教えて掲示板の質問

「彼の怒りの沸点が分かりません。」に関する質問

  • 受付終了

寧々さん

彼の怒りのポイントが分かりません。
相談に乗ってくださる方、よろしくお願いします。

私は子持ちバツイチ。彼は10歳年上のバツイチで、職場内恋愛なので周りには付き合っていることは秘密です。


今日職場の飲み会がありました。
いつも私だけ帰りが地下鉄、あとはJR。
ですが、タイミングが良ければ彼が後から地下鉄の方に追いかけて来てくれて、お見送りをしてくれます。
今日はタイミングが悪く、それが難しそうな状況。すると彼は『送ってよーって言ってくれたら見送りできるから、言って』と帰りの駅に向かう途中で言うのです。いつもそんなこと言ったことないから無理だよーと、そこまでは笑って話していて、駅に着いたら私1人解散しました。
1人で地下鉄に向かう途中『ごめんね』とLINEが来たので、『ちょっとゆっくり歩いてみたんだけどなー。来てくれるかなってちょっと期待してたんだけどなぁー。』と絵文字付きの冗談めかした感じで送ったつもりが、彼の怒りに火をつけたようです。
『終電がない』と絵文字も無く来たので『いずれにしても、終電なかったならむりだったんじゃん』と、こちらは普通の絵文字つきで返すと『お前が送ってって一言言ってくれたら、途中からタクシーで帰ったよ』と。
でも、ちょっと前にケンカした時、怒りながらお金もないしって話をされたことがあったので、そこまでしなくて大丈夫だよ、ありがとうと送ろうとした矢先に連続で『わがままばっかりでうんざり』とか『すぐ怒るしもう嫌だ』と来たので『怒ってないよ?そう見えたならごめんね』と絵文字もつけてやんわりした雰囲気で返しました。
しかし彼の怒りはおさまらない様子。


彼『怒ってるだろ。いつもすぐ怒るじゃねーか(と言っても、スネてる程度)』
私『だから何度も言うように、別に怒ってないよ?』
彼『被害者ぶるなよ』
私『被害者だと思ってないよ?私は〇〇に何もされてないよ?』
彼『それでどうせ俺に謝れとか言うんだろ』
私『〇〇は謝るようなことしてないでしょ?』
彼『だって文句言ってきたじゃないか』と(私の『期待してたのにー』を文句と捉えられてしまったようです)。』
私『期待してみたけど、やっぱダメかぁ〜って話しただけだから、文句のつもりはないよ』
彼『それでどうせ、また泣くんだろ』
私『声聞けば分かると思うけど、私今そんな感じじゃないよ。』
彼『電話してもまた泣かれて長電話になってめんどくさいだけだから電話なんかしねーよ』
私『(↑彼のLINEとほぼ同時に)って言っても、たぶん今は私の声聞きたくないんだよね』
彼『電話しねーよ絶対。絶対しねーからな』

と、ここらへんのやりとりまでは絵文字を使っていましたが、これはもうこのテンションのままのやりとりしても変わらないから、同じテンションにしよう、と思い、絵文字も使わずに
『大丈夫だよ。電話したくないんだろうなって分かってるから。前にケンカして泣いたのがトラウマなんだよね、ごめんね。今日は寒いし、〇〇も風邪ひいてるから早くおうち入って寝てね』
と返しました。
すると少し時間が経ってから
『その理解してる的なフリするなよ。余計ムカつく』と返ってきたので、『うん、ごめんね。』とだけ送り、LINEは既読されたまま終わりました。

彼は元々とても優しく、年上の余裕がある感じの人で、今までの彼女ともケンカをしたことがない人でした。周りの話を聞いてもそんな感じだったので嘘ではないと思います。
しかし、ここ半年ほど仕事がうまくいっておらず、よくイライラするようになり、八つ当たりもたまにあるようになりました。
あと、もしかしたら金銭的に余裕がなくなっているのもあるかもしれませんが…そこは私も一応考慮してデートの予定は立てているつもりです。
とは言え、八つ当たりされるのは電話やLINEの時だけで、顔を合わせている時はケンカも八つ当たりもなくいつもの優しい彼です。

ちょっと前に電話でケンカをした際、確かに八つ当たり的に怒鳴られて、私が泣いてごめんねと謝ったことはあります。ケンカだったので電話も長引き、寒い中外で電話させられて…と余計怒られて余計泣いて…の負のループでしたが、翌日顔を合わせると、ごめんねと謝られ優しい彼に戻っていました。このパターンはその前にももう1回あります。
流石に私も付き合ってる期間とケンカを重ねたことで、彼が怒ってる時はこっちが感情的にならないで好きにさせておいた方がいいことや、それでも優しい言葉をかけてほしいことくらい学習します。
なので、今回は(怒られている理由がよく分からなくて呆気にとられたところもありますが)彼の意見に反論することなく、感情的になることもなく、それでも電話しようなどとワガママを言うこともなくLINEを返しました。

また、その前回のケンカの時に、なんとなく、ケンカの流れから別れ話に持って行きたい…けど、顔見るとダメ…って感じなのかな?と感じましたが、それ以降の彼の態度でそれらしいことは感じなかったので、気のせいだと思うことにしました。
しかし、今日のケンカ?も、ちょっと無理矢理な気がして。これで私がいつも通りの反応を見せていたら別れ話でもするつもりだったけど、いつもと違う反応だったから戸惑ったのと、でも引っ込みがつかなくなったのかな…とも思い、今はとりあえず放っておいた方が得策なのでそのままにしました。

彼は2歳の息子とも会っていて、仲良くしてくれています。息子も彼が大好きで、今はまだお互い難しい状況ですが、再婚の話もあります。

話は戻りますが、結局のところ、ことの発端は、私が一言『送ってって』と言えばお見送りできたのに、なんで言ってくれなかったんだ。そのくせ追いかけて来てくれると期待したお前はワガママだ。と、そんなところだと思うのですが、彼は30後半にさしかかった年上男性。年代も性別も違う私にはやっぱりよく分かりません。

今回の私の対応はとりあえず間違いではなかった様子ですが、今後もこのようなことは避けたいので、彼の沸点はどこだったのか、これからどのように接していけばいいのか
ご意見いただければ幸いです。

違反報告

2016年1月16日 02時07分

教えて掲示板の回答

性格改善カウンセリング【カウンセリングルーム高山】

どうも。はじめまして。
僕はDVやモラハラの改善を専門にカウンセリングしています。

彼の沸点はどこだったのか、これからどのように接していけばいいのかとのことですが。

彼からしてみれば、喧嘩のきっかけなどどこでもよかったんです。
たまたまイライラしていただけです。

ただ、自分の溜まりに溜まったストレスをあなたにぶつけてスッキリさせたいがために怒るきっかけを探していたんですよ。

彼は、あなたに八つ当たりしやすいから八つ当たりしてるんです。
あなたなら怒っても許してくれるから。
でも、面と向かっては八つ当たりしにくいんでしょうね。
LINEや電話で怒りをぶつけた方が彼にとっては楽なんでしょう。
八つ当たりしてストレスが解消されてスッキリするから、優しい彼に戻るのです。
またストレスが溜まったら怖い彼に戻ります。


どう接すれば良いか。これは色んな方法があると思います。
彼に八つ当たりをされて嫌な思いをしていることを伝える。
彼と距離を置く。
八つ当たりをしないようにお願いする。意識してもらう。
彼に気を遣ってもらうように仕向ける。
カウンセリングに通って改善してもらうのも1つの方法です。


分からないことがありましたら、いつでも相談に乗りますよ。

カウンセリングルーム高山
http://kautaka.com/
TEL:070-2826-2744

違反報告

2016年1月17日 00時40分


性格改善カウンセリング【カウンセリングルーム高山】

どうも。はじめまして。
僕はDVやモラハラの改善を専門にカウンセリングしています。

彼の沸点はどこだったのか、これからどのように接していけばいいのかとのことですが。

彼からしてみれば、喧嘩のきっかけなどどこでもよかったんです。
たまたまイライラしていただけです。

ただ、自分の溜まりに溜まったストレスをあなたにぶつけてスッキリさせたいがために怒るきっかけを探していたんですよ。

彼は、あなたに八つ当たりしやすいから八つ当たりしてるんです。
あなたなら怒っても許してくれるから。
でも、面と向かっては八つ当たりしにくいんでしょうね。
LINEや電話で怒りをぶつけた方が彼にとっては楽なんでしょう。
八つ当たりしてストレスが解消されてスッキリするから、優しい彼に戻るのです。
またストレスが溜まったら怖い彼に戻ります。


どう接すれば良いか。これは色んな方法があると思います。
彼に八つ当たりをされて嫌な思いをしていることを伝える。
彼と距離を置く。
八つ当たりをしないようにお願いする。意識してもらう。
彼に気を遣ってもらうように仕向ける。
カウンセリングに通って改善してもらうのも1つの方法です。


分からないことがありましたら、いつでも相談に乗りますよ。

カウンセリングルーム高山
http://kautaka.com/
TEL:070-2826-2744

違反報告

2016年1月17日 00時39分


お礼コメント

高山様

ご回答ありがとうございます。
元々、とても、心が広く温厚な人だったのですが、人が変わってしまったようです。
八つ当たりしないでほしいと何度も言いましたが、彼には八つ当たりの意識がないのか、ないフリをしているのか分かりませんが、八つ当たりのつもりはないと言います。
なんとか解決の糸口を探してみます。

2016年1月17日 01時22分

愛され女神momokanon

初めまして電話カウンセラー大山桃子です。

拝見させていただきました。
そもそも男性脳と女性脳とは考え方に少し差があります。
男性は解決脳であり女性は共感脳的なところがあります。
彼なりに物事を解決しようと提案したけれどあなたが無理といった
ところが『『ちょっとゆっくり歩いてみたんだけどなー。来てくれるかなってちょっと期待してたんだけどなぁー。』というラインは彼にとっては解決するための提案を断られた上に『期待していた』と言われることによって『あなたは何もしてくれなかった』
彼からすると『否定された』『どうしていいかわからない』という風になってしまったのではないでしょうか?
多くの場合男性心理としては『守る』『解決』『プライド』というような思いがあるようです。
これが『自信』に繋がり女性とはまた違った感覚があるようです。


ここでの文面だけを拝見させていただいた上での
私の想像するところですので誤解や失礼があればお許しください。

違反報告

2016年1月16日 18時16分


お礼コメント

ワンダ様

ご回答ありがとうございます。
今回の件に関してはまさにその通りだと思います。
彼の言葉を借りると『俺の言うことは聞かないのに期待をするのはワガママだ』とのことです。
しかし、彼曰く直接の原因でなく、あくまでも引き金だったと。
仕事や金銭面において、私のせいにするのが簡単で楽だと思う一方で、私のことは好きだから、どうしたらいいのか分からなくなって、言っている事が支離滅裂。
でもそれを指摘すると余計炎上するだけなので、とりあえず今は仕事もプライベートもひたすら『うん、うん。大変だよね。可哀想だね。頑張ってるね』と相槌をうつだけにしています。
彼は共感してほしいという女性的な部分も強いように感じます。

今回のケンカに関して、とても完結で分かりやすい分析でした。
ありがとうございます。

2016年1月16日 18時33分

新宿ファミリーカウンセリング

はじめまして
その都度、あなたに合ったアドバイスを差し上げられますので、どうか、いま少しの勇気を出して、ご連絡ください。
お会いできる方が成果が高いのですが、メールやLINEでの対応も可能です。
ファミリーカウンセリング米田(東京都)
http://orange.zero.jp/zbf59793.park/index.html

違反報告

2016年1月16日 17時12分


お礼コメント

米田様

ありがとうございます。
子供もいるので、もう少し母親の強さで、自力で頑張ってみようと思いますが、限界がきたらカウンセリングも考えようと思います。

2016年1月16日 17時53分

人の個性というのは千差万別とも言われている様に他にも、個性学という学問がありその個性学では人を大きく分けて3分類しております、それによりますと 見方、考え方、捉え方などが、180度違うようです。それは、親子兄弟であっても違うそうです、当然上手くいくわけがありません、相手に合わせるか、自分に合わせてもらうか、でもそれよりも歩み寄りのようです。個性学を勉強したい方は、http://www.koseigaku.co.jp/で検索してみてください。その他心と体の無料相談は 駆け込み寺・安心サロン http://anshin-salon.com/へご相談くださいませ。

違反報告

2016年1月16日 16時46分


お礼コメント

駆け込み寺安心サロン様

ご回答ありがとうございます。
歩み寄り…今はまだ彼には難しい課題だと思います。
今は、私が彼に合わせて時期を待つしかないと思っていますが、避けられるならなるべく彼とのケンカを避けていきたいのです。

2016年1月16日 17時52分

メンタルケアルームBeーハート

こんにちわ、寧々さん。
Be-ハートの瀧口です。

文面を読ませていただきました。
文章のみからの判断になりますので、誤解や間違い等ありましたらお許しください。

率直に申し上げますと、寧々さんもこれまで感じられていた「八つ当たり」の延長であるように感じられます。
仕事がうまくいかないなど彼なりの理由はありそうです。
しかし、大抵は八つ当たりはするほうはいいのですが、されるほうはたまりません。なぜそんなことをされるのか、感情的になるのか、理解しがたいのでそのこと自体がストレスになるからです。
そして、八つ当たりは、利害関係の薄い縁が切れてもよい相手か、八つ当たりをしても許してくれるだろう人物に対して行うものです。
彼がどちらなのかは寧々さんも迷われているようですし、正直本人ではない文面のみではわかりません。

ただ、どちらにせよ「八つ当たり」は一種の甘えです。
気に入らなければオモチャを壁に投げつけたり母親に駄々をこねる幼児と同じです。
後者はとくに自分を見捨てないと分かっているので甘えるのです。

ご質問の彼の怒りのポイントですが、原因が「八つ当たり」であるならば、そのポイントは無限です。
どんな些細な事でも、理由になります。
また「これからどのように接していけばいいのか」ですが、常に神経を使って心理技巧的に彼と接することも寧々さんにとって長期になればなるほどストレスになるでしょう。短期的ならばよいのですが、長期的にはこのやり方はあまりお勧めいたしません。

もしも彼との関係性や彼の怒りに関して整理をしたい(関係解消ということではありません)、彼との関係をよくしたいとお考えならばカウンセリングを受けるという方法もあります。
寧々さんと彼とお二人でカウンセリングというのがよいかとは思いますが、たとえば寧々さんが彼の心、真意を知りたいのならば関係がこじれづらいやり方で知る心理的手法もありますので(これは現状把握を前提にしますのでこちらでの記述は控えさせていただきます)、寧々さんだけでもカウンセリングを受けることを一度ご検討されてみてはと思います。
文面から寧々さんは理知的で人生経験も活かしておられるように感じます。これは心の力があるということです。

どういう形であれ、寧々さんが望まれる状況になることを願っております。

違反報告

2016年1月16日 16時14分


お礼コメント

瀧口様

ご回答ありがとうございます。
『心の力がある』と言っていただき、少しだけ自信になりました。
今日(質問投稿した翌日)改めて電話で話したところ、大きな問題は2つ。
お金と時間に余裕がない。といった感じでした。他にも色々言われましたが、その2つさえなければ怒りの引き金にはならなかったように感じました。
上のかがみん様に回答したように、反骨精神で頑張ってきたと自負している人なので、自分の努力や気持ちを汲んでもらえない事が続くと辛くなるようです。特に仕事面。仕事では、色々な理由から職務権限を剥奪されてしまったので、今回はそれが大きな引き金かと思います。彼より更に上の立場の人の話を聞くと、私が以前彼に『こうした方がいいかもよ』とアドバイスした点がやはり問題だったようです。しかし彼としては間違った事をしてきたつもりはないし、仕事だって結果を残しているのに…と、腑に落ちない様子でした。そこで八つ当たりです。お前がもっとこうしてくれたら、俺の仕事がもっとうまくいくんだ。もっと俺の事を考えろ、です。
仕事内容が分かっていてなおかつ愚痴や本音をこぼせる場所が私しかないことは分かっています。私が別れようと自分から言わないことも彼はわかっていると思います。
暴言を吐いている最中は『お前なんか好きと言えない』という割に、最後の方では『好きだけど付き合える自信がない』と言います。その理由が時間とお金。時間は、恐らく権限剥奪で焦っているのでしょうか、もっとデートの時間を気にせず仕事がしたいのだと思います。お金の面は、ケチなこともしたくないし、部下や私にお金の負担をかけるのも嫌。という感じなので、デートを減らす事が彼にとって一番の得策なのだと感じ、寂しいですがそれでなんとか彼の怒りを沈めました。
瀧口様のおっしゃる通り、私もたまになら我慢できるのですが、仕事がうまくいかなくなってお金に余裕がなくなってからは月に1度以上のペースで続いているので、どこまで自分が自分をコントロールしていられるか不安です。

2016年1月16日 17時47分

追加コメント

お返事ありがとうございます。

推測が含まれますが、問題の根本原因は彼の成育歴からくる彼自身の心にあるように感じます。
成育歴からも、また反骨精神で自分は頑張っているという部分(実際に頑張っているのでしょう)からも、その努力や頑張りを汲んでもらわないと精神的に不安定になるなども、根本は養育者(親)からの愛情不足から自分というものに本来の自信が持てないのかもしれません。無条件で十分な親からの愛情を得てきた人は、なんら根拠がなくてもとくに対人関係においてポジティブであり、根本的な自信があるものです。彼にはそれがないので、その穴埋めに「努力」、ことに「他者から評価されるための努力」をしてきたのでしょう。
それが否定される(否定されたように感じる)と、自分の存在そのものが否定されたように感じてしまうのかもしれません。その場合、多くはそれは怒りなどの感情に転化して他者へ向かいます。
「自分は頑張っているのになんで周囲の人間は理解しないんだ」
「周囲の人間はおかしい」
というようにです。
間違った方法なのですが、これは自己防衛(自分の心を守る)の意味があります。
これは本人がこういった自分の心のシステムを理解し、改善しようと思わないと変わりません。
中途半端に指摘すると、かえって怒りの導火線に火をつけることにもなります。
この部分はカウンセリングでも時間をかけて、慎重に、ご自分で自然と気づくように関わっていくものです。
なぜこのようなお話をするかというと、もしも彼の心がこの推測どおりならば小手先の心理テクニックで大きく変化させることは難しいからです。むしろ関係を悪化させることも考えられます。
一方で、寧々さんには母性や冷静さ、彼を思いやる優しさといった心の力も感じます。
なので、リスクはあるのですが、一定の関わり方をすれば彼の精神状態や関係がある程度安定するかもしれないと感じたのです。
それは、一言でいえば「母親のように接する」ということです。
彼が欲しいのは、「親からの無条件の愛情」なのかもしれないのです。
彼は承認欲求が通常よりも強いように感じます。
彼が怒りを鎮めるときは、寧々さんが彼を理解しよう、認めようとされているときのようです。
これらから彼はもともと他者から自分の存在を認めてほしいという欲求がかなり強く、それが得られない時に八つ当たりなどトラブルを起こしてしまうパターンに陥っているように感じられます。
ですから、彼を「母親が幼い子供にするように全面的に信頼や承認」をすればある程度は彼の精神面は安定するかもしれません。
ただ先述したようにリスクはあります。
ひとつには、もしも彼が「依存的」な人物の場合、彼と寧々さんの間で人間関係上の依存的な関係が構築されてしまう可能性があること。
もうひとつは、彼が自分の心をみつめて改善しようという意識なしにこういった関わりをしてしまうとかえって八つ当たりなどの幼児的な行動が悪化・助長されてしまうことがあること。
また、寧々さんは実際にお子さんもいて、さらに体の大きな子供を抱えることになる。彼を、恋人としてではなく、自分の子供として関わらなくてはならない。としたならば、そのこと自体が寧々さんの心の負担になること。
そして、彼の承認欲求は際限がないこと。(心理療法などで彼が自分の心を理解し、改善しようという意思を持ち、自分や周囲の人や社会、世界を捉えなおせば別です)
など、リスクはあるのです。

ただリスクはあるのですが、彼は自分を認めてほしいという欲求が通常よりも強く、それは本来親からのものであることを前提に、うまくバランスをとって母親のように接すれば当面彼の精神状態は安定する可能性はあるかと思います。(時間やお金の件では寧々さんはすでに受容的に彼に合わせていますね。)
そして、文面から感じる寧々さんの心の力があれば可能かもしれないと感じたのです。
しかし、これはうまくいっても長期化すればするほど、寧々さんにはストレスになるかもしれません。そもそも彼として接したいのに養育者(親)のように接しなくてはならないというのはそこに矛盾をはらんでいるのです。自分が彼の負の感情のゴミ箱のように感じられてきたら、危険信号です。
ですから、今すぐにではなくとも、再婚のお話もあるようなのでたとえば結婚のときなどに「これから数十年一緒に関わるのだから」という形で、心理カウンセリングなどで彼に心の整理をつけてもらったほうが、彼にとっても、寧々さんにとっても、長いスパンで考えれば楽になれるかと思います。
本来、文面のみでは間違いや誤解等が生じやすいのでここまで踏み込んだ回答は
差し控えるのですが、今回はあえて書かせていただきました。
寧々さんならば、ご自分の中で咀嚼してバランスをとれるように感じたからです。
事実と齟齬などがあるかもしれません。誤解や間違いがありましたら、お許しください。
そもそも寧々さんお一人で抱えなくてはならないものではありません。必要な時に、必要なサポートを受けられてはと思います。彼のことが大事だとは思います。しかし、彼と同様に、寧々さん御自身が一人の人間として大事な存在なのです。
寧々さんの一助になれば幸いです。

2016年1月17日 11時15分

ことばの杜~伝える・伝わる・わかち合う~

寧々さん

ことばの杜のかがみんです。
ご投稿ありがとうござます。

お互いバツイチで同じ職場で、今の彼と巡り合えたんですね。
でも、ケンカっていうのは、後味の悪いものですよね。
彼の怒りの沸点(ポイント)がわかれば、いい関係を築いていけるかもしれないですね。

結論だけ申し上げます。
人が持っている感情や今回ご相談の沸点というのは
誰も知る由はありません。
ただ、他の人ができる事としては、理解してあげる事
許してあげる事など他にもあると思います。
人の感情はわからなくて当然だし、わからないからこそ
『分かち合い』という事が必要なんです。

ただ今回の彼の沸点については、
ラインでのやり取りの時や電話の時は感情的になり
直接会っている時は優しい彼でいてくれる。

一番かがみんが懸念しているのは、会っている時でも
感情があらわになった時の彼がどうなるかですね。

おそらく、推測のお話しになりますが、
彼の中で『見放され不安』が強く出ているように推測します。

文面からですと、お話しできる事が限られてしまいます。

もしよろしければ一度ご連絡をいただければ幸いです。

このサイトは公開の場ですから、
直接ことばの杜にご連絡くださいね。

■─────────────────────────────
│ ことばの杜
■─────────────────────────────
│ 代表 加賀美 正浩
│ MASAHIRO KAGAMI
│ 〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2F
│ CALL: 03-6316-7938 080-7005-2703
│ Email: cotobanomoli@gmail.com
│ URL: https://cotobanomoli.amebaownd.com/
■─────────────────────────────

違反報告

2016年1月16日 15時33分


お礼コメント

かがみん様

ご回答ありがとうございます。
以前、一度だけ面と向かって怒鳴られたことはあります。手を出すようなことはありませんでしたが、怖かったですし、怖かったという事も伝えました。
一度キレると(仕事でもプライベートでも)無理矢理なロジックを組んででも荒い口調で相手の言い分をつぶそうとする人です。しかし、キレる相手は特定の人物だけです。自分の身近にいる人や、自分の方が確実に優位な立場で話せる時です。

彼は一人っ子で、記憶もない時に父親のDVで離婚している過去があり、母親や祖父母に育ててもらったものの、あまり性格が合わずに若くして地元を出た人です。
反骨精神で頑張ってきた彼は、甘え方も上手に相手に受け入れてもらう方法もあまり知らないので、かがみん様のおっしゃる通り『見放され不安』もあるかと思います。
暴言を吐きながら、俺はこんなに頑張ってるのに。とよく言います。そして、『もう無理』『デートしたくない』『お金も時間もない』と言いつつ、こっちがそれを受け入れる体勢で話を聞いていれば、少しずつ落ち着いてきます。反発すれば、すぐ別れると言い出します。たまに、試されているような気になることがあるのは、彼が素直な甘え方・弱音の吐き方を知らないからだと思っています。
私も昨日今日のように自分に余裕がある時なら、彼の甘えた暴言を受け流しつつ話をすることができますが、いつもそのようにはいかないので、なるべく彼の沸点に触れないようにしたいです。

2016年1月16日 17時25分

追加コメント

寧々さん

回答ありがとうございます。
彼のルーツにも根深い過去があったようですね。
でも、寧々さんも彼の事を理解していた上でのご相談だったようですね。

これも推測でのお話しにはなると思いますが、
彼の幼少期からの経験などが今の彼を形成しているのは
否めない事だとは思います。

ただ、今回のご相談で、寧々さんが彼の支えになって
そばにいてあげたいという気持ちも伝わってきますね。

でも、無理に寧々さんだけがガマンすればいいという考えも
寧々さんに負担がかかってしまうのでは?と懸念しております。

基本的な心理の事であればお伝えできますから

一度ご連絡いただいてもかまいませんよ。

お二人が描く幸せという形は今はまだわからないと思いますが
時間をかけて、寧々さんの新しいご家族で新しい幸せの形を
歩んでいくのもいいかもしれないですね。

2016年1月17日 04時21分