教えて掲示板の質問

「生きづらさについて」に関する質問

  • 受付終了

匿名さん

今になって自分がいろんなことから逃げ続けていたための生きづらさに悩んでいます。
支離滅裂な文章になるかも知れませんが、よろしくお願いします。

父と母は私が生まれる前に不仲になり、物心つくときには両親とも仕事という名目であまり家にいませんでした。
二世帯住宅で、父方の祖父母と一緒に住んでいたため、また、近くに祖母の妹(大叔母)も住んでいたため私の世話や家事を父母の代わりにしてくれました。
特に大叔母は、祖父母が多忙で家をよく空けていたことから、ほとんど毎日私の家に来て私の面倒を見てくれました。

二世帯のため父と母が顔を合わすことはほとんどなかったのですが、ときどき顔を合わすとものすごい罵り合いになり、父が出て行ったあとヒステリックになった母親に寝ているところを2リットルのペットボトルで顔面を殴られたり、投げ飛ばされたり、八つ当たりをされていました。そのあとは母は泣きながらわたしを抱きしめ、「愛してるのよ」と延々と言いました。

そんな状態のまま小学生になり、いじめられるようになりました。「死ね」と言われたりけられたりものを隠されたり全員に無視されたりしました。
担任の先生に、蹴られているときに助けを求めたところ、先生は「なに? 用がないなら呼ばないで」と蹴られ続ける私を見ながら虫を見るような目で言いました。
ある日、一緒にいじめられていた幼稚園のころからの友達にまでけられたことが堪えて、とうとう大叔母の前で泣いてしまい、家族にいじめられていたことがばれ、学校側と話し合い、2年間にわたるいじめはなくなりました。
担任も心を病んでいたようで、その後すぐ退職してしまいました。

同時期に習い事の女性の先生に、「死ね」と言われ続けていました。
また、やはり同時期から祖母の友人の男性に可愛いといわれ、路地裏に連れて行かれ舌を入れたキスをされたり、抱きしめられて顔をなめられたり、下腹部を押し付けられたりしました。

このようなことから、どうも私は大人の人も先生も同級生も私をいらないと思っているような気持ちができたようでした。
家族は私のことを愛してくれているけど、ただ安心できるような気持には到底なれませんでした。
何かを言える関係ではありませんでした。
祖母の友人の男性だけが私に優しくしてくれている気がして、とてつもない気持ち悪さやなんとなくの罪悪感があれども、そういった行為をすれば他人も愛してくれるのかなあと漠然と考えていました。
小学二年生でした。

いじめがなくなってから、私はクラスで面白いというポジションで生活しました。
明るく、人づきあいがうまい、距離の取り方がちょうどいいといわれている反面、自分の中身はいつも幼い時のことを考えていました。
ずっと死にたい気持ちで、お腹を切ったり足を切ったり、マンションの屋上に足をかけて、やはり怖くなってやめたりと、繰り返しました。
父と母の喧嘩は次第に減っていきました。諦めがついたようで、母親は不倫相手と私を連れて旅行などをしたりしていました。父親は昔から浮気をしていました。
父と母はほとんど会わなかったため、私が中学のころに母親が玄関から出たのを見た父親が真顔で「あの人は誰だ」といった時は、さすがに笑いが止まらなくなりました。

中学になっても、高校になっても私は祖母の友人の人に会うたび、断れずさまざまなことをされていました。断ればいいのに、なぜか怖くて体が動かなくなってそのままになってしまいます。
もうそれがいけないことだとわかっているはずなのにどうにもできない自分がおかしいんじゃないかと気持ち悪くなりました。
「君の赤ちゃんがほしい」と言われたり体中触られたりしました。本当に気持ちが悪かった。断れない自分にも。

大学に入って、幼稚園のころから中学半ばくらいまで毎日のように面倒を見てくれた大叔母が倒れました。乳がんでした。
さまざまな理由から私の家で介護するようになりました。末期だった大叔母は夜な夜な呻き、家中が閉塞感に満ちているような気がしました。
私はあんなに面倒を見てくれた大好きな大叔母のためにいろんなことをしようとしたけど、ふくよかな彼女がどんどん痩せていくことが怖くて十分な介護ができなかった。
ご飯を上げたりするだけで、なにもできませんでした。
大叔母は私をある日呼びました。
「死なせてくれ」といいました。さらに「お前に使った時間が無駄だった。私の人生の時間を返せ」と言われました。
そのまま大叔母はなくなってしまいました。
なんとも言えませんでした。私は大叔母のおかげでご飯を食べられたし、ひとりじゃなくて済んだし、たくさん遊んでもらえたが、大叔母にとってほとんど関係がない私の面倒を見た10年近くは確かに彼女にとって無駄でした。
申し訳ない気持ちでいっぱいでした。無価値観でいっぱいでした。

そんな中、大学のサークルの彼女のいる先輩に遊びに誘われました。二人で遊ぼうよ、とも言われていなかったしいままで大人数で遊んでいたためそういうつもりで行くと、なぜか二人っきりでした。でも申し訳なくて断れなくて、いうがまま遊びました。

夜ご飯のときたくさんお酒を飲んでしまい、歩けるけどふらふらになりました。先輩は手をつないできて座らされ、いきなりあの祖母の友人のようなことをし始めました。
大好きな先輩でしたが、そういう気持ちはありませんでした。でもやはり断れませんでした。
笑いながら流されてしまいました。
先輩には「彼女には内緒な。こんなつもりなかった」と言われ、私も笑いながら別れました。
なんで断れないんだろうと悩みましたが、そのまま私はずるずると先輩と関係を持ってしまいました。
嘘だろうといわれる「愛してる」がうれしかったんです。
ぽっかりあいた穴が埋まりそうな気がしました。でも別のところが崩れている気がしました。

先輩は彼女に私との関係がばれ別れて、改めて私と付き合いました。でも、付き合ったことで今まで許せていたことが許せなくなって、どんどん依存的になり、これだけ他人に迷惑をかける自分の精神的未熟さは、毎日考えるだけで克服をしていない幼少のころからの記憶からきていると感じました。
正直私は本当に彼が好きなのかわかりません。手を出されて、そのままずるずるした挙句、依存的になっただけな気がします。
また、昨年二回レイプ未遂にあっています。
手のひらが迫ってくる感じがいまだ取れません。私は男の人に愛されたいと願いながら、男の人を憎んでいるような気がします。でも、気に入られたくて媚を売っている気がします。女の人は普通に好きです。
コミュニケーションに不便は感じません。ただ、近ければ近い人ほど、愛してるという人ほど、どこまで愛してくれるのか試したく挑発的な物言いをしてしまいます。
私のことを殴ったり、嫌いという人のことが好きでたまらないです。
彼に首を絞められたり、叩かれたり、罵倒されると、腑に落ちる気持ちがしてすっきりします。
自分で何もかも壊してしまいたくなります。
そんな衝動が出ては引っ込み出ては引っ込み、自分ですごく後悔してしまいます。
全部自分が悪いと思います。私が媚を売るから男の人が私をそう扱うのだと感じます。
でもやめられない。どうやって接すればいいのかわからない。

結婚をしたいとも思いません。子供を産んだら死なせてしまい育てられないと思います。いい家庭が築けるとも思えません。
そしてなにより、こんなどうでもいいことを悩んでいる自分が恥ずかしくて、死んでしまいたくなります。こんなこと気にしないでいられたらいいのに。
昔はもう少しせっぱつまっていたため精神科にかかろうと考えていましたが、今ではこんなことで悩んでいることが恥ずかしくて言い出せません。
でも未熟な自分の精神面を克服したくて、そうしたら生きやすくなるんではないかと考えています。

長々と読みづらく申し訳ありません。
なにか助言を頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

違反報告

2012年5月2日 12時51分

教えて掲示板の回答

カウンセリングセンター 聴心館

 こんにちは。カウンセリングセンター聴心館 国府谷です。精神医学や脳神経科学をベースに認知行動療法を中心とするカウンセリングをしています(診断・治療行為は致しません)。

 匿名さん,つらい毎日を送ってきましたね。でも,そんな毎日に慣れてしまって,どうでもよいと思えたり,恐いもの見たさの状態になったり,ふっと気がついてこんなことで良いのだろうかと思ったりしているんですよね。お気持ち,お察しします。

 今ここに生きている匿名さんの状態があります。この状態が匿名さんが自分から引き起こしたものではないという意味で責任はないでしょう。でも,そんな自分でいいと言って自分の状態を容認したという意味では,匿名さんの責任でもあるといえます。

 私がかつて相談を受けた方の中には,親からDVを受けている人や親に身体を汚された人,親の借金を返すために夜の街で仕事をしている人がいました。守秘義務がありますので詳しい話はできませんが,みなさん,大変な状態でも何とか,自分で自分を見捨てずに立て直そうと頑張っていました。

 そうした意味から見ると,匿名さんの場合,いじめや身体を汚される,言葉でいわれるなどいろいろな状況があったなかで,自分の価値を信じること,自分を愛すること,わかりやすく言うと「自分をいとおしく思う気持ち」を傷つけられてしまっているのではないでしょうか。そのことに匿名さん自身,気づいているけれど,自分で見ぬふりをしているように思われてなりません。

 これ以上,自分で自分を傷つけて欲しくない,自分を大事にして欲しい,そんなことを感じています。今からでも遅くない。ここから,見て見ぬふりをしないで,自分をあきらめたり放任したりせずに,大切にして欲しいと思います。

 文面を見ていると,匿名さんはいろいろな人から,いろいろとつらいことをされているけれど,それに対して相手を傷つけるような発言,相手に恨みをぶつけるような発言は文中にありません。匿名さん自身は,本当は心のきれいな方ではないかと思います。流されずに,自分を大切にしてくれれば,いつかきっと,良い人生に切り替えることができると思います。

 まだまだ若い匿名さんには,きっと良い未来が来ると信じています。いつでもご相談にのります。必要なときは,ご連絡下さい。

聴心館WEBサイト http://www.choushinkan.com

違反報告

2012年5月15日 00時11分


メンタルヘルスサポート君津

初めまして。あなたは今までとてもつらい事が多い中で育っていらしたのですね。メールを送信する事はとても勇気のいる事だったと思います。自分を大切にする事や他者への信頼感は物事に対する価値観と同じように急に変えられるものではありませんが、ご自分の子供時代から今までの事を振り返って見つめ、考え、色々と気付く事が出来るという事は、あなたにそのような力が育っているという事で、前向きに幸せに生きて行こうという気持ちが心の奥にあるからだと思います。出来ればカウンセリングを受ける事をお勧めしたいと思いますが、よろしかったらメンタルヘルスサポート君津のホームページの中の、自分に優しくする、というページをご覧になってみて下さい。時間はかかってもつらい思いを安心して話せれば、生きづらさが少しずつ軽減され、ご自分を大切に、人間関係をゆっくりと再構築なさって行く事がきっと出来る方だと思います。私は、ここにメールを送って下さった事があなたの幸せにつながって行くように祈っています。

違反報告

2012年5月11日 10時23分


カウンセリングへいおん

こんにちは、カウンセリングへいおんの中島です。

ご相談内容・・・というよりも、あなたの心の叫びを拝見させていただきました。
どこまでお答えできるのかわかりませんが、私なりの見解を述べさせていただきます。

昨日にあなたの心の声を読ませていただき、ずっと考えておりました。
とてもではないですが、言葉にできませんでした。
この世の地獄・・・とでも表現するしかない人生でしたね。
私程度の人間がアドバイスなどできないと感じておりました。

今朝になりまして、ようやく気持ちの整理ができましたので、書き込むことができました。

あなたが書かれた文章を引用させていただきます。
ここにあなたの全てが詰まっています。


「私のことを殴ったり、嫌いという人のことが好きでたまらないです。
彼に首を絞められたり、叩かれたり、罵倒されると、腑に落ちる気持ちがしてすっきりします。
自分で何もかも壊してしまいたくなります。
そんな衝動が出ては引っ込み出ては引っ込み、自分ですごく後悔してしまいます。
全部自分が悪いと思います。私が媚を売るから男の人が私をそう扱うのだと感じます。
でもやめられない。どうやって接すればいいのかわからない。」


とても悲しいことに、あなたの中に一般的な「幸せ」というイメージが全く感じられないのです。
踏みにじられ、個人の尊厳すらない人生の中で成長されてこられたので、あなたのことを殴ったり、嫌いという人といることが「安心」できるのです。
首を絞められたり、叩かれたり、罵倒されると、腑に落ちる気持ちがしてすっきりされるのは、その中で生きてこられたから馴染んでしまっているのでしょう。

普通、親切に面倒見てくれた方から、「お前に使った時間を返せ」などと言われたら、下手すればその場で自らの命を断ってしまうかもしれません。


そのような環境が安心してしまう反面、あなたの中ではどうしても許せない感覚がどこかにあるようです。

自分で何もかも壊してしまいたくなるのは、その衝動でしょう。
しかしながら今までの人生環境から脱却できないでおられるので、そんな衝動が出ては引っ込み出ては引っ込みしてしまいます。
結果として、ご自分では後悔という想いしか残らなくなります。


これまでの人生から脱却できないご自分を責めてしまわれるので、全部自分が悪いと思わざるをえなくなってしまいますよね。
決して男性を簡単に許しているわけではないのに、ご自分を苛もうとする男性に身を任せてしまい、そうなる理由はあなたが媚を売るから男の人があなたをそう扱うのだと思うしかなくなります。

でもやめられない。どうやって接すればいいのかわからない。
ここからが最も大切なことです。
あなたは本当に、これまでの人生をリセットしたいと思われますか?
その決意があるかどうかで全てが決まります。

そこが不明確であればあるだけ、今までと全く同じことを繰り返すだけでしょう。

私たちはカウンセラーですが、カウンセリングを受けられる方の中でその効果が発揮されるのは、ご自分の人生を心からリセットしたいと願う方だけです。
そのあたりが曖昧な方は、そのときは良くなったしこれから自分は幸せだと思われるのですが、結果として現実の環境に流されていってしまいます。
そのような方々をたくさん見てきました。

キリストはこう言いました。
「神は自らを助ける者を助く」
カウンセリングは単なるお手伝いにすぎません。
カウンセラーとクライエント様が共同で人生を切り開く作業ではありますが、結局はクライエント様の決意に全てかかっています。
ましてやカウンセラーは神ではありません。


「こんなどうでもいいことを悩んでいる自分が恥ずかしくて、死んでしまいたくなります。こんなこと気にしないでいられたらいいのに。」

そのお気持ちを、大事にされてください。
そこにしか、解決の種はありません。

最後になりますが、仮にこの世に「神」というものが存在するとしましょう。
神に祈れば極楽浄土に行けたり、天国に行けるのでしょうか。
間違っているとは申しませんが、正解でもありません。
神にすがってもいいのです。
そこに希望が見えるのであれば。
ただ、善があれば悪もあるように、神があれば逆の存在もまたあるのです。
堕天使ルシフェルは、地獄の民を見捨てることができずに神という存在を自ら否定して助けようとしました。
それは、地獄の民の中に、心から救われたいという心の声が届いたからに他なりません。

最後はあまりよくわからなかったかもしれません。
私なりに精一杯の文章でした。
少しでもあなたの心に届けば幸いです。

また、ご相談くださいね。

違反報告

2012年5月11日 07時36分


Oruka's room

はじめまして、Oruka's roomの大迫です。
ご相談ありがとうございます。

このような辛い体験を
勇気を持って相談されたこと
本当にありがとうございます。

そして・・・
>でも未熟な自分の精神面を克服したくて、そうしたら生きやすくなるんではないかと考えています。
このように考えていらっしゃることに
心からエールを送るとともに
あなたが本来もっている自己治癒力を信じています。

私は、助言は出来ませんが
ただひとつ、このことだけは言いたいです。
それは、あなたは何も悪くないということです。

>全部自分が悪いと思います。私が媚を売るから男の人が私をそう扱うのだと感じます。
↑そうではありません。
あなたは、一切悪くありません。

お会いして、様々な感情を共感したいところですが
あなたに心から信頼できる深い愛情を持った人が現れることを
祈っています。












違反報告

2012年5月10日 19時42分


お礼コメント

 ご回答ありがとうございます。

何も悪くない、との言葉に涙が出ました。

おそらく本当に私が悪いのだと思います。
私が自分のいろんな経験から導き出した答えが間違っていたのだと思います。
自分の価値観からしか図れないことが一番私の悲しいところだったと思います。
繰り返したくない、と思いながらまるで行動パターンがあるかのように同じ考えをし、同じ過ちをし、同じように苦しんできました。
もっと前に、少なくとも問題を自覚した当初に専門家の方を訪ねていればこんな生きづらさを抱えずにすんだのではと思っております。
自分で克服できると思ったのが、そして克服できていると思ったのが間違っていたようです。

自分が悪いことは自覚しているけれど、「何も悪くない」とおっしゃっていただけたことに本当に救われました。

どうもありがとうございます。

2012年5月11日 18時51分

新川公園前メンタルカウンセリング

新川公園前メンタルカウンセリング 心理カウンセラー千嶋のりえです。


ご相談ありがとうございます。


あなたが過去に経験したことは、とても辛かったと思います。
ここでのご相談をきっかけに、変えて行きましょう。

あなたの問題を扱うところは、精神科ではなさそうです。
あなたには、強い依存の要素があり、たとえ病院からの処方薬であっても、依存の問題を考慮した対応を必要とします。

まずは、カウンセリングを受けましょう。
そこで、どのような心理療法が良いのか、ゆっくり向きあって行くと良いです。

あなたの経験は、連鎖させてはいけない問題です。
お子様を持つ持たないに関わらず、他者に対しても連鎖は禁物です。
しかし、体験の陰惨さにあなた自身が飲み込まれていては、期待は薄らぎます。
あなたの経験には、それに見合う癒しが必要なのです。

どんな療法であれ、あなたにはしっかりとした安心感と安全地帯が必要です。
ご検討ください。

また、依存の強さから、他者に事を欠くと他の物への移行も考えられます。
甘い誘惑には乗らない事です。
依存を抱える者同士は、相手の弱点が読めるのです。
交友関係には気をつけてください。


自分に与える愛情は、自分でも作れます。
その方法を掴みましょう。


心理カウンセラー 千嶋のりえ

違反報告

2012年5月10日 19時40分


お礼コメント


ご回答ありがとうございます。

以前は極度に死にたいと思っており、毎日泣き、自分の中に強い衝動があったため、精神科受診を考えていましたが、
今はそういった強い衝動というよりも私はどうしてこななったのか、私以外の人なら乗り越えられたのか、私はだめな人間なのか、どうすればきちんと自立して過去にとらわれず繰り返さないで生きていけるのかとそればかりを考えているため、カウンセリングを受けようか悩んでおりました。
自分といくら対話したところで私の価値観の中での答えしか出ないことが怖かったため、まずここでご相談させていただいた次第です。

また、依存心の強さは自覚しておりました。
それをどうしたらいいか悩んでいます。
依存は他者に連鎖するとのことですね。
この依存心を乗り越えられないのが辛いです。
この未熟な精神での異性との付き合いはやめた方がいいでしょうか。
自分の精神の問題と、過去の問題から、彼によく別れを切り出したくなります。
あまりにも申し訳なくて、一緒にいられないと思うからです。
大叔母の言葉や、たまたま祖母の知人に触られているところを助けてもらっていて、本当にありがたいと思う反面、これまでの経験上彼を信じられない私、その私を嘘か本当か好きと言ってくれることがつらいです。

自分で依存心を克服することはできませんか。
やはり専門家の方に見てもらうことが一番でしょうか。

甘い誘惑を断ち切って、依存しないで生きていきたいです。

どうもありがとうございました。

2012年5月11日 18時41分

カウンセリングルーム優心(㈲有心個別アカデミー内)

こんにちは。
カウンセリングルーム優心武澤と申します。
宜しくお願い致します。

この書き込みに投稿する勇気がいった事でしょう。
大変お辛い過去がお有ですね。

決してどうでもいい、恥かしいなどの感情は持たなくても当然の事ですから
ご自身を責めないで下さい。

過去は変えられませんので、あなたのこれからを焦点に考えて行きましょう。

男性に対する不信感が一番の問題であると思います。
今はご結婚を考えていないということですが…あなたと一生を歩みたいという
男性が出てきた場合、今のような思考では幸せになれません。

一つの治療法ですが、過去のその辛い体験が今のあなたに悪影響を及ぼしている訳です。

そこでゲシュタルト療法の中のエンプティチェア技法と言うものがあります。
これはその時の体験を今ここで感じてもらい、その対象となる人(ここでは祖母の友人・先輩・父・母など、あなたがその人物になる)と実際のあなたで会話をしていただいて「そのとき言えなかった事」などを相手に伝えていく手法です。

文章では伝えにくいのですが、もしこの技法を使って治療をしているカウンセラー
がおられましたら一度試してみてもいいかと思います。

これでも変わらないようでしたら、またご相談下さい。

あなたの場合問題が多いので少しお時間がかかるかもしれませんが…
お幸せになっていただきたいので、一つずつ解決して様子を見ていきましょう。

またご相談下さい。


違反報告

2012年5月10日 19時34分


お礼コメント


ご回答ありがとうございます。

男性に対する不信感はたしかにあります。
だけれども男性に愛されたいと思ってしまうのがゆがんでいる要因でしょうか。
私自身を愛されたいと願いながら、彼のことを疑ってしまいます。みんな同じように私のことをゴミ屑のように扱っているのではと考えてしまいます。

今回教えていただいた療法について詳しく調べてみたいと思います。

どうもありがとうございました。

2012年5月11日 18時25分

こんにちは、ご相談ありがとうございます。

辛い体験を重ねて、生きてきましたね。

あなたの過去をセラピー療法で清算することで

新しいあなたに生まれ変われます。

メールでの解消よりも、面談をお勧めします。

違反報告

2012年5月10日 18時32分


お礼コメント

ご回答ありがとうございます。

この体験をつらいと思っていいのか、私にはわからないです。
他の人が私と同じ人生を歩んだとき、私のようにずるずるとだらしなく生きるのかと考えてみると、ただ私が弱いだけのような気がします。
こんな程度のことで相談に行くべきか、自分で乗り越えられないのかとずっと悩んでいます。

しかし、今までそうやって自分で乗り越えたつもりになっていたのに、結局全く乗り越えられていなかったため、ここでご相談をさせていただきました。

やはりきちんと乗り越えるためにはカウンセリングなどを受けた方がよいのでしょうか。
自分で乗り越えることはできないんでしょうか。

どうもありがとうございました。

2012年5月11日 18時15分

追加コメント

生きづらいのは、「つらい」のとは少し違う感覚なのでしょうか。

誰でも悩みを抱えています。

そして抱えた悩みの大小は他人と比較できません。

もちろん、抱えた悩みをご自身で乗り越えることも可能です。

カウンセラーは乗り越えるための「気づきの促進」をはかります。

よろしければ訪ねてみてください。

2012年5月11日 21時45分