教えて掲示板の質問

「孤独感がきえません」に関する質問

  • 受付終了

Jさん

こんにちは。

高校1年生のJと申します。

生まれて意識がつく前に親が離婚をし小学校低学年までを祖父母の家で母と暮らしていました。
母は忙しく、朝から夜中まで働いていました。
夜の仕事に祖母と車で送って行くのがほんとうにつらかったです。
夜もなかなか一緒に寝れないのでほんとうにさみしかったのを覚えています。
私たち親子はいつも立場が逆転しているようだと言われました。
ほんとに心だけ若いというか頼りないというか、私がしっかりしてるね。とよく言われました。
しっかりしてるんぢゃなくてしなくちゃいけない環境だったんです。

小学校3年生の時に新しいお父さんがきました。
すごくいい人という印象でした。
小学校4年生の時に弟が生まれました。
それから約2年で離婚してしまいました。

母には今新しい彼氏がいます。
そのことは全然構わないんです。母だって女ですから恋愛をするのは当たり前だと思っていますし、幸せになってほしいです。
ですが私は寂しがり屋なのか私は母が働いていない今でもさみしいと思ってしまいます。
よるごはんも1人が多くさみしいです。
恋愛などでも傷をおっていてほんとうに孤独感につつまれています。

友達にもかぞくにも相談するようなタイプではないのでいつも1人で抱え込んでしまいます。
そして1人で抱え込んでることにまた孤独感を感じます。

過去を忘れたいです。

違反報告

2014年1月4日 00時11分

教えて掲示板の回答

ELDヒプノセラピーカウンセリングルームの尾玉と申します。

ELDヒプノセラピーカウンセリングルームは大阪府を中心として、来訪可能な方の相談を主に受付ているヒプノセラピー(催眠療法)のカウンセリングルームです。

よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------
文章を拝見させていただきました。

お母様一人で、あなたを育てるために、一生懸命にお母様は働かれていたのでしょうね。

そのけっか、あなたは祖父母に育てられ、母親から十分な愛情を貰っていないと感じるようになってしまったと推測します。

誰も幼少期にある子供を自分の近くから離したい親などいません。
しかし、生活をするにはお金は絶対の必需品です。小さなあなたを育てるためには、仕事をしてお金を・給料をもらわなくてはいけなかった事情は今では理解できますよね。

確かにあなたは「寂しかった」「不安だった」「温もりがほしかった」「愛がほしかった」でしょう。その寂しさが今でも想起されているのでしょう。

あなたは母子家庭で、複雑な経路の人生を歩んだから「寂しい」と自分だけ感じていると感じられているのかもしれません。

それは誤解です。
人は皆、全員が「寂しい」のです。
人は皆、全員が「孤独」と感じているのです。
「寂しさ」「孤独」を持っていない人などいません。

人はそれぞれに違う環境・違う時代で生き、違う経験を生き、違う人格・違う世界観・違う人生観で生きています。

似ている境遇や感性だなと思っている人達でさえ、全てが分かりあえるような距離にはいません。心の距離は遠く離れているものです。

ですから、あなたの人生を救えるのはあなた自身の他にはいません。

あなたがあなたの人生の中心であり、あなたの人生の主人公なんです。

まずは、あなたがこれからどんな将来・未来へ、どんな自分らしい幸福へ進みたいのか決めましょう。この目標については常に毎日忘れずに1点集中しましょう。

そして、目標に向かって、ゆっくりと丁寧に確実に大切に大事に思考し、行動しましょう。

失敗することもあるでしょう。失敗しても凹まず、歪まず、また明日は失敗を訂正して成功すればいい位の気軽さで前向きに成功していきましょう。

「寂しさ」があるから友人を作るんです。
「不安」だから平安・安息を望むんです。
「寂しさ」「不安」を嫌う必要はありません。みんな持っているものです。

「寂しさ」「不安」「失敗」を知って、乗り越えられた人は必ず「優しく」素敵な人になれます。

あなたは既に知っています。後は乗り越えるだけ。乗り越えれば強くなれます。

乗り越えるための秘訣は、常に前向きでいること。過去は過ぎ去らせること。過去とは「さよなら」すること。過去は水に流すこと。難しいかもしれないけれど。

過去のトラウマを薄くしたいのであれば、ヒプノセラピーなどの手法もあります。

ELDヒプノセラピーカウンセリングルームで改善に向けて、将来・未来を良い方向へ指針を変更させるお手伝いをすることは十分可能と推測いたします。

-------------------------------------------------------------------
※ELDヒプノセラピーカウンセリングルームは大阪市平野区にございます。

ELDヒプノセラピーカウンセリングルームに興味があり、来訪してもいいと思われた方であれば、ヒプノセラピーでのカウンセリングについて、相談を受け付けいたします。

※現在・過去に統合失調症・パーソナリティ障害などの診断を受けて居られている方については、総合病院・大学病院などの大きい病院の精神科への受診を推奨いたします。

※遠方の方は、その地方にプロの先生方々が居られますので、その先生方々に、ご相談していただきますよう、お願いいたします。

それでは失礼いたします。
-------------------------------------------------------------------

違反報告

2014年1月13日 01時42分


お礼コメント

長文ありがとうございます。

カウンセリングを受けたいと思います。

2014年1月14日 17時07分

RM心&体

RM心&体メンタルコーチング
浦山シルビアです。

自分はどうしたいですか?

違反報告

2014年1月13日 01時05分


お礼コメント

過去を忘れたいです。

2014年1月14日 17時05分

Jさん、はじめまして。

カウンセラーの内野有梨と申します。

よろしくお願い致します。





産まれてまだ意識がつく前から

ずっと寂しい思いを抱えて過ごされてきたんですね。

一番甘えたい時期にお母様がそばにいなかったのですね。

夜、なかなか一緒に寝れないときや、夜のお仕事にお母様を送って行くときのお気持ちは、

まだ幼いJさんにとってどれだけ辛くて寂しいお気持ちだったことでしょう。




お母様も朝から夜中まで一生懸命働いてくれたのですよね。

生活するために、Jさんのことを思いながらも必死で頑張っていらっしゃったのだと思います。

お母様もわが子のそばにいてあげられなくて、辛くて寂しかったのではないでしょうか。





Jさんも無意識のうちにお母様を守らなきゃ、自分がしっかりしなきゃ、

迷惑かけちゃいけないって頑張ってこられたのではないですか?

そういう環境だったんですよね。

よくひとりで頑張ってきましたね。





Jさんは、とてもお優しい方なんですね。

お母様の幸せをいつも願っているのですね。

いつも孤独感に包まれているのは、幼いときからずっと寂しい思いを

してきたことがトラウマになっているのだと思います。





夕食も1人が多く寂しい思いをしてるんですね。

それは、お母様が新しい彼氏のところに行ってしまっているときですか?

また、ムリをしていませんか?

頑張ろうとしていませんか?

お母様の幸せを願っている反面、お母様がそばにいないと

心が幼いときに味わった寂しくて辛い気持ちを思い出してしまうんですよね。




もう、なんでもひとりで頑張ろうとしたり、解決しようとしなくていいんですよ。

お母様の幸せを願うJさんは、とてもステキです。

でもね、これからはJさん自身がもっと幸せになりましょう。





思い切って、お友達やご家族に話してもいいんですよ。

話してみて、他人の意見で新しい発見が得たり、少し気持ちを話すだけで

落ち着くこともあります。





今は、恋愛がうまくいってないようですが、これからたくさんの出会いが待っています。

Jさんにたくさんの大きな愛情で包んでくれるような人に早く出会えること、私は祈っています。





カウンセラー 内野 有梨

違反報告

2014年1月11日 11時32分


お礼コメント

長文ありがとうございます。

無理している部分があるのは自分でもわかっています。
ですが家族にも友人にも話せません。

2014年1月14日 17時04分

RM心&体

RM心&体 メンタルコーチング浦山シルビアです。

Jさんへ。
生まれて意識がつく前に親が離婚してるが、母はかなり覚悟をしていると思います。
離婚してどうやって子供を育てるのはすごく苦労しています。ですがJさんも
我慢強い心になっているかもしれません。
Jさんに寂しい思いをさせているのは母は同じ気持ちですよ。

自分が愛して生まれた子供に寂しい思いをさせたくないのは母のいつも
誰も持っている気持ちですよ。

その気持ちが孤独感にいつか変わってしまったのですね、
今の孤独感をJさんの力に変わる時がきっと来るです。

一度その気持ちを心から母に話してみてください、きっと答えてくれるはずです。
話し時間がないならば手紙を書いてくださいそしてその手紙は母が
目の届く所においてください。
母が時間あるときにきっと読んでくれますよ。

違反報告

2014年1月9日 23時46分


お礼コメント

母に話す…どうしても勇気が出ません。

2014年1月11日 02時23分

メンタルリセットコーチングのMCSJ


Jさん今晩は、MCSJの横田と申します。

「寂しかったよね、何時も一人で」
「もっと甘えたかったよね」
「何時も一人でご飯食べて」
「何時も一人で寝て」
「悲しかったね」

そして「寂しい」と言うとお母さんに心配させるから
我慢したんだよね。

お母さんに迷惑をかけたくなくて「良い子」でいようと
一生懸命に頑張ったよね。

Jさんとお母さんの生活の為にお母さんも一生懸命だと
解っていたから我慢してたんだよね。

Jさんはとても優しくて、本当の強さを持った素敵な女性
だと私は思います。

あなたがお母さんの幸せを願うように。
お母さんもあなたの幸せを願っていると思います。

だから「寂しい」時は「寂しい」と伝えよう。
お母さんに言えない時は誰かに聞いてもらおう。

聴いて貰えない時は、ここでもいいし
カウンセリングの先生でもいいし

市の施設のカウンセラーの先生でもいいし
学校の先生でもいいし

一人で孤独で抱え込まないで
誰かに頼っていいんだよ

一人は寂しすぎるでしょ
私たちもいるから
一人で抱えないでね

違反報告

2014年1月9日 21時32分


お礼コメント

ありがとうございます。
涙が止まらない…。

聞いてもらう…難しい事ですね。
でもこのままじゃだめだからここに書いたんです。
頑張ります。

2014年1月11日 02時22分

憂うつの癒し屋

Jさんの孤独感は私の経験してきた孤独感と共通点が多いのかもしれません。
私は、養子としてこの地に連れて来られ、1番きつかったのは、「養父母がほとんど読み書きが出来ない、養母に関してはお金の管理も出来ない」ということでした。
そう、Jさんと同じように、しっかりしているわけじゃなく、自分がしっかりとしなければ、この家がもたなかったのです。
小学生から、公的な文章は自分が判断し、提出して親には事後報告の毎日でした。
ですから、とにかく勉強が1番で友達の誘いを断り続けた結果、私には友達が一人もできませんでした~寂しかったです~両親を恨みました。
それが主な原因で、何回も入院していました。
しかし、50代を迎えた現在は、もしかしたらこれまでの経験は大いなるものの仕組んだプログラムだったのでは?と思うことがよくあります。
Jさんは、過去を忘れることによって孤独感を和らげようと言うのですね。
んんんんんんんんん・・・・・・・・・
私の経から言うと、過去のことは時間が経てば思い出しにくくはなりますが、厄介なのは、人生で、ここ1番という時に心の奥底から沸き上がるものなのです。
そして、自分から孤独(孤立)になる方法を無意識に選択してしまうのです。
ではどうすればいいのか。
ほとんど成功するであろう小さな成功体験を積み上げて~成功したら“童心に戻ったようにはしゃぐ”のです。
それが、次のワンランク上の成功体験に挑戦する原動力となります。
それらの繰り返しの段階で、何か「夢~段階的に頑張れば出来るかもしれない目標」を持つことがポイントだと思います。
それには夢が、あたかも叶ったかのような「自分像」を強くイメージすることが必要ですから、孤独で辛かった過去の自分の経験がJさんだけが持つ財産になるのです。
その時にはじめて過去を忘れるのではなく、過去をバネにすることで、
「孤独」=「つらい」という心の流れを止めることが出来るのです。
こうなれば、もう、ここ1番という時に「孤独感(孤立感)」は姿を表さなくなります。
もちろんこれは、「傾聴カウンセリング」→「トラウマの治療カウンセリング」を否定するものではなく、「過去を忘れる=過去と向き合う仕組み」ですので、頭の片隅に大切にしまっておいてください。
時間とお金をかければ短期間(一年程度が目安)で、この「過去を忘れる仕組み」やその他の手法を使って、カウンセラーとの共同作業で「孤独」=「つらい」という流れを止めることは可能だと思います。
可能だと思います~と言うのは、実は大切なのは、担当のカウンセラーとの相性なのです。
いくら、優れたカウンセラーでも「相性~生理的なリズムなど」が合わなければ元の木阿弥なのです。
最初の2~3回で、相性が合わないなぁ~と感じたら、その旨を担当のカウンセラーさんに言って状態が変わなければ、思い切ってカウンセラーさんを変える勇気が必要です。
このサイトでも通える範囲のカウンセラーさんが見つかるといいのですが、まずは
Jさんが暮らしている自治体の保健所に相談してみてください。
このサイトで探すとなれば、最低でも電話応対のカウンセラーさんにしてください。
私のHP:http://sinrigaku.com
では、傾聴、トラウマの治療法その他Jさんのほしい情報がある程度要約して掲載していますので、軽く一読してみてください。

違反報告

2014年1月9日 18時07分


お礼コメント

長文ありがとうございます。

やはりカウンセリングを受けた方がよいのでしょうか。

2014年1月11日 02時20分

カウンセリングルーム エンサイコ

エンサイコの佐藤と申します。

Jさんこんにちは!

幼いころより逆境の中での生活は、さぞかし大変であったと

思います。Jさんの文章からの印象は、とてもしっかりとした性格と

考え方を持っていて、思わず“頑張れ”と応援してやりたくなります。

今こそ自分の将来のために頑張る時です。大きな目標を掲げる必要

はないですから、小さな具体的な目標を掲げて確実にやり遂げて

下さい。できれば学校の部活などに参加して心身共に鍛えてみませんか?

また、小説でもノンフィクションでも良いですから沢山、本を読んで下さい。

人生の基盤を築くには今がチャンスです。今の逆境はJさんにとっては

最高のチャンスですよ!何にでも思いっきり本気になって挑戦してください。

きっと二十歳を過ぎる頃までには、物凄い自信がつき大きく成長しますよ。

逆境こそ宝物ですよ。頑張ってください。

違反報告

2014年1月9日 17時08分


お礼コメント

こんにちは
ありがとうございます。
泣けてきました…。

2014年1月9日 17時22分

メンタルソリューションevorevo/Talizman

ご存知とは思いますがアダルトチルドレンの域だと思います。
このままではご自分の幸せを壊してしまいます。
先に絶望しかないと思ってしまうかもしれません。
早く心理療法をお受けになってください。
基本的には催眠療法が良いと思います。
落ち着いたら認知療法でしょう。

わからないことがあればお尋ねください。
a.healing.a@gmail.com

違反報告

2014年1月9日 17時04分


お礼コメント

やはりそうですか。
ありがとうございます。

2014年1月9日 17時21分

旭カウンセリングルーム

もう過去の問題ですから「孤独感」を感じる必要は無いのですが、性格的に友人関係を広く持つのが苦手なのかな?高校1年生ですから「部活」に入って体を動かすことも大切です。その中で新しい友人が出来るかも。お母さんも生活するには仕事に専念しないといけないでしょう。「自分は自分の道を開く」考えを持って自信を身に付けて下さい。大丈夫ですよ。

違反報告

2014年1月9日 14時05分


お礼コメント

同じ年くらいの人はみんな子供に見えてしまって心の中で馬鹿にしているんだと思います。
だから孤独なんだとおもいます。
私が子供ですよね。笑
ありがとうございます。

2014年1月9日 17時16分