教えて掲示板の質問

「自分で自傷をやめる方法」に関する質問

  • 受付終了

ソノさん

心療内科か精神科の受診を迷っています。

ここ3ヶ月ほど、自傷をやめることができません。
傷つけるのは、足の付け根に近い太ももです。
多少短めのスカートであっても見えない位置に、カッターで傷をつけています。
多少血は流れますが、そこまで深く切るわけでもありません。
2日もすればかさぶたになって、傷も恐らくはっきりとは残らないと思います。

刃物で傷をつける行為は中学生の頃もしていました。
当時は腕を切っていたのですが、夏場に担任の先生に傷を見られ「なにがあったの」と詰め寄られて以降、気まずくなってやめました。
(そのときは「猫に引っかかれた」なんてバカみたいな言い訳をしましたが、その後もおとがめなしで済みました)

ただ、いわゆるうつ状態なのかと考えると、そこまで深刻な悩みを抱えている訳でもありません。

物心ついた頃から爪噛みの癖があり、血がにじむほどの深爪もしょっちゅうです。
ですが、爪を噛む理由も足を切る理由も特に浮かびません。
子ども時代を振り返っても特別不幸だったわけではありませんし、むしろ周囲からは仲の良い家庭のしっかりものの娘だと思われています。

ニコチンが切れたらタバコを吸うように、そうしないと落ち着かないからそうしているだけです。

最低限、刃物で傷をつける行為はやめたいと思っています。
できることなら、爪噛みも終わらせたいです。
確かに仕事のストレスで逃げ出したくなる日が続いていますが、そんなことは多かれ少なかれ誰しもが通る道だと思います。
ストレスを感じていると訴えるには、あまりにも稚拙な手段です。

恥ずかしくて、なにより失望されるのが怖くて、とてもじゃありませんが家族には相談できません。
恋人がいますが、なぜか昔から恋人が恋人になった瞬間に生理的な嫌悪感を覚えてしまうため、悩みを打ち明ける気になれません。(彼のことが嫌いなわけではないんです、本当に申し訳なく思っています。)
現在妊娠中の親友には、こんな情けない相談をして余計な心配をかけたくありません。

考えた挙句、心療内科か精神科を受診しようかなと思いました。

でも、いざ病院で話そうと思ったことを整理すると、
自己中心的な人間が悲劇の主人公を演じて自己憐憫にひたっている様が気持ち悪くて、二の足を踏んでしまいます。

最近はお酒を飲んでから足を切るようになっているので傷が残るような切り方をする前にどうにかしたいのですが、深刻なうつでもないような人間が病院に行って、なにか変わるものなのでしょうか。
そもそも、病院にとっても、私みたいな人間はただの迷惑にしかならないのではないでしょうか。

なんだか単に思っていたことを書き連ねているだけになってしまいました。
ごめんなさい。

質問は、「自傷を自力でやめる良い方法はありますか」です。
赤ペンで線を引く、氷を握るなどの方法は試してみました。
ダメでした。

爪噛みはマニキュア等を塗って誤摩化しています。(でも噛みます。)

もしなにか良い方法をご存知でしたら、ご回答いただけると幸いです。
よろしくお願いします。

違反報告

2014年9月28日 01時53分

教えて掲示板の回答

心の癒しと気づきのスペース ハートフルライフ

ソノさん

こんにちは!
なかなか自傷癖を止めることが出来ず
辛いお気持ちが伝わってきます。

わたしは催眠療法を中心にカウンセリングをしていますので、
その立場からお話させていただきますね。

わたしのクライエントにも自傷行為癖がある方がいましたが、
催眠療法で手放すことができました。

何故そうしたくなるのか?
深層心理まで掘り下げていきます。

これも成育歴から出来上がった癖なので、
成育歴や家庭環境もインタビューすると
見えてきます。

この行為には、訳が有ります。

それをカウンセラーが催眠療法を勧め乍ら検索し、
何かに触れなくてはいけません。
そして、リセットできるキーワードを探します。

解決の糸口はご自分に中にあるのですが、
中々自身では判りにくいものです。

この自傷行為をしたくなる思考癖のルーツをたどり、
自己肯定を上げるセッションやカウンセリングを
お勧めします。

よいカウンセラーさんに出会うと
1回で改善できます。
大丈夫ですよ!


あなたの望ましい状態になることを
祈念しております。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

■心の癒しと気づきのスペース ハートフルライフ
 HP http://heartful-lifu.biz
 動画 http://youtu.be/Pf8AC39jvh8

北海道唯一上級プロヒプノセラピスト さとう まみよ

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

違反報告

2014年10月5日 08時04分


夢分析の心理カウンセラーyanagi

こんにちは、ソノさん

「深刻なうつでもないような人間が病院に行って、なにか変わるものなのでしょうか。
そもそも、病院にとっても、私みたいな人間はただの迷惑にしかならないのではないでしょうか。」

とお書きになっていますから、この状況を脱っしたいのだと思います。それであれば、相手がどうかんじるかはともかく受けてみてもいいのではないでしょうか。

ただ、薬を処方するだけでちゃんとはなしを聞いてくれないところは避けたほうがいいかもしれません。

違反報告

2014年9月30日 16時57分


カウンセリングルーム Flow 電話カウンセリング

はじめましてカウンセリングルームFlowの馬場と申します
あなたのお悩みを拝見し書かせていただきます

非常にご自身に厳しい印象をうけましたがいかがでしょうか

相談したりすることを 恥ずかしい事であり
自己中心的な人間が悲劇の主人公を演じて自己憐憫にひたっている様が気持ち悪くて、二の足を踏んでしまいます。
とおっしゃるので そう思うのです

またあなたには我慢強いという印象もあります
ストレスを感じても それが誰でも通る道であり ストレスを訴えることは稚拙な手段であるといいます

なぜあなたはそこまで耐えなければならないのでしょうか
我慢せねばならないのでしょう
がんばり続けねばならないのでしょうか

自傷をやめる方法ということですが これらの我慢する事 厳しくする事 それによりあなたは 発散しきれないストレス や不安感を自傷や爪噛みで発散しておられるのではないかと思うのです

ストレスは常にあります それは誰にも言えることでしょう
ですがその内容 そして その感じ方は人それぞれです
同じ出来事があったとしても その出来事の重さ 辛さ 苦しさは人それぞれなのです
誰かが耐えられても あなたがそれを受け止められるとは限りません
それは心が弱いとか強いとかではなく
その出来事があなたにとってどのような意味があるのかにより
耐え難いものである場合もあるのです

ですから一概に悩むこと ストレスを感じることが 誰にでもあり耐えられる事とは限らないのです

ご自身で自傷をやめようということでいくつかの方法を試されたのかと思いますが
それが効果がなかったのであれば あなたが自傷 爪噛みを行う原因を知り それを解消するのが良いのかとも思います

ですので 書かれていることから 少なくとも あなたは 爪噛みを行うときにはすっきるするのでしょう ということは すっきりしない状態にあった ということでしょう
そして 仕事のストレスで逃げ出したくなる日が続いています とあなたはいいます
逃げ出したくなるほどストレスを感じておられるのでしょう?

まずはそのすっきりしないこと 自分のストレスを把握されるのがよいかと思います
把握することで どのようなものに どの程度のストレスを感じているのかを知ることで その管理が可能になるのではないでしょうか

ここ3ヶ月自傷をやめることができなくなっているといいます
その3ヶ月ほど前に あなたに何があったのでしょうか そこから考えていくとよいでしょう

もしすぐに自傷をやめる方法というのであれば
まず自分がそうしそうになったときに 手を握り締めてください
そしてそれを膝の上または腿に接するような状態にしてください

次に目を瞑り 深呼吸を何度かしてください そして自分の手だけではなく どこに力がはいっているのかそれを感じてみてください
すぐには上手くいかないでしょう
ですが繰り返してみてください
いままであなたは何年もの間 習慣として自傷 爪噛みを続けてこられたのだと思います それがあなたのストレスへの対処法だったのでしょう
ですからそれを変えるには すぐに というのは難しいと思うのです

心療内科や精神科を受診するのであれば 投薬だけでなく 心理療法 カウンセリングを行うことのできるところが良いかと思います 投薬だけでは解決しえないことだからです

余談となりますが あなたは恋人になった途端生理的な嫌悪を感じるといいます
恋人という存在に対しどのような思いや感情をもっておられるのでしょう
何が原因で嫌悪しておられるのでしょう
そういったものも今のあなたのストレスや不安感の軽減につながるのではないではないかと思うのです

これがあなたの参考になれば幸いです
解らない事 話たいことがあれば どうぞご連絡ください
あなたのお悩みの解決解消へのお役に立てればと思います

違反報告

2014年9月30日 15時59分


ソノさん初めまして。
私は心理カウンセラー・ヒプノセラピストの長野と申します。

ご相談内容を拝見させていただきました。

ソノさんは、自分で自傷をやめる方法をお知りになりたくて
こちらに投稿されましたが、
まずは、ソノさんがどうして自傷行為をしなければならないのか?
ということをご一緒に考えていきませんか。

心理学的には自傷行為とうのは代償行為だと考えられています。
ソノさんが自傷行為をこなうことで、
ソノさんの無意識(潜在意識)の中に閉じ込められている感情を
おさえることができるのです。

ソノさんは、
>ただ、いわゆるうつ状態なのかと考えると、そこまで深刻な悩みを抱えている訳でもありません。物心ついた頃から爪噛みの癖があり、血がにじむほどの深爪もしょっちゅうです。ですが、爪を噛む理由も足を切る理由も特に浮かびません。
子ども時代を振り返っても特別不幸だったわけではありませんし、むしろ周囲からは仲の良い家庭のしっかりものの娘だと思われています。

と思っておられますが、
人の生きにくさの本当の原因は
頭で考えている(顕在意識)ものとは違う場合が多いのです。

ソノさんは物心ついた時から爪噛みの癖がおありだったり、
中学生の時も刃物で腕を自傷行為されていたのですね。
これらの行為は、ソノさんが幼少期に得られるはずだったものが得られず、
その空虚感を補うためにおこなっている代償行為だと考えられます。
ソノさんは、
>子ども時代を振り返っても特別不幸だったわけではありませんし、むしろ周囲からは仲の良い家庭のしっかりものの娘だと思われています。

と今は思わていますが、
ソノさんの無意識(潜在意識)の思いはどうなのでしょう?

心療内科や精神科ではその症状にあったお薬は処方してくれまますが、
根本的な問題解決をするにはやはりソノさん自身を知ることですよ。

当ルームでは安全でとても効果的な方法として、
潜在意識を取り扱うヒプノセラピー(催眠療法)をおこなっています。
ヒプノセラピーでは心を治療するのではなく、
心を傷を癒すということをおこないます。

カウンセリングだけで自己理解するよりも
スピーディーにその効果を得ることができます。

ソノさんも信頼できてヒプノセラピーがおできになる
カウンセラー又はヒプノセラピストの方に
セッションを受けられてください。

ソノさんのこれからの貴重な人生の上に
癒しと祝福がありますように。

ソノさんのご質問のお答えになっていなかったかもしれませんが、
私はソノさんの潜在意識の心の叫びを感じましたので、
以上のような解答をさせていただきました。

少しでもソノさんのお役に立てれば幸いです。

「あいトータルケアサポート」
~大阪のカウンセリング・ヒプノセラピールーム~
心理カウンセラー
ヒプノセラピスト  長野美佐代
TEL:080-5357-6578
HP:http://www.love-tcs.com/

違反報告

2014年9月30日 14時19分


りょうもう心理カウンセリング

ソノさん、はじめまして。
カウンセラーの須賀と申します。
自傷行為を自力で止める方法をお探しなのですね。

結論から申し上げます。
ただ止めるだけなら、何らかの方法があるかもしれません。
しかし、元気に生きることは難しいでしょう。

また、自傷行為から逃避するために、ニコチンやアルコールへ方法を変えている現実も、注意しなければなりません。
どちらも依存症に至る危険をもっています。

それゆえ、すぐにでも精神科医で受診すべきと思いますよ。
お医者さんは、ソノさんのような悩みを持つ方を治療するためにいるのです。
うまく整理してお医者さんに申告できなくても、お医者さんがリードしますから、安心して受診して下さい。

お大事に。

違反報告

2014年9月30日 13時50分