教えて掲示板の質問

「日々の鬱々とした気持ちと苛々」に関する質問

  • 受付終了

ぽっくるさん


 日々の鬱的な気力のなさと苛々を同居している婚約者にぶつけてしまい辛い日々をおくっています。

 若いころから鬱症状と不眠を抱えており、精神科に度々かかり投薬を受けてきました。
自身の問題から心理学に興味を持ち、専門学校で学んだ後、通信制の大学に27歳の時に入り認定心理士の学位を取りました。

 その後、アメリカでカウンセリングを学びたいという気持ちから3年間英語を必死で学びアメリカの大学院にやっとの思いで入学できました。

 しかし、その頃には持病の不眠も程度がかなり悪くなっていて、精神的にもあまりに厳しい大学院の授業についていけず、アメリカで勉強に集中できるような家を見つけることもできず、大学院を辞めて、一緒に住んでいた彼と日本に帰って結婚しようと 夢を断念して帰国しました。

 自分の夢を追い掛けることだけが自信を持てる唯一の方法だと思い慢心してきましたが、かれのおかげで日々の生活や、女としての幸せなどを大切にする気持ちを知りました。

  私は札幌生まれですが、実家の環境が辛く、高校の後 すぐに上京してずっと一人暮らしをしていました。グチャグチャな人生を送っていました。

 今回こそ生活を落ち着かせよう、定住しよう、自分の居場所を作ろうと思い立って、彼の地元である福岡に引っ越してきました。

 しかし、気持ちは落ち込む一方で、日々苛々は募る一方です。まだ 結婚はしていませんが、今は専業主婦のような暮らしをさせてもらっています。

 大きな挫折感が消えず、自信を無くし 前に進めません。 

 誰も知らない土地で、家にこもってばかりいるのがよくないのでしょうか? 孤独感と自己無力感にさいなまれています。

  一体 どうしたら 気持ちを切り替えて、一新 新しい事への勇気と気力がわいてくるのでしょうか?

  日々の苛々した気持ちを、甘えから 彼にぶつけてしまいます。 

 夢とキャリアを無くした今、彼までうしなったら 本当に何もなくなってしまいます。

 ほがらかな気持ちで暮らせるには どうしたらよいのでしょうか?


   お知恵をお貸し下さい。

違反報告

2015年1月21日 16時59分

教えて掲示板の回答

Lady Bird ~総合カウンセリングサービス~

幸せではないですか?
専業主婦したくても生活の為と思い必死で働いてる方もたくさんいます。
きっと今までがんばりすぎたのでは?
そんなに頑張らなくてもいいのでは?
どんな自分になりたいか?
キャリアより夢では?
小さい夢でももてば又気持ちも変わりどうしたらいいんだらろう?などきっとあなたみたいな人は自分で考え行動におこせるとは思いますが?
今のおかれてる場所でなにができ何をしたらたのしそうか?を一度かんがえてみては?


宜しければ又、私のホームページから連絡戴ければと思います。

michiko8011@ezweb.ne.jp
宛てに、その後の経過やご様子などをご連絡戴ければ幸いです。

違反報告

2015年1月26日 22時20分


セルフハンター 自分探しコンサルタント 

こんにちわ。
3点に注目しました。一つ目は、深い思考と理解がある一方で感情が伴っていない点、二つ目は、自信をつけるために外側の要因(夢の達成等)が必要だと信じていること。三つ目は、自分を叱ることでモチベーションをあげようとする癖。深い部分の解決向かうには、以下の理論が有効かと思うので紹介してみます。ご参考になればと思います。

心理的問題は自分の中で異なった意識の衝突が起こっていることに由来する、という理論があります。単純に意識を大きく二つに分けると、一つはこの世に生まれてから社会や環境(家族、友人、学校、メディア等)によって条件付けられて「こうあるべき」だと信じているもの( Normal Consciousness: 善悪の価値観、恥の感覚、どの季節にどうした洋服を着るべきか、1日3食、といった”常識”として深く考えることなく無意識に受け入れてきたもの)、もう一つはその過程で押し殺されてきた、“本来の自分”から所以するもの。(真実の追求、社会に背くとされるような意見や願望、親の希望に従い諦めてきた希望など)

特に日本は全ての人が同じように考えて行動するように徹底的に教育するので、大半の人は「本当の自分」を心の奥底に閉じ込め、存在に気がつきません。さらに、異なった意見や行動を厳しく取り締まる”看守”のようなものが自分の中に育ち、常に間違いを犯さなうように(本当の自分が出てこないように)自分と周りを監視しています。しかし、あなたのような繊細な人は「本当の自分の声」が聞こえ、自分 の中の看守 との激しい衝突が起こり、 心理的問題として表面化します。こうした反応を薬で抑制するのが現在主流となっている精神治療ですが、それには限界があり根本的な解決にならないことが理解されてきました。

こうした点からも、ユング(Carl Jung)は心の底に閉じ込めらた自分を見つけてゆく自己発見(Individuation)が最も重要なものだとしています。自己発見の旅はすべての人が行うべきものですが、それが行われない状況にあることで、個人はもちろん、世界は混乱しています。プロセスは一生をかけて行うものですが、この過程で自分の基盤を固めてゆくことになり、周りの意見や価値観に振り回されないようになることで自信がつき、他者とより楽に関わってゆけ、自分の本当の仲間を見つけ始めることができます。また自分の生まれ持った能力に気がつき、世の中での役割を発見してゆきます。自分が一体何なのかわからないまま、社会の価値に合わせ狭い檻の中で競争させられ、納得できない「常識」に振り回されていては自信が持てることは至難です。糸の切れた凧が台風の中でどこに向かうのでしょうか。

自己発見(Individuation)には、自分の中の衝突を解決するために、自分の中に哲学者を育て、その思考力でガイドとなってもらうことが必要と言われています。自分中心の視線から離れ、状況を客観的に判断し、フェアに論理的に答えを導き出します。

思考力を育てることは残念ですが日本の教育は力を入れてきませんでした。「どうしてだろう?」と好奇心いっぱいの子供の頃の視野を思い出しましょう。空の雲が何の形に見えてきますか?鵜呑みにしてきた“あたりまえ”に疑問を投げかけてみましょう。

哲学カウンセリングの方法を簡単に紹介します。日本人によくある傾向の「自分が他人にどう思われるか」より、「自分がどのように相手や状況に反応しているか」に注目して下さい。鍵は感情の反応です。何かの場面で感情が大きく反応した時、(特にマイナス:怒り、悲しみ)その感情を引き起こしたと思われる原因(根本にある信条、意図)は何かを探ってみてください。(自分は他人に劣っている、間違ったら恥をかくから怖いなど)そして、 その信条が自分にとって悪い影響を与えており、必要のないことを理論的に理解し、書き換えてゆく必要があります。書き換えには変わりたいという強い意思、願望が必要です。(他者と比べることは無意味だ。気分が悪くなるだけだからやめよう。恥の気持ちは不必要。間違いから学ぶことが重要、など)このプロセスを 続けることで、自分がより理解でき、自己コントロールが身につき、更に驚くことに他者の理解ができ始めます。

多くの苦労をされてきたようなので、今の他者とあまり接する必要のない時間をご自身の癒しの時間に費やされるといいかと思います。「よくやった、頑張ったね」と、毎日鏡に向かって笑顔で実際に声に出すことから初めてみてください。 笑顔にはとてつもないパワーが秘められていることから古代から中国やインドの癒しの方法として取り入れられてきました。科学的にもその効力が証明され始めています。彼に笑顔で「ありがとう」と常に伝えることを忘れないでください。これは彼に必要なだけでなく、あなたに多大な効果があります。

以下、参考までにサイト 等ご紹介しておきます。英語 ができれば世界中の優れた情報にアクセスできます。視野を広めて、納得のできるものを自分のペースで受け入れていけばいいと思います。

無料でユングの勉強ができるポットキャストです。#26 Individuationをお勧めします。(英語)https://itunes.apple.com/us/podcast/jungians-podcast/id216737913?mt=2

アメリカの精神科医で大学教授の方の本です。投薬治療が中心となっている中で、心の治療の重要性を広範囲のリサーチと経験から訴えています。(英語)
http://www.eliofrattaroli.com/main.asp

ルイース・ヘイ https://www.youtube.com/watch?v=kH5MGznphv0

書籍:プラトン「国家」、国家のあり方を説いているようで、実際は心について説いている。本の中の“洞窟の比喩”は、ユングの理論は勿論のこと、映画「マトリックス」の中心となる考え。

また、不眠にはエクセサイズはもちろんですが、サプリメントやホメオパシーも有効かと思います。投薬治療中の場合は必ず専門家に相談してください。

最後に、 自己発見の旅はチャレンジの連続で痛みを伴いますが、その先には今までに経験したことのない美しい世界が待っています。変われます。 あなたが本当の自分を発見して、幸せをより感じるようになってゆくことを心から願っています。

違反報告

2015年1月26日 07時07分


憂うつの癒し屋

んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん・・・・・・・・・・・・・・
認定カウンセラーの資格を持っているのですよね・・・・・・・・・・・・・・
セルフカウンセリングは無理でしたか????
私も40代後半で認定心理アナリストの資格をとりました。
その程度の私も、こうしてボランティアでカウンセリングをやらさせて頂いております。
アメリカ!!!!!!!!!!!!!!
行っただけで、凄いことなんですよ!!!!!!!!!!
わたしは、31年間のうつ病と心臓疾患で湖の街を出ることも出来ません。
上を見るから、辛くなるということもあります。
世の中には、生まれてすぐに亡くなる子どもや、イジメを苦に自殺してしまう子供、
私のようにパワハラで精神が崩壊してしまって、離婚~17年間子どもたちとも
「気違い」と言われ合わせてもらえない人などがいます。
確かに明るい希望を持って賢明に努力しアメリカに行って挫折した、ということは、
その落差の面からは、上記の様々な人たちに比べて、ぽっくるさんは、自分に比べれば大したことではないと思いますか??
自分が生きるためには、他の生命を頂かなくてはなりません。
まずは、そのことに対する日々感謝の気持ちを言葉や態度で大いなるものや他人に現してみてください。
お分かりだとは思いますが、こんな時は「傾聴カウンセリング」がいいのです。
お近くの保健所の相談員さん(精神保健福祉士など)にアポを取って、実際に面談してみてください。
相談員さんには、厳格な守秘義務が課せられおりますし、「聴くことのプロ」ですから、
ぽっくるさんの話す姿勢、テンポ、トーンなどを観察して、ぽっくるさんが話しやすいように雰囲気を作ってくれるはずです。
やぶ蛇だとは思いますが、主に対面式で自分の思いを第三者に話すことを「外在化」といいます。
これにはカタルシス効果(心の浄化作用)がありますので、気持ちがスッキとします。
そして毎日やっていただきたいのは、自律神経の安定のための「瞑想」と
昨今、カウンセリングと堂々の効果があると言われている、感情と行動が密接にリンクしていることを利用した「掃除」~特に汚いところと普段は物の影になっていて掃除しづらい所を重点的に~やって見て下さい。
実際に綺麗になっていきますので、心もスッキリとしますし、潜在的な欲求を「顕在化」~浮かび上がらせる事ができます。
それが案外、自分でも今回のケースと関係なさそうなことですが、誘発のファクターになっていることが多いのです。
例えば、実家の件など・・・・・・・・・・・・・・・・
もしもそれが出てきたら、認知行動療法に進むといいと考えられます。
面談(カウンセリング)で一番大切なファクターは「相性~話しやすさ」です。
そこだけは、かなりこだわって下さい。
社会福祉協議会に登録しているカウンセリングのボランティア団体、スカイプでの動画通話でもギリギリOKですのでこのサイトなどで全国規模で探して見て下さい。
追記:心療内科には必ず通院して下さい。
私のHP: 憂うつを癒やすカウンセリング心理学
http://sinrigaku.com
では「傾聴カウンセリング」
「トピックス・リスト」→「自動思考と認知の歪み(認知行動療法)」
「トピックス・リスト」→「リラクゼーション(瞑想など)」
「トピックス・リスト」」→「自信をつけるテクニック」
「トピックス・リスト」→「自己実現の為の意識改革」などのお役立ち情報が掲載されておりますので、是非一読していただきたいと思います。

違反報告

2015年1月22日 09時34分


カウンセリングとどろき院

初めまして、拝見しました。

心身や身体がどう作られ、どのように維持されているか?
どのように安定に導いているか?

彼へご自分の不安定などを、ぶつけてしまうのは、依存です。
麻薬のカフェインやお酒、たばこの常習化とにているはずです。
悪いけれど、行動をしてしまうというものです。
なんとなく習慣になっていることも改善が、必要です。
大きな損失が多くの人にあり、不調化もあります。
さまざまな不調、3食の食事工夫・努力での改善は、すでに無理です。
サプリメント(補助食品)が、不可欠となっています。

どうしたら、不安・恐怖・緊張・不安定がなくなり、充実するか?
どうしたら、炎症・硬化・むくみ・代謝異常・みえない怪我をなくせるか?

気づくことが、大切です。

相談者には、過去の過剰ストレスが心身・身体に蓄積している状態でもあります。
鬱傾向の不健康から、健康になることで解決することです。

セロトニンやドーパミン、エンドルフィンなどいろいろな神経伝達物質や快感物質は食事の機能栄養素から構成しつくられています。

仮に完璧な状態に、健康を取り戻しても、人は多少は不満をいつも持ちます。その場合は、相手を裏切らないこと信頼できるか?
男女、人間同士、SEX依存関係で繋がっているのは、不安定の方が強い可能性もあります。性的快感が得られるからです。しかし、10数年でホルモンからくる性的なもの恋愛的嗜好は続かないようです。子供がかすがいになり、家族が続くような印象でしょうか?

機能栄養素の充実が、一番解決のための鍵になるはずです!!
特に、タンパク質、必須系ビタミン、ミネラルの補てんが必要の可能性があるように思います。

ご自分が変わること、怪我の細胞修復や自律神経を整える事(肩凝り?腰が重い・痛い?・・・便秘・頭痛・・)、リタックス(副交感神経)できる日常に戻ることで、充実感が戻ってくる可能性が考えられます。

核家族化により、昔ながらの身を守る食の伝承などなされない日本になったことが、大きなマエナスとも考えられます。さまざまな不調が若い人ほど増えてるようです。いろいろな意味での食のあり方に問題が隠されてるんです。

今の延長では、そのうちに彼も傾くはずです。
気づきが、今は大切です。
すべて、健やかな健康維持は相談者の主婦としての責任なんですから。

当院のHPやそのリンクなども参考にされてください。
「治癒1番ネットとどろき院」では、ネットから不調のアプローチが可能です。


                                    カウンセリングとどろき院
                                             竹本 豊

違反報告

2015年1月21日 21時41分


カウンセリングルーム・エンパシー

ご相談内容を拝読しました。

選択肢をする段階で、正しい選択肢かどうかはわかりません。

大事なのは、あなたが選択肢した方を「正しい選択肢」にすればいいのです。

今のあなたは、当時の選択肢を「失敗」と決めつけているようです。

そうしたくなかったら、今の幸せを味わうことです。無い物ねだりをしていては、いつになっても満足は得られません。

今ある中で、幸せを見出すことができれば、過去の夢とかキャリアに拘る必要はありません。

未来は、今のあなたが創っていくのです。過去は過去、未来とは何の関係もありません。

過去を引きずって生きるより、今を精一杯生きることが大切です。

大学院を止めたのは、それだけの事情があったからです。

あなたの選択肢を、正しい選択肢にするには、選んだ後の生き方が重要なのです。

人生は諦めの先には何もありません。彼も諦めてしまうつもりですか?

諦めない限り、あなたのものです。朗らかに暮らすには、執着しないことです。

執着すれば、囚われてしまいます。執着を手放しましょう。

響くものがありましたなら、「mental@r-empathy.com」までご連絡ください。

直感ですが、あなたとの相性は悪くないと思います。

違反報告

2015年1月21日 19時43分


カウンセリングルーム Flow 電話カウンセリング

はじめましてカウンセリングルームFlowの馬場と申します
あなたのお悩みを拝見し書かせていただきます

非常に行動力と決断力の強い方のように感じます

書かれているあなたの過去からそのような感想をもちました

日々鬱々とした気持ちやイライラをもっておられるということですが
それは具体的にはどういったものなのでしょう
そして何に向けられたものなのでしょうか

過去と現在の暮らし方 生活の仕方には大きいな差があるように感じます
それゆえにあなたは自分のあり方について悩んではいないでしょうか

自分の目標を追い それが自身の価値となる そういった考えをもっていたあなたが
新しい考えを持ったことで
どのようにしていけばよいのかわからない状態になってはいないかと思うのです
それがイライラや鬱々とした気持ちを生んではいないでしょうか

今の生活はあなたにとって
生活を落ち着かせよう、定住しよう、自分の居場所を作ろうと思い立ちなさっているものだと思います
ですがそれはあなただけでなく あなたのパートナーと築いてゆくものだと思います
そうであれば お互いがどのような目的をもって そして どのように進めてゆくのか
を話し合う必要があるのではないでしょうか
そして二人で築く生活であれば そこにはあなたが成す役割があるのだと思います
それがあなたにとっての新たな自信につながるのではないかと思うのです

また現在の環境にはあなただけのコミュニティーというものがないのではないかと思います
例えばパートやアルバイトのようなものでもよいでしょう
あなたが持つあなたの人間関係も必要になってくるのではないかと思うのです

これがあなたへの参考となれば幸いです
ご質問等ございましたらどうぞご連絡ください
あなたのお力になれればと思います

違反報告

2015年1月21日 19時07分


りょうもう心理カウンセリング

ぼっくるさん、はじめまして。
カウンセラーの須賀と申します。
いろいろおつらい状況があり、婚約者の方にぶつけてしまって、さらに自己嫌悪になっているのですね。

まず、簡単にできることから考えてみませんか。
最初にすることは、素直に彼に「ごめんね」って言ってみることです。
私は、そこからすべてが好転していくような気がしますよ。

そして、過ぎ去った過去のことはどうにも変えようはありませんが、今から先のことは、自分次第でどのようにでもなっていきます。

日本では、社会福祉協議会が推進する居場所づくり事業があります。
「ふれあい・いきいきサロン」というものです。
対象者や内容も様々ですから、お近くの催しで興味のあるものに参加して、気楽に語らってみてはいかがでしょうか。
http://fsw.or.jp/kouhou/ikiiki/top.html

そして、現在の体調はいかがでしょうか。
不眠や抑うつが重いと感じたら、我慢せず通院も視野に入れたほうがよいと思いますよ。

どうぞ、お大事に。

違反報告

2015年1月21日 18時56分


こころとからだ学びの相談室

ぽっくるさん、初めまして。 こころとからだ学びの相談室の阪口圭一と申します。

 認定心理士の学位を取っているとのこと、心理学基礎理論は、大学で学ばれたと思います。
 
 大学の授業ではありませんが、以前臨床に携わっている心理学者がカウンセラーになるのに適切な人として、「うつ病の経験がある人」「自殺未遂の経験がある人」「離婚経験がある人」「50歳を越えている人」「女性」と、著書の中で紹介していたのを読んだことがあります。
 
 それはさておき、第二次大戦中にナチスの強制収容所を生き延びた V.E.フランクル著「宿命を越えて、自己を越えて」春秋社を読まれることをお勧めします。
 
 

違反報告

2015年1月21日 18時39分