教えて掲示板の質問

「うつ病の父親との同居」に関する質問

  • 受付終了

あきんこさん

うつ病で十数年治療中の父親との同居で悩んでいます。

父親は私が子供の頃から機嫌が悪くなると母親に怒鳴り、時には手を出すような感情のコントロールが出来ない人でした。
怒りの矛先が子供の私に向かなかったのが不幸中の幸いだったような気もしますが、自分が失敗をしても大好きな母が怒られてしまうので、常に父親の機嫌を伺い怯えて生活しているような子供でした。

10代の時にこのままではまともに生きていけないと思い、周りの人の手を借りて家を出て、ルームシェアなどを経て現在一人ぐらしなのですが
私自身も働けなくなるほど気分が落ち込むことが年に数回あり、職場を転々としてしまうため金銭的に困窮してしまいました。

母親に相談したところ一度家に戻りなさいと言われたので引っ越ししようかなぁと考えていたところ、父親が勝手に私の現住所の電気、水道、ガスを止めてしまいました。
本人はよかれと思ってやったようです。

私は幼い頃から今までの父親の独断的な部分にずっと振り回されていた過去が全てよみがえってしまい同居に不安が生まれてしまいました。

毒親、とかアダルトチルドレンとか、虐待とかインターネットで色々目にしますが、私は一応普通に生活しているつもりなのですが、
自分自身が精神的に不安定な気もしたり、満たされない気持ちもあります。

果たして私は治療が必要な状態なのでしょうか?
必要だとすればどのような手段がありますか?
どうしたら普通になれるでしょうか?
また親と同居しても大丈夫なのでしょうか。

違反報告

2016年7月1日 16時10分

教えて掲示板の回答

森本カウンセリング

森本カウンセリング(http://mo-counsel.com/)の森本等と申します。

諸先生の助言やアドバイスで現在の状態が楽になったり快方に向かったり、励まされたりということであれば、それはそれで結構です。
ただ、どうも物足りない、他に何か方法はないだろうか、とお考えでしたら無料提供しておりますので、「印」を試してみてはいかがでしょうか。
言葉によらず心身を整える方法で、言葉によるカウンセリングとの併用がより効果がありますが、単独でもかなりの効果が望めると思われます。

「印」は顎関節症の改善のため考案、開発された改善法(レメディ・メソッド)の一部ですが、精神や気持ちを安定、落ち着かせるため、集中力や心と身体の自己治癒力を高め、問題はあっても、それを受け止め、立ち向かい、乗り越える強さを養うと思われます。
関節症関連に限らず様々なお悩みにも効果が期待できると考えておりますので、まずは、ご自分で体感してみることをお薦めします。

「印」を結ぶと、お腹の丹田というところに力が溜まりますので、余裕ができ、自信が湧いて、自分のパターンで行動できるようになると思われます。

また、丹田に力が入ると、自分のやりたいことが見えやすくなるともいわれています。治療は必要ないと思いますが、治療しながらでも続けられますし、親と同居しても続けられます。

費用は掛かりませんので、是非試してみることをお薦めします。

FAXか「心理カウンセリング.COM」をクリック。森本カウンセリング専用メール送信フォーム(メール連絡)にて「無料プレゼント」とお申し込みいただければ、お送りいたします。

FAXは
048-934-5609
お名前と住所だけでも結構です。

電話でのお申し込みは受け付けておりません。
こちらからの電話連絡も一切行いません。

また、気功などの流れを汲む健康法なので、宗教などとは一切関係ありません。

「個人差があるため、すべての人に効果があるわけではありません」が、もしあなたが効果を感じられたら、その旨、メールかFAXをお寄せいただければ幸いです。

違反報告

2016年7月6日 11時37分


ライフヒーリング・こころ屋

>果たして私は治療が必要な状態なのでしょうか?

治療も必要。

治療という考え方では無くて、
本来与えられたであろう、家庭教育や躾とそれに連動して
学校の先生や友人との間で磨かれたであろうセンスとか知識経験
そういう事柄を再教育・訓練される必要があると思います。


>必要だとすればどのような手段がありますか?

自分の整理の為のノート一冊手書きと
ワープロにまとめて行く事から始める。

>どうしたら普通になれるでしょうか?

上にも書いたように、まともな家庭で育った子供との差を取り除く為の
学びが必要です。

>また親と同居しても大丈夫なのでしょうか。

同居した場合の利点もあります。自分の人生の問題に直面して
自分を癒しつつ、親も心の障害を修理しなければならない現実と向かい合えるからです。

マイナス点としては、自分が混乱して振り回されて、自分修理に集中出来なくなる可能性もあります。
乗り越えるには自力だけでは無理です。

同居しない場合の利点は、自分直しに集中できる事です。
マイナス点は、自分が問題を抱えたいない様な見積もりの甘さに浸れるところです。
同居していてもいなくても、行ってみれば親という負の遺産を受け継ぎ、借金を抱えている自覚が
薄れる可能性があります。

例えば、良くあるのが、異性との恋愛に浸り、本来の自分の運命的な負債が見えなくなるケースです。

同居したら困難が近くに見える分、必死に努力できる。
それに潰れてしまったら元も子もない。ただリスクが強い分、自覚も強くなれるかも?

同居しなければ、気持ちが楽な分、直面するべき問題を後回しにしつつ気楽さの分の必死さがなくなるかも?
気楽に安心して自分直しに専念できるかも?


どちらを選んでも、同じだと思いますよ。
いつかは全部と直面するのですから。

中心を強く自分自身の解決に置かないと
同居も同居しないも流されて10年15年と経過してしまいます。
その決意が一番大切ですね♪

前向きに自分の人生は増も減りもしませんから、
自覚と決意さえあれば渡っていけます。

違反報告

2016年7月4日 15時08分


メンタルヘルス相談 池田晴夫

メンタルヘルスの相談室池田晴夫です。
書かれた内容の中に、「怒りの矛先が子供の私に向かなかったのが不幸中の幸いだった」とか「本人はよかれと思ってやったようです。」とありますが、ここからは、お父さんご自身があきんこさんの日々の生活のことを非常に気にかけている、感情に走ってしまい止まらないことを大変悩んでいる、後悔している、あきんこさんを思う気持ち・愛情を素直に表せないというところが感じとれます。
まず、お父さんの治療は必要でしょうが、あきんこさんご自身については、治療が必要だとは思えません。
「毒親」とか「アダルトチルドレン」とかトラウマとか、色々な言葉が氾濫しており、精神的に不安定な状態になったりすると、誰かに結び付けて考えさせるように誘導する風潮が世の中で目立ってきていますが、一般世間の風潮に流されないようにした方がいいと思います。
大変難しいことだし、時間もかかりますが、あきんこさんの努力で、お父さんを少しでも改善させていくことができないでしょうか。
他人ではなく家族です。
あきんこさんの日々の言動が見え隠れしながら、お父さんの心に伝わっていきます
そして、お父さんに色々と働きかけて変えようとするよりも、あきんこさん自身が自分をよりよく変えていくことが、長い目で見て最も効果的で、そして早道だと思います。

違反報告

2016年7月3日 20時44分


カウンセリングルームZin

はじめまして、あきんこ様。

カウンセラーのZinです。

ご相談内容を拝見しましたが、まずは「働けなくなるほど気分が落ち込むことが年に数回あり、職場を転々・・・」ということですが、その状態の時に、精神科や心療内科を受診されませんでした?

他のカウンセラーの方も書かれていますが、昔は精神科や心療内科はかかり辛いと言われていましたが、今はだいぶその壁も低くなってきたと思います。
自立支援の公的制度もありますので。

さて、お悩みの内容ですが、10代で「一人暮らし」のその判断、行動力はすごいと思います。

今まで、全力で走ってきたことでしょう。
しかし、その全力疾走のはねかえりが各所にでているのでは?と思います。
でも、あきんこ様はそれを感じてもそれ以上に気負ってしまって、結局空回りしてしまって・・・

人間、精神的に不安定になったり、空っぽになるときは誰しもあります。
それが、日常生活にまで影響がでるようであれば(不眠等)、早急に医療機関やカウンセリングの受診をおすすめします。
各自治体で無料カウンセリングを行っているところもあるみたいですし。

違反報告

2016年7月3日 17時33分


新宿ファミリーカウンセリング

はじめまして
「過去が全てよみがえって」と、幼い頃からのご家庭の事情があったのですから、明らかにトラウマ(心の傷)が原因と思います。ご自分を責める必要はありません。
今の状況を改善できる可能性は十分にあると思います。
大切なことは適切なカウンセラーを探すことだと思います。

違反報告

2016年7月2日 22時09分


お礼コメント

回答ありがとうございました。

治療というよりもカウンセリングが必要であること、カウンセリングで効果が期待出来そうなことが知れて良かったです。

2016年7月3日 00時38分

毒親カウンセリング

毒親カウンセリングです。

お母さんが子離れできない典型的なタイプのようです。
お母さんがどれだけ犠牲になっているか、とあなたに恩着せがましくアピールして、あなたを手元に縛りつけようとしています。

10代の時に既に、周りの人の手を借りて家を出て、ルームシェアなどを経て一人ぐらしまでたどり着いたあなたは立派です。両親ともに、あなたを自立させないように、実家に戻したいようですが、金銭以外に実家で得られることはありません。10代の頃の気持ちを思い出して、もう一度ルームシェアとか、実家ではない解決策を求めたいところです。

治療に関しては、薬よりもカウンセリングが良さそうです。ただ、カウンセリングも無料ではないので、金銭的に難しいでしょうか。私も昔働けなかった時期がありましたが、ハローワークでたまに無料のカウンセリングをやっていることもありますので、そういったものを利用するのもいいでしょう。

友人関係がうまく築けず、煩わしくなりすぐに音信不通を選んでしまうなどは、母親に精神的に支配されている方がよくする行動です。一緒に住んでいなくても、心の中にあなたのお母さんは住みついていて、「お母さん以外の人を大切にするな。お母さんを第一に考えろ」と繰り返し働きかけくるので、友達や恋人・配偶者など母親以外の人に薄情になってしまうようです。普通になりたいと思うなら、ご両親とは距離を置かれたほうがいいでしょう。

毒親カウンセリングでは、格安の毒親クイックメッセージというカウンセリングがありますし、ブログで毒親関係の情報を書いていますので、宜しければご利用ください。
http://www.dokuoya-counseling.com/

違反報告

2016年7月2日 21時33分


お礼コメント

回答ありがとうございます。
ハッと気付かされました、まさにその通りの母親です。
父親のほうに目がいって、母親が原因とは気付きませんでした。
心が軽くなりました。

ブログ拝見いたしました。
母親との関係で悩んでいることを整理できたらご相談させて頂きたいと思います。
そのときはよろしくお願いいたします。

2016年7月3日 00時36分

『ユトリロの庭』カウンセリング

 あきんこさん、こんにちは。『ユトリロの庭』カウンセリングのユトリロです。
 うつというはっきりした理由がわかっていても、子供である自分のことで母親が責め苦にあうのを見るのはとても辛く、顔色を伺う育ちかたになりますね。私にも身におぼえがありますよ。
 
 さて、果たして治療が必要なのか?
必要だとすればどのような手段があるのか?
どうしたら普通になれるか?
また親と同居しても大丈夫なのか?というご質問ですね。

いままで、うつ状態になって働けなくなった時、精神科や心療内科でお薬を処方してもらったことはありませんか?
いまや精神科や心療内科は決して敷居の高い場所ではありません。特に心療内科なら、気軽に受診して抗うつ剤や抗不安剤に頼れば、お仕事は続けられるのではありませんか?
自律支援という国の通院補助制度もあります。

 ただ、対症療法でなく、ACなど生育歴に起因する根本的問題から取り組もうとするとき、また薬だけでは思った効果が得られないとき、医療機関は診療時間が短く、じっくり話を聞いてもらうことができません。
その時はカウンセラーの出番です。

 どうしたら、普通になれるか?
あきんこさんは自分が普通じゃないと感じているのでしょうか。
 自分の強い自律の意志で、ルームシェアなどの工夫をしながら、しっかりと親離れ、自分の生活をきりひらかれたあきんこさんは、とても立派です。
 
 親と再び同居しても大丈夫か?
この答えを出すのはたいへん難しいと存じます。
 よろしければ、ご一緒に考えましょう。
実際にやってみなければわからないこともあります。
親に振り回されず、ご自分の人生を生きて行けたらいいですね。

違反報告

2016年7月2日 17時36分


お礼コメント

回答ありがとうございます。
お優しいお言葉に救われる思いです。

お薬を服用したこともあり、そのときは楽になりました。
なんとか薬無しでも生活出来るようになり、勝手に通院を辞めてしまい10年ほどになります。
また薬無しでは生活出来ない頃に戻ってしまうのではないかという不安があります。

普通じゃないと感じている点は、寂しさのあまり知らない男の人に付いていってしまい身体の関係を持ってしまったり、友人関係がうまく築けず、煩わしくなりすぐに音信不通を選んでしまうなどです。

普通に恋愛をして、普通に結婚をして普通に家庭を作りたいのです。
カウンセリングでこのようなくだらない話も聞いて頂けるのでしょうか?
どこへ行けば良いのかわからずこのサイトを見つけたのです。

2016年7月2日 18時09分

相談者さんは、これからどうしたいのでしょうか?
治療が心療内科などで薬などもらうことであれば、必要はないですね。
職場で嫌な思いをする→嫌な思いをしたくないから働けない体調になる→仕事の継続困難→お金がない→実家に戻る→と思ったら父親が怖いから実家帰りたくない

あなたはお母さんに「実家戻りなさい」と言って欲しくて病気になり、収入がないという状態を作っています。これは自分の意志でやっていることです。
でも実家には苦手な父親がいることで帰りたくないとしている。

あなたはいい年齢なのにも関わらず、お母さんから自立ができていません。更に自活もできない状態にしている。
これは幼い頃から思っている「お母さん可哀想」というのと、「お母さんにかまって欲しい」という両方の思いが、あなたを自立から遠ざけています。
お母さんもお父さんも他人です。なので、あなたは自分の人生をこれからどうするかに焦点を置かなくてはなりません。そして、その親離れが結果的には親孝行になるのです。

違反報告

2016年7月2日 15時19分


お礼コメント

実家に戻りなさいと言って欲しかったのは確かに確かにそうかもしれません。

昔から父親が怒らないようにということだけを考えていたので、いざ実家を出てみたら何をしていいのか分からず、自分なんてどうなってもいいやと自堕落な生活をしてきました。
人間簡単には人生を終わらせられないものですね。

私はやはり自分を甘やかしているだけですね。
世の中もっと辛い思いをしている人はいっぱいいますものね。
誰かに話を聞いて欲しかっただけなのかもしれません。
貴重なお時間を割いて頂いてしまい申し訳ありませんでした。

2016年7月2日 17時58分