教えて掲示板の質問

「仕事に行くのが辛いです。」に関する質問

  • 受付終了

きてぃーちゃんさん


私は今月の1日から、ある会社で店長(候補)として働き始めました。
店長になる前に、その会社でアルバイトとして働いていた事があり
とても楽しく仕事をしていました。今までアルバイトとして働いて
きた中で一番ここが自分に合っているなと思い、今後も関わって
いきたいという思いで、店長になろうと考えました。
しかし、当然の事ですがアルバイトと店長では仕事の量が違います。
たくさんの仕事を教えていただくうちに、店長の仕事は向いていない
と実感し、辞めたいと考えるようになりました。
ですが、まだ入社して1週間程度しか経っていないのに、
仕事が合わないから辞めるという考えは自分自身どうかと思いますし、
高校卒業して以来、一つの所に長く勤めていたことが無いので
仮に今の仕事を辞めたとしても、次の職場でもまた同じことの繰り返し
になってしまうのではないかと不安です。
親に相談したところ、「まだ働いて間もないのに、辞めるのはあり得ない。
考えが甘すぎる」と辞めることに対して反対されました。
確かに向いてなければ辞めれば良いという私の考えは甘いと思います。
まずはこの考えを正さなければいけないと思うのですが
私はこの先どうすれば良いのでしょうか?
将来が不安です....

違反報告

2012年10月9日 14時09分

教えて掲示板の回答

カウンセリングスペース フィールマインド

きてぃーちゃんさんはじめまして。
フィールマインドカウンセラーの小日向るり子です。

きてぃーちゃんさんは、甘くも弱くもありませんよ。
アルバイトとしてのお仕事が楽しくて、そんな自分が好きで、もっと働いていきたいと思った。だから店長(候補)を承諾したけれど、いざ仕事を研修してみると、予想と違っていて、自分には合わないのではないかと思い始めた。

これ、仕事だから悩んでしまうんですよね。
でも、日常に「思っていたのと違う!」ってあふれていませんか?

見た目美味しそうと思ったのに、あまり美味しくなかった料理
可愛い!と思って試着した洋服が、着たらあまり似合わなかった
絶対に合う!と思って付き合った人なのに、相性がよくなかった 等々・・・

ですのでまず、「自分は甘い、ダメだ」と思わないでいいんですよ。

きてぃーちゃんさんは、こう書かれていますね。
「まだ入社して1週間程度しか経っていない」
そうです。
「まだ」
一週間しか経っていないんです。
例えば、この「まだ」が、あなたの中でいつになったら「もう」に変わると思いますか?半年でしょうか?1年でしょうか??

この「まだ」の気持ちが「もう」に変わっても、気持ちが変わらないなら辞めてもいいのでは?つまり
「もう1年経ったのに、店長に向いていないと思う」 ということです。

最後にもう1つ、これは仕事だけでなく、人生全般においての考え方のアドバイスです。
「心配が起きたらチャンスだと思え」
心配しながらも、それを乗り越えたとき、人は成長できる、ということです。
なぜなら。今、たくさん悩んでいるきてぃーちゃんさんは、いつかご自分が同じような悩みを抱えている後輩ができたときに、経験をふまえてアドバイスができるから。
それが、人としての「成長」です。

またいつでも、ご相談ください。

違反報告

2012年10月10日 15時57分


お礼コメント


大変参考になりました。
ありがとうございます!

2012年10月13日 02時38分

吉岡心理相談室

吉岡里依です。

店長さんですね。
なかなか店長さんにはなれないとお聞きした事があります。
一生懸命に仕事されているのでしょう。
まじめなのでしょうね。

アルバイトと店長では責任が違って来ます。
ですので負担も大きくなったのではないですか・
一週間良く頑張りました。
ご両親の話をきちんと聞いて
あなたは親孝行ですね。

ご自分の気持ちを大切にもしながら,
出来る事をしていくことも大切ですね。
一週間過ぎて,2週間頑張ってみる・・・。
3週間してみる・・・。
3日,3週間,3ヶ月,3年・・・。
何処まで出来るかチャレンジしてみてはどうですか?

それはあなたが出来る精一杯で大丈夫ですよ。
それがあなたの人生の自信につながると思います。

違反報告

2012年10月9日 21時58分


お礼コメント


回答ありがとうございました!

2012年10月13日 02時37分

こんにちは、シーリックの大森です。

アルバイトから店長に抜擢されるなんて素晴らしいことですね。

まずは、その「周りから高評価であること」に対して素晴らしいものをもっている方なんだなと思いましたので。

さて、私も店長を経験したことがあります(3年ほどでしたが・・・)。

確かに、業務量も多く、スタッフメンバーの教育や指導、そして責任など、店長はとっても大変な役割があります。

わたしも、店長に就任して間もない頃が一番つらかったな~と、今さらながら思います。1カ月もしないうちに弱音や店長辞退を考えていましたからね。

でも結果的には3年続きました。

そして、店長を統括するポジションにまで行き着きました。

私の感じ方が変わったのは、半年を過ぎたあたりからでした。

その感覚の変化は、正直その当事者にならないと分からないことも確かな事実かなと思います。

ですから、今すぐ辞める結論を出すよりも、もう少しだけ(3カ月とか半年とか)、自分なりに納得できる期限を決めてもう少しやってみることをお勧めします。

単に、甘いとか、早すぎるとか、そういう問題ではなく、もっと自分で納得した結論を出していくことが、どんな結論になったとしても後悔しない結論なのかなと思うからです。

無理にとは言いませんが、店長になる前までは、自分に向いている楽しい仕事だったことも事実ですから、少しだけでも踏ん張れるのであれば・・・やってみて欲しいと思います。

いずれにしても、同じことを繰り返さないためにも、十分な方法だと思いますよ。


違反報告

2012年10月9日 19時11分


お礼コメント


回答ありがとうございました!

2012年10月13日 02時36分

カウンセリングへいおん

きてぃーちゃんさん、こんにちは。
カウンセリングへいおんの中島です。

やっとご自分の居場所となる職場が見つかり、やる気が出てきて店長にもなられたにも関わらず、今度は店長という職務が向いていないと思うようになられたということですね。
私なりの見解を述べさせていただきますね。
きてぃーちゃん さんの参考になれば幸いです。

まずですが、お母様からご指摘された「まだ働いて間もないのに、辞めるのはあり得ない。考えが甘すぎる」というご意見ですが、これは必ずしもそうとは限りません。
似たような経験は、どなたにでも多かれ少なかれあるのです。
私もそうでした。

今思い返せば確かに甘かったかもとは思いますが、その後のその職場を見ると間違いでもなかったなと思います。
つまりどういうことかと申しますと、きてぃーちゃんさんの「感性」そのものまで否定なさる必要はありませんよという事です。

こうお考えください。
「今の自分には、店長という肩書きは重く感じられる。」

ただそれだけです。
それ以上でもそれ以下でもありません。
きてぃーちゃんさんが甘いとか、そういうことでもありません。
お母様が厳しいとか、今までお仕事で長続きした経験がないからとか言うことでもありません。
あくまで、「今のご自分」にとっては・・・です。

まず、単純に現状を受け入れましょう。

そこからが少し考えましょう。
もう少し頑張って今までと違った世界を見てみることを選ぶのか、それとも再び職を探してみることを選ぶのかを、しっかりとお考えになられて決めることです。

なぜ店長という肩書きが重荷に感じるのか、いくつか箇条書きに書き出してみるのも効果的ですね。
ライティングダイエットという方法がありますよね?
あれは「書く」ことで、自分が何を食べたのか明確に理解することで必要以上のカロリーを摂取しないようになる方法です。
たとえ少々辛くても「書くこと」で、色々なことが明確になり、それがヒントとなって選択するための大切な参考になります。

たとえばこういう風に書いてみます。
「店長は〇〇しなければならない」
「店長は〇〇が大変」

思いつくままで結構です。


大切なことは、決してご自分を責めないことです。
服を試着するときに罪悪感を覚えますか?
何着も何着も着替えてみて結局は買わず、何日かして散々まよった服を選んでしまった経験はありませんか?
人生とはそういうものです。

また、ご相談くださいね。

違反報告

2012年10月9日 17時32分


お礼コメント


回答ありがとうございます。

大変参考になりました!

2012年10月13日 02時34分