教えて掲示板の質問

「定期テストから逃げている?」に関する質問

  • 受付終了

Fabbyさん

現在高校二年生の者です。

サッカーをやっており、在籍する高校は全国を狙えるクラスでサッカーをするために入学しました。

一年生の頃は大学の事等も考えており、高い意欲で勉強していたのですが、
留学を決意してから、勉強に身が入りません。

ブルーハーツが好きで、彼らの生き方に大きく影響を受けました。
その結果、楽しくやりたいように生きるのが一番だ、と考えるようになりました。
そうして、本気でサッカーに取り組むために留学を決意して以来、勉強に集中出来ていません。

留学のための語学勉強はやる気が有るので、目的意識が無いと頑張れないようです。

なので、テスト勉強に集中出来ず、赤点を取ってしまいました。

自分の中に
赤点なんか気にしなくていい、という自分がいて、
もっと勉強すべきだった、という自分もいます。

世間一般には、後者の方が有利なのでしょうが、自分としては前者の生き方をしたいと思っています。
が、都合良く考えているだけで逃げているのではないか?とも考えているのです。

やりたいように生きることと
やりたくない事から逃げるのは違うと思います。

図太い人間ならば赤点等気にせず我が道を進めるのでしょうが、小心者なのでそれが出来ません。
そのように図太くなりたい、と思います。

つまらない事を気にしすぎている、というのでしょうか。
赤点なんて大学を介さない留学には何の影響も有りません。
せいぜい教師たちに怒られる程度です。
本当に覚悟が決まっているなら気にならない事を気にしてしまい、
すぐにネガティブな思考になってしまいます。

嫌な事はしたくない!
ときっぱり言えるような、強い信念を持ちたいのですが、
それを言い訳に逃げてしまうのもいやです。



長々と書きましたが、一番は生きたいように生きるのが望みであり、
でもそれを言い訳にせずに生きていきたいのです。

矛盾だらけかもしれませんが、アドバイスをお願いします。

違反報告

2011年7月7日 15時19分

教えて掲示板の回答

Fabbyさん

こんにちは ひまわりの会の 谷口です。

一度ホームページをご覧下さいませ。

「しょうがないか~」あきらめてかわるものではありません。

Fabbyさんの納得のいった解決への道のりをナビゲートさせて戴きます。

http://himawarino-kai.jimdo.com/


違反報告

2011年7月14日 14時59分


出張型対面!人生相談室Seeing through

留学と現実、どちらを取るかという選択で悩みを持っている方。
しかし、どちらを取ったとしてもどちらの道もあなたが選んだ道です。

どちらも幸せだと思います。
ただし後悔をしてはいけません。
「ああしておけばよかった」
「こうしておくべきだった」
などはNGです。

どの道を選んでも苦しい時はあります。
しかし、それはそちらの道を選んだから苦しいのではありません。
どちらの道を選んだとしても、それなりの辛い事、苦しい事は必ずどこかでぶつかります。

その苦しみを乗り越えてこそ幸せが待っています。

人生相談ではあなたの状況などを考え、夢を取った場合、現実を取った場合などのお話をします。
決めるのはあなたです。
その決める前のサポート、アドバイスを全力でさせて頂きます。

http://www5.hp-ez.com/hp/lifesoudan/

違反報告

2011年7月11日 00時50分


ブルーハーツ、いいですね。
私も大好きです。

彼らに大きく影響を受け、
やりたいように生きると留学を決意されたのは
素晴らしいことだと思います。

ところで、あなたは「目的意識が無いと頑張れない」
と仰っていますが、
あなたの目的とは何ですか?

「生きたいように生きる」とは、どう生きることでしょうか?
そのために、どういう意識でどういう行動をとることでしょうか。
具体的に、細かく考えてみてください。

たとえば
進路に関係ないから勉強には身を入れず
赤点なんか気にしない「図太い」人間として
サッカーで留学することですか。

学生の義務として勉強しつつ、
サッカー留学やその他の「我が道」を
誰に何と言われようと生きていくことでしょうか。

どちらであって道も、あなたが本気で選んだならば、
それがあなたの信念の道です。
世間の有利不利や、留学への影響の有無や、
周りからどういう風に見えるか、カッコイイか否か、ではなくて、
あなた自身の心に問うて決めることが大切だと思います。

そして、あなたのおっしゃるとおり
「言い訳せずに」
その道を堂々と進まれることを願っています。

違反報告

2011年7月8日 11時54分


Fabbyさんへ

こんにちは。カウンセリングルーム・ラウレアの、もてきよしこです。
すみません。前回の回答で、Fabbyさんのお名前がどこに書いてあるか分からず、
失礼とは思いましたが「あなた」と呼ばせていただきました。

では、引き続き回答させていただきます。
よろしくお願い致します。

まず、「サッカー留学」のことは少し置いておいて、

「楽しくやりたいように生きるのが一番だ」

という人生の指針について、もう少し詰めて考えた方が良いように思います。

「楽しくやりたいように生きるのが一番だ」

というのは、一つのスローガンに過ぎません。
この指針に則って、どのような意識で、どのような選択をするか?
その積み重ねが、Fabbyさんの人生そのものになります。

「やりたいことをやる」ことの難しさを、
今痛感していらっしゃるのではないですか?

「やりたい気持ち」が、やりたくないことへの言い訳になり得ることに
Fabbyさんは既に気付いていますし、
やりたいことを一つに絞り込めず、サッカーを疎かにすることがある
というジレンマにも気付いています。

これは「やりたいことをやって生きる」ことの
一側面であることは確かです。

ただ忘れないでいただきたいのは、
「だからやりたいことをやって生きるのは無理なんだ」
ということでは決してないということです。

そして、本当に言い訳しているのか、サッカーを疎かにしているのかは、
Fabbyさんの気持ち一つなのです。

どんなことにも光と影の部分はあります。
大切なのは、Fabbyさんが光に向かって生きること。
常に最高の選択ができるように、ご自分を大切にすることです。

「言い訳だ」と思うのであれば、そうならないように行動するしかありません。
自分でこうだと思う気持ちに立ち向かうことも、ご自分を大切にすることだと思います。
「言い訳ではない」と思うのであれば、それはその通り、誰にも文句は言えません。

どちらなのか分からなくなってしまっているところに、
Fabbyさんの苦しみがあるのではないでしょうか?


「やりたいことをやって生きる」

ことを、Fabbyさんはどのようにお考えですか?

一つのことに没頭して脇目も振らないことでしょうか?
そのときそのときの「やりたい気持ち」を大切にして、
さまざまな経験を積むことでしょうか?
「やりたいこと」と「やりたくないこと」の折り合いをつけて、
バランス良く生きることでしょうか?

更に言えば、死ぬ間際に
「サッカーに打ち込んで幸せだった」と言いたいですか?
「やりたいことをたくさんできて幸せだった」と言いたいですか?
「やりたいこととやるべきことを両方こなして幸せだった」と言いたいですか?

このスローガン一つ取っても、さまざまな生き方のあることが分かります。
どれか一つ正しい答えが存在するわけではありません。
Fabbyさんに愛情を持って「こうしたら良いのでは?」と言って下さる方の
言葉は、ある意味全て正しいとも言えるでしょう。

感銘を受ける先輩がいるのなら、その方のお話を聞いてみてもいいかもしれませんね。
情報を集めることも大切です。

しかし、やはりそれも情報でしかなく、最後はFabbyさんの選択に委ねられます。
Fabbyさんには、ご自身の人生の脚本を、ご自身で書くという
無限の自由があるんですよ。


周りの人は、あらゆることを言うと思います。
もしかすると、自分自身こそが、最大の批判者かもしれません。
それは何か決断をした人には、避けて通れないことです。

大切なのは、自分を責めないこと。
引っかかる言葉や批判が入って来たときは、
その気持ちが自分の中になかったか確認すると良いと思います。
今はその為の技法はたくさんありますし、
この掲示板を利用したことも、その一つですよね。
Fabbyさんは、目的に向かってちゃんと行動されています。

私がFabbyさんて素晴らしいなと思うのは、
ご自分で決めた人生の指針に則って、
生活の中で「やりたい気持ち」を大切に生きていることです。
それはとてもとても大切なことなんですよ。

今、さまざまな角度から考え、あらゆる可能性を検討し、悩み、迷っているのは
最高の選択をする為の準備をしていると言えます。
決して「生温い」ことではないのです。
そんな背伸びをしなくてもいいのではないですか?

Fabbyさんの人生が輝かしいものになることを、お祈りしております。

違反報告

2011年7月8日 10時56分


カウンセリングルーム佐世保

初めまして、カウンセリングルーム佐世保のカウンセラーの中坂と申します。ご相談ありがとうございます。サッカーと学問の両立でお悩みのようですね。
サッカーは好きですか。でも、赤点をとる自分が許せなくて辛い思いをされているんですね。
 気にしなければそれでいいのではないかと自分に言い聞かせながらも、何か不安で押しつぶされそうなんですね。お気持ちよくわかります。
 私自身もそうでしたし、多くの高校生が同じ悩みを抱えていると思います。そして、後で後悔したくないからもやもやした気持ちになられていらっしゃるのだと思います。でも、こうやって今の状況を解決したいと相談された勇気ある自分をまず、誉めてください。

 将来(長期的)の目標はありますか。でなければ、卒業して大学に行くとかプロに行くとかの中期的目標はいかがでしょう。中期目標まで明確に見通せて、大きな紙に貼りだしてはいかがでしょうか。きっとやる気がでてきますよ。今は、今のことだけを考えすぎて先のことが見えてないから不安だと思います。
 
 中期の目標を書きだせたら、達成するために因数分解するように短期の今やるべき1週間とか3日とかの自分のやりたいことの目標とかも紙に書けると、今何がしたくて何をすべきかが自分で回答が出せると思います。

 ですから、とりあえず、サッカーだけならサッカーでどう進むという目標があれば、学問も気にならないかもしれません。自分の人生ですから、自分で進むべき道をみつめなおして自分に自信を取り戻してください。もし、学問ができないわだかまりがまだあるようでしたら、幼いころから、学問ができないことへの心の傷みたいなものがあるのかもしれません。できればお近くのカウンセラーとお会いして、心の底から思っていることを話してみることも、自分への思いがけない気づきから解決への一つの方向になると思います。

 私事ですが、サッカーをやっていたから集中力が身に付き、疲れて仮眠をしてから学問に残りの時間を割いていました。サッカーにとことん集中して体を休めた時に解決のヒントがでてくるかもしれません。

 最後になりますが、サッカーにも学問にも集中しているあなたを応援します。カウンセラーは、そうなれるあなたをサポートします。また、そうなれると信じています。

違反報告

2011年7月8日 09時34分


はじめまして。さいたま市(浦和区)のカウンセラー相澤と申します。

赤点のこと、もしかして、気にしすぎていませんか?
1回(かどうか分かりませんが、多分赤点取ったの初めて?)の赤点は、その原因が勉強に集中できない、という理由ならば、次回集中して勉強していけば、挽回できますよね!

ご自身の現状を、タイトルにあるように「定期テストから逃げている?」と分析されているようですが、赤点を取ってしまったこと、そのちょっと苦い経験を、次回のテストの際にどう挽回するか、が大事です。

ブルーハーツのような生き方をしたい、ということは、赤点をとってしまったという過去にいつまでもとらわれず、自分が本当にしたい事を貫けるような生き方をしたい、ということなのではないでしょうか?

それで、OKだと思いますよ。

本当にサッカーが好きで、本気でサッカーに取り組むために留学したいのなら、そのことを最優先の目標にして、今後準備、行動していけば、相談者様は、憧れのブルーハーツのような生き方に近づいている・・・、ということになるのではないでしょうか。

そして、好きな道を貫くってことは、本当の意味でのタフさや信念が必要です。なぜかというと、思考だけではなく、行動を伴うことで、一歩踏み出したとき、後戻りしないで、周囲に惑わされないで、確かな結果を出すまで、自分を信じて、時には忍耐を伴いながら、歩き続けていくプロセスだからです。

これからのサッカーの夢の実現にむけて、ご活躍を応援しています!

違反報告

2011年7月7日 23時53分


初めまして!心理カウンセリング・癒しのセラピールーム「М☆シャベル」の古山と申します。
 ご相談内容、拝見させて頂きました。

これは、私の個人的な勘ですが、あなたはすでに、自分の心(ハート)にきちんと向き合っていて、ほとんど決着がついているように感じました。

 ただ、何かに、誰かに気を使っている為に、背中を押して欲しいという感じではないでしょうか。
 『そうだよ!大丈夫!その調子で行ってきなよ!』という応援の言葉があったら、今にも溢れだしそうな勢いが見受けられます。
 
 留学、素敵ですね。

それを決意されたこと、ブルーハーツのような熱い気持ち、とてもよく分かります。

 もしかしたら、今ご家族や身近にいる大切な方に、あなたが留学を前に やるべきことをきちんとやる姿を見せることで、自立し、きっと留学先でも心配ないと思って欲しいと焦る気持ちはありませんか?

 『立つ鳥あとを濁さず』という言葉があるように、きちんと、飛び立つ前に心残りがないよう、身辺整理をしなくては、というあなたの堅実さ、やさしさではないでしょうか。

 大まかではあっても目標や意欲があるあなた自身の勢いに、何かがセーブをかけてしまっている様に感じました。

 人は皆、全てをまんべんなくやりこなすことは難しいことです。何かに力や気持ちを込めると、他のことには力をゆるめないと、身が持ちません。

 スポーツ選手だって、いくらスポーツが好きで得意であっても、24時間本気で身体を動かすことは出来ないのと同じです。

 睡眠や、食事、お風呂でのリラックス、ゆっくりして離れた時間を持つからこそ好きなものがやっぱり楽しい!と思えるものですし、思いっきり集中して力を発揮させることが出来る。
 なんて、言われなくてもあなたは分かっていらっしゃいますよね。

 そう考えると、あなたの今気になさっている勉強、赤点は、あなたの言っている通り、身が入らないものは入らない!としても良い気がします。

 うまく身を入れない、という感じで、例えば宿題さえやれば、提出物さえ出せば、という具合で、赤点ばかりではなくところどころ赤点というくらいの感覚で、今あなたが時間を費やしたいことは留学に向けた語学!それで良いと思います。

 意欲がない時に興味のないものを努力しても、本当に記憶に残らないですよね。

世間一般には後者の方が有利、、 とありましたが、とても狭き世間一般ではないでしょうか。器用貧乏という言葉があるくらいです。1年生のころは、まだ目標が今ほどはっきり見えなくて、何かに必要だという感じで勉強できたのでしょう。
 何に使うかわからない知識や教養を、活かす時が来そうだという人生があまり予想できないならば、だらだらと埋め込む必要はありません。
 
知識や教養はある程度身につけ、大事なのは人間性を養うことだと思います。あなたは自分で言っていた通り、目的があれば頑張るタイプということですので、将来必要になった時に始めても良いと思います。

 やりたくないことから逃げるということではなく、やる必要がある方を選ぶ!という選択のコツ、力強さが大事です。

 きっとあなたは自分で分かっているのでしょう、どの国に行かれるかはわかりませんが、ハッキリしない言葉で決断を濁すような会話ができるのは日本語くらいです。

 今ある時間でハッキリした意思表示の練習をした方が身が入りそうですね。

 やる、やらない、好き、嫌い、とつかむものはつかみ、余計なものはつかまない、そのままのあなたで楽しい人生をつかんで、シュートして下さいね。

 


違反報告

2011年7月7日 23時50分


fujita counseling ふじたカウンセリング


はじめまして、ふじた相談室の藤田です。
高校二年生・・・
将来のことを決める最終段階といったところでしょうか?
私は個人的な考えですが中学の時点である程度将来を決めて高校を選ぶように促されるのって、残酷なことだと思うんですよね・・・ですが現実はある程度将来を見据えて高校を選ぶように私の地域では中学の時点で言われているようです。

さて貴方は高校二年生にして留学を決断されたのですね?
素晴らしいじゃないですか!!その勇気を私は称えたいですね!
ご両親も賛成してくださってるご様子。いいご両親ですね・・・

ですが現実も受け入れなくてはいけません。お分かりですね?
他の先生方も回答されておりますように誰でも成功できるわけではないと言うこと。
その時にどうするのか少し視野に入れつつ・・・
でも、成功するんだという気持ちは大事にしてほしいと思います。
イメージトレーニングはとても有効です。
必ず休む前に自分が活躍している場面を想像してイメージしてから就寝するなど、常に想像しお部屋にも活躍してる自分の絵を描いて壁に貼っておくなど有効です。
これは自分で未来を引き寄せる作業になります^^

それから、大切なこと。

自分は逃げているのか・・・と不安に思っておられる様子・・・

逃げているという言葉に私は引っかかりを感じます。
そういうことを感じさせられる思わされる過去はなかったでしょうか?
誰かに逃げている。と言われたことはなかったでしょうか?

これはカードを引く時に自分が引いたのだけど実はそのカードを引かされた・・・ってこともあるんですね。

それがパターンになり「おれは逃げてる」という呪文を自分に掛けることになってしまいます。そこらへんの呪縛を解いておかれることをお勧めします。
カウンセリングもとけると思いますよ^^

学生さんであればカウンセリング料など相談に乗らせていただきますし、スカイプにも対応しておりますのでホームページをのぞいてみてくださいね。

よりより未来が待っていることを心から祈っておりますね・・・^^

違反報告

2011年7月7日 23時19分


Fabbyさん


はじめまして。
びわこカウンセリングルームのいこまと申します。

サッカーで留学するんだ!という意欲と、一方ではこの勉強は必要ないんだ!という思いをもたれているのですね。

でも、図太く生きていけるよう性格でもないので、勉強の事も気になってしまうのですね。

実は私もブルーハーツを中学時代に聞いて育った世代です。
当時はイジメもあったので何かとはげまされました。

自分の魂の根本からなりたい自分になることを自己実現といいます。
自己実現は時として、色んなものや色んな人の犠牲にしか成り立たない事もあります。

それをわかった上で、やるか?やらないか?をチョイスするのがその人のパーソナリティーというものです。

犠牲を承知で自己実現するか?周りとの調和も考えて自分の夢を捨てるか?そこら辺をはっきりさせると、テストに対する思いもおのずと定まってくると思います。

そこら辺の詳しい事情をお知りになりたかったら、是非”プラネテス”というアニメをご覧ください。
自己実現=わがまま? さて、どうなのか?という微妙な問題をテーマにしています。

ご自分のパーソナリティーをお知りになりたかったら、カウンセリングを受けてみるのも良い方法だと思います。
単にYESかNOかを考え込むよりも価値があると思います。
そのほうが、多分、後悔しない人生をチョイスできると思います。


http://www.biwako-counseling.com/

違反報告

2011年7月7日 23時19分


夜寝る時に全宇宙を想像して、全宇宙に『私は~に成る』と結果が出るまで宣言してみて下さいね!

違反報告

2011年7月7日 19時29分


お礼コメント

今日から早速実行してみます!
他にもこういった自己暗示のようなものにも取り組んでみようと思います。
ありがとうございました。

2011年7月7日 19時58分

横浜カウンセリングルーム Heartful Time

サッカーという夢を持っているのですね♪
その為に留学の勉強も行えているようで、素晴らしいと思います。
頑張って夢を実現させましょう!

今回はテストで赤点を取ってしまい、悩んでいるのですね。
少し考え方を変えてみましょう。
留学の勉強は集中して出来るんですよね?
それは目標の為だからと、解っているから勉強できる。
あなたにとってテスト勉強は目標実現の為にならないのでしょうか?
赤点なんか留学に関係ないと思うのは何故でしょう?
今あなたの力だけで留学を実現できる状態ですか?
金銭など親の力など借りずに留学できますか?
既に自分の力のみで留学できるなら、すぐに留学するのが良いと思います。

ブルーハーツ!私も好きです♪
楽しくやりたいように生きるのが一番!
赤点取る事が楽しい事ですか?
楽しくやりたいように生きるには、環境を作る事も大切です。
バンドマンも売れなければ、生活の為にバイトをします。
音楽(好きなこと)だけでは夢を実現できませんからね。
夢を叶える為の環境を整える作業は沢山あります。
自分が既に持っているものによっても違ってきます。
留学してサッカーをするのに必要なのは語学勉強だけですか?
留学には保護者の同意やお金など必要なものは沢山あるはずです。
高校卒業できなくても、留学可能ですか?
赤点を取っていても保護者のサポートは受けられますか?
赤点を取らないレベルの勉強は、あなたの夢に必要ではないですか?
逃げているというよりは、自分に必要なものが明確になっていないのではないでしょうか。
気持ち・サッカースキル・語学だけでは留学できないのが現実です。

本当に嫌な事(必要ない事)なのか、夢を叶える過程(必要な事)なのかを、落ち着いて考えてみましょう。

違反報告

2011年7月7日 18時18分


お礼コメント

親は、賛成してくれています。
基本的に金はある程度出すが、後は自己責任、という考えなので。
卒業に関しては、ちょっと怖いですね。
その面で考えると、勉強の必要性が感じられます。

今一度、留学と言う行為自体について考えてみたいです。
ありがとうございました。

2011年7月7日 19時57分

川上心理カウンセリングルーム

はじめまして。川上心理カウンセリングの川上と申します。

サッカーという夢をお持ちなのですね。それは、とても素晴らしいことです。
ただ、勉強のことに、身がはいらなくて、、、そのあたりを、すっきりさせたいのですね。
それは、つまり、夢をもつ大切さと、まだうっすらですが、現実というものも、気になっているからでしょうね。
それは、だれもが、考えながら青春時代をおくると思います。

第一希望はサッカーなのですね。
誰もがなれるとは、かぎらないので、次に興味のあることは、なんでしょうか??
第二希望も、考えておくほうが、人生設計上、有利で安全だとおもいます。

一年生のころは大学進学も考えておれれたのですね。なにを専攻したかったのでしょうか。

サッカーと勉学での成功、両方とも夢にされては、いかがでしょうか。
両方、実現させるぐらいの大志を持ってほしいです。

そうすれば、どちらかは、かなうかもしれませんし、両方かなうかもしれないのです。
二足のわらじから、成功をつかんだ人もおおいようです。それこそ才能といえるのかもしれないですね。

どうか夢がかないますように、お祈りいたします。

違反報告

2011年7月7日 18時02分


お礼コメント

きっとそうですね・・・
現実的なところから踏ん切りがついていないのでしょうかね。

今現在、勉学に意欲が湧いてこないのが現実です。
相対性理論などは趣味として勉強はするのですが、いわゆる受験勉強に関しては、全く好きになれません。
留学を決意してからは、勉強に必要性と目的意識を感じなくなってしまったのです。
ただ、知的な人間ではありたいので、新聞の天声人語などは欠かさず読んでいます。
大学も、サッカーをするために入ろうと考えていたので・・・
何かを学びたい、という気持ちとは違うんです。


ありがとうございました。

2011年7月7日 19時54分

はじめまして。
カウンセリングルーム・ラウレアの、もてきよしこと申します。

高校二年生というと、学業と部活との両立で、大変な時期ですね。

学生時代というのは、やりたいことよりも、やらなければならないことの方が多い時期かもしれません。
その中で、勉強が手に付かなくなるほど「やりたい」という気持ちを持てたことは、とても素晴らしいことです。
それを忘れないで下さいね。
今の葛藤は決して無駄ではなく、真摯に向き合うことで必ず良い解決策が見つかります。

まず、あなたの中には、

>一番は生きたいように生きるのが望みであり、
>でもそれを言い訳にせずに生きていきたいのです。

という強い気持ちがあります。
でも、今の自分はそうではない、とご自分を責めていますね。
できなかったことを「やりたくなかったから」と言い訳にしたくない、
という、とても強い気持ちがあるようです。

サッカー留学のために具体的な行動を起こすと、
その為に捨てざるを得なかったものに対して
「途中で放り投げてしまった」「もっとできたはずだ」
という気持ちが残ってしまうと恐れていませんか?
でも、やりたくないことには身が入らないし…、
という堂々巡りの渦に巻き込まれてしまっているようです。

それは、
「こんな風に生きたい」
という気持ちが、
まだ中途半端なままでくすぶっているからではないかと思います。

やりたいことをやっている自分を、もっと具体的に強くイメージしてみて下さい。
イメージは自由です。誰も非難したり禁止したりしません。
一日の内、ほんの数分でも構いません。
「今はいろんな制限があるけれど、
近い将来自分はこんな風になっているんだ!」
とワクワクする時間を作ってみて下さい。

葛藤を抱え、ご自分を責めてしまうのは、
あなたがとても優しい心の持ち主である証拠です。
また、目的に向かって着実に計画を立てられる知性もお持ちなのだと思います。
しかし、自分を責めることに疲れてくると、
いつしか他人を責めるようになってしまいます。
本当の言い訳とは、他人を責める気持ちなのだと私は思います。

あなたが自由な気持ちになることで、
周りの人たちも元気になることを知っていますか?

自由な気持ちとは、「赤点を採っても気にしない」ということとも違います。
この出来事は、あなたの中のビジョンがまだ不鮮明なことからくる不安や恐れが、
具体的な形となって現れたに過ぎません。

やりたいことにばかり気を取られて、勉強をしなかったから赤点を採った

というよりは、

「やりたいことしてもいいんだろうか」という自分を責める気持ちが、やるべきことも停滞させている

と考えた方がいいかもしれません。

やりたいことを思い描くのは、とても素晴らしいことです。
何も手に付かないほど、没頭して考えて当たり前のことなのです。
それをぜひ、ご自分に許してあげて下さい。
現実逃避では、ないのですよ。

今は、夢を現実にする為の大切な準備期間です。
機が熟したとき、満を持して羽ばたけるように…。

違反報告

2011年7月7日 17時39分


お礼コメント

その通りでして・・・
やらなければいけない事が多いですね。
その中で、人生の指針を知ってしまい、それが世間一般とのズレが有る物なのでバカにされたりも多いです。気にしてないんですがね。

ただ、もてきさんのおっしゃるような真っすぐな人間でもなくて・・・

テスト期間は部活がありません。
なので必然的に時間が余ります。
この期間はサッカーから離れて、モチベーションを上げ直す期間だと捉えているので、サッカーには打ち込んでいないんです。
その分、他にやりたい事が多く、勉強よりもそちらを優先してしまう、という状況です。
明日もテストなのですが、こうしている方が自分の中で「やりたい」と思える事なので優先しています。


サッカーに出会えた事は人生最大の出来事で、本当に良かったと思っています。
人生全てをサッカーに捧げたいぐらいです。
たとえ留学先で大失敗をしても、それが原因で死に至ったとしても、
やりたい事をやってたなら短命でも構わない。
ごまかしながら長く生きるよりいい、という考え方なので。

だとすると、赤点に対して未練があるのが、言い訳につながる部分なのかと不安になりました。


 
周りから見たら、「ただ生温く逃げてるだけだ」と言われても仕方ない状況です。

それでも自分の中で覚悟は出来ているつもりなんです。
しかし、その覚悟を言い訳に使う事だけはしたくないんです。
この思考を始めるとすぐにネガティブ思考に入ってしまうので、専門家の方々のお力を借りた、ということです。

ですので、
>「やりたいことしてもいいんだろうか」という自分を責める気持ちが、やるべきことも停滞させている
という部分には、ものすごく共感しました。
信念はあるのに貫ききれない理由がここにあるんでしょうかね・・・


この状況も含めて、改めて回答をいただけると嬉しいです。


2011年7月7日 19時06分

Counseling Room Allottee

Fabbyさん はじめまして counseling room allottee の野村です。

ご相談拝見しました。

ずばり、赤点気にする必要ないと思います。

赤点は勉強すれば取り返すことができます。

大事なことは2つ

1.留学するにあたって日本人として何を学んでおかないといけないかです。

  語学を勉強することは必要ですが、コミュニケーションの手段として日本の歴史

  習慣などはしっかり話せるように学んだほうが、チームメートとの会話も弾みます。

  また、留学先の歴史、習慣も同じです。(留学先の言葉でなくても日本語できっち

  り理解することです。)

2.留学して全ての人がメジャーな選手になれるとは限りませんよね。

  社会人として必要な知識を学ぶことは、あなたが成功してもしなくても

  たいせつなことです。

今の考え方はサッカーと勉強(知識)が別物ですが、サッカーの技量を磨く時にも

他の知識があるとないでは大違いだと思いますよ。

チームプレイですから、チームの人とのコミュニケーションがうまくいくことが、Fabby

さんのサッカー技量も伸びると思います。

嫌な事はしたくない!
ときっぱり言えるような、強い信念を持ちたいのですが、
それを言い訳に逃げてしまうのもいやです。

上記のことですが、「嫌な事はしたくない」とはっきり言えばいいと思います。

その際「私は、・・・・・・これをしたくない」とIメッセージで伝えてください。

あなたの気持ちを相手がわかれば、相手も納得するでしょうし、お互いが納得

出来る方法を話し合うことも出来ます。

特に外国ではこの「I メッセージ」が必要です。

何度もいいますが、サッカーはチームプレイです。

嫌な事はしたくないではすまないですよね。

留学前に相手に自分の気持ちを伝える練習をしてください。

それができれば、やりたくないことから逃げてるという

ネガティブな感情は消えます。

予断ですが、いくら語学を日本で学んでいってもネイティブな人達に囲まれれば

なかなか聞き取れないし話せないものです。

いかに留学先でなじむかがあなたのサッカー留学を実りある物にするかにかかってい

ると思いますよ。赤点など気にせず頑張ってください。

当方SKYPEで、Iメッセージとメンタルマネジメント(心の自己管理)ができるように

カウンセリングを受けています。よければコンタクトしてください。

http://counseling.allottee.com/

違反報告

2011年7月7日 17時25分


お礼コメント

自分に自信が持ててきました。
なるほど・・・
語学以外にも色々考える事が有りますね。

自己主張は得意とは言えないので、日頃から自分を出せるように意識して行動したいと思います。
ありがとうございました。
skypeは今後始める予定なので、その際にコンタクトさせていただきます。
ありがとうございました。

2011年7月7日 18時51分

女性のための安心サポート.com

何事でも、最終的な決断をするのは自分自身です。

その時々の決断とその結果について、自分自身に言い訳するようなことが無ければ、

それでよいのではないでしょうか?

違反報告

2011年7月7日 17時03分


お礼コメント

言い訳なのか本心なのか、自分でも見えてない部分が怖いです。
ゆっくり、本心を見つめたいです。

2011年7月7日 18時48分

神奈川県海老名発「貴方の心の相談室・ハートケアサロン」の奥山です。

一言、優秀なサーカー選手に目指すのであれば、全てのことに優秀な成績を備えるべきです。赤点を取るような人は、サッカーにおいても赤点しかもらえないでしょう。逃げることは一番優しいことですが、一度逃げる癖をつければ、全てのことから一生逃げることになります。甘い考えを捨てなさい!!

違反報告

2011年7月7日 16時36分


お礼コメント

逃げる癖・・・一番痛いことばです。
きちんと向きあって見たいと思います。

2011年7月7日 18時46分

ハートウェーブ中央

ハートウェーブ中央の北島です。
こんにちは、
悩んでいるのですね・・・・・・。
ちょっと初めてつまづいたというか、とかいう感じですかね。
多分、他の先生方が丁寧に回答していただけると思いますので、簡単に回答します。
サッカー留学を決めたのですね。
であれば、同じようにそのことを実行した先輩やサッカーの指導者さんの意見をきくのが一番いいと思います。
おそらく、ここに、書いてくること、その貴方の行動そのものと同じ感情が貴方を悩ませているのではないでしょうか?(わかりますか?)
留学を決めたなら、そうするための方法を知っているのはそう言った方がたであって、
今の貴方を悩ませていることは、多分他の先生がメンタル的に回答してくれます。

違反報告

2011年7月7日 16時22分


お礼コメント

確かにそうですね、なぜ気がつかなかったのか・・・
体験者に聞いてみたいと思います。
ありがとうございました。

2011年7月7日 18時45分