教えて掲示板の質問

「夫婦関係について」に関する質問

  • 受付終了

Kさん

はじめまして。

7年前に結婚し、4歳の子どもがいる専業主婦です。
昨年の春から子どもが幼稚園に通い始め、やっと1人の時間が持てるようになったのですが、逆に色々なことを考える時間も出来たことで今悩んでおります...

妊娠中より主人の気遣いの無さや家事に非協力であったりというところに不満が溜まり、また
何をするにもほぼわたし主導であったりで... 主人に対して頼り無さを感じたり、愛情が冷めている日々が続き、5~6年が経ちます。

子どもの為にもわたしが我慢していればいいと思っていましたが、昨年の夏頃から主人に対してより気持ちが冷めてしまい、話をすることも、一緒に過ごすことも辛かったりしんどかったりで軽い欝にもなり、気持ちが落ちる日が続いています。

今は子育てには協力的で、子どもは主人のことが大好きですし、主人が何かこれといった大きな問題を犯した訳でもなく、わたしのことはまだ愛してくれているようですが わたしの気持ちが完全に冷めてしまっているので 何をされても、関係を修復しようという気持ちになれずにおり、精神的に疲れているのもあるのかもしれませんがとにかく一度別居してみたいという気持ちがどんどん強くなっています。

気持ちが冷めていることも、別居したいと思っていることも主人には話をして伝えたところ、主人は今から気持ちを取り戻そうと頑張っていながらも、わたしの言動にショックを受けたり、落ち込んでいて、出来れば別居はしたくないようです。

話し合いをする度に疲れてしまい、先が見えず気分も落ちます。


何かアドバイスや考え方、捉え方がありましたら是非宜しくお願い致します。

違反報告

2015年1月27日 16時42分

教えて掲示板の回答

「あおぞら」人生相談&心理カウンセリング

貴方様の悩みを改善、解決する為にポイントととなるメッセージを改めて取り上げてみました。

「妊娠中より主人の気遣いの無さや家事に非協力であったりというところに不満が溜まり、また
何をするにもほぼわたし主導であったりで... 主人に対して頼り無さを感じたり、愛情が冷めている日々が続き、5~6年が経ちます。

子どもの為にもわたしが我慢していればいいと思っていましたが、昨年の夏頃から主人に対してより気持ちが冷めてしまい、話をすることも、一緒に過ごすことも辛かったりしんどかったりで軽い欝にもなり、気持ちが落ちる日が続いています。」

大変でしたね。良く頑張って来られましたね。
貴方様のお気持ちを心からお察し申し上げます。

辛い貴方様の現在のお気持ちに最も良いと思われる改善、解決方法をご助言させていただきたいと思います。

貴方様がご結婚されるとき、相思相愛の恋愛結婚だったのか、
できちゃった結婚、またはご主人の熱情についほだされて結婚されたのか
それによってこのお悩みの改善、解決の方向性が全くかわってくると思います。

私はこれまで多くのご夫婦や恋愛カップルのご相談に応じて参りました。
ご結婚時、多いのが、男性の熱意に押され、つい流れに従い結婚しちゃった。

俗に言う「しちゃった結婚」です。  確信が無いままの結婚はほとんど数年で
奥様の心が離れていくようです。
逆のの場合も同じです。

その場合被害者はお子様ですね。お子様、特に女のお子様はそのことに割と早く
気が付き、性格やモノの考え方に将来にわたって、影響が出てくるようです。

貴方様の場合はどうでしたか?

ご結婚時のお気持ちは。

もし熱烈な相思相愛でのご結婚の場合はご夫婦の再生は、私たちが長年かかって創り上げた、「エンドレスラブへの道」というカウンセリングのやり方でほぼ100%
愛がよみがえられ、とても喜ばれます。

ご主人がお優しい方で主導的なご性格ではないようですね、優しそうな方には相手の様子を見てから行動をしてしまう、やや「依存心やいい子でありたい」の傾向が強い方が多く、、奥様の意向にほとんど従ってしまうような感じで、すべてにそうである場合、主体性のある奥様には、ご不満が徐々に大きくなってしまうようです。

ご夫婦の再生には、お二人の話し合いが最も大切な事ですが、これまで多くのカップルの方たちの実情を精査したとこら、話し合いそのもののテーマや進め方が問題をさらに悪くしていることがほとんどでした。

このまま別居してしまわれるか、もう一度だけ、無理のない自然な方法で関係の修復に努力されてみられるか、お子様の事もお考えになられご判断されたらどうでしょうか。

私たちが心理カウンセラーとして、ご支援できることは、夫婦関係の再生だけには絞りません。

お二人それぞれにとって良い選択は何か、再生、関係修復か、一時的な別居か、それともやはり離婚かを選択するために、自分の心、考え方、気質、性格、問題の解決力など、心理学的な方法でほとんどすべてを明らかにします。 

いわゆる「本当の自分」を知っていただきます。

そうすることで、「本当の自分の生き方」、「相手の生き方のテーマ」がはっきりしてきます。
「自分はどう生きたいのか」「どう生きるのが幸せを最も感じられるのか」がはっきりつかめます。

その段階で話合いのやり方も単に現在問題となっていることだけではなく
これから遭遇する様々の状況も考慮した、とても実りのある話し合いができますよに、アドバイスをさせていただきます。

私たちが長年かけて作り上げた「カップルの話合いガイダンス」を参考にしていただいて話合いをされますと、結論がどんな形になっても、ご自分の事だけではなく、相手やお子様、場合によってはご親族の事も考えたみんなが、「傷つきにくい方法」での結論が導き出され、皆様にとても喜んでいただいています。

ご自分にとってもお相手にとっても、そして大切なお子様にとっても非常に重要な
テーマです。

よろしければ1回から2回位のカウンセリングで心穏やかな改善、解決を試みてみませんか。
日本では悩めるご夫婦が心理カウンセリングを活用するケースはまだまだ少ないですが・先進国の欧米では、本当に驚くほど日常的にカウンセリングを活用されています。

お忙しくて直接のご面談が難しい場合、電話、スカイプでのご相談、カウンセリングもお受けしています。

聡明な貴方様が「とても良い経験と経過をたどった」と、きっと思っていただけると信じます。

私たちの大切にしているテーマです。


1、ご相談案件について、きわめて具体的な改善、解決の道筋を明確にご提案し
  示すことが出来る創造力のある専門家です
2、人生上で調子か良かった時期も、どん底の時期も両方、実際体験してきた
  人生経験の豊富な専門家(カウンセラー)が揃っています
3、どんな困難な相談案件でも逃げない、たじろがない、必ず解決の糸口は
  あると信じ、前向きに考え、取り組む専門家です
4、相談者があきらめ投げ出さないない限り、相談者と共に良い結果が出る
  最後まで頑張る専門家です
5、「こうなりたい」「こう解決したい」と、ご相談者のご希望、ご期待を
  中心に添えて解決案を探求、明示する、情熱的で冷静な専門家です。

6、しかし人は良い解決方法だと、分かっていても、出来ない、続かないということも
  あります。
   
そんな場合、私たちの相談ルームではあなた様が「本当の希望する貴方に
 変われる」為に、必要な事が自然に出来る様になる為の
 練習教室も開いています。

   あなた様は必ず「本当の自分のまま、幸せを実感できる生き方」を手に入れる
 解決案を得ることができます。

是非、貴方の悩みを直接お聞かせください。
必ずや「相談して良かった」と思っていただけると確信します。

         人生相談&心理カウンセラー
       「あおぞら」 松下愛ノ助
     ホームページ http://ai-aozora.jimdo.com/
     ご予約・お問い合わせ 
      電話番号03-5284-7353
      メールの場合 no0109ai@yahoo.co.jp
   




違反報告

2015年1月29日 13時33分


憂うつの癒し屋

んんんんんんんんんんんんんんんんんん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
女性は一度相手に冷めてしまうと、もう何をしてもダメな方が多いようですね。
わたしは、バツイチですので、この女性の感覚を身にしみてわかっているつもりです。
旦那様に、そんな女性の心理を理解させる事ができればいいかもしれません。
そうですね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
信頼できる年上の人から「女性の心理」を話してもらえたらいいのですが・・・・・・・・・
んんんんんんんんんんんんんんんん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご主人は、「気持ちが冷めている」→「別居」=「離婚」という図式がありますから、
ここは、すこし言い方を変えて(本心ではなくとも)、
「気持ちが冷めている」というところを
「気持ちが冷めているって言ったけれど、良く考えてみたら、自分自身を見つめ直して見たいだけなの」と
いうような言い方でもう一度別居のことを話してみたらいかがでしょうか。
女性の場合「冷めている」→「生理的苦痛」の場合が多いようですから、
このままではKさんの心身に悪影響をおよぼす可能性があります。
例えば、お近くの保健所の相談員さん(精神保健福祉士など)に面談のアポを取って、実際に面談してみてください。
相談員さんは、「聴くことのプロ」ですから、Kさんの話す姿勢、テンポ、トーンなどを観察して、Kさんが話しやすいように雰囲気を作ってくれるはずです。
実はこれが「傾聴カウンセリング」と呼ばれるものです。
これによって、心理的にカタルシス効果(心の浄化作用)がおきて、気持ちがスッキリとします。
また、自律神経の安定のための「瞑想」や
カウンセリング効果が期待されている「掃除」~特にA:汚いところとB:普段は目につかない所を重点的にやってみてください。
これは、感情と行動が密接にリンクしていることを利用したもので、
Aは実際に綺麗になっていきますので、心もスッキリとします。
Bは、Kさんの潜在意識を「顕在化→意識が出来る」ようになって、このようになった、もっと奥の方に何かがないかを知らせてくれます。
仮に何かがあった場合には、認知行動療法→トラウマの治療法とカウンセリングを進めていくことをおすすめします。
私のHP: 憂うつを癒やすカウンセリング心理学
http://sinrigaku.com
では「傾聴カウンセリング」
「トピックス・リスト」→「リラクゼーション(瞑想など)」
「トピックス・リスト」→「自動思考と認知の歪み(認知行動療法)」
「トピックス・リスト」→「トラウマの治療法」などのお役立ち情報が掲載されておりますので、是非一読していただきたいと思います。

違反報告

2015年1月29日 09時29分


心の専門家 23room

Kさん こんにちは。ヒプノセラピストの植野と申します。

Kさんのお悩みを拝読させていただきました。


現在、4歳のお子さんがいて、最近、1人の時間が持てるようになったけど、逆に色々なことを考える時間も出来たことで今悩んでいるんですね。



>何をするにもほぼわたし主導でご主人に頼り無さを感じる

ご主人が頼りなく感じるんですね・・・・

Kさん主導で動いてしまう・・・ってことは Kさんは何でもサッとこなせてしまう方なんでしょうか?

もしくは、Kさんは【しんどいから手伝って~】とかお願いすることは苦手なタイプとかではないでしょうか?

ここはあくまでも私の経験から来る想像ですが・・・


Kさんは産後、色々自分で出来てしまうので、色々引き受けて、子育てのしんどさや色んなことを一人で抱えすぎてしまった

たまに、夫さんにお願いしても、Kさんの望んでいるような感じにはならないので、【わかってもらえない】などの気持ちでがっかりして、更にお願い(期待)をしなくなり

自分で更に色々抱えるようになる


何か夫さんにお願いをして、それが叶わなかった時にどんな気持ちになりますか?
他に誰かがあなたの想いを、願いをいつも聞いてくれなかった・・・そんなことを
何か思いだしたりしませんか?

思い出したとしたら、それは誰ですか?


その辺りを整理していくと、問題の根本原因が見えてくるかもしれません。


『目の前の怒り・悲しみは過去の誰かへ表現出来なかった色んな想い』

心の専門家 23roomの植野でした(^^)
http://www.23room.com/

違反報告

2015年1月28日 14時53分


愛知ミッション

Kさん

初めまして、愛知ミッションの平田です。

気持ちが冷めるような出来事があって、それ以降戻せないのですね。

ちなみに昨年の夏、あるいはその前に何があったのでしょうか?

それがきっかけでそうなったとしたら、その時に起きた出来事を話して整理すれば気持ちは戻ります。

ここに書き込みをした時点で、やはり何とかされたいわけですから、思い切ってカウンセラーに相談されてと思います。

話していくと、Kさんの人生で、同様なことが起きていたこともわかり、結局はご両親との関係にもともと原因があったことまで遡り整理されると思います。

これはあくまできっかけです。一度そうした点で、思い切って相談されてはと思います。でないと仮に離婚したとしても似たようなことが起きるかもしれません。

違反報告

2015年1月28日 08時16分


合同会社 実践サイコロジー研究所

K様

ご投稿ありがとうございます。

子育てに非協力な旦那さんの元、お子様を幼稚園に通い始めるまでお一人で育て上げられたのですね。その努力と母親としての責任感に感服いたします。ここまで頑張ったのですから、いい加減わがままを言って、別居して自由に暮らさせてもらってもいいと思います。別に一生会えなくなるわけではないですから、きちんと定期的にお父さんに会えるという約束をすれば、お子様も分かってくれるはずです。

子どものためと言えど、完全に冷めてしまった相手と、5年も6年も衣食住を共にしなくてはならなかったことは、どんなにお辛かったことでしょうか。抑うつ気味になるのも無理はありません。お話を伺うと、すぐに別居ということにはなれなそうですが、ぜひ今の生活のままでも、できる限り自由な時間を満喫していただきたく思います。

その上で、どうすれば旦那さんとの別居に持ち込めるかというご相談内容かと思います。

無理やり家を出てしまう訳には行かないのでしょうか?ある程度K様としても努力して、話あった後であれば、強行的な手段に出ても、後々離婚の話し合いになった場合にも問題にはならないような気がします。しかし、この辺りの進め方については、きちんと法律の専門家の方のアドバイスに従って進めた方が良いかもしれませんね。

やはりきちんと納得し合った上で別居したいということであれば、旦那さんと一緒にカップルカウンセリングを受けられることをお勧めします。一対一の話し合いでは平行線で、疲れてしまうのも無理はありません。第三者であるカウンセラーを交えて、夫婦の妥協点を見つけていくというのはいかがでしょうか。

本当に大変な中、お子様のことを一番に考えていらっしゃって、お子様が最低限の自立ができるようになるまで耐えてこられたと思います。これからはご自身のことを一番に考えて、まだ長い人生、本当に幸せになれる道を選んでいただきたいと思います。それがひるがえって、お子様にとってもベストな選択になるはずです。一番愛情を注いで育ててきてくれた母親が元気でなくては、お子様も元気になれるはずがありませんから。

K様のより良い未来を願っております。

コーチング・サイコロジー・ラボ
木内敬太

違反報告

2015年1月27日 23時02分


Counseling Room ROSEMARY

Kさん、はじめまして。ヒーリングルーム ローズマリー と申します。よろしくお願いいたします。

ご主人が特別に何かKさんを傷つけたり裏切ったりするような行為があったわけではないのに、これまでの小さな不満などが蓄積しているために愛情が冷めたように感じ、今後の人生を考えるようになったところ、このまま夫婦としてやっていく自信を失くされてしまったようです。

ご主人はあなたがそのように考えていたとは夢にも思わず、今回の別居のことは寝耳に水だったのではないかと思います。

ご主人は子育てには協力的である、とおっしゃっていますが、具体的にはどのような内容でしょうか。
また、家事には非協力的であるとのことですが、これも具体的にはどのようなことでしょうか。

あなたがご主人に対して「期待」していることと、ご主人がしてくれること(またはしてくれないこと)がお互いにずれていますと、不満がでてくると思います。
つまり、あなたがご主人に対して「夫」として期待している役割と、ご主人が、自分が男であるとか夫であるという立場において、これが当たり前だ、と思っていることがずれているのです。

それは、それぞれの育ってきた家庭環境などによって、考え方や感じ方がそもそも異なるのですね。

痒いところに手が届くようなご主人であれば、あなたも不満をもたずに済むでしょうが、世の中なかなかそうはいきません。
元々気遣いのできない人に「もう少し気を遣ってほしい」と伝えても、相手は何を言われているのかすらわからないのかもしれませんね。

「別居」という形に一足飛びに入る前に、先ずはあなたがご主人に対して、具体的に「何をしてほしい(または何はしてほしくない)」と伝えることをしてみたらいかがでしょうか。

たとえば、ですが、

お風呂の掃除は意外と力仕事だから男の人がしてくれると助かるわ。
洗剤はここにはこれを使って、ブラシはこれ。
洗面器はスポンジで洗ってね。
残り湯をお洗濯に使うときもあるから、お掃除する前には必ず声をかけて確認してね。

などのように、きちんと説明します。
とはいえ、これを毎回してしまうと、ご主人にしてみれば子ども扱いのように感じますから、最初だけ説明をして、あとはご主人にお任せしましょう。

それでしばらく様子をみて、ご主人が全くしてくれなかったり、そのたびに不平や文句を言ったりしたら、あなたとは共同生活がうまくいかないという理由になりますから、別居しましょう、ということになります。


ご主人に対しても、また今後、お子さんが成長していく過程においても、相手の「できていないこと」に目を向けていると、不満ばかりが蓄積されてあなたご自身もとても辛くなってしまいます。

ですから、できていることや、できるようになったことに目を向けていくようにしたら、少しは気持ちが楽になると思います。

ご主人はご主人で、あなたの気に入るようにしたいけれども何をしたら気に入ってもらえるのかがわからずに悩んでいるのかもしれません。

また、ご夫婦によくありがちなコミュニケーションのパターンで

自分は相手のことをわかっている。
相手にも自分のことをわかってほしい。
言わなくてもわかってほしい。

という「思い込み」のみが先行してコミュニケーションをとっているつもりになっている場合があります。

Kさんもこれまでのご夫婦のコミュニケーションのパターンを思い返してみてください。
そして、良くできている部分と改善した方が良い部分をきちんと見直してみませんか。

また何かありましたらご相談くださいね。

違反報告

2015年1月27日 22時18分


カウンセリングとどろき院

初めまして、拝見しました。

相談者の不健康・不安定がいろいろな原因に感じました。

家事などは、専業主婦の役目、妊娠し出産寸前まで、健康であれば働けるんです。70年前は、6割ほどの女性は農作業に精を出し、そして家事もこなしていた印象でしょうか!

ご主人や子供さんの健康管理も相談者に責任が委ねられているはずです。

不健康・不安定なので、いろいろな迷いや誤解や違い、すれ違いなど生じます。
円満でなくなります。

まず、ご自分の不安定・不健康の清算が一番大切です。
何らかの栄養素不足が一般的です。
心身・身体の健康は、栄養素、機能栄養素(必須系ビタミン・ミネラル)しだいなんです。

何も非が無いようなご主人にショックを与えるということより、いかに健康活躍できるかが、気配りとして大切な役割のはずです。
気づき、対応がまず、必要な印象がしました。

世の中、外にでると甘くないという気づきも必要です。
生きるために、健康や才能がないと大変ということもあります。

後悔しないように、まず、死ぬほどの対応や努力が必要です。
逆にいいますと、ご主人や子供さんの命・健康は相談者にかかっています。

主婦業、専業主婦業の工夫をし、どうしてもの最後には離婚があると思います。
未来を見据えての検討と対応が慎重に必要に思います。

ご主人に打撃が走ってるようです。
別居と離婚!?
お金やエネルギーが散財しませんか!?
ご主人の健康が鍵となるはずですけど・・・そんな中、その先々は不安な印象がしてくる印象がします。

すべての健全・健康管理など相談者の裁量です。
みんな健康に上手にコントロールするのが、必要なはずです。

健康的に愛情は、注がないと一方的には来ないはずです。
いろいろな気づきと後悔のない行動などが大切です。

恋愛期間は、9ヶ月~2年の間と云われます。
子育て本能と子が鎹となるという、巣立ちの独り立ちまで続くはずです。
今の感じの別居とは、ご主人は必ず本能的にも浮気相手が付くはずです。
事実上の離婚と同じではないでしょうか?


                                   カウンセリングとどろき院
                                          竹本 豊

違反報告

2015年1月27日 21時44分


カウンセリングルーム・エンパシー

妊娠中の不満が、ご主人への愛が冷めた原因と推察致します。

つまり、妊娠中に奥さんは損をさせられたと言う感情が、潜在意識の中にありそうです。

損は得をえないと、そう易々と納得はいきません。

愛情の内、その事がありますから、「愛」が薄れても「情」が残っていれば、修復は可能だと思います。

鬱になるくらい、あなたは損をさせられたのですから、今度は得を取ればいいのです。

人は、考え方次第で、感情も変わります。
お悩みなら、「mental@r-empathy.com」までご連絡ください。

「気づき」を得てください。

違反報告

2015年1月27日 19時31分