教えて掲示板の質問

「妻との関係と仕事」に関する質問

  • 受付終了

堀内さん


6年間働いた職場(精密板金)で朝6時から夜8時までの仕事を続けているうちに体調を崩し、
うつ病と診断され入院していました。
聴覚過敏があるため、見回りの音で起きてしまったり、
院内での人間関係もあり休める状況ではなくようやく退院できたという感じです。
現在の職場は休職していますが、とてもじゃないけれど飛び込んでいく勇気が持てません。
辞めて次の仕事をさがそうにも、どんな仕事が合っているのかわかりません。

妻には8週くらいになる子供がいて(体外受精です)、つわりも始まりお互い不安定になっています。
妻はADHD傾向があると診断されたことがあります。
言いたいことは全部言うし、片付けもあまりできないので、
入院前と借家の状況がまったく変わっておらず愕然としました。

自分の年齢もあるし(新しい仕事を探すにも限度がある年齢ですし、もし今の職場に飛び込んでいったとしても再発したらもう取り返しがつきません)、妻を支えなければならないのに、
こんな状態の自分が情けないです。

妻とどう向き合って行ったらいいのか、
どんな仕事が自分には合っているのか、
また元のように笑って過ごせるようになるのか、
どの方向に、どう向かって行ったらいいのかわからず、
とても不安です。

違反報告

2015年6月14日 13時04分

教えて掲示板の回答

こんにちは、
とても忙しい職場の様子ですね。それであれば、なおいっそう、根性ややる気だけで、仕事に復帰したら、また直ぐに病気になりますよ。専門家に復帰計画を立ててもらいましょう。

違反報告

2015年6月20日 08時29分


「あおぞら」人生相談&心理カウンセリング

初めましてカウンセラー&ライフセラピストの松下愛ノ助と申します。


本当に辛いですね。

これまで良く頑張って来られたと思います。

それでは貴方様にアドバイス申しあげるために、貴方様のメッセージの中から
特に大切な部分を抜き出してみましたので、ご確認ください。

1,うつ病と診断され入院していました。

2,妻はADHD傾向があると診断されたことがあります。
言いたいことは全部言うし、片付けもあまりできないので

3,どんな仕事が自分には合っているのか、

4,妻とどう向き合って行ったらいいのか、

5どんな仕事が自分には合っているのか、

6,また元のように笑って過ごせるようになるのか、
どの方向に、どう向かって行ったらいい

                                                                       現状から脱出するためには大きく5つの方法があります。
貴方様に5つの方法を身に付けていただく為の
カウンセリングを引き受けすることになった場合の、その流れと手順をご説明します。

一つ目はうつ病になってしまうような過酷な労働条件の職場から脱する、という事です
職場の環境が変わらないという事であれば、もとに戻ってはいけないという事です

大切な事は新しい職場を探す場合、単に求人誌やハローワークを使った今までのやり方では
同じことの繰り返しになってしまいます。

まず職場を探す前に貴方ご自身の生き方に関する元になる価値観を明確にするという事です。
自分が本当に求める自分の思考の基本となる「生きる方向性を」しっかりつかみとるという事です。

「自分は何を大切に生きるのか」「どんな事に強い興味や共感を感じるのか」を自己認知するという事です。そのやり方は全てカウンセラーがお教えいたします。
求人誌やハローワークだけでは、貴方様が心の底から望まれる生き方やで満足できる仕事は見つかりません。

二種類の自己診断方式で「ご自分が本当に求める仕事の分野・業種、職場の雰囲気や業種、職種がはっきり浮かび上がってきます。
その思考性に合致した会社を探します。

この心理療法でこれまで多くの皆さんがご自分の職業、職種、仕事の分野、会社の選択に成功しそれに基ずいた「天職」につかれ、成果を収めていらっしゃいます。
正社員だけでなくパートでも、契約社員でも同じです。


必ず上記の方法で貴方の進むべき道が見つかると思います。
この段階で貴方様が転職される決心をされる場合、私たちがご一緒に貴方様にふさわしい
転職先探しのお手伝いもいたします。安心してください。これまでほぼ100%成功しています。

それと新しい職場に出来るだけ早く適応し、うつ症になりにくい心の改善も必要です。

その方法をご紹介します。全く同じ条件の職場でも、うつにかかる方とかからない方が存在します。
その違いはその方の気質や性格が大きく影響します。

1、貴方様の生れつきの気質、(貴方様がお父様やお母様そしてそれ以前のご先祖様から引き継いでおられる気質)については、基本気質が6種類さらにその基本気質を重複して持っておられる方を分析しますとさらに63種類の気質が存在します。その気質野の中に悩んでしまいやすい気質の要素を把握します

貴方様が悩んでしまう、気質のほとんどは貴方様が生まれるときに背負ってこられた遺伝子やDNAなど貴方の祖先の方々から受け継いだものです。貴方の脳に存在する様々の伝達物質(アドレナリンやセロトニンなど)の作用からくる「思考の癖」を祖先から引き継いでいる事がとても大きく影響しています。

2、その他に貴方様が誕生してから,育った環境で育まれた性格
  (基本的な性格分類が13種類細分化しますとさらに45種類にわたります)、
について、ストレスを感じてしまう原因となっている、性格要素を把握、分析します。
対人依存性や自己否定性、自己抑制性その他10種類にわたる、貴方の性格はほとんど生まれて
からの環境で貴方自身の性格として培われてしまいます。

3、さらに日常的に起きる様々のストレスや課題を解決する為に必要な、貴方様の現在の力を、
  貴方様の自己診断(チエックシート)の結果で分析します。

以上の方法で貴方様が悩んでおられるうつ症が発症してしまう
「本当の原因」を掴むことができます。その時ほとんどの方が「そうだったんですね!」
「本当に私が悩む癖は、ここから来ていたんですねー」と感動し納得されます。

原因がつかめたら貴方様と一緒にうつになりやす、マイナスの原因をプラスにするための行動計画や
日常のストレスへの対処方法など極めて具体的なプランを数案作成し最も貴方が「これだったらできそう、
やってみたい」と思われた案を3案から5案、選択していただきにそのやり方を明日からでもできるように、
分かりやすくご指導させていただきます。
日常生活で取り入れていただくやり方だけでも、驚くほど貴方様のこころの症状が軽くなります。

悩みや苦しみを抱えて相談に来られた、ほとんどの方が、その効果を2~3週間で実感され
心の変化、体調の回復も含め、喜びそして感動の「先生、おかげさまで希望が湧いてきました!」
「自分が変わっていく実感がつかめます!」と明るくなられたご様子のご連絡をいただいています。


以上のような課程を経て今回の問題をクリアーされましたら、これから新たなストレスが発生しても
ご自分で改善解決(セルフカウンセリング)できるようになります。

当相談ルームでは直接又は電話(スカイプ)にてカウンセリング、ご相談をお受けしますので、
お気軽にお問い合わせください。、

私たち相談ルーム「あおぞら」のモットーです

1、ご相談案件について、きわめて具体的な改善、解決の道筋を明確にご提案し
  示すことが出来る創造力のある専門家です
2、人生上で調子か良かった時期も、どん底の時期も両方、実際体験してきた
  人生経験の豊富な専門家が揃っています
3、どんな困難な相談案件でも逃げない、必ず解決の糸口はあると信じ、前向きに
  考え、取り組む専門家です
4、相談者と共に良い結果が出る最後まで頑張る専門家です
5、「こうなりたい」「こう解決したい」と、ご相談者のご希望、ご期待を中心に添えて
解決案を探求、明示する、情熱的で冷静な専門家、そんな専門家に相談の依頼
  をしてください。
  
 あなたは必ず「本当の自分のまま、生きる事の意味や心穏やかな幸せ感を実感できる生き方」を
   手に入れる事ができます。

そのうえで奥様のADHDについても対応の仕方等、当相談ルームでサポート出来ますので安心してください。
まずは貴方様の天職といえるようなお仕事を得る事、うつにならない性格改善など
を確実なものに致しましょう。


当相談ルームのカウンセラーはこの問題について貴方様に的確なアドバイスとその後のサポートができると確信しています。安心してご相談してください。


 

   必ず貴方様のご期待にお答えできると信じます。

少し難しそうに感じましたか?   
私たちの相談ルームでは最初相談に来られた方がどんなに辛そうな、悲しそうな、
あるいは心配そうな表情でお越しになっても、カウンセリングが終わってお帰りになる時、
「100%の方が」驚くほど笑顔で希望に満ちた表情に変わられ、足取りも軽くお帰りになられます。
(電話でのご相談でも同じです。)
とても有意義で心が幸せに楽しくなる、相談ルームです。ご心配はいりません。
安心してご連絡ください。
現在みなさまへの「感謝のキャンペーン」中でカウンセリング料も特別割引料金
でお手軽な料金になっています。



   人生相談&心理カウンセラー
       「あおぞら」 松下愛ノ助
     電話0120-874-116
     ホームページ http://ai-aozora.jimdo.com/
     ご予約・お問い合わせのアドレスです
http://www.ai-aozora.com/%E3%81%94%E4%BA%88%E7%B4%84-%E3%81%8A%E5%95%8F%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

又はno0109ai@yahoo.co.jp   です。コピーしてご利用ください。

違反報告

2015年6月15日 23時59分


「あおぞら」人生相談&心理カウンセリング

本当に辛いですね。

これまで良く頑張って来られたと思います。

それでは貴方様にアドバイス申しあげるために、貴方様のメッセージの中から
特に大切な部分を抜き出してみましたので、ご確認ください。

1,うつ病と診断され入院していました。

2,妻はADHD傾向があると診断されたことがあります。
言いたいことは全部言うし、片付けもあまりできないので

3,どんな仕事が自分には合っているのか、

4,妻とどう向き合って行ったらいいのか、

5どんな仕事が自分には合っているのか、

6,また元のように笑って過ごせるようになるのか、
どの方向に、どう向かって行ったらいい

                                                                       現状から脱出するためには大きく5つの方法があります。
貴方様に5つの方法を身に付けていただく為の
カウンセリングを引き受けすることになった場合の、その流れと手順をご説明します。

一つ目はうつ病になってしまうような過酷な労働条件の職場から脱する、という事です
職場の環境が変わらないという事であれば、もとに戻ってはいけないという事です

大切な事は新しい職場を探す場合、単に求人誌やハローワークを使った今までのやり方では
同じことの繰り返しになってしまいます。

まず職場を探す前に貴方ご自身の生き方に関する元になる価値観を明確にするという事です。
自分が本当に求める自分の思考の基本となる「生きる方向性を」しっかりつかみとるという事です。

「自分は何を大切に生きるのか」「どんな事に強い興味や共感を感じるのか」を自己認知するという事です。そのやり方は全てカウンセラーがお教えいたします。
求人誌やハローワークだけでは、貴方様が心の底から望まれる生き方やで満足できる仕事は見つかりません。

二種類の自己診断方式で「ご自分が本当に求める仕事の分野・業種、職場の雰囲気や業種、職種がはっきり浮かび上がってきます。
その思考性に合致した会社を探します。

この心理療法でこれまで多くの皆さんがご自分の職業、職種、仕事の分野、会社の選択に成功しそれに基ずいた「天職」につかれ、成果を収めていらっしゃいます。
正社員だけでなくパートでも、契約社員でも同じです。


必ず上記の方法で貴方の進むべき道が見つかると思います。
この段階で貴方様が転職される決心をされる場合、私たちがご一緒に貴方様にふさわしい
転職先探しのお手伝いもいたします。安心してください。これまでほぼ100%成功しています。

それと新しい職場に出来るだけ早く適応し、うつ症になりにくい心の改善も必要です。

その方法をご紹介します。全く同じ条件の職場でも、うつにかかる方とかからない方が存在します。
その違いはその方の気質や性格が大きく影響します。

1、貴方様の生れつきの気質、(貴方様がお父様やお母様そしてそれ以前のご先祖様から引き継いでおられる気質)については、基本気質が6種類さらにその基本気質を重複して持っておられる方を分析しますとさらに63種類の気質が存在します。その気質野の中に悩んでしまいやすい気質の要素を把握します

貴方様が悩んでしまう、気質のほとんどは貴方様が生まれるときに背負ってこられた遺伝子やDNAなど貴方の祖先の方々から受け継いだものです。貴方の脳に存在する様々の伝達物質(アドレナリンやセロトニンなど)の作用からくる「思考の癖」を祖先から引き継いでいる事がとても大きく影響しています。

2、その他に貴方様が誕生してから,育った環境で育まれた性格
  (基本的な性格分類が13種類細分化しますとさらに45種類にわたります)、
について、ストレスを感じてしまう原因となっている、性格要素を把握、分析します。
対人依存性や自己否定性、自己抑制性その他10種類にわたる、貴方の性格はほとんど生まれて
からの環境で貴方自身の性格として培われてしまいます。

3、さらに日常的に起きる様々のストレスや課題を解決する為に必要な、貴方様の現在の力を、
  貴方様の自己診断(チエックシート)の結果で分析します。

以上の方法で貴方様が悩んでおられるうつ症が発症してしまう
「本当の原因」を掴むことができます。その時ほとんどの方が「そうだったんですね!」
「本当に私が悩む癖は、ここから来ていたんですねー」と感動し納得されます。

原因がつかめたら貴方様と一緒にうつになりやす、マイナスの原因をプラスにするための行動計画や
日常のストレスへの対処方法など極めて具体的なプランを数案作成し最も貴方が「これだったらできそう、
やってみたい」と思われた案を3案から5案、選択していただきにそのやり方を明日からでもできるように、
分かりやすくご指導させていただきます。
日常生活で取り入れていただくやり方だけでも、驚くほど貴方様のこころの症状が軽くなります。

悩みや苦しみを抱えて相談に来られた、ほとんどの方が、その効果を2~3週間で実感され
心の変化、体調の回復も含め、喜びそして感動の「先生、おかげさまで希望が湧いてきました!」
「自分が変わっていく実感がつかめます!」と明るくなられたご様子のご連絡をいただいています。


以上のような課程を経て今回の問題をクリアーされましたら、これから新たなストレスが発生しても
ご自分で改善解決(セルフカウンセリング)できるようになります。

当相談ルームでは直接又は電話(スカイプ)にてカウンセリング、ご相談をお受けしますので、
お気軽にお問い合わせください。、

私たち相談ルーム「あおぞら」のモットーです

1、ご相談案件について、きわめて具体的な改善、解決の道筋を明確にご提案し
  示すことが出来る創造力のある専門家です
2、人生上で調子か良かった時期も、どん底の時期も両方、実際体験してきた
  人生経験の豊富な専門家が揃っています
3、どんな困難な相談案件でも逃げない、必ず解決の糸口はあると信じ、前向きに
  考え、取り組む専門家です
4、相談者と共に良い結果が出る最後まで頑張る専門家です
5、「こうなりたい」「こう解決したい」と、ご相談者のご希望、ご期待を中心に添えて
解決案を探求、明示する、情熱的で冷静な専門家、そんな専門家に相談の依頼
  をしてください。
  
 あなたは必ず「本当の自分のまま、生きる事の意味や心穏やかな幸せ感を実感できる生き方」を
   手に入れる事ができます。

そのうえで奥様のADHDについても対応の仕方等、当相談ルームでサポート出来ますので安心してください。
まずは貴方様の天職といえるようなお仕事を得る事、うつにならない性格改善など
を確実なものに致しましょう。


当相談ルームのカウンセラーはこの問題について貴方様に的確なアドバイスとその後のサポートができると確信しています。安心してご相談してください。


 

   必ず貴方様のご期待にお答えできると信じます。

少し難しそうに感じましたか?   
私たちの相談ルームでは最初相談に来られた方がどんなに辛そうな、悲しそうな、
あるいは心配そうな表情でお越しになっても、カウンセリングが終わってお帰りになる時、
「100%の方が」驚くほど笑顔で希望に満ちた表情に変わられ、足取りも軽くお帰りになられます。
(電話でのご相談でも同じです。)
とても有意義で心が幸せに楽しくなる、相談ルームです。ご心配はいりません。
安心してご連絡ください。
現在みなさまへの「感謝のキャンペーン」中でカウンセリング料も特別割引料金
でお手軽な料金になっています。



   人生相談&心理カウンセラー
       「あおぞら」 松下愛ノ助
     電話0120-874-116
     ホームページ http://ai-aozora.jimdo.com/
     ご予約・お問い合わせのアドレスです
http://www.ai-aozora.com/%E3%81%94%E4%BA%88%E7%B4%84-%E3%81%8A%E5%95%8F%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

又はno0109ai@yahoo.co.jp   です。コピーしてご利用ください。

違反報告

2015年6月15日 23時58分


Counseling Room ROSEMARY

堀内さん、はじめまして。ヒーリングルーム ローズマリー と申します。よろしくお願いいたします。

うつ病で入院され、退院してきて休職中でいらっしゃること、奥様が妊娠中でいらっしゃることで、これからのことをどうしたら良いのかという、たいへん不安なお気持ちが伝わってまいりました。

まずはじめに、堀内さんの勤務先についてですが、6年間も長時間労働を強いられていらっしゃったようですが、これは皆さんがそういう条件で働いていらっしゃるのでしょうか?
それとも、堀内さんだけがそのような労働を強いられてしまったのでしょうか?

いずれにしましても、使用者には、快適な職場環境をつくり労働条件を改善することで、労働者の安全と健康を守らなければならない、という「安全配慮義務(健康配慮義務)」が定められています。(労働契約法第5条では、「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。」と、明文化されています。)

これは、危険作業や有害物質への対策はもちろんのこと、メンタルヘルス対策も使用者の安全配慮義務に当然含まれると解釈されています。

そうしますと、堀内さんが過度な労働によってうつ病になって現状に至ったということであれば、使用者(職場)に対して職場環境の改善を求めることができます。

使用者に直接交渉するのが難しいようでしたら、厚生労働省の「労働基準関係情報メール窓口」に情報提供をするという形で相談されても良いと思います。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/mail_madoguchi.html


さて、奥様のお腹には新しい生命が宿っていらっしゃるとのこと。おめでとうございます。
新しい家族を迎えるにあたり、休職中であるということで、不安が大きいこととお察しいたします。

けれど、まだ出産までには半年以上もの時間があります。
焦らずにご自身の職場復帰に向けて準備していきましょう。

堀内さんはたいへん責任感が強く、真面目でいらっしゃるのではないでしょうか。
ですので、現在の状況に対してもご自分を責めていらっしゃるようですが、長い人生の間には「そういう時」もあるものです。
もちろん、順風満帆な人生であればそれに越したことはありませんが、逆に今の状況は「人としての成長」をするチャンス、今後の人生をじっくりと考えるチャンス、でもあります。


まずはしっかりと休養をとって、ご自身のこころの状態を安定させてください。
うつ病に「焦り」や「~ねばならない」は禁物です。

これまで働きすぎたために「しっかり休みなさいね」と神様からの休暇の贈り物なんだというくらいの意識でいらして良いと思います。

また、奥様になされた診断結果もご心配でしょうけれど、まずはご自身をしっかり休ませてあげてから、奥様とはお互いにできることを補い合いながら、少しずつ二人の生活を築いていってください。

これからも不安なことがあれば、この掲示板でも良いですし、公的な相談機関も利用され、決してひとりで抱え込むことのないようにしてくださいね。

違反報告

2015年6月15日 23時07分


お礼コメント

ありがとうございます。

>まずはじめに、堀内さんの勤務先についてですが、6年間も長時間労働を強いられていらっしゃったようですが、これは皆さんがそういう条件で働いていらっしゃるのでしょうか?
それとも、堀内さんだけがそのような労働を強いられてしまったのでしょうか?

6年間働いていたのですが、最初は定時退社できるいい職場だなと思っていたのですが、
設備投資と増産のため残業が増え、耐えられない人は辞め、社長に怒鳴られては辞めという悪循環が続き、今もそのような状態が続いているようです。
自分は怒鳴られることがものすごく怖かったので、
誰よりも働こうとしました。
おそらく自分だけが誰よりも働こうとしていたと思います。
今でも休んでいても心の中は働いていて、心身のバランスが取れていない状態です。
休めば休むほど焦りが募ってきます。
入院中も考えました。休むことはどういうことなのか。
自宅療養中も、休むことはどういうことなのか。

とはいえ気遣ったり給与面においても良くしてくれることもあったので、労基署に駆け込むようなことはしたくありません。
好きな仕事なのに、人が足りず、自分も寛解しているとはいいがたく、
飛び込んでいく勇気が持てないのです。

2015年6月16日 19時02分

追加コメント

堀内さん、お返事ありがとうございます。

>6年間働いていたのですが、最初は定時退社できるいい職場だなと思っていたのですが、
>設備投資と増産のため残業が増え、耐えられない人は辞め、
>社長に怒鳴られては辞めという悪循環が続き、今もそのような状態が続いているようです。

そうですか。
それでは、堀内さんのうつ病がきっかけで、職場環境が改善された(される)ということは期待できない、ということですね。

本来、使用者と労働者は主従関係ではなく、対等な立場であるはずなのですが、それは理想論であって実際には、「雇ってやっている」「雇ってもらっている」関係となっている職場が多いのだと思います。
ですから、多くの職場では、労働者は言いたいことも言えず、辞めるか耐えるかのどちらを選ぶか、ということになってしまっているのが現状なのですね。

>自分は怒鳴られることがものすごく怖かったので、
>誰よりも働こうとしました。
>おそらく自分だけが誰よりも働こうとしていたと思います。

それではうつ病になってしまわれたのも当然ですね。
あまりに頑張り過ぎてしまったのでしょう。

しかし、もし仮に今後職場復帰をしたとしても、職場環境が改善されていなければ、
また同じようになってしまうのではないか、という不安が常につきまとうことになりますね。
ですから、飛び込んでいく勇気ももてないのでしょう。

労基署への情報提供は、たいへん勇気のいることではありますが、情報提供者は特定されずに立ち入り調査が入るきっかけづくりになりますので、堀内さんだけではなく、その職場の労働者全員にとってより良い職場環境づくりへ向けての第一歩となる可能性もあります。
もちろん、堀内さんがそのようなことはしたくない、というお気持ちであれば無理にお勧めするものではありませんが、一つの手段として知っておいていただくだけでもよいのではないか、と思いました。

>今でも休んでいても心の中は働いていて、心身のバランスが取れていない状態です。
>休めば休むほど焦りが募ってきます。
>入院中も考えました。休むことはどういうことなのか。
>自宅療養中も、休むことはどういうことなのか。

「仕事のこと」「働くこと」が頭から離れていない状態なのですね。

まさに、「休暇(休み)」はとっているけれど、「心が休まらない」状態でいらっしゃるのだと思います。

お一人で考えるのは苦しいですし、思考も堂々巡りをしてしまうことでしょう。
可能であれば、ご自身が通うことのできる相談機関やカウンセラーと一緒に解決策を考えていかれると良いのではないかと思います。

2015年6月17日 00時37分

アスタリスクカウンセリング

初めましてアスタリスクカウンセリングの杉本と申します。
現在の職場の労働時間が長いから鬱病になられたのでしょうか?
他にも原因があるようでしたら、今現在で転職を考えるより出来る限り休職扱いのままにしてもらい体調が良くなってからそのことを考えるのが良いのではないでしょうか?
心がつかれているのに子の上に求職活動の負担がご家庭の事に加えて心労になるようでしたら、ご自分の体調にも影響しかねないと思います。
焦る気持ちは御理解いたしますが、焦っても仕方ありません。逆に時間がかかってしまうこともあります。一生懸命やりすぎないでください、あなたは真面目に一生懸命やられるかたでしょうが、人間みんなそういうものではありません。
それなりに、適当に力を抜けるところは抜きながらみんな過ごしているのです。
そんなに家がきっちり片付かなくてもいいじゃないですか。
それよりほめてあげる事や愛されることでお互いが癒されるのではないでしょうか。
ゆっくりのんびりやっていきましょう。いつでも頑張れるあなたですから。

違反報告

2015年6月15日 20時32分


りょうもう心理カウンセリング

堀内さん、はじめまして。
カウンセラーの須賀と申します。
ご自身のお仕事のこと、体調のこと、奥様との関わりについて、お悩みなのですね。
ご自分が情けなくなってしまうのですね。
でも、よくご相談くださいました。
ありがとうございます。

さて、ひとつずつ切り分けて考えてみましょう。
まずは、ご自身の今後について。
退院はできても、まだ治療中ですよね。
体調が復帰できるレベルに達するまで、転職については保留にして、治療に専念なさったらよいと思います。
うつ病の場合、生活環境をすぐに変えることはオススメできません。
他にも、大きな決断はしないことです。
病状が落ち着き、復帰できる水準に達した段階で、まずは今の職場の人事権のある方に相談してみることです。
相談した結果、今の職場への復帰が無理だとなったら、そのときにハローワークなどでご自身の適性に合ったお仕事を検討されてはいかがでしょうか。
うつ病の治療に、焦りは禁物です。
お医者さんに相談しながら、ひとつひとつステップを踏まえて進めてみてはいかがでしょうか。

そして、奥様の件。
本当にADHDなのか、単に「傾向」なのか、曖昧にせず、専門医にもう一度受診および相談してみることをオススメします。
診断次第で、場合によっては、公的補助もなされることがあります。

うつ病になりやすい性格傾向として、真面目なご性格がありますが、
堀内さんの文面から、それがよくうかがえます。
ですので、気を落とさずに、専門家や公的機関を頼って相談しながら、解決の道を焦らず進んで下さいね。

よかったら、参考にしてみて下さい。
読んでいただき、ありがとうございます。
お大事に。

違反報告

2015年6月15日 19時04分


こんにちは
うつ病から職場復帰をするためには、専門家のアドバイスを受けながら慎重に進める必要があります。もし、現在の通院先では頼りないのであれば、まずは、メールでの相談から始めましょう。

違反報告

2015年6月15日 18時58分