教えて掲示板の質問

「弱い自分を変えたい」に関する質問

  • 受付終了

マモルさん

閲覧ありがとうございます。
私は現在24歳です。高校生の頃から対人恐怖に悩んでいます。
当時から、悪口を言われることもあって、人前で上手く話せない・声がかすれる・過呼吸になるといったことがありました。
高校時代はほとんど保健室で勉強をして、大学時代はほとんど人と話さずに過ごしました。

今は働かなければいけないのですが、どうしても仕事を続けることが出来ません。
医療事務の資格を取って、病院へ勤務しましたが、職場の人や患者の方に見られている苦痛で過呼吸・吐き気が収まらなくなり、試用期間内で辞めてしまいました。
次はデータ入力のアルバイトをしていましたが、周りの人と話すことや電話が怖くて上手く出来ずにいました。それを見ていた職場の女性(上司)に悪口を言われたり、他人と明らかに態度を変えられたり、重要な書類をわざと渡してもらえなかったりして、過呼吸も起きて辛くて辞めてしまいました。

中学時代から大学を卒業してしばらくまでは自殺願望が強く、リストカットなどもしていました。
ですが、「その日にあった良いことをノートに書きとめること」や「少しのことでも自分を褒める(電話に出ることが出来たなど)」ということをして、今では生きていきたいと思っています。

生きていく上で働くのは避けられないことだと思います。
ですが、最近になって、対人恐怖の症状が悪化している気がします。
・人前での電話が怖い(家族にも聞かれるのが怖い、かけるのを辞めてしまう)
・視線が気になる(見られてると思ってしまい、挙動不審になる)
・他人との食事がつらい、苦しい
・声がかすれる(風邪をひいてるのかと聞かれる)
というのは昔からあって、これだけなら「人見知り」で済まされそうですが、ここ1年くらいで
手が震える、顔が火照る、吐き気がしてえづく(呑酸が出る)、涙が出るという症状が出て、いくら自分に「気にしないようにしよう」や「頑張ろう」と言い聞かせても体が言うことをききません。
なので面接などが全く上手く出来ません。

私の今の性格は子供の頃の環境が関わっているのかなと思います。
幼少の頃は、両親がしょっちゅう喧嘩をしており、殴ったり、時には刃物も出てきました。
喧嘩する時はいつもお酒を飲んでいたので、私は未だにお酒に対する嫌悪感が抜けません。(そのせいで飲み会なども嫌悪感が強いので、これも悩みです。)
両親はどちらも頭が良くスポーツ万能で、子供にもそれを押し付けているような印象でした。(私はMARCHの大学に進学しましたが、陰で「その大学に行っても価値がない」などと話していた)
なので、必要以上に他人からの評価が怖いのだと自分で思っています。
ですが、両親は、私のリストカットや「死にたい」などと書いた手紙を見て、泣いて謝りました。「自分の理想を押し付けすぎたのかも」などと話して、喧嘩もしなくなりました。
両親は変わりましたが、自分はその過去から抜け出せずにいます。
当時の喧嘩を思い出すと、今あることのように涙が止まらないですし、大きな声を聞くと体が萎縮します。未だに両親とは上手く話せず、どもってしまいます。(兄弟だと普通に話せます)

調べていて、セルフ・ハンディキャッピングというのを知り、私もこれだと思いました。
「こういう過去があるから出来ないんだ」と自分に枷をはめているんだと思います。
こちらの過去の質問も拝見しましたが、「過去にとらわれてはいけない」という文章をよく目にします。
頭では分かっていても、実際に吐き気や震えや涙は収まりません。
どうすれば過去の自分を捨てられるのでしょうか。
以前にカウンセリングを受けたことがあるのですが、「こんなどうしようもない話を先生に聞いてもらって申し訳ない、なんて自分は嫌な人間なんだろう」と自己嫌悪になって、前より落ち込んでしまいました。
現在職が無いので治療費もあまりかけられず、働いて稼ぐには対人恐怖を乗り越えなければいけないというジレンマがあります。
ただの甘えなのかも知れませんが、自分が弱くて情けなく涙が止まりません。アドバイスをお願いしたいです。
長文失礼しました。

違反報告

2014年1月25日 16時52分

教えて掲示板の回答

カウンセリングルーム・エンパシー

補足回答いたします。あなたの生き辛さは、幼少期の本物の感情を抑圧したことと、子どもながらの決断です。その決断は、当時はそれで自分を守ったのですが、大人になってからは逆に足かせになってしまったのです。

本物の感情探しと、過去の決断を見直して再決断することで、あなたの人生観は明るく変わることができます。その前に、「インナーチャイルドの癒し」方と、自分の自我状態かを知るための「心理テスト」を無料でご提供したいと思います。

生き辛いと嘆くばかりでは、何も変わりません。大事なのは、一歩踏み出すことです。まずは、「mental@r-empathy.com」までご連絡ください。

違反報告

2014年2月3日 15時09分


心の癒しと気づきのスペース ハートフルライフ

マモルさん

内容を読ませていただきました。
札幌のハートフルライフ心理療法士のさとう まみよです。

「対人恐怖に悩んでいます。
自分はその過去から抜け出せずにいます。
どうすれば過去の自分を捨てられるのでしょうか。
自分は嫌な人間なんだろう」と自己嫌悪になって、前より落ち込んでしまいました。
自分が弱くて情けなく涙が止まりません。」
重要なキーワードを書いてみました。

お辛いですね。

ただご両親の
「泣いて謝りました。「自分の理想を押し付けすぎたのかも」などと話して、喧嘩もしなくなりました。」は素晴らしい出来事です。
救われましたね。

ご存知の通り、あなたの思い込みは成育歴から出来上がったものです。

人は欠点も長所もあります。
自分の好きなところも嫌いなところもありますね。

また、なんであの時、あんなことを云ったり、やったりしたんだろう?
あ~~~!やだやだ~~~!
と思う事もあるでしょう。

マモルさんは今すべての自分を否定、自己否定しているのですよね。
嫌で嫌で、しょうがない!

こちらが聴いていてもいたたまれない心地ですよ。

でも、マモルさん、
人は生まれた瞬間から幸せになるために
この世に生れ出てきました。

この経験、苦難や苦悩は人生のカリキュラムです。
その課題を乗り越えてこそ、人間性は高まり、
幸せ感じ上手になっていくのです。

「どうすれば過去の自分を捨てられるのでしょうか。」
これはいわゆる自分の過去を棚卸をして、断捨離する作業、
または、自分をしっかり見つめ、感じる作業であり、
そこから気づきがあるのです。

短所はひっくり返すと、長所になります。
過去のいやだなーと思う自身の言動は
「その時、その方法があなたにとって、
最高、最善は方法」だったんですよ。
その行為はあなたを守る最高の
方法だったのです。

潜在意識がそうさせたのです。


抜け出す方法としては
・内観エクササイズを受ける
・インナーチャイルドを癒し慰め成長させる
・行動療法を受ける
・心理療法を受ける。

などが有ります。
催眠療法で上記全てのセッションも可能です。

セルフはなかなか、うまくいきませんね。
プロの力をお借りしてください。
料金も負担のない形のものがあるはずです。

ここでは、カウンセラーの言葉だけで
あなたの潜在意識の置き換えは出来ません。

あなた自身がセッションを受け、感じ、気づき、学び、
潜在意識の置き換えが完了し、顕在意識も変化し
行動が変わります。

人はいつでもリセットが出来ます。

あなたに相応しいカウンセラーさんと出会うことを
願っていますね。



潜在意識のコンダクター さとう まみよ
心の癒しと気づきのスペース ハートフルライフ
http://www.shopnet.ne.jp/shop/heartful-lifu/






違反報告

2014年2月3日 08時53分


お礼コメント

お礼が遅くなりましてすみません。
「潜在意識の置き換え」というのが出来るようになりたいです。
ここでの回答で、インナーチャイルドの癒しというのを何人かの方が仰っていたので、その点に注目してカウンセラーを探してみたいと思います。
ありがとうございます。

2014年2月7日 18時54分

カウンセリングルーム・エンパシー

あなたは甘えているのではありません。大きな要因は、幼少期にあるようです。
夫婦喧嘩が頻繁な家庭の子どもは、「自分のせい」「自分が悪い」という気持ちになります。これが、罪悪感を抱く癖に繋がっています。対人関係が苦手なのは、幼児期の自分が未完了だからです。人見知りは、幼児期に現れますが、普通は大人に成長するにつれて解消されます。あなたの場合は、そこに意識を集中しすぎる。つまり、拘りと囚われが身体に異常をきたすのです。幼少期にあなたが決断したものを見つけて再体験し、それを解除した生き方を再決断することで、人生観は変わります。できるだけ、無料の幅を広げてサポートしますので、得意の遠慮や罪悪感は持たないで「mental@r-empathy.com」までご連絡ください。お待ちしております。

違反報告

2014年2月2日 07時31分


お礼コメント

ありがとうございます。
幼少期の経験が現在に繋がっているという事実を第三者の方に認めていただいただけでも少し気が楽になるような気がします。
HPなども拝見して、必要な時は連絡させていただきたいと思います。

2014年2月2日 10時51分

エンカウンターカフェ練馬店

エンカウンターカフェ練馬店の荒井です。拝見しました。
とても苦痛が伝わってきました。
自分で思っているほど弱くないと思いますよ。自分の事を飾らず、こんなに書けるなんて
私はすばらしいと思いますよ。
過去に囚われてるとの事ですが、過去を受け入れると言う事はとても簡単じゃありません。
辛いことは辛い。それをどこかに発散できれば幸いと思います。

違反報告

2014年2月1日 22時54分


お礼コメント

そういっていただけると安心します。
確かに、どこか思いを発散できる場所が必要かもしれません。
ありがとうございます。

2014年2月2日 10時46分

初めまして。

内容を拝見いたしました、悩んでいるのに頑張っていたのはとても疲れたことでしょう。

今の状況や状態は、頑張りが足りないこと関係ありませんから安心してください。


「過去にとらわれてはいけない」その通りでごもっともですが、それが出来たら苦労はしませんよね?

私自身も幼少の頃に母親からのいじめを受けていた経験があり、何度も謝ってくれました。

表向きは許しているふりをしていましたが、実際はそうではありませんでしたよ。

傷ついた心を許してなるものか、そんな簡単に許せる程度ではないと頑なに思っていた時期もありました。

対人恐怖症の原因に両親との関係が大いにあると思います。

両親からの絶対的な安心感や愛情があれば、他人の言動は見て見ぬふりが出来ますし、人前で上手く話せないことなども「これもあり」と捉えることもできます。

大人になって甘えることも必要です。

そうすることで、人の甘えを許す器が作れます。

「こうでなければならない」ということはありません。

本当はカウンセリングをお勧めしたいのですが、経済的なこともあると思います。

兄弟とは上手く話せるというのであれば、自分の気持ちや悩んでいることを話すことは出来ませんか?

人に話す効果は、「意外と人も色々気にしている」ということに気付き、一人ではない孤独感や焦燥感から解放されるきっかけにもなる可能性があります。

一つ提案ですが、両親に対して幼少の頃に思っていた感情や言いたかったことを書き出してみてください。

もし、両親に聞けることがあったら聞いてみることもいいと思います。
(出来ない場合、無理にする必要はありません)

貴方は貴方のペースで進めばいいんですよ。

違反報告

2014年2月1日 08時01分


お礼コメント

ありがとうございます。
謝られたものの、心のどこかで許せない部分はあります。
兄弟には中々悩みを打ち明けづらいので、悩みを話せる人は欲しいと思います。
ここに書き込ませてもらうこともカタルシスになっています。
余裕が出来たら専門のカウンセリングも受けてみたいです。

2014年2月1日 10時05分

マモルさん、初めまして心理カウンセラーの長野です。

ご相談内容を読ませていただきました。

マモルさんは高校生の頃から対人恐怖症を抱えておられ、
それをなんとか克服しようと一生懸命頑張ってこられたのですね。

また、そのような原因が、お育ちになられた家庭環境にあるということも、
お気づきになられいますね。

育った家庭環境や親との関係で何らかの心の傷(トラウマ)を抱えた大人の人は、
意外に多くおられます。

そのような家庭環境を専門用語では機能不全家族といいます。
機能不全家族は日本では80、90%はあるといわれています。

小さい時に親から受けた心の傷は、大人になってから本人に悪影響を与え、
生きにくさを抱えてしまいます。
マモルさんはその様な中でも、、「その日にあった良いことをノートに書きとめること」や「少しのことでも自分を褒める(電話に出ることが出来たなど)」ということをしてこられましたね。とてもお辛い中にありながらよく頑張ってこられましたね。

そして、ご両親は、マモルさんのリストカットや「死にたい」などと書いた手紙を見て、泣いて謝られたのですね。ご両親は変わられたが、マモルさんはその過去から抜け出せずにいる、というところをお読みしていて、マモルさんの心の傷の根本的な癒しが必要であると感じました。

癒しは専門家のサポートが必要になります。

しかし、諸事情もあるかと思いますので、マモルさんお一人できることを
少しお伝えさせていただきます。

それは、マモルさんがこれまでの対人関係で見せていた、
いろいろなマモルさんの部分を決して否定せず、嫌いにならず、
ありのままを認めてあげてください。

今日までマモルさんが生き延びてくるために、
一生懸命演じてきてくれた部分なのです。できるようでしたら、
演じてきてくれた部分の一人ひとりと対話してみてくださいね。
そして、もしその中に小さい傷ついた子ども(インナーチャイルド)がいたら、
その子どもの癒しを専門家のもとでおこなってくださいね。

心の傷の癒しは決して遅すぎるということはありません。

マモルさんがなりたい自分になる為には、心の重荷を手放すことなのです。

心の癒しがおこなわれ、すべての自分が統合された時、
本来のマモルさんらしい人生を歩むことができるのです。

心の準備ができた時に師があらわれるといわれます。

一度しかないマモルさんの貴重な人生の上に、限りない祝福が訪れますよう
お祈りしています。

少しでもお役に立てば幸いです。

違反報告

2014年2月1日 00時21分


お礼コメント

ありがとうございます。
自分を否定せず、認めるというのは中々難しいですが、少しずつ頑張りたいです。
あとはやはり、専門の方に相談するのが最善な気がしました。
インナーチャイルドについて知りたいと思ったので、カウンセリングなどを調べてみたいと思います。

2014年2月1日 10時00分

パニック障害、対人恐怖症など神経症専門137カウンセリング

こんばんは。

対人恐怖で大変苦しんでいるようで、心境察します。
私も学生時代を含め長年に渡り苦しんでおりました。
MARCH出身とは、もしかしたら私の後輩かもしれませんね。

どうすれば過去の自分を捨てられるかですが、端的に言えば、'今幸せ'と信じることです。

一般的に心理学では、過去と他人は変えられないと言います。
過去に起こった出来事は取り返しがつきません。

しかしながら、今が幸せと思えれば、過去は全て良い思い出に変わります。
例えどんなに嫌な体験であったとしてもです。

そして今幸せであるかどうかは、あなたの決定にかかっています。


過去の両親の言動を気にされているようですが、仮にそのような経験をしなかったとしても対人恐怖の症状を呈していた可能性が高いと思います。

対人恐怖の症状は先天的、後天的双方の要素が絡んで生じるものであり、後天的要素のみで生じることは考えにくいからです。

生まれ持った気質が影響しており、実はその気質は自分で好んで生まれてきたのですが、その話はカウンセリングや一般的な科学の域を超えてしまうため、ここでは敢えて言及しません。

何故対人恐怖が生じるのかと言えば、先天、後天双方の影響を受け'自分のことを高く評価して欲しい'という欲が強くなっているからです。

苦しんでいるときは、自分のことしか考えておらず、他人のことなど考えている余裕がないものです。

しかしながら、そんなときこそ他人の役に立つことを進んでやるべきです。
仕事は基本的に世に役立つものですから、例え症状があっても続けるべきです。

症状を気にしないようにしよう、などと考える必要はありません。
厳しいようですが、症状は自分の欲深さから生じていることを認識し、
症状がありながらも、仕事を続けることです。

そして、良かった出来事をノートに記していく習慣はいいアイデアだと感じます。
今幸せと思いやすくなるからです。そう思えれば、自ずと過去の出来事は嫌な思い出ではなくなります。

違反報告

2014年2月1日 00時00分


お礼コメント

ありがとうございます。
今幸せと思うことについて意識していきたいと思います。
プライドが高すぎる自己愛のようなものもあるかもしれません。
>症状がありながらも、仕事を続けることです。
とあり、自分もそうだと思いますが、仕事中に過呼吸などが起き、症状のせいで「あなたには向いてないね」とクビになったことがあるので中々難しい部分もあります。

2014年2月1日 09時55分

カウンセリングルーム心の窓

マモルさん

タイトルが「弱い自分を変えたい」とありました。対人恐怖に似た症状で悩んでいらっしゃるということでした。

まず、貴方の症状は、貴方が弱いから起きているのではないことをご確認ください。

貴方は、幼いころの少し誤ったご両親からの思いにいまだにとらわれて、事あるごとにそのことを潜在意識の中からわきださせて、様々な感情を起こしているにすぎません。

ご両親が、それに気づいて誤ってくれたということで、ご自身の中で何が起こっていたのかを、少しご理解いただいているようですが、いまだに解放されていないのだと思います。

少しずつ、貴方の潜在意識の中の思い込みが、誤ったことであることを確認していくことができれば、今の症状から解放されるのは、それほど難しいこととは思いません。

交流分析を身に付けたカウンセラーにご相談ください。

違反報告

2014年1月31日 16時27分


お礼コメント

思い込みから解放されるのは1人で悩んでいたのでは難しいのかもしれませんね。
交流分析というのは初めて聞きました。調べてみます。
ありがとうございました。

2014年2月1日 09時44分

澤田和彦カウンセリングルーム 丸和サワダ株式会社


 初めまして、心理支援士 心理カウンセラーの澤田と申します。

 文章だけの解釈になりますので、誤解や解釈に誤りがありましたら
申し訳ありません。

 マモルさん、幼少期の家庭環境の影響で対人恐怖症の症状が重く
なかなか脱出できないお悩みかと拝見させて頂きました。

 マモルさんの様に、幼少期の家庭環境の影響で何らかの症状が重く
発症しお悩みの方は少なくない現状です。

 マモルさんの場合は、家庭環境だと要因が判明していて・・・その実態を
親にも謝ってもらうところまで行かれたものの対人恐怖症から脱出できないと
解釈させて頂いておりましが

 やはり最善の手段としましては、専門のカウンセリングを受けられる事を
お薦めさせて頂きます。マモルさんの文章の中に

> 「こんなどうしようもない話を先生に聞いてもらって申し訳ない、
> なんて自分は嫌な人間なんだろう」と自己嫌悪になって、前より
> 落ち込んでしまいました。

 とありますが、カウンセラーはどの様な方であってもご相談者の味方です。
又どんな内容をお聴きしても、それを改善していくプロでございます。
 ですから、カウンセラーに全てを頼り切って頂くことをお薦めさせて
頂きます。

 もちろん、お財布との相談も出てくる現実もございますが
文章だけのアドバイスとは全く次元が違います。カウンセリング料を親に
甘えてみるのも改善の第一歩かも知れません。

 プロにお任せして、本物の脱出を試みてはいかがでしょうか!
ここで難問になって来ますのが、カウンセラーの選択方法なのですが
ネットなどホームページで特徴を確認され、メールなどで事前に
問い合わせをしてから選択されることも合わせてお薦めさせて頂きます。
宜しくお願い致します。

 心理支援士(有資格者) 心理カウンセラー
 取締役 澤田和彦のカウンセリングルーム
 丸和サワダ 株式会社

違反報告

2014年1月31日 15時50分


お礼コメント

ありがとうございます。
>カウンセラーはどの様な方であってもご相談者の味方です。
と言っていただき安心しました。以前は相談して更に落ち込んでしまったことや費用のことで途中で通院をやめてしまったので、それも良くなかったかと思います。
メール等で問い合わせしてみることも検討します。

2014年2月1日 09時41分

追加コメント

 マモルさん、コメントありがとうございます。
 少しでも、カウンセラーの特徴を理解して頂き
あり難い思いです。

 マモルさんご自身に取って、少しでも前進
出来ます様に心から応援させて頂きます。

2014年2月1日 11時46分

HISCO ピースマインドコンサルタント

マモルさん、
人前に対する恐怖を短時間で克服したいと思うなら、僕のセラピーを受けてみませんか?
勇気を振り絞りここにご自分の辛い現状を告白されと思います。僕のセラピーで、ほとんどの方がたった1日で人前の恐怖を克服しています。これからの人生の中でたった一日正確には僅か2時間ほどの時間を使って克服しましょう。

本気で克服したいとお考えならば
minmin@your-best-partner.jp
まで、ご連絡ください。セラピー料については、ご相談に応じます。
http://ameblo.jp/minmin-ybp/
にセラピーの内容なども投稿しています。
僕のセラピーは、電話やSkype・Lineを使って離れた場所でも可能です。
後は、マモルさんが決断して人生を変えるだけです。
「本気で人生を変えるセラピー」HISCO ITセラピスト 明民

違反報告

2014年1月31日 15時31分


お礼コメント

時間ごとにセラピー料も違うのですね。
検討します。ありがとうございました。

2014年2月1日 09時37分

追加コメント

提示している料金とお時間はあくまでも目安ですので、
minmin@your-best-partner.jp
まで、直接ご連絡いただければ。ご相談いただければ応じさせていただきます。

必要なのは、マモルさんが、今の現状を打破して本気で人生を変えたいかどうかだけです。

2014年2月2日 00時00分

郷家あかりカウンセリングルーム

マモルさん、はじめまして。郷家あかりと申します。

御相談文から、とても敏感で優しくて賢くて、そして深い傷が癒えていないのに、前を向き、変わろうと葛藤しているマモルさんという方の健気さが、痛いほど伝わってきました。

じつはこのところ、私は相談室で、マモルさんと同じような年頃で、マモルさんと同じような苦しみを抱え、他人と上手にコミュニケーションがとれないことや、仕事を続けられないこと、そしてそんな”弱い””甘えた”自分を変えたいのだけれどどうしたらよいかわからない…という方たちの御相談をいくつかお受けしています。

その方たちにまず理解してもらうことは、
・子ども時代に起きた出来事と大人になってからの人生は、つながっている、ということ
・親を責めるのは目的ではないけれど、親からされてしまったことの影響は、大人になってから身につける癖などとは比べものにならないくらい大きい、ということ
・子どもの頃に表現できなかったネガティブな感情(怖い、悲しい、寂しいなど)は、表現してあげない限り心の中に留まり続け(無くなることはなく)、健やかな生活、幸せな人生を送ることを強大な力で妨げる、ということ
なんですね。
これは、親を憎むべき、とか恨んで当然、という話ではなく、単に「原因と結果」です。

そこを理解できたら、古い傷を癒すことで、ご自分の人生を取り戻し、新たに生き始めることは、本当に可能です。
それが出来ずに、「親には感謝しかない」とか「昔のことに意味はない」「自分が弱くて甘えているのが悪い」ということにして、様々な精神論や心がけによって克己しようとしても、それは無理なんですね。
私も当事者として傷つきも癒しと回復も経験していますので、これは自信を持ってお話しできるのですが…。

マモルさんはいかがでしょうか。
「ご自分の中で怖がったまま蹲っている小さな子どものマモルちゃん」の存在……と言われて、受け入れられるでしょうか…
その子が癒されて元気になったら、大人の自分も変われるのだ、という話を、信じられるでしょうか…

もし、傷ついたインナーチャイルドの癒し、というものと、対人恐怖など、生きづらさを改善していくセラピーを、試してみようと思われたら、これは大きな効果を出すことができると思いますから、取り組んでみてはいかがでしょうか。

ご自分のことを、小さな頃のことまで丁寧にしっかりと見て受け止め、捨てるものは捨てた上で、それらを今のご自分に統合していく作業というのは、短時間で簡単にいくことではないかもしれません。マモルさんの場合は、身体症状にも出ていて重いですね。
それでも、この先の長い人生を考えたら、いっとき苦しいかもしれませんが、既に苦しいのですから、やってみる価値は大いにあるのではないかな…と思います。

もし検討してみるお気持ちになられたら、親身になって援助してくれる専門家を探してみてはいかがでしょう。一時的には伴走者がどうしても必要です。

費用のことなどご心配もおありでしょうから、気軽に…というわけにもいかないかもしれませんね。
でも私でよければ、お気軽にお問い合せください。
無料で回答を差し上げることなどは微塵も迷惑などと思いません。それどころか、少しでもお役に立てたら、すごく嬉しいですし、そういう若い方のお力になりたくて、私はここに居ます。
お役に立てそうでしたら、何もご心配せずに、いつでもご連絡ください。

違反報告

2014年1月31日 14時14分


お礼コメント

ありがとうございます。
具体的なお話をしていただいて、参考になりました。
20年あまり一人で悩みに悩んできて、それでも治らないので、やはりきちんと専門の方に相談したいという気持ちはあります。
短期でも仕事をして資金を貯め、相談できるところを探したいと思います。

2014年1月31日 14時28分

JHC認定カウンセラー 正統派スピリチュアルカウンセリング Charis(カリス)

マモルさま

はじめして、正統派スピリチュアルカウンセラーをしているCharis(カリス)と申します。

相談内容を拝見いたしました。

お辛い状況ですね。

身の回りで起こる事柄にはすべて意味があります。

多くの方は、ご自身の本質を知らなかったり、抱えている闇に気付かずに過ごしていたり、抑圧していたりします。

まずは、ご自身の本質を知り、あなたにあった生き方をに方向転換をすることが大切です。

カウンセリングでは、あなたの悩み事を「医療・心理療法・占い・霊感・霊能など」とは異な視点と方法で、あなたの本質(生きる意味・目的)を知り改善へと導きます。

あなたが本当の意味で健康で光り輝き、幸運な人生を送る為にサポートします。

ご興味がありましたらHPをご覧くださいね。
http://spiritual.tokyo.jp/

違反報告

2014年1月31日 14時01分


お礼コメント

ありがとうございます。
他の人と同じやり方では上手くいかないという思いがあるので、自分に合った生き方というのを見つけてみたいです。
金銭的に余裕が出来たら、カウンセリングも受けてみたいと思います。

2014年1月31日 14時22分

こんにちは。

マモルさま、はじめまして。
対人恐怖症で、今後の人生についての不安が大きく、自分を変えたいというお悩みですね。

以前、マモルさまとよく似たケースのかたのカウンセリングをした経験があります。
仕事についても長続きせず、職場の人から害されるという恐怖心でいっぱいになり、
いろいろなセラピーを受けていましたが、最終的にはわたしのところに来られました。


過去にとらわれてはいけないというのは違います。
過去はその人がどう感じ、それを行動してきたかを物語るものです。

今の自分は過去の選択の結果なのです。
ですから、そうではなくどういうことを考え、行動してきたか、どんなことを信じてきたか
を回想し、自己観照していくことが必要になります。

自分の信じ込んでいることが今のあなた自身です。

それを過去を忘れるというのは違うのです。
弱いのではありません。
過度に自分を守ろうとする行為です。

ですから、自分を弱気人と思わないでください。
自分を大切にしてください。
それが人生を変化させるひとつのキーワードです。

よろしければ、お力になれるかもしれません。
もしご縁がございましたら、お問い合わせください。


違反報告

2014年1月31日 13時59分


お礼コメント

ありがとうございます。
私は劣等感が強くて「自分に価値がない」という思いにとらわれるので、まずは自分を大切にすることが必要なのかもしれません。
自分の意思だけでは吐き気など抑えられないのでカウンセリングを受けるのも方法の一つですね。

2014年1月31日 14時08分

オフィスオオヤマ

マモルさん

初めまして!
カウンセラーの大山智之でございます。

そうですね。

マモルさん
あなたはあなたのままでいい!

今までよくがんばってきました。
がんばることをやめていいんです。

今あるものに感謝して
過去も受け入れる

「生きていく上で働くのは避けられないことだと思います。」
という思い込みもやめる

対人恐怖を持ちながら
成功している人なんかいっぱいいます
芸能人なんかもそんな人多いんですよ!

自分のできないに
理由をつけることを
まずやめてみる

今の自分を受け入れ
そして今に感謝する

時に流されないで
今を実感する

できないことは無理してやらない
やりたいことをやっていいと
自分を許してあげると決める!

やりたいことなんか無いと思うかもしれません
そんなことだけでは生きていけないと思うかもしれません

であれば
できるようになるまでしなくていいんです

人は本当に困らなければ
考えないし動けないものです

ご両親が健在のうちは
見つけられないかもしれませんね

一番の都合の良い言い訳に
ご両親を利用しているのではないですか?

まだ24歳
年齢は関係ないですが・・・

人はいつからでもなんでもできます
マルチであることを信じてください。

対人恐怖

いいんじゃないですか?
それを個性と受け入れてみませんか?
その個性で勝負してる人を見つけて会ってみませんか?
会うのに抵抗があればメールでも良いと思います

マモルさんがそのままでいいと本気で思えた時
その時に何かが変わったと感じるはずです。

違反報告

2014年1月31日 13時53分


お礼コメント

ありがとうございます。
>一番の都合の良い言い訳に
>ご両親を利用しているのではないですか?
ごもっともだと思います。完全に甘えている自覚があり、そんな自分が大嫌いなんです。
出来ないことを出来ないままにしておくと現状で生き辛いと感じるのでバランスが難しいです。自分は自分として焦るのを辞められれば吐き気などの症状も軽くなるのかもしれませんね。

2014年1月31日 14時13分