教えて掲示板の質問

「両親の過干渉による精神疾患・無気力・絶望」に関する質問

  • 受付終了

penpenさん

両親の過干渉・精神疾患・離婚を経て、生活が苦しくなってしまいご相談させていただきました。

もともと小さい時から、両親は自分の敷いたレールに乗せないと気がすまない人間で、私がそれに少しでも失敗したり背いたりすると、暴力をふるい、物を投げつけ、怒鳴り散らすような人間でした。
そんな中でもなんとかやっていき、社会人になり、3年前に結婚して親元を離れました。

しかし私が結婚してから、仕事中でも毎日頻繁に両親から電話が来るようになり、そのたびに実家への帰省や電話を要求してきました。
こちらの生活もあるし仕事中の電話は困る、やめるよう言っても聞かず、逆に激怒されるような状況でした。
実際に実家に行けば、毎回私や妻に対して罵倒・暴言、さらに妻へは妻の家に対する侮辱など、妻はいつも泣かされていました。こちらの反論や主張は何も聞き入れてもらえませんでした。
私たち夫婦は次第に耐えられなくなり、連絡も無視するようになりましたが、彼らの行動はどんどんエスカレートしていき、休日早朝に突然自宅にやってきたり、会社に押しかけてきたり、会社の人事や上司に毎日のように電話してくるようになりました。

そして昨年、私は仕事の忙しさも重なって、精神疾患を患い、倒れてしまいました。
会社には体調を配慮いただき、心療内科に通いながら、なんとか仕事を続けました。
こちらがいくらやめてくれと言っても彼らの行動は変わらないため、警察に相談して、両親に警告してもらい、もし何かあった場合、すぐに駆けつけてもらうよう約束を取り付けたりしました。両親に知らせず、住所も変更しました。
それからは両親から接触は来なくなったものの、またいつか突然電話が来るのではないか、また突然会社にやってくるのではないか、家にも押しかけて来るのではないか等、いつも不安や恐怖に怯えるような毎日を過ごしていました。

そして、私をずっと支えてくれていた妻も耐えられなくなり、今年始めに鬱病を患い、身体もほとんど動かせない、まともに会話することもできない状態になってしまいました。
もうこれ以上妻に負担をかけさせたくなかったため離婚してしまいました。

私自身も精神疾患を患っていましたが、それでもなんとか仕事を続けてきました。
自分が頑張ることで、病気の彼女の励みになればと思って、頑張って仕事を続けてきました。
離婚してからも彼女とは連絡しあい、お互い励まし合ってきたのですが、しかし彼女の容態が安定するようになると「離婚したのだしもう関わらないでほしい」と言われてしまいました。

それ以来、頑張る意欲を失ってしまい、体調も不安定になってきてしまいました。
現在は親からの接触もありませんし、親に対する恐怖心などもなくなってきましたが、無気力な状態が続いています。
何をしても楽しくない、何にも興味が起きない、何をする気力も起きない。

仕事はなんとかこなせるものの、疲れ果ててそれ以外のことがろくに何もできず、休日も寝たきり、というような生活が数ヶ月続いていましたが、今月になってから仕事にも支障が出てくるようになってきました。
朝会社に行こうにも身体がいうことを効かず会社に行けない、なんとか会社に行けても頭がうまく働かない、言葉が出てこず会話もうまくできない、今まで自分がこなせていたこともスムーズにできなくなってきたのです。

親との問題やトラウマを抱え、最愛の人の人生をボロボロにしてしまい、会社からの評価や信用も日に日に下がる一方で、楽しいことは何もなく、無気力でまともに身体が動かず、希望も自信も生きる目的もなくなってしまいました。
兄弟もおらず、頼れる身寄りもありません。

心療内科には現在も通院していますが、親や家庭が起因している問題なので、投薬だけで治すのは難しいと言われています。
しかし、だからと言って今さら両親にも会いたくありませんし、仮に両親との仲が良好になったところで容態が良くなるともとても思えません。

もうどうしていったらいいのか分からなくなってしまいました。
長文になってしまい申し訳ありませんが、何かアドバイスなどありましたらぜひよろしくお願いいたします。

違反報告

2014年11月22日 00時26分

教えて掲示板の回答

憂うつの癒し屋

それは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
気の毒というか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今更、どうしょうもないというか・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私も、長年うつ病で離婚し、26年経った現在でも子どもたちに合わせてもらえないでいます。
そうですね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
傾聴カウンセリングから初めて、トラウマの治療に移行するのがいいかもしれません。
いずれも対面式ですが、傾聴カウンセリングで信頼関係を築き、カウンセラーの指導のもとでトラウマの治療法を受ける、ということです。
一度お近くの保健所の相談員さん(精神保健福祉士など)に連絡を入れ、アポを取って、面談してみてください。
相談員さんには、厳格な守秘義務が課せられておりますし、「聴くことのプロ」ですから、penpen さんの言葉以外の情報(姿勢、話すテンポ、トーンなど)を観察して話しやすいように雰囲気を作ってくれるはずです。
また、きちんと通院をして服薬をして下さい。
その辺りも、相談員さんに聞いてみてください。
通常は二週間に一度のペースでカウンセリングが行われますので、
一番のポイントは「相性~話しやすさ」です。
この「相性」には、こだわってみてください。
「相性」が良ければ、傾聴カウンセリングでトラウマが消えてしまう事例もありますので。
肝に銘じていただきたいのは、全てのトラウマの治療法は、そのトラウマと真正面に向き合わなくてはならないということです。
自分一人で出来るものとしては、「瞑想」~自律神経の安定のため
更に、「掃除」です。
「掃除」にはカウンセリングと同等の効果があるという説もあります。
また、今までの周囲との関係を改めて書くことで自分を客観視する「内観療法」もお勧めです。
私のHP: 憂うつを癒やすカウンセリング心理学
http://sinrigaku.com
では、「傾聴カウンセリング」
「トピックス・リスト」→「トラウマの治療法」
「トピックス・リスト」→「リラクゼーション(瞑想など)」
「トピックス・リスト」→「内観療法」などのお役立ち情報が掲載されておりますので、是非一読していただきたいと思います。

違反報告

2014年11月24日 09時22分


ハートコミュニケーションこころの森林浴

苦しかったですね、辛かったですねっ
今まで起きたこと、自分で決断したことを進めて来たんですねっ

今、少しづつ今までの自分を受け入れて行ってあげて下さい。
そして、人は誰しも先へ向かって、変わることが出来るんです。

大丈夫、私はあなたを応援致します。

違反報告

2014年11月24日 08時59分


岸田 ナース  『総合カウンセリングサービス』

こんにちは。カウンセリングの岸田と申します。

penpenさんのお悩みを拝見させて頂きながら、今まで両親との
葛藤と向き合いながらよく耐えてこられたなと胸が痛みました。

あなたの奥様にも精神的な負担をかけてしまいとてもお辛い思い
をされてきましたね。 今は、両親との接触が軽くなっているようで
すが、体調を崩されお気持ちが前に向かないのですね。

penpenさんは、きっと精神的にも体力的にも限界を超えているように
感じます。ここで少し人生の休暇に入ってみてはいかがでしょうか?

これからの人生は長いですので、たっぷり充電をされて疲れたお体を癒やして
下さいね(*^^*) penpenさんの今後に何かあったり経過に変化がありましたらご連絡を戴け
ると幸いです。

違反報告

2014年11月24日 07時41分


愛され女神momokanon

初めましてカウンセリングワンダ大山桃子です。

拝見させていただきました。
まず初めにあなたは『何も悪くない』という事を理解してください。幼少期からの経験によって誤解による設定ここでの文章で想像されるのは『自分自身であってはならない』というような設定(潜在意識の部分)があるように思われます。この問題を解決するにはあなた自身があなた自身を理解し幼少期の経験によってどのような誤解があったのか?というところを解きあなた自身があなたを受け入れ癒し愛して守る事が必要であると思われます。心の中、自分自身を責め続けている自分に気づいてください。その自分に対してこう言ってください『今までよく頑張ったね、僕は知ってるよ君が一生懸命頑張ってきたこと、君は何も悪くないよ、今まで気づいてあげれなくてごめんね。もう大丈夫だよ僕が君を守ってあげるよ』とどんな感じがしますか?自分の中で起る反応を感じてみてください。あなたの事を一番理解してあげれるのも癒してあげれるのも自分自身です。そのサポートをさせていただきます。
あなたの中のあなたの悲しみや苦しみは薬でどうにかできるものではないと思われますがいかがでしょうか?
 

違反報告

2014年11月22日 16時44分


オフィスオオヤマ

penpenさん

はじめまして!
カウンセラーの大山智之と申します。

今の苦しみよくわかります。
そして、何とかしたいというお気持ち伝わってきました。

ご両親との関係を絶ったことは賢明なご判断ですね。
penpenさんの色々なことが良くなればきっといつか関係も修復できます。

今は理解できないかもしれませんが
ご両親にもそうならないといけない理由があるものです。

今、金銭的な余裕があるならば少し休むべき時だと思いませんか?

誰でも人生には何度か休むべき時があります。
それも一時的なものです。
1週間から2週間
人によっては数年必要な場合もあります。

そして、信頼できる人に助けてもらってください。
そういう人がいなければ探して見つけてみませんか?
信頼できる人間関係の作り方が苦手ですか?

それもわかります。
ですので一から作り出すチャンスでもあります。

誰かに「助けて!」と言ってください。
そのあとが大切です。
助けてもらったら「感謝」と「お礼」をしなければ良い関係を続けるのは難しいのです。
そして与えてから与えてもらうようにしませんか?

期待することをやめてみませんか?
期待と現実のギャップに苦しんでいませんか?

人はある時人生を作り直す時が来ます。
生れ変わると言った方がわかりやすいかもしれません。

過去は変えられませんが
未来は今から作れると氣づくことは難しいですか?

そういことを教えてもらう時間を作っていくことが大切です。

本気で変わりたいなら
つきあう人間関係を少しずつでも変えてみることをおすすめします。
最初は違和感を感じますがすぐに慣れてきます。

今は休んでゆっくり自分を癒してくださいね。

penpenさんが今
不安に思っていることのほとんどは現実にはおこらないものですので
できるだけ自分で考えることをやめて
楽しいことをして時間を過ごすようにしてください。

違反報告

2014年11月22日 16時25分


夢分析の心理カウンセラーyanagi

こんにちは、penpen さん。

とても厳しい体験をされたのですね。そのような体験をされたのであれば、今の状況は当然ですし、その中でとてもがんばってこられたと思います。


投薬などの医療行為によって、気分の落ち込みといった症状自体は改善がはかれるかもしれませんが、penpen さんの場合には、やはり心のケアが必要であるように思います。
ただ、医療機関だと、それを望むのは難しい部分があるかもしれません。


しかし、心のケアをすることによってこそ元の活動レベルに戻れるでしょうし、ご両親から本当の意味で開放された人生をおくることができるようになるのではないかと思います。


幸いご両親からの干渉は現在ではないようですから、これまでに受けたこころの傷を癒し、こころのエネルギーを今こそ取り戻したいですね。


こちらでご提供している夢分析やイメージ法といったカウンセリング方法は、心への負担も比較的少ないものなので、今のpenpen さんは合っているかもしれません。


こちらでは初回面接は無料としていますので、状況を改善したいとお考えであれば、アクセスしてみてください。

違反報告

2014年11月22日 16時11分


総合セラピールーム:ヒーリング・スウィート

お悩み拝読いたしました。

>小さい時から、両親は自分の敷いたレールに乗せないと気がすまない人間で、私がそれに少しでも失敗したり背いたりすると、暴力をふるい、物を投げつけ、怒鳴り散らすような人間でした。

この頃から、離婚、彼女との別れまで、
さまざまな苦しみを抱えていらっしゃるのですね。

>心療内科には現在も通院していますが、親や家庭が起因している問題なので、投薬だけで治すのは難しいと言われています。

その通りだと思います。

薬は脳をボーっとさせるだけなので根本的な解決には至りません。

「こころ」の問題をカウンセリングで根本から解決し、心療内科の先生と相談しながら減薬するのが良いと思います。

今の「こころ」の状態と鬱症状の原因をカウンセリングで共に発見し、

複数のトラウマを催眠療法で癒し、ご自分を解放するのが最善だと思います。

http://healing-sweet.net/ryou/hipuno.html

鬱的症状で過度に心を守る為に脳の扁桃体が興奮状態だと思います。

その為、当セラピールームではヒーリング&カウンセリングで心身を癒す、

http://healing-sweet.net/ryou/healing.html

総合セラピーを行っています。

対面セラピーが理想的ですが、

スカイプやLINEを利用したヒーリング&カウンセリングも行っております。

お問い合わせはお気軽に
http://healing-sweet.net/ryou/mail.html

対面や電話・スカイプ・LINEで各種悩み事の
カウンセリング&ヒーリングと催眠療法。
埼玉県草加市 総合セラピー・ルーム ヒーリング・スウィート
厚生労働省 認定心理カウンセラー 総合セラピスト 栗原 涼
http://healing-sweet.net/ryou/index.html

違反報告

2014年11月22日 15時44分


りょうもう心理カウンセリング

penpenさん、はじめまして。
カウンセラーの須賀と申します。
おひとりで大変おつらい状況なのですね。
でも、penpenさん。安心して下さいね。
フォローできることも、色々ありますよ。

まず、私がお勧めするのは、精神科病院等で運営するグループホームを頼ってみることです。
病気のケアから自立へ向けた全体的な支援を行っています。
「精神疾患 グループホーム」と検索して探すか、お近くの保健所等にご相談されるとよいと思います。
お仕事についてですが、現在の担当医に診断書を書いてもらい、しばらくお休みしたほうがよいと思います。おそらく、もう無理ができないほど重症化していると思います。

ひとりで悩まず、専門家や行政、施設など、penpenさんをフォローするところは、色々あるはずですから、頼ってみませんか。

どうぞ、お大事に。

違反報告

2014年11月22日 15時41分


はじめまして。
陽春堂の小久保と申します。

複雑な状況を私のところで一度に解決することは難しいと思われますが
体調を改善するお手伝いはできるかと思います。
文面からは長年のストレスにより副腎疲労を患っていることを疑います。
仕事が続けられなくなることは経済的にも苦しくなりますので、
まずは体調面の回復を優先することをお勧めいたします。
ある程度元気になったところで問題の解決に取り組んでもよいのではないでしょうか?

疲労の程度に関しては自律神経測定などで客観的に把握することも可能です。必要に応じて医療機関での検査等の連携もいたします。

お気軽にご相談いただければと思います。






違反報告

2014年11月22日 15時38分