教えて掲示板の質問

「海外在住の30歳独身女性です。前向きになりたいですが自己評価が低く落ち込み易いです」に関する質問

  • 受付終了

まあさん

こんにちは。

海外に住む30歳女性独身です.

私は自分に対しての自己評価がとても低くいつもだめだなあと落ち込んでしまいます.

仕事がアーティスト系なこともあり、認められたり認められなかったり とても安定とは ほど遠い生活を送っています.

なので自分より人が認められたときの敗北感でかなり参ってしまいます.
昔から自分より下にいる成績が悪い人たちなどを眼中いれることができず、いつも自分より稼いでいたり,優秀な人しか目に入りません、そして比べては自分が本当に何もできない,みんな私なんかより本当にすごいんだな。。。と落ち込みます.しかしその比べるところもおかしく,その人のマイナス面は見ないで、成功しているところばかりと自分を比べます.
しかし自分を見るときは マイナス面しか見られないのです...
また海外にいるため,容姿,性格などでも全く根本の違う外人などと仕事もしますが,そこでも比べて ああ,この人種のようになれたらなど、解決方法のないところでも劣等感を味わっています.

ただ私は負けてなんかいない!と思いたいので変にかっこつけたり,平気そうな顔を外ではしています.

またそのため自分の近くの人には執着してしまい、自分の価値を見いだそうとするのですが、そのため将来性のないどうしようもない関係に身を置いて 傷ついてしまったり、執着して、だめな、どうしようもない男でも好きになってくれるはず,私を求めてくれてるんだし,と期待してしまうのです.

私は父との関係が本当に悪く 小さい頃から何をしてもおこられ,一度もほめられたことがありません.離れた今,もう危害はないはずなのに思い出しては悲しくなります.
そして中学生のときは 男の子と仲いいということで女の子から無視されたりいじめられていました.
これが自分を好きになれない2つの最大の原因なのではと自分では思っています.

自己評価をもっと高め,過去の経験にもしばられずに、前向きに進んでいくにはどうしたらよいでしょうか

よろしくお願いいたします.

違反報告

2011年9月3日 17時12分

教えて掲示板の回答

ナチュラルケアサロン「輝」

まあさん。はじめまして、こんにちは。
長野の「こころとからだのストレス対策研究所」の荒井と申します。

海外在住で、しかもアーティスト。
それで生きているのですから、それだけですごいじゃないですか!
私からすれば、ご自分の夢を叶えているまあさんは、すごいです。

でも、まあさんはご自身のことを「できないやつだ」と自己評価しているのですね。

そんなまあさんにとっておきの方法があります。
機能脳科学者の苫米地英人氏の「まずは親を超えなさい!」や「夢を叶える方程式」を読むことです。

苫米地先生は、アメリカのコーチング界の始祖であるルー・タイス先生と共に、TPIEというセルフコーチングの技術を開発した方です。
ルー・タイス先生は、北京オリンピックで8個もの金メダルを取ったマイケル・フェルブスのコーチ マーク・シューベルトさんを育てた方です。
(お二人の詳細は、http://tice.co.jp/developer.htmlでご覧ください)

あなたにとって最も大切なことは、「自分自身を認めてあげること」です。
誰がなんと言おうと、「あなたはすごいのです!」。

たしかに、心の奥底に拭いきれない傷があるのでしょう。
だからこそ、自己受容できないのです。

他の回答者の方がお答えしてくださったことをやっていただく他に、心が少しでも落ち着いてきたならば、これらの本(もちろん、苫米地先生のもっと他の本も)を読んでいただきたいです。

一番大切なことは、あなたがあなたの応援団になってあげることです。

確かに親は、あなたを助けてくれているかも知れませんが、あなた自身の代わりとなってあなた自身の人生を歩むことだけは叶わないのです。

もし、ご質問やご興味がございましたならご連絡ください。
心から、あなたを応援しています。

違反報告

2011年9月10日 12時10分


センダイカウンセラーハウス(千代)

千代カウンセラーハウスの千代(センダイ)です。
私の療法は精神分析を用いますので本来メール対応はしておりませんが、海外にお住まいとのとこで、特別にお手紙の内容から回答させていただきます。

 私は、不登校の生徒の進学校でカウンセリングをしておりましたが、この学校の生徒達も自己評価が大変低く、学習意欲を失い、引きこもり、中にはうつ症状となる子もおりました。

 今回、貴女からのお手紙を拝見しますと、現在は海外でアート系の仕事をされているようですが、私の学校の生徒とは随分ことなり、勉学への意欲、海外生活への挑戦そして学識の高さが伺えます。従いまして「一般的な自己評価の低さ」とは異なる性質のものです。
 自己評価の低さは、ご自分の周囲の方との比較からなのでしょうか。むしろ、目標の設定が高すぎるための相対的評価の低さではないでしょうか。目標を、近未来、中期的、長期的と分けてみてはいかがでしようか。

 苦しい生活をされていて今の貴女は「幸せ」でしょうか、それとも「不幸」なのでしょうか。
 特に、芸術化関係の方々には、苦しい生活の中でも製作という目的を持ち「幸せ」と感じられているようです。良い生活をするために芸術を行うのではなく、何らかの自己表現のために製作活動をされているのですから、「苦しい生活」=「不幸」ではありません。
 仮に貴女が、アートの仕事をされて生活が苦しいくて不幸だ、と考えられているのであれば、他の職への転向又は帰国されることをお勧めします。
 「苦しくても幸せ」と思って続けていけるのであれば、続ける意味がありますし、やがて能力が周囲に認められるでしょう。

 他の方が認めせらると打ちひしがれ、ご自分の作品が認められると勝者の気分になる。これは、勝負の勝ち、と負けにすぎません。白と黒の世界です。そのため、落差が大きくなります。
 貴女の作品が受け入れられなかったとき、作品のすべてが受け入れられなかった訳ではないでしょう。他の作品との比較で採用されなかったのですから、採用されなかった作品の中(部分的、又は印象)には採用された作品よりも良かったところ(灰色)があるはずです。逆の場合も、そうなります。
 採用されなかった作品がなぜ採用されなかったのか知ることが必要かと思います。

 自己評価の低さはお父様の教育にあるとのご意見ですね。確かに、お父様の受けた教育によってはそのようなことはあると思います。
 ただ、お父様が、過去に貴女に接したとき、別の接し方ができた方なのでしょか。「ただ、怒ること」で接することしかできない親がいるものです。ほめてやりたいけど「口に出しては褒めることができない」。そのような悲しい表現しかできない親もいます。
 貴女のお父様がと゜のような方がは存知ませんが、貴女も母親となる年齢です。
 貴女は、お父様を恐れることはありません。むしろ、許してあげていたた゜きたいと思います。

 今の貴女には余裕が感じられません。
1日1回の瞑想をお勧めします。
 ・就寝前でよいでしょう。
・楽な姿勢をとり、ひざに手を乗せて、眼を閉じます。
 ・時間は5分間です。(なれたら長くしてください。20分くらいでよいでしょう。キッチン  タイマーなどを使います)
   時間が取れないときやちょっとした時間に1分間いるという方法もあります。
 ・無になればよいのですが、なれるものではありません。頭の中によぎるものをそ  のままに受け流してして時間の経過を待ってください。
 ・2月もすると時間の経過が分からなくなります。そのころになると、5分していて    も、20分していても、1時間していても終った瞬間は、行った時間は過去った時間  として同じよう無に感じます。
  そのころになると、何やら心の変容に気づかれると思います。
 ・さらに続けていきます。
  そうするとやがては、何事があっても動揺しない余裕のある貴女になっているで  しょう。

 言葉では、簡単ですが、してみてはいかがでしょうか。今のお仕事にも役立つことと思います。

違反報告

2011年9月8日 02時37分


はじめまして。いのまたです。

投稿読ませていただきました。
海外でアーティストとして活動されているのですね。
チャレンジ精神旺盛な方なんだろうなと想像しています。

アーティストというお仕事につてはよくわかりませんが、
認められたり 認められなかったりするというのは、何かおかしいことなのでしょうか?
きっと、作品のすべて認められるという方もいらっしゃるのですね。(スゴイですね)


自己評価を高める方法は、まず自分で自己評価が自分自身を受け入れることが大切かもしれません。

そして、その自己評価が低い理由のひとつは、ご自身で察していらっしゃるように 過去の経験にに起源があるかもしれません。

もし、お住まいの近くにヒプノセラピストさんがいらっしゃったら、ヒプノセラピーを受けてみる事をおすすめします。

もし、近くにヒプノセラピストが見当たらない場合:自分自身である程度まで向き合うことができます。

その手順をご説明させて頂きます。

① 一人になれるリラックスできる場所を見つけてください。
② こころの中にいる、認められなくて不満を持っている自分と対話してみてください。

そして、本当はどのように評価されるべきだと思っているのか?
どんな考えが「自己評価が低い」と思ってしまうような出来事を体験させているのか?
本当は、どうしたいのか?
本当は、人から どのようにしてもらいたいのか?
など、自分自身と対話してみてください。

※ご質問などありましたら、メールかスカイプでお受けいたします。

最後に・・
仕事以外で自分の好きな事をする時間・楽しむ時間もとってみてくださいね。

感謝と愛をこめて
ルーナスピリチュアルヒーリング
いのまたより

違反報告

2011年9月7日 18時53分


お父さんから褒められたことがない、何をしても怒られる、とありますが、
あなたの自己評価の基準はお父さんからの評価にありますね。

ですから、たとえ周囲が大絶賛するような評価を得られたとしても、
アーチストの世界でかなり高い地位に上り詰めたとしても、
お父さんから褒められない限り、認められない限り、
あなたは、心の底から、
よく頑張ったね、
と自分を褒めてあげることができないのです。


じゃあ、どうすればお父さんから褒めてもらえるのか・・・、
このカギは、お父さんを知ることにあります。
それと同時に、あなた自身のことをもっと客観的に知る必要もあります。

次に、お父さんとあなたの共通点と相違点を見つける事が大事です。
ここにすれ違いの原因を発見することができます。

占星術で、これらのヒントを見つけることができますが、
最も大事なことは、お父さんを非難するあなたのココロを改めるところにあります。

あなたのような、とても寂しい思いをして育った人は、
父親の仕打ちによって作られた硬い自我が邪魔をして、
なかなか素直な心を父親に向けることができません。

しかし、その壁を越えない限り、過小評価の苦しみからは抜けられないのですよ。



違反報告

2011年9月7日 15時35分


Counseling Room Allottee

まあさん はじめまして。

カウンセリングルームアロッティーの野村です。

自己評価を高めるにはまず自分を認めることです。

どんなに小さなことでも自分を誉めてみてください。

そひて、自分のできること、自分のいいところを書き出してみてください。

同じように自分のできないこと、弱点を書き出してみてください。

きっとなにか気づかれると思いますよ。

日本にいてもアーティスト系はいつでも認められることは少ないです。

確実な名声を得ないと難しいですね。

ただ、仕事というのはアーティスト系だからではなく、どんな仕事も

いつでもうまくいくとは限りません。

自己評価を高めるには、なにがいけなかったのか

を反省してフィードバックすることが必要です。

それが次に自分のプラスになり、同じことを繰りかえさない練習

でもあるのです。要は起きてしまったことにくよくよせず

前向きな姿勢を保てるようにしていくことです。

まあさんの場合プライベートメンターを探し

自分の心のうちを隠さず話されるといいと思います。

内面を浄化していくと、アイデアやイメージもでやすくなりますからね。

スカイプも対応していますのでよければご相談ください。

自分の置かれてる環境と違う人、日本人ということで

気持ちの安らぎが生まれるかもしれません。

最後に、生活するには認められることは欠かせませんが

認められること=自分の創りたい作品でないことは往々にしてあります。

私もそんなジレンマに悩んだこともあります。

メールではなくお話しをしてるうちにまあさんのジレンマも浮き彫りにされて

くるかもしれません。


http://counseling.allottee.com/

違反報告

2011年9月7日 09時48分


まあさん はじめまして^^

MARYAメンタルカウンセリング(横浜)の米倉と申します。

結論から言ってしまいますと、価値が低い人など一人もいないのですが、
程度差こそあれ、まあさんのように考えたりする方はたくさんいるのかと思います。

私自身も完全にない訳ではありません。
ただ、私は自身の体験と気付き、そして自分を癒してきたことで解消されたことも多いです。

まず体験をお話ししてみますが、14年前、インドのコルカタ、マザーテレサの施設で、
遠い昔につくられたカースト制度で身分が低いとされ、その影響があって
スラムで暮らしているような方々のお世話をさせていただいたことがあります。

病気で横になったままの女性の手を握り瞳をみていると、無条件の美しさ完全生というのか、
表現のしようもないくらいの美しさに触れて涙がとまらなくなりました。

マザーの言葉「貧しい人は美しい」と重なりました。
お金もない、洋服もない、家族もない、学歴もない、仕事もない、
なんにもないづくしで病気も煩っている女性。

「あれがない、これもできない、こうじゃないと私はダメだし劣ってる」
私の中に日常あった無価値観、葛藤や競争は剥がれ落ちていきました。

その女性と比較して、私のほうが恵まれてるから感謝しなければいけないという感覚ではなく、その体験から「人は完全なんだ」って知ったからです。何がなくても完全なのだと。
もともと自分も他者も完全な美しさだったということを思い出したとも言えるかもしれません。

誤解がないように補足しますが、貧しい人だけが美しいという意味でもないですし、
完全なのだから、貧困に苦しんでいて良いということでもありません。

カースト制度と同様、職業や学歴、容姿での上下判断、
どんなステイタスを持っているかいないか、様々な価値って誰が何を基準に決めたの?
その全ては真実なの?と心に問いかけると見えてくるものがあるはずです。

まあさんなりに原因を探し見つめているようですが、今の職業は好きで選んだことでしょうか?
お話を読みますと、少なくとも今はお仕事を楽しめていない感じですね。
本質とか原点にかえる必要があるように思えます。
まあさんが何故この職業を選んだのか・・最初どんな気持ちで始められたのか。

勝敗を意識し過ぎるよりも、まあさんという個性を純粋に楽しめている時のほうが、
流れに乗って物事ってうまくいくのだと思います。
場合によってはトラウマの癒しも必要かもしれませんね。

長くなりましたので最後にしますが、
何かの度にアップダウンする自己評価は本物でなありません。
外からの刺激に左右されることのない、まあさんの中にある価値に気付いて
楽に、穏やかになれるとよいですね。

うまく伝えられているか分かりませんが、このアドバイスが少しでもお役に立てば幸いです。
ありがとうございました☆

違反報告

2011年9月7日 03時02分


のりむら事務所

初めまして、内容拝見しました。村橋と申します。

もっと詳しいお話を聞かない事には何とも上手いアドバイスも出来ないのですが

アーティスト系?とは
ものづくり、創造性と訳せばいいのでしょうか

目的は金銭ですか?

他人からの賞賛ですか?

表現したいものは何ですか?

(前向きに進んでいくにはどうしたらよいでしょうか)その答えは、他人が簡単にどうこう言えるものじゃないんですよ?
私たちは占い師じゃないんですから。。。


あなたはもうすでに十分、前向きに進んでいますよ。
昨日より今日
今日より明日

きちんと自分を認め

正直な心でここにご相談を寄せてくれた事。
それだけであなたは十分、前向きに進んでいるんですよ?


他人からの評価以前に
あなたが自分自身をどう評価しているのか?

それがイコールです。

それは「産みの苦しみ」

狂気の瞬間に生まれ来るもの=本当のあなたが生み出して行くもの。


焦って作り出すものは、単なる商品でしか無い。

焦りは禁物!!!

焦る程に遠くなり
期待の分だけ失望するもの。


過去は過去、どうやったって変えられません。
ただ未来は創造することが出来る。

聞き飽きた
使い古された言葉でしょうが、、、
落ち込む時も、悲しい事も、全ては未来の力になりますよ。


人はね、皆生まれた時から「幸せ行き」の列車に乗っているようなもの。
大丈夫。

(自己評価がとても低くいつもだめだなあと落ち込んでしまいます)落ち込んだ時は、お電話下さい。

1番、、ナンバーワン、オンリーワンの孤独をも「創造」してみて下さい。

あなたにならば出来る筈。
本当は、もう出来ている筈。

まずは自分を信じる事ですよ。

自己中なぐらいで丁度良いんです。

違反報告

2011年9月7日 03時02分


MEDICAL LIFE COUNSELING

まあさん。はじめまして。和田と申します。

>仕事がアーティスト系

アーティスト系と言っても、どんな分野なのか不明なので、
適切かどうかは、わかりませんが・・・

美術系・音楽系などでしたら、「渾身の一作」を作る事。
舞台系・演劇系などなら、自分が目標とする「作品」に出る事。

が、ご自身にとって一番早い解決の方法だと思います。

つまり「自分自身の目標」を定めて「ふらつかない事!」
これが一番難しいかもしれませんが、アーティスト系の方には、
最も大切な事だと思います。

アーティスト・芸術とは、どこまで行っても「自分との戦い」だと
思います。

頑張って、すばらしい作品を見せて下さい!

違反報告

2011年9月7日 02時01分


まあさん、はじめまして。
akiカウンセリングの石井と申します。

自己評価が低いことでお悩みですね。
まあさんの、自己分析は素晴らしいと思います。
自分を客観的に見ていらっしゃって、とても的を得た分析をしていらっしゃると思います。

でも、自分を客観的に見ることができても、自分のいろんな心の反応は変えられませんよね。
この場では、詳しいお話をすることはできませんが、少しだけ「自己否定」、「存在価値」について書かせていただきますね。


人は誰しも、程度の差はあっても、自己評価が低いという問題を抱えています。
自己評価が高そうに見える人でさえ、その人の心の奥を見つめていくと、自己評価の低さからくる悩みがあるものです。

「自己評価が低い」、「自分の存在価値が認められない」という問題は、ほとんどの人が抱える問題と言えましょう。

そして、ほとんどの人が、自己評価を高めるために、そして、自分の存在価値が認められるようになるために、性格を変えようとしたり、能力を伸ばそうとしたり、成績を上げようとしたり、仕事で成功しようとしたり、容姿を変えようとしたり、生活水準を上げようとしたりなどなど、あらゆる解決策を考え出します。

言い換えれば、ほとんどの人が、仕事で成功したり、成績が上がったり、性格が良くなったりしたら自己評価が高まるのだという錯覚を持ってしまっています。

ほとんどの人が、他の人から認められたり、社会から認められたり、人からの評価が上がったりしたら、自分の存在価値を認めることができるようになるという錯覚を持ってしまっています。

そして、多くの場合、その錯覚のシナリオの中で、自己評価を上げるために、自分の存在価値を認められるようになるために、多くのエネルギー、時間、お金を費やします。でも、それでは人生が常に「戦い」になってしまいます。

あるいは、その「戦い」に力尽きて、更なる自己否定に陥ってしまうこともあります。


どうしてこんなことになるかと言いますと、「自分の存在価値」というものの深遠な意味がわからないからなのです。
「自分の存在価値」の深遠な意味を感じられるようになるためには、「人生というものの深い意味」、「人というものの深い意味」を学んでいくということがどうしても必要になってきます。


また、まあさんの小さい頃からのお父様との関係性と、中学校の時のお辛い体験が、ご自分を好きになれない大きな原因だとも分析されています。

私もあるレベルまでは、まあさんのその分析が正しい可能性が高いと思います。

いずれにしましても、まあさんに合ったカウンセラーを見つけられて、そのカウンセラーの手を借りながら、しっかりとご自分と向き合って、深いレベルで癒していかれるというプロセスが、まあさんの心をもっと楽にしていくためには必要かと感じます。

まあさんは、アーティストさんですから、ご自分の感性を信頼されて、ネットでカウンセラーを探されて、ピンとくるカウンセラーに相談されてみてはいかがでしょうか?
海外にお住まいということですので、日本人のカウンセラーをご希望なら、まずはスカイプやメールでのカウンセリングを試されてみてはいかがでしょうか?

私も海外での生活が長かったので、人種の違いというものの大きさは知っております。
くれぐれも無理をなさらず、ご自分に厳しくされずに、どうぞどうぞご自愛されますよう。

違反報告

2011年9月6日 23時17分


はじめまして!
“こころの扉”メンタルケア淡路の仲野と申します。

あなたが思うほど人より劣っている筈もないのですが、自己評価が低くいためにいつもだめだなあと落ち込んでしまい、長い間劣等意識に苦しめられてきた日々はとても辛かったですね!

察して余りあります。

あなたはアーティストの仕事をしておられるので、よけい他と比べる習慣が身に付いているのかも知れませんが、自分の評価は他人がするものだから気にすることはないのです。

でも、どうしても劣等感がぬぐいきれないのは、たぶん幼い時の父親との関係があると思いますね!

怒られるばかりで褒められたことのないあなたは、いつも父親の顔色を見ながらびくびくして育ったことで、潜在意識に劣等意識が刻み込まれたのではないでしょうか。

成長してからもこの意識は消えることなく残っていて、あなたの人生のポジションを自己否定、他者肯定の劣等感ポジションに決定づけてしまったと考えられます。

そしてそれが自己評価やイジメなどの結果を引き起こしている原因と言えます。

これは意識下の心理状況なので、自分の意思とは関係なく現れるものだから、自己評価をもっと高め,過去の経験にもしばられずに前向きに進んでいくと言う、プラスの人生ポジションに変えることは今のままでは出来ないと思いますね!

先ずインナーチャイルド(あなたの潜在意識にある幼きころの自分)を探して意識上にあげ、癒してあげてください。
よく頑張ってきたね!
よく我慢してきたね!
と思いっきり抱きしめてあげてください、そして認めて受容れてあげてください。

そうすればあなたの心の中で浄化作業が始まり、気持ちがすっきりとすることでしょう!自分を支配している意識を解除することに繋がっていきます。

そして、その後プラスの人生ポジションに変えてゆきます!
この作業を効果的にするのはカウンセラーです。


“この世で起きた事はこの世で解決できない筈はない” 大丈夫やー
困った時の相談は“こころの扉”メンタルケア淡路まで: http://kokolo.rakurakuhp.net

違反報告

2011年9月6日 16時48分


聖母治療院

まあさん、はじめまして。
漢方紫禁堂鍼灸院の加藤と申します。

ご自分に対する自己評価が低く、人が評価されると落ち込んでしまうのですね。

まあさんは昔からご自分に高いハードルを設定してきたのではないでしょうか?

学校の勉強や芸術の作品、付き合う相手、仕事の内容、容姿や性格・・・。

まあさんの場合、小さい頃からお父様に認めてもらえず、何をしても怒られたことが、現在自己を過小評価するご自分に結びついていると思っていらっしゃるのですね。

そういう家庭環境に育ったまあさんには、常に「自己を律する」ことを求められてきたと想像します。

そしてお父様にも褒めてもらいたいという思いと、とにかく人に勝つ事柄をひとつでも多く見つけて実践することに努めてこられたと思います。

人と比べてご自分のマイナス面はご自身の中で大きく占められ、人のマイナス面を見ないでいますと、すべての事柄・言動・外見・社会性などで人に敗北感や劣等感を抱いてしまわれますね。



以下は私の経験と、現在の実践法になります。

つまりどの道でもどの世界でも、恐ろしく「出来る」人間はいるものです。

自分の専門分野や個性の延長上である芸術などの「表現」も、天才的な「表現者」がいっぱいいます。

そういう「自分より優れている人」を見ないようにしていても、テレビの画面や新聞には毎日のように「優れた人」と評価される人が出ていて、嫌でも見てしまいます。

本屋さんに行っても本の数だけ「著者」という「一部のごく限られた人」の名前が並んでいます。

そういう世界に生きている以上、自分が「認められる」には正攻法では太刀打ちできないことを知ります。

そんなとき、映画やテレビドラマなどに出演する役者が演ずる「ずっこけた役」「格好悪い役」が、とても輝いて見えることがあります。

「格好悪い」というのは、実は「格好いい」ということに気がつきます。

エリート役や優秀な人物役は没個性的で、容姿や言動は端正ですが「華」がありません。

格好いい事柄、言動、容姿、社会性と格好悪いそれとは紙一重です。

見え方の問題になります。

まあさんご自身の見方ひとつで「格好いい」「格好悪い」は印象付けられます。

また、まあさんがご自身のことを振り返って見られたとき、そこに「格好いい」「格好悪い」の評価があるでしょう。

「All or none」の見方ではなく、場面場面として自分を評価してもいい部分と反省点もあるかと思います。

アーティスト系のお仕事で海外ご在住とのことですので、固定観念や島国的価値観にとらわれず、等身大のまあさんを活かしてのびのびと羽ばたいて頂きたいです。

長文の回答、失礼いたしました。

くれぐれもお身体お大切にお過ごしくださいますよう、日本からお祈り申し上げます。

違反報告

2011年9月6日 15時13分


カウンセリングルーム佐世保

初めまして、カウンセリングルーム佐世保の中坂と申します。
まあさんのご相談を拝見しまして、大変苦しい思いをされているんだな。しんどいですね。辛いお気持ち察します。

でも、まあさんが、何かを変化させたいと勇気をもってここに相談されましたことは、自分自身をほめてあげてください。

さて、まあさんの苦しんである一つに物事に勝気なことで、どうしても他人と評価することで自分自身を苦しめているような気がします。そこで体が、苦しいと訴えているのだと思います。人は人。まあさんの人生はまあさんだけのものです。

まあさんの気持ちが安らぐ生活になるために、辛いかもしれませんが、一度執着しているものを手放す勇気ももってください。

そのためには、今の価値観から、新しいまあさんの幸せの価値観を見つけるようにしてください。
例えば、10年後、まあさんはどんな生活を望んでいらっしゃいますか。それが価値あるものなら長期目標として設定し、因数分解をするように、5年後の中期目標、そして今しなければならない行動が見えてきます。

まあさんは、価値観を社会生活面だけに目をむけてあるように感じました。目標は、他に、健康面、教養面、精神面、経済面、家庭生活面のあわせて6分野で価値あるものをそれぞれ設定してください。バランスがとれ、きっと行動が変化してくるものと思います。

過去のトラウマは変えられませんが、自分の幸せの道は、自分で決めてその幸せをつかむ権利があります。まあさんにも当然、まあさんの
本当の幸せの姿があり、それが今、見えなくなっているだけですのでちょっと心をいたわって自分をみつめなおしてください。

それでも、モヤモヤ感がとれないということであればカウンセリングをうけ、心の奥底にあるものを吐き出し、カウンセラーにぶつけてください。カウンセラーには、相性もありますが、きっとまさんに寄り添い全力でサポートします。

けっして、今の苦しみを一人で背をわないでください。誰かに話すことで楽になれます。

まさんが、自分の幸せの道を見つけ、幸せの道を歩まれることを願っています。何かの力になれば幸いです。

違反報告

2011年9月6日 14時31分


はじめまして。太田カウンセリングオフィスの太田と申します。宜しくお願いいたします。
回答は文面からの推測になりますので、詳細に述べることが出来ないことを先ずはお伝えいたします。ご容赦ください。

さて、先ず何故にアーティスト系の職業を選んだのでしょうか? この世にはたくさんの仕事がありますが、その中から今の職業に就いた理由、目的を思い起こして下さい。ご自身の中で、最も自身の力を発揮できると感じたから選んだのではないでしょうか。
そして、周りの人の良いところばかりが目に入るのは、何故でしょう? その人のようになりたいから、その人を追い越したいから、そのような点が目に入るのではないでしょうか。しかし、ご自身は自身の駄目な点しか目に入っていません。つまり、自身を磨くことから、逃げようとしているのではないでしょうか。もう一度思い出して下さい。ご自身が、今の職業を選んだのはどんな目的なのかを。自分が駄目だと感じるのは周りと比べるからでも、親のせいでもないのかもしれませんね。もう一度、原点に立ち返ってみましょう。この職業に就いた目的に。

違反報告

2011年9月6日 14時15分