいスタートへの第一歩となりうることは十分あります。
今回のことを機に今の仕事を含んでの人生観を再構築されることもまたいいでしょう。

ただ、こだまさんはこの文章を最後に書かれていますよね。
つまり、今のこだまさんにとって、職場を去ることは最後の選択肢だということです。
最後の選択肢であるということは、それ以外の選択で解決したいと願っているということです。

違反報告

2014年6月12日 16時13分


お礼コメント

お忙しい中お時間を割いていただき有り難うございます。

転職は現状の根本的な解決策として魅力的ではあるのですが、いかんせん年齢的な制約と将来にわたる養育費負担を考えると現状より収入が減ることは出来るだけ避けたいという二点でやはり最後の選択肢として考えざるを得ないわけです。

今の職場はこの件についての悩みを除けば「上司と合わない」というありふれた人間関係が苦痛なだけですから何が何でも辞めたいというほどでもありません。
実際その上司の元で10年以上仕事をしてますので…

ここは他のカウンセラーの方々から戴いたアドバイスを実践してなんとか乗り切れるのならそれが一番ですからもう少し頑張ってみます。

有難うございました。

2014年6月14日 20時08分

Neutral.y2 / ニュートラル

初めまして出口と申します。

一人の女性に心を奪われた事によって、大きな代償を払わなくてはならなくなった事は、自業自得とはいえ、とてもお辛い事だと思います。

人は誰でも、何らかの誤ちを繰り返しながら生きていると思いますが、その大半は過去の事として忘れ去る事も出来るし、思い出さない様に心の奥に追いやることも出来たりしますが、こだまさんにとっての誤ちは、毎月養育費を支払わなければならない状態である為に、その誤ちを常に背負い続けなければならず、心の負担も大きい事だろうと思います。

その上、彼女まで失ってしまわれ、こだまさんの喪失感は計り知れない大きなものでは無いかとお察しします。

1年半経った今も、彼女に固執してしまう事に苦しんでおられるとの事。

退職をするしかないのかと考えてもおられるようですが、それを躊躇されるのは、職場を新たに変えることによって、また何らかの代償を支払い、負担を背負う事があるからではないでしょうか。

人生を1から出直す事が良い時もあると思いますが、自分にとって心の負担になるような手段が、本当の意味での最善の解決なのでしょうか。

こだまさんにとって一番の願いは、彼女に対しての執着心と嫉妬心を取り除く事であれば、それが最善の解決策ではないかと思います。
それには、カウンセリングをお受けになることが良いのではないかと思います。

人にとって、どうしても消し去れない感情が残り続けるのは、その感情の奥にある【想い】がなんなのかをご自身が認識出来ていないからなのです。

彼女に対し、何故執着心があるのか、何の想いからの執着なのか。
振られた事が悲しいのか、家庭を失った事に対する喪失感や後悔の念がそうさせるのか、
そうではなく、別の想いがあなたにあるのか。
彼女への嫉妬心も、それが本当に彼女に対するものなのか、その上司に対するものなのか。彼女に対してであれば、彼女の何に嫉妬しているのか、、、

ご自身では今、それが分からない状態かと思います。
その感情の理由や原因が分からなければ、その対処が分からなくて当然です。

人には潜在意識と言うものがあって、心の奥には自分が認識できずにいる想いが眠っています。
自分の心の奥の本心に気付く事に対して、恐れを感じる方が沢山おられますが、自分の心が苦しんでいる事を理解し受け取ってあげられるのは、自分しかいないのです。
人に自分の想いを分かって貰えてスッキリと楽になった経験はないでしょうか。
自分の想いがなんであれ、ちゃんと認識(想いを受け取る)すれば、心は楽になれるのです。

そして、心にある想いを理解出来れば、自分が本当に望んでいることや、その解決の仕方が何かも分かります。

潜在意識にある想いを認識するには、自己洞察をしなければなりません。
それは、ご自身では難しい作業である為に、分からないままに苦しんでしまうのです。

心に負担なく自己洞察を深めて頂けるようにサポートし、ご自身の想いをちゃんと受け取って頂けるよう、お手伝いをするのがカウンセラーです。

カウンセリングにはカウンセラーによって提供するものが違いますので、上記の言葉が全てのカウンセラーのスタンスではありませんので、ご自身の心に向き合うお手伝いの出来るカウンセラーをお探し頂かなければなりません。
カウンセラーを探すのに少しのお時間を要するかもしれませんが、カウンセリングを受けて見られることをお考えになってみられてはいかがでしょうか。

三重県にお住まいとのことですので、私が対面でのカウンセリングをお受けするには費用負担も大きくなりますので難しいかと思いますが、カウンセリングについて、何かお聞きされたい事などがありましたら、ご遠慮なくお電話下さい。

違反報告

2014年6月12日 15時18分


Neutral.y2 / ニュートラル

初めまして出口と申します。

一人の女性に心を奪われた事によって、大きな代償を払わなくてはならなくなった事は、自業自得とはいえ、とてもお辛い事だと思います。

人は誰でも、何らかの誤ちを繰り返しながら生きていると思いますが、その大半は過去の事として忘れ去る事も出来るし、思い出さない様に心の奥に追いやることも出来たりしますが、こだまさんにとっての誤ちは、毎月養育費を支払わなければならない状態である為に、その誤ちを常に背負い続けなければならず、心の負担も大きい事だろうと思います。

その上、彼女まで失ってしまわれ、こだまさんの喪失感は計り知れない大きなものでは無いかとお察しします。

1年半経った今も、彼女に固執してしまう事に苦しんでおられるとの事。

退職をするしかないのかと考えてもおられるようですが、それを躊躇されるのは、職場を新たに変えることによって、また何らかの代償を支払い、負担を背負う事があるからではないでしょうか。

人生を1から出直す事が良い時もあると思いますが、自分にとって心の負担になるような手段が、本当の意味での最善の解決なのでしょうか。

こだまさんにとって一番の願いは、彼女に対しての執着心と嫉妬心を取り除く事であれば、それが最善の解決策ではないかと思います。
それには、カウンセリングをお受けになることが良いのではないかと思います。

人にとって、どうしても消し去れない感情が残り続けるのは、その感情の奥にある【想い】がなんなのかをご自身が認識出来ていないからなのです。

彼女に対し、何故執着心があるのか、何の想いからの執着なのか。
振られた事が悲しいのか、家庭を失った事に対する喪失感や後悔の念がそうさせるのか、
そうではなく、別の想いがあなたにあるのか。
彼女への嫉妬心も、それが本当に彼女に対するものなのか、その上司に対するものなのか。彼女に対してであれば、彼女の何に嫉妬しているのか、、、

ご自身では今、それが分からない状態かと思います。
その感情の理由や原因が分からなければ、その対処が分からなくて当然です。

人には潜在意識と言うものがあって、心の奥には自分が認識できずにいる想いが眠っています。
自分の心の奥の本心に気付く事に対して、恐れを感じる方が沢山おられますが、自分の心が苦しんでいる事を理解し受け取ってあげられるのは、自分しかいないのです。
人に自分の想いを分かって貰えてスッキリと楽になった経験はないでしょうか。
自分の想いがなんであれ、ちゃんと認識(想いを受け取る)すれば、心は楽になれるのです。

そして、心にある想いを理解出来れば、自分が本当に望んでいることや、その解決の仕方が何かも分かります。

潜在意識にある想いを認識するには、自己洞察をしなければなりません。
それは、ご自身では難しい作業である為に、分からないままに苦しんでしまうのです。

心に負担なく自己洞察を深めて頂けるようにサポートし、ご自身の想いをちゃんと受け取って頂けるよう、お手伝いをするのがカウンセラーです。

カウンセリングにはカウンセラーによって提供するものが違いますので、上記の言葉が全てのカウンセラーのスタンスではありませんので、ご自身の心に向き合うお手伝いの出来るカウンセラーをお探し頂かなければなりません。
カウンセラーを探すのに少しのお時間を要するかもしれませんが、カウンセリングを受けて見られることをお考えになってみられてはいかがでしょうか。

三重県にお住まいとのことですので、私が対面でのカウンセリングをお受けするには費用負担も大きくなりますので難しいかと思いますが、カウンセリングについて、何かお聞きされたい事などがありましたら、ご遠慮なくお電話下さい。

違反報告

2014年6月12日 15時17分


お礼コメント

お忙しい中お時間を割いていただき有り難うございます。

そもそもが自業自得であるにも関わらず、有難いことにいろいろなご意見やアドバイスを戴けましたのでまずは出来ることから実践して少しでも心を安定させて行きたいと思います。

それでもダメなら今度こそもっと掘り下げて自分の心と向き合う必要があるのかもしれません。その時には改めてお世話になるかもしれませんのでよろしくお願いいたします。

有難うございました。

2014年6月14日 19時52分

カウンセリング・ルーム よろずや縁庵

こだまさん

初めまして、よろずや縁庵の吉見と申します。

問題は、彼女への思いではなく、上司への嫉妬ではないでしょうか。
彼女がつきあい始めた別の男性への嫉妬心は出てないご様子ですから。
「あの上司に、出世もとられ、彼女もとられる」・・・という自己肯定感を失いそうな妄想の中におられるのでは、とも・・・・
ゆっくりお話しをうかがえば、もつれている心の状態のマップをつくって解きほぐすことが可能かと思います。

お休みされるくらいなら、大阪へお運びいただくことも可能では?

違反報告

2014年6月12日 15時01分


お礼コメント

お忙しい中お時間を割いていただき有り難うございます。

嫉妬心は彼女でなく上司に対するもののみだと自分でも思います。
彼女が付き合っている男性には今後会うことは無いですから、それこそ見えないところで何をしていようが私には無関係と割り切れています。

それに彼女が上司に対して特別な感情を持っていないことも分かっていますから完全に私の心の問題です。妄想、と言ってもいいのかもしれません。

他のカウンセラーの方からのご意見も参考にして何とか心を安定させたいと思いますが、どうにもならない時にはまたお力添えをお願い致します。

有難うございました。

2014年6月14日 19時21分

カウンセリングとどろき院

初めまして
拝見しました。
Aさんとさせて頂きます。
毎日遅くまでのお仕事の中、若いOLと社内不倫と妻子との離婚。
そして、実家に戻り、慰謝料と当分続く養育費の支払い中。
一連を消化してきた大きなエネルギー・ストレスに対し、心身・身体が折れてる状況です。うつ・心身症傾向のように思われます。
スイッチONの恋愛は、10年は冷めない可能性があると思います。
しかし、会社を休むほど辛い執着・嫉妬心が、仕事が同室でみえる位置関係にあり、その中で上司と元不倫相手とAさんのある程度、つうつうのプライベートのこだわり関係が陰の水面下にはあります。どこでも職場でも分らないようにして起きてる陰部の出来事です。
Aさんは、一度すっきりと溜まったストレスと傷を清算が必要です。
心身・身体ををはっきりしっかりとコントロール栄養素がまず不足している状況です。(必須ビタミン・ミネラルを食後に摂ってください。特にVB群とVCなど枯渇を向かえていますから。食品保健指導士より)
一日で、だいぶ心が安定してくるでしょう!!
サプリメントを継続することでだいぶ穏かに精神が安定してきます。
くすぶる嫉妬心から、いい判断が芽生えなんだったんだろうと思う日がすぐ、来るはずです。今までより、もっといい恋人が現れるはずです。週末の出会い・ふれあいのできるような気晴らしのサークルで、たまには仕事を忘れましょう!!
Aさんの心身・身体の傷の修復を枯渇栄養素を摂ることで治し安定させる方法が、いいようです。Aさんがその機能性で変わるのが今は一番のようです。
分りにくいようでしたら、メールなどください。
 
                   カウンセリングとどろき院
                          竹本 豊


                   
               

違反報告

2014年6月12日 14時47分


お礼コメント

お忙しい中お時間を割いていただき有り難うございます。

サプリメントですか。
今まで気にしたことも有りませんでしたが、そういった類の物である程度心の安定が得られるのであればぜひ試してみたいと思います。

有難うございました。

2014年6月14日 19時11分

新川公園前メンタルカウンセリング

新川公園前メンタルカウンセリング 心理カウンセラー 千嶋のりえです。


ご相談ありがとうございます。


課題が残ったままの様に感じます。

不倫の結果、あなたは家族に相当の保証をし、これからは自身の人生を整えてゆくのが適切だと思うのです。

恋愛は、半ば事故のようなものかも知れません。
破綻の後の行き先など、分からないのが当然です。

あなたは、家庭の崩壊を招いた罪悪感を払拭しきれないまま、相手にも去られ、良いとこなしと言った感情になっているのではないでしょうか。

大人の世界です。
責任の取り方と、その後の生き様が、今後を決定するものと思います。

過去は変えられません。
しかし、これからの未来は、あなた次第で自在に変じるのです。

去った人が人気者であろうと、魅力的であろうと、あなたにはもう過去の人物です。
ご縁が無く、この現状なのでしょう。
追う価値はあるでしょうか?

自身をもう一度見直してください。
独身の離婚経験者として、一まわり立派になってはいないでしょうか?

別れた家族への立派な対応もその一つです。

過去の恋人も、それなりに幸せになっていれば尚良いのです。

この先の自分の成長を楽しみましょう。

良い出会いもあるでしょうし、良い自分にも出会えると思います。



応援しています。

心理カウンセラー 千嶋のりえ

違反報告

2014年6月12日 14時12分


お礼コメント

お忙しい中お時間を割いていただき有難うございました。
この件は自業自得ですから他人に救いを求めるべきものではないと思う反面、客観的見地からのご意見も伺いたく相談させて頂きました。

過去は変えられないが未来は如何様にも変えられる、ですね。
今自分で一番人生を無駄にしていると思いますが、この停滞期も今後の成長のために必要なステップと考えて受け入れて行きたいと思います。

有難うございました。

2014年6月14日 19時06分

初めまして、プランツの青木と申します。

毎日職場で見えてしまう状況ですから、今のままでは辛くて休みたくなる気持ちも理解できます。

嫌いな人と以前はこだまさんと付き合っていて心を開いていた、信頼していた人が仲良く話しているというのは面白くないのが当然です。

もしかしたら、実際は大した話をしているわけでもないのに…

彼女だって上司だから合わせているだけなのに…

嫌いな上司を羨ましい気持ちや嫌いな上司に自分の内情を知られてしまったような見られたくない部分を見られているような気持ち、それに加えて彼女とのことが原因で離婚になったにも関わらず現在は彼女とは別れてしまう結果になったこと…

色々なことが重なり合っているように思えます。

まずは嫉妬する必要性が全くないと思うことです。

既に彼女とは別れていて、どんな経緯があったか分かりませんが離婚するには彼女にも半分の責任はあるはずですが、それに見合った結果はありませんから…

その時点で彼女はそういう人だと事実を受け止めて忘れてあげることです。

嫉妬するということはヨリを戻したい気持ちがないと言われても、嫉妬する分だけまだ彼女に対して未練があるということです。

こだまさんとその彼女は現在は付き合っていないわけですから、以前付き合っていたことは過去のことだと心に言い聞かせてください。

苦しいのは、辛いのは、こだまさん自身が忘れようとしないこと、関係ないことだって割り切ろうとしていない、決断していないことから起きています。

こだまさん自身が「何を見ても自分には関係のないこと」、「嫌いな上司と彼女が話そうが自分には関係のないこと」、「上司と部下が話しているだけのこと」など、こだまさんが納得出来る言葉で瞬間々に強く心に言い聞かせるだけです。

最初のうちは半信半疑でしょうけれど、実践してみて数回やっていくと簡単なことなんだと分かるはずです。

人の脳の働きは自分の心で何とでも思考を変えることはできます。

苦しくなくなりたいのであれば言い聞かせが大切です。



違反報告

2014年6月12日 13時58分


お礼コメント

お忙しい中お時間を割いていただき有難うございました。

客観的に見れば自業自得であり、誰かに救いを求める事自体がおこがましいという気持ちが強くなかなか相談に踏みきれませんでした。

言い聞かせ、ですか。
そうですね、彼女にはすでに別の相手がいて上司に対してなんの特別な感情も持っていないのですから全ては私自身の心次第ですよね。

今後はおまじないのように自分に言い聞かせてみます。

有難うございました。

2014年6月14日 18時37分

旭カウンセリングルーム

自分の不倫によって離婚したのですから、自分も新しく出発するしかないでしょう。過去に固執していては何も出来ません。同じ職場は辛いと思いますが、「公私混同」しては駄目です。元妻であっても今は他人なのですから(戸籍上)上司と万一元妻が親しくしていても関係ありません。「自分は自分。彼女は彼女」と割り切るしかないでしょう。新たな気持ちで自分も良い人とめぐり合うように前向きに考えましょう。

違反報告

2014年6月12日 13時23分