教えて掲示板の質問

「精神科受診の必要性、過去の虐待」に関する質問

  • 受付終了

くろねこさん

過去、父から暴力など虐待を受け未だに男性への不信感、嫌悪感、恐怖が根付いています。
そんな中時折感情が上手くコントロール出来ずに爆発してしまいます。
今回、初めて3歳の娘を感情のままに平手打ちを数回してしまいました。
肺炎になりかけていて薬を飲んで欲しい一心だったのですが、少し落ち着いた今では父と同じだという自己嫌悪、ショック、娘への罪悪感があります。
娘の顔は幼い頃私が父へ向けたであろう顔でした。
授かりにくい体質の私が初めて授かった我が子です。
この子を守るためなら…覚悟もあります。愛おしい存在です。
同じことは繰り返したく無いです。
まだ精神科などの受診をしたことがありません。
自分では今回のことが後押しとなりました。
アドバイス頂けたら幸いです。
よろしくお願いします。

違反報告

2014年7月16日 00時43分

教えて掲示板の回答

カウンセリングルーム陽だまり(ひだまり)

子供の頃に虐待を体験すると、人に対して、不信感、恐怖感が強くなります。
自分を防衛するためそうなるのであり、あなた他の責任ではありません。
お子さんを 平手でたたいた閉まった後に「またやってしまった」という罪悪感を感じるのは、いい母親でありたいと強く願っているからです。
どうでもいいなら 罪悪感は抱きません。
あなたの魂は「やさしい 母親でありたい」と願っていらっしゃいます。
できるだけ早く、自分の気持ちを 否定せずに、アドヴァイスもせずに、ひたすら話を聴いてくれ、つらい気持ちを黙って受け止めてくれる人を探して、話してみてください。 そのかたに「黙って 何も言わないで、聴いてくれる」とお願いして、話してくてください。
それでも無理なら、カウンセリングをお受けになることをお勧めします。
ゲシュタルト療法では「過去のトラウマ」に対応するカウンセリングができます。

違反報告

2014年7月17日 18時29分


カウンセリングルーム・エンパシー

ご相談内容を拝読しした。
幼少期に虐待を受けた子どもが親になると、皮肉にも自分の子どもに対して同じように虐待をしてしまいます。これは、負の連鎖反応です。あなたの潜在意識の中には、お父さんの悪いお手本しか入っていないことが原因です。冷静なときは意識が出ていますが、興奮しているときは無意識に変わります。つまり、極限状態になると、怒りの感情の表し方が、お父さんのお手本でしか対応できないと言うことです。
間違った学習をしてしまったのですから、正しいお手本を潜在意識に刷り込むことか大切かと思います。あなたの代で負の連鎖を断ち切らないと、代々受け継がれてしまいます。補足説明をご希望でしたら、「mental@r-empathy.com」までご連絡ください。

違反報告

2014年7月17日 17時24分


NPO法人虐待問題研究所 カウンセリングルーム

はじめまして。虐待問題研究所の上原と申します。

お辛いお悩みを相談して下さってありがとうございます。

余談ですが

私も父親に虐待された経験があり苦しんだ時期もあります。

周りの協力もあり、なんとか虐待する事なく3人の子どもを育る事ができています。

子育てではストレスや不安などつきものですし虐待は紙一重だと思っています。

なぜ虐待せずに子育てできているのかと言いますと

1つ目 夫が協力的だったから
2つ目 夫の両親が良き理解者だったから
3つ目 近所の方のサポートがあったからです。

私の父も父から虐待を受けてきたそうです。(世代間連鎖)

虐待を受けてきた全ての方が虐待するとは限りませんが

『学習していない事は分からない』と言う連鎖のデータもあります。

過去は変えることはできませんが、人の出会いにより過去を修正する事ができます。

現在お父様はご健在ですか?

ご健在でしたら
暴力されどんな気持ちだったのか、本当はどのような事をしてほしかったのか
お話されてはいかがでしょうか?

まずはそこからだと思います。


ご主人の事はかかれてはいませんがご主人はいらっしゃいますか?

いらっしゃればご主人に虐待れた過去をお話され、理解してもらうのが良いと思います。

あなた様は虐待しません。自分を信じて幸せな未来をいつもイメージして下さい。


ご参考になれば幸いです。

違反報告

2014年7月17日 17時14分


くろねこさん。こんにちは。
今回、初めて3歳の娘を感情のままに平手打ちを数回したくらいでしたら
過去の虐待からの行動まして、精神科受診の必要性は
まったくありません。
肺炎になりかけていて、自分が変わってやりたいほどに心配しているのに・・・
薬を飲まないとだだをこねたのでしょう。
幼児は普通、薬は、シロップをいれたとしても嫌なものは嫌ですので
命にかかわるような場合だとしたら
私でも平手打ちをして、無理やりに薬を飲ませます。

「授かりにくい体質の私が初めて授かった我が子です」
私のわが子も同様です。
奥さんと毎月、つらい思いを乗り越えて授かりました。

「同じことは繰り返したく無いです」
いいえ、感情のままに平手打ちは、精神的にショックを受けますが
だからといって、子供は、それを理解できないわけではありません。
しつけでお尻や手首などをたたくのは、必要なことです。

子育てのために様々なところで勉強し、奮闘してくださいね。

また、過去の父親からのPTSDが、お困りでしたら
相談に乗りますのでolive_crown2184@yahoo.co.jpでどうぞ。

違反報告

2014年7月17日 16時43分


ことゆめ心理カウンセリング

お辛かったでしょう。
ご自身をどんなに責めたことでしょう。

でもあなたのお嬢さんへの強い愛情は、あなたとお嬢さんを守ってくれます。

暴力にならないテクニックというものがあります。

ですが、それは人によって違います。

あなたに合うものを見付けられるといいと思います。

アドバイスや一緒に解法を探す相手が必要な場合はお声をお掛けください。

怒りの感情の出方などをお聞きしながら探ってまいります。

   ことゆめ

違反報告

2014年7月17日 16時01分


カウンセリングとどろき院

初めまして、拝見しました。

外からの過剰ストレス下にあって、愛おしいはずの娘に幾度も無意識に手を上げたんだと思います。悪気はなく無意識に起きてると思います。体力の差が大きくあるのが、大きな恐怖にもなると思います。

通常の動物虐待も通常は可愛がってるのに、ふと見えない力に操られるように、虐待をし一度であっても一生後悔するのが普通の可能性があります。なんで叩いたんだろう!?と。

心身・身体が過剰ストレス下にある可能性もあります。
その不調を早く改善するのも対応策では大きいと思います・
健康状態では、自律神経は安定しイライラや攻撃性が緩和するはずです。

そんなに異常的な今回の相談ではないと思います。
今までの過剰ストレスの清算が問題解決に繋がると思います。

薬の場合、理想と逆方向も副作用という形でよくあると認識しています。
そのようなことは本来は、栄養素での機能からなんですけど、跳ね上がって枯渇している場合が多い現状と不安定などがあようです。


当院のHPやそのリンクなども参考にしてください。




                               カウンセリングとどろき院
                                      竹本  豊

違反報告

2014年7月17日 15時57分


郷家カウンセリングルーム

くろねこさん、はじめまして。郷家あかりと申します。

>父と同じだという自己嫌悪、ショック、娘への罪悪感があります。
>娘の顔は幼い頃私が父へ向けたであろう顔でした。

よく気づかれたと思います。
ここを読んで、まずはよかった、と感じました。

可愛い我が子に、どうして感情的になって手を上げてしまったりするのか…

感情が「爆発」することを経験されているなら、これが "上手くコントロール" できるようなものでないことにも、なんとなくお気づきだと思います。

書いてらっしゃるように、くろねこさんの、子ども時代に受けた〈傷〉の痛みが、お嬢さんの何か言動や態度が刺激、引き金になって、ぶわっと浮上しているのでしょう。

これを抑圧し続けようと思っても、なんとかコントロールしようと思っても、それがうまくいかないのは、世の中にある虐待の話などを見聞きされていれば、ご存じかと思います。

娘さんを守るためには、くろねこさんご自身が癒されなくてはなりません。
子ども時代に "感じること" や "表現すること" が許されずに、消えて無くなることができずに溜まっている感情を、安全な形で外へ出してあげなければなりません。

子育ての最中でお時間を作るのが大変かと思いますが、出来ることなら心理カウンセリングに足を運んで、まずはくろねこさんのお話をなさってみてください。

それを受け止めてもらい理解してもらう体験が、癒しや、さらなる気づきに繋がり、楽になり、娘さんへ注げる穏やかで優しい安定した愛情も、格段に増すと思います。

可愛い娘さんが、くろねこさんの危機を映し、教えてくれていますね。
お母さん、がんばってみてください。



違反報告

2014年7月17日 15時54分


熊本市心理カウンセリング『あなたの美癒健』女性専用

始めまして熊本の「あなたの美癒健」です。
今のところ、精神科とに、かかられる必要は無いかと存じます。お父様との確執が有った事で、自分も同じ事をしているのではないか?との貴女の思いが強く感じられます。娘さんを殴ることは、少し問題です。しかし、娘さんがこのままでは肺炎に、なってしまうと思われた為の行動でお父さんの場合のDVとは、少し意味合いが違うのではないかと思います。それは貴女の【父と同じだという自己嫌悪、ショック、娘への罪悪感があります。娘の顔は幼い頃私が父へ向けたであろう顔でした。授かりにくい体質の私が初めて授かった我が子です。この子を守るためなら…覚悟もあります。愛おしい存在です。】で自分のした事を反省をされているので、心療内科、精神科に、行く必要は無いかと判断します大丈夫です。精神科に、かかると医師次第では病気と判断されて、投薬、最悪は娘さんと離れる事にもなりかねません。今後殴ることはせずに、身近なところにいらっしゃる子育ての経験豊富な方に、もっと子供の扱い方、今回の場合は、どうしたら薬を飲ませることができるのか相談されたら良いかと思います。娘さんについては、医師に飲みやすい薬を投与してもらうように相談するのも良いかと思います。

違反報告

2014年7月17日 15時52分


すずめの木相談室

質問者さんの娘を大事に思う気持ちにお役に立てばと思い、お返事させて頂きますね。
過去の辛い体験を愛娘に再現させたくないと言う相談にほっといたしました。
何とかしたい!何とかする方法はないのかと精神科受診をお考えのようですが、まずはじっくりカウンセリングをうけてみたらいかがでしょうか。
すずめの木相談室でもカウンセリングがどういうものかわからず、おそるおそる予約の申し込みをされる方もいらっしゃいます。
初めての経験ならなおさらですね。
でも一度カウンセリングを受けてみるとこんなふうに解決策があるんだという事がわかったと安心されます。
カウンセリングとは決して相手を責めたりするものではなく、今の現状を上手く変えるにはどうしたらいいか、どんな方法があるかを探すものなのです。
相談者さんのこころを大事にしながら、話を聞かせて頂き、一息ついたら今度は未来を見てどうなっていたらいいか等を話し合います。
カウンセリング方法は、百花繚乱状態ですので、ご自分に合うカウンセラーをお捜し下さい。
お父さんは貴女に対する暴力を止める方法を探しませんでしたが、貴女は自分を変えたいと思っています。
きっとできます。
ここに相談されたことは既に一歩が踏み出されています。
思いやりのあるカウンセラーに出会えますように、祈っております。

違反報告

2014年7月17日 15時49分


りょうもう心理カウンセリング

くろねこさん、はじめまして。
カウンセラーの須賀と申します。
おつらいお心について、拝読しました。

精神科受診について、私は念のために受診をオススメします。
そして、自分の感情のコントロールができず、娘さんへの体罰が抑えられない
ということであれば、児童相談所にご相談されることもよいと思いますよ。

よかったら、参考にしてみて下さい。
お大事に。

違反報告

2014年7月17日 15時35分


お礼コメント

須賀様
ご回答アドバイスありがとうございます。
やはり受診も視野に入れた方がいいですよね。
児童相談所へは一人では判断できないので主人と話し合ってみます。

2014年7月18日 20時39分