教えて掲示板の質問

「依存について…」に関する質問

  • 受付終了

ひなさん

初めましてひなと申します。
今、とても悩んでいてカウンセリング等を受けるかどうかを
真剣に悩んでいます前々から考えてはいたいんですが
中々、実現せずにいました…。

私が悩んでいるのは依存体質についてなんです…
私には今、付き合ってる彼がいるんですが
その彼に酷い依存・束縛・執着をしてしまい
彼を追い詰めてしまい彼との関係に亀裂が入ってしまいました。
分かっているのに何に対しても彼しか見えていなくて
彼の事ばかり考えて彼を中心に世界を考えている
自分がいて…彼の行動を制限してしまう様に私はなりました
なので、彼が自分以外と行動を共にしているのが友人ですら
許せなくなり身内にすらも嫌悪感を感じている私に気付き
彼は私に嘘をついて友人や私の身内と会う様になりました…
彼にも私には彼に対する愛情よりも執着のほうが大きいと
言われました…そのままだとやっていけないとも…
今、彼とは距離を置いて連絡を絶っていますが
物事を一つの事ばかり考えてしまう連絡を絶っていても
彼の事ばかりを考え泣いてばかりいます…
無意識に自分から携帯を握り締めて彼に連絡をしようと
してたりもします…これではいけないと思ってはいるんですが
どうしてもこの依存を克服する方法がわかりません…。

私は過去にいじめにあっていた事もあり自分の事を凄く
卑下してしまう所があります…今は友人もおらず何も
誰にも相談出来なくて一人で抱え込んで本当に辛いです…。

こんな私はどうしたらいいんでしょうかよかったら
アドバイスをよろしくお願い致します。

違反報告

2011年2月11日 20時53分

教えて掲示板の回答

愛知ミッション

ご事情よくわかりました。

いじめれたとことで、自己卑下されていると言うことですが、そもそも、苛められる前から自己卑下していたではないでしょうか?

それがいじめを引き起こし、また現在の状態になっているものと。

おそらく幼少期の親との関係がもともとの原因と思われます。

まず、現時点の彼とのこと、次にいじめのときに辛い時、さらに小さいころのご両親とのことを以下で述べている療法で解決できます。

http://ameblo.jp/andante-inc

違反報告

2011年2月17日 17時42分


ヘルスケアー岡本

初めまして、ヘルスケアー岡本の岡本と申します。
依存の原因はご自身もお気づきのようにいじめにあったことだと思います。
いじめられたのが自分が悪いからだと思う気持ちがトラウマとなって潜在意識に残っているのだと思います。
解決方法は、トラウマを簡単に解消するTFT(思考場療法)が有効だと思います。
TFT(思考場療法)の詳しい内容は下記をご覧下さい。
       ↓
http://373enjoy.web.fc2.com/tft.html
わかりにくい点がありましたら連絡して下さい。
早くトラウマを解消して幸せになって下さい。

違反報告

2011年2月15日 19時24分


LIGHTWORKERS

はじめまして。
LIGHTWORKERS の三浦と申します。

ひなさんのように依存状態にある人は少なくありません。
人生というのは良くできていて、自分の中に解決すべき問題がある時には、それが解決できる状況を起こしてくれます。

今、悪い事が起きているように感じられるかもしれませんが、実際には、自分の問題と真に向き合い、自分を癒すチャンスが訪れているといえるでしょう。
このチャンスを活かすも活かさぬも自由ですが、いましなくても、また再度、同じようなチャンスが巡ってきます。

こうしたチャンスが来たときに、しっかり自分自身と向き合って、自分を良く知って、認め、受け入れていく事が大切です。自分の中にどんな問題があるのかを知ってれば、無意識な依存状態は起きないでしょう。それを知るのが怖くて、向き合う事をせずにいれば、依存状態という現実を起こし、嫌な思いをして悩む、ということが再び起きてくるかもしれません。それは、第二のチャンスです。

自分自信をしっかり認識し、自分を受け入れ許していく事
自分を応援する事

これらはとっても大事な事です

人の現実や考え・感情は変えられません。変えられるのは自分自身しかないのです。それが唯一で切ることであり、しなくてはならないことではないでしょうか

勇気を持って自分に向き合う事をご選択される事を願っています。

物事は良い方向に向かっていますよ!

違反報告

2011年2月12日 17時56分



シンプルに書かせて頂きますね(^^)


ポイントは 『 自分の事を大好きになること(自分の価値を満タンにすること) 』 です



自分のことが大好きになると、


『 彼に幸せにしてもらいたい 』 から ⇒


『 彼を最高に喜ばせたい♪ 』 に変わります



そうなると、

宇宙のルールは 『 与えたものが、受け取るもの 』 ですので

自分も自然に幸せになります(^^)




当サロンでは

初めての方は30分無料でご体験頂けますので

お気軽にご予約下さいね♪


【※遠方の方も お電話 または スカイプ にて対応させて頂いております】


違反報告

2011年2月12日 16時40分


ひな様。初めまして、メールカウンセリングmind'sの猿橋と申します。

相談内容を拝読させて頂きました。依存症で心を痛めてる様子が文面から伝わって

来ます。さぞ、お辛いでしょうね。

過去に、いじめの経験があり自尊心の低下を招いていらっしゃるのが原因と考えて

いるのですね。きちんと自分と向き会われていますし、要因も把握できていますね。

依存とは、自己欲求を満たされない場合に強く表れます。例えば、嫌われたくない

この人と離れてしまったら不安である。そのような心理状態が続いているのでは

ないでしょうか。好きになると、依存・束縛・執着は当然あると思います。ただ、過度に

なると相手の負担になることだと思います。相手を信じて、少し余裕を持った方が

自然体で、良い恋愛が継続できるのではないでしょうか。

違反報告

2011年2月12日 16時11分


ひなさん こんにちは。

カウンセリングルーム M.heart の尾崎です。

ご相談読ませていただきました。
彼に対しての依存が強すぎて、大好きな彼と距離を
置かざる得なくなり、悩み苦しんでいらっしゃるご様子が
良くわかります。

過去のいじめなどから、自分を卑下してしまう・・・。
お友達もいなくて、相談する人がいない状況では
お辛いと思います。

ご自分ではどうしようもない・・・。
そうですね・・・。
このままではどうしようもない状態のままになってしまいます。

ひなさんのように、彼に依存してしまう女性の原因の一つに
『自己評価が低い』『自分に自信がない』などあげられます。

自分の評価や自信がないため、それを持っている彼に魅力を感じ
絶えず彼の事を考え、連絡がなかったり、他の人と会っている事は
何か良くない事になる不安から(女性は物事を悲観的に考えやすいです)
彼を束縛し、何を聞いても信頼できなくなってしまいます。

過去の経験からか、ひなさんは何気ない一言にも深く傷つき
心の健康が保てないセルフイメージ(自己評価)が低い状態なので
彼に対しても、理由のない不安と束縛や嫉妬心が出てきてしまうように
思われますが如何ですか?

簡単に言いますと、彼以外に気持ちを傾ける趣味を持たれると良いと思います。

なかなか難しいですよね・・・。

でも、彼が好きなのでしたら彼のためにお料理を習うとか
お肌をきれいにするとか、知識も含めて自分を磨く努力を
すると思ったらどうでしょう。
彼を束縛するより、ズーット二人が幸せになれる事です。

お一人では難しいようでしたら、カウンセラーのサポートを
是非お受けになってチャレンジして下さい。

彼はとても辛抱強く良い人だと私は感じます。
お幸せになって下さい・・・。

違反報告

2011年2月12日 12時11分



ひなさんこんにちは。新座の母セラピーと申します。
恋愛依存について、お話ししたいと思います。
まず依存についてですが、これは恋愛においては少なからず誰しもが起こりうることで、あまり特別意識しなくてもいいことだと思います。
依存のしかたにもよりますが、とくに恋愛の場合相手が原因の場合もあるからです。

例えば…相手から「電話がかかってこない」「メールが来ない」など、相手が沈黙することにより、無意識に依存させられてしまうことがあります。
ひなさんの彼はどうですか?そのようなことはありますか?
もし彼がこのようなタイプな場合、沈黙⇒依存⇒執着となりえます。

また彼にとくに問題なく、誰に対してもひなさん自身がこのような依存してしまう性格の場合は、ひなさん自身の問題と思われます。

今は彼一筋で、ひなさんの世界の中心には「彼」しか存在していないのかもしれません。
しかし、世界は広いのです。
もう一度まわりを見回して観てください。
なにが視えますか?
今視えているものは、全て自分という軸が中心で視えているものです。
ですから、けして「彼」という軸が中心で視えているものではありません。
この自分という「軸」を大切にし、けして忘れないでください。

あとは今の自分を客観視してみてください。
今の状況を一回頭から外して、傍観者のように観ることで、落ちついて考えることができ、なにか「気付き」を得られるかもしれません。


ひなさんが元気で素敵な「恋愛」ができますように、お祈りしています。





新座の母セラピー







違反報告

2011年2月12日 04時45分


feel

ひなさま、はじめまして。
夫婦問題相談室feelの原 つよしと申します。

ひなさんは、彼を愛しているのにそれに反して彼との関係に亀裂が
はいり、辛い思いをしてしまう。
さらに、ひなさん自身も、依存であること、執着していることに気がついて
いるだけに余計に悩み苦しんでいること、すごく辛いことと察します。

愛情と執着の違いはなんでしょう?色々な定義があるかと思います。

私は、簡単にいえば一般的には
「愛情」は相手のことを思いやること
「執着」は自分のことを相手にわかってもらおうとすること。
だと思います。

執着にありがちなのは、「私はあなたのことこんなに想っているんだから
あなたも私のこと想ってよ」と考えてしまい、押し付けます。

これも、愛情のひとつなのかもしれませんが、束縛とか自分勝手とかと
捉えてしまいます。

ひなさんは、こういうこともおわかりにはなっているから、距離をおいたりする
努力をされているんですよね~、でも、涙が出てくるほど悲しい感情が
わきでてくると思います。

私は、心理学の基礎と夫婦問題について勉強をしましたが
私の考えでは、ひなさんは、まだ今のうちなら専門家の方にカウンセリング等を
実際に面談でお受けになられれば、改善されると思います。

ひとりで、悩んでいても解決の方向へは進みません。
早めの段階で専門家の方に面談して相談されることをお勧めいたします。
そうすれば、必ずひなさんは今後の人生良い方向へ進めることと
思いますよ!

もう、ひとりで悩まないことです!!




違反報告

2011年2月12日 01時01分


こんばんは。

いま大好きな男性がおられること
それはとてもお幸せな事ですね。

でもその幸せなはずの事がうまくいっておられない現状を
とても辛く、認めたくないようなことまで
しっかりご自身で向き合って考えを書かれた事、
とてもがんばりましたね。

恋わずらいとは、昔からよく言ったもので
恋愛すると、程度の差はあれ
「相手とひとつになりたい」という思いが強くなる事は
どんな人にでもあることです。

ひな様も、「彼とひとつになりたい!」「彼を独り占めしていたい!」という
思いが高じてこのようになっているのは
誰にでもあることなので、
その事自体を否定してしまうことは無いのですよ。

相手が大好きで、独占してしまいたいという気持ちが、
ひいては相手と自分の垣根・境界がなくなってほしいという願望に変わり
その願望が相手が思い通りにならないイライラへとつながっていきます。

先ほども言いましたが、これは恋愛の場合には
ごくごく一般的にどんな人も経験するような事で
一時の熱が平熱にもどれば、相手と自分の境界は再びしっかり現れて
恋人関係であっても普通の人間関係と同様な形となって維持されます。
たとえば、彼は大好きで、いつもいつも会っていたいけど
会う前には自分の身なりや生活をきちんとしないとね、
髪もネイルも手入れする時間が必要だから、今日は会えないって言おう!
というような、自分の事が一番!の考え方です。


ただ、ひとつ気になる事があるのですが、
ひな様にとって、このようなパターンがほかの人間関係でも
もしあるようであれば、
それは少しご自身と向き合う必要があるかもしれません。


たとえば、すごく気の合う人だ、すぐ友達になれるかもと思っただけで
相手を自分の理想化した目で見てしまい、
相手がその理想どおりでなければがっかりしてしまって
人間関係が長続きしない、というような事を他に経験しておられるかどうかです。

いかがでしょうか?もし心当たりがおありで、お話になりたいということであれば
お話お聴きいたしますよ。

良い明日がきますように。

違反報告

2011年2月12日 00時20分


ひなさん、こんにちは。
まず、自分をどうにかしようと考えられ、カウンセリングという選択肢を考えたことが、すでに状況改善の第一歩だと思います。

依存の場合、まず他者(カウンセラーなど)に彼との出会いから依存・束縛・執着にいたるまで全てを「語って」みてください。
今の状態では、彼のことだけで頭がいっぱいで(他の回答者の方には申し訳ありませんが)、本当のカウンセリングにたどりつくまでは相当時間がかかると思います。
しかし、時間をかけて改善することはできます。請け合います。
他人を変えることはできませんが、自分のことは変え放題です。
 
なぜ依存だと思うのでしょう?
なぜ連絡をためらうことがあるのでしょう?
 
ひとつ、ひとつ、重荷を下ろしていくことで彼との関係も良くなっていくと思います。
このまま悶々としていると、大切な彼を失ってしまうことも考えなくてはなりません。

なるべく早いうちに、カウンセリングに入ってください。
私のところでは、精神疾患や依存症についての専門的なカウンセリングも行っています。都内近郊であれば、いちどお話してみませんか。

違反報告

2011年2月11日 23時51分


訪問心理カウンセリング自然のこころ

ひな様、初めまして、自然のこころの西岡と申します。
ひな様の文章を読ませていただいて、
まず問題がご自身でよく理解されている事。
また、真剣に悩まれ、これまでもご自身で色々試されたり調べられたりされたのではないかと感じました。
それでもなお、依存が辞められず、大変苦しい思いをなさっている事と思います。

本来の順番とは逆なのですが、まず依存についてお話しますと、
ひな様は彼という特定の人物に対し、100%のひな様の想いをぶつけられています。
ただ、お分かりのように人間関係というものは誰か一人だけと築くものではありませんし、時には深く、時には広く築いてゆくものだと思います。しかし、ひな様が彼に対し100%向いてしまっては
それを受ける彼は受けきるだけでも困難で、また他の人間関係を犠牲にしなくてなりません。
その結果、彼が疲れてしまい、関係を崩してしまう事は、ひな様がご想像の通りでしょう。

そこで、ひな様の想いを彼以外のほかに分散する事を提案いたします。
今までの価値観からは離れ不安だったり、方法が分らなかったりするかも知れません。
しかし、人間関係は恋愛という関係だけではありません。
彼がするように友人関係であったり仕事や学校の人間関係も存在します。

誰しもが1人だけで立っていられるほど強い訳ではありませんから
誰かを頼りたい時は頼っても良いのだと思います。
ですが、頼る相手が1人では誰だって疲れる筈です。
好きな相手ならばこそ、その好きな人が疲れてしまわないように
その他の多くの人を頼ればいいのです。
そして、ひな様自身にも彼以外の人間関係が親密に形成されたとき
彼との関係のバランスも良い方向に向くのではないかと私は考えます。

また、いじめを経験なされて自分を卑下なされ、友人もいらっしゃらないという事ですが、私はこちらを先に改善なさるのが問題解決の早道だと考えております。

少し彼の事は忘れ、ご自身の心に耳を傾け、ひな様が本当に満たしたかったモノは何なのか?どういう自分である事が理想であるのかをゆっくりと考える時間を持ってみてはいかがでしょう?

友人がいらっしゃらないとの事で
今はご自身を卑下され、自分を信用できないかも知れませんが、
あなたと友人として関わる事により、心を満たされる人たちは
少なからずいらっしゃる筈です。
少し勇気もって出会いの場を広げ、様々な活動などを通じて
ひな様の交友関係を豊かにするよう努力してみてください。
そうしていくうちにご自身を卑下する気持ちは薄らぎ、
自信を得るキッカケになるのでは思います。

ひな様が不安なく、彼との関係を改善されますよう心より祈っております。

違反報告

2011年2月11日 23時51分


Counseling Room Angel Heart(エンジェル・ハート)

はじめまして。群馬県で認知行動療法専門のCounseling Room Angel Heart
カウンセラーの唐澤と申します。

彼に対しひどく依存してしまい、ひなさん自身もつらく彼もつらい。という状況なの
ですね。

どのように改善するか?という回答を考える前に、何故依存してしまうのか?
という事をまず最初に考えてみたら如何でしょう?
彼が頼れる。安心できる。等様々な理由があると思いますが、彼という要素を
除外して考えてみたらどうでしょう?
何故他の人ではなく、彼なのか?という事です。

それはひなさん自身が回答されていますよね。
自分を卑下してしまい、今は友人もおらず・・・という事ですね。
言いかえれば、今ひなさんにとって、依存出来て、今までそんなひなさんを
受け入れてくれたのは、彼だけ。という事になりませんか?

それはひなさんにとっては選択肢が彼以外に存在しなかった。ということに
なりませんか?
ならば、ひなさんにとっては、彼だけに依存してある意味当たり前。という事に
なりますね。

もしこれが原因であれば、おのずと対処法が見えてきます。選択肢を彼だけ
でなく多くすれば良いのではないでしょうか?

自分を卑下してしまう。これは自己に対するマイナスの情報のみを取得した
結果の認知でしょう。
何故なら、この世に、素晴らしい点のみの人間が存在しないのと同じように
欠点のみで存在する人も存在しないのですから。
ひなさんは自分の長所を正しく認識・評価しないで、出来ない事、うまく出来ない
事のみに視点を向けていませんか?
あなたが、こんな事は当たり前。と思っている事でも、実は他人から見れば
素晴らしい。という点が存在するはずです。
これだけ彼の事を一途の思える。という事もその一つでしょう。
他人を心から思える気持ち。ひなさんにとっては当たり前であったとしても
誰もが出来る。という事ではないのですよ。

どうしても卑下してしまう。という事であれば専門家に相談するのも一つの
選択肢。専門家であれば、そんなひなさんの考え方の癖を修正してくれると
思いますよ。

そして自身に自身を持ち、前向きに進む事で、自然と友達も作る。趣味を見つける
等の他の選択肢も生まれます。
そしてそれらの選択肢に負担を分担する事で、彼にかかる負担を減らしてあげる
という事も選択肢の一つなのではないでしょうか?

ひなさんが自分を卑下することなく、前向きに友達に囲まれ、笑顔でいる姿は
彼にも自然と魅力的に映ることでしょう。

自分を変える事は出来るのですよ。
そして一日も早く彼との生活を取り戻して下さいね。
頑張って!

違反報告

2011年2月11日 23時20分


ひなさま、はじめまして。
akiカウンセリングの石井と申します。

ご相談内容を読ませていただきました。
彼に強く依存してしまう。
頭ではいけないとわかっていても、心が依存してしまってどうしようもないのですね。

人は何故依存してしまうのでしょう。
それは、心が無意識に満たされたいという強い欲求を持ってしまっているからです。
そしてそこから、満たされなければならないという心の必要性が生まれてしまっているからです。

ですから、何かに(誰かに)依存するというのも、そうすることで心が満たされると、これもまた無意識に思ってしまっているのですね。

では、何故それ程までに、自分の心が枯渇してしまっているのか?
それは、自己愛の不足なのです。
自分が自分を愛せていなくて、心の中の愛の泉が枯渇してしまっているからです。

そして、それを満たそうと、自分の外の何かで満たそうと必死になってしまうのです。
心の中の愛の泉の枯渇状態は、人にとってもっとも辛い状態ですから。

ところが、心の中の愛の枯渇を潤わすことができるのは、自分自身への愛しかありません。

自分という存在が、どれほどまでに尊い存在なのか。
人間という存在が、どれほどまでに尊い存在なのか。

こういった学びを深めていかれることが必要かと思います。
そんな学びを深めていきながら、自分を心から尊い存在だと思え、心から大切な自分だと思え、自分の存在を慈しむことができるようになっていくと、心が満たされていき、何か(誰か)に依存する必要性というものも消えていきます。

また、カウンセリングを受けられることで、ご自分という存在の尊さに気づかれるきっかけになるかもしれませんね。

違反報告

2011年2月11日 21時49分


ご自身で自覚があり、それではいけないし、克服する意志もあるようなので段階を踏んでカウンセリング(あなたの性格やらイジメなど過去の事や思考傾向などなど、もっとあなたの情報を知る必要があります)を受けていけば改善できるのではと思います。

察するにあなたの目的は依存傾向を改善することと同時に彼と普通にお付き合いすることだと思われます。しかし、書かれているようなことをしていたら必然的に彼を失うことになり、全く持ってあなたの言動は自ら彼を失うことをしていると認識すべきでしょう。いや、すでにそのこともあたなは分かっているようなので、あとは行動のみです。彼が好き、大切にしたいという気持ちを誤った手段でアプローチしてはもったいないです。せっかく、彼を想う気持ちもあるのですから。

まずはあなたが今の依存傾向を克服するという決意をしてもらい、実際に行動に移し改善のために前に進むことです。友人も少ないようですのでカウンセリングを活用して克服するのはひとつの有用な解決方法です。同時にあなた自身もストレスが溜まっているでしょうから、胸の内の苦しみをカウンセラーに吐きだして下さい。

もし都内近郊であればカウンセリングをルーム クオリアも選択肢のひとつとして入れて頂ければ幸いです。地方であればHPなどをよく読んであなたが信頼できそうな所を見つけてください。

違反報告

2011年2月11日 21時42分


聖母治療院

ひなさん、はじめまして。
漢方紫禁堂鍼灸院の加藤と申します。

当院ではメール・電話カウンセリングをすべて無料でお受けしています。

プライベートでデリケートな内容ですので、公開での質問&回答よりも

よろしかったら直接ご相談ください。


漢方紫禁堂鍼灸院
mizuo.n-d.kato@aqua.plala.or.jp
04-2925-8834

違反報告

2011年2月11日 21時33分