教えて掲示板の質問

「仕事恐怖と高校コンプレックス」に関する質問

  • 受付終了

なすこさん

わたしは30歳の女性です。
わたしの悩みは二つあります。
●出身高校に対するコンプレックス
●仕事に就くたびに感じる、「また仕事をやめさせられるのでは」という不安
が未だに拭えないということです。

わたしは、あまりレベルの高くない普通科高校を卒業し、短大の情報科に進学しました。
短大卒業後、食品会社の事務職に契約社員として採用されましたが、そこで三ヶ月で解雇されて以来、職に就くたびに「またクビになるのでは……」という不安ばかりが押し寄せてきます。
そうして、本来の力が出せず、十年の間に、14回もの転職をしてしまいました。
なかには二年近く続いたものもあれば、四日間でやめさせられたものもあります。
そのすべてが事務や接客で、作業の見落としが多く、電話対応や対人業務が苦手な自分にとっては鬼門だと思っています。
しかし、何ひとつ仕事に直結する資格を持っておらず、新たに資格を取る余裕は、時間的にも金銭的にもありません。
なので、結局は資格を持っていなくても出来る、事務や接客ばかりになってしまいます。

一ヶ月前から、ある運送会社で受付事務をしています。
元々同業他社で経験があるし、この運送会社自体も12月のお歳暮シーズンだけアルバイトで入っていたことがあったので、出来ないこともないし、仕事を覚えていくたびにやりがいを感じ、日増しに楽しくなっていきました。
その一方で、何かミスをするたび、「またやめさせられるのではないだろうか」といった不安が押し寄せ、それが重なって、気が狂いそうになり、目眩がしたり、吐き気を催したり、倒れたこともありました。食欲は落ち、生理も来なくなりました。同じ課の人たちとも上手く行かず、正直を言うと、合わないのではないだろうかと自分で思っています。


どの職場でも大抵、学歴のことをバカにされました。
四年制大学を出ているか、高卒でも商業・工業高校卒でなければ通用しないからです。
それに、高校も進学校ならある程度評価できるようですが、偏差値45で、部活も盛んでなく、資格も取れない、アルバイトも出来ない、卒業後の進路は殆どが専門学校といった高校なので、そこを卒業したというだけでバカ扱いされます。
増してや、高校時代は散々なものでした。
入学式の次の日から、クラスメイト全員にいじめられ、誰ひとり友達はおらず、ひとりぼっちの三年間を過ごしました。
その学校で学んだことなどひとつもありません。
寧ろ、あんな高校を出たから、自分の心は歪んでしまったのだと思っています。
対人的な部分でも後々まで苦しまなければならないし、何ひとつ取り得のない、何処に行っても役に立たない自分がいるのだと思っています。


何ひとつ役に立たない自分なんかいらないと、自殺未遂も何度かしました。
でも、自分が今まで生きてきた上で誰にも喜ばれていない、寧ろみんなに迷惑を掛けただけなので、まだ死にたくありません。

心を許せる友達はひとりもいないので、誰にも相談できません。
心療内科に行き、鬱病と判断されたこともありますが、ただお薬を出すだけだったので、何の解決にもなりませんでした。
趣味はこれと言ってありません。
読書もスポーツも疲れるだけだし、テレビ番組や最近のヒット曲は大嫌いです。
ストレス解消になるどころか、かえってイライラしてしまいます。

誰にも何にも発散できず、自分で溜め込むばかりなのですが、もう三十歳だし、今のままだといつまで経っても前には進めないと思っています。
長々と書いてしまいましたが、何かよいアドバイスを下されば嬉しいです。
よろしくお願いします。

違反報告

2013年10月31日 01時05分

教えて掲示板の回答

心の癒しと気づきのスペース ハートフルライフ

なすこさん

初めまして!札幌の催眠療法士さとう まみよです。

ご相談内容を 拝見すると、大変厳しい、いばらのような道を歩まれてきましたね。
よく、ここまで頑張って生きてきましたね。素晴らしい事です。

さて、これは価値観・信念・思い込みの置き換えであり、
自己肯定や自愛、そして感謝の心の育成など
心理カウンセラーからすると、大変、潜在意識の変容にやりがいのある方です。

これはこのメールで、改善できるものではありません。
ワークやエクササイズ、そして潜在意識の置き換えをできるツールを
お持ちのカウンセラーさんがおそばにいるといいのですが・・・・
セッションを受けて、実践しそれを見守ってもらえるカウンセラーを
早急にお探しください。

メールでお応えできることは・・・

「出身高校に対するコンプレックス」
これはみなさん、あるといえば、ある!ないといえば無い!なんです。

「どの職場でも大抵、学歴のことをバカにされました。」
これは学校を馬鹿にされているとあなたは思っています。
実は学校ではありません。あなたです。あなたを馬鹿にしています。


「仕事に就くたびに感じる、「また仕事をやめさせられるのでは」という不安
が未だに拭えないということです。」
辞めさせられるのではなく、あなたが辞めさせられるように段取りをしています。
え~~~~~!!!という声が聞こえそうですね(*^_^*)


「クラスメイト全員にいじめられ、誰ひとり友達はおらず、ひとりぼっちの三年間を過ごしました。」
これも自分が作り上げた世界です。


「今のままだといつまで経っても前には進めないと思っています。」その通りです。

心の大手術が必要です。
それも早く!



わたくしはこの場合は
自己肯定のエクササイズ、自愛のヒプノと性格改善コースをおすすめしています。
お近くにいいカウンセラーが居ることを祈念します。

どなたもおいでにならない場合はSkypeで宜しければ、セッションしましょう。

心の置き換えでこれからの人生が楽に自由に生きていけます。

望ましいあなたになれますよう祈念します。


心の癒しと気づきのスペース ハートフルライフ
心のエステティシャン  さとう まみよ


違反報告

2013年11月3日 12時07分


アイディアル メンタルヘルス・心理相談室

なすこさん。

はじめまして。

アイディアル メンタルヘルス・心理相談室です。

非常につらいですね。

なすこさんの悩みは、劣等感と失敗した体験による不安のスパイラルによるものと思います。

まず、問題の整理、対応について考えてみます。


一つ目が、学歴(※学校歴?)の問題ですが、

通常、学歴が作用されるのは入社の時です。

それ以降は、どのような仕事(キャリア・実績)を積んできたかで人物が評価される物差しとなるため、どの学校を出たかでの評価は少しでしかされません。

念のため、高校を卒業していないけれども社会で活躍している方も知っています。


二つ目の、「また仕事をやめさせられるのでは」という不安ですが、二つ目の問題に関する限り、なすこさんに必要な技術(スキル)は、ソーシャルスキル・トレーニングを受けることではないでしょうか。まず、実社会に出て3ヶ月しか会社での経験を積んでこれなかった。仕事の基本、コミュニケーションスキルも含めた仕事の仕組みをもしかしたら、今でも身につけておられないのではないでしょうか?

しかし、トレーニングを受けることで少しずつ自信をつけることは可能です。

ただ、時間の問題もあると思います。少し、アドバイスさせていただきます。

プロ野球の選手でも、~何かミスをするたび、「またやめさせられるのではないだろうか」といった不安が押し寄せ、~という思いは、常に選手はもっています。そういった緊張感のもと、日々自らに課した厳しい練習を積み重ねてレギュラーを維持しプロとしてグランドでプレーをしています。

まず、仕事の基本(運送会社での日々の仕事、月ごとの仕事の流れ、やり方を細部

まで徹底的にマニュアル化しましょう。)を手帳に記録します。

とにかく何でもメモを書く習慣を身につけましょう。

ケアレスミスは大幅に軽減されてくるはずです。仕事が出来れば環境も変化します。



次に、心の持ち方ですが、

お話されたように、高校時代は辛い思いをされてこられたのですね。

本来であれば、対人間の相互作用を経験されてくるものと思うでしょうが、

ただ一つ言えるのは、中学であれ、高校であれ、どの時もご自身が行動的

になるか、ならないかでその時々の過ごし方が大きく変わってきます。



なすこさんには、新しいステージに立って欲しいと心から思います。

仕事のトレーニングを行い、ミスを失くしましょう。少なくともそれが仕事の上での

不安の解消にはなるはずです。

ご自身が不安を持っていれば、周りも不安になります。まず、仕事中は注意力を最大限発揮して下さい。行動化してください。会社は学校とは異なります。

利益を得るという目的を持った集団です。学歴よりも何よりも、仕事にいかに本気で取り組んできたか( 実績 )で評価されます。


そして、ご自身をもっとあらゆる束縛(コンプレックス等)から、解放してあげましょ

う。そのためのサポートがカウンセリングです。誤った認識を変えることが
心理的療法にはあります。

仕事が楽しい、充実した人生を歩んでいただけたらと思います。







違反報告

2013年11月1日 21時12分


john-MIRAI

色々な職場で、御自身の事についてコンプレックスを感じておられて、自信を無くされがちになっておられる事を、悩んでいらっしゃるわけなんですね。

多くの職場でこれまで頑張って来られた事は、ある意味で大変な頑張りであり、他の方達に素晴らしい人間としての、愛、喜び、幸福を与えて来られたと言う事も自信をもたれ、その事を受容しても良いのではないでしょうか?

それが場所を変えてとはいえ14年間も続いたのですから素晴らしいと考えます。

どの方だって明日の事は分からないと言う面を持ち合わせています。

現在の職場に満足しておられるのなら、今はそれなりのチャンスだと考えます。

他の方の評価、御指摘も大切かもしれませんが、他の人は何を言って来ても貴方様の頑張り、自己確立は揺るぎない物であるという信念を持っておられればと存じ上げます。

過去と他人は変えることができません。ご自身のしっかりとした生き方をまっとうされれば宜しいと考えますが、また、仕事も勉強も自分との闘いであり、比較をするという相対的なものではないという意識も場合によっては必要ではないかとも考えます。

趣味の件は焦る必要は無いと思います。

散歩だって、バードウォッチングだって、何でも良いと思います。

すこし時間のゆとりができましたら、楽器やゴルフ、お花という事もと想像しますが、この辺りになると、先生の多少の厳しい指導も受ける覚悟が必要かもしれませんね?

長くなりましたが、もう少しご自身を受容しマイペースを心掛けても宜しいのではないかと考えます。

違反報告

2013年11月1日 20時57分


ホリスティックヘルスサポート ピュア・ジョイ

なすこさん、こんばんは
ピュア・ジョイと申します。

出身高校に対するコンプレックスといつやめさせられてしまうのか、という不安でお悩みなのですね。
高校時代や仕事場で経験したことは、本当に辛かったですね…
特に高校時代はその時代を抹消してしまいたいぐらいのグレーのイメージに染まっていると思います。
私もかつて中学時代はグレーのイメージそのものでした。
今まで良く頑張ってこられましたね。

これまでに既にいろいろな先生方がお答えになっていらっしゃるので、少し違う観点からお話しをさせていただきます。
人間というのは潜在意識というものがあり、ここはものすごい力を持っています。
よく人間の表層の意識は氷山の一角、と言いますが、意識のほとんどはこの潜在意識の方が牛耳っています。
なすこさんは、仕事場から家に帰る道筋をいちいち「ここを曲がって…ええと…次100Mほど言ったら左に曲がって…」などということは考えなくても、きちんと会社や家に到着できていると思います。
むしろ、何か考え事をしていていも、勝手に足が道を曲がり目的の場所に連れて行ってくれている感覚ですよね。
ですが、連れて行ってくれているのは「足」はなく、潜在意識が連れて行ってくれているのです。
この潜在意識というのはものすごい力がある分、そこで蓄えられたものを現実化する力があります。
ですから、なすこさんが出身高校に対するコンプレックスを意識すればするほど、それが潜在意識に送り込まれ、結果的に出身高校に対するコンプレックスを更に感じてしまうような出来事が起こるわけです。
仕事についての不安も同様です。

今、既に潜在意識に送り込まれた情報がそこにあるので、そこを書き換えていかないとこのままのお悩みが続いてしまうことになります。
そして、潜在意識を書き換えるのはなすこさんしかできないことなのです。
今からでも、もう高校のことや仕事のことについて今までとは違うことを心で思うようにしましょう。
自然発生的には今までと同じ考えが浮かんでしまうでしょうから、それを意識して例えば、以下のようにご自身に言い続けてみて下さい。
中には何でこのように言うのか、理由がわからないものもあるかもしれませんが、とにかく有効な方法と考えて行ってみて下さい。

・高校のことは関係ない、社会では最終学歴が重視される。(←私は以前に人事採用に携わっていましたが、これは事実です)とか、
・やめされられると思うのは、過去にそういう経験をしてしまったからだ。毎回同じ状況が続くわけがない。
・能力不足で辞めさせられると思うからそうなるんだ。今度は大丈夫。
・誰だってミスはする。でも、それを自分で責めなければ人から責められることもない。

などです。
こんなことが人生を変えるとは思えないと感じられるでしょうが、心理の世界は実際にそのようにできています。
本気で頻繁に継続するば何かが変わり始めるでしょう。
潜在意識を変えていくには、これを自分でもうるさいと思うぐらい自分に言い続けるのと同時に本当はカウンセリングを受けることがお勧めです。
今の潜在意識はなすこさんが30年ほどかけて作ってきたものであり、それを書き換えるには自分自身では難しく感じたり、また時間がかかってしまうことでしょう。

私はこのサイトへの回答を「少しでも多くの方々に楽になっていただきたい」という真摯な気持ちから書かせていただいています。
決して営業目的ではなく、次のことを付け加えておきます。

考え方のクセは遺伝的傾向を受けている場合が多くありますが、詳しくはHPをご覧になっていただければと思います。
http://www.geocities.jp/aimunity/thera/thera.html
ページ下部の「遺伝的からくるせいかく考え方について」の項目もご覧下さい。

多くの方がカウンセリングを受けることを「必要ない」と考えておられますが、私自身は心理状態が改善したことで人生全体に大きな変化が出ましたし、また私のところに通われている皆様も同様であることから、「人生の転換は心理から」と考えています。
風邪を引いたら皆さん病院に行かれますが、心のことは究極の状態になるまでそのままにする方が大半です。
本来は心も風邪を引いたらカウンセリングにかかったほうがいいというのが私の意見です。
日本ではカウンセリングが軽視されているために、欧米よりも自殺率が高いのが現状です。

そして、何より今までのパターンを手放して、幸せに生きていっていただきたいと思うのです。

なすこさんの不安が押し寄せ、具合が悪くなるということがとても気がかりです。
不安からくる体の症状は今のまま放っておくのはお勧めしません。
それが長期間継続すると慢性病を発症しかねないからです。

なすこさんは、今の事務や接客が「鬼門」と書かれていますが、もし鬼門だと思われているなら、資格が必要ない動植物に関われるお仕事を選ばれるのもいいかもしれません。例えば同じ接客でもお花や動物に接するお店で働いてみたり、今流行りのパワーストーンなどの会社などもいいでしょう。
なぜかといいますと、これら自然のものは人を癒すパワーがあるのです。
心理の世界では実際にアニマルセラピーやナチュラルセラピーなども存在していて、とても癒されるものです。
花を見たり、自然の環境に出て、気持ち悪い人はほとんどいないでしょう。
それは、私達人間がもともと自然の存在であるからです。
現代社会では多くの方が「こうでなければならない」という縛りに皆がもがき続けて苦しんでいます。
なぜ苦しいかというと、本来の自然の生き方から外れてしまっているからです。
自然界で生きていて、動物がストレス性の胃潰瘍になったり、極端な脱毛になったりなどはしません。
現代社会ではストレトや縛りをゼロにすることはできないかもしれませんが、その方のやり方次第でストレスを軽減することはいくらでもできます。

ここで何とかご自身の心と体の健康を考え、何かの方向転換をしていただければと願っております。
それには、まず先生方のアドバイスを実行したり、ご自身の内面を見直すことからだと考えます。
なすこさんは決して一人ではありません。
またお悩みには必ず解決法がありますので、一人で悩まずに、できるだけ早くプロの力も借りていただきたいと思います。

なすこさんが一日も早く今の状態から脱し、よりよい人生を歩むことができるようにお祈りしています。

違反報告

2013年11月1日 20時48分


澤田和彦カウンセリングルーム 丸和サワダ株式会社

 
 こんにちは、初めまして
 心理支援士 心理カウンセラーの澤田と申します。

 なすこさん、かなりお辛く寂しさを感じる文章ですが文章だけの
解釈になりますので 誤解や解釈に誤りがある場合には
申し訳ありません。

 先ず、高校生の時にいじめにあったトラウマが今も大きく
影響している様に感じます。

 いじめにあって、孤立状態だった事は非常に寂しくお辛い状況で
よく3年間耐えられましたね。3年間耐えられた事に非常に
感心させられます。

 よくあるケースとして、高校を中退しその間々引きこもってしまう
現状は少なくないからです。

 卒業高校に後悔をしている様ですが、先ずは卒業された事事態に
お祝いの言葉を添えたいですヨ。

 資格などない事だけでなく、高校生活での孤立状態を忘れる事が
できないのは当然の事です。

 現代の社会状況を考えれば、学歴社会でない事、景気が大きく
低迷している事でどの会社も人員を削減している実態です。

 その為、なすこさんの失敗が原因ではなく過去に解雇された
ケースも考えられます。

 もっと言えば、私は会社員生活20数年やって来ましたが
部下やアルバイトの失敗は上司の指導不足であり、上司の立場から
みれば【失敗しない人間はいないのだから、どうすればミスが減らせるか】
を実行し、仮に部下が失敗した際は【いいよ、処理をしておくから】と
部下を責める事なんて、その上司が駄目上司の証になってしまいます。

 なすこさんは、高校時代のトラウマから自信を喪失してしまっているので
精神的なショックから脱出できずに今に至っています。

 どうしたら、過去のトラウマから脱出できて自信を取り戻せるかが
根本的な解決策になりますが

 できる事なら専門カウンセリングを受けられる事をお薦めはしたいのが
正直な意見です。文章にもありました通り、医者では症状を和らげる為の
薬の投与を行うだけなので症状は和らいでも根本的な解決はできない事が
多いです。

 カウンセリングに足を踏み出す勇気が出ない現状だとも感じますが
対人恐怖症の面が強く出てみえますので、なかなか気持ちを切り替えて
行くこともハードルが高いと感じます。

 失敗しても、素直に「すいません、これちょっとミスりました」や
卒業高校の偏差値が低い事を売りにして物事を言える事
=〇〇高校なんですいません、元々△△なんですヨー

と言葉のキャッチボールが出来る様になるのには時間がかかると
感じます。高校時代から含めた15年以上の気持ちを埋める事は
専門のカウンセリングで必ず解決できます。
(但し、カウンセラーも合う合わないがあるので・・・どこが合うのか
調べるところから始まります)

 逆に30代前半ならまだ間に合いますので、決して焦らないで
下さいね。

 なすこさんが全くの無能な方だとは誰も思いませんのでご安心下さい。

 
 心理支援士 心理カウンセラー(有資格者)
 取締役  澤田 和彦  丸和サワダ 株式会社
 E-Mail;アドレス  kid2753japan@gmail.com

 

違反報告

2013年11月1日 15時53分


NPO法人 自殺・いじめ・ゼロ

なすこさん、はじめまして。
メンタルサポートライフ研究所の日戸(ひのと)です。

なすこさんは、30歳の女性であり、「出身高校に対するコンプレックス」「また仕事をやめさせられるのではという不安が未だに拭えない」という2つの悩みを解消したいということですね。

高校生活の思い出、新入社員となってからの経験、それぞれの時間が、なすこさんにとってはひとりぼっちで、不安を感じていた日々になっていたのですね。

とても、長い間、つらい時間を過ごしてこられましたね。
少しでも、つらい時間を軽減できますようお伝えさせて頂きます。

はじめの「出身高校に対するコンプレックス」を解消する方法についてです。

その方法は、なすこさんの心の中にある「高校生のなすこさんの姿」を変えることになります。

高校生のなすこさんは、「こういった人間です」という思い込み、自分自身で信じ込んでいることが現在のなすこさんになっているからです。

なすこさんが、「高校生の自分はこういった人間だ」と思っているのは、高校生活を送っていたなすこさんの目・視点なのです。自分の視点、ひとつで自分を決めています。その囚われから自分自身を解放することで、コンプレックスが軽減され解消されていくようになります。

つぎに、「また仕事をやめさせられるのでは、という不安」についてです。

仕事の失敗は誰にでもあります。
食品会社を三ヶ月で解雇された自分をどのように思っているでしょうか。そして、仕事の失敗はどのような時に起きているでしょうか。

一度、振り返ってみることをおススメします。

また、「やめさせられるかもしれない」という不安は、学歴に対するコンプレックスからきていないでしょうか。

もしかすると、なすこさんの「出身高校に対するコンプレックス」を軽減・解消することで、「また仕事をやめさせられるのでは、という不安」も軽減・解消することが出来ると考えられます。

もちろん、「仕事上のミスを減らす技能的なコツ」なども知ることで、極力すぐに仕事の失敗を減らし、気持ちを楽にすることも可能だと考えます。

なすこさんは、とても長い時間、ストレスと無力感という日々を過ごしてきています。
しかも、目眩や吐き気、生理不順など症状が出るようになっています。
それだけ、コンプレックスで、なすこさんは自分自身を責めてきたことがわかります。

心も痛がっていますが、体も悲鳴をあげています。
もう、自分自身をいじめないでください。

なすこさんは自身の心を癒し、ストレスを軽減する方法を知っているカウンセラーと一緒に、悩みを解決されることをおススメいたします。

違反報告

2013年11月1日 14時30分


初めましてラムピリカと申します。よろしくお願いいたします。
じっくりお話をお聞きしたいです。
そして、貴女がこれから楽しく素敵な人生を送れるように一緒に考えていきたいです。
辛い時はいつでも相談に乗ります。
たくさんのカウンセラーがいますので、
そのうちの一人として覚えていてください。

ラムピリカ
ホームページ
http://ltt330.jimdo.com/

違反報告

2013年11月1日 00時45分


なすこさん、はじめまして。
二つのことで悩んでいらっしゃるのですね。
そして、体調も良くないようですね。とてもお辛いことだとお察しします。

お仕事のお悩みから整理していきましょう。
今までに15回就職なされて、仕事内容はいずれも「事務職」なのですね。
電話対応や対人業務が苦手なのにあえてその職を選択せざるを得ないのは無資格だから、ということのようですね。
それでは「資格がなく、対人業務でない職業」を探してみたことはありますか?ネットではなく、ハローワークなど、あらゆる職業を把握なさっている機関でです。もしまだ利用なさっていないのでしたら、一度足を運んでもよいと思いますよ。
それに加えて何か資格が欲しいのであれば、受験料のみで取得できる資格は数多くありますよ。こちらはネットで検索すればいろいろ見つかりますので探してみてください。

出身高校に対するコンプレックスについてみていきましょう。
なすこさんは「高卒」ではなく、「短大卒」なのですよね。
それなのに高校のことで今までの職場ではずっとバカにされ続けてきたのでしょうか。
それならば、その高校がどのような高校なのか知らない地域での就職がよいのではないでしょうか。そして大学卒や専門学校卒の方を優遇なさる会社は避けてみてはいかがでしょうか。

なすこさんがお辛いのは、なすこさんご自身の今までの人生をを好ましいものだと思っていらっしゃらないからだと思います。
残念ながら過去は変えられません。今からでも遅くないので、なすこさんが生きていきたい人生をできるだけたくさん考えてみましょう。紙に書き出すなど、視覚的にしてみるとよいですよ。そして、その中から自分でかなえられそうなものをピックアップしてみましょう。そうすることでなすこさんが歩む道が見えてくると思います。
お一人では難しければ、私がお手伝いいたしますので、いつでもお声がけください。お待ちしております。

違反報告

2013年10月31日 22時24分


「自分なりの助言」を信条とする、仁世案内館代表カウンセラーです。

>短大卒業後、食品会社の事務職に契約社員として採用されましたが、そこで三ヶ月で解雇されて・・・
>そうして、本来の力が出せず、十年の間に、14回もの転職をしてしまいました。
>どの職場でも大抵、学歴のことをバカにされました。
>四年制大学を出ているか、高卒でも商業・工業高校卒でなければ通用しないからです。

あなたの就く職業は、事務職や接客業であったため、あなた本来の力が出せず、しかも、大卒か商業・工業高卒でなければ通用しない職場ばかりで、学歴で不快な思いをされたとのことです。

しかしながら、あなたは、なぜか、大卒か商業・工業高卒でないと通用しない職場に実際に採用されています。
あなたの短大・情報科の学歴が役に立っているのではないですか。

そして、あなたの最終学歴は、あくまでも短大・情報科です。
専門学校へ進学するしかない高校で、あなたは、短大・情報科へ進学したのですよ。
それは凄いことだと思いませんか。

しかし、短大卒業後に三ヶ月で解雇されたとのことですが、試用期間で戦力外通告をされ、今でも、そのことを引きずっているわけですね。
試用期間解雇は、あなたが重大なミスを冒したか、適性が無かったかのいずれかとは思いますが、仕事でミスをすることは、職場の研修体制に問題があることが多いですが、自分の仕事に対する姿勢も大きく関わってきます。
そして、ミスをしない社員など、どこにもいません。
問題は、ミスをした後の自分の態度です。

あなたも、10年の間に14回の転職を繰り返せば、自分に適性する職業は何か、職業人としてミスをした場合の対処など、もう分かっていると思います。

あなたの本来の力が出せる場所、あなたが勝てる場所を探してみてください。
そして、その場所に向かうために、足りないものがあったら、補ってみてください。
自己啓発なくして、人生は乗り切れませんよ。

最後に、今の運送会社の受付事務でもミスをしているようですが、単純なことですが、ミスをしたらまずは報告し、素直に謝ること。
そして、そのミスを二度と繰り返さない強い気持ちを持つこと。
そうすれば、あなたは、今の職場でも十分働いて行けますよ。

違反報告

2013年10月31日 20時05分


心理カウンセリング らしんばん座

なすこさん、こんにちは。

ご相談、拝見しました。
なすこさんの悩みは、出身高校に対するコンプレックスと、「また仕事をやめさせられるのでは」という不安の2つなのですね。

出身高校に対するコンプレックス、これは過去の事。もう済んでしまった事です。
仕事をやめさせられる不安、これは未来の事。来るかどうかも、わからない事です。

つまり、今起こっているのでは"無い"ことで、苦しんでいます。
"今"は、どうですか?

今のお仕事は、仕事を覚えて行くたびにやりがいを感じ、日増しに楽しくなってきているのですね。
このやりがいを感じさせる何か、これがなすこさんのとりえになっていくと思われますが、いかがでしょうか?
自信というものは、最初から備わっているものではなく、日ごろの小さな成功を積み上げて行って、少しずつ築き上げて行くものです。
どうか、その築き上げ始めた自身の積み木を、崩す事のないようにしてください。

そのためには、「一つミスをしたら、仕事をやめさせられるのではないか?」という、オール・オア・ナッシングの考え方を改めると良いと思います。
すべてについて、100点を取る事が出来るような事は、まずありません。何処かに何かどうか、減点部分はあるものです。
この減点にばかり気を取られずに、65点でも、いや50点でも合格点だと思うようにしてください。
そして、「出来なかった事」ばかりにではなく「出来た事」に注目してください。

違反報告

2013年10月31日 19時44分


カウンセリング 催眠療法(ヒプノセラピー)の総合セラピールーム

なすこさん

はじめまして

お悩み拝読いたしました。

>●出身高校に対するコンプレックス

周りにバカにされるから出身高校に劣等感を抱いているということでしょうか?

文章からは「今のあなた自身」の問題を、「出身高校」という過ぎてしまった過去に執着していると感じられます。

そのつながりで

>●仕事に就くたびに感じる、「また仕事をやめさせられるのでは」という不安が未だに拭えないということです。

というお悩みが生じていると思います。

しかし、問題は、なすこさん自身にあります。

何事にも怒りや劣等感を感じ、趣味を持つ余裕もない。

これでは、他者とのコミュニケーションは難しいと思います。

現在は鬱状態だと思われるので何事に対しても「興味」が湧かないのだと思います。

>今のままだといつまで経っても前には進めないと思っています。

心から素直にそう思っているのなら希望はあります。

なぜ鬱状態になってしまうのか、

なぜ自己卑下ばかりして前に進めないのか。

意識が変わらなければ薬を飲む意味もありません。

心理カウンセリングは、心の在り方を変えて行動を変え、幸せになるために行うものです。

ご近所に心理カウンセラーがいらっしゃらない場合や、対面が怖いといった場合、

電話・スカイプで心理カウンセリングを行っています。

http://healing-sweet.net/ryou/index.html

違反報告

2013年10月31日 19時03分


聖母治療院


なすこさん、はじめまして。
漢方紫禁堂治療院の加藤と申します。

なすこさんが抱えられている2つの大きなお悩みの
原因のうち、「出身高校のお悩み」は過去のことですね。

もうひとつの「また仕事をやめさせられるのではないかという不安」は
将来のことになりますね。

過去である高校時代は、いじめを受けられ、孤独な学校生活は
砂を噛むような、血の出るような思いの日々だったことでしょう。

そのときから心が歪んでしまっていると思われているのですね。。。

その後は解雇や転職など、なかなか安定・安心した生活ではなく、
あまり向いていない事務や接客のお仕事をされてこられたのですね。。。

将来的にも先が見えず、資格もなく、相談できる友達もなく。。。

>何かミスをするたび、「またやめさせられるのではないだろうか」といった
>不安が押し寄せ、それが重なって、気が狂いそうになり、目眩がしたり、
>吐き気を催したり、倒れたこともありました。食欲は落ち、生理も
>来なくなりました

心療内科で鬱病と診断され、お薬も出たとのこと。

ストレス解消法や趣味がなく、イライラもあるのですね。。。


・・・かなりおつらいと思います。

ご自分を「何ひとつ役に立たない」と責めていらっしゃいますね。


まず、鬱病と診断されて出されたお薬は飲んでいらっしゃいますか?

それともご自分の判断で途中でやめてしまわれましたか?

私はなすこさんは「鬱」だと思います。

医師ではありませんので病名診断はできませんが、
「鬱状態」であると思います。

また「鬱病」と診断されたとのことですが、
ときに「躁状態」も現れることがあります。

「双極性障害」という“波”のある疾病です。

ぜひもう一度、心療内科を受診したほうがいいと思います。

「鬱」が「根性」で支えきれなくなっているところまで来て、
このままでは、もっとつらくなってしまう危険が感じられます。

別の医療機関でも構いませんので、こちらに書かれた
文章を医師に見せ、なすこさんが少しでも安心して、
精神的にも肉体的にも楽に生活が送れますよう、ぜひ適切に
服薬してください。

お薬を飲みながら、カウンセリングでお話を重ねていくことが、
車の両輪のように必要かと思います。

またいつでもお気軽にご相談ください。

漢方紫禁堂治療院
http://shikindo.com/


またいつでもお気軽にご相談くださいね。

漢方紫禁堂治療院
http://shikindo.com/

違反報告

2013年10月31日 18時14分


こころの相談室 おうみ

こんにちは。

あなた自身が、あなたの学歴や仕事やあなた自身の現状、将来を
蔑んで見ていらっしゃって、そして、過去が望みのレベルに
無いことを嘆いていらっしゃいます。

あなたをバカにしているのは、誰あろう、あなた自身のようです。

現状がダメなら勉強するとかで向上することができるはずです。
それも放棄して、過去がだめだからこれからもだめだと
決めてかかっていらっしゃいます。

優れた仕事や良い人生を歩くためには、
苦しみつつも努力をして自分を高めていくか、
基準を下げて現状で良いのだと心から納得するか
どちらかだと思います。

見直してみませんか

違反報告

2013年10月31日 16時26分


D∪L(ドール)サポート事業所

初めまして。
ライフサポートの野本です。

内容読ませて頂きました。
要約すると、あなたはコンプレックスとは別に、自分に自信がないことが要因となり苦しんでいるのかと思われます。
多分他の方も言われると思いますが、最初から取り柄のある人など居ないので、あなたの自信が持てることを見つけていく(育てていく)ことが1つの方法となるやもしれません。

ここからは他の方とは少し違う見解になるやもしれません。
人とは希望が見つからなければ、生きる意味も見つけにくいものです。
では、私たちがあなたを必要としましょう。
必要とされるならば、あなたは生きなくてはいけない理由ができる訳です。
それがキッカケとなり、あなたが前に向かえるのであれば幸いです。

こんな事を文面で伝えても、なかなか心身には届きにくいと思います。
できれば、ゆっくりお話しを伺えるお時間を頂ければと願います。

あなたの未来はまだこれからで、
「あなたは、幸せになっても良いのです。」
これが、今1番あなたが欲しい言葉ではないでょうか。

機会があれば、是非詳しい形でご相談に乗らせてください。
以上、宜しくお願い致します。

違反報告

2013年10月31日 16時13分