教えて掲示板の質問

「どの医療機関に行けば良いのですか・・?」に関する質問

  • 受付終了

きのこさん



こんにちは。

私は中学2年頃からリストカットというものを
覚えました。


病んでしまうと、切ってしまう
くせがついてしまいました。


高校2年のとき、DVの彼氏と2年近く付き合って
いました。(付き合っていたというよりも、別れられなかった)

そのときは、毎日縛られる生活で、
暴力をふられ、物を壊され、
何回傷づいたか分かりませんでした。

その彼と付き合っていたときが1番切っている時期でした。


その人と別れ、切ることもやめました。



しかし、新しい彼氏ができたのですが、
その人はとても良い人で、とても楽しくて
DVの彼と付き合ったことを忘れさせてくれるくらいの
人でした。

でも、逆に離れていかないか、この幸せが消えるのではないか

などいろいろな不安が混じり、
孤独感、変な焦りのせいで切りたいという気持ちが
また始まりました。

幸せなはずなのに、また切ってしまいました。



よくよく考えてみたのですが、
その不安感や孤独感、起伏の激しさ、イライラ
のせいで切ってしまう時期がだいたい
生理前だったことに最近気付きました。


でも、思い返してみれば、
DVの彼と付き合っていたころは、生理前に関わらず
切っていたなとおもいました。


もう、できることなら切りたくないです。

切って満足している自分がいやなんです。

でもやめられないんです。


なので、絶対に頼りたくなかった病院にいこうかな
と思い始めました。



でも、こういう場合は産婦人科などに行って
生理前にそういう症状を抑える治療みたいなのを
するのか、それとも心療内科みたいなところに
行くべきなのか・・・・

どうして良いか分かりません。


どうすれば良いでしょうか・・・


早くこの問題を解決したいです・・・。


違反報告

2011年10月31日 23時08分

教えて掲示板の回答

出張型対面!人生相談室Seeing through

様々なカウンセラーの皆様が回答をなさっているようですので
私からは単刀直入に申し上げます。

医療機関の診察を希望なら精神科ということになるでしょう。しかし
医療機関を受診すれば必ずしも聞かれることはひとつ。
「何故切るのか」原因を探ろうとします。

またリストカットについて
「リストカット=死ぬためにする」という意識も強いです。それは、メディアなどで「自殺行為」という言葉とともにリストカットが取り上げられることに原因があると思います。リストカットでは死ぬことはできません。本当に死にたいのなら、人はもっと確実に死ぬ方法を選ぶでしょう。

では、なぜリストカットなのか。それは、生きたいと願う人々の無言の叫びだと思います。

私は医療機関に悩める皆様にお勧めするのではなく、人生相談という形で相談者の皆様にお勧めしております。

人生相談は医療機関ではありませんので薬を使ったり等の行為はできません。それぞれの人の心と心の対話を中心にすこしづつ時間をかけて気持ちをやわらげ解消していきます。

全国出張します。対面人生相談室Seeing through
http://www5.hp-ez.com/hp/lifesoudan/

全国対応の人生相談室
http://ameblo.jp/life-soudan

これらを参考の上、自分がどの治療法にあっているのかしっかり見極めてください。

一日も早く健康な心、精神となりますように。。。




違反報告

2011年11月7日 03時16分


お礼コメント


ご回答ありがとうございます。

精神科ですか・・・
やっぱりそういう言葉を聞くと自分が情けなくなるというか
なんというか・・。

たしかに、リストカットするときは消えたいとか
もの凄く思うときにやります。
でも、生きたいからなのかもしれません。

とにかく、自分がどうすれば精神的に安定するか
考えてみようと思いました。

ありがとうございます。

2011年11月14日 23時05分

けめさん、こんばんは。
横浜のカウンセラーのHaruです。
ご相談、ありがとうございます。

ご相談内容は、身体とメンタルの二つかと思います。

身体については、レディースクリニックがよろしいかと思います。

メンタルについては、心療内科が適当かと思われますが

リストカットの原因が、「過去の未完の出来事」に由来する場合には

投薬治療は根本的な解決にはならないかもしれません。

この場合には、平行してセラピーを受けられるとよいと思います。

「過去の未完の出来事」を呼び起こし、「解決した出来事」にして

再び戻す作業が必要です。

一日も早く解決されることを願っています。

違反報告

2011年11月4日 22時55分


お礼コメント


お返事ありがとうございます。

心療内科へ行って、リストカットの原因は
分かるのでしょうか・・?

分かるなら良いのですが、分からない場合
私自身で原因追求することになってしまうのですか?


解決に向けて頑張りたいと思います。

2011年11月5日 12時29分

追加コメント

お返事、ありがとうございます。
補足ですが、心療内科は投薬療法です。
セラピーはこうした療法を得意とする
セラピストをお訪ねしたほうがよろしいのでは
とのご案内です。




2011年11月5日 12時59分

はじめまして!
“こころの扉”メンタルケア淡路の仲野と申します。

リストカットは自殺願望ではなくて、生存確認だとも言われています、精神不安やストレスから逃れるため自傷で解消しようとする心の作用なのです。

また血を見ることで生きてることの証しを確認する行為でもあります。

なんと切ないことなんでしょう、人は生きていくためにこれほどまで生への執着があるのですね!

それも意識なしに癖のようにやってしまう、しかしやめられない、辛いですね!

あなたの心のなかに過去の悲惨な時の意識があるのを感じますね!

それは中学の時だったり高校の体験だったり、そのいやな感覚が時に頭を出し、あなたを苦しめるのだと思います。

これは意識下の意識であなたにはコントロールできないですね、だから何回でも同じことをやってしまうのです、習慣になるのです。

この潜在意識に支配されているかぎり、リストカットから抜け出すことは難しいと思います。

でも10台から20台前半に多いので、年がいくと無くなるかもしれませんし、別の神経症に発展するかも知れません。

なのでストレスの発散の仕方が問題かも知れませんよ!
ストレスは溜め込んではいけませんね!

それを自傷行為で発散させるパターンが習慣となっているのです、外部に向かって行動することで、徐々に改善していくと思います。

病院でもらう薬では、おそらく改善しないと思います、なんとなればあなたの心にある外傷体験とも言える心の傷からきているからです。

それより心理療法の認知行動療法がよいと思いますね!

心療内科やカウンセリングルームで心の傷を探しだし、癒していけばだんだんよくなっていくと思いますよ!

“この世で起きた事はこの世で解決できない筈はない” 大丈夫やー
困った時の相談は“こころの扉”メンタルケア淡路まで: http://kokolo.rakurakuhp.net

違反報告

2011年11月4日 17時42分


お礼コメント


お返事ありがとうございます。

そうなんですよね。生存確認という言葉が本当に
合っている気がします。

本当にDVを受けていたことを思い出すと
なんだか恐怖感と怒りとよく分からない感情に
なって気分が落ちます。

薬には頼りたくないなと思っていたので、
その認知行動療法というのを受けてみたいなと思い
ました。

心療内科など調べてみようと思いました。

ありがとうございます。

2011年11月4日 22時02分

心と体のバランス教室

こんにちは。
心と体のバランス教室の肥後と申します。

早くこの問題を解決したいと思ったのですね。大きな一歩を踏み出せましたね。勇気ある行動だと思います。

どこに行けばよい悩んでいらしゃいますが、すでに書かれている多くのアドバイスを参考したらよいと思います。
ただ病院に行けば、薬を処方されると思いますが、気を付けてもらいたいのは、薬はあくまでもけめさん自身が持っている自然治癒力を引き出すきっかけに過ぎないということです。

あとリストカットは、心の痛みを体の痛みでバランスと取ろうとする行為の一種になります。誰でもバランスを崩したときは、何らかの方法でバランスを取ろうとして心身が働きます。けめさんもリストカットという方法で心身のバランスを取っているのだと思います。
焦らずゆっくりと取り組むことが大事です。

バランスの取り方をここで説明するよりは、心と体のバランス教室のHPを参考にして頂ければと思いますので控えます。

大きな一歩を踏み出していますので、今の気持ちを続けていけば大丈夫だと思います。

違反報告

2011年11月4日 16時05分


お礼コメント


お返事ありがとうございます。

たしかに、薬はなんだか抵抗を感じます・・

兎に角、焦らずにゆっくり解決できたらよいな
と思います。

参考になりました。ありがとうございます。

2011年11月4日 21時52分

SIN医療福祉カレッジ

けめさんこんにちは SIN医療福祉カレッジの永由と申します
心療内科か婦人科どちらかをお迷いなのですね。

けめさんは小さい頃から何らかの影響により、周囲の顔色を伺って生活をしたのではないでしょうか?リストカットや相手に捨てられてしまうのでは?(心理学的に見捨てられ不安と呼びます)という感情はそこから生まれるケースが多いので・・・
もし違っていたら、以下読まなくても結構です。

そのような環境で育つと、情緒不安定になりやすく、自分で物事を決めるのが苦手なタイプになりやすいのです。このようなタイプをAC(アダルトチルドレン)と呼びます。
(ACは病名ではありません。このような人を対象にした言葉です)

ACの人はストレスを受けやすく、セロトニンなどのホルモンが減少傾向にあったりします。そうすると整理前の情緒不安定がでやすいのです。この状態を月経前緊張症(PMS)と呼びます。ただ、月経前緊張症は他の原因もありますが、けめさんはストレスタイプではないかな?と思います。
生理がくるとセロトニンは徐々に回復しますので、生理後は状態が安定します。
しかし、セロトニンの減少が過度になってくると、生理がきても安定しなくなります。この状態になると、医師は『適応障害』や『うつ病』との診断をくだすようになります。

PMSは婦人科、適応障害やうつ病は心療内科や精神科というような科への受診をしますが、どの病気でも結局はセロトニンを増やす薬(SSRIという抗うつ薬)が処方されますので、正直、どちらの科でも構いません。

ただ、SSRIは症状を緩和するだけの薬なので、薬で症状は一時的に回復すると思いますが、何らかのストレスを受けると、すぐに再発します。

ACのカウンセリングも併用することをおすすめします。ACの克服は様々な行動訓練も併用してすすめる必要がありますので、ACの専門のカウンセラーにお願いしてくださいね。

違反報告

2011年11月4日 15時09分


お礼コメント


お返事ありがとうございます。

本当に図星というかなんというか・・・
確かに私は昔からなんでか知りませんが
人の顔色をみて生活しています。

だから、たまに考えすぎて何も自分じゃ
できないときがあります。
それがリストカットや、見捨てられるのでは
っていう感情につながるなんて初めて知りました・・・。

なんで、顔色を常に伺うようになってしまったの
でしょうか・・・

確かにそのせいで、自分でもストレスを感じているのが
分かります・・


そのAC専門のカウンセラーも探してみたいと
思いました。

ありがとうございます。

2011年11月4日 21時46分

ゲン鷹の台カウンセリング

はじめまして。ゲン鷹の台カウンセリングの原と申します。

あなたのお悩みは大きく分けて2つですね。

一つは心の問題、もう一つは身体の問題です。

あなたは御自分が月経前に不安定になるということに気づいています。
もしかしたらPMS(月経前症候群)かもしれません。
これは、自覚するまでが大変なので、もしそうなのであれば、早く気づいて良かったのではないかと思います。
PMSは、女性特有のものなので、婦人科へ行ってご相談されるのが良いでしょう。
婦人科というと、抵抗がある方もいるかもしれませんが、
問診と投薬で済む場合もあります。
月経前のイライラや不安がそれで少し軽減すれば、問題解決の一歩につながるのではないでしょうか?

もう一つの心の問題については
カウンセリングが有効です。
リストカットするには、それなりの理由があったのではありませんか?
その理由も含めて、あなたを受け止めてくれるカウンセラーが必要なのではないかと思いました。

心と身体、どちらも大切になさってくださいね。

違反報告

2011年11月4日 14時33分


お礼コメント


お返事ありがとうございます。

婦人科も行こうかなと思っていますが、
婦人科というと凄いお金がかかる
イメージがあるのですが、実際はどうなのでしょうか・・
場所によるのでしょうか・・・

月経前の情緒不安定が治れば少しは
解決できるのかなと思いました。


ありがとうございます。

2011年11月4日 21時38分

カウンセリングルーム佐世保

初めまして、カウンセリングルーム佐世保の中坂と申します。
けめさんのご相談を拝見しまして、リストカットなど心の不安をずっとかかえこんでこられて苦しいんですよね。しんどいですね。お辛い気持ち察します。

でも、けめさんが、ここに相談されました勇気と自分を変えたいという前向きな気持ちはえらいなと思いました。そこのところは、自分自身を癒し、いたわる意味でも、自分自身を自分で偉いなと感じてほめてください。

さて、病院ですが、カウンセラーは、病気の診断や投薬を禁止されてますのでその点はご了承ください。
けめさんも、お辛いかもしれませんが、病院選びも大切なことです。
できることなら、臨床心理士がおられて、カウンセリングも十分に受けられる精神科をお勧めします。

最近の診療内科や精神科は、診察時間が5~15分で投薬という病院がふえていますので、前もって確認されてください。
病院のカウンセリングでしたら保険もききますので、ご安心ください。

もし、民間のカウンセリングを受けられたいということでしたら、医師の治療を受け、事前の許可をとられた後に考えてください。カウンセラーも相性があります。でも、臨床心理士でも、気があえば、心の底にあるものを吐き出してぶつけることで、心とけめさん自身を癒すことに有効です。
けめさんは、自分が気づかれてない幼い頃などに、十分な愛情をもらえなかったことはありませんか。その時の満たされない気持ちがDVを受け入れたり、リストカットへと転化されることもありますので、カウンセリングで心をオープンにして癒されることも選択肢としてあることを心のすみにおいててください。カウンセラーは、けめさんの心に寄り添い、全力でサポートします。

けめさんが、心を癒され、けめさんが望む生活を取り戻されることを願っています。何かの力になれば幸いです。

違反報告

2011年11月4日 14時31分


お礼コメント



お返事ありがとうございます。

そうなんですか・・予めしっかりと
病院を調べた方が良いのですね
保険もきくならよかったです。

やはり幼いときの家庭の環境などが
関係してくるのでしょうか。

良いカウンセラーが見つかることを
願っています。

ありがとうございます。

2011年11月4日 21時31分

H&M ZAMA

はじめまして。H&M ZAMAの土屋です。

ご相談内容を拝見したところ、月経前緊張症(PMS)の可能性があるのではと思います。
これは、レディースクリニック。出来れば月経前緊張症を良く理解したクリニックにいかれる事をお勧めします。

それと、リストカットによる自傷行為についてですが、月経前緊張症の治療によりある程度は押さえられると考えられます。
ただ、自傷行為事態は心の問題に起因する事が多分に見られるので、心療内科なり心理カウンセラーからのカウンセリングを受ける事も考えてみてはいかがですか。

いつでも力になります。

違反報告

2011年11月4日 14時08分


お礼コメント

お返事ありがとうございます。

インターネットでPMSという言葉をみたことがあります。
そういうことはやはり婦人科の方が良いんですよね。

先に婦人科に行ってからの方が良いということで
理解して良いのでしょうか

婦人科も探してみようと思います。

ありがとうございます。

2011年11月4日 21時14分

色日和 ofude

はじめまして色日和ofudeと申します。

ご相談いただきありがとうございます。
えらいですね! ご自身での一歩前進!!

そうです 自分から断ち切ろうと思う気持ちがあれば
もう 前に進むだけですよね。

今。。。おいくつかしら?
もし 今 高校生でしたら、スクールカウンセラーにまず
相談して、その方から信頼できる医療機関を紹介してもらいましょう。
もう 御卒業されているのでしたら、
心療内科でカウンセリングをしていただいたらいいと思いますよ。
通院という形式になるかもしれないので、ご自身が負担にならない
身近な医療機関をお勧めします。
(長期間の場合のことも考慮して)

そして もし その医療機関とのコミュニケーションがうまくいかなかったら
あなたが疑問をかんじたのなら 変更も頭に入れておいてくださいね。

前進したいあなたのお気持ちが道を開けてくれますよ

違反報告

2011年11月4日 13時55分


お礼コメント


お返事ありがとうございます。

えらいだなんて・・そんなことないです・・

今は、今年20歳になります。大学2年です。


そうですね、近いところで心療内科を
探してみようと思います。
勇気を振り絞っていってみようと思います。

ありがとうございます。

2011年11月4日 21時09分

新川公園前メンタルカウンセリング

新川公園前メンタルカウンセリング 千嶋です。

ご相談ありがとうございます。


あなたの体調の事も要因にはなるでしょうが、この問題には、あなたの生い立ちが大きく関わると思います。

暴力的な人間に魅力を感じていたり、また離れる事に異常な恐怖感を覚えるのは、あなたの内面の過去の問題が起因していると感じます。

幼少期からの家庭環境を思い出してください。
母親からの愛情を味わって生きてきましたか?

人間は、幼児期以前には、成長してからの人格形成に関わる部分が完成しつつあるのです。
この時期に、何らかの不安や恐怖感を得たまま過ごしてしまうと必ず成長してから大きな問題を抱えてしまいます。

リストカットを履行する方々の殆どが、自虐行為で過去の恐怖と折り合いをつけている感じを得ています。
こうする事で、一瞬の安心感と実感を得るのでしょう。
しかし、罪悪感は即座に押し寄せ、結局、解決どころか、状況の悪化を招いてしまいます。

あなたの経験の中にある問題点を探し、そこを糸口にトラウマの解消をすることで、改善策は見出せると思います。

カウンセリングを利用されてみるのも良いと思います。
また、激しい感情や依存の意識を改善させるには、心療内科の利用も考慮されてみてはいかがでしょう。

一人で思いつめるのではなく、出来る限り、開かれた解決方法を得てください。

心理カウンセラー 千嶋のりえ

違反報告

2011年11月4日 13時41分


お礼コメント


お返事ありがとうございます。

私の過去ですか・・・
初めてそのようなことを考えました。

幼児期からの家庭環境を考えてみました。
でも、虐待もなかったですし、
大事にしてくれていたとは思います。

ただ、両親は共働きで毎日夜遅くまで
仕事をしていました。
私は兄弟もいなかったので一人でひたすら
待っているときもありました。
でも、いつもお婆ちゃんが一緒に
いてくれました。
お婆ちゃんは凄い可愛がってくれていたことは
いまでも鮮明に思いだすことができるくらいです。

でも、私が6歳のときに、そのおばあちゃんは
死んでしまいました。

その瞬間は忘れません。6歳にしても
心に穴がぽっかり空いた感じでした。

13年経った今でも、おばあちゃんのことを思うと
涙がでてきます。


そのくらいですかね・・・・

これは関係あるのでしょうか・・



近くの心療内科探してみようかと思います。
ありがとうございます^^

2011年11月4日 21時02分