教えて掲示板の質問

「ときどき酷い無気力感に襲われます。」に関する質問

  • 受付終了

カンナさん

社会人2年目の女性です。
周期的にやってくる酷い無気力感についてご相談したく思います。

1日中寝ているということもなく、規則正しく起きて、仕事をして、家事をすることもできるのですが、すべきことが終わってしまうと、座ったり横になったりしたまま、なにもする気力がなくなってしまいます。身体が重くて、それでいて空っぽになるような感覚です。起きてはいますが、とにかく早く寝てしまいたい、と思います。

昔付き合っていた人に言われたいろんなことを、まだ引きずって傷ついています。そのことを思い出すこともあります。
仕事で巧くいかなかったことを引きずって、好きでしているはずの仕事なのに実は向いていなかったんじゃないか、と不安に駆られることもあります。
中途半端に学歴があることが、プライドであると同時に、コンプレックスにもなっています。それを思うたびに、自分はなんて傲慢なのだろうと嫌になります。
なんの脈絡もなく、消えたいと思うこともあります。
せめてなにかのきっかけで泣いてしまえればと思うのですが、ぼんやりとするばかりで巧く泣けません。

マイナス方向に向かう思考ばかりが溜まります。誰かに頼りたい、助けてほしい、と思っても、誰にどうやって頼れば良いのかも判らない状態です。
もしかしたら、自分は人と違うのだ、と思うことで、逆に安心したいのかもしれません。

つい先日まで、半月ほどその状態でした。今はなんとか普通の状態に浮上し、特に問題なく日常生活を送れていますが、またいつかあの苦しい状態に襲われるだろうと思うと、漠然とした不安に駆られます。

普段は、明るく賑やかな性格です。真面目なほうだろうとも思います。

漠然とした話で申し訳ありません。
しばらく耐えて放っておけばそのうち浮上できる、ということは経験上解っているのですが、この無気力感と付き合っていく良い方法などあれば、なにかアドバイスを頂きたく思います。

違反報告

2012年5月26日 23時21分

教えて掲示板の回答

カウンセリングスペース フィールマインド

カンナさんはじめまして。
フィールマインドカウンセラーの小日向るり子です。

ご相談を拝見させていただきました。
誰しも、やるべきことが終わると、スッキリしたり、状況によっては疲れた~、とグタっとなったりするものですが、カンナさんはご自身でも持て余してしまうほどの「醜い無力感」なのですね。
またその周期がやってくると思うだけで、憂鬱になってしまうとのこと、相当お辛い状況だと思います。

そのような周期になられたのはいつからですか?
また、前回は半月ほど無力感の期間があったとのことですが、どのくらいの間隔でその周期はやってきますか?

なぜこのようなことをお伺いしたかと申しますと、「躁うつ病」の可能性も否定できないと感じたからです。

今は、心療内科や精神科は敷居が高い場所ではありませんのでご安心ください。無力感の再来におびえているよりも、病院に行って、情報や対処方法が得られれば、それだけでもずっと安心できます。
過去を振り返り、私がお尋ねしたことを箇条書きにして医師に見せれば、たいていの見立てがつくと思います。
躁うつ病には、典型的なお薬があります。それを継続的に飲まれることで症状がよくなれば、通院、お薬で様子を見つつ、カウンセリングなどで、心の中の感情を吐き出すことをされてもいいと思います。


心の不安定さというものは、文章にすると漠然としたものになってしまうものです。
カンナさんのご相談は、状況もお気持ちもきちんと伝わるものですので大丈夫ですよ。

また、何か不安なことがあったら、今のような感じで全然かまいませんので、ご相談してくださいね。

違反報告

2012年6月5日 17時14分


カウンセリングへいおん

カンナさん、こんにちは。
カウンセリングへいおんの中島です。

ご相談内容を拝見させていただく限り、抑うつのようです。
ただ、こればかりはきちんと診断していただかなければ結論は出ません。

お時間のあるときで構いませんので、一度心療内科を受診されてみられませんか?
投薬で改善することもしばしばあります。


カウンセリングは、この診断が終わるまでお控えくださいね。
うっかり受けてしまい、かえって悪化することもしばしばあるのです。


早い改善を、心より祈念させていただきます。


また、ご相談くださいね。

違反報告

2012年5月30日 17時44分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。
やはり抑うつなのでしょうか。そうかもしれない、と思ったことはあるのですが……。
心療内科は敷居が高く感じるのでカウンセリングのほうが良いだろうか、と思っていたのですが、心療内科のほうが良いのですね。
もう少し様子を見ようとは思っていますが、なにかあれば受診してみます。
ありがとうございました。

2012年5月31日 21時41分

 はじめまして。『心のハマメリス』の阿部でございます。宜しくお願い致します。

 元彼に言われた言葉が引き金となり、無気力感やコンプレックスが仕事や日常にまで影響してきてしまって、とてもお辛い時期があったのですね。

 人は、言葉に反応しますね。「自分を否定されてしまった。」それを、大好きだった人から言われた訳ですから...。当時は、そんなショックと不安で、あなたの心は、大黒柱を失った家のようにガラガラと崩れ落ちてしまったのかもしれません。

 その喪失感、不安感が根底に存在して、そこから憂鬱感、無力感、自信のなさ、が併発していったのではないかと思われます。

 まずは、失恋に執着しているご自分を赦してあげてください。
 過去に執着することは、前へ進めなくなることです。複式呼吸をして、嫌なものを全部吐き出してみてください。そして、狭い世界から抜け出して、広い世界へ出てみましょう。

 人はそれぞれ、親が決めた独自のルールの中で育ちます。100人いれば、100人のルール、考え方、価値観がすべて違いますね。つまり、彼一人の価値観での言動でしかなかったのです。

 「ありのままのあなた」で良いのですよ。あなたを認めてくれる人だって、たくさんいるのです。傷つけられた言葉を、無条件に受け入れなくても良いのです。

 提案ですが、エゴグラムテストをされてみてはいかがでしょう。
 「自分は何者なのか?」を自覚することで、グッと楽になり、今後のあなたの生き方も少し変わってくるかもしれませんよ。

 もし、今までにない身体症状が出ているようであれば、まずは投薬療法を優先し、カウンセリングを併用なさることをおすすめいたします。

 あなたの未知の可能性を見つけて、色々な出会いを大切にしてくださいね。
 

  
 

違反報告

2012年5月30日 15時02分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。
無気力感が全て過去の恋愛に起因するようには思えないのですが(元彼との嫌な思い出を引きずってしまっていることは確かですが)、それがいちばん大きな要素ということなのでしょうか……。
ありのままの自分を受け入れられるように考えてみたいと思います。
良い出会いに期待します。
ありがとうございました。

2012年5月31日 21時26分

聖母治療院

カンナさん、はじめまして。
漢方紫禁堂治療院の加藤と申します。

ご相談の文章を拝読しましたが、おつらい状態をよくお書きになれましたね。

カンナさんの大部分の症状は「うつ状態」に起因すると思います。

あるいは、注意深く日常のサイクルを観察されると「双極性障害(躁うつ病)」
の面もあるかもしれません。

「ときどき」「周期的に」襲ってくる症状について、ご自分でもかなり意識されて
いらっしゃるので(「病識がある」といいます)、その点では私も安心しています。

睡眠障害や月経異常、食欲がないなどの症状がありましたら、無理をなさらず
心療内科・精神科を受診なさってください。

カンナさんのご様子では、うつ状態に対する基本的なお薬を服用され、必要な
休養と規則正しい生活リズムを送られることで回復が期待できると思います。

ただ注意していただきたいのは、うつ状態のときには、「大事な決断」をなさらず、
気分が好転するまで保留なさってください。

過去の出来事が自責の念に変わり、それをリセットしたいというお気持ちも湧く
のではないかと思います。

私たちカウンセラーは、カンナさんの必要とされるときに、いつもそばにおります。

誰かに頼りたい、助けて欲しい・・・

カンナさんがこの掲示板に投稿され、多くの回答が寄せられるでしょう。

それぞれの先生方の様々なご回答は、カンナさんの「頼りたい、助けて欲しい」という
投稿の“声”を聞き、集まってこられた方々です。

実際にカウンセリングを受けられるかどうかよりも、こちらの先生方の回答を
何度も読み直していただければ、カンナさんは決して孤独ではないことに
気づかれるでしょう。

なぜなら、こちらに寄せられた回答は一般論ではなく、カンナさんに宛てられた
「こころの手紙」でもあるのですから。

どうぞお大事になさってください。


漢方紫禁堂治療院
http://shikindou.dcsv.jp

違反報告

2012年5月30日 14時17分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。
温かい言葉にとても安心しました。
今のところ、睡眠障害をはじめ諸症状は出ていませんが、なにかあれば受診しても良いんだと安心しました。
傍に居てくださる方はいらっしゃるのですね。
もう少し様子を見ようとは思いますが、「大事な決断」を保留するようには気をつけます。
「こころの手紙」をありがとうございました。

2012年5月31日 21時11分

カンナさんこんにちは。

55649 イデタといいます。

カンナさんは
①すべきことが終わると無気力のような状態になる。
②マイナス思考の考えが強く、また頼りたい人が判らない。
③現在は問題なくても、②のような不安が残る。

というところだと思います。

おそらく、①②からして、カンナさんは責任感の強い方だと考えられます。
ですので「すべきこと」を行うときは問題ないのに、「すべきこと」が終わると無気力のような状態になるんだと思います。
仕事でうまく行かなかった時のことを考えてしまうこともあるとのことですので、本当に責任感、使命感が強いのだと思います。

また、完璧にこなす努力をされているのかもしれません。

勝間和代さんが「仕事に100パーセント注ぎ込んみ数日かけるより、80パーセント注ぎ込んで短い期間でコンスタントに仕事をする方が会社には喜ばれる」とおっしゃったことがあります。

こういうこともありますので、もし、責任感・完璧を求めているとすれば、その荷を下ろしても大丈夫ですよ。

つぎに、②の頼りたい人が判らないという状態についてですが、
相手が判ると、その後のつきあいを考えてしまい、頼りづらいのではないでしょうか。
相談をした人と次に会う。すると、他の人と違う反応をされる、気を遣わせてしまう。だから、頼れない。これがあるのかもしれません。

もし、相手を見ているのでしたら、相手の判らないカウンセラーなどに相談をするといいと思います。
相談したりするだけでスッキリするのでしたら、カウンセリングまでとはいいません。愚痴を聞くようなサイトもありますので、参考になさってください。
お話をされることで副交感神経が働いて泣けるかもしれません。
(口にしないと、副交感神経が働かないので泣くに泣けないんだそうです)

③にもあるように、発散されない限り不安は残ってしまうようですし。

これら、上記のことを考えてみてはいかがでしょうか。

とりわけ先に、気分が落ち込んだ際の救済策をお教えしておきます。
赤やオレンジの色を身につけるといいと思います。

また、職場で完璧な状態を緩和させるには、
白や黒の服装より緑を入れた服装をおすすめします。
(レモン・グレープフルーツやローズマリーなどのにおいもいいですよ)

取り入れてみてはいかがでしょうか。

違反報告

2012年5月30日 14時02分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。
責任感が強い、完璧主義、というところは心当たりがあり、また友人などにもよくそう言われます。
口にしないと泣くに泣けないというお話、腑に落ちた思いです。憂鬱感を吐き出そうと、誰に見せることもなくメールを綴ることもありますが、少し誰かに話してみようかという気になりました。
また、職場ではモノトーンばかり着ています。色や香りも取り入れてみようと思います。
ありがとうございました。

2012年5月31日 21時05分