教えて掲示板の質問

「これからのこと。」に関する質問

  • 受付終了

やまさん

はじめましてこんにちは。

現在居宅で3歳と一歳の男の子二人を育てています。毎日忙しく大変なこともありますが子供達の成長を見ていられるのがとても嬉しいです。
二人目を産んだ頃から育児の忙しさもあるのか身体がきつくクタクタになることが増えてきました。それでも夜になると夫は毎日のように誘ってきます。毎日は私もなかなか応じることができず、断ることがあります。その時夫は、嫌味を言ったり暴言をはいたりします。「ふざけるな。」「いい母親を演じやがって。」などいわれます。男の人は断られると少なからず不機嫌になる方がいると聞いたことがありました。自分を拒否されたと感じるのでしょうか。私も、悪いと思い、夜でなく昼間の落ち着いた時間に、夫にあなたのことは大好きなのだけど、毎日何だか身体がだるいこと、周りに頼れる人がいなく、育児に悪戦苦闘していることを話しましたが、暴言や嫌味は激しくなり、黙って聞いていても、どんどん声は大きくなり言葉もひどくなっていきます。普段はとても優しく、子供達も夫が大好きなようです。休みの日には子供を連れて遊びに行ったり育児にも積極的です。しかし、夜のことが億劫で、眠れなくなる日も多くなりました。朝になると無気力で落ち込みが激しく3歳の息子に「公園いきたい!」とせがまれても外に出ることに気がすすまなくなってしまいました。一日過ごすことで精一杯なのです。一週間外に出ないことが普通になっています。夜になると不安で夫が寝ると安心からか涙がでます。夜が怖くなってしまいました。離婚も考えてしまうようになってしまいました。しかし子供達には関係ないことで、子供達も夫が大好きで、夫ま子供が大好きなのです。私の自分勝手な考えをどうしたらよいのかわかりません。辛いです。

違反報告

2014年6月19日 18時44分

教えて掲示板の回答

やまさん
ラムピリカの楓と申します。宜しくお願いいたします。

ご主人はお子さん二人に一生懸命になっている奥様のことでストレスのようなものを感じている可能性があります。
やまさんも当然ストレス沢山あると思います。
まずは、その話を聞かせてください。
無料電話カウンセリングだけでも解決することもあります。

匿名でも非通知でも大丈夫です。
お待ちしております。

ラムピリカ 楓
http://ltt330.jimdo.com/

違反報告

2014年6月21日 00時25分


Happy Life

やまさん初めまして。

純奈と申します。

ホントに育児は
大変で、特に
男の子が2人だと
もっと体力もいりますよね。

私も2歳の子供が
いるので、お気持ちは
とってもわかります。

頼れる方も近くに
いらっしゃらない環境での
子育てをしているんですね。

ストレスも溜まりますよね。

泣きたくなる時も
ありますよね。

よくここまで頑張ってこられたと
想います。

まだまだ手が
かかる年頃の
お子様なので、
頑張りすぎてしまうんですね。

まだ小さい子供に
言っても、理解が
出来ないと思いますが、
お子様もちょっとした
変かは察知出来るんです。

なので、『お母さん少し
疲れたの…』や、
『ちょっと休憩しよっか』など
言って、一緒に休憩
してみてください。

今まで頑張りすぎていた分、
ほんの数分でもいいんです。

少しずつ自分のお休みを
とってあげてください。

私もよく、この手を
使って、子供とお休みを
したりしてますよ。

もし、他にも聞いてほしい事が
ありましたら、メールカウンセリングを
してますので、時々お話を
聞かせてくださいね。

違反報告

2014年6月20日 22時21分


大山さんのメンタルサポート

初めましてカウンセリングワンダ 大山桃子です。



 育児の忙しさからか身体がきつくクタクタになるんですね。


 ご主人が嫌味を言ったり暴言を吐くようになったのは


 ご主人の夜の誘いを断る自分も悪いと思うんですね。


 ご主人に 身体がだるい事 周りに頼れる人が居なくて 育児に悪戦苦闘している


 事を 話しても  


 暴言や嫌味は激しくなったり どんどん声も大きくなり言葉もひどくなっていくんですね。


夜の事が億劫で 眠れなかったり 無気力だったり 落ち込んだりが激しいんですね。


夜になると不安


夜が怖いんですね。


そのことで 離婚まで考える自分は


とても自分勝手だと思うとどうしたらいいかわからず


とても辛い思いをされているんですね。


 


 毎日忙しく大変な事


 ご主人に嫌味や暴言を吐かれた時の あなたの感じていること 


 考えていること 


 あなたの状態を話しても理解してもらえず 


 暴言や嫌味が激しくなっていくご主人


 その時にあなたが感じている感情 考え等々を


 詳しくお伺いしたいと思います。



 心の中に溜まっていることを一度クリアにしてみませんか


 
 私の想像するところ


 すべての事を一人で背負い込まなくてはいけない


 すべて我慢しなくてはいけない 


 できない私は悪い



 というような 思い込みが あるように想像されます。



まずは



 心の中に  「思い込み」 によって背負い込んだものを


 話す(放す)ことで 


 少し解放させてみませんか





 
 

 あなたのお話をお伺いしたいと思います。


 カウンセリングワンダでは


 電話カウンセリング初回無料でさせていただいています。


 お気軽にお電話くださいな。


 


 



 


 

違反報告

2014年6月20日 17時14分


カウンセリングサービス月猫

初めまして、カウンセリングサービス月猫の河村です^^
ご相談読ませていただきました。

お二人のお子様を育て、忙しい毎日、本当にお疲れ様です。

旦那様は外にでて仕事をしている手前、家に一日中いる=
そんなに疲れているわけはないだろうという思い込みが
もしかしたらあるのかもしれませんね。

お互いにどこかわかってくれている、わかっていて当然と
思っていて伝えきれていない部分があり
お互いの間の認識に誤解とズレが生じてしまっているのかもしれません。

決して、やまさんの自分勝手な考えではありませんよ。

今回、こうして相談するまでに辛くなってしまったのも
お互いがもう少し歩み寄らないといけない時であり、
二人がもう一段階お互いを理解しあうチャンスなのかもしれません。

このままでは旦那様のことが大好きであっても
恐怖の対象となってしまい、一緒にいることすら苦痛になって
いき、やまさんの心が耐えきれません。

お話をする時は怒鳴ったり、嫌味を言わずに落ち着いて話をしないと
怖くて仕方がないことも伝えたほうがいいかもしれません。

もしかしたら旦那様は感情的になってしまい
自分がそうなっていてやまさんに怖い思いを
させていることにすら気づいていない可能性もありますので
一度録音してデータを別にとっておいてから もし
旦那様が「声を荒らげたりしていない」と言い出すのであれば
聞かせてあげることも必要かもしれません。

とにかく、やまさんの気持ちをしっかりと聞いてもらえるように
話し合う場を作るために、まずは旦那様が暴言や嫌味を
言わない状態を作り上げていくことが先決だと思います。

また、何かありましたらお気軽にご相談くださいませ。

違反報告

2014年6月20日 15時28分


心の癒しと気づきのスペース ハートフルライフ

やまさん

お悩みを拝読いたしました。

わたくしは続婚32年、二人の娘を育ててきました。
これは健康体の夫と連れ添っているのであれば、通る道ですね。

セックスを拒否するというのは
やまさんがおっしゃる通り
男性にとって自分そのものを拒否された感じがあるようです。

夫のペースでなく、あなたのペースでお話ができていますか?
暴言を吐くなど、ただただ自分方位で、排泄行為中心の発想ですよね。

あなたもお辛いと思います。

お二人で妥協策として、ルールを作ってみてはどうでしょう。
疲れて出来ないではなく、行き当たりではなく、
きちんと話し合い、理解してもらい、譲歩策として提案し、それならなんとかという形は
できませんか?

疲れているのは確かです。
夫の欲しているのも確かです。

妥協や譲歩で対策を練ってみては・・・・
因みに長い人生、この期間は短いです。

これをきっかけに夫婦関係が無くなっていく夫婦のあり、
また、うまく調整しながら、良好な夫婦関係を継続しているご夫婦もおいでです。

ここは少し思考回路を巡らしてみませんか?
あなたがこうしたい!というものがあれば、夫と協労して
やってみましょう。

夫のペースには乗らないで、自分の領域で
お話できるようにしてみるといいかもしれませんね。

ご自分たちご夫婦のことです。
決めて、行動してみてください。

あなたの望ましい状態になることを祈念します。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
心の癒しと気づきのスペース ハートフルライフ 
セッションルーム:〒060-0807 
札幌市北区北7条西5丁目6-1 ストークマンション札幌1003号
ヨドバシカメラ店北向 1Fにイタリアン「ミアボッカ」有
TEL・FAX 011-664-1482
HP http://heartful-lifu.biz   http://www.shopnet.ne.jp/shop/heartful-lifu/
動画HP http://youtu.be/sgNkhngsQa8
心理セラピスト さとう まみよ
連絡先 090-9513-9181
mail   sss-success@bell.ocn.ne.jp
★sykpeでのご相談も承っています★
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

違反報告

2014年6月20日 14時49分


澤田和彦カウンセリングルーム 丸和サワダ株式会社

 
 初めまして、心理支援士 心理カウンセラーの澤田と申します。

 文章だけの解釈になりますので、誤解や解釈に誤りがありましたら
申し訳ありません。

 やまさん、小さなお子さんお二人の育児で大変な中で 夫が営みを求めて
その厳しい現実に追い込まれる様にお悩みになってみえる事かと拝見させて
頂きました。

 3歳と1歳の男の子二人となりますと、育児としても大戦争状態である事が
窺えます。男の子だけに腕白に育って欲しい願いと同時にまだ数年は大変な
時期が続くことだと想像しておりますので・・・やまさんの大変さや辛さも十二分に
理解をさせて頂いております。

 そこで、現在お悩みの夫が営みを頻繁に求められお困りの状況につきまして
実に何十年も昔から永遠のテーマとして夫婦間で問題にあがる事柄である事も
確かな事実です。

 やまさんの年齢から推測させて頂きますと、夫も20代とお若い年齢かと
存じます。夫の年齢から考えますと、まだまだ雄(おす)の本能が多感な時期で
特に男性の場合の性に対する感情というものが 生理的欲求の一種と言われて
いますので、眠たくなったから寝る お腹が空いたから食事を取る、トイレに
行きたいからトイレに行くという行動と同類である事も確かな事実です。

 したがって、正常な20代男性であれば営みを求めてくる事は至って自然な事だと
考えられるのですが・・・なぜ何十年も前から永遠のテーマとして謳われているかに
ついてです。

 夫の状況をどれだけ理解していても、やまさんの様に育児の疲労感を夫に
理解できない感覚があることが重要な要素となっていると言われております。

 文章の中にあります様に
> 自分を拒否されたと感じるのでしょうか。
ずばりですが、ご自身を拒否された感情が沸く事は「特別な食事のお預け」以上に
生理的に陥ってしまう事だと言われております。

 飽くまでも一般論になりますが、女性よりも男性の方が精神年齢が低いと
言われる根源には、この様な際にも当て嵌まる事実です。言わば、夫が育児で
疲労している妻をかばう様に営みについて配慮して貰うことが最善の手段と
言っても過言ではありませんが 夫の年齢でそこまで大人になれない現実が
永遠のテーマだと呼ばれている根源でもあります。

 比べてはいけませんが、この様な事情を理解できなく外で発散をすることが
浮気や不倫を生む原因の一つになっている事も確かな事実です。

 夫も確かに、職場ではそれ相当のストレスを抱え一人前になる為の努力に
大変な時期である事も事実です。営みを求める要因の一つにもなっている事が
考えられます中で・・・小さなお子さんの育児がどれだけ大変なのか
3歳の子であれば、ようやく会話が通じる様になった頃で 1歳の子であれば
ようやく一人歩きが出来る嬉しさの反面ですね、どこへ行ってしまうのか監視する
労力がどれだけ大変な事なのか

 決して、やまさんの自分勝手な考えではありませんのご安心下さい。夫には
妻であるやまさんへの協力として、僭越ではございますが・・・心理カウンセリングと
お悩み相談の専門家として上記の事に少しでも歩み寄って頂けないかやまさん
から夫にご相談頂けると幸いでございます。

 敢えて、折り入って相談がありますと・・・夫を否定するという感情を与えない様に
具体的な事例としてこの文章をお使い頂ければ幸いですが、最終的には夫に
理解を得て歩み寄って頂けることを心から応援させて頂き願っております。

 永遠のテーマと呼ばれている通り、お若いご夫婦の大半がこのお悩みを結果
乗り越えて来ていることも事実でございます。やまさんには再確認になりますが
自分勝手な考えではありませんので絶対にご安心して下さい。

 育児の大変さ、肉体的な疲労に精神的な疲労に負担は仮に夫が一日体験した
場合は通常一日持たない程大変な事です。やまさんご自身のせいだとお考えに
なる必要はございませんのでご安心下さい。

 どうか、夫婦間に少しでも歩み寄りが生じ やまさんのお気持ちが楽になられる
ことを願っております。宜しくお願い致します。

 心理支援士(有資格者) 心理カウンセラー
 取締役 澤田和彦のカウンセリングルーム
 丸和サワダ 株式会社

違反報告

2014年6月20日 14時29分


追加コメント

 やまさん、コメントの中に世の中に存在している事と
やまさんの夫の姿が混乱してみえるご様子が窺えると
心配しております。
> 排出行為‥私との夜の事は排出行為なのですね‥
> なんだか物のようですね( ; ; )
この様な事は、どこかやまさんがマイナス思考への
悪循環が働いているご様子が窺え、真面目に心配して
おります。結論を急がれる前に、直接・・・専門家に
ご相談される事をお薦めさせて頂きます。
どうしても文章でのやり取りでは、大切なやまさんの感情
など・・・不十分なところが現れ、やまさんの判断能力に
逆の効果を齎してしまっては大変に申し訳ありません。
やまさんに、誤解を生じていると感じましたので
この場をお借りし謝罪をさせて頂きます。誤解を生じた事で
やまさんのお気持ちを限界に追い込んでしまった事を
深くお詫び申し上げます。宜しくお願い致します。

2014年6月22日 21時46分

りょうもう心理カウンセリング

やまさん、初めまして。
おつらい状況を拝読しました。

病気とまで言えるかは、お医者さんの診断によるところ
ですので、はっきりしたことは言えませんが、だるさや
おっくう感など、うつ状態のおもな症状のようなものが、
文面からは感じます。
一度、心療内科などを受診され、ご自分の体調をしっかりと
はあくすることが、第一にすべきことと思います。

その際に、診断書をお医者さんに書いてもらって、ご主人に
お見せした上で、休養をとらねばならないので、夜の生活には
しばらく応じられないことを明確にするのも、とりあえずの
策としては、よいのかもしれません。

どうかご自身をせめずに、大好きなご家族のためには、
休養することが必要なことをご自身にも、ご主人にも
よく理解されたほうが、よいと思います。
可能であれば、しばらくお子さんと一緒に、ご実家に
帰って、ご主人と物理的な距離をおくのも、よいかも
しれません。夜になるたびに、不安になるのを避ける
ためです。

よかったら、参考にしてみてください。
お大事に。

違反報告

2014年6月20日 14時00分


オフィスオオヤマ

やまさんはじめまして!
カウンセラーの大山智之と申します。

やまさんの孤独なお気持ちよくわかります。

どうしても育児は孤独になりやすいものですね。
女性脳という言葉は聞かれたことはありますか?

特に女性は話すことでストレスから解放されることが多いという話などです。

文面からすると
なかなか心底話せる人がまわりにいないようですね。

一人で考えていると
人は今より悪い思考に引っ張られてしまいます。

できるだけ
ポジティブな人を見つけて話すことはできませんか?

もし難しいようであれば
有料にはなりますが
お近くのカウンセラーをご利用ください。

きっと良い方向へ導いてくださいます。
絶対に一人で悩まないでくださいね。

素敵な明日を信じて行動をしてみてください。

違反報告

2014年6月20日 13時59分


カウンセリングとどろき院

初めまして、
拝見しました。
出産、子育てと女性は、心身・身体を不調にしやすい時期です。
男性は、夜の営みは旺盛な時期であり、双方に隔たりが生じやすく、タイプにより、浮気に走り満たすということも多いと思います。本能的生殖動物という自然の定め、性差があると思います。
今、大切なことは、相談者(Aさん)が、3食とサプリメント(補助食品)の必須ビタミン・ミネラルを多目に摂り、枯渇していたんだ心身・身体を早急に修復し、普通な疲労しにくい本来の生活を楽しめるような体力を付ける必要があります。良質のタンパク質など含め跳ね上がって枯渇の特定の栄養素を十分過ぎるほど摂ることが一番大切です。家族全体にも同様なことが云えるはずです。心なども栄養素次第でコントロール可能です。精力的になるといろいろと円満に安定すると考えられます。
夫婦としての役割も果たせると思います。不健康が円満を壊し、不安定化に繋がります。上手な対応が求められてるようです。

               カウンセリングとどろき院
                     竹本 豊

違反報告

2014年6月20日 13時58分


ウルル

やまさん、初めまして。

育児疲れでご主人の夜のお相手ができないということですが、確かに小さなお子さん2人の面倒を見ていたらお疲れになると思います。
子育ては肉体的にも精神的にも疲れますね。
ご主人から誘われてもちょっとパスと言いたくなる状況も理解できます。

やまさんもお若いようですが、ご主人もお若い方なのでしょうか? ご主人も多分頭では理解できているのだと思いますが、夜になると性欲が理性を上回ってしまうのでしょう。若い時はそういう時期もあると思います。

お子さんのことを考えると、離婚は極力避けた方が良いですね。
子はかすがいと昔からいいますように、お子さんの存在を通じて夫婦関係が維持できれば、ご夫婦にとってもお子さんにとっても最も良い道ではないでしょうか。
やまさんも可能な範囲でご主人の欲求に応えてあげながら、ご親族とか共通の友人とかに間に入っていただいてはいかがでしょうか。
あまり年代が近い方よりも少し上の世代の方が良いかもしれません。

ご家族が幸せに暮らしていけますよう心からお祈りいたします。

違反報告

2014年6月20日 13時55分