教えて掲示板の質問

「傷が見れない」に関する質問

  • 受付終了

ホタルさん


人の外傷がこわくて見れません

人間の細胞が分裂する回数は決まっているそうです

つまり最後まで分裂するし終えてしまったあとに怪我をした場合は治らないということですよね

私には結構傷がたくさんあります

5年くらい前の傷痕もまだ残ってます

さすがにもう分裂回数が終わったことはないと思いますが全く治る気配はありません

将来的には傷だらけの気持ち悪い婆さんになりそうで

そういうのを昔から考えていました

いつからかは分かりませんが人の傷もこわくなりました

先日母がとても大きな内出血のうちみ?ができてました

もうこわくてこわくて

誰かがこけたりするのもすごくこわくなってしまいました

私の目に見える外傷はすべてこわいです
どうしたらいいでしょうか?

違反報告

2016年5月22日 01時15分

教えて掲示板の回答

新宿ファミリーカウンセリング

はじめまして
いただいた情報だけでは、断定はできませんが、たぶん、何らかのトラウマ(心の傷)が原因と思いますので、ご自分を責める必要はありません。
ご自分ではそこまで過去の事は気にしていなくとも、心の傷としてどこかに残っているものです。
まずは、ご連絡ください。
電話によるお問合せの場合にもメールまたはサイトからご予約ください。
ファミリーカウンセリング米田(東京都)
http://orange.zero.jp/zbf59793.park/index.html

違反報告

2016年5月25日 21時42分


みるきーさん、こんばんわ。
ほがらかカウンセリングルームの本多千賀子と申します。

そうですね、人の傷を見るのは、なかなか直視しがたいものがありますね。
血を見ると気絶してしまう人もいるほどですから、決して気持ちの良いものではないのだと思います。
だとすれば、みるきーさんが傷を見て気持ちが悪くなるのは、その人の傷の痛みや、そうなった経緯など想像することが出来る感受性豊かな方なのでしょうね。
そして、人の痛みが分かる心優しい人だと思います。

日常で、どうしても気になって仕方がないほど、そのことが頭から離れない感じが、きっとミルキーさんを悩ませ苦しめているのでしょう.。

生きている人の血や内臓は、とても鮮やかできれいで神秘的だと思ったら、ある日気持ちが悪くなくなったということがあります。
人の体は死んだ後火葬して、サラサラの灰になりますね。
気持ちの悪い見にくい傷跡も何もかもサラサラの灰になるのですから、気持ち悪くありませんね。

今、みるきーさんは生きておられ、ご自身の体にある傷跡を気にしておられますが、
おそらく傷跡が残ったり治りが悪いのは、お肌の再生機能が落ちていたり、色々原因はあると思います。

少しでも綺麗に年を取りたいと思う気持ちは女性ならば誰でも感じることですものね。
薄くなっていくだけでもきっとうれしいと思います。

食事やビタミンなど、普段体に入れる栄養でも、改善できることがあるそうです。
回復が早くなる食べ物を、ぜひ探してみてください。

ストレスも大敵ですから、怖くて嫌な気持ちになった時に、痛そうだね、辛くて見れない可哀想に、早く治るといいね、などのように相手を気遣う言葉を積極的に用いて声に出してみると、幾らか落ち着き和らぐこともあります。
意識を傷口からそらすことが出来るからです。
できれば、そっと優しく体に触れて声をかけるならもっとよいですね。

そのようにして、外傷に対する過敏すぎる意識を少しそらしていかれると、少し楽になるかもしれません。

できそうでしたら、試されてみてください。

お母様の内出血、痛々しいですね。
みるきーさんのその優しさで、お母様のあざも手のひらで覆って大丈夫?とお声をかけてあげて下さいね。
お大事に・・・






違反報告

2016年5月24日 23時48分


セラピーコア

セラピーコアです!
http://satomin414.wix.com/therapy-core-3

傷が怖いというお悩みですね。
傷の再生回数が決まっているというのは
どこから仕入れた情報でしょうか?

大丈夫ですよ

人間は生命がある限り
再生能力があります。

よからぬ情報に振り回されて
不要な心配に始終することは
自分を苦しめるだけです。

ケガをしないように過ごすことは大事です。
でも
ケガをしてしまったら・・・・
生命力がある限り必ず再生します。
元気に生きることが一番です。

セラピーコア
http://satomin414.wix.com/therapy-core-3

違反報告

2016年5月23日 23時43分


お礼コメント

生命力がなくなったらなおらなくなるんですか?

私の治らない傷は生命力がもうつきているのでしょうか?

2016年5月24日 00時42分