教えて掲示板の質問

「見返りを求めてしまう」に関する質問

  • 受付終了

ななさん

日々イライラして、涙が止まらなくなったり
眠れず、体型も太ってきたのに、顔がやつれ自分の精神に不安を感じています

現在、主人と二人で飲食店を経営しています
まず、店を始める前は応援してくれていた仕事を反対され大きなケンカをしてからイライラが始まったように思います
『俺と仕事とどっちが大事だ』とつかみかかれ、手を上げられたのは結婚するまで10年一緒にいましたが初めてでした

店を一緒にやっていく道を選んだのは私です、でも本当にやりたい事は今までやっていた講師の仕事なのは本音です。

主人はもともと飲食店を任されていた経験があり、スタッフとして私に求めているレベルも高いので私は、役に立てない自分が腹立たしく、出来ないことを指摘されるたびに、『前の仕事に戻りたい』と思います

反面、主人を支えて、必要とされる妻でいたいために頑張ろうとも思い、がまんしても、また仕事でぶつかり、こんな毎日嫌だなと思うようになりました

店を離れたほうがケンカもなくなるんじゃないかと、話し合いもしましたが、子供ができたら店を離れて子育てしてほしいと言われて、かといって上手く妊娠もせず、不妊の不安も悩みが増えました

主人を支える妻をあきらめ、自分の好きな道に進む勇気もなく、主人が理想とするスタッフになる努力も足りない、自分が嫌になります

今まで好きな仕事につき、認められる自分が必要とされる場所にしかいなかったので、逃げたいとしか思えなくなりました

離婚なんてしたくないのに自分は妻として役に立てないイライラがつのります

夢もあきらめて、妻として頑張ろうとしているのに、どうしてこんな態度をとられるのか、がんばっていても結果が出来ていないと意味がないと言われ、自分がどうして結果がだせれないのか、努力を認められないのか
じゃあ、好きなことに努力したいと、また逃げてしまう繰り返し

カウンセリングや、このことを友人に話すと店のイメージが悪くとられそうで、地元では話す場所がなく
この場所を借りて愚痴らせてもらいました
自分が弱くて嫌になります
小さなことでイライラしないようにする気持ちの持ち方、自分が出来ないことを指摘された時に素直に聞ける気持ちの持ち方をアドバイスしてもらいたいです。

違反報告

2012年3月30日 04時32分

教えて掲示板の回答

CIDD大垣相談室

言葉にならない、怒りや悲しみ・愛されてないという感覚が、日々のイライラや涙、体重の増加、顔のやつれに表現されていると思います。

あなたの心の苦しみが身体表現されています。
愚痴ではなく、本心を感じ・言葉にしていく作業が、脳機能を整え、心を穏やかにしていきます。

ご主人への怒りは、封印するのではなく、感じていくようにするほうが、脳機能が整います。ただし、本心に触れる作業はカウンセラーとともに行うと安心かもしれません。お近くのカウンセラーを見つけられるとよいと思います。
機能回復した脳の状態で、ご主人との関係を改めて考えていかれるといいと思います。

違反報告

2012年4月9日 20時13分


カウンセリングルーム ぽらーる

初めまして、ななさん。 カウンセリングルーム ぽらーるのアミです。

日々のイライラした精神状態の中、飲食店経営とご夫婦の問題大変なことと思います。お疲れでしょうね。

ななさんの文章からのご相談で、理解出来ることをお伝えしますご理解下さい。

ご主人に対してご自分の気持ちが分かって貰えないということからご自分の存在が尊重されて居ない為に精神的に不安なお気持ちを抱えているのではないでしょうか。

本当にななさんのご自分が「したいこと」は明白に意識されています。

・本当にやりたい事は今までやっていた講師の仕事なのは本音です。
・『前の仕事に戻りたい』
・今まで好きな仕事につき、認められる自分が必要とされる場所にしかいなかった 
・好きなことに努力したい

ですが、必要とされる妻でいたいために頑張ろうとも思い、がまんしている状態なの
でしょうね。

ご主人はご自分の思いばかりを自己主張している状態のように伺えます。
その中にもご主人の内面の中に抱えておられる何かがあるようにも思われます。

ななさんご自身がご主人を支える良い妻を選んでいるのは本来ご自分の為に選ばれたのでしょうか。

ご自分の夢をあきらめたと感じておられるのはそんな所からなのかなと思われます。

言いたい気持ちを抑え、消極的・非主張的な傾向は、対人関係において誤解を生じさせるだけではなく、不安や劣等感、自信のなさ、「どうせ分かって貰えない」といったあきらめの気持ちや「人の気持ちも知らないで」「譲ってあげたのに」など恨みがましい気持ちに繋がります。

そんなストレスは考える以上に大きく、溜まると「八つ当たり」など不適切な言動となってしまいます。日々の中でそれは繰り返されて、様々な体調への症状として現れます。


ななさんがご自分の主張を伝えることと、ご主人がその主張を受け入れるのかどうかは別のことなのです。
すでに、ななさんに生じている気持ちや欲求、ご主人に伝えたい気持ちを大切にすることが、ご自分を尊重することだと思われますよ。

先ずは抑え込んでいる気持ちを素直にななさんの「私は~な気持ちでいます」など
伝えてみてはいかがでしょうか。

ご主人も何かしら素直に表現出来ないお気持ちを持っておられるのかも知れませんね。


近すぎて見えない関係で生じてしまう問題は多いですよね。

どうか、ななさんが本来のご自分らしい選択で明るい毎日を過ごされることを願って止みません。

カウンセリングはちょっと・・・と思ってらっしゃるようなので、
関係性の中で解決が見つからなくなった時またここにいらして下さいね。

                                         アミ
   
                                         

違反報告

2012年4月4日 11時37分


カウンセリングルーム優心(㈲有心個別アカデミー内)

初めまして、ななさん。

カウンセリングルーム優心武澤と申します。宜しくお願い致します。

出来る限り端的にお応えしていきたいと思います。
いわゆる、ななさんは「建前」と「本音」の部分のギャップが大きすぎるために
いらいらがいつも付きまとうのではないでしょうか?

お話しをお聞きすると、旦那さんのために夢を捨ててまで・・・
とありますが旦那さんにはきちんとその意向をお伝えしたのでしょうか?

「妻として・・・」こ言葉が少し気にかかります。

ななさんの中で、「妻とは・・・」どういう存在なのでしょう?

言葉は悪いですが、ななさん旦那さんの家政婦なのですか?

ななさんの中でもっと夫婦として対等の立場で意見を交わし
ご自身の意向を率直に伝えてみてはいかがでしょう?

もう妻を演じるのは止めにしませんか?

またご意見がありましたらお越し下さい。



違反報告

2012年4月3日 19時38分


新川公園前メンタルカウンセリング

登別市 新川公園前メンタルカウンセリング 心理カウンセラー千嶋のりえです。


ご相談ありがとうございます。

状況が把握仕切れないですが、あなた自身がご主人の理想とする能力者でありたいと言うお気持ちが良く分ります。


あなたの見返りとは、誉めて貰いたい・・・という素直な報酬を求める心ですね。

まず、ご夫婦は互いが対等な関係だと思うのです。
体力的な事や、出産や、男性にかなわない面や、あなたにしかできない事はありますが、ご夫婦としての立場は、対等が望ましいでしょう。

あなたの心に、縋りたい様な依存はありませんか?
初期には甘えとも感じる依存の感情は、経過と共に変化します。

何かの変わりに・・という代償行為になったり、無形の言葉に不必要に感傷的になったり、心理面で病みつつあります。

あなたには、自身の存在価値を低くしてしまう傾向を感じます。
物事が上手く運ばない時などに、自責に駆られるように、どうせ私なんか・・・と少々卑屈になってしまうような事です。


この一種の癖は、生育の過程での問題を抱えた方に多く見られます。

あなたの現状の症状の背景に、過去の問題が存在していないか?振り返る必要は感じます。

過去に、何らかの問題を見つけられたら、それはカウンセリングで改善できます。
そして、癖を治して物事に取り組む時には、以前と気持ちが変化しているはずです。


あなたに潜む、深層の問題を解決して、思考からの変化に期待できるようになれば、あなたの自尊心も高くなり、この様な悩みとは無縁になるものと感じます。

今だけの表層を捉えるのではなく、過去の自分と対話してみましょう。

全てが万能に、そつなくこなせなくて良いのです。
あなたは、自分の高い価値で生きましょう。


心理カウンセラー千嶋のりえ

違反報告

2012年4月3日 19時07分


お礼コメント

縋りたい気持ちがあります
どうしたら、育成の途中のトラブルにもトラウマの原因が思いあたります
カウンセリングを受けたほうがいいですか?

2012年4月19日 06時37分

カウンセリングへいおん

ななさん、こんにちは。
カウンセリングへいおんの中島です。


ご相談拝見させていただきました。
私なりのお答えをさせていただきますね。

家庭とお仕事、そして夫婦関係など様々な要因が重なっておられます。
カウンセリングももちろんですが、実務的な解決方法を模索されるべきかもしれませんね。

おそらく職人気質のパートナーであるご主人様にとって、ななさんほど自分を理解してくれる方はいないのでしょうね。
半分甘えているような感じなのかもしれません。

ご自分がやりたいお仕事を放棄してまで頑張ってこられていらっしゃる姿勢には、ただただ感服するばかりです。
それはストレスがたまります。


これは本来であれば、ご主人様とお二人でカウンセリングを受けてほしいところですね。
よくアメリカの映画で見かけるような、ああいったカウンセリングの方が望ましいです。

ですがおそらくご主人様は頑固なお方でしょうから、カウンセリングをお勧めしても簡単には頷いてくれないでしょう。
ならば、まずななさんから、少しだけ変化してゆくことしかないでしょう。

カウンセリングを受けに行くことそのものに抵抗があるのでしたら、いくつか方法があります。
その中で、これなら簡単にできるかもしれない方法をお伝えします。


問題は、ななさんの中にある「かつてのお仕事への未練」だと思うのです。
これをうまくコントロールできさえすれば、現在のようなストレスは減少すると思います。


まず、一人きりになれる空間をご用意ください。
そういったお部屋があればいいのですが、お風呂の中でも構いません。
その中で瞑想をします。
瞑想と言えば仰々しく捉えられがちですが、要は静かに目を閉じて誰も入ってこない状態になればよいのです。
私はときどきカフェなどでも行ったりします。

目を閉じていますと、色んな風景が浮かんできます。
ほとんどの場合、今現在抱えている問題のことが浮かびます。
肝心なことは、そういう風景に心を惑わされないということです。
あたかも夢を見ているかのように、見てください。
そうしておりますと、ある程度時間が経過しますと段々何も浮かんでこなくなります。
それでオッケー。

これはどういうことかと申しますと、意図的に夢を見ることとお考えください。
夢というものは様々な意味がありますが、最も意味があることは「余計なメモリー削除機能」です。
脳にたまった余計な映像などを、夢という形を用いて排出することが人間には備わっています。
これを、意図的に行うことなのです。

できれば複式呼吸をしながらやってみてください。
お風呂の場合では、ややぬるめのお湯で半身浴で行ってください。
溺れないように、留意なさってくださいね。
カフェなどではその心配はありません。

これを1日20~30分程度行うだけで、かなり気持ちがスッキリしてまいります。
ご自分の心のコントロールもできるようになってくると思い増す。
そうして心を軽くし、その上でご主人と色々お話することで前向きな方向にもっていきやすくなります。

しっかり向き合ってくださいね。
応援しています。

また、ご相談ください。

違反報告

2012年4月3日 17時45分