教えて掲示板の質問

「過去を引きずってしまいます。自信を持ちたいです。」に関する質問

  • 受付終了

ピノさん

初めまして、過去を気にせず前向きに生きたいので相談させていただきました。
私は、人と一対一で会話をしなければならない状況が恐いと言う事を悟られないように無理して会話して、空回りしてしまう所があります。転職する先々で嫌われてる事が空気で分かったり、誰が聞いてもパワハラだと分かる事も経験して来ました。人間関係でのトラブルが多く自信がありません。色々、辛い事もありました。気にしないようにして来ましたが、一点だけ、どうしても消化しきれない経験を最近しました。18年くらい付き合いのある、元会社の同僚2人の対応が負に落ちません。1人は「だから、お前はダメだ」「直ぐに離婚すると思ってた」とか言われたり、馬鹿にしてるような発言が多くありました。もう1人も遠回しに、見下すような対応や発言もありました。2人に共通しているのは、馬鹿にするような発言だけでなく、大事にしてくれてるような対応や発言も多くあり、私の事、嫌いじゃないんかな?と思う事もあれば、もしかして見下されてる?嫌いなの?と自問自答していました。お誘いすれば、遊んでくれる、けど、誘われない、必要とされてない私なんだと思うと落ち込む事も多々ありました。
3年前に結婚し、子供を出産しました。1年目は、私からの誘いで集まりました。その後は積極的に誘うのを止めました。私が結婚してしまったので誘いにくいのかもしれませんが、誘われる事がないまま1年以上経過しました。こちらから久々にメールしても1人は返信がない事があってから、あ、やっぱり、無理して付き合ってくれてたんだなっと思ったら、今までの数々の冷たい発言や態度などを思い出すと、人として認められてなかったし軽く扱われてた現実を突き付けられて涙が出て来て、なんで、もっと早く切らなかったのかと後悔しています。彼女達からされた事を気にせず、忘れて明日を生きたい。その事を考えてる時間が無駄なのに、考えない日が、ありません。どうか、過去の辛い経験を忘れて前向きになれる思考の方法を教えて下さい。長文な上、まとまりのない文面で申し訳ございません。御回答、宜しくお願いします。

違反報告

2014年6月29日 03時50分

教えて掲示板の回答

憂うつの癒し屋

そうですね・・・・・・・・・・・・・・
>2人に共通しているのは、馬鹿にするような発言だけでなく、大事にしてくれてるような対応や発言も多くあり、私>の事、嫌いじゃないんかな?と思う事もあれば、もしかして見下されてる?嫌いなの?
その他メールの件も考慮して、それだけでは、嫌いじゃないんかな?とか、見下されている?嫌いなの?とかの判断はしないほうがいいと思います。
会話と言うのは言葉のキャッチボールと言われていますが、
この「キャッチボール」のやり方が重要になってきます。
始めはゆっくり投げ合い、徐々にテンポよくスピードアップして、終わるときには、いきなり止めると肩を壊す原因になりますので次第にスピードダウンして終わります。
これが、実際の「キャッチボール」の基本です。
これを実際の会話に当てはめますと、何気ない会話から始まり、スピードアップする時には片方が暴投する(ピノ さんを馬鹿にする)こともあるでしょう。
しかし、会話の終わりに次第にスピードダウン(ピノ さんを大事にしてくれる)ということがあれば、
気持よく会話ができた、という印象になるはずです。
要するに、途中で馬鹿にされたりしても、会話の終わりには必ず「ピノ さんを大事にしてくれる」言葉があるかどうかで、判断した方がより客観的に2人のピノ さんに対する思いを知ることが出来る、ということです。
人間は最後に言われた言葉が「印象に残る」ものなのです。
叱られても最後には必ず一言でもほめられると、ほめられた印象が強く残るものなのです。
ですから、ピノ さんが
>人として認められてなかったし、
>軽く扱われてた現実を突き付けられて涙が出て来て、なんで、もっと早く切らなかったのかと後悔しています。
と感じている「印象に残る」ということは、会話のキャッチボールが正常に行われていなかったということになりますから、ここで初めて2人はピノ さんを「余り良く思われていない」~「軽く扱われてた」ということになると思います。
逆に言えば、この人間の会話に対する心理をうまく使い分ければ、その他の要素もありますが、うまく会話が出来る土台になるのです。
ここまでは、人間関係の基本として覚えておいて下さい。
今のピノ さんはその2人とのトラウマ的な事が、「人と一対一で会話をしなければならない状況が恐い」という状況を作り出していて、過去の辛い経験を忘れて前向きになれる思考の方法を探しているのですね。
んんんんんんん・・・・・・・・・・・・
過去は時間がいくら時間が経っても「忘れる」ということは残念ながら無いと考えて下さい。
では、どうすればよいのか。
A:即効性があるのは、今この瞬間を大切して生きることです。
B:次にボランティアでも、なんでもいいので「人を喜ばせる」ことです。
C:さらに言えば、何か夢(あるいは夢に向かった段階的な目標)を持つことです。
その時に「辛かった時の自分」が今の自分を応援してくれます。
いわゆる「バネにする」とか「反面教師」という形で応援してくれるのです。
そうなれば、もうトラウマはトラウマでは無くなっていくのです。
それでも、上手くいかない場合には、カウンセリングということことになります。
お近くの保健所に行ってアポを取って相談員さんとカウンセリングについての面接をして情報を得て下さい。
相談員さんは精神保健福祉士、保健師などの国家資格を持っている人たちですので、我々カウンセラーと同じく、いやそれ以上に「秘守義務」がありますので、安心して今までの経緯(いきさつ)を面接の時に話して下さい。
カウンセリングは、一般的に「傾聴カウンセリング」→「認知行動療法」→「トラウマの治療法」と進みます。
これらの一連の流れでのカウンセリングは、対面式が大原則です。
相談員さんと綿密に打ち合わせをして受けて下さい。
私のHP: 憂うつを癒やすカウンセリング心理学
http://sinrigaku.com
では「傾聴カウンセリング」
「トピックス・リスト」→「自動思考と認知の歪み(認知行動療法)」
「トピックス・リスト」→「トラウマの治療法」
「トピックス・リスト」→「前向き人生の強力な12の原則」
「トピックス・リスト」→「人間関係の12の手法&(ペース合わせ)と(リード)」などのお役立ち情報が掲載されておりますので是非一読してみてください。

違反報告

2014年7月2日 15時18分


こんにちはカンセラーの平野です
一つ一つ丁寧にお答えして行きたいと思います。
状況①
過去を気にせず前向きに生きたい。
しかし人と一対一の会話が恐い。
それを悟られまいと、無理して会話し空回りしてしまう。
転職する先々で嫌われてる事が空気で分かったり、
パワハラも経験した。
人間関係でのトラブルが多く自信がない。
色々、辛い事もあった。
回答①
色々過去にあってとてもお辛い思いをしたのですね
しかし冒頭から過去を気にせず前向きに
生きたい気持ちがあり、素晴らしいと思います。
状況②
最近、どうしても消化しきれない経験をした。
元会社の同僚2人の対応が負に落ちない。
1人は「だから、お前はダメだ」「直ぐに離婚すると思ってた」と
馬鹿にした発言が多くあった。
もう1人も遠回しに、見下すような対応や発言がある。
ただ二人は共通して、馬鹿にするような発言だけでなく
大事にしてくれてるような対応や発言も多くある。
とはいえ、誘えば遊ぶが、誘わないと遊ばない関係に
落ち込む事も多々ありました。
回答②
親しい仲にも礼儀ありで、言ってほしくな事、触れ欲しくない事は
あります。とても辛い環境でしたね。
本当の友人であれば、誘い誘われての関係を望むのも分かります。
状況③
3年前に結婚し、子供を出産。
そのうち疎遠になり、メールでも一人は返信なし
そうなると、思い数々の冷たい発言や態度など
を事を思い出し、涙が出て来て
なんで、もっと早く切らなかったのかと後悔。
彼女達からされた事を気にせず、過去を忘れて
明日を前向きに生きる思考の方法を知りたい。
状況③
繰り返しになりますが大変、心に傷が出来て痛かったでしょう。
しかし過去に目を向けたままでは、この記憶が染みのように
こびり付き、その汚れが気になるばかり、前向きに生きる事を
困難にします。
前向きに生きる方法としてお子様、同士のコミュニティーに
参加しママ友から新しい交友関係を
作られてみてはいかがでしょうか?
積極的に行くもよしす少しづつ交流を深めてよし
自分のペースで過去の染みを洗い流し
綺麗になった服装、リセットした、新しく綺麗な気持ちで
新しい交友関係を築いていかれると良いと思います。
新たな友人が必ず見つかるように応援しております。
                           平野



違反報告

2014年7月1日 15時18分


日本催眠心理研究所(代々木心理オフィス)

ピノ 様 初めまして、日本催眠心理研究所と申します。
元同僚の方々との交流に関して、過去の事とは言え、今お辛い想いをされていらっしゃるのですね。

「人として認められてなかったし軽く扱われてた」のが現実であるとの想い。
非常に受け入れがたい悲しいことかと、お察しいたします。

しかし、それはその方達との付き合いの中で、ほんの一部の側面ではなかったでしょうか?

18年も付き合いがあった、というのも現実の事でしょう。
大変長い付き合いかと思います。
相手の方々も、童でも良い人と、そこまで長い付き合いが続くものでしょうか?
私にはそうは思えません。

相手の方々のキャラクターや、ピノ様のキャラクター、お互いの関係性の深さの度合い、一言で言ってみれば、仲が良いほど、相手をからかったり、いじったり、毒舌を吐いたりすることもあるのではないかと思います。

ピノ様も結婚なされ、以前とは違う状況になられたのですし、相手の方も今はどのような状況になっておられるか、わからない所もおありかと思います。
自分の身が、なにかしら不幸な出来事が降りかかっている時など、人と合ったり、メールの返信をするのもためらわれることもあるかと思います。

確かに数年前までは友情が続いていたとしても、最近では、もうそれほど必要な関係ではなくなった、という可能性もあるかも知れませんが、それはそれで、18年間の付き合いの全てが偽物だったというわけでもないでしょう。

ピノ様ご自身が、ずっとその付き合いを屈辱的に感じ、それでも嫌々付き合ってこられたのだとしたら、確かにもっと早く切ってしまっていた方が、良かったかも知れませんが、文面を読ませていただく限り、その付き合いを楽しく思われておられた様に思います。

そう思うと、ピノ様が、自分で自分のことを「見下されるような人間だ」と自身がないために、友達にもそう思われていたに違いないと、思い込んでしまわれているように思います。

もちろん真実を知っているわけではないので断言はできませんが、お友達の友情も否定して、ご自分のことも否定してしまっては、それはお辛くなる事でしょう。
辛くなるように、自分で仕向けてしまっておられるように思います。

できれば返信があった友人ご本人に、確かめる事ができれば一番良いように思います。
多分、ピノ様がそのような辛い思いをしているとは、想像もしていないのではないかと予想しております。

一度、そのような可能性も考慮されて考えて見られてはいかがですか?


違反報告

2014年7月1日 12時57分


心の相談所 メンタルクリーニング 陽だまり

はじめまして。
わからない自分をなりたい自分に変える専門家
対人恐怖症専門メンタルクリーニング陽だまりの粉川公一です。

あなたの悩み、凄くわかります。

僕自身が同じ悩みを抱えてましたから。

でも、僕がそんな状態を克服し今現在に至れたので、同じ苦しみを持つ方の力になれればとの想いから心理セラピストになりました。

ですから、あなたも今の状況を克服し穏やかな気持ちで生活出来る様になれます。

そのための応援をさせて頂きます。

もし興味を持って頂いたなら一度僕のHPをご覧下さい。

何かの参考になるかもしれません。

HP:hidamari-therapy.comです。

違反報告

2014年6月30日 18時31分


澤田和彦カウンセリングルーム 丸和サワダ株式会社


 初めまして、心理支援士 心理カウンセラーの澤田と申します。

 文章だけの解釈になりますので、誤解や解釈に誤りがありましたら
申し訳ありません。

 ピノさん、どうしても二人の友人に対して感情のコントロールに苦しみお悩みに
なってみえる事だと拝見させて頂きました。

 ピノさんに取って、どこか裏切られたお気持ちに陥ってみえるご様子や大きく
自信を失ってみえるご様子が窺えます。

 元々、対人関係に対しての抵抗感が大きく・・・ピノさんご自身の中で自己否定感
を抱かれてみえるご様子が垣間見えます。
> 、人と一対一で会話をしなければならない状況が恐いと言う事を悟られない
> ように無理して会話して、空回りしてしまう所があります。①
> 嫌われてる事が空気で分かったり、②
> 誰が聞いてもパワハラだと分かる事も経験して来ました。人間関係での
> トラブルが多く自信がありません。③
> こちらから久々にメールしても1人は返信がない事があってから、あ、やっぱり、
> 無理して付き合ってくれてたんだなっと思ったら、④
> 人として認められてなかったし軽く扱われてた現実を突き付けられて涙が
> 出て来て、⑤

 ピノさんご自身の中で、お二人に対する経験を忘れるお気持ちの前に
根本的な要因・背景について=自信を失ってみえるお気持ちや自己否定感を
抱かれてみえるお気持ちを解決に導いて活かれる事が基礎基盤になります事を
お伝えさせて頂きます。

 こちらの解決方法としまして、専門の心理カウンセリングをお受けになられる事が
お薦めの前提にはなりますが・・・心理カウンセリングでは、なぜがキーワードに
なりまして

 なぜ自信を失っておられるのか?なぜ自己否定感を抱かれているのかについて
ピノさんからお話をお聴きする中から、ピノさんにお合いする解決策にて改善に
導いていく療法になります。万が一、思い出したくないお気持ちが働く事が
ありまして敢えて触れていく事が出来る療法になりますのでご安心下さい。

 心理カウンセリングの社会認知度が高い、先進国アメリカ合衆国とは違って
まだ日本では社会認知度が低く・・・社会への浸透性が低い事で疑問に思われる
かも知れませんが、ここ近年で心理カウンセリングの技術が進歩している事も
確かな事実です。

 上記にて、ご説明させて頂きました・・・基礎基盤になっておられる自信を失って
みえるところや自己否定感を抱かれてみえるところを改善に導かれる事で
お二人に対する許せないお気持ち=辛いお気持ちを忘れて前向きになる事に
繋がっていく療法になります。

 どうか、ピノさんご自身の中の根本的な要因・背景について・・・解決に導かれ
本来の自信を取り戻され 二人の体験から脱却できる事を心から願っております。
宜しくお願い致します。

 心理支援士(有資格者) 心理カウンセラー
 取締役 澤田和彦のカウンセリングルーム
 丸和サワダ 株式会社

違反報告

2014年6月30日 18時17分


カウンセリングとどろき院

初めまして、
拝見しました。
相談者(Aさん)は、少し対人恐怖症的なところがあるようです。
井戸端会議などもどちらかというと苦手なんでしょうか!
いろいろな職場での無理した会話などからのいろいろなストレス、結婚・出産・育児のストレスが今、過剰な感じではないでしょうか?
18年ほどのお付き合いのある女友達2人との心痛経緯があるようです。
多分、心身・身体が現在不調となり、その状態が、いろいろな今までは納得してきたような場面に、現在振り返り悪夢・不安・裏切りようなことが元同僚であり友人達に向けられてるようです。
ご自分を友人たちに投影している形だと思います。
ご自分の行為を友達に映されてみているのと同じように思いますし、Aさんの思うような心ではないと、そのお2人ではないでしょうか?結婚で、ステージが変わります。同様な子育てなど共通があれば、また、近所であれば、以前以上に利用し合う友人関係は良好に深まる可能性はあると思います。結婚を機に、自動的にそう親友でもない印象の利用し合う友人達と疎遠になるなど当たり前だと思います。
結婚され子供が巣立つまで、家族が中心のような生活に変わってると思います。
形にないような心とこ想像的なことが、少し読みにくいような先天的器質があると思います。過去のトラウマや過剰な今の心身・身体のストレスなどの全体を、友人達に添加するより、疎遠でも長く大切に育てていくことで、いい親友関係が生まれる可能性もあると思います。ご自分スタンスが、相手にも同じように心理的にはでると思います。無償の愛を注ぐと答えてくれたり、助けてくれたりしてきたと思います。
まず、ご自分も含めて利用し合う中が、すべての他人同心の宿命のようなことが元々あるように思います。自己表現をし無意識的なお付き合いをお勧めします。
ご自分が、心身・身体の調子を整えることが、病的思考から心が晴れ渡る要因になると思います。悪く感じることから、いい思い出ばがりに人生を変えることが大切ではないでしょうか!積み重ね脳タイプでしょうか?大きなネットワーク的に合理的に上手く自己表現をしながら生きましょう!
バランスのいい3食と食後の必須ビタミン・ミネラルなど心身・身体などの安定や改善に対人関係などにもお勧め致します。(食品保健指導士) 結婚・妊娠・出産・育児の人生で最も不調時の置き換えを身近な人達にしている可能性も否定できません。友人が独身や子供がいないとすればAさんの家庭へのやきもちなども起きたり、遠慮も当然起きたりして大きく今までと関わり方が変わるとも考えられます。


                  カウンセリングとどろき院
                         竹本 豊

違反報告

2014年6月30日 17時20分


大山さんのメンタルサポート

初めまして カウンセリングワンダ 大山桃子です。


元会社の同僚2人の対応について


一方では


馬鹿にされているんじゃないか

嫌われているんじゃないかな?

必要とされていない私



という 思い


そしてまた一方では





気にせずに忘れて明日を生きたい

そのことを考えている時間が無駄

過去の辛い経験を忘れて前向きになりたい


という 思いがあるんですね。



この 二つの思いが 


あなたの中にあるんですね。



 私の想像するところ



 インナーチャイルド(幼少期のあなたの表現されていない感情)


の思いが 元同僚との関係を通して あなたに訴えていると考えられます。


最初に感じていることは あなたの中の記憶の部分での誤解による

感情によってプログラムされたものではないかと 思われます。


 すべての 思いは あなたの外部にあるのではなく

あなたの中にあります。


 幼少期の経験による誤解を

カウンセリングによって 解くことが必要であると思われます。


カウンセリングワンダでは


電話カウンセリング初回無料で させていただいています。


 一度お電話いただけたらと思います。


 










違反報告

2014年6月30日 17時04分


カウンセリングルーム・エンパシー

あなたが囚われているのは、18年くらいお付き合いのある二人の同僚との関係と言うことですね。出来事と感情は必ずしもイコールではありません。出来事に対して、思考がプラスかマイナスかで、感情も変わります。あなたの場合は、二人との出来事を、ネガティブな思考で、「見下されたり、馬鹿にされた」ような感情を生んだのだと思います。それがトラウマとなり、フラッシュバックに悩まされているわけです。
感情をポジティブに変えてしまえば、出来事への印象も変わります。感情の変え方については、無料で補足説明いたしますので、「mental@r-empathy.com」までご連絡ください。

違反報告

2014年6月30日 15時48分


オフィスオオヤマ

ピノさんはじめまして!
カウンセラーの大山智之と申します。

ピンさんのご友人に対する気持ち私も感じたことがありますのでよくわかります。

そこで質問です。
ピノさんはどうしたいのでしょうか?

この友人たちと付き合っていきたいのか?
もう関わりたくないのか?

大切なのはピノさんの今の気持ちです。
これから先の事はまた考えましょう!
人の心はうつろ氣なものです。
ピノさんの今の心の在り方がご友人を
そのように見せているのではないですか?

であれば今はムリをしない方が良いと思いませんか?

ピノさんは自分をある程度こういう人間だと
周りの反応を見て決めているところはありませんか?

例えば、ご両親・ご兄弟・祖父母などの影響を受けて
こうあらねばならないという思い込みに苦しんでいるのではないでしょうか?

人はいつからでも変わることができますし
今どういう生き方をしていたとしても
苦しんだ分だけ幸せがあるものです。

無いものにフォーカスするのではなく
今あるご家族やものを書き出してみて
感謝してみてはいかがでしょうか?

ご友人との付き合いは長さではなく深さだと思いませんか?

違反報告

2014年6月30日 15時30分


Happy Life

ピノさん、初めまして。

辛い経験をし、よく
頑張ってこられましたね。

素敵です。

私もよく、人間関係で
悩んでしまうことも
あるのですが、
こう思うようにしています。

『人は人・自分は自分』と。

それでも、人ですから
時々思い出し、落ち込んでしまいます。

好き嫌いは誰しも
持っている感情です。

気にはなるかと
想いますが、
1つの経験として
どこかで同じ目にあっている人の
気持ちを理解できると
考えればいいかと思いますよ。

そして18年ほどのお付き合いしていた
お友達の事ですが、そちらも
辛かったことでしょう。

傷つくことも沢山
あったことでしょう…。

でも、後悔しなくても
いいのではないですか?

結果、離れることが
出来たし、これからは
お子様の事だけを考え、
過ごされてみてはいかがですか?

お子様やご主人の事を
思っていれば、自然と
思い出さなくなります。

大丈夫ですよ。

これまで頑張って
来られたのですから、
これからは少しずつ
あなたにとって幸せだと
感じられる事が起きますよ。

違反報告

2014年6月30日 15時20分