教えて掲示板の質問

「アトピーに疲れました」に関する質問

  • 受付終了

春さん


はじめまして。

相談というか、ただひたすら自己中な愚痴になってしまいました。ごめんなさい。


私は、物心ついた頃からアトピー持ちです。治ったことは一度もありません。
いくつも薬を処方してみたりアトピーに良いというものがあれば試してみたり…と沢山のことをしてきたのですが、結局治らず、今に至ります。

一度薬を飲んで酷く悪化して以来薬が飲めなくなり、それまで平気だった薬まで平気じゃなくなってしまって、今は何も飲んでないし、塗ってもいません。


そのアトピーが原因で、人前に出るのが物凄く怖いというか嫌で嫌でしかたなくなりました。

ただ単に私がストレスに弱いのだと思いますが、ストレスを感じると異常に痒くなってしまい、出先でも我慢できないくらい痒くなって掻いてしまうことが多々あります。

外に出る=人の目がたくさんある=自分の肌を見てみんな後ろ指を指して気持ち悪がる

という公式が頭の中で出来上がってしまっていて、そんなことないとわかっていてもどうしても気にしてしまい、少しの外出で異常なストレスを感じてしまいます。
多分、一度アトピーが元でいじめられたのが原因かと思うのですが…


人前に出るのが怖い。それを解消したければアトピーを治すしかない。でも、薬を飲んで、全身が異常に痒くなって、痛みで何日も動けなかったことがトラウマになって薬を飲むのも怖い。
全部に対して怖い怖いばかりで、自分にあった治し方を探せば探すほど、どの方法を信じて治せばいいかわからなくなって、更に信じられなくなってしまいます。


諦めの気持ちが大きくなってきました。
諦めたいわけじゃないんですが、ただ疲れてしまいました。

友達と遊ぶ約束をしたとき、「痒くなったらどうしよう」じゃなくて「どんな服を着よう」って悩みたいし、遊んだあと「やっぱり痒くなった。もう遊びたくない」じゃなくて「楽しかった。また遊びたい」って思いたい。自分の肌を隠す服じゃなくて、自分が気に入って着たいと思う服を探したい。普通に女の子としておしゃれしたい。友達といろんなところに遊びに行きたい。


周りの子が当たり前にそれをしているのが羨ましくて、それが当たり前にできない自分が嫌で仕方ないです。アトピーが無かったらあれをしたかったこれをしたかったと考えると、涙が止まらなくなります。

一度も治ったことが無いからなのですが、周りの「治るよ」という言葉も信用できず、変に気を使われて慰められている自分が嫌です。

「他にももっと大変な人はいる」「あなたの症状はまだ軽い方だよ。よかったね」等々言われるのですが、正直腹が立ちます。
他人が私よりひどかったからって、私の傷は治りません。軽くったって汚いものは汚くて、普通の人からすれば「気持ち悪い肌の人」になってしまう。

親を恨みたくはないのですが、どうしても恨んでしまう。私達姉妹の中で肌が汚いのは私だけ。実の姉妹にまで「ボリボリ掻いて、カサブタが落ちて気持ち悪い」と言われました。

なりたくてなったわけじゃないのに、周りはそれを理解してくれない。
「掻くから悪い」「治す気がない。それだけ精神が弱い」と言われても、とても耐えられる痒みじゃない。なったことないと理解してもらえない。

ひとりでいいから、私の気持ちを理解してくれる人がそばに欲しかったです。
「掻くな」って怒るんじゃなくて、「今までよく頑張ったね」って私のことを認めてくれる人が欲しかったです。


これからもずっとこんな毎日が続く。ひとりで耐え続けなきゃならない。そう思うと気が狂いそうです。怖くて仕方ないです。
外に出る度に後ろ指をさされ続けるなら、またいじめられるなら、いっそ今のうちに消えた方がマシなんじゃないかと思ってしまいます。


長々とごめんなさい。どこかに吐き出して誰かに聞いて欲しかったんです。長文失礼しました。

違反報告

2016年5月7日 21時44分

教えて掲示板の回答

ものセラ

こなぎさん、返信ありがとう! 井上です。

こちらに返信でも、直接、わたしのメールアドレス宛てでもどちらでもいいんですよ。

なったことがないとわからない。その通りだと思います。
慰めや、励ましや意見なんていらない。そんな気持ち分かります。
実は、私も似たような病気がありました。というか、今でも、思い出したように症状が出ます。

物心ついたころから、足の裏にアトピーみたいなものが出来て、
掻くと割れて血が出て、歩くと痛くて痛くて。でも夜寝る前になると痒くなって、
足をベッドの板にこすりつけて掻いていました。寝れませんでした。
翌朝は、ひりひりして痛くて・・・
母にいろんな病院に連れていかれました。診てもらっても、お医者さんも首をひねるばかりで、
何の病気なのか分かりませんでした。
大人になって、東大の分院で診てもらったら、病名は忘れましたが、奇病ということでした。
珍しいということでインターンの若い医者数人にさらし者にされました。
でも、治療法はありませんでした。

小学生か中学生の頃、友達に見せたら、うつるの? と、わたしも言われました。
悪気はなかったんでしょうけど・・・
ですから、こなぎさんが、「何をやっても変わらないなら私はこれを憎みます。」
という気持ち、わたしにも、少しは理解できます。
そして、
「これまでの人生すべてに付き纏い、
ただ私を苦しめることしかしてこなかったこれを憎まず受け入れることなどできません。」
そうです。憎しみの対象でしかありえません。その気持ちもわかります。

そのうえで、ちょっと、イメージして欲しいんです。
お前が憎いと言って、二人の人が争って、ケンカしています。
ほっておけば、二人とも倒れるまでケンカが続きそうです。
その二人のケンカを上から眺めてみます。

こなぎさんだったら、この二人のケンカをどうやって止めますか?
この二人に、なんて声をかければいいんでしょう?
憎しみ合ってもはじまらない?
でも、憎いものは憎いんです。

わたしも、よくわかりません。
カウンセラーという立場ですが、人よりも何かよくわかっているわけではありません。
同じです。
人に何か言ってるようで、実は、自分に言い聞かせてもいるというのが本当です。

例えば、わたしの苦しみなんて誰にも分からない、と言われると、無力さを感じます。
こなぎさんを責めているわけではありませんよ。誤解しないでくださいね。
一般的な、ありうる話としてです。
ですから、こんな場合、なんて書けばよいのかわかりません。
結局のところ、本人がどうとらえるかだと思います。どういう選択をするのかだと。
憎いものは憎い。でも・・・
力を抜いて、視点を変えるしかないような気がします。

こなぎさんが勇気を出して、質問をしてくれたことで、
共感し、励まされた人がきっといると思います。
姿は見えないけど、
同じような苦しみを味わっている人たちの共感を得て、
まだ、出来ることはあると思い直し、勇気づけているかもしれません。

最後に、僕の好きな言葉を紹介します。

── 同じ体験を、まったく違う体験に変える「選択肢」を あなたはつねにもっている。

僕のメールはこちらです。 こちらでもいいですよ。
quietsphere.03@gmail.com

違反報告

2016年5月14日 19時50分


カウンセリング&ヒーリングスクール シャインハート

大阪府岸和田市のヒーリングルームシャインハート代表カウンセラー岩城貴敦です。
物心ついた時からアトピーで悩まれていると言うお話ですが、幼少期の頃から病弱な人に多いのが依存的性格になってしまう事が多くあります。無意識に病気になることで親の目を引こうとすることがあるのです。病気になったときに親は子供に対して優しく接することが多くなります。本人の意思とは関係なくもう一色荘の中で病気になればわがままも聞き入れてもらえるということを学んでいるのです。今自分のことをわかってほしいという強い承認欲求があるのは幼少期時代の病弱だった環境に原因があると考えることもできます。

いろいろなセラピーを通し無意識層を改善することで表面的に起こる病気も変わる可能性があります。

電話でのカウンセリングもしておりますので一度ご相談くださいね。

ホームページ
http://mc68am63ml.wix.com/life-coach-blog

違反報告

2016年5月12日 18時48分


ものセラ

こなぎさん、こんにちは! 井上といいます。

わたしの高校生の息子もアトピーです。
小学校の頃、アトピーになって、首のまわりや背中が真っ黒くなりました。
ステロイドには頼りたくないので、漢方で治しました。
でも、治りきっているわけではありません。
今でも、掻いてしまって、痛い時は、学校に行きたくないと言います。

先日、
「お父さんには、この苦しみはわからない」と、言われました。
言う方もつらいですが、言われる方もつらいです。

普通、病気といわれるものの治し方は、
なにか、体にいいものを取り入れようとします。
これが効く、あれがいいみたいだといって、いろいろ試します。
お金もかかります。
反対に、身体に入れない、治し方というのもあります。
息子は今、これを試しています。
食べる量を減らしたり、食事を抜きます。
「ファスティングとアトピー」で検索すると、為になる情報がいっぱいあります。
お金もかかりません。調べてみてください。

それから、
アトピーは「敵」ですか?
息子に聞いたら、「敵」だと言われました。
無理もありません。
でも、考えて欲しいのです。
「敵」だと憎むと、相手は憎み返してきます。「敵」を意に反して、強くします。
症状というものは、身体を守ろうとして、症状を作っているのです。
それを、気持ちは分かりますが、憎むのはどうでしょうか?
自分のアトピーに対するとらえ方を変化させてみてはどうでしょう?
見方を変えるのです。
自分の中で、なにかが変わるかもしれませんよ。


お役に立てたでしょうか?


私からのお願いがあります。
このコメントが役に立ったのか立たなかったのか、フィードバックしてください。
コメントの内容がわかりやすかったのか、そうでなかったのか? などなど
なんでもいいです。思ったことをフィードバックしてくださらないでしょうか。
励みにもなりますし、今後のカウンセリングのスキルアップに役立てたいのです。
よろしくお願いします。
メールはこちらです。
quietsphere.03@gmail.com

違反報告

2016年5月12日 15時41分


お礼コメント

フィードバックとは、返信でよろしかったのでしょうか?違ったらごめんなさい。


なったことないとわからない。実際にそうだと思います。
私は父もアトピー持ちだったのですが、やはりなったことない母とは理解の深さも対応も全く違います。

私にとってアトピーは敵というより、一方的にこちらの首を絞めてくる存在です。
アトピー自体に私と同じように意思があるわけじゃない。私が憎もうと受け入れようと何も変わりません。何度も受け入れようと思いました。これが私だからと受け入れて、穏やかに、これと付き合って行こうと。
でも、残ったのは虚しさだけです。受け入れても苦しさは何も変わらなかったので。

何をやっても変わらないなら私はこれを憎みます。これを憎んでないとやってられません。他にどこにこの悲しい気持ちをぶつけたらいいのかわかりません。今までの苦痛のすべてを「これが私だから仕方ない」なんて思いたくない。周りに気持ち悪がられるのが私だなんて、認めたくないです。

物心ついてから私が今まで生きてきた人生の中でアトピーがプラスになったことはありません。痒みで常に気が立ってしまう。夜に気持ちよく眠れない。周りからは気持ち悪いといじめられる。友達に「肌どうしたの?」って訊かれる度に消えたくなる。周囲のアトピーに対する誤った知識も酷かったです。「触ったらうつるんでしょ?」と言われた時は泣きそうになりました。それらすべてが重なって、少しでも人目に触れる場所に出るだけのことが怖くなってしまった。

私が子供だからなのでしょうが、これまでの人生すべてに付き纏い、ただ私を苦しめることしかしてこなかったこれを憎まず受け入れることなどできません。


否定的なことばかり言ってごめんなさい。
治療法に関しては、調べさせていただきます。コメントありがとうございました。

2016年5月14日 02時27分

こーだいカウンセリング

こんにちは。
こーだいカウンセリングのこーだいです。

ちょっと逆転の発想してみます。
アトピーが治る→人にあったり出かけたりが楽しくなる。
から
人にあったり出かけたりを楽しむ→アトピーに囚われなくなる

でもその準備として次のことをしませんか。

自分のことをしっかり癒してあげる。認めて、許してあげる。
そのままの自分でいいよって。これにカウンセラーを使ってもいいと思います。
私でも、他のカウンセラーでもいいと思います。
充分癒してあげましょう。
心も体も元気とはいかなくても、並でいいです。

その時はまた今と違った気持ちになってるかもしれません。


違反報告

2016年5月11日 15時12分


カウンセリングとどろき院

拝見しました。

アトピーは治せます。

今の心身状態は、不調・病傾向であり不健康です。
そのような状態の清算を科学的にすることが回復に繋がります。

まず、自律神経失調症であり、長い間交感神経が高い状態でリラックスができない、疲れやすい体質ということがあります。
また、アトピーには活性酸素がかかわっているのです。

アトピーなどの改善には、抗酸化と栄養素・機能栄養素が2~3ヶ月十分に全部多くないと改善しません。
また、気づかない生活習慣などにも改善が必要です。
ですから、根本的質を薬では真には改善できることは少ないのです。

母親がアトビーの場合、子供にも出たりします。
それは、遺伝的なことと、食生活・生活習慣など根本が同じだからです。
あるアトピーの母子(幼子)が二人とも深刻で、東京から熊本の病院に2ヶ月ほど治療に見えてるとき、その2ヶ月治療の終わりのころほぼ改善無しの時、相談を受けました。1週間でかなり改善出来ました。毎日痒くて仕方なかったのですが、改善していきました。

それには、
3食の充実と食後のサプリメント(:補助食品・必須系ビタミン・ミネラルなど)を十分多めに摂ることと、生活習慣の改善でした。
ミスタードーナツに毎日行ってることが、その親子にありました。ケーキなどのショートニングは、アトピーの原因です。
他には、カフェイン・アルコール・たばこなどもよくありません。

結局、先天的器質からそのようなことができにくい場合もあります。
しかし、いずれにしても科学的に改善出来ます。
アトビーの場合、すべての必須系栄養素は十分必要なんです。
必須アミノ酸
必須脂肪酸
必須ビタミン
必須ミネラル
など2~3ヶ月十分な情が改善には不可欠です。

その他、
有機硫黄
L-グルタチオン

大事な必須系
ビオチン(VH)
パンとテン酸
VA
VC
VBコンプレックス
VE
VD
VU
V15
など十分必要です。

バランスのいい3食とその後のサプリメントの十分な補てんなどが改善するはずです。


参考まで


                       カウンセリングとどろき院
                                竹 本

違反報告

2016年5月11日 14時53分


サイコセラピスト 羽鳥美香

私は幼い頃からアトピーがひどかったのですが、現在ほとんど完治しています。

掻くな、といっても抑えられるものではないというのはよくわかります。皮膚というより、その下の奥の奥の方からくるような猛烈な痒さですよね。痒いと集中力もなくなります。楽にしていく方法が必要です。

確かにアトピーはストレスで悪化するということは経験上あります。しかし特に幼少時代からのアトピーに関しては、治すために、基本的には毒素を排出しなければならないと思います。

脱ステロイドを行った時は広範囲に出て大変でしたが、医者から処方されていた漢方(名前は覚えていない)はある程度効いていたと思います。

その後何も使わず、七割くらいよくなっていたのですが、ある時期とても悪化し、その時に即効性があったのが、甲田療法(一日二食、基本的に菜食ですが、二食自体の効果も大きい)です。

その後、二食ができずに悪化した時には、荊芥連翹湯という漢方を医者に処方してもらい、とても良い効果がありました。

現在は漢方など、何も使用していなく、特にかゆみはありません。

東洋医学に詳しい医師を探し、保険がききますので、漢方を処方してもらったらどうですか?

まだ若いので、自分に合った方法で、毒素を出していけば治りますよ。

違反報告

2016年5月10日 21時55分


楽桜堂(らくおうどう)

マクロビオティックの食事で多くのアトピー患者さんが

完治やほとんどよくなるところまで行きます

健康な方はいわゆる(ゆるマクロビ)と言って動物性食品も摂りながらの菜食が無難ですが、アトピー症状のある方は,一定期間、完全菜食をしてもらってます

そうしないと経験からなかなか効果が出ません

そして同時に、感情セラピーも併用します
皮膚という場所は、対人関係の苦手さの出るところです

感情の対処と食事でかなりよくなると思います

専門ですのでお力になれると思います、本気で直したいのでしたら、ぜひご連絡ください、遠いのでお電話で対応いたします

違反報告

2016年5月10日 20時28分


こなぎ 様

 ご相談ありがとうございます。

 アトピー辛いですよね。私も小さいころはアトピーで首回り、ひじの内側、膝の内側、手首の外側、ふくらはぎ、胸、お腹など、汗が溜まりやすいところ、指で搔きむしれるところはカサブタだらけになってました。

 耐え難いかゆみですよね、夏場は汗がカサブタやひっかき傷につくとしみてかゆくなって、ひっかいてズキズキと傷口が痛む。

 今でも、夏場は汗をかくと痒くなって掻きむしってアセモにすぐになってしまいますので、すぐにシャワーを浴びたり、冷房かけて汗をかかないようにしています。

 運動が好きなので運動するときは滝のように汗を流しますけどね。

 冬は肌が乾燥してるから、運動すると汗で肌がしみてかゆくなることが毎年あります。

 私は、ふくらはぎにハンバーグ上のカサブタが両足にありました。塗り薬を塗っても寝るとパジャマとかで取れてしまってあまり効果を感じなかったのですが、お医者さんに塗り薬を縫った後にサランラップで巻くように言われて、実践したら、一晩でかなりカサブタが無くなり。しばらく続けたら完治しました。

 今は予防策、対応策がわかっているので自分の体質とうまく付き合えてますよ。

 こなぎさんは私よりアトピーがひどいようですから。本当につらい思いをしてるのがわかります。

 また、ある番組でアトピーについての番組を見たときに驚いたのが、アトピーは「手・指が届くところにしか発症しない」と言うことなんです。

 つまり、ちょっと引っ掻く。ひりひりしてより痒くなる。また掻く、ズキズキヒリヒリしてまた掻く。カサブタになる。アトピーになる。

 のような悪循環が原因のようなんですね。

 それを見て、私は、指で書かずに手でこすって少しでも肌への刺激を減らすように心がけました。

 引っ掻いてしまう原因として考えられるのが、乾燥や汗の刺激によってかゆみが出るほかに、心理的には「イライラ」が考えられます。

 イライラして肌をこすったり、掻いたりして、悪循環が起きる。何か満たされない思い、不満が心にあるのかもしれませんね。

 気が立っていると、必要以上に肌を傷つけてしまいます。

 落ち着いた心で痒い時は肌を撫でるようにして痒みを和らげると、症状が良くなるかもしれませんね。



 りょうしんは経験豊富なカウンセラーが様々な視点から様々な問題を解決し、充実した人生の実現をお手伝いします。

 「初回1時間無料」

 2回目以降は1時間「電話2500円~」 面談「4700円~」で
「提案型」心理カウンセリングを行っております。

 ご縁を感じられましたら。ご利用くださいね!

 こなぎさんのお力になれると思います。「りょうしん」の各サイトもご活用くださいね。
< Twitter > https://twitter.com/ryousinn33?lang=ja
< ブ ロ グ > http://blog.livedoor.jp/ryousinn33/
<facebook> https://www.facebook.com/ryouisinn33/

 ご相談ありがとうございました。

 才能を開花する「提案型」心理カウンセリング
 りょうしん
 代 表  田邉 宏倫

違反報告

2016年5月10日 20時23分


メンタルヘルス相談 池田晴夫

まだ若いのにとても辛い思いをしてきていることが分かりました。
時間がかかりますが、忍耐強く身体の細胞を変えるつもりで取り組んだらいかがでしょうか。
病気になるのは、①細菌・ウイルスのような微生物の影響②薬物・アルコール・その他の有害物質の摂取による影響③極度の疲労、怒り・緊張感不安感等精神的破壊による影響などを挙げることができます。
例えばウイルスで病気になったように見えるのですが、調子悪くなるのは自分の体(の細胞)であり、体内に入ってきても悪影響を受けなければ病気にならない、ウイルス好みの細胞や器官になっているから病気になるのです。
風邪にかかったからと病院に行く、学校や会社を休むけど、体調がおかしくなるのは、そもそも体の細胞が風邪ウイルスに対して弱いからであり、細胞を変えないと、一時的に直っても、いずれまた風邪をひくのです。
ここでは小さなアドバイスだけしておきたいと思います。
肉類や卵・乳製品などはできるだけ少なめにしたほうがいいと思います。
なるべく粗食にしたほうがいいでしょう。
ただし、徹底したベジタリアンのように、異常にこだわるのは逆効果です。
「抗菌何とか」というものが氾濫していますが、こんなものを気にしていると、かえって細菌などの微生物に攻撃されたとき、抵抗できなくなってしまいます。
要するに、何事もほどほどに、ということです。
辛いことも多いでしょうが、気持ちが崩れてしまいそうになりますが、忍耐強くめげずに一歩一歩前を向いて生きていくのです。

違反報告

2016年5月10日 19時56分


こなぎさん、はじめまして。
札幌Cocoro free の板垣千秋です。

これはカウンセリングと言うよりは、経験としてお話させて戴きます。

私は手の親指と小指が痒くて皮膚も固くなり、痒いのでかけばかく程痒くなり、水膨れになって、それがつぶれたりしていました。
私は20年も、それは茶碗洗いで荒れたものだと思っていました。

今年1月著名な皮膚科に行ったところ「アトピー性皮膚炎です!」と言われました。
固くなって痒かった指は痒みが減りましたが、なかなか固くなっている箇所が治りません。

そのうち持病のぜんそくにもなり、鼻水が出て鼻をかんでるうち、鼻の下に酷いヘルペスが出来ました。ある日、顔が歪んでいるのを発見、主人が脳に異常があるのではないかと脳神経外科に行くとヘルペスが神経に触って顔面麻痺になっている。入院しましょう!と言われ10日ほど入院しました。
5日間ステロイドの点滴を毎日され、残りの期間で理学療法を受け、完治しないまま退院しました。

結果、顔面麻痺は完治したのですが、そこには嬉しい副作用がありました。
あれほど固く痒かったアトピー性皮膚炎が、ペロリと剥けたのです。

今は固くも赤くも痒くもなく、かいて水膨れになってそれがつぶれることもなく、
柔らかく、すべすべの指です。

上から塗るだけでは駄目だったアトピーがステロイドを5日間点滴しただけで完治しました。

それは、お試しになりましたか?


メンタルな回答ではなく、経験でごめんなさい。

もしも参考になれば幸いです。

違反報告

2016年5月10日 19時14分


セラピーコア

セラピーコア代表です。
http://satomin414.wix.com/therapy-core-3

薬店を併設しております。
東洋医学ケア専門店として
セルフメデデュケーション(自己医療)を指導しています。

まだ年齢が10代後半なので
体が若い分変わる可能性が大です。

ストレスで痒みがひどくなるということなので
それは、肝臓からきています。

肝臓は、解毒作用を司り
体の内部の毒素を無毒化する作用があります。
度重なるストレスにさらされると
肝臓機能が低下し疎肝機能が働かなくなり
体に不必要な物質が溜まります。
出口を求めて皮膚の表面から発散させようとします。

アトピーは
それが発赤(痒み)として現れる現象です。

セラピーコアでは

電話相談も受け付けております。

漢方茶や食生活改善で
気長に治していく方法もお教えいたします。

是非ご活用ください!

セラピーコア

http://satomin414.wix.com/therapy-core-3

違反報告

2016年5月10日 19時00分


Freedom Counseling School

はじめまして、

コメント拝見しました。

男性カウンセラーです。

「アトピーに疲れました」との御相談ですね、

長くアトピーに苦しまれているとのことですね、

大変ですね!

色々な治療を試されていると思いますので、

あれこれとアドバイスはできませんが・・・

心の中はアトピーではありません!

前向きに、肯定的に日常を送る練習をお勧めします。

私の知人もアトピーでしたが、海でボデイーボードを始めたら治ったと

報告を受けました。

あなたにそれが当てはまるかどうかはわかりませんが・・・

何か解決法はあるはずです。

心を整えて、心の整理し、日々楽しく暮らせるように・・・

頑張ってください。

参考まで

FCS
 Masahiko D. Noguchi

違反報告

2016年5月10日 18時35分


マインド・レスキュー『シェーズ』

こなぎさん、はじめまして。

私は大阪で『決定力』カウンセラーをしている井手耕心と申します。
どうぞよろしくお願いします。

こなぎさんのメッセージを読ませていただきました。

小さい時からアトピーに苦しんできたんですね。
人間は痛みより痒みの方が苦しいと言います。
ずっと辛い思いをしてきたんですね。

痒みと戦いながら、周囲の人の目を気にして生きなければならないと、
強いストレスを感じてこられたんだと思います。

アトピー性皮膚炎はアレルギーの一種、皮膚の病気です。
当然 こなぎさんが悪いことは何もありません。
痒みとの戦いは根性や精神の問題ではありません。

体と心の両方のケアが必要ですね。

何よりも こなぎさんのことを正しく理解してくれる協力者が必要なんです。

アトピーに関しては民間療法も含め多くの治療法があります。
私たち心理カウンセラーはお医者様ではありませんから治療は出来ません。
ですが、健康法という意味ではお伝えできることがたくさんあります。

何も塗らない。薬も飲まない。
そんな健康法で改善したクライアントがたくさんいます。
まず、サラダ油やマーガリンなどをできるだけ摂取しないようにしてみてください。
マヨネーズやドレッシングにも注意してください。
人間には脂質も必要ですから「えごま油」を摂るようにしてください。
これはスーパーでも売っていますし、こなぎさんのおこずかいでも買える値段です。

早ければ2週間程度で効果が現れます。
あくまでも効果には個人差がありますので絶対ではありませんが、
多くの人に効果が出ています。

それから重要なのはこなぎさんの心のケアです。

人間は幸せになるために生まれてきたんです。

こなぎさんも同じです
もし今、こなぎさんが幸せじゃなくても大丈夫です。人生はこれからです。

辛くて苦しい時は私にメッセージをください。
メールでのご相談は何回でも完全に無料です。
メールのご相談から有料のカウンセリングを強く勧めることはありません。

よろしければ私のホームページに遊びに来てください。
こなぎさんの心を軽くするヒントがきっと見つかります。

ホームページはコチラです
http://www.chaise.jp

メールアドレスはコチラです
ide@chaise.jp

こなぎさんは一人じゃありません。
今までの人生が辛かった こなぎさんは、
人の心の痛みがわかる優しい人です。
「消える」なんて とんでもないです!
ゆっくり前に進みましょう。

一度メールでお話しましょう。
こなぎさんからのメッセージをお待ちしています。

違反報告

2016年5月10日 18時33分