教えて掲示板の質問

「どうすればいいのか分からない…」に関する質問

  • 受付終了

浩子さん

初めまして。宜しくお願い致します。
私は既婚者(結婚9年目)、子供ひとり(6歳)、45歳です。

夫は集団行動が苦手、自営業、頭の回転が早く、なんでもそつなくこなせるタイプの人です

一方、私は不器用で、全てにおいて時間と努力を要する人間です。
結婚の際、私の母親の猛反対etc.によって夫に精神的負担を負わせた事もあり、
結婚した後も、夫には常に罪悪感と負い目を感じながら生活しています。
そのため、夫には反論したりする事もほとんど無く、何かあるたびに『ありがとう』『ごめんなさい』の繰り返しです。

子供が幼稚園に通う時にも、夫が自宅で仕事をしており、私は外での仕事のため、夫に幼稚園の送迎や習い事の送迎、食事、お風呂etc.を夫に頼まざるを得ず…
それもあって、なおさら肩身の狭い思いで毎日を過ごしています。
私がどんくさいせいか、夫は色々な場面でイライラしているようです。
色々な事を私には任せておけないと思っているようで、今回の家の片付けも夫が一人でするから…と言ってやっています。が…片付けるのは良いのですが、なんでもかんでもポイ捨て状態で新品の物まで勝手に棄てられます。
言葉の使い方にも目くじらを立てられ…最近は子供の前でも意見されます。
せめて子供の前では明るく…と心がけているのですが、今夜は涙が出てしまいました。
いつまで頑張ればいいのかなぁ~と思うと、悲しくなります。

ちなみに、夫は三人兄弟の真ん中(姉、妹あり)で、小さい頃から自分の思い通りにならないと駄々をこね、周りが我慢していたという話を聞きました。
夫の姉妹共に、『兄弟だからそれなりに付き合うけど、(自分だったら)そんなに我慢出来ない』と言われます。
夫はなんでも自分の思い通りにならないと機嫌が悪くなります。

夫に対する罪悪感と負い目から、ほとんど自分を抑えて今まで乗り越えてきましたが…少し疲れました。
いつまでこんな日が続くのかと思うと憂鬱です。


違反報告

2014年4月19日 01時04分

教えて掲示板の回答

カウンセリングルーム メグシィ

カウンセリングは、クライエントとカウンセラーと共に作っていく一つの作品のようなものです。クライエントとカウンセラーが同席し、お互いの表情や声のトーンなど(話す言葉以上に大切な時もありますので)確認し合い、信頼関係を築きつつ行われる共同作業です。
ですから、今行っているのは、限られた情報の中で複数の考えていかなければならない事もありますが、カウンセリングというより、一種の人生相談と受け止めて考えを述べさせて頂きます。
一方的な見方になる場合も多々あると思いますが、ご了承下さい。

一点目、お母さんに猛反対を受けたとあります。これは、全く貴方が負い目を感じる必要のない事だと考えます。一旦結婚した限りは、神様の前でお互いよき家庭を築き、終生添い遂げると誓ったはずです。一方が一方に、死ぬまで罪悪感を感じる必要は全くない事だと思います。ただ、何かあるたびに「ありがとう」「ごめんなさい」とおっしゃる事は素晴らしい事です。人間、慣れてくると感謝の言葉を忘れてしまうので…。

二点目、旦那さんは、子供の送迎や食事の準備等して下さるとの事ですが、大変素晴らしいと思うと同時に、それが普通の姿だろうと思うのです。いろいろな仕事の形態があります。現状を冷静に振り返り、互いにできる範囲内で補い合うのが、夫婦であると思います。

三点目、夫婦生活は、今日一緒にいて幸せか問う修業の場であると思います。全く価値観の違う同志が出会い共に生活するのですから、相手の話す事・成す事すべてが異星人のように感じる事もあるでしょう。そうして、自分と技能も価値観も違う相手と腹を立てずに、今日もいい一日だったと振り返るためには、相手の欠点全てを受け入れ、気にしない生き方をするしかないと思います。貴方が、ほとんど自分を押さえて乗り越えてきたとおっしゃっていますが、なんでも自分の思い通りにならないと機嫌が悪くなっていた旦那さんが、家事を細々とやってくれている事を考えると、よく頑張っていると思います。

大切な事は、自分が出来ないところをカバーしてくれる旦那さんに申し訳ないと卑下の心を持つよりも、本当にありがとうという事を言葉と態度と笑顔で伝える事だと思います。人間の本能として、他の人から喜ばれる事をして、他の人からありがとうと言われる事が、幸せだと気付く日が来るでしょう。

申し訳ない…ごめんなさい…という罪悪感の中では、幸せな毎日が来ません。自分を抑えないで一緒に生きていられる喜びを絶えず伝え続けてほしいと思います。
小さな事一つ一つに、○○してくれてありがとう。嬉しいです。と言われ続けると、人としての本能が目覚めます。そうして他の人から喜ばれる生き方は、子供達にも伝わります。
旦那さんの心にしみていくのも、子供と貴方が笑顔で毎日過ごす日々が目の前です。

私の思いを受け止めて頂ければ幸せです。ありがとうございました。

違反報告

2014年4月24日 14時39分


浩子様、初めまして、ルイーラピュアの専属カウンセラーのゆここと申します。

御主人の事で悩んでいらっしゃるのですね。

今まで、善き母親として 、善き妻として一生懸命にやってこられたのですね。

辛いことなども乗り越えてこられたのですね。

その疲れがストレスとなり心が疲れてしまっているのでしょうか。

一つ屋根の下にいるのです。
御主人に対して我慢をし続けることはあまりよくないと思います。お子様にも伝わってしまいます。

一度、御主人とゆっくり話し合ってみてはいかがですか?

怖いなと思う事、イヤだなと思う事、感謝している事など…。

そして浩子様の性格などもキチンと話し合い協力しあって生きていく事をキチンと話し合うべきだと考えます。

勇気のいることですが、これからの事もありますから、やはりキチンと話し合い、家庭内を良好にしておけば少しずつ変わってくると思いますよ。

違反報告

2014年4月22日 18時23分


浩子さま

初めまして

anシークレットサービスと申します。

お悩み拝見いたしました。

もし、第三者による介入をご希望なさる時はいつでも何でもご相談ください


同様の背景を抱えている方と多く接してきておりますので、いつでも何でもおっしゃってください。

ホームページ:http://an-tantei.com/
メールアドレス:info@an-tantei.com

違反報告

2014年4月22日 14時22分


ひだまり保健室

はじめまして、こんにちは。
ひだまり保健室のクーさんです。

お辛い日々ですね・・。 涙が出て当然だと思います。
夫婦とはパートナーであり、上下の関係はないものだと私は思います。

ご結婚の際、旦那さんに精神的負担を負わせたとありますが、
はたしてそれは結婚9年経った今でも償っていくような内容でしょうか?
もしそれほどの負担でしたら、まず結婚はなかったのではないでしょうか?
もしくは、そのくらいの負担を感じてでも、旦那さんはあなたとの結婚を選んだということですよ。
負い目や罪悪感を感じる必要はありません。
それに、夫婦に上下関係が生まれると、お子さんの成長にもよくありません。
男の子か女の子か分かりませんが、女性とは(母親とは)バカにされる生き物だと思い込んで成長するかもしれません。
そうすると、もし男の子でしたら大人になって女性を物として見るような人間になるかもしれませんし、女の子なら結婚しても良い事がないとずっと独身でいるかもしれません。
旦那さんの生い立ちを聞く限り、あなたの負い目や罪悪感に“悪乗り”してしまうタイプの様な感じがします。
兄弟の中の唯一の男子ですので、小さな時から特別扱い、長男として宝のように大事にされてきたことは目に浮かびます。
その甲斐あって旦那さんは自信に満ちた人生を送っているのだと思います。
現在、旦那さんの仕事等順調ですか? 旦那さんに家庭以外でのストレスはありませんか?
もし少しでもあったとすれば、負い目を感じて下手に出ているあなたへ八つ当たりしている可能性もあります。 エスカレートすればモラルハラスメント(いじめのようなもの)に発展することも考えられます。
そうなる前に一度、ご自身の現状と夫婦に上下関係が出来た原因を見つめなおしてみましょう。
自信に満ちたあなたの方がきっとお子さんも旦那さんも嬉しいはずです。
あなたもそんな自分と家族が大好きなはずです。
一度口に出して思いを整理してみませんか?
それだけでも心が軽くなりますよ。 辛い時、一人で泣かないでくださいね。

違反報告

2014年4月21日 21時12分


憂うつの癒し屋

なるほど・・・・・・・・・・・・・・・
39歳の時にお子さんを授かったことになりますね。
性格に関してですが、長所と短所はコインの表裏一体のようなものなのです。
>頭の回転が早く、なんでもそつなくこなせるタイプ
一見良さそうですよね。
でもですね~~このような人は、案外周りのペースを無視して独壇場になりやすいことで、人間味がないと思われているケースが多いのです。
一方
>不器用で、全てにおいて時間と努力を要する人間
一見悪そうですよね~~しかし見方によっては“石橋を叩いて渡る”的な慎重さと、人間味が感じられるのです。
結婚の際に何があったのかはわかりませんが、
それ(罪悪感と負い目)をかなり引きずることが分かっていながら結婚したわけではないと思います。
もし、仮に分かっていても結婚したかったのであれば、このサイトへの相談には来ないと思いますので。
貴女の対応は素晴らしいですよ~
>『ありがとう』『ごめんなさい』
なんて健気なことでしょう。
しかし、これが毎度毎度同じテンションで言っているかといえば、そうではないと思われます。
潜在的に「いちいち何で私が謝らなくてはいけないの?」という気持ちはどこかにあり、旦那様もそれに気づいている~~これが客観的に見た感想です。
このような場合には「私は~~~」という「私は」言葉で会話することをおすすめします。
「私は」ですべて始めると、それは貴女の気持ちであり、相手をどうこう言っているようには聞こえないのです。
逆に「貴男は~~」で始まる言葉は相手を何とかしようとしていると聞こえるものなのです。
例を上げてみましょう。
「私は毎日、子供の送り迎えをしてもらってとても申し訳なく思っているの。なにか私にできることはないかしら」
という具合にです。
「私は貴男が子供の前で私に意見すると子供の心が不安定になることが心配なのです」という具合にです。
貴女も社会に出ておいでになるので、自分には外貨を稼ぐ能力がある~ということには気づいているはずです。
>不器用で、全てにおいて時間と努力を要する人間
それが仕事に支障を来たすほどひどければ、会社はどのような対応を取るかはお分かりになられると思います。
とにかく、人がその信念を修正するに至るポイントは「このままでは、日常生活に支障が生じる」と実感できた時なのです。
確かに今までは「自分が一番」というポジションでよく、仕事も家なので刺激もない状態ですから支障を来たすことはないでしょう。
私からの提案ですが、日曜日などお子さんの幼稚園が休みの時に別々に行動してみることから始めてはいかがでしょうか。
要は、朝からお子さんを連れて夕方まで帰らないということです!!
それを段階的に頻度を高めることにより、旦那さんは「何か」を感じるはずです。
しかし、なにか尋ねられても、「私は」言葉で接すればいいのです。
あなた自身には心がすすだらけになっていますので、傾聴カウンセリング→認知行動療法カウンセリング→トラウマ治療カウンセリングをおすすめします。
保健所に行って相談員(精神保健福祉士、保健師)さんと面接してカウンセリングの場所、時間、料金など色々な情報を得て、初回のカウンセリングの時には相談員さんに同伴してもらうのがいいでしょう。
要は、旦那さんが変わりやすいような環境を作ると考えて下さい。
子供がいなくなることは、かなりこたえるはずなので、支障が生じるポイントになると考えられます。
同時に貴女の心の奥底に潜んでいるある種のトラウマ的なものが解消されれば、
自己嫌悪の度合いが軽くなります。
私のHP:憂うつを癒やすカウンセリング心理学
http://sinrigaku.com
では「傾聴カウンセリング」→心の煙突掃除
「トピックス・リスト」→「アサーション・トレーニング」~自他の権利を尊重する限りにおいて自己主張しても良い
「トピックス・リスト」→「自身をつけるテクニック」
「トピックス・リスト」→「リラクゼーション(瞑想など)」
「トピックス・リスト」→「自動思考と認知の歪み(認知行動療法)」
「トピックス・リスト」→「トラウマの治療法」などのお役立ち情報が掲載せれておりますので一読してみて下さい。
子供さんの将来が今この瞬間にかかっていることを忘れないで下さい。

違反報告

2014年4月21日 16時36分


初めまして、プランツの青木と申します。

家は居心地が良い空間、環境だから仕事も頑張れるものですよね…

なのに、自分を抑えて生活をしていくって少しずつ苦痛を溜め込んでいるようなもの…

憂鬱な気分になるのも当然という感じがします。

浩子さんが結婚する際にご主人に精神負担をかけたことを罪悪感や負い目を感じる必要性はもう十分だと思いますよ。

結婚って人生で大きな選択の一つですから、浩子さんのお母さんが猛反対することがあっても自然なことですから、浩子さんは「それでも結婚を選択してくれて有難う」という感謝の気持ちに切り替えてみては?

ご主人が精神的負担を感じていた以上に、浩子さんはもう十分な罪悪感や負い目を感じて接してこられたと思うんです。(お疲れ様でした、辛かったですね)

ご主人が思い通りにいかないと機嫌が悪くなるのには、困りもの。

浩子さんがこれからもご主人と結婚生活を送っていきたい、でも今のままでは嫌だというのであれば浩子さんの勇気と根気強さを必要とします。

そして、浩子さん自身がご主人に対する接し方、話し方などを変えていく必要もあります。

そういった接し方、話し方などはカウンセリングなどで対応されているところもありますから、自分を変えてもっと楽しい生活を送りたいと思ったときにカウンセラーを探してみてください。

まずは、罪悪感と負い目はもう十分にされたと自覚されてみてください。






違反報告

2014年4月21日 15時16分


サニー

浩子さん
お疲れですね。お察しいたします。
頑張ってこられたことと 罪悪感ですね。
罪悪感をやめて見ませんか?方法はその先生やりかたで異なるとは思いますがやめていくことができます。
思い始めるだけでも違って来ることがあります。
罪悪感を持たれて 「ありがとう」「ごめんなさい」をされているとご主人の方も息が詰まったり、イライラを募らせることももあることをご存知ですか?

お疲れを取り ご主人との関係をもう一ど やり直してみるお気持ちはありますか?
お手伝いさせていただきます。
そのうえで 出たお気持ちに従って今後を決めてもいいかと思います。

自分の心身の疲れを解放し 癒し ご主人を理解していくことで 関係が変わることもあります。

御主人も ご自分の性格に悩んでいる可能性もあるのです。
たとえイライラして暴言を使ったあとも 態度はこちらからみたら変わっていなくても後悔している人もいます。

もし ご自分の疲れを取り 癒しを進めて ご主人を一緒に理解していく作業を行ってみたいようでしたらご連絡ください。
お互いがコミュニケーションをとれなくなってしまっている状態が空回りしているよに感じます。

http://www.aiaisunny.com/

違反報告

2014年4月21日 15時07分


澤田和彦カウンセリングルーム 丸和サワダ株式会社


 初めまして、心理支援士 心理カウンセラーの澤田と申します。

 文章だけの解釈になりますので、誤解や解釈に誤りがありましたら
申し訳ありません。

 浩子さん、夫に対する思いについて・・・思い通りにならないと機嫌を損なう感が
お強いことで心が折れそうな程お疲れな状態なのだと拝見させて頂きました。

 お子さんの送迎などを頼まれてみえる事で、罪悪感や負い目が存在している
様子が伺えますが・・・本来であれば、浩子さんご自身もそれとこれとは別問題だ
とお伝えしたい思いが垣間見えます。

 確かにですね、自宅で仕事をされてみえる事で頼っている部分と夫が思い
通りに行かないと機嫌を損ねることは全くの別問題と考えられます。

 文章の最初にあります通り

> 夫は集団行動が苦手、

 集団行動が苦手の部分が家庭内でも露出している様に感じます。
先ずは、妻である浩子さんへの配慮が足りないところも実際に存在していると
感じます。

> 言葉の使い方にも目くじらを立てられ…最近は子供の前でも意見されます。

 集団行動が苦手と言うよりは、夫の姉妹が言われる通り・・・周囲に我慢を
させてしまう言わば、自己中心的な存在が否めないのかとも感じます。

 浩子さんが、我慢を重ねることに限界を感じてみえる中でどんな事が最善の
手段なのかについてです。

 浩子さんご自身が言い返えせない大きな要因といまして次の事が
大きな影響なのかと感じますがいかがでしょうか?

> 結婚の際、私の母親の猛反対etc.によって夫に精神的負担を負わせた事も
> あり、 結婚した後も、夫には常に罪悪感と負い目を感じながら生活しています。

 夫自身が、昔から思うに行かないと駄々をこねる習慣があった様ですが
ご結婚の際に猛反対をされたことがもしかしたら夫に取って大きな【自己否定感】を
持たれた可能性も考えられます。

 大きな自己否定感を持たれた事が、浩子さんご自身に配慮が出来ていない事に
繋がってみえる恐れがあるとも考えられます。仮にですが、この事柄ではなく
他の事柄で浩子さんに納得されてみえない所がある様でしたら単なる、思い通り
行かない思いへの判断だけではない可能性も考えられますので

 浩子さんに取って、お辛いお気持ちが先行されてみえる中で大変な事だとは
存じますが夫と本音の部分でお互いを尊重し合える様なコミュニケーション
(話合い)が出来ることが望ましいと感じますが実行に移す事は困難でしょうか?

 夫に対して、折り入って聞いて貰いたい事がありますと・・・夫のこう言った部分
には感謝している所もあるけれど、目くじらを立てられ子供も前まで意見される事は
大きくしんどいです。又結婚前に猛反対があったことで辛い気持ちにさせてしまった
事は今でも申し訳ないと思っています。など

 夫を尊重してコミュニケーションを取る事で夫が元来、機嫌が悪かった思いなど
見えて来るものがあればお互いの気持ちが前進に繋がるのかと感じておりますが
いかがでしょうか?

 浩子さんのお疲れのお気持ちから少しでも前進が出来ることを心から応援
させて頂きます。宜しければ、どんな事にでもお答えさせて頂きますので
ご遠慮なくご質問下さい。宜しくお願い致します。

 心理支援士(有資格者) 心理カウンセラー
 取締役 澤田和彦のカウンセリングルーム
 丸和サワダ 株式会社

違反報告

2014年4月21日 14時57分


聖母治療院


浩子さん、こんにちは。
漢方紫禁堂治療院の加藤と申します。

ご主人に対する負い目と自責の念でお悩みなのですね。


夫婦のあり方には2つの考え方があると言われます。

①「夫婦は互いに空気のような存在で
   あって当たり前、なければ困る」

これは「阿吽の呼吸」とか「察する」という、お互いの存在や
思いを、まさにテレパシーのように感じて、お互いが言葉に
する前に行動に移せる・・・という夫婦のあり方です。

連れ添う年月が長いほど、多くのご夫婦がこのように
お互いの意思や感情を言葉にしないで共有している話を
よく耳にします。


もうひとつは、

②「夫婦はそもそも他人であり、別人格が絆を結んで
   いるのだから、お互いにその絆を強くする努力を
   日ごろから怠ってはならない」

というものです。

「つうかあの仲」と言いますが、それはお互いが普段から
相手の意思を尊重しているからこそできるものだと思います。

夫婦だから、結婚したから、「空気のような存在」では
あまりにも身勝手だ・・・という①の反省のうえに立った
考え方です。


浩子さんの場合、負い目を感じられる原因は、

・不器用で全てにおいて時間と努力を要する人間だから
・浩子さんのお母様に結婚を反対されて、ご主人に
 精神的負担を負わせた
・外での仕事のため幼稚園の送迎や習い事の送迎、食事、お風呂etc.を
 ご主人に頼む
・どんくさい
・言葉の使い方に意見される

・・・と挙げてみましたが、浩子さんがご自分を責められたり
罪悪感を感じられるほどの「落ち度」ではありません。

ご主人もご結婚前から(出会われてから)浩子さんの
個性や性格を十分知っているはずですので、ご主人が
最近になって急に浩子さんにイライラしているとは思えないのです。


浩子さんはご自分の「足りない部分」を列挙されましたが、
私はむしろご主人のほうにご気分のアンバランスがあるような気がします。

>片付けるのは良いのですが、なんでもかんでもポイ捨て状態で
>新品の物まで勝手に棄てられます
というのも、常識といいますか、正常な判断ができれば
捨てるのに躊躇するか、浩子さんに捨ててもいいかを聞くでしょう。


最初に書きました①と②の夫婦のあり方ですが、
浩子さんご夫妻はどちらかというと①のタイプでは
ありませんか?

もしそうでしたら、これからはお互いにお互いの存在を
日々確認しあって、思いを言葉に出して伝えてみてください。

そして相手の足りない部分を責めるのではなく補い合い、
夫婦という凸と凹の不思議なご縁を大切になさってください。

浩子さんご一家がいつまでも明るく和やかな
ご家庭でありますようお祈りしています。

またいつでもご相談くださいね。


漢方紫禁堂治療院
http://shikindo.com/

違反報告

2014年4月21日 13時53分