教えて掲示板の質問

「離婚を要求されています」に関する質問

  • 受付終了

URKさん

初めまして。
稚拙な長い文章ですが宜しくお願い致します。

まずは、現在の状況からお伝え致します。

現在、妻から離婚を要求され、2日前に起きた喧嘩がきっかけになり妻は
私たちの自宅から程近い妻の母のいる家におります。
連絡は取れますが、妻は『私は離婚したい』の一点張りで会話をしても
取り付く島も無い状態です。
まだ妻自身、興奮が収まらない状態です。
デリケートで傷付きやすく頑固な妻の性格を理解していながらも、
興奮して初めて私が『出て行けっ!』と妻を罵り自宅から出て行きました。

私と妻、30代前半で同い歳です。
結婚生活2年目で子供は無し。
私は子供をもうけることを強く希望しておりますが、
妻はあまり強くは希望していない状態。
しかし、週に何度かのセックスの際は結婚当初から避妊はしておらず、
子供が出来ない現在にまで至っております。
私は子供が好きですし2人の間に産まれてくる子供に早く出会いたいと
願っております。
しかし妻は、『子供は好きではない、子供が出来ると夫婦の仲が冷めると
聞く…』などと言います。
ただ、そう言いながらも2人の会話の中で妻は『将来、子供が出来たら…』
と積極的では無くても意識している部分は多分にあります。

私たちは(わたしが思うにですが…)普段はとても仲が良く、夫婦で
自営業を営んでおり朝から晩まで忙しく働いております。
休みの日も夫婦で合わせ、年に1〜2度だけ別々の友人たちと会うくらいで
別行動をすることは殆どなく常に一緒にいるのが当たり前です。
妻の行動を制限することもありませんし、私や妻自身に不満も無く私自身は
妻が全てですからさほど息苦しさは感じておりません。
私は家事をするこに抵抗はありませんし、掃除や洗濯はもちろん家の中で
1日3度の食事も私が担当して弁当を作ったり忙しい中でも協力し合い
私自身とても充実しており、1日1日を上手くこなし楽しんでおります。
共働きで忙しい中でも、家事のことでケンカすることは一度もありません。
私自身、妻の助けになるのなら進んで家事をこなしております。
私は妻を誰よりも愛しており、高価なプレゼントよりもその時その時の状況で
妻が喜ぶことをして私の身の周りの世話をする『母親』のような存在には
絶対にしたくありません。
2人の間は私が圧倒的に好意の感情を表し、妻はそれを鬱陶しがるほどです。
私自身、自分の好意の感情は隠せないので言葉にも態度にも出して表現して
おります。
と言うより、好きという感情を我慢が出来ないのです。

私たちは普段とても仲が良いのですが、常に一緒に居て距離も近い分お互い
遠慮も少なく、2〜3ヶ月に一度は大ゲンカをして妻は泣きはらし心を
疲弊させ、結婚する前からケンカの度に『別れたい、(現在は)離婚
したい、私たちは合わない。』の一点張りです。

ケンカの原因は様々でお互いのちょっとした言い回しのことや捉え方の
問題で、お互いけして悪意は無く虫の居所が悪かったり、戯れて遊んでいて
手が強くぶつかったりと…他愛もないことで大ゲンカになってしまうことも
少なくありません。
私は人と付き合い、仲の良い人と一緒に居ればケンカも起きるので、さして
気にしてはおりませんが妻は『ホントに仲の良い人たちはケンカはしない』と
言うのです。
確かにそれも一理あると思いますが、意識してケンカを避けようとしても
感情をコントロールすることが苦手な妻は喚いてから泣き、心をすり減らして
疲弊しきって憔悴状態になります。
ケンカのときは妻が先に機嫌が悪くなり、異変を感じた私は修復を試みようと
説明をすると、興奮する妻は『また言い訳⁉︎いつも、そんなつもりじゃない
って言うよね』と誤解している妻に何を言っても逆効果で火に油を注ぐ結果に
なってしまいます。
2〜3日して少し興奮の冷めた『別れたい、離婚したい』の一点張りの妻に私が
詫びて、その時の言葉に悪意は無く誤解なんだと少し言い方を変えるとゆっくりと
表情にほころびが出てくるのです。
でも、やはり仲の良い状態の時でも妻は『私はいつ別れても良い。私は結婚に
向かない。別れたって自立出来るから(お互い技術職で高給取り)困らない』と
言葉でハッキリと別れたいことを何かと伝えてくる。

現在のケンカは今までと違い、結婚後2度私が妻を裏切る行為をして妻を深く
傷付け、現在のケンカの復縁の障害になっております。
その2点を妻が消化出来ずに離婚を要求している要因になっております。

1.新婚旅行の後に妻の知らない仲の良い私のお客さまに隠れて会って居たことが
許せない。

なぜ、私自身が隠れて会っていたかと言うと妻に余計な心配をさせたく
なかったこと。
もちろん、後ろめたいことなどありませんし、会う以上の関係はありません。
なぜ知られたかと言うと、私が妻に間違えてLINEを送ってしまったことに
あります。
それと仲が良いお客さまとは言え、私がその人に送るLINEがタメ口だったこと
や、仲の良いお客さまがタメ口で私の名前を⚪︎×くんと下の名前で呼んで
いたからです。

妻に間違えて、待ち合わせのLINEを送る

私は嘘をつき、仲の良い先輩に送るつもりだったと言う

数日後に問い詰められ、私自身が嘘をついていないと言った後に
結局は嘘がバレる

どう言う関係なのか疑われる

実際はただ会ってお土産を渡しただけですが心配させまいと
ついた嘘が大きくなり証明のしようがなくなる

何を言っても信じて貰えず、妻の中の消化出来ない一つに



2.うちには飼い犬が2頭居て、うちの妻が可愛がっている犬が
具合が悪い時に(結局は具合が悪いまま死んでしまう)私が隠れて
バイクを買って仲の良い先輩と楽しそうに話しをしていたのが許せない。
妻曰く、『私が苦しんでいる時に何でそんな事が出来るのか理解出来ない。
犬や私の事が大事ならそのタイミングで買うわけがない!しかも、悪いと思って
いたから隠しているのだし、裏でコソコソやっていたことがホントに許せない。
こういう時こそ、私のサポートをするんじゃないのっ?』と言います。
ホント、自分でこう文章を入力していても自己嫌悪になります。
妻の言う通りでした…
私自身、妻も犬の事も本当に大事ですが昔から憧れていたバイクを前にして
衝動を抑えられずに結果的に隠れてコソコソと裏切る行為をしていました。


妻の可愛がっている犬が生きるか死ぬかの瀬戸際の時に落ち込んでいる
妻の前で、私は無神経にも楽しそうに仲の良い先輩とバイクの話しに夢中だった

結果的に口論になり大ゲンカになる

私が原因を作ったのに相手の言い回しに納得がいかず素直に謝る事が
出来なくて言い訳をしていた
と言うより、興奮していて相手の言っている事が理解出来ず謝ることに
時間がかかってしまった。

数ヶ月後、妻に隠れてバイクを購入(実家のガレージに置いておく)

スマホをしきりにいじる私を妻は隠れて私のケータイを盗み見して
バイクを購入したことを知る(もちろん、そのことはしばらく妻は私に
伏せていました。)

私は犬の具合も悪いのでタイミングをみて伝えようとしていた

結果的に妻の可愛がっていた犬は死んでしまい、さらに伝えにくい状況に

犬が死に焼き場から戻り、意気消沈している妻の横でテレビを見ながら
爆笑していた(もちろん意地悪をしたわけでもなく、わざと明るくしようと
大袈裟に笑った)

でも、それが妻の心を深く傷つけた
『あなたは犬が死んだのにテレビを観て爆笑するなんて信じられない。
こんな人ともう一緒に居たくない!』と泣いて喚いて深く傷付けて
しまいました

タイミングや空気が読めず自分自身に嫌気がさします

数日後に未だ妻の心の傷が癒えない状態の時に(もちろん現在も引き
ずっています)ちょっとした事で口論になり、妻からケータイを覗き見して
バイクを購入している事は知っていると告げられる

何で隠していたのかと問い詰められるも何を言っても言い訳しか出て来ず
素直に謝る事が出来なかった

妻は私に素直に謝まって欲しかったと

数ヶ月後に新たな犬を迎え入れ、数ヶ月後気持ちの整理も少しずつ
出来たかのように見えたので、妻にヘルメットをプレゼントして『私の
後ろに乗ってほしい』と伝えると妻は何となく了承してくれました。

数日後、自宅にバイクを持ってくる

現在に至り、先日ケンカして

妻はそのバイクを見るたびに私がコソコソやっていたことや妻が心を痛めている
時に楽しそうにしてた私の顔、隠し通そうとして嘘をついた事、(私自身は
そんなつもりは毛頭ありませんが、結果的にそう見られても仕方のない状況に)
犬が具合が悪くて生きるか死ぬかの時に私だけが楽しそうにしてたこと、が
本当に許せなくて消化出来ずにいる


何で私が困っているのかというと妻が家から出て行ってしまっている。
連絡は取れるが取り付く島もない。

今回のケンカの発端は、リビングで2人でテレビを観ているときに妻から
『マジメな話があるから真剣に聞いて』と言われました。
わたしはそう言われながらも妻は私の顔を見てニヤニヤしたり、私の膝の上に乗ってりして
いたので、無意識にスマホをいじり始めました。
しばらくしても妻は話さないので、私が『なに?話しがあるんじゃないの?』と言うと
妻は白けた感じで『もういい。話したくない…』と機嫌を損ねてしまいました。
わたしは何度か『話ししてよ。なに〜?なんなの?』と言っていましたが、段々と腹が立ち
険悪な状態になりました。
ケンカをしたくなかったのか妻が立ち上がり、別の部屋に行き掃除をしたりしてリビングに
戻って来ました。
わたしはこのような状態がとても苦手で、話しがあると言ったのに途中で止められて
しまうのがとても耐えられないのです。
半ば口論になり、でも妻はこういう状況で言いたくない!と私に伝えました。
私が強引に言わせたら妻が『なかなか子供が出来ないから、それについて改めて2人で
話しをしたかったの!でも、もういいっ!』と
私は後悔しました。
妻が笑って言い淀んでいたのは私に恥ずかしくて伝え難かったのに、わたしはからかわれていると
思い勘違いしてしまい妻を責め立てて結局は興奮のまま初めて『出てけっ!』と
家から追い出してしまいました。
結局は、わたしが悪いのです。
このことは電話で話し、その日の夜のうちにちゃんと自分の気持ちを伝えて謝り
妻は分かったと言ってくれました。

でも、今回のケンカで色々と考え悩んでいて他のことは良くても妻自身、上の2つの
ことがどうしても理解出来ず消化出来ないでいて、これからの生活を
続けていくことは出来ないと言います。
私は詫びても何をしても、その2つのことを責められると何も伝えると事が
出来ません。
身から出た錆です。

わたしは妻の幸せを願い離婚する事しかないのでしょうか?

どうかご意見をお願い致します。


違反報告

2015年9月12日 10時51分

教えて掲示板の回答

心の癒しと気づきのスペース ハートフルライフ

URKさん

拝読いたしました。
困惑と焦燥感で一杯のようですね。切ないですね。

長文からURKさんの行動と心のあり方を推察させていただきますね。

結婚とはお互いを信頼し尊敬ができれば
続婚はできます。

また、お互い思いやる気持ち、いたわる気持ちが
あると尚いいでしょうね。

この点はご自分でどのようにされているか、
また、相手に感じてもらっているでしょうか?

きっと奥様にすると
URKさんはあまりにもチグハグなように感じているのかもしれません。


URKさんは離婚をお考えではないのですから
一度、お二人共通の知人をオブザバーになってもらい
感情的にならぬよう二人で約束した上で
話し合うことをお勧めします。

奥様の深層心理に触れた言葉を聞き取り
自分はそれを改善できるのか、
無神経なのか、配慮がないのかを自身で考察し
自分のできる範囲で改善しやり直せるようであれば
お二人で前に進んでいけます。

奥様がもうだめ!といっても
続婚を前提の別居もあり!ですしね。


ここは心をしっかり持って
奥様と冷静に話し合いませんか?
結果、自分には妻を幸せにできないと感じたら
潔く、お互い幸せになるために離婚を考えるといいでしょう。


URKさんの望ましい状態を願っています。



心の癒しと気づきのスペース ハートフルライフ
http://www.shopnet.ne.jp/shop/heartful-lifu/
Http://me-rusoudan.jimdo.com/
さとう まみよ

違反報告

2015年9月19日 13時55分


新宿ファミリーカウンセリング

初めまして
これまでもいろいろあったとしても、一番の原因は、奥様がデリケートなことだと思います。十分に復縁は可能です。その都度、貴方に合ったアドバイスを差し上げますので、いかがですか?

違反報告

2015年9月19日 07時17分


座間市の【こころの相談室】カウンセリングざま

はじめまして。カウンセラーの熊山と申します。

現在のあなたには、とても辛いことではありますが・・・
「すでにそうであるもの」に対して、分析したり抵抗するのではなく、「あるがままをすべて素直に受け入れる」ことです。そして、奥様にゆっくり考える時間を与えてあげて下さい。

ご参考になれば幸いです。

違反報告

2015年9月16日 04時56分


メールカウンセリング「こころカフェ」

初めまして、心理カウンセラーをしております
新すみなと申します。

ご相談を読ませていただきました。
奥様からの離婚の話でお困りのようですね。
夫婦ですので、ケンカもあると思いますが、「出ていけ」と言ってしまったことは
奥様を深く傷つけたと思います。
今後、ケンカが起きた時にまた同じように言われるのではないかと
奥様の意識に植え付けてしまったように思います。
普段はほとんど一緒で、仲が良い関係も言葉一つで壊れてしまうことがあります。
それくらい人の心は繊細なのだと思います。

また、URKさんは家事も行っていて、奥様に対して愛情もありますよね。
一般的にとても良い家族思いの夫です。ですが、ご相談内容を見ていて
少し自己満足で動いているような気がします。
自分はこれだけやっている、妻のご機嫌もとっているといった自分の中で
満足して奥さんを見ていないように思われます。

過去2回の出来事(奥さんが消化できていないこと)も、
奥さんに何も言わずに、自分の考えだけで動いていますよね。
後から、「あの時は・・・・」と説明をしても真実味もありませんし、正当性もありません。
夫婦なのですから、その場その場で会話をするようにしていってください。
奥さんとは連絡をとれるのであれば、奥さんの考えていることを聞きたい旨や、今までの態度で改めて欲しいところを聞いてください。
そのうえで、顔を合わせて今後のことを話し合うことをお勧めします。

メールでのご相談も受け付けていますので、
良ければご連絡ください。

心理クンセラー 新すみな
メールカウンセリング「こころカフェ」
http://merrymoc.wix.com/net-counseling-room

違反報告

2015年9月15日 17時16分


Counseling Room ROSEMARY

URKさん、はじめまして。ヒーリングルーム ローズマリー と申します。よろしくお願いいたします。

奥様から離婚を言い渡され、これまでのことを振り返りつつ今後どうしたら良いのか、というご相談です。

お子さんがなかなかできない、ということも今後のご夫婦のことを考えるひとつの要因となっているのでしょう。

まず、ご相談内容を読ませていただいて私が感じ取りましたことは、URKさんと奥様の間でお互いに相手に期待している役割がズレているのではないのかな、ということです。
価値観の違い、ということもあるのでしょう。

URKさんは家事にもたいへん協力的でありますし、奥様のことを愛していらっしゃると明言されていて、一見奥様は何が不満なのか?という思いもおありでしょう。

そして過去にあった出来事がいまだに奥様の心に引っかかっていて、それが原因なのだ、と考えておいでですし、実際奥様もそのことがひっかかっている、とおっしゃっているようです。

もちろん、その過去にあった二つの出来事は奥様にしてみたらURKさんの人間性を評価する材料の一つになっていると思いますし、離婚を考えるきっかけになっているかもしれません。

けれど、それを払拭できるくらいの、もっと大きな信頼感といいますか、URKさんに対するプラスの評価があれば奥様はそこまで考えなかったのではないかと思います。
お二人は一緒にお仕事をされていて毎日一緒に過ごしていらっしゃるので、奥様の中には小さな不満やURKさんに対するマイナスの評価が蓄積されてしまったのではないのかな、と。

もちろん、それらが全て奥様の言う通り、奥様の考えている通りだ、と申し上げているのではありません。
中には、第三者が聞いても奥様に対して「?」という内容もあるかもしれません。

けれど、先ほど申し上げましたようにお互いに相手に「こうしてほしい」「こうであったらよかった。」と期待したことと現実がズレていましたら、それは「不満」以外の何ものでもなく、蓄積されてしまうわけです。

コミュニケーションのズレも含めまして、相手が自分の期待通りの言動をしてくれなかった場合、小さな不満が生じます。
奥様はそれを上手く伝えることができないために、また、喧嘩はしたくないと考えているために、不機嫌になってしまったり、言い合いになってしまうのでしょう。

また、その言い合い、つまり「喧嘩」についても奥様とURKさんとの考え方にズレがありますね。
夫婦は仲が良くても喧嘩するものだ、という考えと、仲良しの夫婦は喧嘩しないものだ、という考え。

またその「喧嘩の仕方」についても考え方がズレているような気がします。

戯れて遊んでいて手が強くぶつかったりという他愛もないことで大ゲンカになってしまうということは、手がぶつかった時に相手にかける「言葉」が、期待通りでなかったから喧嘩になってしまうのではないでしょうか?

手がぶつかったことに対しての怒りではなく、ぶつかった後に起こる言葉のやり取りに対しての怒りから、喧嘩に発展してしまうのではないでしょうか。

つまりは「コミュニケーションのズレ」ですね。

さて、少し話はズレますが、そもそも男性と女性では脳の構造が違い、女性は男性よりも「感情」を大事にするけれども、男性はその「感情」を理解することが苦手である、という「男性脳・女性脳」という説があるのはご存知でしょうか。

お互いに悪意があるわけではないのに、何となく会話がしっくりこなかったり、捉え方に違和感をおぼえる、というのはこんなことも起因しているのです。

話を元に戻しますが、

 >現在のケンカは今までと違い、結婚後2度私が妻を裏切る行為をして妻を深く
 >傷付け、現在のケンカの復縁の障害になっております。
 >その2点を妻が消化出来ずに離婚を要求している要因になっております。

このように過去の事が蘇るというのは、奥様の心に常にそのことがひっかかっているのではなく、普段はそれが大波小波で押し寄せているのですが、かつてあった時と同じような気持ちにさせられた時に沸々と浮かび上がってきて大きな波となって「やっぱりこの人はそういう人だったのだ」ということになるのですね。


いずれにしても、これから二人で話し合いを進めると思いますが、URKさんはまずは奥様の「気持ち」に耳を傾けましょう。
そういう気持ちでいたのか、というところに焦点を当て、自分の行動について説明をするのは、火に油を注ぎますので、今は控えましょう。

そしてもし、話し合いが感情的になってしまってうまくいかないような場合には、第三者を交えた方が良いでしょう。

役割期待のズレを修正するにはどうしたら良いのか、についてはカウンセリングやコーチングを受けることも考えてみたらいかがでしょうか。

また何かありましたらご相談くださいませ。

違反報告

2015年9月14日 23時57分


カウンセリング&ヒーリングスクール シャインハート

初めまして大阪府岸和田市のヒーリングルームシャインハート代表カウンセラーいわきたかのぶです。

もしあなたが奥さんの性格を変えたいと思うのなら今後も夫婦としては難しく繰り返すこととなるかもしれませんね。

あなたは、奥さんの事を理解していますからこれから一緒にいてどうなるかも解っておられると思います。


些細なことで喧嘩となる夫婦もあればならない夫婦もある。


奥さんが喧嘩を望まない夫婦が理想であればその期待に応えることがあなたに出来ることでしょうね。

しかし、一度無くした信用は戻らないことも確かにあります。あなたの感覚ではまだ間に合いますか?手遅れだと感じていますか?

夫婦も恋愛の延長です。恋愛はお互いがどれだけ相手の期待に応えられるかで変わってきます。

価値観が違うと大きな問題も出てきたりします。あなたが対したことは無いと感じることでも相手からすれば大問題だってあり得ます。

小さな価値観の違いが大きな亀裂にもなり得ることに気づいて今一度考えてみてはどうでしょうか?

条件付きの愛情はいつか壊れるのかもしれません。


この回答に感じるものがあれば一度お話ししてみませんか?

違反報告

2015年9月14日 22時55分


「あおぞら」人生相談&心理カウンセリング



初めましてカウンセラー&ライフセラピストの松下と申します。

本当に辛いですね。

私達夫婦も過去に、貴方様ご夫婦と同じような体験しておりますので、その経験も含め貴方様にアドバイスさせて頂きたいと思います。

その為に貴方様のメッセージの中から特に大切な部分を抜き出してみましたので、ご確認、ください。

1 『マジメな話があるから真剣に聞いて』と言われました。
わたしはそう言われながらも妻は私の顔を見てニヤニヤしたり、私の膝の上に乗ってりしていたので、無意識にスマホをいじり始めました。

2、しばらくしても妻は話さないので、私が『なに?話しがあるんじゃないの?』と言うと妻は白けた感じで『もういい。話したくない…』と機嫌を損ねてしまいました。

3、わたしは何度か『話ししてよ。なに〜?なんなの?』と言っていましたが、段々と腹が立ち険悪な状態になりました。

4、ケンカをしたくなかったのか妻が立ち上がり、別の部屋に行き掃除をしたりしてリビングに戻って来ました。

5、わたしはこのような状態がとても苦手で、話しがあると言ったのに途中で止められてしまうのがとても耐えられないのです。

6、 半ば口論になり、でも妻はこういう状況で言いたくない!と私に伝えました。
私が強引に言わせたら妻が『なかなか子供が出来ないから、それについて改めて2人で話しをしたかったの!でも、もういいっ!』と

7、私は後悔しました。妻が笑って言い淀んでいたのは私に恥ずかしくて伝え難かったのに、わたしはからかわれていると思い勘違いしてしまい妻を責め立てて結局は興奮のまま初めて『出てけっ!』と家から追い出してしまいました。

8、 結局は、わたしが悪いのです。
このことは電話で話し、その日の夜のうちにちゃんと自分の気持ちを伝えて謝り
妻は分かったと言ってくれました。

9、でも、今回のケンカで色々と考え悩んでいて他のことは良くても妻自身、上の2つの ことがどうしても理解出来ず消化出来ないでいて、これからの生活を
続けていくことは出来ないと言います。

10、私は詫びても何をしても、その2つのことを責められると何も伝えると事が
出来ません身から出た錆です。

わたしは妻の幸せを願い離婚する事しかないのでしょうか?

,貴方様のご相談内容をつぶさに拝読させていただきました。

本当に辛い気持が伝わり、お気の毒に思います。

ただこのままでいきますと、貴方様も奥様もお互いの真意が伝わらないまま、
さらに苦しみが増して離婚への道を突き進んでしまう危険性を感じます。

 
貴方様にとって「かけがえのない奥様そして未来の人生」を守るためにも、
ある意味、今までの貴方ではない「新しい本当の自分を取り戻す」自己成長を遂げられた方が良いと思われます。

このような場合、誰かが率先して状況を正しく立て直す、という事です。
やるだけの事をして、そして出た結果に従って生きていかれたら、
後悔はありません。

中途半端のままに、感情に流され、出した結論のまま行動してしまった結果には、後で後悔の嵐がくる可能性もあります。


「わたしは妻の幸せを願い離婚する事しかないのでしょうか?」

貴方様のお聞きしますが、奥さんは貴方さまと離婚されて幸せになれるのですか?

最も大切な事は貴方様がどうされたいのかではありませんか。

それ次第でこれからの結果が決まってしまいます。

貴方様のご相談の文章に「私は妻を誰よりも愛しており、
妻が喜ぶことをして2人の間は私が圧倒的に好意の感情を表し、妻はそれを鬱陶しがるほどです。私自身、自分の好意の感情は隠せないので言葉にも態度にも出して表現しております。と言うより、好きという感情を我慢が出来ないのです

これ程、愛せる女性は貴方様には、生涯二度と現れないと言っても過言ではないでしょうか。


奥様が貴方に『マジメな話があるから真剣に聞いて』と言われました。
わたしはそう言われながらも妻は私の顔を見てニヤニヤしたり、私の膝の上に乗ってりして いた」

奥様は子共さんができる事で二人の愛にマイナスの影響があるといいつつも
貴方様の思いを受け入れ、このような涙ぐましい素敵な態度を取られたのではないですか。

お二人とも愛し合っているのは間違いないのです。

ただその愛を育んでいく努力と方法を育んでこなかった事が、すべての原因ではありませんでしょうか。

男女が運命の出会いをして愛が燃え盛っても、必ずその炎は勢いを失って小さくなってしまうのは仕方が有りませんが、心の奥で愛の種火はしっかり燃えているのです


この問題を解決するには貴方様が奥様の心に完全に添った形で相手の心を開いていくしかないのです。

二人の愛を再確認しその愛を保ち育む「画期的なプランの提案」が必要な状況が起きたという事です。

貴方様にとっては理不尽な面がおありになるかもしれませんが、「画期的なプランの提案」は
奥様が貴方野重いと新しいプランを理解され、再縁の為の行動を起こしたくなるものでなければ旨くいかないと思います。

私どもの相談ルームではご夫婦そしてカウンセラーとの三者面談方式で今回の貴方様方のような
ご夫婦の問題はほとんど良い方向で解決できています。

スムースにいけば1回又は2回の3者面談でも解決したケースも何組もあります。

方法としては、まず貴方様とカウンセラーが直接面談又は電話にての現状確認
そして貴方様が望まれ、ご主人にも受け入れていただけるような、最も良いと思われる対策案を探り創る為のカウンセリングを行います。

そのカウンセリングの結果3者面談をしてみようと、思われましたら
奥様への3者面談への参加を承諾していただく為の話し方、説得法をしっかりご指導いたします。

今回のような状況で「3者面談方式」を用いる事が決定した場合、順番として
まずご主人と奥様が揃った状態でカウンセラーが3者面談の進め方についてご説明いたします。

次にカウンセラーがご主人様のカウンセリングを行います、その後カウンセラーは奥様のカウンセリングを行います。
そして私達カウンセラーが休憩時間をはさみ改善、解決の為の具体案を作成し最後に3者面談の場面で解決案を提示します。

何故この方法が良いかと申しますと

いくら夫婦間といってもご主人は奥様の現在、または過去の事に対する本当のお気持ちや奥様の気質や性格のすべてを掴んでおられるわけではありません。

その逆も同じです。カウンセラーはご夫婦それぞれの過去についての事や現在のお気持ちそしてお二人それぞれの気質、性格、価値観を自己診断方式で確認、分析します。

思考性を知るためです。気質、性格分析、価値観の診断と分析、確認が終わった段階で問題の原因、解決の糸口が明確になってきます。

その最後の3者面談で私たちから、解決のための提案プランを数案、提示させていただきますと、
ほぼ100%ご夫婦双方から、いずれかの案にOKがいただけます。

このやり方でこれまで離婚調停まで進んでおられたご夫婦をはじめ多くの皆さんの再縁、関係の修復に
成功いたしておリます。

最も大切な事は現在起きている、奥様と生き方の違い、価値観の違いの原因をお互いに確実に掴むという事です。

夫婦は違いがあってこそ引き合うのです。その理由もしっかりご説明いたします。

原因をしっかりとらえて初めてその原因を排除したり改善、改革することで現在の問題点が解消され解決につながります。

3者面談の中で下記の3つに関してはご夫婦双方に丁寧にご説明いたします

1、それぞれに協力していただきました診断シートのチエックから、お二人それぞれが誕生してから,
育った環境で育まれた性格について、ストレスを感じてしまう原因となっている、
性格要素を把握、分析します。
、貴方の性格のほとんどは生まれてからの環境でご自身の性格として培われてしまいます。

2、さらに日常的に起きる様々のストレスや課題を解決する為に必要な、お二人それぞれの
  現在の対応力を、それぞれの自己診断(チエックシート)の結果で分析し分かります。

3、今回のカウンセリングの結果で関係が修復し今後とも良い関係を維持していくためには
  定期的な話合いの習慣や「幸福への星取表」の書き方もご希望の方には。その上手な対応方法迄、
明示し、サポート致します。

これは貴方様ご夫婦が良い関係の再現を果たした後でもとても
役に立ちます。特に今までのご自分から脱却され望まれる新しい自分に変わるため」「幸福への星取表」は役立つと、大好評で夫婦関係の再生に極めて効果的と評価いただいています。

悩みや苦しみを抱えて相談に来られた、ほとんどのご夫婦が、その効果を2~3週間で実感され
心の変化、体調の回復も含め、喜びそして感動の「おかげさまで希望が湧いてきました!」
「二人の関係が以前よりずっと良い方向で変わっていく実感がつかめます!」と明るくなられたご様子のご連絡をいただいています。

再縁の高いハードルを越えるために是非、頑張って取り組んでください。
貴方様がこうして、カウンセリングを受けようと思われた事が,成功の第一歩だと思います。

お住まいが東京都に近ければ、当相談ルームにお越しいただいても結構ですし、または遠方の方は電話相談でも3者面談は可能です、

当相談ルームでは直接又は電話(スカイプ)にてカウンセリング、ご相談をお受けしますので、
お気軽にお問い合わせください。

私たち相談ルーム「あおぞら」のモットーです

1、ご相談案件について、きわめて具体的な改善、解決の道筋を明確にご提案し
  示すことが出来る創造力のある専門家です
2、人生上で調子か良かった時期も、どん底の時期も両方、実際体験してきた
  人生経験の豊富な専門家が揃っています
3、どんな困難な相談案件でも逃げない、必ず解決の糸口はあると信じ、前向きに
  考え、取り組む専門家です
4、相談者と共に良い結果が出る最後まで頑張る専門家です
5、「こうなりたい」「こう解決したい」と、ご相談者のご希望、ご期待を中心に添えて
解決案を探求、明示する、情熱的で冷静な専門家、そんな専門家に相談の依頼
  をしてください。

  必ず貴方様のご期待にお答えできると信じます。

   現在までのところ3者面談は全て成功しております。
   3者面談を進めるに当たりまして、事前に奥様との簡単な打ち合わせをしたいと
   思いますので、ご連絡ください。
 
私たちの相談ルームでは最初相談に来られた方がどんなに辛そうな、悲しそうな、
あるいは心配そうな表情でお越しになっても、カウンセリングが終わってお帰りになる時、
「ほとんどの方が」驚くほど笑顔で希望に満ちた表情に変わられ、足取りも軽くお帰りになられます。
(電話でのご相談でも同じです。)
とても有意義で心が幸せに楽しくなる、相談ルームです。ご心配はいりません。
安心してご連絡ください。



   人生相談&心理カウンセラー
       「あおぞら」 松下愛ノ助
     電話0120-874-116
     ホームページ http://ai-aozora.jimdo.com/
     ご予約・お問い合わせのアドレスです
http://www.ai-aozora.com/%E3%81%94%E4%BA%88%E7%B4%84-%E3%81%8A%E5%95%8F%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

又はno0109ai@yahoo.co.jp   です。コピーしてご利用ください。

違反報告

2015年9月14日 22時49分


フリーダム・サポート

初めまして。

フリーダム・カウンセリングの間山と申します。
http://freedom-counseling.jimdo.com/

お困りの文章、拝読させて頂きました。

確かに、愛する奥様からの「離婚」は、断崖絶壁の淵に立つような

感じだと思います。

URK様の場合、大きく2点ございます。

1.URK様の性格(ここでは、不快な感情になってしまいかねません

 ので割愛します)を少し修正する。

2.奥様ともう一度、元にもどってやり直す。

です。

長いお悩み文章に、こんな短いもので?とお思いでしょうけど、今は

この二つです。

1.は確かに、「カウンセリング」をゆっくり受け聞きって、徐々に治して

 行くことが大事です。

 奥様は、URK様の文章でのみで判断せざるを得ないのですが、URK様ご自

 身は、文章にも時折でて来ていますように、「原因」をお分かりである

 ようですが、カウンセラーもそのことは、わかって参ります。

 カウンセラーと一緒に徐々に治していきませんか。


2.多分、今は「URK様の性格」がうんぬんといいましても、こちらの方

 を望まれていらっしゃるのではと推測できます。

 弊社は、関連企業に「横浜の何でも屋 フリード・サービス」

 http://freed-service.jimdo.com/

 がございます。

確かに、カウンセリングで治らないうちに・・・と思われるかもしれま

 せんが、URK様は、元に戻ってからカウンセリングを受けても大丈夫だと

 思います。

 1をしながら(カウンセリングにてお話をお聞きして頂きながら)、

  何でも屋の「復縁ご支援」をされてはいかがでしょうか。

 必ず元通りのご夫婦、いえ、目指されたご夫婦になると、URK様の

 文章を拝見していて、確信出来ました。



以上、カウンセリングの返答ではない文章が多いのですが、ご了承くだ

さい。陳謝いたします。



何かございましたら、お気軽にご連絡ください。


違反報告

2015年9月14日 22時12分