教えて掲示板の質問

「僕はどこで間違ったのでしょうか? 誰が一番悪いんですか?」に関する質問

  • 受付終了

死にたい16歳さん

僕の兄と父は日本一の偏差値を誇る中高一貫校を経て同じ国立大学に進学しました

母は兄が自分で選んだ道だと僕には説明していますが、おそらく父の意向だと思われます

兄は小学校低学年の頃から数々のエリートを輩出する学習塾に通っていたので、父と母が進路を誘導して半ば強制的にそうさせたとしか考えられません

実際僕の場合も地元の公立中学校の悪評を吹き込まれていて、事実上中学受験の選択肢しか与えられませんでした

父は夜遅くまで兄に対してつきっきりで勉強を教え、覚えの悪いところがあると怒鳴ることもしばしばありました。僕に対してはいつも温厚な父だったので、それを見ていてとても怖かったことを覚えています。

また、父が席を空けると八つ当たりで兄が僕の悪口を独り言のように延々と呟いてくるのが辛かったです。一度我慢できなくなって、母に相談したのですがその夜に「ちくった」とまた悪口を言われ続けたので諦めました。それ以来スタンドライトの光で眩しい中、僕は壁の方も向きながらひたすら寝たふりをして我慢する日々になりました。

おかげで物静かで友達の少ない兄とは正反対に活発で友達の多かった僕も他人が自分のことをどのように思っているかを過剰に意識するようになり、学校でも常にびくびく怯えるようになりました。それがかえって浮いてしまい、いじめっこ気質のクラスメイトに目をつけられることになってストレスで円形脱毛症を発症し一部で「ハゲだハゲだ」とからかわれ、さらに親友にすらも裏切られて酷い人間不信に陥りました。

その間僕はずっと死にたい死にたいと思っていて、親に気がついてほしくて家のホワイトボードに「死にたい」という言葉を書いてみましたが、物騒な言葉だと軽く叱られただけで何も察してはくれませんでした。

そんな中、母に公立の中学とは違い安全で楽しい所だと言われてとある私立の学校を勧められました。そこは下は幼稚園から上は大学までをエスカレーター式で進学する学園で、何の希望のない僕にとってその学校だけが望みになりました。

そして僕もかつての兄のように夜遅くまで塾に通うようになり、そこで初めて他人よりも良い成績を取ることの喜びを知り勉強することの楽しみを覚えました。塾では学校での人間関係も陰鬱さも全てリセットされて友達もそれなりにできて本当に毎日が楽しかったです。

ところが塾へ行く日にちが増えてくると、学校の友達と放課後に遊ぶ時間がなくなって付き合いの悪い奴だと見なされるようになり学校での孤立はより深くなりました。幼稚園の頃からの親友とも次第に疎遠となってほとんど口をきかなくなります。

それでも私立の学校に行けば気を張り詰めることもなく、全てが報われると思ってひたすら勉強を頑張りました。受からなければ僕の人生はおしまいだとすら考えていました。

偏差値は兄の学校に比べると足元にも及びませんが歴史とブランドがあり、地元の企業にはOBがたくさん居るので就職には有利だそうです。また、その年に同レベルの学校でいじめ自殺問題が取り沙汰されてそこの志望者が流れ込んでくる形になったので倍率は高くなっていたようです。
なので志望校に合格した時にはこれでもう辛い思いをしなくていいんだと燃え尽きる思いでした。

ところがその学校は所謂おぼっちゃま学校で、特に幼稚園小学校から進級してきた生徒が幅をきかせるような現状で僕の思っていた校風とはまるで違いました。都会育ちでお金持ちで、選民意識のある質の悪い生徒が各クラスに点在していてそれぞれを牛耳っていました。

別段僕の割り振られたクラスの進級生は質の悪い奴で、小学校で感じたそれよりもずっと酷い雰囲気は今でも夢に見るくらいのトラウマです。そんな学校でも親を失望させたくなくて朝早くから片道一時間以上かけて学校に行き、またクラスメイトの目を気にしながらびくびく過ごし、そして電車に揺られ帰宅するという毎日でした。この自分にとって悪夢のような日々を一年間なんとかやり過ごしました。

でも二年生になって急に自分の人生が空虚に思えてくるようになりました。家では兄に見下され、学校でも同年代の相手にすら格差を感じ、自分はこのまま大人になって社会に出ても一生負け組なんだろうかと考えると何もかもがどうでもよくなって翌日学校を休みました。今思えばただの五月病だったのかもしれません。

ともかく、それ以来ずるずると学校をサボるようになってついには不登校になりました。春夏秋冬春夏秋冬ずっと家に居ても中学を卒業することはできました。もちろん高校には、その先の大学にも行けないです。母親はこの学園さえ合格できれば安泰だと目論んでいただけに大変ショックだったようです。

ですが死にたいとホワイトボードに書いたメッセージも、兄に虐げられ続けていた状況も、学校ではもう昔みたいな友達の多い快活な子供でないことも、気づいてくれなかったのは両親です。出来のいい兄だけでやめておけば幸せな家庭のままでよかったのに、わざわざ不幸の元凶を産んだのは彼らです。僕だって小学校の頃から今まで楽しいことなんてほとんどありませんでしたし、生まれてきてよかったこと感じたことは未だありません。そしてこれからは死ぬか死ぬまで辛いことだけが残っています。

今は定時制高校の生徒ですが、道を踏み外す前の進路と現状僕の目指せる進路を考えると馬鹿らしくて何もする気になりません。今年もずっと部屋に引きこもっています。

僕はどこで間違ったのでしょうか? 誰が一番悪いんですか? 僕が生まれてこなければよかったんですよね?? 教えてください。





違反報告

2012年9月27日 20時43分

教えて掲示板の回答

カウンセリングあい

死にたい16歳さん、はじめまして。
小さい頃から辛いことばかりで、生まれてこなければよかったと思ってるんですね。


(私は、現在愛知県に住んでいますが、自分が育ったのも、子供を育てたのも阪神間です。ですから、あなたの周囲の風土・おおよそ充満している価値観といったものは、ある程度理解できると思います。)


まだ小学生だったあなたが「死にたい」とまで思いつめた・・・よほどの事だったと察します。ホワイトボードにそう書いて、「辛いよ。苦しいよ。助けて。」と伝えたかったのに、受け止めてもらえなかった・・・のですね。言い表せないほど虚しく寂しい思いをした事と思います。私は、小さいあなたが必死で伝えようとしたサインに気づかなかった点、お兄さんにあなたを酷くいじめるほどの極度のストレスを与えた点で、ご両親は悪いと思います。

日本は学歴社会であることは否めませんが、勝ち組になることこそがわが子の幸せにつながるとご両親は考えておられるのですね。私には、極端な学歴信仰とも言える価値観をお持ちのように感じられます。

そして、あなたはまだ16歳なので、これまでの人生でご両親の価値観以外に触れる機会は殆どなかったのではないでしょうか?自分の好むと好まざるとは関係なく、、価値観というものは、自分で身につけるより、環境によって植えつけられる要素が強いです、若い時は特に。

だから、今のあなたには、学歴信仰的な価値観が備わっていて、その価値観で自分を見るから、自分を認めることができずに苦しんでいるのだと思います。

今は、傷ついた心を癒す時だと思います。引きこもるのは、あなたの心が出しているサインだと思ってください。十分休めば、動き出せます。大丈夫。

そして、十分休んだ後でいいから、さまざまな価値観に触れてみてください。本や映画、ネットなどからでもその気になれば、さまざまな価値観を取り入れることはできるのではないでしょうか?定時制高校の同級生や先生も、あなたのご両親とは違う価値観の人はいるはずです。

そうするうちに自分の新たな価値観が生まれると思います。その価値観をもってあなた自身を見た時、あなたはどう感じるでしょうか?
それでも、「生まれてこなければよかった」と思うでしょうか?

死にたいと言いながらも、自分でこれだけの文章を書き、周囲の大人(カウンセラー)に助けを求めているあなたには、生きたいというエネルギーさえ感じました。
応援しています。

違反報告

2012年9月30日 14時52分


こんばんわ。

間違ったのは、ご両親のあなたに対する、愛情表現でしょうね。

あなたの気持ちを、早く察する事ができれば・・・と思いますが。
ご両親には、それが難しいと感じます。

あなたが間違ったのではない事。
自分の人生は自分のものだと言う事。

人は生まれながらに「宿命」「使命」と言うものがあります。
あなたがこの世に生を受けた、その理由を探してみるのも良いかもしれませんね。

お父様と、お兄様と、そしてあなたは、それぞれ、違う人間です。
あなたには、あなたにしかできない事も多いと思います。

自分が本当にやってみたい事を、探して見て下さい。

違反報告

2012年9月29日 01時08分


こころの臨床カウンセリング 【併設】不登校、ひきこもり、ニート自立支援協会

はじめまして。

ひきこもり、ニート自立支援協会の塩見です。

多分あなたは、下手な慰めよりも答えを欲していることと思いますので、簡潔にご質問にお答えしましょう。


『僕はどこで間違ったのでしょうか?』

まだ間違いは犯していませんが、これから間違いを犯そうとしています。


『誰が一番悪いんですか? 』

誰も悪くはありませんが、あなたのご両親は典型的なバカ親です。

そしてあなたとあなたのお兄さんはその被害者。

バカなのはその人の罪ではありませんし、その被害者もまた罪はありません。

そんな心の広さを持って、許してあげることが大事です。


『僕が生まれてこなければよかったんですよね??」

誰にとってですか?

地球にとってなら、すべての人間が生まれてこないほうが良いのですが。



と、まあ、あなたの質問への答えはこんなかんじです。

納得してもらえたかどうかはわかりませんが、ひとつだけアドバイスをさし上げましょう。


文面やご質問の内容から察すると、あなたはご家族の中で唯一、知性とまともさを兼ね備えている存在だと思います。

そこで提案なのですが、あと4,5年ほど親のすねをかじって海外を旅してきてはいかがでしょうか。

別に自分探しをしろだとか、広い世界にでて見聞を広めてこいなどとは言いません。

とにかく、部屋で引きこもっているようなヒマがあるのなら、ブラブラと外の世界で遊びまわってくる方をお勧めします。



違反報告

2012年9月28日 16時49分


カウンセリングスペース フィールマインド

「死にたい16歳」さんはじめまして。

フィールマインドカウンセラーの小日向るり子です。
先に私の見解を書かせていただきますね。

「僕はどこで間違ったのでしょうか」→間違っていません。
「誰が一番悪いんですか?」→誰も悪くありません。
「僕が生まれてこなければよかったんですよね」→生まれてきてよかったと私は思います。

※「死にたい16歳さん」と書くのは、書いているこちらが辛いので、「あなた」と呼ばせてくださいね。

なぜ、そう感じたのか。

なぜならあなたは文章がとても上手いからです。
あなたは本を読むことが好きではありませんか?そして、書くこともきっと、嫌いではないですよね。
私は職業柄、多くのご質問やご相談の文章を拝見してきましたが、通常これだけの長文を読むと、正直読み終わったこちらもぐったりしてしまうことが多々あります。
でも、あなたの文章は違いました。
一言で言うと、「読ませる力」があります。
16歳で、これだけ過去の事柄とそれにまつわるご自分の感情を整理し、文章にできるって、とてもすばらしいことだと思います。
お世辞抜きで、才能だと思います。

今、定時制に行っているからと言って、不登校だからと言って、それはイコール「間違っていること」なのですか?
だとしたら、現在の世の中間違った人だらけです。

そして、少なくとも、これだけの思考能力とそれを文章にする力はたぶん、あなただけの力ではないはず。ご両親の育て方もその1つにあると思います。
だとすると、ご両親は悪人でしょうか。
私はこの1つだけをとっても、あなたのご両親がすべて悪だと思えないのです。

そして、こんな文を書けるあなたが生まれてこない方がよかったとは思いません。
なぜなら、今、私が、あなたの文章に感動しているからです。
限られた時間の中で、たった1人の人をほんの数時間でも感動させる力がある人が生まれてこない方がよかったとはどうしても思えません。

これまでの辛かったこと、気持ちを理解してもらえなくてむなしかったこと、
同じような境遇や気持ちでいる人って、たくさんいると思います。
そういった方たちに、あなたの文章力を持って、シェアしていって欲しい。

あなたはそれだけの力がある人だと思います。
これが、私が最初に書いた回答の理由です。

また文章を読ませてくださいね。

違反報告

2012年9月28日 16時16分


あなたは、道を踏み外してなどいないよ。

誰も悪くなんかないよ。

生まれてこなければよかった人などいませんよ。

世の中には、家庭の事情で、全日制の高校に通えなくて、

定時制高校に行っている人だっているのです。


あなたのお兄さんも、父親に怒鳴られ、我慢をして、

国立大学に行ったのです。

つらいけど、頑張って、一生懸命、努力したんだよ。

おそらく、父もつらい勉強をしたのだと思いますよ。

あなたは、この2人の遺伝子をもっているんですよ。

あなたが大学に行けるか、行けないかなんて、

他人が決めるのではないのです。

あなたが大学に行きたいと思えば、行けるのです。

これから、必死になって、勉強れば、大学に行けます。

両親もあなたは応援するでしょう。


まだ、高校生です。

あきらめるのは、早すぎます。

違反報告

2012年9月28日 16時09分


MEDICAL LIFE COUNSELING

死にたい16歳さん。はじめまして。和田と申します。

まだ理解できないかもしれないですが、誰も悪くないのです。

日本はまだまだ「学歴社会」です。実力主義らしき形容はされて
きていますが、本質的に「学歴社会」であることは否定できません。

ご両親が「進学」や「学校」に拘る事は、自分達が悩んできた事の
裏返しです。子供の将来に苦労をさせたくないと言う事の極端な
表現でしかありません。

死にたい16歳さんは、何か「特技」はありますか?
例えば、バスケットボールは得意だとか、水泳が得意だとか?
運動でなくても、「物理」は誰にも負けないとか、「数学」は常にトップだとか?
自分の好きなことや、自分の得意な分野に集中してやってみてください。

両親を恨んだり「負の感情」を抱かずに、自分の得意分野を「制覇」してみて
下さい。そうすれば、「負の感情」も消えていくと思いますよ。

今のところは「ここまでで」道に迷いそうになったら、また、相談してくださいネ。

違反報告

2012年9月28日 16時01分


家族こころ相談室 カウンセリングルーム フェアリー

ご質問ありがとうございます。
こうして相談できただけでもあなたは素晴らしいですよ。

それは「生きたい」と自ら望んでいる証です。
それがあなたの本当の気持ちで生きる力です。

人が生まれてくるわけは、誰でも人にはこの世(社会)で果たす役割使命というものがあります。それを全うするために生まれてきます。
命を授かるのです。

それは公平で尊いものです。
あなたもこの社会で必要だから生まれてきました。
なんらかの役割使命があるのですが、それがまだ自分で見つけられないだけなんです。焦らなくても大丈夫ですよ。

どこの大学とかどこの会社とか拘ることなく、自分の本質がわかったときに
きっとあなたは自分の進む道がわかり自主的に主体性をもって歩んでいけますよ。
確かにひとりでは難しいようならカウンセラーなどのサポートは一時的に必要になりますけどね。

ここまでで、これを否定したくなる思いが湧きおこってきたら、それは今まで
育ってきた環境で刷り込まれてしまった価値観がじゃまをしているだけですよ。

つまり、あなたにとっては良くなかった価値観です。
親の一方的な価値観です。
だからといって親が悪いわけではなく、親もこういう話を誰からもおそわっていなくて知らないのです。
だから社会の波にのって生きているだけで深い考えに立っていないだけなんですね。
なので、誰が悪いわけでもないんです。
あえて言うなら、明治維新以降日本が諸外国に追いつけ追い越せで
とってきた政策のせいでしょうか?そのような一極主義の教育や
市場原理主義的な経済のあり方でしょうね。

だから、あなたが悪いわけでもなんでもないんです。
あなたは今から自分の考える自分の生き方を選択していけばいいんですよ。

どんな職業につくか?いくら稼げるか?が人の価値を決めるわけではありません。
本当の人の価値は、どれだけ人に貢献できるかです。尽くすことができるかです。

あなたにはあなたが人に貢献できること、人に尽くすことは必ずあります。
大丈夫ですよ。

違反報告

2012年9月28日 15時45分