教えて掲示板の質問

「未来に対する不安」に関する質問

  • 受付終了

美和さん


未来が不安で仕方ないです。

今年で20歳になりました。

私はこれまで1度も彼氏もできたこともありません。
休日は家から出ませんし、職場も男性には出会えません。
学校とかで仲がよかった男子もそこそこにいますが友達って感じです。
そもそも男性を好きになった事がありません。
婚活パーティーとか出会い系のサイトとかはお金がかかるので利用しようとは思いません。
なのでこのまま行くと一生彼氏無しで終わります。

友人は結婚してるこが二人一人は一ヶ月の子供がいます。
結婚はしてない(7月予定)で妊娠中のこもいます。
彼氏がいるこも何人かいます。
いないこもいますが…

今年で22歳の姉もいるのですが彼氏はなく趣味に生きているという感じです。

今年で父が56歳、母が50歳。祖母が76歳。祖父が80歳です。
私の理想だと30歳までに子供3人は欲しいです。
30歳過ぎてからだと子供も親が歳上すぎて辛いと思います。

私は家族が大好きです。
家族離れできてないのは自覚してます。

時間が流れるのは本当に早いと思います。
気がついたら20歳でした。
このままだと私は親孝行、祖父母孝行もできないうちにみんな死んじゃってしまう気がして、一番の孝行はやっぱり孫の顔を見せる事だと思います。
なのに私は結婚もできない。

そんなことを考えていたら涙が止まらなくなり、未来がどんどん不安になって来てしまいました。
明日にも誰かが事故や病気になってしまうのではないか、火事や地震などの震災に見舞われるのではないか、とどんどん不安が増していきます。

未来ってあるかどうかすら分からないし10年後間違いなく祖父母は亡くなっていると思います。
10年なんて本当にあっという間です。
私はきっと孫、曾孫の顔を見せることもできないどころか彼氏もできず何の親孝行もできてない未来ばかり考えてしまいます。
そもそも私が死んでるかも知れないじゃないですか。
考え始めたらどんどんネガティブになっていきます。

私は母と同じ部屋で寝てるのですが母は最近寝るのがすごい早くなり、寝てるときもなんかすごい苦しそうにしてます。
何か重い病気だったらと思うと怖くてどうしたらいいのかわかりません。
祖母はこのあいだ白内障になったらしく心配ですし洗い物の汚れ(洗い残し)が増えている気がします。
こういうのが老化だと思うと死に近づいていっているのが目に見えて怖いです。

私が伺いたいのは彼氏を作るにはどうしたらいいのかとかじゃなく、明るい未来を信じるにはどうしたらいいのかです。
これから先の未来、確実に誰か死んでしまうことは間違いないですし、私自身どんどん老いていき昔を懐かしむ事しかできなくなります。
今でさえ楽しかった高校生活を懐かしんでいます。

家族誰も重い病気になった経験も無いためいつ覚悟したらいいのかも分かりません。
好きな漫画作品とかも完結してない間に死にたくないですし、私はまだまだ大好きな人達と楽しく生きていたいです。

私の未来はこの先真っ暗です。
どうしたら明るい未来を信じて前向きに生きていけるのでしょうか?
あと、誰かがもし死んでしまったらどうしたら生きていけるのでしょうか?

あと、これはできればでいいのですが親孝行、祖父母孝行ってなんですか?何すれば喜んでもらえますか?
元気で生きてくれていればいいみたいなのは違うと思うんです。
ちゃんと会話して楽しく旅行とか一杯して悔いが残らないようにしたいのですがお金が全く足りないし、時間もないです。
姉は反抗的な性格なので毎日みたいに母と怒鳴り合いの喧嘩してます。
でも喧嘩の日々なんて楽しい日々じゃないですよね。
どうしたら私の家族は幸せな日々を過ごし、私が孝行できるのでしょうか?

違反報告

2016年5月13日 03時12分

教えて掲示板の回答

新宿ファミリーカウンセリング

はじめまして
ご自分に自信を失っていることが原因でしょうから、ご自分を責める必要はありません。あなた様のお気持ちが整理できると良いと思います。
ご自分だけでは、自覚しても思い通りにならないことが多いので、相談を受けながらの方が安心できます。
どうか、いま少しの勇気を出して、ご相談ください。
ファミリーカウンセリング米田(東京都)
http://orange.zero.jp/zbf59793.park/index.html

違反報告

2016年5月17日 20時17分


心理カウンセリング らしんばん座

実優さん、こんにちは。
カウンセリングルーム「らしんばん座」と、申します。

未来に対する不安。それは、誰もが持っている物で、誰もそれに対する答えは、持っていない物です。
それは当然のことながら、未来は「経験した事がない」からです。
それに対して、過去は懐かしむ事が出来ます。過去は、既に経験しているからです。

確かに私たちは、誰もが、何時かは死んでしまいます。それだけは、未来について確実な事です。
しかし、未来は「未来」であって、「今」ではありません。文字の通り「未だやって来ていない物」です。
過去は、過ぎ去ってしまった物です。もう、やり直す事は出来ません。

私たちが生きる事が出来るのは、「今」しかありません。
楽しく生きようが、悲観して生きようが、生きる事が出来るのは「今」だけです。

だから、「今」に人生のすべてを、注力して生きましょう。
何も、刹那的に生きると言う意味ではありません。
「今、死んでしまっても後悔しない」と思えるくらい、一生懸命生きると言う事です。

物事、「今のままがそのまま続く」と思ってしまうと、どうしてもうんざりしてしまいます。だらけてしまいます。
しかし「全てが今限りで、すぐに終わってしまう」と思えば、どんな事であっても、愛おしく感じる事が出来るはずです。
過ぎてしまった過去には拘らず、まだ来ていない未来は気にせず、「今」を生きて下さい。

「人生には限りがある」と気づく事は、ネガティブなように見えて、ポジティブな気持ちに切り替える事も出来ます。

違反報告

2016年5月16日 17時33分


メンタルヘルス相談 池田晴夫

最後の点(親孝行)についてだけコメントします。
親孝行を大事とする考え方をもっているところは大変素晴らしいと思います。
若い人たちは親・家族より友だちを真っ先に考えることのほうが一般的です。
自分のできる範囲で親孝行を心がける。どんなことでもいいから、少しでも親の喜ぶことをしてあげる、安心させてあげる、悩まさないといった心がけが大事です。
両親の年齢からしてまだ現役で稼いでいるでしょうが、お金のない実優さんが、頑張って貯金してお小遣いをあげる、なんか買ってあげるというのも親孝行でしょう。具体的にはご自分で考えるべきですが、要するに、両親を苦悩させない、少しでも喜ばせるということです。
長い目で見ると、親孝行は実優さんが思っているよりはるかに、実優さんの将来にとって有意義なのです。
若いせいで、彼氏ができないとか、未来が明るくないとか色々と悩むものですが、将来を長く広く深く見通した場合、親孝行をしていたかどうかは実優さんにとってものすごく重大な影響を与えるのです。
今述べたことは、すぐには理解できないはずですが、何十年か先に振り返ってみれば、その正しさを納得すると思います。

違反報告

2016年5月16日 17時27分


実優さん、こんにちは。純イノセンスの松下と申します。

ご相談内容を拝読させていただきました。

どうしたら明るい未来を信じて前向きに生きていけるのか?

これは、私の母の納骨式の際、僧侶の方が話してくれたことです。

「家族を亡くされたら、新しい家族を迎えましょう。

家族を増やす、プラスする。それが、プラス思考です。」

とうが立った私の家族の顔ぶれを見て、動物でも、植物でもと、付け加えておられましたが。

家族思いの実優さんが、孫の顔、曾孫の顔を見せてあげることこそ、親孝行、祖父母孝行であると、思われるのであれば、そうしてさしあげるのが、親孝行、祖父母孝行です。

何をすれば喜んでもらえるか?分からなかったら、自分のアイデアに自信が持てなかったら、直接聞いてみてもいいんじゃないですか?

私に何をして欲しい?何をしたら、喜んでくれる?って、ここに書かれた不安や心配を、正直に話してみたらいかがでしょうか?

邪推して、一般論を聞いて、ご両親や祖父母さまの本当の気持ちを分かったふりして、優しいふりして、それをされるより、言葉にしないと伝わらないものが、ありますから。

見えたまま、感じたまま、聴こえたままが正解!だったらいいんですけど、そうもいかない部分もあります。特に人の気持ちは。

そういう意味では、お姉さまの反抗的な言動も、もしかしたら、「この子は、本音をぶつけてくれる」って、喜ばれているかもしれませんね。

文章からの判断になりますが、実優さんが、10年費やして、一生懸命に稼いで、節約をしても足りないようなものを、ご両親や祖父母さまが、要求されるとは思えないのですが。

悔いが残らない人生を送る、私も賛成です。

そのために、今の日常では不可能なら、非日常、これまではやらなかったことにも敢えて挑戦してみる。とても勇気のいることですが、それに挑まれた人を、真の勇者と呼びます。

どうぞ、やる前から、お金や時間の問題にすり替えて、できない理由にされないでください。
結局それって、お金や時間で、安易に解決しようとすることでもありますから。

実優さんの優しい気持ちが伝わり、ご家族みなさまが幸せな日々を送れますよう、心より応援しています。

違反報告

2016年5月16日 14時32分


実優 様

 ご相談ありがとうございます。

 どんなに素敵な人でも、出会いの場に行かないと恋人は見つからないというのは事実ですね。

 婚活パーティーや出会い系以外でも職場やバイト先、同窓会などが出会いの場になることはあります。

 ご相談内容を見ると、とても「家族のために」と言う思いが強くて「私のために」という見方で未来を見ておられないと感じました。

 家族の愛を十分に感じて、そしてすごくご家族を大切にされてますね、満たされてる分、異性に関心を持てないのかもしれません。

 ただ、家族のために自分の幸せを後回しにされちゃっているなと思います。

 また、変わり映えのない日々に充実感を感じられない、過去の楽しかった思い出と比べて未来は老いて死を迎えるだけで希望を感じさせない。

 出産は高齢になるほど母子ともに危険であることに間違いはないです。

 でも、早いからと言って必ずしも子育てにいい影響を与えるかと言うと、そうではないんです。

 20代前半の親より、30代の親のほうが人生経験豊富で、さまざまな経験からいろんな物事の見方を教えてあげられるでしょうし、「何がいけないのか」「なぜいけないのか」を丁寧に説明出来たり、「怒る」よりも「諭す」子育てができるでしょう。

 どっちも善し悪しがあるんです。

 そもそも、出来ちゃった結婚が幸せな結婚であるとは必ずしも言えません。

 おじいちゃん・おばあちゃんのためにと焦って結婚をして後々喧嘩が絶えない家庭になったり、離婚をしていしまったら、お子さんが可愛そうですよね。

 そうなったら、みんなが今後の実優さんの人生について心配してしまうでしょう。

 一番大事なのは「実優さん自身が幸せになる」ことなんです。

 おじいちゃん・おばあちゃんは実優さんに、何が何でもひ孫を見せてほしいとは思ってないと思います。

 冗談で「ひ孫を見てみたい」と言ったことがあるかもしれませんね。

 もちろん、ひ孫を見れるに越したことはありませんが、それよりも実優さんと「どんな人と付き合えばいいのかな?」という恋愛話をして実優さんの幸せな未来を想像してるだけで十分幸せを感じていられるでしょう。

 きっと、おじいちゃん・おばあちゃんは「あなたがとても優しくて、家族思いなのは小さい時からわかってる。だから自分たちのための結婚ではなくて、あなたが一番幸せだと思える方法で幸せになってね!それが私たちの一番の願いだよ!」とおもっているでしょう。

 「死」は必ず訪れます。「いつ死ぬか?」と不安を感じていても何にもならないんですね。

 「死」は必ず訪れる。だから「今を精一杯生きる」と言うことに意識を向けてみましょう。

 常に死を意識して、例え目の前に自分の死が迫っていたとしても「あの時やっておけばよかったという人生ではなく、あの時やっておいてよかった」と思える人生、悔いがない人生にするために今を精一杯生きましょう。

 実優さんが心から幸せになることで

 「私おじいちゃん・おばあちゃんの孫でよかったよ」

 「お父さん、お母さんの子供で幸せだったよ」

 「お姉ちゃんの妹で楽しかったよ、ありがとう」

 と言ってあげることで、おじいちゃん・おばあちゃん・お父さん・お母さん・お姉ちゃんの人生に意味や価値を与えることができます。

 これが私が思う「親孝行、祖父母孝行」です。

 お金を貯める時間や旅行に行く時間が足りないと感じておられるのかもしれませんが、一緒に散歩するとか、公園でお茶するでも十分楽しい思い出になります。

 「こうでなければしたことにならない」と思ってしまわれると、「何もできることがない」「何もできなかった」となって後悔してします。

 「今できることを精一杯してあげる」こと、内容よりも、その思いが嬉しいのです。

 ほとんどの人は、どんな形でどんな死を迎えるのかは分かりません。

 悔いのない人生にするために精一杯生きましょう!


 りょうしんは経験豊富なカウンセラーが様々な視点から様々な問題を解決し、充実した人生の実現をお手伝いします。

 「初回1時間無料」

 2回目以降は1時間「電話2500円~」 面談「4700円~」で
「提案型」心理カウンセリングを行っております。

 ご縁を感じられましたら。ご利用くださいね!

 おかさんのお力になれると思います。「りょうしん」の各サイトもご活用くださいね。
< Twitter > https://twitter.com/ryousinn33?lang=ja
< ブ ロ グ > http://blog.livedoor.jp/ryousinn33/
<facebook> https://www.facebook.com/ryouisinn33/

 ご相談ありがとうございました。

 才能を開花する「提案型」心理カウンセリング
 りょうしん
 代 表  田邉 宏倫

違反報告

2016年5月16日 12時52分


楽桜堂(らくおうどう)

希望より心配が先に立ってしまうのですね

心のもち方には食事も大変重要です
甘いものや果物、パンが多ければ、精白されてない穀物をしっかり食べるようにしてみてください

あと、孝行のためにどうしたらいいか、という考え方をどうしたら自分の人生を成功させられるか、に、シフトしていくと良いと思います

究極何が親孝行祖父母孝行かというと、あなたがイキイキと人生楽しんでる事なんです

ですからどうなれば自分は幸せか、何がしたいのか、何のために生まれたか、そんな哲学的なことも含め、見聞を広め、道を見つけて、努力していかれたら

踏み出す頃には、不安より、希望が出てくるはずです
今はまだ生きる目的がみつからないから不安が勝ってしまうのではないでしょうか

ゆっくり本を読んだり、瞑想したり、生きがいを見つけてください
この地球で何をしようと思って生まれたか

20代、自分の道探してさまよう時期だと思います

マクロビオティックの食事は、直感を高めたり、本能を研ぎ澄ませるのに最適な食事です
嫌いでなければ試してみられると良いですよ

違反報告

2016年5月16日 12時21分


Freedom Counseling School

はじめまして、

コメント拝見しました。

男性カウンセラーです。

「未来に対する不安」との御相談ですね、

将来に対する「不安」は、どこからその気持ちが来ているのでしょうか?

年齢を重ねて行くのは、その日、一日一日を楽しく生きていく積み重ねです。

今生きている幸せや健康に恵まれている自分自身を受け入れていくことで、

次にあなたがやることが見えて行きます。

あなたの幸せとはなにか?

どのように幸せになっていくか?

すべてこれからの計画次第です。

いつでも肯定的な思考を身につけて、

自分が幸せになるための準備に時間をかけた方が良いと思います。

「今を生きる」ことが不安からの脱皮だと思います。

参考まで

FCS
 Masahiko D. Noguchi

違反報告

2016年5月16日 11時49分


月の森カウンセリングルーム

実優さん、はじめまして。
月の森カウンセリングルームの小川です。
ご相談をよませていただきました。

実優さんの、ご家族に対する愛情が伝わってきました。
でも、それが「孝行」という形で表すことができず、
悩んでいらっしゃるのですね。
とても優しい方なのだと感じました。

私が少し驚いたのは、まだ20歳とお若いにもかかわらず、
彼氏がいない、結婚ができない、孫(ひ孫)の顔が見せられない、
未来がまっくらだと感じられていることです。
私の知り合いには、40歳を過ぎて結婚をされ、
子宝にも恵まれて幸せに暮らしている方も
少なからずいらっしゃいますよ。

実優さんの思われる幸せの形というものは、
彼氏、結婚、子ども、旅行…など、形のあるものなのかもしれませんね。
もちろん、そういったことも幸せのひとつだとは思います。
でも、目に見えない幸せもあると思うのですが、いかがでしょうか。

たとえば、ここに投稿された内容をお母さまがご覧になったら、
どういう気持ちになると思いますか。
自分の娘がここまで思い詰めていたのかと、
お母さまは悲しまれるような気がします。

実優さんご自身が、あまり思い詰めることなく、
彼氏なんていなくても毎日をいきいきと楽しく生活されていけば、
それだけで、ご家庭の中に活気が出ると思いますし、
ご家族も安心して楽しいお気持ちになるのではないでしょうか。

たとえば、職場であった楽しい話を、夕食のときにしてみるとか、
お休みの日には、お祖母さんと散歩に行ってみるとか、
そういった小さい出来事の中から幸せは始まるように思います。
お金をかけることだけが、「孝行」ではありません。

実優さんがまず、笑顔で過ごすこと。
ぜひ、試してみてほしいと思います。


------
月の森カウンセリングルーム
小川みずき
http://カウンセリング.net/

違反報告

2016年5月16日 11時33分


YOGAセラピーPURUSHA

はじめましてYOGA療法士で心理カウンセラーの山本です
願望を持ち続けましょう
将来の計画というのは夢や希望を持つことからです。
趣味があればドンドンやりましょう。
サークルとかへ参加したら出会いもあるかもしれません
困ったことがあれば、いつでもお問い合わせを
otruthn@yahoo.co.jp

違反報告

2016年5月16日 11時22分