教えて掲示板の質問

「キレやすく暴力を振るってしまいます。」に関する質問

  • 受付終了

Yさん

初めまして。


僕は結婚生活三年目に入って、結婚当初からキレやすかったのが
だんだんひどくなってきました。

結婚当初はキレてものにあたっていたのですが
今は平気で妻に暴力を振るってしまいます。

自分でいうのも変ですが、外ずらだけよくて家の中ではかなりの王様気質で
自分の気にしていることや抱えてる問題について言われるとすぐにかっとなってしまいます。

妻以外の人間に同じことを言われても平気なのですが妻にだけは甘えがあるのか
見下しているからなのかわかりませんがすぐに力でねじ伏せようとしてしまいます。

妻のことは好きですし泣かせたいわけではないので毎回申し訳なく後悔しています。

ちょっとしたことでも怒ってしまい、怒るたびに頭の中では言ってはいけない、やってはいけないと思いつつ相手を傷つけています。

自分自身がとても憎いです。

僕はスポーツもやっていて今は引退してしまいましたがプロでした。
このころは全然怒るような人間ではなかったです。
今でも月に何回かスポーツをしてストレスをためないようにしているのですが、
僕はとても気分屋でその日の気分でキレやすかったり、穏やかだったりと感情の波が激しいです。

一度キレてしまうと止まりませんが、ひどい言葉を発する度に何言ってるんだ?と自分に問いかけながら自分の頭の中で格闘しています。

もういっそのこと自分自身を殺してしまった方がいいとも思います。

解決策が見つからず困っています。


違反報告

2014年4月3日 14時05分

教えて掲示板の回答

憂うつの癒し屋

可能性の問題として、プロだった自分には、
相当厳しく自制心が働いていたのではないでしょうか。
引退した後にその反動で、
心の許せる奥様にストレスをぶつけているのではないかと思われます。
切れている自分も客観視できていますから、手が付けられないという状態ではなく、
切れている自分と奥様に対して思っていることとの葛藤が続いている状態だと思います。
一つ案があります。
人間は「言ってはいけない、やってはいけないという~~~しない」と思うと不本意ながらそちらに行ってしまうのが宿命なのです。
そうではなくて、「奥さまをもっと大切にする!、奥さまにキレる自分を憎め!」という「~~~する、すれ」という発想に変えていくことです。
感情が不安定になっていますので、「瞑想」などを試してみるといいでしょう。
また、プロの時と環境が違っていますので、自分の価値をどこに見出して言ってよいのかわからない状態なのかもしれません。
もしかしたら、ある種のトラウマが隠れている可能性も否定できません。
やはり、何度かカウンセリングに行かれた方がいいと思います~いろいろな可能性が考えられますので。
カウンセリングは傾聴カウンセリング→認知行動療法カウンセリング→トラウマ治療カウンセリングと進むものと思われます。
貴男の住民票のある保健所に行ってそこにいる相談員(精神保健福祉士、保健師など)に相談してカウンセリングの件やそれに付随する情報をもらって(実施場所、金額など)カウンセリングを受けてください。
私のHP:憂うつを癒すカウンセリング心理学
http://sinrigaku.com
では「傾聴カウンセリング」
「トピックス・リスト」→「自動思考と認知の歪み~(認知行動療法)」
「トピックス・リスト」→「トラウマの治療法」
「トピックス・リスト」→「リラクゼーション(瞑想など)」
「トピックス・リスト」→「6段階リフレーム問題解決法」などのお役立ち情報が掲載されておりますので一読してみてください。

違反報告

2014年4月9日 15時24分


マインドフル*スマイル

マインドフル*スマイルの山口と申します。

当カウンセリングは、従来の傾聴型カウンセリングや認知行動療法で症状が治らない方も多く、そういった方たちのために新たに開発されたマインドフルネス心理療法(脳神経生理学的理論に基づくトレーニングと自己洞察瞑想)を用いますので、また違った角度から治していくことになります。

このような方法もある、ということでお読みいただければと思います。

まず、暴力はいけない、暴言はいけない、そのようなことはわかっているのに、突き動かされるように衝動的に行動してしまうのは、脳神経生理学的には前頭前野(特に眼窩前頭前野)の機能低下が考えられます。

前頭前野の機能低下は、呼吸法や運動をすること(毎日30分以上)で回復してくることがわかっています。

>僕はスポーツもやっていて今は引退してしまいましたがプロでした。
このころは全然怒るような人間ではなかったです。

ということからも、運動することで、脳の機能を活性化させていたことがわかります。

また、

>自分の気にしていることや抱えてる問題について言われるとすぐにかっとなってしまいます。

ということに関しては、心の使い方トレーニング(自己洞察瞑想)で改善してくる可能性があります。
その名のとおり、瞑想のトレーニングです。
これは、自分の心の観察(見てる、聞いてる、感じてるなど)というところから、洞察(思考してる、感情がある、衝動的行動に移りそうになっているなど)していき、どうしてそうなるのか本音を自分で探っていくことになります。

自分の心を客観的に観察している時(瞑想時)は、思考や感情、衝動的になりそうなことから一歩下がって観ることになりますので、自分を見失うことがなくなります。辛い事象から離れられるので、次に自分がとる行動が衝動的なものでなく、人生において価値ある行動がとれるようになってきます。
行動パターンが変わることで、やがて苦悩していることは改善されてきます。

そういったトレーニングのやり方を受けるのも、一つの方法です。

今のままではいけない、と思っているようでしたら、改善するためにも、ご自分の納得のいくカウンセリングを受けられるのもいいかと思います。

違反報告

2014年4月7日 14時05分


メンタルリセットコーチングのMCSJ

Yさんはじめまして、MCSJよ横田です。

原因は確かに幼少期のトリガー体験でYさんが作った自己イメージだと
推測されます。
その図星の自己イメージに触れるような言葉、態度をされると、認めたく
なくて、怖くて、悲しくて、幼少期と同じ怒りが湧いてきて止まらない。
そして、それは確かにカウンセラーから再決断療法を受けると改善される
と思います。
ただ言えることは、奥様に怒っているようで、怒っている自分への嫌悪感
怒りたくないのに怒っている自分が情けなくて、嫌で仕方がない。
そしてエスカレーションしていますよね。
Yさん自身の中で怒りが湧いてきたときに、その怒りはあなたに
赤信号を出してくれているのではありませんか?

赤信号は止まれです・・・!
赤信号の時に交差点に入れば事故は起きます。
赤信号の時は止まればいいのですよ。

怒りが湧いたら、赤信号
冷静になって
慎重になって
とあなた自身があなたを守る為に、赤信号を出しているだけ。
自分の自己イメージに反応している事を教えてくれている。

そして、図星を突かれた相手の言葉、態度をを認めてしまえばいい
「弱くてもいい」
「頑張らなくてもいい」
「カッコ悪くてもいい」
「いまのありのままの自分でいい」
そう思えたとき、怒りは湧かなくなります。

つまり怒りが湧くのは、相手が責めているからでもなく
相手の指摘が図星だからでもないく
実は自分が自分を責めて、自分の自己イメージを信じているからなんです。




違反報告

2014年4月6日 16時49分


自分の問題を見つめようとするあなたの姿勢は素晴らしいと思います。尊敬いたします。
東京メンタルサービスセンタや,斉藤学先生がDV加害男性の心理療法トレーニング やプログラムを行っていると思います。 ...

違反報告

2014年4月5日 23時43分


Yさん、初めまして。
私は心理カウンセラーの長野と申します。

ご相談内容を拝見させていただきました。

少しでもYさんの解決策になればと思い、
「怒り」の深層心理について簡単にお伝えさせていただきます。

キレる(怒り)というのは感情の中でもちょっと特殊で、
「怒り」の感情の奥には必ず「要求」と「悲しみ」があります。

ですから、怒っているというより実は悲しんでいるのです。

例えば、相手に対して「優しくない」という怒りがあるとします。
しかし、実は「優しくしてほしい」という隠された要求があって、
そして、その要求の奥には「優しくしてされていない」という
悲しみがあるのです。

Yさんの場合、
奥様以外の人に対しては同じことを言われても平気なことでも、
奥様には必要以上に「怒り」をおもちになられるということは、
奥様に対して過剰な「要求」があるとも考えられます。

そのような過剰な要求をおこしてしまう原因として、
Yさんの深層心理(無意識)には、
「悲しみ」が隠されているのです。
現在怒りを感じている相手(奥様)というより、
もっともっと過去の体験での悲しみと考えられます。

例えばYさんの過去(幼少期)に、
悔しくて悔しくて泣きたい気持ちになったことはありませんでしたか?
その時、本当は「~して欲しい」という思い(要求)があったけど、
その思いを相手(親)に言えなかったため、
相手(親)に対して強い怒りを感じた・・・
などです。

では、どうして過去の怒りを奥様に向けてしまうのでしょうか?

それは、心理的な面(怒りの感情を上手に表現する)で、
親から旅立ちをしていないからです。
そして、Yさんの深層心理(無意識)では「奥様=象徴的な親」になっているのです。
(Yさん自身はそのことに気づいていない)

親に受け止めてもらえなかった感情を、象徴的な親である奥様に、
永遠に求め続けているのです。

もし、以上のご説明がYさんにも当てはまる場合は、
Yさんは過去(幼少期)の心の傷の癒しをする必要があります。
Yさんが信頼できて、また癒しのできるカウンセラーの方に、
カウンセリングや癒しの療法を受けてください。

原因が分かれば解決策があり、
解決することができれば愛する奥様を悲しませることはなくなりますよね。


Yさんのご質問の解答になっていましたでしょうか。
少しでもYさんのお役にたてれば幸いです。

「あいトータルケアサポート」
~大阪のカウンセリングルーム~
心理カウンセラー
ヒプノセラピスト  長野美佐代
HP:http://www.love-tcs.com/

違反報告

2014年4月5日 22時39分


郷家あかりカウンセリングルーム

Yさん、はじめまして。郷家あかりと申します。

奥様に対してだけ、キレてひどい言葉を言ったり暴力を振るってしまうのですね。
「一度キレてしまうと止まりません」とありますが、理性を凌いで爆発してしまう強い感情には、収束するまでは、ご自分でもなすすべがないのではないかと思います。
また、反省されたとしても繰り返されているのでしょうから、お悩みは深いですね。

いわゆるDVといわれるもののハラッサーは、外面はよく、家の中の人間(妻や恋人など自分のパートナー)ひとりだけをターゲットに、肉体的または精神的な暴力で相手を支配する…という形を取ります。
これは、幼少期に溜め込んだ親への怒りを、大人になった今、目の前に居て逃げない立場のパートナーに投影して、代理として、感情を発散させているものなのですが、その暴力行為を止めようという意志を持ったところで、無力です。

これの解決にはどうしても、子ども時代の傷つき体験を認めて、そこの部分を味わい直して癒していく…というセラピーに取り組むことが必要になります。

これだけご自分を省みて責め、「憎い」とおっしゃるほど苦しんでいらっしゃるわけですから、大事な奥様と仲良く穏やかにやっていくためにも、カウンセリングやセラピーを受けてみることを検討なさってみてください。

プロのスポーツマンでいらっしゃったとのこと。きっと強いお気持ちで、苦しい作業も根気よくこなして解決されていくものと思います。


違反報告

2014年4月5日 17時23分


初めまして。

全国対応可のanシークレットサービスです。

状況、拝見させていただきました。

もし、第三者の介入が必要な時はいつでもご用命ください。

ホームページ
http://an-tantei.com/

メールアドレス
info_antantei@yahoo.co.jp

違反報告

2014年4月5日 17時21分


初めまして、プランツの青木と申します。

Yさんが変わりたいと思うのであれば変わることは可能ですから、投げやりになる必要性はありません。

暴力を振るったことがあるのは現在の奥さまだけでしょうか?

以前にも女性に暴力を振るった経験はありますか?

Yさんは「気にしていること」「抱えている問題」について言われるとかっとなるとありますから、心に触れられたくない傷があると考えられます。

まずは、心の傷が一体どういうものなのか、Yさんがそれに対してどう考えているのか、どう心で解釈しているのかなどをカウンセリングなどで分析し、思考や思い込みを改善していくことが出来れば暴力を振るうまでには至らない可能性が高いと思います。

もし、カウンセリングを受ける場合には夫婦で受けることをお勧めします。

原因はYさんだけでなく、奥さまにもあるとも考えられます。

暴力の被害者自身も何らかの心の傷があり、それに気づかず過去の自分を守るために、過去に言えなかったことを現在の相手を遠まわしに嫌味を言ったりしている場合もないとも言えません。

原因は必ずありますから、解決策もあります。

時間はかかると思いますが、穏やかで活気のあるYさんになってみませんか?

掲示板に書き込みしていることが第一歩ですから、また少し進んでみませんか。

違反報告

2014年4月5日 16時29分


カウンセリング 心の相談室

はじめまして。

最近のYさんの奥様への暴力の内容を知りました。
そして、Yさんは、ご自分を殺してしまった方がいいとまで、悩みが深くなってしまわれたのですね。

奥様のことは好きでいらっしゃること。
奥様にだけは甘えがあるのか見下しているからなのかと綴っていらっしゃいます。

頭の中では、してはいけないと思っていらっしゃるのでしょうが、奥様に強い要求があるのでしょう。
しかし、自分の気にしていることや抱えている問題について言われると、とありますので、Yさんご自身が解決出来ていないことなので、根本的な問題に掘り下げていく必要があるかもしれません。
その根本的な問題を、今は奥様にぶつけてしまっている状態なのではないかなあと思います。

直接には奥様の話し方なども影響しているのかもしれませんが、過去のトラウマなど( 例えばお母さんとの関係など)の影響もあるかもしれません。

現在はどのようなお仕事をされているのか解りませんが、以前にはスポーツのプロでいらしたので、今のお立場での満足度が少ないということもあるかもしれません。

ストレスをためないように、月に何回かスポーツをされていらっしゃるようですが、プロの時に味合われた厳しさや切実感などがないため、発散しきれていないのかもしれません。
ストレス解消の為だけではなく、何か試みをもってされると充実感が出てくるのではないでしょうか?

そのようにされていくと、Yさんがもともと持っておられる良さが出てくるので、ご自分を殺してしまった方がいいなどと、思いにくくなっていくことでしょう。

そのような中で、根本的に解決、開放されていく方法を、ご自分の中で、またはカウンセラーなどをとうして進んでいかれると良いと思います。

違反報告

2014年4月5日 15時43分


こんにちは。十村と申します。

ご心情お察しいたします。


わたくしの知っている空手の達人は

決して人に暴力をふるわないそうです。

それは、ひとえに空手が精神修養となっているからです。

その人は、怒りが込み上げてきた時、電柱を殴るそうです。

また、布団をたたくこともあるそうです。

力はその方向を間違ってしまうと破壊につながります。

その力を内側に向けてみてはいかがでしょうか。

スポーツをする時、精神を統一するように、

己の心を鎮めてみてはいかがでしょうか。


朗報をお待ちしております。




違反報告

2014年4月5日 13時51分