教えて掲示板の質問

「楽になりたい逃げたい」に関する質問

  • 受付終了

ともみさん

初めまして。
私は県内の公立高校に通う高校三年生です。

私は小学六年生の時に初めてクラスの人に仲間外れのような状況を作られ
それから学校が楽しくない、怖い場所になり
よく休むようになりました。
中学1年生の時には、変なあだ名をつけられたりして
週に1度以上休むようになりました。
ですが、いじめられていたわけではありません。
私の思ういじめとは違い、一緒に行動したり遊んだりする友達はいました。
でも、その友達や、クラスの男子から変なあだ名て呼ばれたり
からかわれたりすることに私は酷く傷つきました。
メンタルが弱いからそんなことで傷つくんだと思いますが
1度傷ついてしまった以上、その友達と話すときにその時の話題が出て、
また言われるのではないかと内心すごく怖いです。

私は中学三年生の受験の時、私が通ってた塾は私以外頭の良い子ばかりで
私だけがダメな子でした。
公立高校に受かるか私だけが心配され、それもストレスになり
受験勉強中は何度も死にたいと思いました。
何とか合格したのでよかったのですが
私の中の学校という恐怖が抜けなく
高校三年生になった今でも学校という場所が怖いと感じ
週に何度も休む状態です。

私は今、母と二人暮らしです。父は単身赴任で、姉はもう自立して県外にいます
母には中学1年生のときにその事を伝えました。
大きな問題にはしたくなかったけど、我慢出来ずに泣きながらも伝えました。
ですが、その時は姉が大学受験で忙がしく、あまり聞き入れてくれませんでした。
私はその事をすごく恨んでしまい、高校2年のときにその事を怒鳴るように言いました。
母は少し泣きながら謝り、私はその云ったことを後悔しました。

この私の不安定な時期を迷惑をたくさんかけながら
何も言わずに育ててくれた母にはもう困らせたくありません。

でも何度も休む状態です。

いつも休む時は体調が悪いと言っています。
本当に体調が悪いときもあれば、行きたくなくて休むときもあります。

私は今も死にたいと思っています。
どうせ死ねないくせに死にたい死にたいと思っています。
今死ねば楽になれるし、逃げれます。
高校生という綺麗なまま、将来のことは何も考えずに逃げれます、

好きなことや生きがいを感じられるものはあるのに
それよりも死にたいという気持ちがあります。

私は大学に行きたいとか、その好きなことをしたいと母や周りには言っているのに、
もう死ねば楽になれるとか考えてます。

どうしてこんな真逆な気持ちがずっと混在してるのでしょうか、

何年もこの混在した気持ちのせいで特にストレスを感じているのだと思います。

どうすれば、この後ろ向きな気持ちを前向きに出来るのでしょうか。

相談なのに前置きの長く、読みづらい文面ですみません。

違反報告

2015年9月29日 01時41分

教えて掲示板の回答

イメージングカウンセラー額賀悦子enjoyingspupil

はじめまして、イメージングカウンセラー額賀悦子です。
宜しくお願いいたします。

ともみさんは、小学生の時の仲間外れから
(学校が楽しくない。怖い場所)のセルフイメージになったのですね。
暴力的なイジメではなくて本当に良かったネ。

あだ名だって嫌なものは嫌なので、そのあだ名で呼ばれると辛いよね。

学校に対して(辛い、怖いのセルフイメージ)が強くるきっかけになったのかな?

それを乗り越えたくてご両親に相談したりしたけど、御姉様の大学受験等でタイミングが悪くなり聞いてもらえなかったのですね。

でも ともみさんはご両親にちゃんと相談してるからSOS を出せる人なんですネ。
【幸せになりたい】を行動に出来る人ですね。

お母様を困らせたくないというとても優しい思いもちゃんと伝わってきます。

ともみさんは、【死に対して楽になるというセルフイメージ】があるようですね。
心の葛藤から逃げるための死のセルフイメージがいったりきたりしてるのですが、でも もうともみさんは答を出してますよ。

【どうしてこんな真逆な気持ちが混在している】のと『死にたい』ではなくて『生きたい』というセルフイメージの答を叫んでいますよ。

それと、ともみさんは、とても素敵なことを語ってます
【好きなことや、やりがいを感じれるものはある】と小さな小さな光を見つけているので、ともみさんの今のセルフイメージを変えると学校が楽しくなりますね。
心のブレーキを取り払いセルフイメージを変えてともみさんのなりたい自分になるよう一緒に【辛い、怖いセルフイメージ】を変えていきましょう。

ご連絡をお待ちしてますね。

違反報告

2015年9月30日 23時29分


新宿ファミリーカウンセリング

はじめまして
ご家庭の事情もある様子なので、お一人の力だけで今の状況を改善しようと無理に考えなくとも良いと思います。その都度、あなたに合ったアドバイスを差し上げられますので、いかがでしょうか?今のお気持ち、そして、これまでのこと、とてもよく分かりました。勇気を出して、話していただけて良かったと思います。お一人で考えるより、どうか、いま少しの勇気を出して、ご連絡ください。メールやLINEでの対応でよければ、費用の心配はいりません。

違反報告

2015年9月30日 22時11分


心理カウンセリング らしんばん座

ともみさん、こんにちは。
カウンセリングルーム「らしんばん座」と、申します、

好きな事や生きがいを感じられるものはあるのに、死にたいと言う気持ちの方を、強く持ってしまうのですね。
この真逆な気持ちが、ずっと混在しているのですね。

おそらく、そのどちらも、ともみさんの本当の気持ちだと思います。
だから、この混在した気持ちが、ストレスに感じられてしまうのです。

でも本当に、真逆な気持ちなのでしょうか?
今は、「逃げたい」と思う方のともみさんが、優勢のようですね。

きっと、この「逃げたい」ともみさんは、ともみさんを、もう過去のような恐ろしい場所へは行かせたくないと、思っているのだと思います。
学校で体験したように、行く先々で、ともみさんを傷つけるような人に遭遇させたくないので、ともみさんを立ち止まらせているのです。
この「逃げたい」と思う気持ちも、それはそれで、大切にしてあげて下さい。
「死にたい」と言う気持ちも、おそらく「完全に逃げたい」と思う気持ちなのだと思います。

しかし、この「完全に」というのが、くせ者です。

確かにともみさんは、小学校6年の時から今まで、学校を怖い場所だと思うような事に遭ってきました。
でも、「完全に」学校へ行けなくなったわけではありませんよね。
傷つくような事を言われながらも、お友達を遊んだりする事が出来たのですよね。
塾でも、一番ダメな子だと心配されながらも、公立高校へ合格する事が出来たのですよね。

ともみさんは、「怖い」「傷ついた」と思いながらも、ちゃんとやる事は出来ているのです。
だから、ともみさんは、大丈夫ですよ。

それは学校は、「完全に」は、楽しい所ではなかったと思います。
でも、ちゃんとできているともみさんを、もっと自分で誉めてあげて下さい。

物事は、すべて「完全に」出来るわけではありません。「完全に」出来ないから、逃げる必要はありません。
こう思っていれば、「逃げたい」ともみさんも、少しは納得してくれるかもしれません。

自分の中の後ろ向きな部分は、必ずしも前向きにする必要はありません。
それは上にも書いたように、ともみさんを守ってくれるものだからです。
しかし、前に向かって一歩を踏み出そうとするためには、後ろ向きの気持ちを納得させる必要があります。
そのためには、後ろ向きの気持ちの言い分を、聞いてあげると良いと思います。
何も全てが、「完全」である必要は、ありません。

違反報告

2015年9月30日 17時27分


月の森カウンセリングルーム

ともみさん、はじめまして。
月の森カウンセリングルームの小川です。
ご相談を読ませていただきました。

中学時代、ついら思いをしながらも、
がんばって学校に通われていたのですね。
そのとき、お母様に相談してもあまり真剣に
受け止めてもらえなかったことも、
傷となって残っている状態なのだと思います。

高校受験のことなども含め、
よく今まで、おひとりでがんばってこられましたね。
これは、ともみさんのこれからの人生にとって、
とても大きな自信になると思います。

今も、休みながらも通学されているとのこと。
不登校にならずにがんばっていることは、
とても立派なことだと思いますよ。

ところで、ともみさんは、
死ねば逃げられる
と思っていらっしゃるようですね。

果たして、死ぬことと逃げることは、同じことでしょうか。

私の考えではありますが、
逃げることは間違っていないと思います。
たとえば、学校を休んだり、
大学に行くのを1年遅らせたりして、
自分のことをじっくり考える時間を作ることは、
ともみさん自身にとって、きっと有益な時間だからです。

でも、死ぬことは、ちょっと違う気がします。
ともみさんの存在は、ともみさんだけのものではないからです。

多分、ともみさんはずっとひとりで気持ちを抱え、
がんばってこられているので、
少し疲れてしまっているのではないでしょうか。

「楽になりたい」
「逃げたい」
というお気持ちを、お母様やスクールカウンセラーなどに吐き出し、
一緒に考えていただくことも、今のともみさんには必要だと思います。

いい子でいる必要はないのですよ。
つらいときは、つらいとアピールしてよいのです。
ひとりで抱え込むことはないのです。

そうやって、少しずつ心を解放していってあげると、
気持ちの中の両極端な思いの距離が、
少しずつ縮まっていくように思います。

のんびりで構わないと思います。
少しずつ少しずつ、前を向いていってくださいね。
おつらいときには、またいつでも、
この場で気持ちを吐き出してくださいね。


------
月の森カウンセリングルーム
小川みずき
http://カウンセリング.net/

違反報告

2015年9月30日 13時24分