教えて掲示板の質問

「自分に自信が持てません」に関する質問

  • 受付終了

カエルさん

私は、どうしても、自分なんか、と思ってしまいます。
そして、他人とのコミュニケーションが少し怖く思ってしまうことがあります。
例えば、友達や知り合いの人となりはなしていてもこんな自分と話をしたくないのではないか、こんな自分の話なんかつまらない、聞き無くないのではないか、会話中でも今自分が話をしていて良いのだろうか。または、友達を誘っておきながら、自分といても楽しくないのではないか、ほんとは帰りたいのにむりしてるのではないかと思ってしまいます。
昔から私の周りには人が寄りつきません。小学校、中学校の遠足のバスの席を決めるときも余り物になり、休み時間も私の所には誰も話しかけにはきません。中学校の時は始めの頃に一緒に行動していた子にや数人に無視されるようになりました。
そのような経験があるからなのかとか、
または、子供の頃こら、カエルのことはいいから、裏方仕事はカエルがやりなさい、大人になったらなったで、カエルは食べなくても旦那様にはちゃんと食べさせなさいと言われたり、常に自分の価値を低く感じていたからなのかなと思ってしまうこともあります。
だから、この先、人と上手くやっていく自信がないのと、いじめにあった親の子供はいじめに合う印象があるので自分の子供も同じようにいじめにあったりしたら可愛そうだなとか思ってしまいます。
どうしたら、自分に自信が持てて、人と上手くやっていけるようになりますか?
また子供もそうならないか心配です。

違反報告

2016年9月25日 13時52分

教えて掲示板の回答

ものセラ

初めまして、カエルさん。井上といいます。

『私は、どうしても、自分なんか、と思ってしまいます』

これがすべての答えです。

「自分なんか」と思っていると、
「自分なんか」という経験を積み重ねてしまいます。
自分が自分に対して、していること以外のことを
誰もすることはできません。

わたしたちは、理由はわからないとしても、
まわりからなぜか、そうされていると感じます。
実は、そうされている前に、自分が自分に対してそうしているのです。
そうされて当然だと、どこかでそう思っているのです。

ですが、それは真実ではありません。
「自分なんか」って、誤解してしまったのです。
誤解ですから、誤解を解くこともできます。


お役に立てたでしょうか?

感じたことや疑問や質問があれば、気兼ねなく尋ねてください。
quietsphere.03@gmail.com
できれば、もっと聞かせてください。

ブログも見ていただけると嬉しいです。
『ものセラ(ものがたりセラピー)』
http://quietsphere.info

違反報告

2016年10月2日 22時19分


森本カウンセリング

森本カウンセリング(http://mo-counsel.com/)の森本等と申します。

諸先生の助言やアドバイスで現在の状態が楽になったり快方に向かったり、励まされたりということであれば、それはそれで結構です。

ただ、アドバイスだけではどうも物足りない、他に何か方法はないだろうか、とお考えでしたら無料提供しておりますので、「印」を試してみてはいかがでしょうか。

「印」は、気功から考案された、顎関節症の改善のため開発された改善法(レメディ・メソッド)の一部ですが、精神や気持ちを安定、落ち着かせるため、集中力や心と身体の自己免疫力を高め、悩みやつらさ、精神的苦痛などに耐えやすくなり、問題はあってもそれを受け止め、立ち向かい、乗り越える力を養う効果が期待できると考えています。

もちろん、「印」で何もかもが解決するわけではなく、根本的な問題の解決には、さらに適切な改善法(レメディ・メソッド)の指導とカウンセリングによる対応が必要になりますが、まずは、「印」による何らかの効果(効果は人それぞれなので)を、ご自身で体感してみることをお薦めします。

カエルさんは、顎関節症とは関係なさそうですが、効果はあると思いますので、「印」を結んでみてはいかがでしょう。

「印」を結ぶことで得られる気持ちの安定や落ち着きが、余裕や自信につながって、自分に対する無価値観、根拠のない不安、自分を責める罪悪感。自分が好きになれない自己嫌悪、自己卑下。堂々巡りの悩み。死にたい気持ち、などなどが気にならなくなってくると思います。

「印」を結ぶと丹田というところに力が溜まってきます。うまく溜まってくると、「自分は自分でいいんだ。周囲に対してそんなに気を遣わなくてもいいんだ」「他人に合わせようとすることもないんだ」ということが体で分かってきて、周囲の目や思惑に左右されず、自分のパターンで行動できるようになってくるでしょう。

丹田に力が入ると、自分は、本当はどうしたいのか、といった自分の意思、自分は、いま、いったいどんな気持ちなのか、といった自分の内面も見えやすくなってくると思います。
自信が持てるようになるかもしれません。自分のことを「カエル」と呼ばなくなるかもしれません。

また、他人といるとき、その人たちの褒められるところを探す気持ちで接してみてはいかがでしょう。ほめ言葉をすぐに口に出すことはありません。
ただ、それが自然に口から出たとき、話題をいちいち探さなくても話せるようになると思います。

試してみた方々からは好評をいただいておりますので、カエルさんも是非体験してみていただきたいと思います。もしそれなりの効果あり、役に立つようでしたら、やり方は簡単ですので、一生続けていくこともできるでしょう。費用も掛かりません。

メールかFAX、「心理カウンセリング.COM」をクリック。森本カウンセリング専用メール送信フォーム(メール連絡)にて「無料プレゼント」とお申し込みいただければ、お送りいたします。メールでの送付が可能になりましたので、お気軽にどうぞ。

メールは
gonzo@s8.dion.ne.jp
です・

FAXは
048-934-5609
お名前と住所だけでも結構です。

電話でのお申し込みは受け付けておりません。

また、宗教などとは一切関係ありません。

「個人差があるため、すべての人に効果があるわけではありません」が、もしあなたが何らかの効果を感じられたら、その旨、メールかFAXをお寄せいただければ幸いです。

違反報告

2016年9月29日 11時42分


『ユトリロの庭』カウンセリング

 カエルさん、はじめまして。『ユトリロの庭』カウンセリングと申します。

 特に子供のころ、寂しい思い、友達との中にいても孤独を感じてしまう経験をなさったのですね。
そしてその経験と悲しい感情が、今も友達や知り合いと話しながらも、「こんな自分」という考えが浮かんでしまうのですね?ご自分が誘って、断らずに来てくれた友達にさえ、「ほんとは帰りたいのにむりしてるのではないか」と思ってしうのは、どれほど辛いでしょうか。
 
 子供と大人では、人のみかたが変わりますよね。お互いに成長して。
「私の周りには人が寄りつかない」という感覚や考えはどのくらい真実でしょうか?
ご主人とはどうしてご結婚されたのでしょうか?
いわゆるお見合いですか、恋愛ですか?
ご主人やお子さんとお話になるときにも、ご自分を否定するような感情が湧き上がりますか?
少なくとも、カエルさんと出会って、この人と人生を共にしようと決めた人が一人いるのではないでしょうか?
 カエルさんにとって、大切なお母さんやお父さんの言葉、子どもだったころの嫌な経験は、時間と空間を超えて、カエルさんを支配しようとします。

でもいま一番大切な、「お子さんやご主人と一緒の自分」は、決して「こんな私」と切り捨てていいような存在ではないはず。
 「大切な妻」「大好きなお母さん」である私。さて、いかがでしょうか?
ほかのカウンセラーさんも言われる通り、お子さんに自己否定的な価値観を与えてしまいたくはありませんね?
 あまりに低い自己肯定は、謙遜を通り過ぎて卑屈に感じられ、子ども時代にはともするといじめの対象になることは否めないと思います。
 わが子に自分と同じ苦しみを味わってほしくないという思いはよくわかります。

 かつて欠点、弱点と思っていたようなことも、成長し、経験を積むことで、長所や魅力に変えることができます。また、物事は見方を変えるだけで、負の面と正の面の両方があるものです。
 まずはカエルさんがご自分の認識や価値観を見直してみませんか。
 お子さんの「お母さんに似た嫌なところ」や「母が直しなさいと言うところ」が、「かけがえのない自分らしさ」や「褒められる長所や魅力」になることで、お子さんがご自分を愛し肯定し、ひいては他人をも愛し、愛される素晴らしい資質になったらいいな、と思うのです。
お母さんであるカエルさんが、ご自分を愛せるようになるお手伝いをさせてください。

 千葉県の方の出張カウンセリングをさせていただいています。
よろしければ、メールでお問合せください。

違反報告

2016年9月28日 00時37分


R Lab of the hypnosis - アール・ラボ -

カエルさん。はじめまして。

大阪市のカウンセリングルーム アールラボです。

長い間、とても辛い思いをしてきましたね。

今までのこと、そして勇気を持ってここにご相談されたこと、
とても頑張りましたね。

カエルさんは本当はもっと人を信じ、自身を持ちたいけれど、
人と関わることが怖い、自分なんかと思ってしまう心が先に
でてきてしまい、ご自分でもどうしたらいいかわからずに
戸惑われてきたことと思います。

人の心には、自分が見たくないものを見て見ぬふりしてしまう
機能があります。

本当は仲良くしたいのに「自分といても誰も楽しいなんて思わない」と
思ってしまうのも、この心の機能が働いているのです。

これは、簡単ではありませんが解決することはできますよ。

カエルさんが本当に治したいと思うこと、考え方を変える為の
知識を身に付け、トレーニングを続けていくことが大切です。

また、そのサポートをするのが私たちカウンセラーの務めですよ。

お一人で抱え込まず、いつでもご相談くださいね。

*☆*。大阪市淡路のカウンセリングルーム
   R Lab of the hypnosis - アールラボ - 。*☆*
     http://sub.r-lab.co/
 ※メール相談も受付中:rlab.of.the.hypnosis@gmail.com

違反報告

2016年9月27日 22時07分


Mental care ~jun

カエルさん

初めまして。

Mental care~junの代表junと申します。

ご相談内容を拝見致しました。
お辛い経験をされましたね。

小さな頃のご経験などが原因になられているようですが、宜しければ詳しくお話をお聞かせ頂けますか?
ご一緒に考えていきましょう。

当事業所ホームページをご覧頂いたのち、go.ako.goa.041203@gmail.comまでメールにてお待ちしております。

違反報告

2016年9月27日 21時22分


総合セラピールーム:ヒーリング・スウィート

お悩みお読みいたしました。

不安でいっぱいな感じを受けました。

>どうしたら、自分に自信が持てて、人と上手くやっていけるようになりますか

というお悩みですね。

2つに分けてみましょう。

>どうしたら、自分に自信が持てて

ご自身を肯定する事=好きになる事ですが、

自分の良い所をみつけ好きになったりできればいいですよね。

しかし、現状では、過去のトラウマもあり、

難しいのかなと思います。

>人と上手くやっていけるように

人と上手くやって行くには、

まず、上記に書いた、ご自身に自信を持つ事です。

ご自身に自信を持つ事で、周りに対して余計な気を使う必要がない、

と言う事が分かります。

お子さんの事を不安に思う気持ちもわかりますが、

将来の起きてもいない事に囚われていても、

あなたが苦しくなるだけです。

ご自身が良い気持ちで過ごし、

接する事が出来ればそのような事は起こりません。

ご自身を好きになり、周りに振り回されず、

ご自身では解決できない、お悩みを解消し、

楽に生きるお手伝いをするのが、セラピストであり、

カウンセラーです。

ご相談はお気軽にどうぞ。

対面や電話・スカイプで各種悩み事、トラウマ改善
カウンセリング&ヒーリングと催眠療法、認知行動療法。
埼玉県草加市 総合セラピー・ルーム「 ヒーリング・スウィート」
厚生労働省認定相談機関
認定心理カウンセラー
総合セラピスト 栗原 涼
1セッション90~120分 7800円~
http://healing-sweet.net/ryou/index.html

違反報告

2016年9月27日 20時45分


新宿ファミリーカウンセリング

はじめまして
「無視されるように」とのことですから、明らかにトラウマ(心の傷)が原因と思います。
おなた様もご心配されているように、今のままではかなり心配な状態です。
カウンセリングを受けることをお勧めいたします。

違反報告

2016年9月27日 20時44分


心理カウンセリング らしんばん座

カエルさん、こんにちは。
カウンセリングルーム「らしんばん座」と、申します。

カエルさんは、どうしても、「自分なんか」と思ってしまうのですね。
そうですね。小学校、中学校の頃の経験よりも、子供のころから言われてきた言葉、「裏方仕事は、カエルさんがやりなさい。云々」が原因で、常にご自分の価値を低く見る癖がついてしまっているのだと思います。
そう言っていたのは、親御さんですか?
確かに、自分の事を後回しにして他人に尽くすという考え方その物は、良い事です。いわゆる、謙譲の精神ですね。
ただ、自分をへりくだらせると言う事と、自分の価値を低く見てしまうと言う事は、別物です。
自分が譲るためには、ちゃんと自信を持った「自分」を持っていないと、上手く行きません。

いじめにあった親の子供は、必ずしもいじめにあうとは限りません。
性格は、遺伝するものではありません。ただ、知らず知らずのうちに、親から子供に、価値観を伝えてしまう事はあります。
だからカエルさんが、ついお子様の価値を低くするような事を言っていると、お子様も、その価値観を引き継いでしまう可能性はあります。

だからお子様は、精一杯愛情を持って育ててあげて下さい。
お子様が、自分の存在価値を疑いなく持って育つように、お子様のありのままを認めるような育て方をしてあげて下さい。

そのような子育てをしていくうちに、カエルさんも、徐々に自分に自信を持つ事が出来るようになって行くと思います。

違反報告

2016年9月27日 19時17分