教えて掲示板の質問

「憂鬱な気分に負けたくない。自分を変えたいです」に関する質問

  • 受付終了

はるさん

 ご閲覧ありがとうございます。20歳の美術系の大学生です。

 ネガティブな感情に振り回されて困っています。自分の性格や普段の行い、将来のことなどでひどく落ち込み、そのことばかりを考えてしまいます。
 1度その波が去れば「何を悩んでいたんだっけ?」とだいたい忘れてしまううえ、元気なときはわざわざ考えようと思わないので、人に悩みを説明しづらいのですが、ここ二、三か月は特に重たく感じるので、ご相談させていただきます。


 元々落ち込みやすい性格でしたが、昨年はそれに加え、良くない変化がありました。落ち着きが無くなった、怒りっぽくなった、熟考できない、記憶力が薄れたように感じる、食欲が止まらない、入浴などの日常生活で面倒なことが増えた、などです。
 熟考や記憶力に関しては、自分にアクセスできない感じというか、考えてみてもぽかんとして思い浮かばなかったり、表面的なことが堂々巡りで思い浮かんだりします。人と話すときも行き当たりばったりで話をしているように感じます。
 この変化については思い当たる原因があります。昨年五月に両親が離婚し、母、妹と3人で母方の祖父母の家へ越しました。

 父はたしかわたしが小学生の頃に、趣味への投資から借金を抱え鬱病を発症し、仕事を辞めました。その後何度か転職をし、仕事の面では多少落ち着きましたが、家庭の方は悪化するばかりでした。借金や無断欠勤をわたしたち家族に黙っていたことをきっかけに、一日中家に居ること、過食で太ったこと(減量しましたが)、喫煙など、もちろんお金の話も含めて、母と何度も言い争っていました。わたしと妹は堕落する父を見ていてとても味方をする気にはなれず、母の側についていました。
 それでも妹の進学のことなどから、離婚はしないできたのですが、ついに離婚することになりました。(経緯は思い出せません)度々あったことですが、離婚が決まってから、父は処方されている薬を飲まなくなっていました。

 そしてある夜、わたしがバイトに行く支度をしているとき、保険や残りの借金のことで母が注意したところ口論になり、逆上した父は母に手を上げました。暴れることは二、三度あったかと思いますが、直接手を上げたのはこのときが初めてだったと思います。
 何とか場は治まったので、うずくまって慟哭する父、怯えて泣いている妹、鼻血を拭いている母を残してバイトに向かいました。すぐには向かえず近所の公園で震えていましたし、帰るのがとても怖かったです。無理心中してやいないか、もしそうなら、わたしのことも待ち構えているのではないか…。
 しかし何事も無く、翌日は全員出勤、通学しました。そして、あの家にはもう帰りたくないとのことで、急遽必要な物のみ持って、母方の祖父母の家へ越しました。

 わたしはそのとき学校の課題の提出日が迫っていたので、気持ちの整理をする間も惜しく、荷物整理などもできませんでした。いま出されている提出物を完成させること、その作業時間を捻出するために、新しい生活に自身を馴染ませることを一生懸命しました。あまりにも引越しの片付けをしないので、1度祖母に無視されたほどです。


 美術大学は課題が多いです。それをこなしながら新しい生活に慣れ、心の傷を癒すのは難しかったようで、昨年の五月から今までのわたしは、それまでのわたしと比べると、心が歪んでしまったように感じます。課題は「とりあえず出せればいいや」と思うようになりました。また「あんなに辛いことがあったんだから休んでもいいはずだ」とも思うようになり、必要以上に怠けたり、夕方過ぎまで眠ったりして、却って課題に追われることもあります。夏休み後は、授業もほとんど遅刻してしまいました。

 何より辛いのが、ちょっとしたことでカッとなってしまうことです。母や妹に何か言われると、その言われたことについて後先考えず反論してしまいます。実際自分が悪いかどうか、その場では考えが至りません。とにかく攻撃的に言い返すのです。
 それが、父に様子が似ていてとても嫌です。父のようにはなりたくありません。

 今までは、「多少落ち込みやすくてもそれで死ぬわけじゃない」と思って気にしないようにしてきました。しかし今思えば、元々の落ち込みやすい性格も、家族4人で暮らしていた頃に形成されたのではと思われます。(中学生の頃くらいから、ストレスがたまると先端恐怖症や動悸が出る、息苦しくなるなど体調が悪くなります)
 母が以前に、「両親とも精神科通いじゃね…」と言っていたのが突き刺さっています。母も妹もつらくて苦しんでいるのにわたしだけ病院に行くのも気が引けるし、もし精神病と診断されたら、母と妹はまたもそれを支える家族の役割を担うことになると思うと可哀想で、今までは行動を起こせずにいました。

 でも、このままではいけないと思います。これからの作品制作にも関わってきますし、将来も不安です。ちょっと怠けたいだけの気持ちさえ、この憂鬱な気分のせいにして疎かにしている自分にも嫌気がさします。怒りっぽいのも治して、母や妹、祖父母に親切になりたいです。
 ですが色々なことが絡みついて積み重なっていて、どうすればいいのかわかりません。何を改善したらいいでしょうか? そのために何をすればいいでしょうか? 教えていただけたら助かります。


 読みづらく長い文章ですみません。読んでいただきありがとうごさいました。よろしくお願いします。

違反報告

2016年1月21日 12時48分

教えて掲示板の回答

新宿ファミリーカウンセリング

はじめまして
あなたも気づいているように、家庭事情も原因の一つでしょうから、ご自分を責める必要はありません。
状況を改善するためには、その都度、あなたに合ったアドバイスを差し上げられますので、どうか、いま少しの勇気を出して、ご連絡ください。
お会いできる方が成果が高いのですが、メールやLINEでの対応も可能です。
ファミリーカウンセリング米田(東京都)
http://orange.zero.jp/zbf59793.park/index.html

違反報告

2016年1月22日 21時26分


ジェニュインカウンセリング+星ウサギ

こんにちは。ジェニュインカウンセリングのkurodaです。

昨年の五月から今までのわたしは、それまでのわたしと比べると、心が歪んでしまったように感じます。

何より辛いのが、ちょっとしたことでカッとなってしまうことです。

それが、父に様子が似ていてとても嫌です。父のようにはなりたくありません。

怒りっぽいのも治して、母や妹、祖父母に親切になりたいです。


上記の言葉のすがたが私に残りました。

言うまでもなく、あなたと「父」は別人です。今後あなたは成長し、たった独りのあなたになっていけることでしょう。しかし、それには、もう少しあなたが元気になれるような環境があったほうが効率が良いでしょうね。

 今後、あなたが、たった独りのあなたらしく元気にやっていけるような環境を自分で選んでいけるようになることを心から願っております。

違反報告

2016年1月22日 09時46分


キャリアと心のカウンセリングルームSALA

思春期の多感な時期に、辛い思いをたくさんされたのですね。
お父さんが苦しまれている姿、その影響を受けていく家族、
とてもたいへんだったと感じます。

お父さん自身も、自分の過ちから、思いもよらない方向へ
向かわれてしまった。

哀しいけれど、お母さんとお嬢さんたちが取られた選択は
正しかったのだと思います。

辛い経験をしながら、いつかお父さんが
立ち直っていかれることを願いたいですね。

さて、そんなお父さんの弱い姿、
お母さんや妹さんに何か言われてカッとなり
すぐに反論してしまう自分に
お父さんの姿を重ねてしまうという・・あなた。

人間は育つ過程で、必ず周囲の人の影響を受けます。
両親に育てられるわけですから
父親、母親が持つ性格や行動のクセは
どうしても子供の心身に刻み込まれてしまいます。

親は“鏡”なのです。

もともと生まれ持って引き継いでいる部分もあるかもしれませんが
鏡に自分を投影して、まるでもともとあったかのように
自分の潜在意識に取り込んでしまう部分が圧倒的に多いのです。

今、あなたが、哀しいことに堕落していってしまった父親から
受け継いだと感じている部分は
この鏡に写った自分、あなたが自分自身に違いないと
思い込んでいる姿を、違う姿にイメージすることで
変えていくことができます。


“変える”というより、もともと何も映っていなかった鏡に
自分がなりたい自分、理想とする姿を
新たに写し出すことで、あなたの自分自身のイメージを変えていくのです。


いいですか?


あなたの前に大きな鏡があります。
あなたは、その鏡にどんな自分を見たいですか?


それは、あなたが制作したい作品を生み出すことができる
未来のあなたです。

どんな女性、アーティストなら
あなたがイマジネートする作品をクリエイトできるのでしょう?

やさしさ、思いやり、他人への愛にあふれた人。
時には深く内省して静かに過ごしているけれど
自分の中にあるパッションに向かって
エネルギーを発散して、熱く日々を過ごしているパワフルな人。

あなたは、あなたが描く、理想とする
どんな人にもなることができます。

もちろん、鏡にお父さんの姿を写せば
お父さんのような人生を歩むことも可能なのです。

そして、これはお父さん自身にも言えること。

つまり、人間は、親の人生をお手本にして
親と同じ人生を歩むことができますが
まったく違う人生を歩くことも可能なのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
色々なことが絡みついて積み重なっていて、
どうすればいいのかわかりません。
何を改善したらいいでしょうか? 
そのために何をすればいいでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今は混乱しているかもしれませんが、
それは仕方のないこと。


でも、落ち着いて、絡み合ったことを
一つ一つ別々にとらえていってください。

ゴチャゴチャにせず、ゆっくり考えていくのです。
そして、過去を鏡に写すのでなく
願う未来を鏡に写していってくださいね。

必ず、あなたは、あなた自身の人生を切り拓くことができます。

自分自身の人生を歩くことができれば
立ち直っていくお父さんに優しい言葉をかけることも
共に暮らすお母さんや妹に手を差し伸べることもできるようになります。

そのために必要なことは
自分の人生を自分でコントロールする強さと
理想の未来を描き続ける想像力です。

大丈夫!
アーティストの可能性を持つあなたなら、きっとできますよ。

あなたの人生を素晴らしい作品にしていってくださいね。


そして、もし一人で行き詰まったら・・・
カウンセラーの力を頼ってください。

あなたを創っていく、お手伝いができますから。


女性のハッピーなキャリアづくりをサポートする
キャリアと心のカウンセリングルームSALA
http://cocolo-sala.com/?p=1690

TEL 080-8504-3692
sala@arrow.ocn.ne.jp


カウンセリングのメニューはこちら
http://cocolo-sala.com/?cat=137

カウンセリングのお申し込みはこちら
http://ws.formzu.net/fgen/S30981989/

違反報告

2016年1月22日 05時11分


心の相談室「春風をさがして」

お答えします。
貴方の憂鬱は正常でしかも当然あるものなのです。
貴方は自分の立場を自覚され、これから進む方向もしっすかりと把握されておられます。これは精神病のきずかいもなく健全な心の持ち主と断言できます。

 心の不安や動揺は家庭内で大きな問題が起きたのだから仕方のないことです。
今は見守ることしかできないと思いますが、機会があればお母さんや妹さんに声をかけ、助けあってください。

少し認識のことを申しますと、心の苦しみや憂鬱の気分は人為では操作できないのです。原因があって憂鬱な気分になったのだから、原因がなくならない限り気分は変化しません。そのことを覚えてください。

出来ることは、憂鬱な気分のまま、今しなければならないことをしつかり果たすことです。貴方の学業、バイト、楽しみに目を向け、健全な生活を心掛けてください。
そうすれば、気分に日常が影響されるのが少なくなるでしょう。

今は家族の不幸な時期と思いますが、この時期をいかに乗り越えるか貴方の真価が問われております。
一度、ホームページ「人生支援の精神療法」を参考にしてください。

違反報告

2016年1月21日 21時26分


心理カウンセリング らしんばん座

はるさん、こんにちは。
カウンセリングルーム「らしんばん座」と、申します。

ご相談、拝見しました。
拝見して感じたことは、やはり末尾に書いていらっしゃる、「ですが色々なことが絡みついて積み重なっていて、どうすればいいのかわかりません。」ということです。
確かに、今のはるさんの状況は、ご相談に書いていただいたように、様々な物が絡み合って、それが新たな問題を作って、その問題の中ではるさんが、身動きが取れなくなっている状況だと思います。
そしてそれぞれの問題の中に、さまざまな「思い」が、絡んでいるのですね。
このような状況は、一目で見るとまるで縺れに縺れた結び目のようで、まず解決が不可能なようにも見えてしまいます。

はるさんお一人で色々と考えてみても、結局思いがぐるぐると同じ所を回るだけで、上手く行かないと思います。
ここはやはり、「こころ」の専門家、すなわちカウンセラーを前にして、はるさんの「思い」を「言葉」にしてみるのが良いと思います。
今回のご相談のように、まだ纏まらないままでも「言葉」と言う形にすることで、まず自分なりの状況判断が出来ると思います。

カウンセラーは、はるさんの「思い」を形にして、その絡まり具合を客観的に見る事が出来るように、お手伝いをしてくれます。
そうした事を繰り変えてしていくうちに、その絡まった「思い」もどうすれば良いかが、徐々に見えてくるようになると思います。

いっぺんに、あれもこれも抱えてしまうと、本当に「わーっ」と叫びたくなるほど、心の重荷が大きく見えてしまいます。
同じものでも、少し離れて客観的に見る事によって、より小さく見えてくるかもしれません。

まずは、カウンセラーに対して、はるさんの「思い」をぶつけてみる事をお勧めします。

違反報告

2016年1月21日 19時18分


マインド・レスキュー『シェーズ』

はるさん、はじめまして。

私は大阪で『決定力』カウンセラーをしている井手と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

はるさんの お悩みのメッセージを読ませていただきました。

大変わかりやすく丁寧にお書きいただきまして、ありがとうございます。

ご家族の不和に加え、慣れない環境や学業へのプレッシャーと、
本当に心が疲れていらっしゃることが伝わりました。

はるさんの現在の状況は、はるさんのせいではありません。

病院に行っても「軽度のうつ病」と話も聞かずに診断され、
薬を出されて終わりのケースが多いです。

薬が効かないと量を増やされますが、
集中力や思考力はさらに低下します。

心に問題を抱えている場合、大切なのは心のケアです。
投薬は対症療法なので緊急時を除いて効果は期待できません。
歯痛で歯科医院に行って、痛み止めだけもらってくるのと同じです。

はるさんは真面目で、優しい性格ですね。
責任感も強いために「〇〇は、こうあるべきだ」という感覚が強いんだと思います。

今のはるさんに必要なのはすべてを打ち明け、心の荷物を整理することです。
その上で、ご自身の進む道や進み方を具体的に決めることです。

私は毎日、学生さんからお悩みのメッセージをいただいています。
よろしければメッセージをください。また、ホームページにも遊びに来てください。
1人で悩むのは苦しいですよね。
メールでのご相談は何回でも完全に無料ですから、ご安心くださいね。

心を改善する方法はたくさんあります。
はるさんに合った方法で遠回りせず、具体的に進みましょう。

寒い日が続きますね。
ご飯はちゃんと食べていますか?
お風呂にゆっくり入ったり、夜はぐっすり眠れていますか?
あたりまえのことが、大切なんです。
体調を崩さないように気をつけてくださいね。

違反報告

2016年1月21日 16時59分


ことばの杜~伝える・伝わる・わかち合う~

はるさん

ことばの杜のかがみんです。
おつらいにもかかわらず、ご投稿いただきありがとうございます。

唯一安心できる場所である、『家族』の問題に伴ってはるさんご自身が家族に対して、処理できない自分の気持ちをぶつけてしまっている。
本当につらいのはお母様でも妹様ででもない。
はるさんご自身かもしれないですね。

確かに美大の課題に追われ、目先のものを1つ1つ片付けるのにも、精神的にエネルギーを使う事でしょう。

文面からもつらさ、苦しさが伝わってきます。

精神的なはるさんが今の感情・気持ちをなんとかしてもらいたいと病院に1人で行くのにも気が引けてしまうようになってしまうのは当然ですよね。

だからこそ、このサイトにご相談いただいているんですからね。

何をするにも、経済的な問題などもあると思いますが、
まずは、ご連絡くださいね。

今の状況の突破口とはるさんが今何をしたらよいか?
どのように気持ちをご自身で落ち着かせる事ができるか?
一緒に考えていきましょう。
はるさんも含めてはるさんのお母さん・妹さんも
守っていく方法を一緒に考えましょうね。


■─────────────────────────────
│ ことばの杜
■─────────────────────────────
│ 代表 加賀美 正浩
│ MASAHIRO KAGAMI
│ 〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2F
│ CALL: 03-6316-7938 080-7005-2703
│ Email: cotobanomoli@gmail.com
│ URL: https://cotobanomoli.amebaownd.com/
■─────────────────────────────

違反報告

2016年1月21日 16時27分



両親のケンカの修羅場を経験し、祖父母の家に引っ越し、
家庭の中の状況が一段落したのに、
精神の不安定さに悩まされているようです。

一度大きなトラウマ的出来事を経験すると、その時受けた
恐怖や脳に焼付いた状況を何度も何度も
頭の中で繰り返してしまいます。

また、お父さんの借金で家族全員が長年振り回され、
その感覚が、はるさんの心に染みついていると思われます。
つまり、生まれ育った家庭の中の状況を繰り返してしまうのです。
両親に愛されたいと無意識に求めてしまうのです。

家族4人での家族の形、パターンのようなモノがあり、
お父さんという借金、うつ病などの世話のかかる“人”
がいたが、その存在が無くなり、
はるさんの心の中に空洞みたいなモノが出来たと思われます。

その空洞を埋められなくて、満たされなくて、自分を責めてみたり、
将来を不安に思ったり、堂々巡りするようです。

お父さんの存在を無意識に家族の中に入れたくて、
自分がお父さんに似てきたと表現されていますが、
お母さんや妹さんにお父さんのように攻撃的に反論してしまうようです。

もう4人の家族の形は終了したのです。
脳を切り替えて下さい。そのためにはカウンセリングなど受けて下さい。
はるさんも両親から精神的に自立しなければなりません。

自分という新しい形の愛する家族を作るよう努力して下さい。
女の子は父親が気になるので、たまにはそっと会っても良いと思います。
でもお父さんのような人を好きにはならないで。

はるさんは美術を勉強されているのは幸いです。
自分の苦しい精神的状況などを癒す絵などを描くのは
いかがですか?
はるさんのように家庭で、両親で悩む子は沢山います。
その子たちにやすらぎを与えるような作品があればと思います。
苦しみや悲しみや苦痛の中でもがき苦しんだ人ほど、
小説や絵画などすぐれた作品が生まれます。



違反報告

2016年1月21日 16時04分


「あおぞら」人生相談&心理カウンセリング

はじめまして

心理カウンセラー&人生相談師の松下愛ノ助です

よろしくお願いします。

ご相談の内容を読ましていただき貴方様のお悩みを解決する為に大切な
部分を書き出してみました。

1、ネガティブな感情に振り回されて困っています。自分の性格や普段の行い、将来のことなどでひどく落ち込み、そのことばかりを考えてしまいます

2,元々落ち込みやすい性格でしたが、昨年はそれに加え、良くない変化がありました。落ち着きが無くなった、怒りっぽくなった、熟考できない、記憶力が薄れたように感じる、食欲が止まらない、入浴などの日常生活で面倒なことが増えた、などです。

3,うずくまって慟哭する父、怯えて泣いている妹、鼻血を拭いている母を残してバイトに向かいました。すぐには向かえず近所の公園で震えていました

4,美術大学は課題が多いです。それをこなしながら新しい生活に慣れ、心の傷を癒すのは難しかったようで、昨年の五月から今までのわたしは、それまでのわたしと比べると、心が歪んでしまったように感じます。課題は「とりあえず出せればいいや」と思うようになりました

5, 何より辛いのが、ちょっとしたことでカッとなってしまうことです。母や妹に何か言われると、その言われたことについて後先考えず反論してしまいます。実際自分が悪いかどうか、その場では考えが至りません。とにかく攻撃的に言い返すのです。
 それが、父に様子が似ていてとても嫌です。父のようにはなりたくありません。

6,今思えば、元々の落ち込みやすい性格も、家族4人で暮らしていた頃に形成されたのではと思われます。(中学生の頃くらいから、ストレスがたまると先端恐怖症や動悸が出る、息苦しくなるなど体調が悪くなります)


7,ちょっと怠けたいだけの気持ちさえ、この憂鬱な気分のせいにして疎かにしている自分にも嫌気がさします。怒りっぽいのも治して、母や妹、祖父母に親切になりたいです。

貴方様のご相談の文章の中で[憂鬱な気分に負けたくない。自分を変えたいです」と、ありましたが、貴方のご相談の文章を読まし手いただいている限りでは、貴方ご自身がご自身の「本当のご自分」をまだ掴んでおられないような気がしてなりません。

いったい「自分は本当はどうしたいのか?」又は「自分に最ふさわしい生き方や自分に最もあっている将来の仕事の分野や職種」などほとんど分からいままの状態で悩んでおられるような感じがします。

それと「色々なことが絡みついて積み重なっていて、どうすればいいのかわかり」、その悩む原因は何なのか?

それはほとんどがその方の性格や気質、価値観などから来ているのです。

現在のまま悩みつ続けたら、うつ症になって最悪場合自律神経に影響が出てきますので、この機会にぜひお悩みを解決される事をお勧めします。


貴方様のこの悩みの解決は心療内科ではおそらく「うつ症」の病名がつき、
様々の薬が処方され、長期的な通院の繰り返しになってしまうと推察します。

大切な事は現状の状態が起きている理由・原因をまず掴むという事です。
その原因が明確になったら、問題点の部分を出来るだけ早く、改善解決する流れがよいと思います。

私どもの相談ルームでは、ご相談を受けた場合、まずすべての症状やお悩みの原因を明確にする、4つの診断をして
出た診断結果に基ずいた改善、解決する「原因療法」を行っています。

改善、解決の為のカウンセリングと施療の流れをご紹介します。


私どもでは、貴方様のような「色々なことが絡みついて積み重なっていて、どうすればいいのかわかりません」というお悩みの改善、解決の為のカウンセリングは
下記のような方法で行っています。

そのカウンセリングの流れをご紹介します。

▼まず貴方様の性格診断を行います。
人が通常持つ性格は13種類の内のいづれかの性格です。あなた様がどの性格かを知る必要があります

あなた様を取り巻く環境の全てをお聞きします。認知総合アセスメントです
 
あなた様の現在、過去で心に引っかかっている、すべてを思い切りお話していただき
心の中にある荷物を全部おろして、軽くなっていただきます。
生活の中のすべての(事実)を探り出すために貴方の心情を共有し認知致します

・次に貴方様の気質の把握と分析

 同じ出来事でも「苦しむ人」もいるし、「苦しまない人」もいる。その違いは何なのか。私たちは父母をはじめ先祖から驚くほど多くの気質を引き継いでいます。

顔や声、体格だけではなく心の感じ方をDNA.遺伝子の形、脳の伝達物質の作用の仕方など,63種類の中のどの気質を引き継いでしまっているかを明らかにします。

 
私たちはこの世に誕生し,幼児期から少年少女期までの間に驚くほどたくさんのしつけ、刺激や虐待やイジメ、トラウマ等を父母やそのほかの近親者、学校や幼稚園の同級生、教師、先輩、部活の指導者などから影響を受けてしまいます。


その影響があなた様の性格として形成されてしまいます。

性格はその方が育っていく過程でその方の命を守るのに必要だったものなのです。
その方の性格の全てをまず明らかにします。

性格(癖は)ある意味その方の心の傷を深くしない為、またはその方の命を守るために必要だったとも言えます。

性格のほとんどはその時代で生きる為に自分を守るために発現します。
そして自分が自己成長したりすると性格は変わっていきます。

さらに様々なストレスや人間関係の構築に対する対応力の診断分析も重要です

 私達人間は生きてる限り毎日のように様々の出来事やストレスに遭遇します。次つぎ起こる出来事や「ストレスをさばく知恵や方法を身に付けているか、いないかでストレスの蓄積度に違いが出、悩み、苦しみの深さ、大きさが変わってきます。
いわゆる自己成長です。

貴方様のストレスの対応力を診断で明らかにできます。

・心傷体験(トラウマ)の確認影響分析
 
貴方様がお母様のお腹の中、さらに幼児期、少年少女期に起きた心傷体験(身体的、性的虐待や暴力やイジメなど)は放置しますと
一生涯影響を受けてしまいます。

そのトラウマをカウンセラーがその方との会話で掘り起し、その影響を明らかにすることもできます。

トラウマは貴方様が実際体験されたものだけではありません。
祖先のどなたかが、体験された事も私達はDNA,遺伝子で引きつきます。


それと大切な事は貴方様が人生で何を大切に生きていきたいか、ご自分の心に眠っている自己価値観を明らかにすることも貴方様を、大人に成長させます。


貴方様の心の奥にある魂が望む、生きる為の方向性を知る、自己価値観を18項目の質問と60の言葉の選択方式で明らかになります。

自己価値観診断で価値観やどんな事がご本人にとって大切なのか、何が向いているのか、どんな事を大切に生きていけば良いのかを明確に知ることが出来ます。

もし自分に合った仕事はどんな分野のどんな職種の仕事か、将来の為に知って置きたいと思わられた場合、カウンセラーが一緒の作業でその「天職」を明らかに出来ます。

上記のような診断で明らかになった性格の中で過去の貴方に必要で、これからは必要でないものは心理療法で削除します。
必要な性格で現在持っておられない性格は追加します。(新しい癖の追加です)

気質の発現は抑制する心理療法を行います。、ない方が良いトラウマは削除又は内容を心理療法で変えてしまいます。

以上の方法で本当に貴方様が納得される「理想のご自分の姿」が誕生します。

私どもの相談ルームには在学中の大学生や高校生、専門学校生もたくさん見えられます。  電話でのご相談もお受けしています。

安心してご相談にお越しください

私たちの相談ルームでは最初相談に来られた方(電話相談でも同じです)がどんなに辛そうな悲しそうな、あるいは心配そうな表情でお越しになっても、カウンセリングが終わってお帰りになる時、「ほとんどの方が」驚くほど笑顔で希望に満ちた表情に変わられ、足取りも軽くお帰りになられます。

私どもの相談ルームはとにかく具体的な解決方法の提案と施療を行いますので
貴方様のお悩みは間違いなく、解決できます。
どうぞ安心してご相談ください。

とても有意義で心が幸せに楽しくなる、相談ルームです。ご心配はいりません。安心してご連絡ください。

この行程をを踏まれて貴方様が本当の自分を知られることは、将来かなり役立つと思います。

どうぞ気軽な気持ちでカウンセリングの扉を開いてみてください。

欧米の先進国ではカウンセリングを利用して心の調子を整える事は
日常的に行われています。日本も徐々に欧米に近づいてきているようです。

「悩み、改善、解決完治を目指す」人生相談&心理カウンセリング
       「あおぞら」 松下愛ノ助 他カウンセラー一同
     電話080-3397-2297
     ホームページ http://ai-aozora.jimdo.com/

ご予約・お問い合わせのアドレスです
http://www.ai-aozora.com/%E3%81%94%E4%BA%88%E7%B4%84-%E3%81%8A%E5%95%8F%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

又はno0109ai@yahoo.co.jp  コピーしてお使いください

違反報告

2016年1月21日 15時32分


お礼コメント

お返事が遅くなってすみません。

たいへん丁寧な回答ありがとうございます。
「本当の自分」が何か。ここに書き込みしている時には全く思いつきませんでした。この問題を克服したあと、わたしは何がしたいのか。言われてみれば確かに何のビジョンもありませんでした。

父もずっと病院通いでした。カウンセリングも受けていましたが、そちらは長続きしませんでした。なのでどちらにも不安があったのですが、ご説明のおかげで少し不安が和らぎました。カウンセリング受けてみたいと思います。
ありがとうございました。

2016年1月27日 01時44分

カウンセリングルーム・エンパシー

抑圧した自分の性質を「シャドウ」と呼びます。
他人に対してイライラしたり感情的になってしまうことの裏には、私たちが無意識に押し込めた思考が隠れている可能性があります。

他人に対して感情的になるのは、自分の中に原因があります。
あなたの心の中を掘り下げると、他人に対して怒りをぶつける前に自分を客観視できるようになります。

人は自分の行動を制限されたり、プライドを傷つけられると怒りの感情が湧いてきます。心理学の解釈において、原因論と目的論があります。

目的論では、人生の生き方はいつでも選択可能なものであり、過去にどんなつらいことがあったとしても、これからどう生きるかには関係がないと言うことです。

人は変われないのではなく、ただ「変わらない」という方を選択肢しているに過ぎないのかも知れません。

あなたが、今を生きることが辛いのは、生きやすく変わるための「勇気」が足りないだけなのかも知れません。考え方を変えて、ポジティブな感情で行動出来るようになるためには、もう少し思考の修正が必要です。

心理学の、原因論と目的論について補足説明をご希望でしたら、
mental@r-empathy.com までご連絡ください。

違反報告

2016年1月21日 15時26分


お礼コメント

お返事が遅くなりすみません。
『「変わらない」という選択をしている』とのお言葉、たしかにその通りだと思いました。
前のわたしはこうじゃなかった、前はもっと我慢ができたとか、「以前のわたし」にどうしても縋っているみたいです。
もはや全く異なる生活環境になったのだから、前のやり方じゃ通用しないんですよね。
勇気を出してみようと思います。ありがとうございました。

2016年1月27日 01時31分

楽桜堂(らくおうどう)

今までの生き方の癖というか偏り

これは誰にでもあるものですが、これを直してバランスをとっていけばいいのですいけばいいのです自分一人では難しい作業なので専門家とやっていくのがいいと思います

ホールに自分を愛せるようになるともっと楽に人生を楽しめるようになっていきますよ

うち、楽桜堂のセッションは感情を持て余していたり

自分を変えたいという方に合っています

今まで抱え込んだ感情を解放していきましょう

ホームページも参考にしてくださいね

違反報告

2016年1月21日 15時23分


お礼コメント

お返事が遅くなってすみません。

自分でなんとかしなきゃという気持ちは強かったと思います。結果、どうにもできないところまで来てしまいました。
自分のことは可愛いけれどそんなに好きにはなれません。それが変われば、もっと色んなことに自身を持てますよね。
ホームページ拝見します。ありがとうございました。

2016年1月27日 01時27分

愛され女神momokanon

初めまして電話カウンセラー大山桃子です。

拝見させていただきました。
私の想像するところ
『悲しみ』の感情『色んな思い』をため込んでしまったように思われます。
色んな出来事に対して『感じている思い』を辛すぎて『感じない』様にすることによって
心のなかが一杯になってしまってもうこれ以上詰め込むことができないというような
イメージです。
電気で言うとブレーカーが落ちてしまうような感じです。
今あなたに必要な事は『吐き出す』ではないかと思われます。
費用の事で問題であれば電話カウンセリングで無料のところとかも検索するとあるので一旦『話す』(放す)言から始めてはいかがでしょうか?

今まで大変な中一生懸命よく耐えてきたね。
今まで大変な中よく頑張って来たね。
あなたは何も悪くないよ。

と声に出して自分自身に言ってあげてください。もし涙が出たら止めずに流れるだけ流してあげてください。

違反報告

2016年1月21日 15時22分


お礼コメント

お返事が遅くなりすみません。

たしかに、言葉にすることはとても大切だと思いました。
生活の基盤である家庭に救いが無いことで、今を嘆いても無駄だと思う気持ちが強くなっていった自覚はあります。
今回質問させて頂いたことで楽になった部分もありました。

カウンセリングを受けること考えてみます。ありがとうございました。

2016年1月27日 01時23分

初めまして。LAIFis.puatokuの辻と申します。ご相談内容拝見しました。
ご自身過去、現在、問題だけの様々な問題にあります。
ここでは?一方的になりますので
このサイトのLAIFis.puatokuにてお電話なりFAX初回全て無料です。
よかったらよろしくお願い申し上げます。
寒いですね。お身体きよつけてお過ごし下さい。

違反報告

2016年1月21日 14時44分