教えて掲示板の質問

「過食が抑えられません・・・」に関する質問

  • 受付終了

不安さん

最近、お腹が空いていなくても何か食べたくて仕方がなくなり
つい食べてしまうことがあります。
特に、菓子パンなど、甘い物が無性に欲しくなり、
ご飯を食べた後にまたパンを食べたりしてしまいます。

今までは普通体型だったのですが、ここ三ヶ月ほどで6キロほど
体重が増えてしまいました・・・
前にも体重が一時増えたことがあるのですが、その時は
間食を控えたりなどをして、元の体重に戻せましたが、
今はこのままじゃいけないと思いつつも、胃が重たくて
苦しくなるほど食べてしまいます。
嘔吐恐怖症なので、吐いたりはできません。その代わり今は
下剤を使おうかなと考えてしまっている自分がいます・・・

去年の冬は、体調不良で嘔吐を一回してから食べることが怖くなり
ご飯を一切食べないこともあって、その時は逆に5キロくらい痩せました。

今は、胃の調子が悪くても、気持ち悪くならない限りは食べてしまっています。
そして、食べた後に凄く後悔して、自己嫌悪に陥ってしまいます・・・

心療内科にも通っていて、薬の副作用なのかなとも思うのですが
異常に食欲があるので副作用でこんなに食欲が増すのか
分からないのでなんともいえません・・・
(ちなみに処方されてから食欲が増した薬は、アモキサン、ルジオミールです)

これは、薬の副作用なのでしょうか?
それとも、過食症なのでしょうか・・・
ただ、意思が弱いだけのように感じてしまって辛いです。
何か、対処法などはあるのでしょうか・・・?

アドバイスしてくださると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

違反報告

2012年4月13日 21時17分

教えて掲示板の回答

カウンセリングルーム「春告げ草」

こんにちは「春告げ草」の知原と、言います。

服用されていらっしゃる「おくすり」からですと、それほど強い副作用では、

なさそうですね。  何らかの「ストレスが原因」と、見られた方が良いようですね。

運動は、「出来そうですか?」。もし、出来そうであるのならば、プールでの

水中歩行など、お勧めしたいのですが?。最初は、休憩時間などを多めに

取られまして、徐々に距離を伸ばしてゆくように、されれば良いかと思われます。



下剤は、脱水症状を、引き起こしますので。あまり、お勧めは・・・。

もうひとつ、下剤頼りになった場合。排便に、苦しむ事になりますので、

やはり、お勧めは、出来かねますねぇ。



運動が難しい場合は、ヨガ・ストレッチ・瞑想などでも、一定の効果が得られます。


特に「ヨガ」に、関しましては。食事の調整をせずとも、効果を発揮してくれますので、

必ず、「専門家」の指導の下に、行なって下されば。相応の効果は、

期待して良いと思いますよ。

違反報告

2012年4月20日 21時32分


カウンセリングルーム優心(㈲有心個別アカデミー内)

りゅうさん初めまして。
カウンセリングルーム優心の武澤と申します。
宜しくお願い致します。

原因としては色々考えられますが・・・
薬の副作用ではないように感じます。

心療内科の医師はどういった診断をくだしたのでしょうか?

納得されていないならばセカンドオピニオンを受けてみる事も視野に入れてみましょう。

メンタル面から考えますと、極端なダイエットをされていないならば
拒食も経験され、嘔吐恐怖症もお持ちであることから
極度のストレスを感じてらっしゃるか、過去のトラウマが考えられます。
何か心当たりがおありでしたら、カウンセリングを受けてみてもいいかもしれません。

どうぞお大事になさって下さい。




違反報告

2012年4月20日 16時40分


カウンセリングへいおん

りゅうさん、こんにちは。
カウンセリングへいおんの中島です。

ご相談内容を拝見させていただきました。
わかる範囲は限られておりますが、私なりの見解を述べさせていただきますね。


まず「過食症」の根本原因は様々あると思います。
おっしゃるように精神状態から発症してしまうこともあります。

ですが最近の研究ではまず疑うべきは、「低血糖症」かどうかです。
その次には「満腹中枢と食欲中枢という二つの自律神経の機能低下」です。


まず低血糖症ですが、糖尿病の投薬治療中になりやすいものですが、普通の症状の方でもなりやすいものです。
文章からではそういうことはないかどうかは判断できませんが、もし糖尿病の治療をされておられたら主治医にご相談されてみてください。
インスリンが過剰に分泌された場合に、身体が勝手に食欲中枢を刺激してしまうのです。

次に満腹中枢と食欲中枢という二つの自律神経の機能低下についてですは、自律神経の異常ですから神経科の範囲になると思います。

これだけは覚えておかれて下さい。それは、
「心療内科の薬の副作用と異常なまでの食欲は、必ずしも比例しない」ということです。


適切な診察を受けられ、適切な治療をお受けになられてくださいね。


また、ご相談ください。

違反報告

2012年4月20日 14時04分


新川公園前メンタルカウンセリング

新川公園前メンタルカウンセリング 心理カウンセラー千嶋のりえです。

ご相談ありがとうございます。

ご心配の、処方されているお薬の副作用では無いように感じます。

断言は出来かねますが、鬱の症状の中に、見直すものも感じます。

一番は、本当に鬱なのか?と言う点です。
自己判断は危険ですので、あなたの経過を観察した記録をとって見ると良いと思います。


一日の経過で、抑うつ的な症状を確認した時や、過食に走る手前の心理等、出来るだけ詳細な記録を、少なくても2週間はとりましょう。

次回の受診の際に持参し、気になる事を医師に良くご相談ください。


あなたには、摂食障害の気配はありますか?

自分で感じる罪悪感の食欲ではなく、明らかな異常性を確認されたものです。

明らかな異常性とは、偏食や睡眠を割いてまでの食事等で、通常の食べすぎとは大きく異なるものです。

体重の増加に拒否反応を示し、食べた事への罪悪感で苦痛になり、抗鬱薬を飲んでいるなら、そこの摂食に関する問題を考える必要があります。

「罪悪感」の発祥源を捉えて、あなたの心のトラウマなどを捜索する必要があるでしょう。


カウンセリングを併行すると効果的かも知れません。

まず、あなたの自己の確認をしましょう。

またご相談ください。
お大事に。



心理カウンセラー 千嶋のりえ

違反報告

2012年4月20日 14時00分