教えて掲示板の質問

「自分の性を受け入れられない、好ましく思ってない」に関する質問

  • 受付終了

らさん

はじめまして。自分は20歳の女性です。

普段はなんとなく思っていた、逃げていた事なのですが、
年齢が年齢なだけに 恋人がいたことがない、いない現在に追い詰められています。

自分は初めて生理(言葉に出すのも不快です)が来た時から
痛み、ではなく女性特有のこの症状がどうしても嫌で、受け入れられていません。
例えば学校で 友人が今生理なんだ、やナプキン貸してなどと言った
自分の性を晒す行為が気持ち悪くて不快と思ってしまいます。
下着もですが、ブラジャーをつけるのも嫌で
かなりの年齢の時までしていませんでした。(自分が女性だとまざまざと感じてしまうので)

男性になりたいわけではありません。
ふんわりとした女性的な服装、色味は身につけませんが(見るのは好きですが、自分が身につけると思うと不快に思います)
タイトであればスカート等もはきます。

長らく人を恋愛的な意味で好きになっていないので、
自分の恋愛対象が男性なのか、女性なのか はたまた恋愛感情を抱かない人種なのか
わからず、とても悩んでいます。(LGBTQのQという言葉を最近知りました)
この恋愛ができないことと自分の性が受け入れられないことは関係しているのでしょうか?
自分の性を受け入れられない症状に名前はありますか?

違反報告

2018年12月26日 01時52分

教えて掲示板の回答

催眠心理療法近藤

http://www.saimin.info
もしよろしければこちらをご覧ください。

違反報告

2019年1月7日 12時05分


mentalquest

はじめましてmentalquestの渡辺です。
医療機関で医療相談、生活相談、介護相談、カウンセリングを行っています。
症状の特定や症状の名前を付けてもらった方が
靄が晴れて不安が改善されるのでしょうが
医師ではないため、その権限はありません。
世の中、何かにつけて線引きをしたがるのは何故でしょうか。
年齢がどうとか、女だから男だから、
誰かに好意をよせると言うことは理屈じゃないと思います。
いつの間にかとか、気づけばとか
「人として」魅かれる
たとえ相手が同性だろうが異性だろうが
そこは自分に正直あってほしいです。
他人の目や声に左右されて生きると言うことは
他人の人生を生きる事。
自分自身の中に矛盾などいくらあってもいいんです。
誰かと同じじゃなくてもいいんです。
らさんが受け入れられないのは性ではなくて
「女性なのに」恋愛ができないという自分への偏見が
女性でなければこんなに苦しむことはないと
自分に刃を向け、意識的に自分の中から女性を排除することで
楽になりたいとするあまり混乱している様に感じてなりません。
ナチュラルに生きてみませんか。
誰にも惑わされず、
らさんの前に広がる世界はまだまだ未知数です。
雑音を気にせずに進めることを願っています。

違反報告

2018年12月28日 17時31分


てもみ屋のほんだ

こんにちは
最近は、自分が性に関してどうなのかと表現することが多く
見受けられるようになりました。
身体は男性でも心身は女性であるとか
その反対の女性でありながら男性であるとか
あなたに適する言葉では、LGBTではQかもしれませんね
身体は女性で心身も女性ですが、
客観的に自分を観ることが多く、別に人と比べてというのもなく
自分を楽しんでいる事が好きな人で、恋愛以外に楽しみ方を熟知していて
興味が無いわけではないが、ガツガツすることもなく
目の前のことに集中して楽しんでいる。
今では、男女とも病気ではなく普通のことです。

異性や相手の事に興味を持つ時期が来るまでいつも通りでいいのではないでしょうか
いまや自分のための時間や興味があって、生活が出来る社会でもあります。
異常とは思わず、興味がないだけでしょうね

違反報告

2018年12月28日 12時29分


カウンセリングルーム和

はじめまして。カウンセリングルーム和の今野志保です。
恋人がいない事、自分が女性である事を受け入れられない事に
お悩みなのですね。
らさんは前に周囲から大人になる事や、女性である事に対して
否定的な態度や言葉を取られたりした事はありますか?
周囲からの言動により、無意識に女性として成長する事を
受け入れられなくなる事があります。
恋愛に関しては、好きな人が出来るのを待ってはどうでしょう?
性別に関係なく人を好きになるのは素敵な事だと思いますよ。
周りに恋人が出来ると焦ったり、不安になるかもしれませんが、
自分のペースで良いと思います。
自分の気持ちと体を大事に、今は自分のしたい事を楽しんで下さいね。
メールカウンセリングも行なってますので、良かったらご連絡下さい。
らさんが笑顔で過ごせるように応援しています。

違反報告

2018年12月27日 05時57分


おんどるルーム ~counseling~

らさん 初めまして。
おんどるルームのさわと申します。
自分の性について深く考えているご様子がよくわかります。
十代のころ、女である自分が嫌で男っぽい服や言葉を使ってみたりする
時期が私にもありました。
らさんのように、男性になりたいわけでは、私もありませんでした。
男性・女性どちらを愛したいのか?どちらの性を生きたいのか、
今結論を急がずに、どちらを好きになってもいいではありませんか。
この人と長く付き合っていきたいと思う人が、この先女性かもしれないし、
男性かもしれませんね。
ご自分に診断をつけて、そういう人間なんだとレッテルをはれば、
生きていきやすいのでしょうか?
返って苦しくなるかもしれないと私は思います。
多くの人と出会い、好きになる中でらさん自身が、自分というものをみつめ、
発見していくしかないように思いますが、いかがでしょうか。
メールや電話によるカウンセリングを行っておりますので、
よろしければ、お気軽にご相談くださいね。

違反報告

2018年12月26日 19時33分


グレイス・ピリオド

はじめまして、グレイス・ピリオドの林と申します。

性というのは非常に難しいもので、生まれて育っていく中で、自分の性別と思考が一致していく方が多いのですが、
中には、一致しない人も少なからずいます。

LGBTの方とお話ししたこともありますが、よくよく考えると、自分で性別を選んだわけでもなく、
勝手に自然と「男性」・「女性」で分けられてしまって納得しなさいなんておかしな話だと感じることもありました。

質問を読ませて頂きましたが、「女性」・「女」を感じるものに嫌悪感を示すというのは、
育っていく中で、嫌な思いもたくさんされてきたのかと思います。

何か病気の枠に当てはめて対処しようと考えているように感じますが、そのようなことをしなくても、
カウンセリングを通して自分自身をよく知ることで、本当の自分の気持ちに気付くこともまた大事なことかと思いました。
もし、病気として不安に感じるのであれば医療機関に相談・受診すると良いでしょう。
ただ、ちゃんとLGBTに理解のある先生でないと心無いことを言われたり、見当違いな診断が出ることもあるので、事前に調べてから行って下さいね。

年齢的なところを考えると、周りの人たちがパートナーを作ったり、早ければ結婚する方もいると思うので、
焦る気持ちもあるかと思いますが、自分をしっかりと理解したうえで、恋愛を進めていくと後悔の少ない恋愛が出来るのではないかと思います。

やはり、自分の嫌な所に目を向けるのは、しんどいし苦しいことかもしれませんが、
人が変わる時=辛いと思っていることが楽になる時は、自分の思考と感情が一致して説明がつくようになった時だと思います。

もし、私で良ければお話をしますので、ご興味ありましたら、ご連絡下さい。
初回相談は無料ですので、お気軽にお問い合せ下さい。

違反報告

2018年12月26日 17時59分


心理カウンセリング らしんばん座

らさん、こんにちは。
カウンセリングルーム「らしんばん座」と、申します。

そうですね。ご相談のように、「恋愛が出来ないこと」と「自分の性を受け入れられないこと」の間に直接関係があるかどうか?
ご相談の文面からでは、わかりかねます。
今まで恋愛的な意味で人を好きになれないことが、必ずしも、直接性的指向に関係しているとは言い切ることはできないと思います。
単純に「出会い」の機会がなかったことが原因かもしれませんし、らさんの近くに、恋愛の対象となるほどの男性が居なかったということも考えられます。

ただ、らさんは、いわゆる「女性的」なものに対して、嫌悪感を抱いてしまうのですね。
これも、「性的指向」の問題だと、一概に言い切ってしまう事もできないと思います。

例えば、らさんのご親族の中で、女性の「性」的なものに対する偏見のようなものが強くあって、そういったものは「隠すべきもの」という意識を、小さいころから刷り込まれていたという可能性もあります。
または逆に、そういった女性に対する偏見のようなものを忌避する意識のようなものがあって、女性を「男性に対して依存的にするようなものと思う考え」に対する反発心のようなものを刷り込まれてきた結果と考えることもできます。
このような考え方だと、女性的な「かわいらしい」ものは、女性を縛るものにすぎないという意識になってしまって、「避けるべきもの」という考え方が発生すると思います。
いずれにしても、「女性」という「性」対する感覚は非常に複雑微妙なもので、言わば個人の問題として考えないと対応を誤ってしまうと思います。
いわゆるLGBTの問題も、それ故にいろいろな意見が発生する問題なのだと思います。

らさんのお悩みの原因は、ご相談の最初のほうに書かれている、「年齢が年齢なだけに 恋人がいたことがない、いない現在に追い詰められています。」の部分だと思います。
そうですね。世間では「アラサー」とかなんとか言われますし、実際に結婚して子育てをしてという事を考えると、「そろそろ」という気持ちにもなりますね。
ただそれも、一般的な「雰囲気」のようなものと言う事も出来ます。
らさんは、知らず知らずのうちに、一般的(むしろ伝統的)な恋愛のスタイルといったものに、影響されてはいませんか?
おそらく、らさんには、らさんの恋愛のスタイルといったものがあって、これまでは、そのスタイルに合う男性が現れていなかったのだと思います。

何も、女性的な服を着て、ふんわりとしたスカートをはかなくても、恋愛はできると思います。
むしろ、タイトなスカートをはいて、きりりとしたスタイルの女性が好みの男性も、いると思います。
恋愛の好みを、性的指向に短絡してしまうのではなく、そのままの、らさんを磨くことに努めてみてください。

違反報告

2018年12月26日 17時12分


心のカウンセリングさかい

いまでは、「性別違和」といいます。

まずは検索してみてください。

違反報告

2018年12月26日 13時24分


憂うつの癒し屋

はじめまして、心理カウンセラーのヨナガ マサアキと申します。
おそらくは、幼児期体験の禁止令が関わっているものと思われます。
*禁止令とは、親から、物心がまだつかない(幼児期)に、無言でわたされる子供の態度行動に関する、親の感情的な不合理な命令をいいます。
つまり子供の行動に対して、否定的なしかめっ面や、攻撃的視線など、逆に親の喜ぶ顔や微笑など、親の無意識な本音を子供がうけとって(幼児決断)、
自分にブレーキをかけることを禁止令といいます。
これは物凄く強烈で、ほぼ強制執行的圧力で、
無意識のところからその人間をコントロールします。
ですから、トラウマと同じ働きをする、と言えるのです。
*幼児決断~衣食住を握られている幼児が、苦肉の策として自分に言い聞かせる決断
例えば、らさんには当てはまらないかもしれませんが、イメージ的には、
「男の子、女の子であるな」という禁止令(インジャンクション)
の場合
あなたが四人姉妹の末っ子で、親から「もし、お前が男の子ならなぁ」態度を示した時に成立し、お母さん、お父さんがそう望むなら私は男に負けない人生を送ろう」という決断をしがちです。その決断によって彼女は男勝りの人生を歩むということになるでしょう。
トラウマと同じ働きをするので、トラウマの治療法が有効だと思われます。
A:今の自分の感情を感じることにより行う曝露療法
自分一人になる状況をつくり、そこに座る
→次に、心を静めて「心の中で自分は今、何を感じているのだろうか?どんな感情を感じているのだろうか?」ということを自問して、自分の心を調べてみる
→すると、自分が今どんな感情を感じているのか、心の中に抱いているのかが、よりハッキリと自覚できるようになる。
→その感情を感じ続ける
→感情を感じ続けていると、しだいに心が楽になってくる
(この曝露療法をしていると、トラウマの記憶が思い浮かんでくることがあります)
普段の生活でネガティブな感情(または、トラウマの記憶、ストレスなど)に襲われた時は、心を静めて「自分は今、心の中で何を感じているのだろうか?どんな感情を感じているのだろうか?」ということを調べ、その感情をあるがままに受け入れれば、心を癒すことができます。
B:思い出すことにより行う曝露療法
自分一人になる状況をつくり、そこに座る
→次に、心を静めて、トラウマ(または嫌な出来事や状況)の記憶やイメージを積極的に思い出してみる
→記憶やイメージを思い出すと、様々な感情が湧き上がってくるようになる
→記憶やイメージ、湧き上がってきた感情を受け入れて感じ続ける
→感じ続けていると、しだいに心が楽になってくる
トラウマの記憶(または、嫌な出来事や状況)を思い出すことにより、ネガティブな感情を積極的に感じることは、その人のトラウマを癒すための非常に有効な手段になります。トラウマと正面から向き合うことの有効性はすでに立証されています。
@曝露療法を行う人のなかには、曝露療法をやり始めたばかりの頃に、一時的に症状が悪化する人もいます。けれども、曝露療法によって取り返しのつかないことになることはありません。諦めずに曝露療法を継続して行なっていれば症状を改善させることが出来ます。
ぜひ実行してみてください。

違反報告

2018年12月26日 11時14分


新宿ファミリーカウンセリング

ら様

こんにちは、はじめまして
臨床心理士の米田です。
お困りのお気持ちお察しいたします。
経緯からすると、症状に名前を付けることは、簡単ではないですし、無理につける必要はなく、それより大切なことは、ご自分の性を受け入れられるには、どうしたら良いかだと思います。
直ぐにも解決されたいでしょうけど、こういう場合には、原因や対策がある程度わかっても、例えばスポーツの習得でもそうであるように、一時的なアドバイスや本を読む等のみでは解決は難しいので、
諦めずに、適切な専門家による継続的な対応をお求めになることをお勧めいたします。
よろしければ、私の方でも承れます。メール、LINEでのご利用であれば、低額で済みます。
お申し込み・お問い合わせは、以下のリンク先または店舗ホームページから承れます。

違反報告

2018年12月26日 10時58分


Freedom Counseling School

はじめまして、

コメント拝見しました。

「自分の性を受け入れられない、好ましく思ってない」とのご相談ですね、

「性同一性障害」の検査が出来る精神科で検査をしてみてください。

何も問題がなければ「心因性」の問題だと思います。

「心因性」ならばカウンセリングで治癒します。

個別対応しておりますので

一度、ご連絡ください。


FCS 主宰 野口正彦

電話& LINE ID: 0445441539

※匿名では受付できません、氏名、ご住所、電話番号をお知らせください。
※ご相談者ご本人に30分無料カウンセリングいたします。

(営業時間内限定)平日:AM 9:00~ PM 6:00 までの受付になります。


お気軽にご相談ください。


------------------------------------------------------

日本心理カウンセラー協会 ★JPCA★

Japan Psychological Counselor Association.

FB: https://www.facebook.com/jpca20170801/


<★スカイプ相談★>
https://join.skype.com/MatRBdOe9DO0

------------------------------------------------------

Freedom Counseling School 

フリーダム・カウンセリング・サービス

FB: https://www.facebook.com/fcs1996st/


<★スカイプ相談★>
https://join.skype.com/IN1cA1qlnlgk

------------------------------------------------------

違反報告

2018年12月26日 10時19分