教えて掲示板の質問

「異常なほど寂しいのです」に関する質問

  • 受付終了

千尋さん

私は高校生です。
私は毎日毎日満たされません
満たされる時は彼氏がいる時だけです
彼氏に依存して毎日のように電話をします、そうすることで
一時的に満たされるのです。
毎日寂しいのが嫌でネットで気の合う人を見つけては
彼氏にしてしまう自分に嫌気がさしました
途中で彼からの愛が感じられない、と不安になると自傷したり心を病んでしまったりします
何度も泣きました、自分はばかだと思います
ですが彼氏探しがやめられません。寂しいのは嫌です
趣味でもあれば。と思うのですがなにも見つかりません
学校でも友達が少しでも私に話しかけないと寂しいと感じ自分から距離を置いてしまいます。
毎日寂しいです、誰も私を満たしてくれません
このままでは将来やっていけないような気がします。改善策はありますか?

違反報告

2014年10月8日 19時46分

教えて掲示板の回答

【美しい心の回復力がつくカウンセリング】神戸旧居留地 心のご飯屋

千尋さん

はじめまして。こころです。

千尋さんのカウンセラーの方に対してご回答されている文面を拝見し
コメントさせていただきました。


回答に関してはご回答されたプロカウンセラーの先生方と私も同回答にありますので控えさせていただきますね。

お礼文面を拝見して、なんて心のきれいな素直な人なのだろうと関心しました。
そのように成長できたご自分をほめてあげてくださいね。

千尋さんの持つ人に対する優しさ、繊細さはこれから先千尋さんと同じような

環境で育ち同じような思いをされている方を支えサポートする大きな力となるでしょう。

そうそう、自分以外の他人も大人も親も自分と同じく心は満たされていない方がほとんどなのです。

満たされているように見えるモデルの道○ジェ○カさんでもいろんな事を乗り越えて
あの笑顔があります。

人の心の中は誰にもわからないのです。

そのような方が多い中こうして自分の気持ちを伝えにきてくださる千尋さんの改善策はたくさんあるように感じます。

良い本との出会いが心を満たす手伝いをする事もあり、人生が変わることもあります。

秋山まりあさん著の100パーセント自分原因説 読みやすく楽しい本ですよ。
千尋さんの改善策のお手伝いになれば良いです。


寂しくなればまたこちらのプロカウンセラーの方に相談しにきてくださいね。


こころでした。


違反報告

2014年10月13日 11時32分


初めまして、思いやりカウンセリングの神里と申します。
素直に心の内を打ち明けてくださった、寂しがり屋の千尋さん
少しでも、何かお力になれたらと思いアドバイスさせていただきます。

家庭環境の事情により、特にお母さまの愛情を必要とする時期に
寂しくても辛抱するしかなくて、本当に辛かったことでしょう
満たされない愛情を彼に託しても、本気で応えてくれると嬉しいのですが
なかなか上手くいかないものですね
期待を要望すればするほど、彼は、避けたくなる心理が働いたのでしょう
自分だけに依存されたくなかったのでしょうね。

千尋さんは、まだ高校生で若いです
男女の交友関係は、浅く、広くというふうに気持ちを軽く持つと良いのでは。
友達をどんどん増やせば、寂しさもまぎらわせますから。

消極的な面もあるようですが、そこは小さな努力の積み重ねで克服できる
と思います。

成人して、運命のかたと出会う日まで、千尋さん磨きをしておきましょう
伏し目がちな目線は正面よりやや上に、そして、笑顔を心がけると
あなたの魅力が輝きますよ

千尋さんの幸ある未来、応援しています。

違反報告

2014年10月12日 21時08分


こころ と からだ の カウンセリング ルーム・ソル

初めまして。
こころとからだのカウンセリング ルーム・ソルの小坂田恵理と申します。

千尋さんのご相談内容を拝見しました。


寂しい、寂しい、という心の叫びが伝わってきました。

愛されている、大切にされている、必要とされている実感が欲しい。でも、どうしたらいいのか分からず、誰かに求めてしまう。
愛しているよ、好きだよ、と言われてもそれが本当なのか不安になり、もっともっと他の誰かに求めていく。

とてもお辛い日々でしたね。高校生であることも考えると胸が締め付けられる思いです。

お苦しい中、きっとこのまま誰かに愛を求め続けても同じことの繰り返しなんだってこととに気付き、そして他に方法があるのではないかと思われ、必死の思いで投稿されたのだと思います。

好きな人の言葉を信じたい。自分を愛し大切にしていきたい。一人でいても誰といても安心して穏やかに毎日を過ごしたい。

その千尋さんが望む穏やかな毎日は必ずやってきます。
その為に今、ご自分を大切にすることを考えてみませんか。

誰かを愛すること、誰かに愛されることをスムーズに受け入れられるようになるには自分を大切にする、愛することから始まります。

自分を愛することによって、不安や寂しさはなくなります。
何故なら、愛を求め、不安で寂しいと叫んでいるのは千尋さんの心だからです。自分自身を大切にすることで、心は愛で満たされ落ち着いていきます。

千尋さんの心はあなたに愛して欲しいのです。

無理やり自分を好きになろうとしなくてもいいんです。
ただ、ただ、分かってあげてください。
千尋さんの中の、心というもう一人の千尋さんを。

寂しかったことを
もっと愛してほしかったことを
もっと大切にして欲しかったことを

「そうだったんだね」と。
今はそれだけでもいいんです。

本当は誰にそれを言いたかったのか、本当は何を欲していたのか、が分かってくるでしょう。

そうしていくうちに、いつの間にか心が自己愛で満たされ落ち着いていきます。
もう誰かに求めることなく、自分を傷つけることもなく、穏やかな毎日が必ずやってきます。

是非、自分を大切にすること、考えてみてください。
一方的な文章だけでは伝えきれず、分からないことがあるかと思います。

もし、少しでも何か感じることがありましたら個別にご連絡ください。

千尋さんの思い描く幸せな未来の実現を私は信じています。

違反報告

2014年10月9日 14時21分


お礼コメント

ご回答を読んで泣いてしまいました
本当にその通りですね、自分に自信がありません
まずは自分を好きになる。それが第一歩、と言うことですね
自分を好きになることは本当に難しいことですぐに実行するのは大変ですが
少しずつ少しずつ好きになれるよう自分を認められるよう頑張ろうと思えました。
ありがとうございました。

2014年10月9日 17時24分

追加コメント

千尋さん

読んで下さってありがとうございます。

自分をあまり好きでない自分でも、そのままでいいんです。
「そうか、私は自分のことあまり好きではないんだな」と
今の自分を分かってあげる、理解してあげることが、自分を大切にすることになります。

どうぞ、何よりご自分がご自分を大切に愛して差し上げることができることを
頭の片隅に置いておいて欲しいと思います。

もし、自分を大切にすることが分からなくなったら、いつでもご連絡くださいね。

千尋さんがこれまで生きてこられたこと、何より素晴らしいことです。
千尋さんのこれからの幸せを祈っています。
この掲示板をご覧になった方々皆さんが同じ思いであることをほんの少し覚えておいてください。

2014年10月9日 22時22分

メンタルケアルームBeーハート

千尋さん、はじめまして。
Be-ハートの瀧口です。

異常なほど寂しく、このままでは将来やっていけないと感じられているようですね。

文面のみからの判断になりますから、もしも勘違いや間違いがあったら、お許しください。

文面にはありませんでしたが、おそらくは幼少期からの親子関係などを一度みつめる必要があるように見受けられます。
幼少期に親をはじめとする保護者から「あなたはそのままでいい」「あなたがいてくれて、それだけで嬉しい」というメッセージ(言葉はもちろん、言語外のもの、たとえば表情・態度なども含めて)をきちんと充分に受けとれていないと、成長してからも自己否定感が強く、そのため孤独を異常に怖れるなどといった精神状態になることはよくあります。
そういった自己否定感、孤独感、恐怖などを覆い隠すために、適切とはいいがたい人間関係(これはいろいろな形があります)に依存することが多く見受けられます。
もしかしたら、千尋さんもそのような状態にあるのかもしれないと感じました。

そこから根本的に抜け出すためには、いちど心理療法によって過去を見つめる必要があるかと思います。
ただ、それはけして楽な作業ではありません。
なぜならば、一番触れたくないことに(精神的にせよ)関わらなければならないからです。
でも、いちど向き合えば、そこからは別の生き方も見えてくるでしょう。
もしも、1歩を踏みだすためのいくらかの勇気がおありならば、そういった過去をみつめる心理療法が根本解決になるかと思います。
ただ、心理療法にはいろいろなスタイルがあります。短期だけ、当面だけの改善だけでよいという選択肢(心理療法)もあります。一度、ご検討されてはと思います。

千尋さんの一助にわずかでもなれば、幸いです。

違反報告

2014年10月9日 14時02分


お礼コメント

その通りです、文面には記入していませんでしたが幼い頃に母親が家を出ていき父子家庭です。
母が出て行った日から1年ほどは毎日寝る前に涙が止まりませんでした
私が幼稚園児の時は優しかった母親が小学校に入る頃からすぐ怒るようになり毎日のように祖母、父と喧嘩をしていました。時には包丁を振り回したり暴力を振るったりする母を私は見ているのが苦しかったです。あまりに酷い時には近所に駆け込んだりしました。何が原因なのかはいまだに誰も教えてはくれません
私はきっと母からの愛が足りなかったのですね
小学生の時にいなくなった母にはもう会っていません
居場所は父が知っているようですが会ったら私は何を言えばいいのかもわかりませんしきっと泣くことしかできないと思います。
でも原因がわかったのでよかったです。ありがとうございました

2014年10月9日 17時20分

追加コメント

千尋さん、コメントありがとうございます。
お母様のこと、お書きになりながら辛かった気持ちを思い起こさせてしまったかもしれません。その点、申し訳なく思います。
しかし、同時に勇気をもって返信コメントをしてくださったことに畏敬の念をおぼえます。
ありがとうございます。

仮に、親の愛情が足りなくとも、あるいはまったく愛情を向けられなくとも、それだけで人の価値が損なわれるわけではありません。
こうして勇気をだしてご自分の大事なことをお話になっていることは、とても素晴らしく、すごいことなのですから。

これはあくまでただの憶測ですが、お母様の急変、もしかしたら何らかの精神障害などもあったのではないかとも推測されます。きっと、幼かった千尋さんは混乱した想いを抱いたのではないかと思いました。お母様が急変した理由を知ることも、もしかしたら千尋さんにプラスに働くかもしれません。(ただ、これは知ることが千尋さんにとって良いのかどうかは、わからないというのが正直なところです。時期やご自身の精神状態などを考慮してからのほうがよいかと思います)

きっと千尋さんの心には、寂しい、哀しい、包丁を振り回したり暴力をふるうお母さんを見るのは苦しい、つらい、でも、もっと一緒にいたかったなどまだまだいろいろな想いがあるように感じました。

そういった想いが、いつの日か千尋さんの納得できる想いへと変わることを祈っています。

2014年10月9日 18時17分