教えて掲示板の質問

「家庭が崩壊寸前と自分の生き方が解らない」に関する質問

  • 受付終了

イブさん

どういう風に表現したらいいのか凄くモヤモヤして上手く言えるか自信なくて解りづらかったら すみません。

正直 家庭がバラバラになりはじめたのは今に始まった事ではありません。
自分が小学生くらいからだったと思います 当時 高校生だった兄が原因は知らないですが引きこもりになって家族を支配するかの様な無茶苦茶な行動ばかり起こして怪しげな電話にかけまくって数十万とか友達を呼び出しては大騒ぎしたり暴れまわったり物を壊しまくったり自分も姉もその被害に遭いました(現在 姉は数年前に上手いこと逃げて彼氏の所に居るようです)いわいる家庭内暴力です。
その時 親は父親は仕事に逃げて家庭を省みず特に私に対しては激しく冷たくあたり 母親は兄を庇ってばかりいて そういう風にされるのが悪いと助けてくれた事は1度もありません その暴力は私が成人するまで続きました 外にでる時 痣や腫れた顔で出たことも数知れません 逃げた姉はそんな何年も被害を受けなかったと思います。
多分 それがたたって私は高校時代 精神的な病気になって1年近く治療してましたが金の無駄だと切り捨てられ自宅にもいつまでも引きこもってるなということで高校も病院も病めざるを得なくなって仕方なくアルバイトをする日々が始まりましたが上手くはいかず あちこち転々とする事が多かったです。(高校時代も病気になる前に多少バイトはしてましたが)
自信もなくして人も信じられなくて自暴自棄になって結局後戻りする結果になりました 2度目の精神的疾患です。
でもその頃と重なる様に母親が倒れて介護が必要になり家には男しか居ない家庭になって益々 兄が暴走するようになりました 制約ばかりし傍若無人な事ばかりしてます。
私自身は耐えきれなくて姉とも音信不通でもうダメだと思って薬を大量に飲んだりリストカットを何度も繰り返したりしたことがあります、薬を飲んだ時は思い切り放置され気づいてもらえませんでした…。
いまもあまり病気は良くはなってなく殆ど生活のことで出来る事が少ないです。
でも家族が助けてくれるわけがなく頼れる人も居なく危機感を感じて何とかしないといけないと これでもかと あちこちに相談を持ちかけました ネットで調べた相談所にも話しました はてやカウンセラーにも頼ったこともあります。
でも回答を貰えなかったり証拠がないととか家庭には許可なく踏み込むことは禁止されてるとか事務的な回答ばかり返されたり誰も親身に耳を傾けてくれる人は誰一人も居ませんでした。
もう絶望で悲しくて悔しくて気が狂いそうで毎日 毎日怖いし孤独なんだという現状がまざまざ感じずはいられません。
こんな現実になるなら何故死なしてくれなかったんだとも思いました。
もう自分はダメです… 生きてるのが嫌です。
何処からも見捨てられて価値なんてないです。

違反報告

2013年11月10日 19時52分

教えて掲示板の回答

カウンセリングルーム ルミエール

カウンセリングルーム ルミエールの岩附です。
大変な中生きておられますね。
人を変えることはとてもむずかしいので、まず、家から出られる可能性を探した方が良いと思います。
福祉事務所に行って、家を出て安いアパートが借りられる可能性とか、どのような条件なら生活保護が受けられるか?とか相談した方が良いと思います。
暴力があるのでしたら、男女共同参画のDVの相談室に相談したら,DV(夫婦間の)でなくても、
とりあえず、シェルターを利用することはできるのではないでしょうか?
苦しいことを誰かに語ること、心との癒しも必要ですが、安全の場を確保することがまず、必要です。
本をご紹介します。
「機能不全家族」  西尾和美 著  講談社

違反報告

2013年11月20日 09時16分


こころのオアシス・みちしるべ

とても、辛く苦しい日々を過ごされておられていますね。頼みのお父様も仕事を理由にされておられたとの事であなたや、お姉さんはこんな生活がいつまで続くか先の見えないトンネルに入っているようなものだったでしょうね。精神的の追い込まれて大量に薬を飲まれたり、リストカットまでされたあなたの辛さは、本当によくわかります。ご家族も自分を守るのに精いっぱいだったと思います。色々な要因があなたを苦しめたことでしょう。お兄さんの引きこもりになった原因は心当たりは無いとの事で、ますます困惑されたことでしょう。その上、お母様が倒れて介護が必要となり益々辛い状態になっておられますね。お兄さんの言動やお母様の介護はたとえ、お姉さんが居ても、経済的、精神的に家族で解決するのは難しいと思われます。まずお兄さんのひきこもりについてはご家族と一緒に暮らすことが本人の環境に良くないと思われます。もう1度専門機関に、相談してみることを考えてみてはいかかでしょうが?お兄さんのの環境を変える事があなたの精神的負担を軽くしてくれるのではないでしょうか。心配なのは、あなたの心が疲れ切っていることです。あなたは辛く苦しい状態で自分が見えなくなっていると思われます。自分をもっと大切にして下さい。あなたは十分過ぎるぐらいに家族の為に行動されたのですから。

違反報告

2013年11月16日 23時18分


サニー

イヴさん
朝賀ともうします。
本当に大変だったことと思います。
自立できませんか? アルバイト程度でうまくいっていないような雰囲気を感じています。
役所やどこかに相談窓口はないでしょうか?自活できることが良いのですが 子供のころからこのような状態では 世の中にでて対応していくことも難しいのかとおもいます。 
もっと 小さな時であれば ご家族からの虐待を受けているので保護を受けることが可能であったかと思いまが、その頃は そういう知恵がまだ情報としてなかったかと思います。

どこか 安全な場所をみつけられるといいと思います。

そして 自活できるくらい頑張れると先に進めるのですが・・・・。

また 実のお姉さんとは 縁が切れているかのように拝見させていただきましたが もういちど 助けていただけるように 身柄を保護していただいて イヴさんにできることで お姉さんのお手伝いをしながら アルバイトをされたらどうでしょう?

お母様のことも 本当に心配かと思います。
入院はされていますか?入院されて治療を行けることからだと思います。お母様のこともご心配でしょうが ご自分の身をよせるところ。お爺さんやおばあさんはいませんか?

そして お父様が逃げないでなんとかしていこうと思わなければなりません。

家族がいなくなるともう少し考えてくれるでしょうか?ご両親が自分を振り返る必要があるのです。

お父様がお金を使ってでもどうにかしていこうとすることが必要なのですが。

イヴさんは 自分の身を寄せる安全な場所で すこしでも 自分を整えていくことを考えてみたらいかがでしょうか?

違反報告

2013年11月15日 18時36分


郷家あかりカウンセリングルーム

イブさん、はじめまして。郷家あかりと申します。
文面から、イブさんのこれまでを想像し、本当に胸が痛みました。そして、これまでに何度も失望されたかとは思いますが、それでもこうして御相談文を投稿なさって何か掴もうとされている行動に、私たちカウンセラーは、なんとか応えなくては、と思いました。

上の文章からだと詳しいご家族の状況は判りませんし、現実には何をするにも経済的なことも絡みますから、アドバイスは難しいのですが、まず、理解して忘れずにいていただきたいのは、イブさんの生まれ育ったおうちは、「生まれて来た赤ちゃんが祝福され無条件に愛され守られて健やかに育つ」ための機能を具えた環境でなかった、ということです。お父様、お母様も、もうけた我が子を健康で幸せな人間として育て上げる、という資質・力が、何らかの事情で、持てなかった方たちなのでしょう。

イブさん、引きこもり暴れていたというお兄様、逃げて音信不通というお姉様、みんな、そういう意味では被害者です。それぞれのやり方で闘ったのでしょう。何の責任もありません。何も悪くない、ということです。
それから、そのような幸せとはいえない家庭で育ち、ご自分の生に対して何の希望も見いだせないような状況にあったとしても、それでも人は、そこから抜け出して自分を大切に扱われ、変化・成長して幸せを味わう力を、必ず持っているのだと思います。

ですからまず、ご家族の人生に責任を持とうとしないこと、罪悪感を抱く必要は全くない、ということ、ご自分の人生にだけ責任を持って、少しずつ、今いらっしゃる困難な状況から抜け出すことを、考えましょう。

金銭的な事情などわかりませんが、理想を言えば、今はご家族とは別居することが望ましいと思いますが、難しいでしょうか…? 無理だとしたら、せめて、心理的・精神的には負担を掛けられないように、気持ちの上で、しっかりとご家族との間に「境界」を作ってみてください。お父様、お母様、お兄様…、ご家族それぞれの持つ「人生の課題」を、イブさんが代わりに引き受けることはないのです。これまで十分すぎるくらい、被ってこられたことと思いますし。

なんとか、ご自分の人生の始まったところからこれまでの物語を、丁寧に誰かに受け止めてもらい、体と心を休め、癒されて、元気を蓄えるところまでたどり着いていただきたいと思います。
孤独は何よりつらいことでしょう。でも、たとえばこのような形でも、発信すれば必ず、誰かが役に立ちたい、助けたいと思って応えてくれるはずです。

諦めずに、この試練を乗り越えて、そして生まれ変わったように人生を生き直してください。
きっと後になれば、そんな試練のあった「意味」に納得し、ご自身の「価値」にも気づいて、人生経験の豊富な、人の心の痛みの解る素敵な人になっていると、信じます。

そのためにもどうか、人を求めること、人と繋がることを、諦めないでくださいね。応援しています!

違反報告

2013年11月15日 17時19分


憂うつの癒し屋

そうですか~
辛いね・・・・・
世の中、理不尽だと思ってしまうよね・・・・・・
お兄様が荒れた時、お母様の行動は少しは理解できますが、お父様のイブさんに対する対応が理解に苦しみます。
お父様は、お兄様のことは母親に任せて逃げていて、お姉様も離れて避難したわけですよよね。
>特に私に対しては激しく冷たくあたり
このことは、お兄様のことはご自分でもどうにもならないので、その反動ではないかと思われます。
高校生の時に、心の病にかかっていますよね~当然だと思いますが~お金がもったいない・・・んんんん・・・・・ですね。
>仕方なくアルバイトをする日々が始まりましたが上手くはいかず、・・・自信もなくして人も信じられなくて自暴自棄になって結局後戻りする結果になりました。
2度目の精神的疾患です
ということは、前の精神疾患はどうなったのでしょうか?
文章を読む限り、完治はしていない感じがしますが・・・・
薬の大量服薬では、かなりの症状が出たはずです~~放置され、気づいてももらえなかったのですね・・・・
悲しいですね・・・・・・
私もリストカットした時、父親が笑っていました~悲しかったのを覚えています。
どのぐらいの規模の都市なのかわかりませんが、保健所さんなどは一度訪ねておいたほうがいいと思います。
とても難しいと思いますが、今まで生きてきた中でプラスの要素もあったと思うのです。
それを常に思い出せるように“アンカーリング”しておいて、詳細は私のホームページ
http://sinrigaku.com
の「トピックス・リスト」→「トラウマの治療法」→「アンカーリング」を参照してください。
>もう絶望で悲しくて悔しくて気が狂いそうで毎日 毎日怖いし孤独なんだという現状がまざまざ感じずはいられません。
こんな現実になるなら何故死なしてくれなかったんだとも思いました。
私も同じ気持で10年以上ありつづけけていましたから、少しは実体験として理解できます。
私の場合、解放されるまで20年以上かかったと思います。
止まない雨はありません!
2つのことを提示させていただきます。
1つ目は必ずセットで認識してほしいことです。
A:試練はそれに耐えうる人が成長するための大いなる存在からのメッセージ
B:その解決方法は、思いもかけぬ時に、思いもかけぬ方法で必ずやってくる
AとBは必ずセットで認識してください。
2つ目は、10代前でも約1000人以上のご先祖様のうち一人でも欠けていたら、イブさんはこの世には存在すらしていなく、また生き様=死に様であり、今があまりにも辛かったら病院に保護入院という形で(生命の危険があると判断された場合の強制入院)の逃げ場があるということです。
生き様=死に様と言うのは、その人がどう生きたたかが、その人がどのような人だったかと“=”になるという意味です。
私としては、任意でも、措置でも入院をお勧めします。
そこにいては、環境を変えられず、入院することによって入院者からのナマの声が聞けるはずです。
お金に関しては、病院側と相談(ケースワーカー)すれば道は開けてくるはずです。

違反報告

2013年11月15日 17時15分


NPO法人 自殺・いじめ・ゼロ

イブさん、はじめまして。
メンタルサポートライフ研究所の日戸(ひのと)です。

イブさんが、小学生くらいの頃からお兄さんの引きこもりが始まり、
家庭内もバラバラになり始めたと言うことですね。

お父様は、そんな家庭から仕事に逃げ、
お母様はお兄さんの言いなりになっている。

そんな空間の中、
イブさんが自分自身の生き方を見つけるのは、
難しいですよね。

お兄さんから虐待を受けていますし、
ご両親からの虐待も受けています。

ご両親からの虐待と言うのは、
イブさんを守らずに、
ご両親自身が自分たちのことを守っている、
という状態のことになります。

イブさんは、毎日、絶望感があり、悲しく、悔しく、
気が狂いそうな時間を過ごされている。

「もう自分はダメ、生きてるのが嫌」と思うのはしょうがないです。

自分の存在価値を感じられない苦しさ、
誰もがイブさんのように考えてしまいますよ。

そんな状況にありますが、
自分自身を見捨てないでください。

イブさんがこれから、
「自分の生き方を見つける」ための方法はあります。

はじめに、お兄さんから“自分を守れる空間”を作って下さい。

自宅や屋外に、それぞれに作るようにしてほしいです。

そんな空間から作られる時間の中にいることから
“イブさんの生き方”が見つかるようになります。

図書館、市民センターなどの空間で安心できる時間を
少しずつ過ごす習慣を見につけられるようおススメします。

イブさん自身が
屋外に出にくいとか、外出が怖いという気持ちのないときに
空間探し、空間保持、安心時間と過ごしながら、
現在の環境を考えずに、
「自分は何をしたいのかな?」
「昔は、何に憧れていたのかな?」と
考えることからはじめてみてください。

違反報告

2013年11月15日 17時09分


カウンセリングルーム心の窓

イブさん

家族の問題を幼い身で一身に受けそのことで自分でコントロールできないほどに心が壊れてしまったのですね。

相談所やカウンセラーに相談しても解決の糸口が見つからないままに時間だけが過ぎてしまい貴方一人が苦しみの中に取り残されてしまったということだと思います。本当に一人の大人として、またカウンセラーとしてこの無責任な対応に何と謝っていいかわかりません。
薬を大量に飲んだり、自分を傷つけたり、これだけ救ってほしいというサインを出しているあなたをどうして周りの大人たちはほったらかしにしているのでしょうか。所詮もうけにならない苦労をしょい込むのが面倒という人間が静岡の役所やカウンセラーに多いということなんでしょうか。できないことを並べるのではなくなぜ命の危機に直面している人間に、できることからでも手を差し伸べようとしないのでしょうか。

正直、どうすればいいかと言われると手をつける場所に迷ってしまいますが、あなたの悩みの原因は、この家族に巣食っている目に見えないコミュニケーションの方法の誤りと、構造のおかしなところだと思います。そして大きな原因は、お父様を中心としたこの家に代々伝わってきた誤った思い込みに根ざすしきたりのようなものだと思います。

離れた千葉から手を貸すのは難しいですが、お住まいがどちらかわかりませんが、静岡大学の心理学教室の田辺 肇さんか江口 昌克さんに連絡を取り、相談をしてみてください。

もし20歳を過ぎていらして自立することができるのであれば家族をいったん離れるということも考えたほうがいいかもしれません。

違反報告

2013年11月15日 15時48分


こころの相談室 おうみ

イブさん、こんにちは。小倉と申します。

それは苦しい状態ですね。
どうして良いのかわからない、
私にもわかりません。

費用的にどうかわかりませんが、
お母様には入院していただく方が良いと思います。

イブさんご自身も病院で治療をお受けになる方が良いと感じます。
きちんと継続的に治療しないと効果がありません。
すぐに諦めたりしてはいけません。

このサイトもカウンセラーの集まりなのですが、
カウンセラーにまだなにか期待されていますか?
もしそうであれば、お話を伺ってお力になることはできると思います。

なお、家に来てくれないなどは、カウンセラーに限らずどこでもそうだと思います。
なぜかというと、ご家族と対峙してどうにかするのは、
イブさん自身でしかないからです。

家族の代わりを家族以外の人がしたところで、
その人が帰ったら、また元に戻るからです。
代理であれこれ言ったり行動しても、何の解決にもなりません。
イブさん自身がそのことに気がついていただく必要があります。

家族とは、もう関われない、お姉様のように逃げたい場合でも、
逃げるのはイブさん自身です。
逃げる決断もイブさんがしなければなりません。
代わりに決断は誰もしれくれませんし、
代わりに逃げてもくれません。

そのことをわかった上で、必要なら連絡を下さい。


違反報告

2013年11月15日 15時36分