教えて掲示板の質問

「通うことができない。将来への不安」に関する質問

  • 受付終了

ミュウ♀さん

始めまして。

似たような質問があるかもしれませんが、私自身に答えがほしいので質問させていただきます。


現在、通信制の大学に所属している18歳の女です。
所属といっても、一応、です。

幼稚園から毎朝出る時にぐずっていて、小学校はある教科がある曜日や、嫌なことがあった時。4年生からはほぼ不登校。中学校も最初の2ヶ月以来登校せず、高校は通信制をなんとか卒業しました。(小学中学は保健室登校や相談室登校をたまにしていました)
何も目標もなく、でも何かしないと思い、今までの経験からして「学校に通う」ことが無理だろうと通信制の大学に入学しました。
ですがやはり無理でした。
課題に全く手をつけられません。見るだけでも考えるだけでも気持ち悪くなり、苛々し、頭と身体が拒否します。(吐くなど、身体的影響はありません)

何かしなきゃと思って何かをしようとすると、心の中が圧迫するような感じがして、頭の中で嫌だ、嫌だ、無理、無理となって、結局泣いて喚き薬を飲んで泣きつかれて寝るというのがいつものパターンです。
薬は父のデパスを分けてもらっています。(よくないことだとはわかっていますが)

高校の時に、精神科と心療内科2ヶ所に行きましたが、最初のところは一度だけ。次のところは2、3度だけしか行けませんでした。
学校だけでなく病院にも通うことができません。
歯科や内科、美容院などにもです。

二日前、やはり辛くて、母と一緒にもう一度病院に行ってみました。前に行ったところとは別の病院です。今までは良い先生に会っていないだけだと思って。病院に行くときも泣いて、帰りたくて、混乱していました。そんな状況でも、自分にしては頑張って行ったんです。
でも同じでした。同じような質問をされて、病気なのかと聞いても若いからかまだわからないと。とりあえず薬だけ出して終わりです。不安になっていることには一つも触れませんでした。
また次来て下さいと言われても、来る気にはとてもなれません。

「通う」ことが無理なんです。バイトもしたことがありません。
一度してみようと電話をかけて、面接に取り次ぐところまでいきましたが、「行かなきゃ」というプレッシャーからか何も考えられなくなり、母に電話し、情けないことに母にバイト先へ面接のキャンセルを入れてもらいました。
通えないなら仕事もできない。例え内職でも決められたことをしなきゃいけない、責任、プレッシャーに耐えられない。資格をとることを考えてもやはり受験することもできなかったり、金の無駄だろうと考えます。

毎日何もせず寝てばかり。ニート同然。将来どうしよう。親がいなくなったら生きていけない。考えてもしょうがないことを考えてしまいます。
自傷行為はしたことありませんが、死については考えます。どの死に方が迷惑かけないか、苦しまないか、こういうことは勇気を出すものじゃなく、衝動的に行動するものだ。自分も衝動的にならないかな。自分の存在が気持ち悪い。消えたいなど。

何もすることがないからこんなことを考えるのもわかっています。ですが何をしたらいいのかわかりません。何もわかりません。
ひきこもりではありません。好きなことをしている時は楽しいし、普段は落ち着いているし、食欲もある、睡眠も摂り過ぎなくらい摂れています。病気じゃないんだ、甘えだ、怠けているだけだと思います。
生活も昼夜逆転しているし、直そうと思っても、起きていると色々考えてしまって結局寝てしまうので直せません。
けれど寝てしまう方が、昔よりは落ち着くことが増えました。
良いことなのか悪いことなのかはわかりません。


家族は両親と兄と自分の4人。
親はとても優しいです。優しすぎなくらい。「何もしなくてもいいじゃない、好きなことをしてればいい」と言います。兄には昔色々言われたり、叩かれたりしていましたが、今は、納得はしていないと思いますが基本スルーで優しいです。
泣いて喚いていつも迷惑かけて本当に申し訳ない。でもどうにもできない自分が嫌。何故こんな優しい家族に自分が生まれてしまったのかと考えます。



病院ではなくカウンセリングを受けたらいいのかもしれない。でも通えない。
そしてこのサイトを見つけました。
長文、乱文失礼いたしました。ありきたりな悩みで申し訳ありません。

・普段は落ち着いている。
・一定の時期(二ヶ月ほど)になると、何か行動しなくてはと思う。
・そうなると混乱し、何もできなくなり、しばらくすると落ち着いてくる。

この繰り返しです。
これから私はどうしたらいいのでしょうか。
やはり通えるように努力するしか道はないのでしょうか。
よろしければアドバイスをお願いします。

違反報告

2011年8月4日 11時08分

教えて掲示板の回答

元気のツボ整体研究所

怖れ、悲しみ、怒り、焦りなどの

負の感情はあまり抱かないことが大事です。

これを常日頃抱いていると

何もいいことが起きません。



嫌な感情は跳ね返したり、手放すことが懸命です。


跳ね返すにはパワー必要です。

今の貴方には難しいかもしれません。

でも、何か意識や行動を変えたいですね。

私は整体の仕事をしているので

まずは身体からのアプローチをアドバイスさせていただきます。


体をもっと使った方がいいです。

それと朝・晩の逆転現象サイクルは絶対に直すこと。

自律神経や体内リズムが悪くなり

精神的にもよくないです。

ラジオ体操からでもいいですし

ウォーキングでもいいです。

何かを決めて、やり遂げていただきたい。

例えば、ウォーキングを朝の6時から30分間やってみる。1ヶ月間毎日など。

できれば、あまり無理のない程度で少し厳しい目標設定がいいです。


自律神経や体力、そして自信がついてくれば

精神的なものも何か変わってくるものです。

変わらなければ

第2弾を考え実行。そのうち必ず何か変わってきます。

(変わらないようでしたらメールください。一緒に考えますから。)


それと手放すテクニックについては

「人生を変える一番シンプルな方法」という本の購読をオススメします。

この本に載っている手法は私にとっても大変役に立っています。

amazonなどでレビューを参照されると良いと思います。



人生は長い。でも短い。

お互いいい人生が送れるようにしたいですね。

応援しています。


違反報告

2011年8月10日 15時53分


お礼コメント

回答ありがとうございます。

そうですね。その通りだと思います。

はい、難しいです。
アドバイスありがとうございます。

逆転してしまった生活はどうしたら直るのでしょうか。
もし一時的に直っても、「混乱して泣いて寝る」という行動が直らない限りどうしようもないのではないでしょうか。
今までがそうだったので。
わかってはいるんです。昔からですから。
毎朝決まった時間に起きてた時もあったし、毎日外に出てみた時もありました。
中学の時にダイエットをしたのですが、その時は食事制限と毎日エアロバイクを30分こいでいました。
結果2ヶ月で20kg痩せました。
多少外見には自信はついたかもしれませんが、精神的な変化はわかりません。根本的な解決にはなっていないと感じています。
ダイエットが出来たのは、自分から行動したからだと思います。
「やってみようかなあ、できなかったらできなかったでいいや」と軽い気持ちからでした。
しかし精神的な問題の解決の為にこれらをやろうと思っても、「やらなきゃいけない」と考えてしまってできないと思うのです。

けれど、身体と心の繋がりは確かにあると思います。
「人生を変える一番シンプルな方法」
こういう傾向の本は少し読んだことあります。
教えていただきありがとうございます。機会があれば手にとって読んでみます。

もっと歳をとれば短いと感じることができるでしょうか。
私は今、人生がとても長く感じています。
そうですね。お互い良い人生を。
ありがとうございました。

2011年8月10日 18時26分

みちのくカウンセリングセンター

 みちのくカウンセリングセンターの千葉と申します。
小学校4年生から不登校になられたようですが、それを今まで引きずられているようで、さぞや辛かっただろうと思います。私も中学生の時期に不登校になった経験がありますので、よく解ります。
 もし私がこういう相談を受けたとすれば、最初はご両親に来ていただきます。あなたは来談できなくてもかまいません。家族カウンセリングという形で行います。
ご両親に変化がみられ、あなたが来談意欲が出てきたら、あなたの個人カウンセリングを行うことになります。
 しかしながら、あなたは今までいろいろ努力されていますね。カウンセリングを受けたこともあるようですし、このホームページの掲示板にも投稿し、いろんなカウンセラーから助言をいただいています。少しずつ変わってきているのではないでしょうか?文章もしっかりしています。元々、不登校になる人は繊細な人が多いです。自分が精神的に壊れそうになるので、防衛本能が働いて学校に行けなくなるのです。
 「人生無駄なし」という言葉がありますが、この経験は無駄にはなりませんよ。
私自身、25年前に父親の自殺でショックを受け、カウンセラーの道に進んだのですが、今の仕事は天職だと思っています。自分が不登校だったことも役に立っています。父親を亡くしたことは悲しかったけれど、今は亡父に感謝をしています。
 あなたも今の経験が、将来必ず役に立つだろうと思います。他の人が経験できないことを経験しているのですから・・・。今はつらいけれど将来「あの時経験して良かった」と思える日がくるのを願っております。がんばりすぎないように一歩一歩 歩んでいって下さい。


違反報告

2011年8月9日 17時17分


お礼コメント

千葉様、回答ありがとうございます。

辛さをわかっていただいて嬉しいです。
家族カウンセリングですか。その場合母だけでも大丈夫でしょうか。
父と兄にはあまりこちらとしても関わってほしくないので。これ以上迷惑もかけたくありません。

はい、小学生からなので色々やってきました。変わってきているでしょうか。皆様の回答を読ませていただいて気分は落ち着いてますが、変わったという実感は特にありません。早く問題を解決したいです。

関係ないかもしれませんが、一つ話をさせてください。
高校は通信制だったのですが、周りには色々な問題をかかえた子たちがいました。
ほとんどの子が不登校だったり、いじめだったり、家庭環境に何かあったり。私はその子たちとは何か違うと思いました。
不登校だった子のほとんどが中学からで、受験が原因、いじめが原因、家庭が原因と、何かしら原因があるように見えました。
けれど私は特に原因もなく、「行きたくないから行かない。行けない」をしたのは幼稚園からです。そのせいで、他の子は解決ができるけど自分はできないんじゃないかと思ってしまいます。

何が言いたいのかといいますと、誰かと比べるべきではないということです。不安で仕方ないです。


この経験が何かの役に立つ。役に立てようと思ったこと、あります。
心理学を学んでみようとも思っていました。結局挫折しましたが。
今までの人生が過去になるでしょうか。そう思える日がきてほしいです。

文章がまとまっていなくてごめんなさい。
ありがとうございます。一歩一歩進んでいきます。
自分の考えをまとめて、これからどうしていくか決めていきたいと思います。

2011年8月10日 00時45分

ミュウさん、こんばんは。
Salon Refugeの「ありこ」と申します。

こちらでたくさんのカウンセラーさんから回答をもらい、落ち着いたようで安心しました。

ほかのカウンセラーさんが的確なアドバイスをしているので、私は気持ちだけ参加させていただこうと思います。

相談文や、回答へのお返事から、ミュウさんは、とっても真面目な方だと感じました。
文章もしっかり書かれているし、整理もされています。
漢字変換ミスもありません。
学校へ行っていなくても、こんなふうにご自分を表現できたり、しっかりとした文章を書くことができます。
じゃあ、学校って何・・・?ですね。

ミュウさん、あなたと同じような状況の人がミュウさんに相談をしてきたとしたら、その人に対して、ミュウさんはどんなお返事をしますか?

ミュウさんがご自分に向けるような、厳しいことを言いますか?


自傷行為はしたことがない、また、死については考えるけれども実行はしていない。
これは、ミュウさんが愛されているからかもしれませんね。
それをしたら、悲しむひとがいることを、ミュウさんの心は、ちゃんと分かっている。


ミュウさん、だいじょうぶですよ。

あなたは、少なくとも、おかしくはないです。


ミュウさんのような方で、ちゃんと生きていっている人もいます。
なので、ミュウさんに必要なのは、自分を認めることかな、と感じました。

通うことをぐずっていたのは、幼稚園のころからずっと。
だとしたら、これは病気などではなく、ミュウさんのパーソナリティです。

ミュウさんに合う生き方、きっとあります。

素敵な個性を失わず、生き生きと生きていっていただきたいと思います。

ミュウさんの文章から、ミュウさんはとてもキラキラしていると想像します。
ただ自分を認められていないだけで。

学校へ行ったり、バイトへ行ったり、みんながしていることは、できないかもしれない。
でも、ミュウさんはミュウさんですよ。


カウンセリングを考えられるのでしたら、ミュウさんを変えようとせず、受け入れてくれる人を探すことをおすすめします。
ミュウさんは勘が良さそうで、なおかつ「どうにかしたい」という気持ちが強いので、メールカウンセリングなどでも効果は感じやすいタイプだと思います。

それから、個人的な感想ですが、こちらでの回答を、すべて真面目に受けて、あれもこれもしないほうが良いのではないかと感じました。

たとえば私がミュウさんのカウンセリングをするとしたら、ミュウさんがご自分をまるごと受け容れられるようにしていきたいと考えます(誰に対してもですが)。

私はメールカウンセリングは初回無料で行っていますので、興味がおありでしたら、ご連絡いただけたら幸いです。
一度でやめてもらって、まったく構いません。

アドバイスしたいこともありますが、ここに書くのはふさわしくないような気がしますので。


では・・・


最後に、セルフカウンセリグのおすすめです。

ミュウさんの書かれた、この質問への返事を、ご自分で書いてみてください。
まったくの他人からの相談として。

何かが見えると思いますよ。

ミュウさんが毎日を生き生きと過ごせますように・・・♪

とても素敵な方だと感じたので、期待しています。

違反報告

2011年8月7日 00時47分


お礼コメント

こんばんは、ありこ様。
回答ありがとうございます。

これ以上にないくらい嬉しいお言葉です。
実はずっと学校に通っていないことで、自分は他の人と比べ何かしら欠けている部分があると思ってきました。
そのせいで文章を書くときも、これを読んだ人は変に思わないかいつも不安になり、出来るだけ注意して書くようにしています。
なのでしっかり書けていると言ってくださってとても嬉しいです。ありがとうございます。

もし自分と同じ状況の人がいたら、厳しいことは言いませんね。
けれど答えも持っていないので、「わからない」と言ってしまうかもしれません。

悲しむひとがいるから、その通りです。
「消えたい」と口にしても、「死にたい」と口にしないのは、相手が辛い思いをすると思うからです。相手にしてみれば変わらないかもしれませんが。


ありがとうございます。
心のもやもやが消えていきます。


病気ではなくパーソナリティ。これは頭の隅にあった考えです。
母にも「これが貴方なんだからしょうがない」と言われたことがあります。
でもそのことを認めてしまって自分は大丈夫なのかと、認めた瞬間道が閉ざされるようで怖かったです。
あるでしょうか、私に合う生き方が。もしあるなら、全てが救われる気がします。


カウンセリングのことに対しても、アドバイスありがとうございます。助かります。
はい、大丈夫です。皆様の意見は一つの意見として受け取っているつもりです。
そこから周りと相談しながら自分に合う方法を見つけていこうと思っています。
心配してくださってありがとうございます。ありこ様のサイトも見てみます。

セルフカウンセリングですか。今まで自問自答は沢山してきましたが、自分のことと意識せずやってみようと思います。


読んでいくたびにスッと心に入ってきて、心地よかったです。
本当にありがとうございます。

2011年8月7日 02時26分

心のやすらぎ

通うのが辛く、病院でも泣いてしまうことがあったんですね。
本当によくがんばってきたんだなぁと思いました。
通信制の大学だって立派なことですよ!

体調には波があります。
普段は安定していて食欲あるようですし、眠れるようですが、
体調が悪くなったときに、現れる症状こそがあなたを苦しめているんだと思います。
決して甘えているわけではありません。
自分を責めないでください。
体調が悪い時こそ、「何が原因なんだろう」や「消えてしまいたい」という思考に
なってしまうのは当然のことであり、不安になるのも無理ないです。

「考えても答えの出ないことは考えない」とよくいわれますが、それができてたら
こんなに苦しむことなんてありませんよね。
客観的に「消えてしまいたいと自分は思っているんだな」と自分自身の思いを認めてあげてみてはいかがですか?

もし自分に合った薬を探し、通わなくてもいい方法があるとしたら、
それを試してみたいと思いますか?

たしかにカウンセリングに通うのも疲れるだろうし、
カウンセラーと話すことでも疲れてしまうかもしれません。

そこで、私は開放病棟での入院治療という手段があることをお伝えしたいです。
通わなくていい。何もしなくていい。薬の調節も日々の変化に応じてやってくれる。
何かしたいときは前日に外出届を出して、気晴らしにお散歩もできるかと思います。
そこは病院によって規則が違いますし、患者さんの状況に合わせて対応してくれると思います。

定期的にお医者さんの方から自分のベッドに診察しに来てくださいますし、日々の変化、あるいは現在の考えを吐き出す場所もあります。
それは看護師さんに伝えれば、お医者さんに病状の変化が伝わり、新たに対処方法を考慮してくださるかもしれませんし、そこはお医者さんの判断に従うだけなので、何も考えなくていいです。

まずはお父様もデパスを飲んでいるということなので、家族で話し合い、辛い気持ちを素直に話してみるのもいいとおもいます。

そして精神科の病院に電話をすることで(お母様に電話していただいてもいいかとおもいます)、通えない旨を相談してみるのも一つの手段です。

そこでお医者さんがどう判断するのか、それによってまた少しずつ変化が出てくるかもしれません。

優しいご家族に恵まれて、とても素敵だと思います。
あなたの向上心、積極的に動きたいという真面目な面が文章から伝わってきました。

将来への不安はあるかとは思いますが、
少し止まるとかいて歩くになります。
なのでいまは少し止まっていかにして不安を持たずに生活できるのか、
一緒に考えてゆきましょう!!

ちょっとした不安でもかまいません、いつでもメッセージくださいね!

違反報告

2011年8月6日 12時26分


お礼コメント

回答ありがとうございます。

通信制の大学に参加している人はとても立派だと思います。ですが私は本当に何もしていないので、立派ではありません。

確かに波があります。ある程度日が経つと苦しくなり、それが長く続くときもあれば、何日かで落ち着くときもあります。
どうしても自分が情けなくなり責めてしまうんですが、そう言っていただけると嬉しいです。ありがとうございます。

そうなんです。頭で理解できても気持ちや体が思うように動いてくれません。
客観的に……意識してやってみようと思います。

入院治療ですか。「入院」と聞くと少し重く感じてしまいます。
通わなくていい、何もしなくていい、病院側にまかせていればいい。これだと、今の状況とあまり変化がないんじゃないかと思いました。
何もしない状況が嫌で、何も考えない自分が情けなくて、不安が生まれます。
私はひきこもってはいないのです。普通に買い物にも出かけられるし、友達と遊ぶこともできます。

私は、できるなら周りの人のように前に進みたいのかもしれません。学校でも仕事でもバイトでも資格でも何でもいい。その何かを日常に生活に入れたい。その何かを当たり前のようにしたい。書いていてそう思いました。

精神科の先生に話をしてみたいと思います。そして入院に効果がありそうならまた考えてみます。
入院治療を提案していただき本当にありがとうございます。
自分をまた見直すこともできました。

「少し止まるとかいて歩く」そうですね。
不安は誰にでもあり、なくなることはないと思いますが、少しでも不安を感じる時間が減ったらいいです。

他の方の回答もそうですが、読んでいることでとても気持ちが落ち着きます。一人じゃないんだと感じることができます。ありがとうございます。

2011年8月6日 21時14分

MEDICAL LIFE COUNSELING

こんにちは。マタマタ、コメントさせていただきますネ。

ワイパックスは、デパスに比べて作用時間が長いのが特徴です。
その分、穏やかな効き具合になると思います。

>主治医というのは心療内科の方ではなく、脳外科の先生のことでしょうか。

そうですね。脳外科の先生に尋ねてみていただくのも良いと思います。
MRIで、MRAを撮ってもらって医師に診ていただくのが良いと思います。

と、同時に「血液検査」で肝臓や腎臓の検査も依頼してみてください。
長期でデパスなどを服用すると、肝機能低下などを起こす可能性もあり
肝機能が低下していると「全身がだるい」とか「やる気が出ない」等と
いった症状が出てくる時があります。

デパスなどの精神科などで処方されるお薬は、いずれも効果が高い
のですが、それだけ「強力」なので、服用には気をつけましょうね。

違反報告

2011年8月6日 07時48分


お礼コメント

私の為に何度もありがとうございます。

そうなのですか。確かに長時間効いているような気はしていました。

脳外科、検討してみます。
血液検査ですか。
薬が原因でそのような症状が出ている場合もあるんですね。
実は母も、私が薬を飲むことに少し抵抗があるらしいです。
こういったことがあるからかもしれません。

わかりました。
十分に気をつけたいと思います。
ありがとうございます。

2011年8月6日 09時44分

MEDICAL LIFE COUNSELING

再度のコメントで、申し訳ありません。

一度、薬を止められたときがあるのですね。

「デパス」は最も良く処方される薬なのですが・・・
長期間服用されていると、耐性が出来やすく、薬の量が
増えてしまう傾向の強い薬です。作用点の違う同様の
症状に用いる薬も何種類かあります。

一度、脳外科でMRIを撮られてみては如何でしょうか?
撮影時にMRAと併せて撮って見ると、デパスで大丈夫
なのか?それとも他の薬が良いのか?が判ると思います。

その他にも「磁気刺激治療」なども効果があるかも知れません。
(磁気刺激治療は、実施している病院が少ないのですが、
主治医の先生とご相談頂き、検討してみる価値はあると思います。)

いずれにしても、デパスなどの精神科で処方される抗精神薬・精神
安定剤・睡眠薬等は主治医の指導なしに服用されないほうが良いと
思われます。

違反報告

2011年8月5日 18時26分


お礼コメント

再度コメントしていただきありがとうございます。

そうなのですか。実は何年か前から飲んでいるのですが、最初の頃は一回に一錠の半分、今は一錠です。混乱しているときはつい時間があいていないのにも関わらず飲んでしまいますね。とてもいけないことなのはわかります。
今日は、今月2日に行った病院に貰った、ワイパックスというものを初めて飲みました。
効き目はデパスほどはっきりとはわかりませんが、一応効いていると思います。
過去に自分が処方された薬の中では他にソラナックスが効いていました。
父から貰ったものをと書きましたが、自分がデパスを処方してもらったこともあります。

MRIですか……考えたことありませんでした。
主治医というのは心療内科の方ではなく、脳外科の先生のことでしょうか。
なるほど、自分に合った薬がなんなのかわかるんですね。
家族とよく相談します。

わかりました。ご忠告ありがとうございます。
自分が病院から処方されたものを飲むようにします。

2011年8月5日 19時29分

カウンセリングのクレア

「カウンセリングのクレア」長谷川です。

お困りのようですね、お察しします。
人には誰でも弱い部分があって「やらなきゃならない事ばかりついつい先送り」なんてことがありますが、ご相談者様の場合、その強力なものだと感じました。

当然、やらなきゃならない「義務的」なようなものには拒否を、また同様に、同じ場所に決められた時間に行かなければいけない「学校や病院など」はそのもっとも苦手なものでしょう。

何らかの対処が必要・・・ですが、現実問題無理ですよね。病院すらイヤってんでは。
質問文からではなかなか判断できませんが、やはりカウンセリングというよりケミカルを使ったほうが良い印象があります・・・が、今回はあえてまずカウンセリングをお勧めしたいと存じます。それも、ネットや電話で受け付けてくれるカウンセラーさんで。

この際、「できること」に合わせてハードルを下げていかざるを得ません。
病院に行けないのなら、カウンセラーさんを訪ねるのも無理ですよね?それではスカイプや電話で応じてくれるカウンセラーさんを探すしかありません。
仮に「男の人とは話しづらい?」であればネットや電話で応じてくれる女性のカウンセラーさんを。
決められた時間に連絡したくない?ではメールで相談に応じてくれるカウンセラーさんを探さなければいけません。

もちろんカウンセリングで解決できれば最高ですが、まずカウンセリングを受け、その指示に合わせて、またご自分で考えて、カウンセラーさんに、病院に、通えるようになればよいと思います。

このままではご相談者様ご本人も感じておられるように将来なんてありません。
今回のようにカウンセリング.COMへ相談メールを送ったのをいいキッカケにとでも考えて行動を起こせるとよいですね。

違反報告

2011年8月5日 17時17分


お礼コメント

回答ありがとうございます。
はっきりしたお言葉、わかりやすくて助かります。

そうなのです。「義務的なもの」を通らない道を探してきてしまったんです。
結果こうした、生きづらい状況になってしまいました。

ケミカルというと安定剤などのことですか。
今こうして皆様に色々意見を貰って考えていることは、まずは病院にもう一度行ってみて、カウンセリングを同時に受けるということです。
しかしまた通えない可能性が大きいです。
その場合に、ネットや電話のカウンセリングを受けてみようと思います。

おっしゃる通り、ハードルを下げていこうと思います。
そうですね……訪ねられません。男の人は大丈夫だとは思うのですが。
決められた時間、そうです。それが大分前に進めない理由になっているので。
やはりメールカウンセリングが受けやすそうですね。

わかりやすい解決方法を考えていただきありがとうございます。
キッカケは今まで沢山あったのですが、行動しようとしても書いてある通り何もできなってしまうんですよね。なんとかしたいと思います。
ありがとうございました。

2011年8月5日 19時10分

はじめまして!
“こころの扉”メンタルケア淡路の仲野と申します。

ミュウ♀さんは自分から進んでこころの扉を開かれましたね!ありがとう!
それを待っていました。

これは素晴らしいことですよ、先に明るい光がみえてきましたね!

あなたは幼稚園のころからずっと人に交わることを避けてこられたようで、18才になった今、目覚めたのかもしれませんね。

集団や社会生活に踏み込めない不安感や自身のなさがあるようで、それはあなたに限らずだれにも多少はあるものです。

ただミュウ♀さんの家族は優しすぎて無理に押し付けることをしなかったため、臆病が常態化して嫌なことはしなくても、ことは済むと感じ続けて今日まで過ごされたのだと思います。

しかし大人になっていくにつれ、やはり何かしたい働きたいなどの欲求が生じてくるのは当然です。

だけど今まで何もしてこなかったので、その方法も分からず何も出来ないでいる自分、そんな繰り返しが続くと精神が淀んで、自分の存在自体を否定するような考えが頭の中に生じて苦しめるようになる、身の置き所がなくて苛々する、ほんとに辛いですね!

だけどあなたには将来があります、私なんかは過去はたくさんありますが未来はありません、ほんとに羨ましいです。

若き青春の頃何かがしたくて、何をしていいのか分からなく悩んだ経験はあります、これこそ青春というものです。

あなたの気持ちは手に取るようにわかりますよ!

私も学校生活に馴染めずいつも一人はぐれッ子のよにうつむいて帰る姿を指摘されていました、中学の頃バレーボールを始めてから考えが変わり学校が楽しめるようになって心が晴れたのを覚えています。

ミュウ♀さんもなにか一つでいいから集中できるものを探してはどうですか、その一つが見つからないのはよく分かります。

手の届くものから順に始めて次々変えていくのです、なにが好きなのですか、好きな事をやっていると楽しいのですね!

だったらそれから始めましょう!
そして追求しましょう、極めましょう!

そうすれば自然としなければならないことが分かってきます、行動も伴ってきます、仲間もできます。

あなたは病気でもなんでもありません、ごく普通の青春の真ん中にいる迷える子羊です、たまたま背中をおしてくれる人がいなかっただけで、あなたの心の中を理解し受容れてくれる人との出会いがなかっただけです。

こころの扉を開くと人は反応しますし、世界が広がって、もやもやは吹き飛んでしまいます。

“この世で起きた事はこの世で解決できない筈はない” 大丈夫やー

困った時の相談は“こころの扉”メンタルケア淡路まで http://kokolo.rakurakuhp.net




違反報告

2011年8月5日 16時01分


お礼コメント

はじめまして。
ありがとうございます。回答も、ここに私を受け入れてくれたことも。

人を避ける、ですか。質問文には書いていなかったのですが、私は自分で人が不得意だとは思っていません。友人もいるし、普通に接せるし、ある程度話しもでき、人を笑わすこともできると思っています。これが自分が不安に思っていること以外普通だと思う理由です。
ただ、凄く疲れます。もう嫌だ一人でいたい。できるだけ関わりたくない。ああ、これが避けているんですね。

はい、はい、その通りです。何かしなくちゃ、でも方法がわからない。焦りや不安が生まれ、自分の存在が嫌になります。わかっていただけて嬉しいです。

俯いた姿……その話を聞いて思い出しました。
小学6年生の時、早引きして下校していたら宗教関連の人に話しかけられました。
身長も大きい方だったので高校生と勘違いされました。不幸なオーラでも出ていたのでしょうね。
関係ない話をすみません。

質問に書いてある通り、好きなことをしている時はとても楽しいです。
こういうタイプによくある、所謂オタクな趣味ですが。
でも、ある程度いくと自分でセーブしてしまいます。絵を描いていても自分より上手い人はごまんといる。PCに詳しい人も。文才がある人も。
高校や大学入学する前はそういう専門学校も頭をよぎったのですが、結局「通えない」ことがネックなのもあり進みませんでした。

追求ですか、難しいですね。
仲間は、趣味の友人と話したりイベントに何度か行ったこともありますが、一人のが楽で楽しいかったです。これも自分が変われば変わるでしょうか。

背中を押してくれた人は今まで何人もいました。家族、親戚、先生、友達。
けれど私は、タイミングや人があっていなかったのか、嫌で嫌で拒否してきました。
上手くいきません。

こころの扉を開くと人は反応し、世界が広がって、もやもやは吹き飛ぶ……良い言葉ですね。解決していきたいです。

ネガティブなことや関係ない話が多くなってしまってごめんなさい。
私のことをわかっていてくださっているのを感じます。身の置き所がなく苛々するなど、合っていることばかりでした。ありがとうございました。

2011年8月5日 18時50分

色日和 ofude

はじめまして、色日和ofudeと申します。

ご自身のこと、とてもよくわかっているようですね。
そして、恵まれた家族関係。
ご両親が「何もしなくていい。好きなことをしていればいい」とおっしゃっていただけるのなら、
何もしなくてもいいんじゃない?好きなことをしていて楽しいと思われるのに
どうして何かしないといけない?と思われるのですか?

拝読していくと、何度も「なにかしなきゃいけない」とか
「このままではいけない」とあせっておられるように思いますが、

それは 周りの人に ニートやひきこもりなど、そんな風に思われるのが嫌だから
じゃないですか?
人の視線や思いのために、悩まないでください。

通信制の高校も大学も、たぶん、自分のための行動ではなかったんじゃない
でしょうか?
自分の人生だもの、わがままに自分だけのことを考える時期が
あってもいいんじゃないかしら?
それに、今はご家庭が協力的のようですし。


人の性格は、なかなか変えることはできませんが
人は、成長や老化とともに必ず心が変化をしていく生きものです。


待ちますよ。
あなたの心に何か変化があるその日まで。




違反報告

2011年8月5日 15時47分


お礼コメント

はじめまして、回答ありがとうございます。

その問いかけ、今まで自分が自分にしてきた問いかけと同じで、涙ぐんでしまいました。

おっしゃる通りです。多分周りの目が気になるんだと思います。
「多分」なのは、それを理解しているのに、わかっているのにそれでも気にしちゃうの?してるの?と自分の中で受け止めきれていないからです。

そうかもしれませんね。高校も、中学の相談室のカウンセラーがすすめてくれたところにいって、大学も担任の先生にすすめてもらったところに行っただけです。
高校は行ってよかったと思ってます。
わからないから、とりあえず行ってみよう、してみようという考えで入学しました。
時期……なのでしょうか。ずっとそういう時期で、そういう人生だった気がします。
「それでもいいじゃない、そういう人生でいいじゃない」と両親は言います。
言ってくれても、それでもいいの?本当に?とまた受け入れ切れません。

とても深いお言葉です。その通りだと思います。
いつかはこの心にある奥深い根にも変化が訪れるでしょうか

ありがとうございます。回答を読んで、今コメントを書いていて、すっきりした気持ちになりました。

2011年8月5日 18時07分

ミュウ♀さま こんにちは。

学生生活、今まで学校に行きたいのに行けない!との思いで毎日を過ごされてきたこと、
本当に毎日お辛かったことと思います。

かかれていることを拝見すると、ミュウ♀様は、とても真面目で心やさしいお嬢さんだと感じました。
小学生は、小学校に毎日通うものだ。
中学生も、中学校に毎日通うものだ。
そういう常識の中で生きていかなくっちゃ、と真面目に取り組んでこられたんだなぁと思いました。
ほんとうに、頑張りましたね。

甘えなどでは、決してありませんよ。
ご自身を責める事だけは、どうかなさらないでくださいね。


ミュウ♀様は、とても敏感で繊細でいらっしゃるんだと思いますよ。
新しい所に行く(バイトでもお医者様でも)事や、何かをし始める、という時は
人は誰しも、「いつもと違う感じ」な状態になるものです。
ある人は、それを「不安だな」と思うでしょうし
また別の人は、それを「ワクワク」と感じるでしょうし、
不安でも、ワクワクでもなく、淡々とされる方もいらっしゃるでしょう。

ミュウ♀様は「いつもと違う感じ」を、とても不安に感じるタイプの方なのかな、と思いました。

「いつもと違う感じ」を不安に思うタイプの方は沢山いらっしゃいます。
不安の程度も、少しドキドキ、から、手に汗にぎっちゃう、という方など、程度の差は人により大きく異なることでしょう。
このように考えるとミュウ♀様は、不安の程度はかなり大きく感じる方のようにお見受けします。

では、なぜ、同じように不安を感じているのに、「通える人」と「通えない人」がいるのでしょうかね。

努力で克服? 
ええ、そのような方も中にはいらっしゃるでしょう。

「初めてのところは不安なものだ」
と、半ば、あきらめ感で行ってみる、という人もいるでしょう。

「やだー!帰りたい!でも大人だから行かなくちゃ」
と、常識を守りたいという気持ち、つまり理性がなんとか勝って、ようやく行けるという人もいるでしょう。

人によって、不安に対する対処の方法は本当に色々です。


ミュウ♀様の場合を考えてみましょう。
ミュウ♀様にとって、「できない」という場面に遭遇するということは、
逆をかえせば「人と同じように上手くやっていかなきゃ!」という
「手に負えないレベルの不安」なのでしょう。
理性が働かない程に、不安から生まれる恐怖心を感じて、
心が自動的に「安全な家に帰らなくっちゃ!!」と、安全装置を働かせている状態なのでしょう。

安全装置が働いているということは、ミュウ♀様は自分自身を危険(この場合は不安からくる恐怖心)から、
自力で守ることができているんですよ。
何もできていない訳ではないのです、大丈夫ですからね。

じゃ、なぜミュウ♀さんの心はここまで安全装置を働かせてしまうのでしょう。

理由は色々あると思いますが、一つに
ミュウ♀さんは「不安な気持ちを感じる事が苦手」という事があると思います。
感覚としては「寒いのが苦手」「暑いのが苦手」「辛い食べ物が苦手」というようなのと
近い意味です。
絶対に寒いのが嫌だから、冬には毎日、ダウンジャケットを来て出かける、というようなイメージです。
不安な気持を一分でも我慢するのが嫌だから、おうちに帰って、のんびりしていたい、と思うのも同じようなことです。
感覚は、人それぞれですが、寒いのに敏感な人、不安な事に敏感な人、辛いものに敏感な人、程度がそれぞれ違いますよね。

分解して考えると、こういう事なのではないか、と思いますがいかがでしょうか。

ここで問題になってくるのが、なぜ不安が異常に増大してしまうのか、という事ですね。
その理由の一つには、ミュウ♀さんはとても常識のある真面目な方なので
「不安を我慢せずに家に帰って、不安を解消するなんて、大人のやることではない」
という、【かなり厳格なマイルール】を気づかないうちに作っておられるんではないでしょうか。
また、その中には別のマイルール、「人と同じように上手くやっていかなきゃ!」もセットにされているように思います。


新しいことをしなきゃならない上、マイルールも守らなければならない。
それは誰でも、とても疲れますよね。


改善方法には、2つのアプローチがあります。
①不安な気持ちでいることに、慣れていくこと。
②マイルールを、少しゆるめてみること。


①の【慣れ】ですが、冷たいプールに入る時を想像してみてください。
まず、手、顔、足、頭、そして心臓、というような順番で少しずつ水をかけていきませんか。
全身が濡れたら、今度は足先からそーーーーっと、水に浸かりますよね。
しばらくは冷たくて、微動だにできないけれど、
冷たさに身体が慣れてきたら、動けるようになり、水中で歩いたり、泳いだりができるようになっていきますよね。
不安にも、そのように対処していくと、慣れることができます。

色々と考えパニックになるのは、不安を1秒でも感じる事が嫌だから、
不安から逃れる為の方法を考えてしまうのです。結果、パニックになり、
パニックから逃れたい、と望むから、安全地帯(=家)に飛んで帰って、リラックスしたくなるのですね。

プールでいうと、冷たさから逃れるために、大急ぎでプールから出て
身体を低温から守るためにバスタオルで身体を拭き、暖かい場所に移動する、というイメージでしょうか。

今、ミュウ♀さんは、水の冷たさに慣れる為にじっとする、という機会よりも
水の冷たさから逃れるために、水から出て、バスタオルにくるまる、という機会のほうが
経験として多くなってきたので、身体がそちらのほうに慣れてきた、という状況ではないでしょうか。

慣れ、とは想像して、考えてみるよりも、試すほうがずっとずっと簡単な事なんです。
最初は1秒で水から上がってもいい、3秒我慢できたら、自分を褒めよう(これは本心からですよ。)。
ゆっくりでも繰り返し、やってみると、いつの間にか慣れててびっくりするかもしれません。
身体や記憶は、自分が考えるよりも意外な働きをしますよ。

さて、そんな簡単に不安に慣れることができれば、苦労しない。
とお叱りを受けそうですね。
コツをつかむまでは、わかりにくいかもしれませんが
不安を感じたら、それから逃れようとして思考をめぐらせたり、不安な気持を掻き消そうとしたり
不安になっている自分を責めない事。
ただ、「あ、私不安になってるんだ。緊張してるんだ。あがってるんだ。」
と言ってみてください。できれば声に出して、自分の耳に届くように。

その時の気持がどんなか、実際に体験されると、わかっていただけると思います。
だんだん、慣れていけますよ。

②のマイルールをゆるめてみる、ということは
なかなかすぐにはできないかもしれませんが、頭のすみっこに置いておけば
いつか次第にゆるんできますよ。



あと2点、気になることがありますので、長くなりますけれど・・・・


優しいご家族に囲まれて、幸せなはずなのに。

本当はお寂しい気持ちがどこかにありませんか?
「好きにしていい、自由にしていい」
と、言われることは、幸せな事ではありますが、
もっと私と向き合ってほしい、本気で私の心を知りたいと思ってほしい
というような願いがあるように思いました。

大丈夫ですよ。ご自身から、勇気を出して心を開いてみて。
真剣に受け止めてもらえますよ。


最後に、お薬はお医者様の指導に基づいて服用してくださいね。
18歳の成長過程のお嬢様の身なのですから、大切になさってください。


【お話相手サービス・きいてよ】田中 薫
http://blogs.yahoo.co.jp/hanasuto_happy

違反報告

2011年8月5日 15時03分


お礼コメント

こんにちは。回答ありがとうございます。

読んでいて落ち着くようなお言葉ばかりでした。

「いつもと違う感じが不安」その通りだと思いました。
普段何もせず、いつもと同じ日常は普通に過ごせます。
いざ行動しようとする、考えると駄目。

安全装置が働いている=自力で自分を守っている
何もできていないわけじゃないと言っていただけて嬉しいです。ありがとうございます。
「不安を感じる事が苦手」私はこの理由に気づくのに10年くらいかかりました。
昔はなんで駄目なんだ。なんで行けないんだ。なんでできないんだと。
それに気づいてからは、余裕をもつようにしているつもりなんですが、やはり心が圧迫されて泣いて、駄目になってしまいます。

「マイルール」わかります。作っていてしまったのもわかります。
それは多分今もあると思います。
でも、理解や意識をしていても、いざとなると上手くいきません。
「ああ……やっぱり駄目なんだ、治すことなんて無理だ」と考えてしまいます。
コツをまだ掴んでいないだけでしょうか。難しいです。


その通りです。
自由にされすぎていることに納得がいっていないところがあります。
でも、私は十分に家族に心を開いて、家族は十分に私のことを考えて理解してくれていると思います。
これ以上は私の我が侭。
それに、家族は私と性格や考え方など正反対のタイプだと思っているので、ある程度の理解できても、結局はわからないのだと思います。
そのことにまだ納得できていない自分がいる。それが伝わってしまったんですね。

わかっています。わかっているのですが……
今は2日に行ったときに、もらったものを飲んでいます。
病院に行けるようになって、ちゃんと処方してもらいたいです。


ありがとうございました。とても私のことをわかっていただいていて嬉しいです。
読みながら自分と照らし合わせていました。
マイルールをゆるめていき、徐々に自分の不安に慣れていけたらと思います。

2011年8月5日 17時51分

MEDICAL LIFE COUNSELING

はじめまして。Medical Life Counseling の和田と申します。

>薬は父のデパスを分けてもらっています。

まず、デパスを呑むのをやめてみて下さい。

2,3週間止めてみて変化があるか確認して下さい。

それでも変化が無かったり、返って余計に悪化したような
気がする場合は、お一人でなく、お父様を含めて、家族
全員でカウンセリングを受けられる方が良いかと思われます。

お兄さんの仰るとおり、今は、好きな事だけをしていれば良い
時期なのだと思います。

短いコメントで申し訳ないのですが、まず、試してみて下さい。
頑張りましょうネ。

違反報告

2011年8月5日 11時53分


お礼コメント

回答ありがとうございます。

やめてみたことはあります。
「大丈夫、飲まなくても大丈夫」と言い聞かせながら。

でも結果は、真夜中毎日大泣きして皆を起こしてしまう事態。
「辛いのは自分だけじゃねえんだぞ!」と、家の中の雰囲気は最悪。
あれがまた起こると思うと怖くてできません。
それと、薬を飲まないと何より辛いです。
せっかくアドバイスしていただいたのに、申し訳ないです。
家族は家族の人生があり、私のことでできるだけ迷惑をかけたくありません。
母には十分負担になっていますが……
他に、何か別の方法を探したいと思います。

短くて申し訳ないなんてどんでもない。
私の声に耳を傾けてくれただけで嬉しいです。
ありがとうございます。

2011年8月5日 17時15分

訪問心理カウンセリング自然のこころ

ミュウ♀さん初めまして、自然のこころの西岡です。

苦手意識や、それにまつわる混乱で、長い期間辛い思いをされてきたのですね。
また、こうして悩みを投稿してくれたこと、大変良かったと思います。

甘えだ、怠けているだけだと、ご自分を責めておられますが、
落ち着かない時があり、それによって苦しい思いをされてきた訳です。
病気かどうかは別にしても、ただ甘えているだけではありません。
きっと原因はどこかにある筈ですから、
その原因を癒して、楽しく、落ち着いた生活を取り戻して欲しいと願うばかりです。

『病院ではなくカウンセリングを受けたらいいのかもしれない。でも通えない。』とありますが、
訪問や出張を行っているカウンセリングもありますし、
最近では、パソコンの通話機能を使った、カウンセリングも多くあります。
当、自然のこころでは学生の方には学割として半額の料金で訪問させてもらってますし、
ご家族との相談も必要になりますが、ミュウ♀さんがカウンセリングを受けることは可能だと思います。

カウンセリングでは、
・一定の時期(二ヶ月ほど)になると、何か行動しなくてはと思う。
・そうなると混乱し、何もできなくなり、しばらくすると落ち着いてくる。
といった症状に対しては確かに有効だと思います。

中心来談者療法や傾聴といった、ミュウ♀さんのお話を聞き
混乱を招かないようにサポートを入れながら
ミュウ♀さんの中の答えを一緒に探していくという方法が良いと思います。
誰かの考えを押し付けられるのではなく、あくまでミュウ♀さんの考えや気持ちの中から最善と思える方法を選んでいく方法です。

カウンセリング予約日以外の急な混乱などは、携帯やパソコンによるメールでの対応も可能だと思います。
メールカウンセリングを専門に扱っているカウンセリングでは
料金のかかる場所もありますが、メールなどに関しては料金を取っていないところもありますので、問い合わせてみてはいかがでしょう。

また、私のホームページの挨拶にも書かせていただいてますが
良い先生に会っていないだけだ・・・というのは確かにあります。
医療機関では投薬治療など治療内容には大差が出ないかも知れませんが、カウンセリングとなると、カウンセラーとの相性は
非常に大きな成功の要因になりえます。
ミュウ♀さんにとって信頼できるカウンセラーをじっくりと探して
改善に向かってモチベーションを維持できるよう心がけてみてください。

お近くのカウンセラーにお問い合わせして、自分に合うと思った場所でお試しください。
相性が合わないと思えば、別のカウンセラーに変更すれば良いのですから・・・
一応、自然のこころでは関西を中心に活動していますが
遠方でも交通費などの実費のみで訪問させてもらってます。

ミュウ♀さんにとって負担のかからない良い方法を選んでいただく事が、改善への早道だと考えております。
お気持ちをおだやかに、過ごせるようになれるよう願っております。

違反報告

2011年8月4日 22時06分


お礼コメント

始めまして。回答ありがとうございます。

この文面の中から、私の辛さを感じていただき本当に気持ちが和らぎます。
ありがとうございます。
甘えではないですか。そう言ってくださると安心します。
原因はあるのでしょうか。今までの人生、短いですがずっと考えてきても原因は見つかりません。今は、こういう人間なのだから仕方ないのかと諦めがきて、歩くはずの道が見えず希望が全く持てません。真っ暗です。

カウンセリングのことを詳しく書いていただきとても助かります。
西岡様のサイトも見てみようと思います。母と一緒に。精神面での支えも理由ですが、お金を支払うのも親なので。

カウンセリングが有効と言われて安心しました。
そうです。一緒に探していってほしいのです。
だからカウンセリングを受けたいと思いました。
色々なカウンセリングの方法があるんですね。
もっと探して、自分と相性が合うところを見つけたいです。


実は早速昨日、自分がした質問と皆様の回答を母にも見てもらいました。
二人で一緒に感心して、話をしました。
私はここに質問して、回答をもらって、色々考えて、やはりもう一度心療内科に行こうと思いました。二ヶ所目の2,3度行ったという病院です。今までいった中では一番リラックスして行けていたし、予約すれば診断とは別にカウンセリングも受けられるからです。

けれど、一刻も早くどうにかしたいと強く思いすぎて焦ってた部分があるかもしれません。
もう少し、あと一週間ほど他のサイトを見たりして様子を見ようと思いました。


ありがとうございます。このタイミングで回答していただいたおかげで心の中に余裕が生まれました。
勉強にもなりました。落ち着いて、視野を広げて考えていきます。

2011年8月5日 03時46分

ミュウさん、はじめまして。神奈川県海老名発「あなたの心の相談室・ハートケアサロン」の奥山です。

 箸が転がっても可笑しくで笑える青春真っ只中の18歳のはずが、訳もわからない状態で辛い生活を余儀なく送らなければならないのは、甚だ残念なことと思います。もっと楽しく暮らせたらどんなにか幸せなことでしょう。

 私達は、幼少時に両親など養育してくれた人達から躾という名の色々なメッセージを受けて、それを基にして人生の脚本を描き、それに則って今を生きていると考えます。そのメッセージには、良いものもあれば、到底受け入れ難いものも含まれますが、幼少ですから善悪の判断がつくはずもありません。

 今を生きやすい人生脚本であれば何ら問題ないことですが、生き辛さを引きずって今を生きている人も少なくありません。そうした人の脚本には「禁止令」という生き辛さを生み出す、親などの影の部分から悲鳴のように発せられる不幸感や恐れ、失望・怒り・秘密の欲望など、幼児にとっては全く理不尽で理屈に合わない、不公平で最も否定的なメッセージ、というものが影響していることが考えられます。

 拝読させて頂いた内容から推測しますと、禁止令として色々なものが窺えます。「勉強してはいけない」「成長してはいけない」「親から自立してはいけない」「考えてはいけない」「自分の人生を生きてはいけない」「楽しんではいけない」「重要な存在であってはいけない」「行動してはいけない」等々、残念ですが多くの禁止令にがんじがらめにされてしまっているミュウさんが見えてしまいます。

 これは、心理療法の交流分析から見た私の見解です。一度交流分析について調べてみてはいかがでしょうか。そして、できれば勇気を出して心理カウンセリングを受けられることをお勧めします。くれぐれもお体をご自愛下さい。

違反報告

2011年8月4日 13時04分


お礼コメント

始めまして。回答ありがとうございます。

私は、箸が転がっても可笑しくて笑えますよ。周りの18歳と一緒です。
ただ、皆は普通に大学や仕事に行ったりしてるのに、自分は何もしていないだけです。
そのことに罪悪感を抱き辛いのです。

小さい頃に色々なキーワードを貰い、それを組み立てながら生きていくということですね。

禁止令、私は両親にそんなものを貰ったと思っていません。
こう育って欲しいというのは人の親なら少しは持ってしまうと思います。
親のことをいうのなら、そうですね……自由すぎたんだと思います。
辛いなら勉強しなくていい、無理しなくていい、このままでいい、自分が思ったとおりに生きればいい、人生を思いっきり楽しみなさい、いるだけでいい、普通じゃなくていい、思いのままに行動すればいい。そうやって育てられてきました。

私には兄がいるのですが、聞いてみると、本人がやんちゃだったせいか兄の方が厳しく育ったと聞きます。私は怒られた記憶がないです。そのことを聞くと、「だって貴方絵に描いたような真面目で怒るようなことしなかったんだもの」と言われました。


優しい家族です。その優しい家族のおかげで、笑顔でいることができ、ひとときの幸せを感じ、自分でいうのもなんですが、私は人並の優しさを持っているんだと感じます。

がんじがらめに見えるのなら、それは自分で絡めてしまったものだと思います。
心理カウンセリングは受けてみるつもりです。心配してくださっているのはとてもわかりました。

これからのこと、また時間をかけて考えていこうと思います。

2011年8月4日 14時12分

おかあさんの部屋・マツザキ


大昔、学校なんて存在しない時代だったら
あなたはこんなに苦しむことはなかったでしょう

例えば、国境とか時間の区切りとか、境目はみんな
人間が勝手に自己都合で考え出したこと

ただあまりに多くの人がそれを便利に思って利用するあまり、
いつの間にか人間自身がそれに縛られてしまった…

大げさなようですが、私はいつもそう考えています
時代劇なんかを観れば、そんなことが実感できませんか?


あなたは学校や決まった場所へ決まった通りに行けないこと以外、
まったく自分がおかしいとは思っていませんよね??
健康な身体と優しい家族に囲まれて、普通に幸せですよね

だけど、焦りがある、将来のことは本当に不安でしょう
いくら今の自分を受け入れればいいと言われても、いつかは自分で
自分の足でひとりで歩き出さなくてはいけないんですものね…
本当に八方ふさがりだと思います

でもね、まだ、18歳です
大学に行っても遊んでいる子が多いんですから
卒業年度まではのんびりする、くらいのつもりでね
(期限がプレッシャーになっても困りますが)
自分探しをしてみましょうよ

早朝の散歩から始めませんか
もちろん別のことだっていいのだけれど
ひとりでてくてく歩く、ってことはね、
本当にすごく刺激があるんですよ

不安なら途中で引き返せばいいんです
少しずつ遠くまで行ってみる、知らない場所へ行ってみる
飽きたらバスで行ってみる、なんてこともいいでしょう
早朝がお勧めなのはね、別に昼夜逆転を直すだけじゃなくて
空気がいいんです、天気が悪くてもさわやかですよ
人体のリズムは日の光と連動していますからね

騙されたと思って試してみませんか
しなくちゃいけないことじゃなく、
へんなおばさんが言ってたな、やってみるか、くらいでね
もしイヤになったら、またその気になるまでやめても自由

そう、あなたは自由なんですよ
人間が一生のうちで、本当に自由でいられる時期なんてね
本当にわずかなんです
いつか会社に縛られる生活が始まるかもしれないし
家庭を持てば家族に対する責任を負わなくてはいけない…
もちろん自由に選択した結果でもあるんですけどね

今のあなたは自分の自由を悪いことと思っていますよね
それは違います、大切に使える猶予期間なんですよ
それは個人差があって、短い人も長い人もいるから
他人と比較する必要はないんです

あなたはあなたのままで、優しいご両親を支えている
お兄さんもあなたを受け入れる、という成長をしたんです
学校とか時間とか、人間が都合で決めたものに振り回されずに
社会との折り合いをつける道は、きっとあなたが見つけられる

自傷行為などしない、健康だというあなたには
きっとユーモアがありますよね、笑顔があるはずですよ
大丈夫、焦らずに、まずひとごとだと思って外を見てください
のんびりとお散歩をしながら、
あくせく働く人や、ゆっくり歩いている人、
慌ただしく登校する学生や、ホームレスさんまで
いろんな人を見てみてください

あなたの足はきっと外へ歩き出そうとしていますよ
焦らないで、ゆっくりと、決して義務じゃありません
ぼんやり歩く、それがきっと世界を広げてくれると信じて
心から応援していますからねっっ♪


違反報告

2011年8月4日 12時46分


お礼コメント

私のミスでお返事が遅くなり申し訳ありません。


驚きました。その通りです。
この時代じゃなかったら、日本じゃなかったら。
この世界以外だったらという考えが常に頭の中にあります。

そうです。普通の人だと自負しています。
優しい家族で、なんて幸せ者なんだと。もったいないくらいに。
ただ、決まった場所に通えない。決まったことができない。
プレッシャーに耐えられない。
これが世に出るには致命的だと思っています。

おっしゃる通り、これからのことが一番の不安です。

18歳。昔から言われていました。
「まだ小学生なんだから」「まだ中学生なんだから」「まだ高校生なんだから」
自分探し……それは一生続くのでしょうか……

早朝の散歩、その気持ちよさわかります。
父と犬でたまに散歩に出かけるのですが、空気が澄んでいてとてもすっきりします。
遠出も嫌いではありません。自分の気分のままに出かけるのは。
でも気分がよくなるのはその時だけで、また時期になると不安がくるんです。
継続とすることができない。

自由です。今までずっと自由でした。自由すぎるくらいに。
大切な猶予期間……今までが。
そう思ったこともありました。今は休憩中なんだと。これから活動するための。
でもそれはいつなのか。不安が出てきます。

優しい家族です。笑顔も出ます。
外ですか。そういえばいつも全く周りを見ずに歩きます。

ありがとうございます。
私のことを以前から知っていると思うほど、読みながら頷いてばかりでした。

その応援を支えに、ゆっくり、焦らずまた考えていきたいと思います。

2011年8月4日 14時38分

カウンセリングルーム佐世保

初めまして、カウンセリングルーム佐世保の中坂と申します。
ミュウ♀さんのご相談を拝見しまして、外部との接触に不安をいだかれて、長い間、辛い思いをされていることを感じました。
しんどいですよね。

でも、ここで何とか自分を変えたいという前向きな気持ちは大事にして、その勇気に対して、自分自身をまず、ほめてあげてください。

ミュウ♀さんの家族も大変優しく見守られてそれに答えられない自己嫌悪も感じられてますよね、ミュウ♀さんの優しい気持ちの現れだと思います。

さて、病院にも行かれたそうですが、何かさしつかえなければ病名とか診断されましたか。カウンセラーは、病気の診断や病名を告げることは禁止されています。その中で病気の診断を受けてあれば、医師の指示に従い、カウンセリングを受けることも許可を受けられた方がいいかと思います。

今、行政でも、例えばうつで休んでいる人が社会復帰する前に、その社会復帰の実体験の訓練をする施設もありますので、そういう施設を紹介してもらい、無理のない範囲で社会との接点に挑戦されて外出に慣れられるのもいいのではないかと思います。

そして、カウンセリングを受けられるようであれば、このメールカウンセリングの他、電話の無料カウンセリングをされているところもあります。そのうえで、できれば、面談カウンセリング、訪問カウンセリングを受けられていいかと思います。

カウンセラーは、全力でミュウ♀さんに寄り添い、ミュウ♀さんの心の叫びを聞きながら、解決すべき問題をサポートしていきます。時間はかかるかもしれませんが、ミュウ♀さんの幸せを願っています。何かのお役にたてば幸いです。

参考までに、無料の電話カウンセリングの例として神戸カウンセリングサービスさんがありますので紹介しておきます。
  URL:http://www.counselingservice.jp/service/service-muryo.html

違反報告

2011年8月4日 12時08分


お礼コメント

早速の回答ありがとうございます。
私のミスでお返事が遅れてしまい申し訳ありません。

長い期間の辛さを感じていただいてとても嬉しいです。
ありがとうございます。

病名は、最初の病院で「軽いうつかもしれない、若い人にはよくあるんです」と言われました。他の病院ではまだよくわからないと。

なるほど、ちゃんと病名を貰ってからカウンセリングを受けたほうがいいんですね。

社会復帰の施設、ですか。
やはりそこも通わなきゃいけないんでしょうか。
気持ちを口で伝えるのは難しいのでメールのがいいのですが、そうですね、徐々に慣れていきたいと思います。

ありがとうございます。言葉の一つ一つが嬉しいです。

教えていただいたサイトを見て、母と相談しながらどうしていくかゆっくり考えていこうと思います。

2011年8月4日 14時20分