教えて掲示板の質問

「人付き合いが苦手な原因が分かりません。ただのわがままでしょうか?」に関する質問

  • 受付終了

さと子さん

物心ついた事から、人の集まりに出る事が本当に嫌になってしまいました。

同窓会も、成人式も、卒業パーティーも、周りの友人は「楽しみ」と言いますが、
私は億劫で仕方なく、極力行きたくなく、理由をつけては欠席し、半強制参加時は、行っても暗い顔で突っ立ってしまい他人に迷惑です。
勿論、自分では結婚式もやりたくないし、友人等の結婚式も(申し訳ないのですが)苦痛で出来る限り出席したくないのが実情です。
これはただ根暗で偏屈、協調性がなく極端な面倒臭がり、という事で片付けていいのでしょうか?

また、今度、職場内でゴルフ大会があるのですが
上司に欠席は許さない、と言われ強制参加となりあまりに憂鬱です。
こういうイベントに関しても周囲は何だかんだで楽しめるのに、
1ヶ月以上前から毎日毎日憂鬱で、ずーっと頭に引っかかって日々を過ごしています。
この性格や受け止め方さえ変えられればと思っています。

しかも、元より大人しい性格なら自分でも分かるのですが、
普段は割と快活なほうで、上昇志向も昔から強く、仕事もさくさくこなします。面白い事も言います。
そのため「同窓会に来て」「飲むので良かったらどうか」等の誘い自体は沢山舞い込むのですが、
私が何度も断ってしまうため、そのタイミングで人と疎遠になってしまいます。

そこそこの人数を前にしてのプレゼン等は、冷や汗こそかきますが、別に憂鬱にはなりません。学生時代は弁論大会で優勝したこともありますし、会社の会議も嫌いではありません。
なのに自分が何故ここまで行事や人の集まりを忌避してしまうのか分かりません。
仕事のない休日は、いつもどっと疲弊していて「友達と遊ぶ」という選択肢は殆どありません。(一人で買い物に行ったり寝てたりするのが一番落ち着きます)。

友達を何とも思わず、「切ってもいい」と思ってしまうドライな性格なのか、
自意識過剰で、人からの見られ方を必要以上に気にして動けないのか、
自分の思い通りにならない「時間の無駄」が嫌いなのか、気疲れしすぎる反動なのか……?

自分でも何点か思い当たる節はあるものの、何故こんなにひどいのか分からず、原因を考えては止まっています。
上記のような性格形成には、何か特徴などあるのでしょうか?
これは幼児的性格で、ただのワガママなのでしょうか。

違反報告

2011年7月28日 01時51分

教えて掲示板の回答

さと子さん こんにちは トネリコです。

「・・・ただのわがままでしょうか?」

そうではないと思いますよ。

人生を歩む中、良いと思う時もそうではないと思う時もあるでしょう。

とかく自身が満たされ無いときには、さと子さんの今のような
閉鎖的な状態に陥ることもあるでしょう。

だからといってご自分を責める必要はありませんよ。
逆に、だれよりもご自身で労ってあげましょう。

それでも早く、今の心情から抜け出したいですよね。

今、さと子さんは職場で、家庭で、私生活で、
満たされているでしょうか?

「そこそこの人数を前にしてのプレゼン等は、冷や汗こそかきますが、別に憂鬱にはなりません。学生時代は弁論大会で優勝したこともありますし、会社の会議も嫌いではありません。」
というような面もちゃんとお持ちですよね。

このような姿のさと子さんは認められ、安心感を感じながら職場生活を送られているでしょうか?
今、またこれまでの人生でさと子さんが認められ、安心感を得る言葉を感じながら生きてこられていましたか?

もしかしたら、本当はもっともっと認められ、自分自身を向上させたいと思う野心などが
心のどこかにあったりもするのかもしれませんね。

「自分でも何点か思い当たる節はあるものの、何故こんなにひどいのか分からず、原因を考えては止まっています」

さと子さん自身も自分と向き合おうと努力されていることも十分にお察しします。

さと子さん自身が何かがあってブレーキをかけ、他人を受け入れられなくなっている。
カウンセラリングやコーチングを受けながら、さと子さんの心の整理をされていかれるとよいと思います。

今のあなたの状態を分析するというよりも、心質改善のスキルを身につけられたらいいかと思います。

ご自分が光りをみつけ満たされることで、おのずと他人を受け入れ楽しめるあなたが生まれます。

心あるカウンセラーやコーチとの出会いを求めてみてください。
応援しています。

違反報告

2011年8月3日 00時14分


訪問心理カウンセリング自然のこころ

さと子さん初めまして、自然のこころの西岡です。

友達を何とも思わず、「切ってもいい」と思ってしまうドライな性格なのか、
自意識過剰で、人からの見られ方を必要以上に気にして動けないのか、
自分の思い通りにならない「時間の無駄」が嫌いなのか、気疲れしすぎる反動なのか……?と理由をお考えですが、
それらの理由は原因なのかも知れませんね。

公的な場では素晴らしい理想的な人物としての自分を維持する為
心が休まらないのかも知れません。

また、プライベートの時間でも、人と接する際には公的な場と同じく、
自分をプロデュースしてしまう為、無意識に誰にも干渉されることのない一人の時間を要求してしまうのではと思います。

性格形成においては、幼少期の基本的構えが出来たときの環境が影響したのかも知れないですが、ただのワガママというより、
むしろ、プライベートの場でワガママになれる、関係を作る努力が必要かも知れません。
当然、仕事上での付き合い(ゴルフ大会)等では、公的な態度が要求されているかも知れませんが、
同窓会やお酒のお誘いなどは、本来、気の許せる人が集まるプライベートな場ですから、
皆さんは着飾らない自分を出せる場として、その場を楽しむ事ができているのだと思います。

今までのさと子さんの付き合いや、人間関係もあるでしょうし
突然、自分のカラーを変える事は難しいでしょうから、
一人の時のように疲弊を隠さず、自分の素を出せる関係を
新しく作っていかれる事で、自分に対しての公私の切り替えを身に着けていかれればどうでしょう?

そして、その切り替えが自分の中で明確になれば、
徐々に、友人達との飲み会やパーティーなどにも参加してみてはいかがかと思います。

さと子さんが人付き合いにおいて気疲れしないようになれるよう願っております。

違反報告

2011年7月30日 18時53分


丸の内カウンセリング

はじめまして。

そうした場を苦手とする人と、全然苦にならないで楽しめる人と
2種類に分かれますよね。

相談者さまは、
おそらく周囲に人一倍気を遣い、

そのため、場を楽しむというより、
どのように場の雰囲気を保つか
ということに苦心されてしまう方なのだと思います。

協調性がないということでは、ないと思いますよ。
もちろん、わがままでもありません。
むしろ、真面目な方だと文面から推察いたします。

仕事の場合は、お金も貰っているし、責任もあるので、
そのような付き合いも割り切りがつくと思います。

ですが、ゴルフのように、仕事かプライベートか
はっきりとしないケースは、
割り切りがつかず、ストレスが溜まることと思います。

私も銀行に勤めていたころ、土日がそうした付き合いで
つぶれることがストレスでした。
私も相談者さまと同じで楽しめないタイプです。

なので、仕事とプライベートときっちり分け、
もしゴルフが今後の仕事上で必要であれば、
「これも仕事のうちだ」と割り切って参加するか、

それほど重要なものでなければ、
理由をつけて断るか、
いっそのこと遊びと思ってとことん楽しんでしまうか、
はっきりさせた方がいいように思います。

中途半端な感情が一番よくないと思われます。

仕事ではきちんとご活躍されているようなので、
土日のストレスマネジメントにご注意いただければ
よりよい日常生活になりますね。


丸の内カウンセリング 田中







違反報告

2011年7月30日 18時11分


COCOLUCE 本山カウンセリング

さと子さん、こんにちは。

名古屋で女性と子供専用の心理カウンセリングを行っているCOCOLUCE
本山カウンセリングの岩渕と申します。

ご相談内容、拝見させていただきました。
さと子さんのように、人づきあいが苦手。。という方、結構いらっしゃる
と感じております。

どうにかしたい。という辛い思いをされているのがわかります。
自分を振り返って、性格などに問題があるとか『自責』する必要は
ないと思います。

例えば、何かがきっかけで人づきあいが怖く感じたり、落ち着かないと
感じてしまう場合があります。
文面から、不特定多数の人が集まる場所や状況に対して
嫌悪感をいだいておられますね。

過去を思い返してみて、一番つらいと感じたことはなんだったか
少し思い出してみてください。
そういう場で、極度の緊張を味わうことで、『また同じようになったら嫌』という
思いはないでしょうか?

当カウンセリングルームでは、電話によるカウンセリングも行っております。
お力になれるようでしたら、ご協力させていただきます。

遠慮なく一度お電話してください。

違反報告

2011年7月30日 16時56分


初めまして。心理カウンセリング・癒しのセラピールーム「М☆シャベル」の古山と申します。
ご相談内容 拝見させて頂きました。

 一所懸命自分を観察し、答えを見つけようとしてらっしゃる気持ちがよく分かります。

  本来、普段の明るい自分と、実際 人の集まりに拒む自分と、どちらが本当の自分なのか、そして行けば楽しめるのに 人との関わりが疎遠となってしまいやすい状況に、矛盾を感じていらっしゃるんですね。そしてまたイベント目前に、気持ちも体も重く、苦しんでいるんですね。

 自分でも何点か思い当たる節はあるものの、何故こんなにひどいのか分からず、原因を考えては止まっています。
これは幼児的性格で、ただのワガママなのでしょうか。

 とありましたが、そんなことはありませんよ。

むしろ、あなたのおっっしゃる通り、性格形成に、何か特徴や原因があるのだと思います。
 それは、あなたがたくさんたくさん経験してきた中で、少しづつ 刻まれてしまった気持ちの傾向 だと感じます。

 また、あなたの明るく楽しむ感情が、疲れてしまっているのだと思います。

 その疲れを、休ませてあげたい と、あなたの体が労わろうとしているんだと思いますよ。
 今まで 一生懸命頑張って、自分にむちを打って楽しもうとしていた気持ちに、限界がきているんだと感じます。
 それは あなたのやさしさ、堅実さ 人への思いやりに対する疲れとも言えます。
だらら 人の集まる場所へ行けば、また自分にむちを打って 頑張らなくてはいけない という不安が原因と考えられるのです。

 でもそれは、一度癒してあげることと、自分にちょうどいい加減を知ること、今後どうやってコントロールし、人づきあいをしていくか、を整理することで、辛さは軽くなってくると思いますよ。

 じっくり 気持ちに向き合うため、カウンセリングを受けてみて下さい。

   http://m-sha-bell.flips.jp



 

違反報告

2011年7月30日 15時16分


はじめまして!
“こころの扉”メンタルケア淡路の仲野と申します!

人の集まりに出るのが嫌で頭に引っかかったまま毎日憂鬱に過ごさなければならないのはとても辛いですね!

社会生活をしている限り人との交わりは避けて通ることはできないので、これからも続くことになり、何とか解決策を見つけておかなければいつまでも嫌な気持ちを持ち続けることになりますね!

あなたも気付いている通り思い当たる節を繋いでいくと、気づかれする、ドライな性格(逆説的には人情家でもある)、自意識過剰、わがままで幼児的性格などです。

これらは部分的には当たっている面もあるでしょうが、本来は自意識過剰だと思いますね、それも自尊の念も強く集団の中に置かれた時、自分の立ち位置が特に気になり人の評価を気にするあまり、人に合わすことで自分の存在をアピールすることに一生懸命になって、必要以上の気遣いで疲弊するのだと思います。

これが自分のありのまま振舞うことのできる人は楽しむことの出来る人間であるとも言えます。

一つには付き合いべたや会話べたもあるかも知れませんが、これは心の持ちようで克服できるものです。

会議や弁論はテーマがあり事前に心の準備はできますがフリートークは臨場感のある会話が求められるので、苦手な人も得意な人もいます、それぞれの持ち味なんでしょうけれど。

とくにあなたのように極端に嫌うのには原因があると思いますね、過去のある時点のショックで恥ずかしい思いをしたとか、辛いめにあったとかトラウマとなって潜在化したのかも知れません。

原因を探り出せば対処の方法もあります。
困った時の相談は“こころの扉”メンタルケア淡路まで

“この世で起きた事はこの世で解決できない筈はない” 大丈夫やー

違反報告

2011年7月30日 15時02分


悩み相談室 -ひまわりの会-  全国版 です。

さと子 様へ

大丈夫ですよ・・安心してくださいね。

まずはホームページを見てヒントになりますよ・・・

http://himawarino-kai.jimdo.com/


納得のいった解決への道のりをナビゲートさせて戴きます。

悩み事を抱えていらっしゃる方に対して私達は基本的に会ってお話を聞いて頂いてお

ります。本を読んで内容はわかったとしても、それが実際に出来るかどうかは別の話

です。皆さんに 「自分のもの」 にして頂く為にはこの方法が一番だと、長年の経験

から学びました。まずは気軽に連絡してみて下さい。

違反報告

2011年7月28日 22時45分


さと子さん、はじめまして。さいたま市(浦和区)でカウンセリングしております相澤と申します。

文面拝読いたしまして、さと子さんは全くワガママではないですよ☆
掲示板にお寄せいただく方々全般の傾向として、「私は○○なのでしょうか?」というご質問が多いのですが、そのように枠にあてはめようとする思考は、ご自分を自ら枠に入れて制限してしまうことになってしまいますよね。その制限をまず解放しましょう。

多分、さと子さんが憂鬱になってしまう背景は、あなたの個性や思いを尊重しない社会的な風潮が影響しているものと思われます。「職場内ゴルフ大会」に上司が欠席は許さないとし、強制参加になり、あまりに憂鬱です。とのことですが、仕事以外も束縛されるとなると、それは憂鬱に感じても当然です。日本企業の多くに見られる体質でもありますね。

日本企業の多くはまだ封建的な部分が多く、アフターファイブも仕事の一環として「付き合えなければ大人ではない」みたいな考えが尊重されている傾向も見受けられますね。

そこで、もう、参加が上司からの命令で、強制的ならば、社員としては従わざるを得ないかもしれませんが、さと子さんがあまりに憂鬱であるならば、そのありのまま、マイペースを貫いてもよいのではないでしょうか。無理に周囲にあわせて、いい人でいようとしないこと、自然体を心がけてみてください。

さと子さんの中に、「周囲に合わせ楽しむことができる協調性のある自分でいたい」という思いと、「人との集まりは億劫だ。」という思いの葛藤があり苦しいのではないでしょうか。

苦しさを取り除くには、「人との集まりは億劫だ。」というご自分の正直な思いを、ご自分でありのまま受容してあげること、ご自分らしさを受け入れ、「無理に周囲に合わせなくてもいい。」「無理にいい人を演じなくてもいい。」と認めることが大事です。

そして、弁論大会で優勝されたり、好きな会議などで、積極的にご自分の意見を言える、周囲に流されないさと子さんの個性、魅力、才能をこれからも遠慮せずに、輝かせてくださいね☆



違反報告

2011年7月28日 10時43分


さと子さん、はじめまして。神奈川県海老名発「あなたの心の相談室・ハートケアサロン」の奥山です。

 心理療法の中の交流分析では、自分の内面を表す「自我状態」という捉え方が提唱されています。自我状態には「親の心の自我状態」「大人の心の自我状態」「子供の心の自我状態」の3つで構成され、その場その時その状況において、どの自我状態で対応することが、自分も周りの人も不快な感情を抱かずにその雰囲気を維持するために、スムーズな選択・移行ができるかというものです。

 会社での会議や弁論大会などでは合理的で生産的で論理的な大人の自我状態が求められますから、さと子さんはこの心的エネルギーが高いと思われます。休日にどっと疲弊していて「友達と遊ぶ」という選択肢が殆どないということは、「~であらねばならない」という厳格で批判的でルールを重んじる親の自我状態が強く働いている状態といえます。

 「楽しむことができない」ということは、自由奔放に、あるいはわがままな言動をとろうとする子供の自我状態の心的エネルギーが非常に低いか、あるいは汚染や除外されていると考えられます。

 この子供の心の自我状態の心的エネルギーが低い、あるいは汚染や除外されている可能性については、さと子さんの幼少期に両親や身近で養育に関わった人から「お前は、生活を楽しんではいけない」という禁止令によって、今を過ごしているということが考えられます。

 これも「心のからくり」の一つで、生き辛さを抱えて生きなければならないプログラムを修正することが必要になります。一度、交流分析というものを調べてみて下さい。もし、さと子さんの今の状況を作っている原因の一つに考えられるようでしたら、カウンセリングを受けられることをお勧めします。

 くれぐれもお体をご自愛下さい。

違反報告

2011年7月28日 10時09分


カウンセリングルーム佐世保

初めまして、カウンセリングルーム佐世保の中坂と申します。
さと子さんのご相談を拝見しまして、今、辛いおもいをされてしんどいんだなと感じました。1か月前からこういう状況が続いていらっしゃるのですか。大変ですよね。
 でも、思い切って、ここに相談されたさと子さんの気持ちは、何かを変えないといけないという前向きな気持ちの現れですからそこの行動は、自分自身をほめてあげてくださいね。

 実は、私もこういったしんどい感情を体験したことがありますので、さと子さんのお気持ち察します。
仕事や学生時代も人よりは一歩前を歩いていたような事が体験としてあるのに、今の気持ちをなぜか、行動がストップをかけるように
克服できなくていらっしゃるのですよね。決して、ワガママや、協調性がなくなったからではないと思いますよ。

思いあたることもあられるようですが、一つは、何かに集中していて、その疲れからちょっと燃え尽きた疲れがでているのかもしれません。また、幼い頃に体験した心の傷のようなものが邪魔をして今の行動をおさえたり、体が疲れているから休みなさい
という防衛本能のようなサインがでているのかもしれません。

ただ、この気持ちが長くひきづるようなことがあれば、体調にも不調をきたしますので、診療内科などで念のため診察を受けてみて、病気でないことを確認されると安心されるかもしれません。病院がちょっとというお気持ちがあれば、カンセリングを受けてみられて、自分では気づかない心の叫びをカウンセラーないぶつけてみてください。カウンセラーは、全力でさと子さんをサポートすると思います。

 さと子さんの元気な心を取り戻されることを願っています。何かのお役にたてば幸いです。

違反報告

2011年7月28日 08時45分