教えて掲示板の質問

「人を信じることができず、疑ってしまう。助けて下さい」に関する質問

  • 受付終了

Yさん

私は今、看護学生なのですが、昔から人間関係がうまくいかず、人を信じることができず、疑ってしまいます。また、気づくとクラスメイトに酷いことを言っていたりするのですが、心の中ではとても申し訳なく思っている自分もおり、とても辛いです。誰かがそばにいないととても不安ですし、私のいない所で誰かが私の悪口を言っていそうで常に不安に押しつぶされそうです。そして、ちょっとしたことや、思い通りにならないとカッとなることもあり、そんな自分を止めることもできません。鬱のように落ち込む事もあります。
母は鬱で、バツ2のシングルマザーで、怒りのはけ口が、私しかおらず常に私に当ってきます。
また、兄もいますが、私とは違い有名大学を卒業し、現在大学院生で一人暮らしで家にいません。私とは疎遠です。
小学5年〜高校までいじめにあっていた事も影響してるのかもしれません。
とても辛いのですが、病院にかかるのも怖く相談しました。

違反報告

2014年9月27日 14時04分

教えて掲示板の回答

憂うつの癒し屋

人間関係は難しいですね・・・・・・・・・・・・・
Yさんは、おそらく幼少時の愛情飢餓の状態が、現在の性格形成に影響していると考えられますが、もっとひどい生育環境にいながらまっすぐに育っている人は以外に多いのです。
その人達の共通点は、自分の育った環境がいかにひどかったのかを笑顔を交えながらカミングアウトする人達です。
これには、心理学的な根拠があるのです。
それは、主に対面式で自分の秘めた思いを第三者に話すことを「外在化」といいますが、この「外在化」にはカタルシス効果(心の浄化作用)があり、気持ちがスッキリとします。
この人達も最初は話すことに抵抗があったと思いますし、話しても笑顔ではなかったかもしれませが、繰り返して違う相手に話していくうちに心がどんどんスッキリしてきて、自然と笑顔になって、話すことへの抵抗もなくなっていったものと考えられます。
このように自分で解決していく方法もあるということを知っておいて下さい。
>気づくとクラスメイトに酷いことを言っていたりする
>ちょっとしたことや、思い通りにならないとカッとなることもあり、そんな自分を止めることもできません。
ここは、お母様から受けた怒りを他人にぶつけている場面です。
>小学5年〜高校までいじめにあっていた事
このことが、人を信じれない「決定打」になっているようです。
私が考えるYさんの解決策の理想は、精神科にかかりながらの、カウンセリングによる認知の修正(トラウマの治療)です。
>病院にかかるのも怖く相談しました。
ということでしたら、お近くの保健所の相談員さんに面談の約束を取り付けて、実際に面談してみてください。
相談員さんは精神保健福祉士などの国家資格を持っていますので、我々カウンセラー以上に「守秘義務」が課せられていますので、話が外に漏れることはなく、また、「聴くことのプロ」ですので、Yさんが話しやすいように雰囲気を作ってくれるはずです。
その相談員さんに、Yさんがここで話していない秘めた思いも話してみてください。
前に話した「外在化」で気持ちがスッキリとします。
この面談自体が一つのカウンセリングで「傾聴カウンセリング(心の煙突掃除)」と呼ばれています。
Yさんの場合には、カウンセリングは、「傾聴カウンセリング」→「認知行動療法カウンセリング」→「トラウマの治療カウンセリング」と手順で進むものと考えられます。
カウンセリングでの注意点はカウンセラーとの「相性~話しやすさ」です。
このところは、少しこだわってみてください。(保健所の相談員さん、通院した場合には、そこの相談員さん、ボランティア団体など)
最終的な手段としては、スカイプ+WEBカメラでもギリギリOKですので、このサイトなどで全国規模で探してみてください。
通院の是非は相談員との面談の中で決めていくのがいいと思います。
仮に通院となった場合には、初回は相談員さんに同行してもらうのがいいと思います。
カウンセリングは2週間に一度のペースでやるのが効果的です。
自分で出来る事としては自律神経の安定のための「瞑想」や、
行動が逆に感情に作用することを利用した「汚いところの掃除」です。
実際に綺麗になりますので、気持ちがスッキリとします。
私のHP: 憂うつを癒やすカウンセリング心理学
http://sinrigaku.com
では、「傾聴カウンセリング」
「トピックス・リスト」→「自動思考と認知の歪み(認知行動療法)」
「トピックス・リスト」→「トラウマの治療法」
「トピックス・リスト」→「リラクゼーション(瞑想など)」
「トピックス・リスト」→「人間関係の12の手法&ペース合わせとリード」などのお役立ち情報が掲載されておりますので、是非一読していただきたいと思います。

違反報告

2014年9月30日 15時37分


他者との距離感や接し方、常につきまとう疑心暗鬼に追い込まれ辛い状況のように見受けられます。

今まで、心療内科か精神科で診てもらったことはございますでしょうか。

精神科、心療内科、と聞くと少し恥ずかしいというか、踏み出しにくい印象があるかもしれませんが、自分を客観的に見てどういう状態なのかを認識できる良い機会でもありますので、是非一度診てもらってください。

そして可能であれば、カウンセリング等のサポートを受けて下さい。

将来看護婦として、同じような状態の患者さんと接する機会もあるかもしれません。

自分で体験し、学べる良い機会だと思えば、少し踏み出しやすいのではないでしょうか。

違反報告

2014年9月30日 00時03分


Yさん、こんにちは。純イノセンスのセラピスト松下と申します。

ご相談内容を拝読させていただきました。

大概の人間関係の基礎は、幼少期の親子関係にあります。
しかし大切なのは、そんな昔のハードルの高さより、その問題にどう向き合ってきたかです。

心の中では申し訳ないと思いつつ、クラスメイトにヒドいことを言ってしまう
あとでヒドく落ち込むのに、思い通りにならないと、ついカッとなってしまう

本当に自分では止められないのかしら?

私たちはすべての人に、優しくしなければならないのではなく、優しくしてもいいし、しなくてもいい。
すべては「選択」です。

つい、うっかり、気付くと・・・これらは無意識のなせるワザです。
行動や発言を、一呼吸置いて、意識的に行うだけでも改善できます。

「大切なものを、大切にする」
クラスメイトも、お母さんも、そしてあなた自身も。
まずは、そう選択してください。

そして、「今のあなたを、100%表現する」

コミュニケーションの基本は、「あなたという人をしっかりと知ってもらう」こと。
あなたが何を好きで、何をされると嬉しくて、何をされると苦しいのか、相手に分かる形で表現してみてください。

そのためにも、感情に流されたり、投げやりになったり、ましてや自分を誤魔化したりせず、自分を理解するために、自分に対してじっくりと時間を使ってみましょう。

人を信じる第一歩は、自分を信じること。
あなたは無力ではないし、大変思慮深い、心優しい方です。
大丈夫!あなたなら、スグに自分と、そして取り巻くあらゆる人々と仲良くできるようになりますよ。

Yさんが、一日も早く、周囲と信頼し合える環境を築けるよう、心から応援しています。

違反報告

2014年9月29日 18時10分


心理カウンセリング らしんばん座

Yさん、こんにちは。
カウンセリングルーム「らしんばん座」と、申します。

人を信用することが、出来ないのですね。
人を信用することが出来ないと言うことは、Yさんご自身が、安心することが出来ないということでしょうか?
自分に対して安心することが出来れば、他人が自分の思い通りに行動しなくても、誰かがYさんの悪口を言い触らしていても、我関せずで気にせずに過ごすことが出来ます。

しかしYさんには、それが出来ていないようです。
Yさんがそのように、ご自身に安心することが出来なくなってしまった原因は、一つにはお母様との関係が考えられますし、長い間いじめにあってきたことも考えられます。
Yさんはずっと、人から否定されてきたわけですから、他人を信用することよりも、自分が信用できなくなってしまったのかも知れません。

今Yさんに必要なのは、自分に安心出来るように、なることだと思います。
そのために効果的なのは、むしろカウンセリングなのではないかと思います。

カウンセリングでは、今のYさんがご自身に感じていること、問題となっていることについて、お話を聞きながら、その問題の大元を探っていきます。
そして何者でもない、今のYさんを、Yさんご自身が認めるようになることを、お手伝いします。
Yさんが、Yさんご自身を認めて愛おしむことが出来るようになることが、安心を得るための最良の方法になります。

カウンセラーは、Yさんの言う事を疑ったり、切り捨てたりすることはありません。
どうか、カウンセラーの門を、叩いてみてください。

違反報告

2014年9月29日 17時51分


Y さん初めまして。

私は心理カウンセラー・ヒプノセラピストの長野と申します。
ご相談内容を拝見させていただきました。

Yさんの、
>昔から人間関係がうまくいかず、人を信じることができず、疑ってしまいます。また、気づくとクラスメイトに酷いことを言っていたりするのですが、心の中ではとても申し訳なく思っている自分もおり、とても辛いです。

という思いは、
小学5年〜高校までいじめにあっていた事も影響してる可能性もありますが、
根本的な原因は幼少期の親との関係や環境にあるように思われます。

小さい時に受けた心の傷(トラウマ)は大人になったYさんの心に悪影響を与え、
本当にしたいことをできない状態にしてしまいます。
ですから、今の状態が日常に支障をきたしている場合(不安が強く眠れない、
パニック症状がある、自傷行為がある)は、とりあえず病院にかかって
お薬を服用することも大事だと思います。

しかし、根本的に良くなっていくには、
カウンセリングを受けて本当の自分を理解し、
そして、Yさんの無意識(潜在意識)に抑圧している感情を手放すことだと思います。
これは治療をおこなうのではなく、心の癒しをこなうということです。

当ルームでは、
多くの生きにくさを抱えた方に
ヒプノセラピー(催眠療法)を用いて心の癒しをおこなっています。
ヒプノセラピーはとても安全で効果的な療法です。

Yさん、
Yさんのとても辛い過去のできごとや
お母さまを変えることはできませんが、
YさんとYさんの未来は変えることは可能ですよ。

「人はその人の心の準備ができたとき師が現れる」といわれます。

Yさん、
Yさんがここにご相談にこられたということは、
Yさんがご自分の心の癒しをする時がきたということではないでしょうか。

私は看護師の資格をお取りになりたいと思われているYさんは、
きっと心のお優しい方だと思っています。

どうかYさん、
心の傷の癒しをされて
本来のお優しい、ありのままのYさんとして、
Yさんを待っている患者さんに寄り添ってあげてください。

一度しかないYさんの貴重な人生の上に
豊かな祝福がありますように。


Yさんのご質問のお答えになっていましたでしょうか。

少しでもYさんのお役に立てれば幸いです。


「あいトータルケアサポート」
心理カウンセラー
ヒプノセラピスト  長野美佐代
tel:080-5357-6578
HP:http://www.love-tcs.com/

違反報告

2014年9月29日 16時45分


カウンセリングルーム Flow 電話カウンセリング

はじめましてカウンセリングルームFlowの馬場と申します
あなたのお悩みを拝見し書かせていただきます

人を信じることができず 疑ってしまいお困りの状態で
ここに書き込みをすることも 辛く大変な事だったのではないかと思います
がんばりましたね それだけでもすでにあなたは一歩踏み出されたのかと思います

それだけ今あなたは追い込まれておられるのでしょう

周囲に相談したり愚痴を言ったりすることができなかったのかもしれません
あなた自身で考え解決するしかなかったのかもしれません

いくつもの悩みを抱えておられるのでしょう
対人関係での悩み 不信感 孤独感 不安感 そしてそれらによる 自分への自信の無さがあるように思います

病院にかかることが怖いということですが 投薬による改善は難しいでしょう
不安感や気持ちの落ち着かなさを一時的に医薬品で緩和する事はできますが
根本的なあなたの悩みの解決にはつながらないかと思うのです

いくつもの悩みがある以上 すぐにすべてを解決できるとはいいません
一つ一つを解決していくことになるでしょう

まずはあなたの悩みを苦しみをより具体的に聞きたいと思っております
あなたが信じられず 疑ってしまうのなら あなたの話を聞き 納得いくまで答えましょう
そして あなたの悩みを解消するために ともに考えたいと思います
よろしければご連絡ください

違反報告

2014年9月29日 16時37分


カウンセリングルーム・エンパシー

お隣の茨城から失礼致します。私は栃木県が好きで、休みの日には大概栃木に出掛けています。最初から余談ですみません。

この文章から、幼少期からの家庭環境に問題があるのではないかと思います。
母親の愚痴を聞かされたりして育った子どもは、自分の本音を無理に抑えてしまうため、心の中に癒されない感情が残っています。

機能不全家族とインナーチャイルドの関係や、癒し方についてご教授したいと思います。それと、イジメ体験があるようですが、イジメは加害者から自己否定感覚を無理やりに植え付けられますので、自分の自信を喪失してしまいます。

自分を軽蔑したり、罪悪感を感じたり、他人を信じられなくなったり、コミュニケーションがぎこちなくなったり、様々な弊害が降りかかってしまいます。あなたの心の中の怒りや悲しみなどの本物の感情を認めて手放すことです。

もしよろしければ、少しだけそのお手伝いをさせて頂きたいと思います。無料で回答フォローしますので、「mental@r-empathy.com」までご連絡ください。お待ちしております。


違反報告

2014年9月29日 16時36分


聖母治療院


Yさん、はじめまして。
漢方紫禁堂治療院の加藤と申します。

人を信じることができずに疑ってしまい、人恋しさと人に対してカッとなってしまう間を揺れていらっしゃるのですね。

Yさんが書かれた文章から、Yさんには客観的な病識がおありになり、ご家庭の環境による病因についても触れられています。

私は医師ではありませんので病名診断はできませんが、

・関係妄想
・被害妄想
・境界性パーソナリティ障害

という病態・疾患が思い浮かびます。

怖いと思われるのでしょうが、ぜひ精神科を受診していただきたく願っています。

妄想やパーソナリティ障害の方には病識がなく、治療の必要性を患者さんご自身が認識されないために治療が遅れることが多いのですが、幸いYさんは病識と治療への意欲がおありですので、ぜひお早めに受診くださいますよう願っています。

自分が闘病した経験がある医療従事者ほど患者さんに優しくなれます。

今回のご投稿を機に、過去に折り合いをつけ、どうしたら自分らしい“いま”を生きられるかを考えられれば幸いです。

またいつでもご相談くださいね。


漢方紫禁堂治療院
http://shikindo.com/

違反報告

2014年9月29日 15時34分


りょうもう心理カウンセリング

Yさん、はじめまして。
カウンセラーの須賀と申します。
人間関係がうまくいかず、とてもおつらいお気持ち、読ませていただきました。

あくまで推測ですが、アダルトチルドレン(AC)の傾向があるかもしれません。
ただ、ACは病気ではなく、性格傾向なのです。
改善するには、カウンセリングが必要になってくるでしょう。

他人を信じれないことや、他人に対して傷つくことを言ってしまったりするのは、Yさんの根深いコンプレックスからくるものではないかと思いますが、どうでしょうか。
親からの扱いやいじめも影響されているでしょう。
とにかく、自己肯定感を高められるようなアプローチが必要になると思います。

このサイトなどで、カウンセラーを探して、勇気を出して一歩踏み出してはみませんか。

よかったら、参考にしてみて下さいね。
お大事に。

違反報告

2014年9月29日 15時30分