教えて掲示板の質問

「頑張れなくなりました。」に関する質問

  • 受付終了

まおさん

何事にも頑張れなくなり、趣味もなくなりました。
そのためか、恋人に依存してしまって、迷惑をかけています。
どうかご回答お願いいたします。


わたしは大学3年生、20歳女性です。

大学進学を機に上京し、3年目になります。

中学のときは美術や音楽が好きで、絵を描いたりものを作ったり、
初めてギターを買ってもらって弾き始めました。
また、勉強も嫌いではなく、塾で競い合うのが好きでした。
学校にもサボらず行き、また勉強も趣味もしっかりして、友達とも遊んでいました。

高校生になってからも課題や部活、趣味や受験勉強など、本当に寝る間も惜しんで様々な活動をし、
時折疲労で蕁麻疹が出るほどでしたが、それでも毎日楽しく頑張っていました。

大学に入学してからなのですが、徐々に目標が見えなくなり、
2年生までは自分を奮い立たせるべく、学生の有志団体で活動し、作品を作ったりしていました。

ですが、大学に入ってから時間が経つにつれて、どんどん色んなことがおざなりになり、
それまでたくさんあった趣味もなくなりました。
好きだった音楽や本などにも興味がなくなりはじめました。

友達がいないわけではなく、むしろ人見知りもせず社交的だと言われ、
遊びに誘われたり、相談役に回ったりもしています。

ですがわたしには、本当に悩んでいることを相談できる身近な人がいません。
両親はわたしがなんでもできると思っているし、幻滅、心配させたくない、
また、ショックを受けて欲しくなくて相談できません。

付き合って1年になる恋人がいるのですが、その人にも両親と同じ理由で相談できません。


最近、生理の前の期間はとくに、死にたくて仕方なくなります。
恋人と少し連絡がとれないと、浮気してるのではないか、もうわたしのことを捨てるのではないか、などと考えてしまいます。
また、日頃から何をしているのか気になり、わからないとそわそわし落ち着かなくなります。
ですが、自傷行為もする気力もなく、ただ寝転がってることしかできません。
もともと少し太っていたのですが3ヶ月で12kg痩せました。
一人でいるときは食欲もなく、なにをどうしてよいのかわかりません。


学校もサボり気味になりました。
このままではいけないと思いながらも、なにをどうしてよいのやらわかりません。




違反報告

2013年9月24日 00時45分

教えて掲示板の回答

NPO法人東京メンタルヘルス・スクエア

こんにちは。
今日は外は雨模様。
雨の音を聴いていると落ち着くような日でもありますが、何だかどんよりとけだるい感じ。
こんな今日、メールを拝読し、「今どうしていらっしゃるのかなあ・・・」と窓の外を眺めています。

 頑張れなくなった・・・なにをどうしてよいのかわからない気持ちの中、
今の思いをメールにしてくださって、本当にありがとう。
友人には頼りにされるあなた。何でも出来ると思っている両親に、ショックを受けて欲しくない、もちろん恋人にも・・・という思いがあるあなた。
独りで抱え、しんどいですね。
「本当に悩んでいることを相談できる身近な人がいない」ということですが、気持ちを聴いてもらえる人がいると思うだけで軽くなることってありますものね。

そして、そんな中ではありますが、メールをしようという行動をあなたは起こしてくれました。何をどうしてよいのやら分からないと思っていたあなたですが、一つ今自分に必要な行動を起こせたのですよ。
これは拍手喝采!すごいことですよ!よく頑張りました。
そして、今、私と繋がりました。ありがとう!

メールを拝読させていただき、私は身体のことが心配になっています。
ただ、寝転がっているだけ。
3ヶ月で12キロやせた。
独りでいるときは食欲もない。
学校もさぼりぎみ。
夜は眠れていますか?お風呂には入れていますか?歯磨きはしていますか?排泄は順調ですか?

心と身体は密接に関係していると私は思っています。
身体が正常な状況に近くないと、思考回路も正常には働かないと思います。
今日、偉そうに一つだけお伝えするとしたら、まずは今のしんどい身体的症状を
楽にして、それから考えることを始めても決して遅くないということです。
病院に行って、症状をお医者様にお話ししてみませんか?

最後に、人は迷惑をかけながら生きていく動物だと私は思っています。
迷惑・・・全然問題なし!良いんじゃないかなと思いますよ。

まずは、身体を整える(これは自分をたいせつにすることでもあるのです)ことをすること・・・おススメです。

違反報告

2013年10月1日 15時55分


カウンセリング 催眠療法(ヒプノセラピー)の総合セラピールーム

一生懸命やっても評価してくれたり、

ちゃんとした心からの感想をいただけないと、

目標が見えなくなりますよね。


>わたしには、本当に悩んでいることを相談できる身近な人がいません。

問題なのはこれだと思います。

また鬱状態だと思われますので、

精神科ではなく(カウンセリングの技術を持った精神科は少なく。鬱病だと診断され強い抗鬱剤等を処方されてしまいます。)

内科に行って、「元気がない」と言って軽い精神安定剤、抗鬱剤を1~2週間分ほど処方してもらいましょう。

心が多少安定してきたら近場にいらっしゃる心理カウンセラーにご相談するのが良いと思います。

近場に心理カウンセラーがいらっしゃらない場合は

スカイプやお電話でのカウンセリングを受け付けています。

http://healing-sweet.net/ryou/index.html

違反報告

2013年10月1日 03時45分


いくえい心理カウンセラ-室

日頃・相談役に回ることが多いと言うのだから、今回のネット相談は ほぼ
初心者だろう。

相談慣れしていない訳だから、風変わりで独特な語り口調に徹する
回答スタイルには抵抗があるだろうし

刺激が強すぎたりしないか。     と、少し心配にもなる。

ですが、偏った気持ちなど これっぽっちもなく 私の目標は ただひとつ。
相談者の悩みを何とか解決に結び付けたい。   それだけなんです。

なので、これも回答者としての「キャラのひとつ」 と理解してほしい。


相談者にしたって
つい最近まで「自分のキャラ」を完全なまでに演じきって来ただろう?

自分のキャラを守り通す為なら、寝る間も惜しんで様々な事に積極的に
活動して来た。
毎日楽しく頑張る自分の姿に、その存在を確認できていたんだと思うよ。

もしかしたら、
疲労困ぱいで蕁麻疹になる事の心配よりも
自分の活動的な日常の維持の方が相談者にとっては はるかに大切だったのかも
知れないね。

そんなキャラが自由自在に演じられたのは、そこに実現可能な目標が明確にあった
からだよね。

中学の時には、高校という次なる目標が間近に見えていたし
高校時代には、大学進学という大きな野望があった。

特に深く悩んだり考え込んだりしなくても
そこには、まるで当然なように近々の目標が準備されていた。
相談者は、ただ それに向かってしっかり頑張れば それでよかった。


でも、大学というところは今までとは事情が違う。
卒業後の更なる高みの学びや新社会人としての就職を考えると、本人の自由意志に
かかるところが どうしても大きい。

つまり、自力で選択し進む道を決めねばならない。
そこには自ずと、「将来何を目指すのか」 「どういう人生設計を描きたいか」
などが、問われてくる。

たぶん相談者は、/ 自分が将来 何をしたいか・なりたいか? / 
                                が 分からないんだと思う。

今まで 目標設定に苦労しなかった分、そのやり方がどうにも分からないのだ。
もしかしたら、大学での専攻も将来を見据えた志望ではないかも知れない。


目標設定だけじゃなく、たまに立ち止まって自分と向きあう事も
あの多忙すぎる日々では そんな悠長なことは眼中になかったと思われる。

どんな人の人生でも その節目・節目で自分と真剣に向き合い リセットした上で
ないと次なるステップに進めない。

人間の心は 不思議とそんな仕組みになっている。

相談者にとって 今は、過去の自分に思いを馳せ、大卒後の自分像をアレコレ
思い描いてみる上で貴重なシンキング・タイムだ。


相談者のキャラは、何でも器用にこなすオ-ルマイティ-なしっかり者に見えている。
完全無欠のようで がしかし、これにはひとつ弱点がある。

平均点は高いのだが、ある分野への拘りが希薄な分 どうしてもオリジナリティ-が
イマイチなのだ。

だから、人生設計の目標や・・自分未来像が描けないのだ。

子供の頃、大きくなったら何になりたい・・      と答えていたのか。
時間を忘れ、つい熱中していたあの何かを足掛かりにできないか。

・・・まず、そんなところに想いを巡らせてみるのも悪くない。 

違反報告

2013年10月1日 01時33分


一人で抱え込んでいるとのこと、くるしいですね。
これまでずいぶんといろんな活動をされてきた社交的なかたであればなおのことだと思います。
自分の活動を自他共に評価できる生活は楽しいものですし、そのことはあなたのこれまでの人生を豊かにしてきてくれたのですからね。

ただ、大学生になっていっきに世界が広がったのもあって、それまで容易に得ていたものではないものを、あなたは求めるようになったのですね。
それまで好きだった本も音楽も趣味も、おとなになったあなたには興味がひかれないはずです。

あなたがいま感じている虚しさは、その先へと自分を導いてくれるようなものを見出せないことに起因するように思います。
彼への依存は、その自分の中心、自分で自分を信じられるものがないために起こっているのではありませんか?


あなたはいま、とても大事なときを過ごしています。
大きくジャンプするためには、いったん深く沈まなければならないのが道理です。
自分自身とよく対話してください。

自分ひとりで内観する時間は、大人になればなるほど大事になっていきます。
責任のある仕事、ほんとうの意味で人の心に届く活動をするには、内省は不可欠です。
これから社会人になる今の時期、よくよく自分の心と対話していっていただきたいと思います。
自分のこと。
恋愛のこと。
親とのこと。
友だちとのこと。
将来のこと。
答えはすぐに欲しいものですが、でもここは時間をかけることです。

ただ表面的に「できる人」「頼りになる人」「いい人」ではない、もっと精神と物事の深みへと手を伸ばすことができる人格への、ここが分かれ道です。
簡単にでる答えなら、誰でも到達できます。
時間はかかっても、あなたにしか出せない答えを見つけてくださいね。


そしてまた、たくさんの大人や友人に「あなたはこんなときどうしてますか?」と尋ねてください。
参考になることがたくさんあるはずですよ。


きっとあなたはたくさんのひとの希望の灯火となっていきます。
いまは苦しい日々ですが、その日まで、あなたがあなた自身を育ててあげてください。

違反報告

2013年9月30日 18時49分


カウンセリングルーム・エンパシー

ご相談内容を拝読しました。あなたはストレスニ弱い体質のようです。
これは、幼少期に親からの愛情が満たされていたどうかでも違ってきます。

ストレスニ強い脳内ホルモンをセロトニンといいます。残念ながら女性の場合は、男性の半分しか生成されません。

あなたは生理前の期間が特に死にたい感情に襲われるようですが、このセロトニンが一番減少する時期が、女性の場合生理前です。逆に充実しているのが排卵期です。

あなたは身近に相談相手がいないということですが、これは良くないですね。
私が回答フォローの一環として、無料でお話をお聞きしますので、心のゴミを掃き出してください。

カウンセリングには、カタルシス効果といって、心を浄化する作用があります。よかっら「mental@r-empathy.com」までご連絡ください。お待ちしております。

違反報告

2013年9月30日 15時36分


カウンセリングルーム心の窓

まおさん

大学に入学し3年目を過ごしていらっしゃるのですね。入学後徐々に目標が見えなくなり、いろいろなことに一生懸命取り組むことが出来なくなってきた自分をどうしていいか判らなくなっていらっしゃるということだと思います。

そもそも、美術や音楽が好きで勉強や課題、部活なども寝る間も惜しんでやっていて楽しく頑張っていたということですが、その時の気持ちをちょっと思い起こしてみていただけないでしょうか。

まおさんは、きっと小さいころからまじめで御両親から大きな期待をかけられまたそれにこたえられる人だったのだと思います。ただ高校までの目標はいうなれば、ただ与えられたものをきちっとこなせば、周りの人たちも認めてくれるし、自分としても満足感が得られるものだったのだと思います。
ところが、いざ受験が終わって大学に入学してみると、そこにはもう自分で目標すらも見つけていかない限り、何も進路が見えてこないし、何かを一生懸命やっても、今までのように、実感として目標に近づくこともなく、誰かがほめてくれるわけでもない、ただ漠然とした広い世界が広がっているのを感じて、少し恐怖感にも似た不安感に襲われてしまっているのではないでしょうか。

親の仕事を継がなければならない、たとえば弁護士とか医者とか設計士とか会社を継ぐとか将来に明確な目標を作ってもらっている人は、それに向けてまた高校生までのように頑張ればいいのですが、そうではない人は、まず自分の人生を少し見つめなければならないという、今までの人生にはなかった経験が襲ってきます。ですから、その作業を怖がってしまったり、疑問に思ってしまうとこれはもうにっちもさっちもいかなくなってしまうということが日本の大学生にはしばしば起こってしまうようです。

教育と社会構造の欠陥と言ってしまえばそれまでなのですが、そんなことで自分の大切な時間を無駄にしてしまうのはあまりにも惜しいとは思いませんか。

きっとあなたの大学にも、尊敬できる先生や先輩が、よく探してみれば一人や二人はいると思います。いらっしゃらなければ、まずそういう人を探すために時間を使ってみてください。充分でなくていいんです。もし見つかったら、恥ずかしがらずに、今の自分の状況を打ち明けてみてください。そしてその先生なり先輩の、20歳頃の心境を聞いてみてください。みんな悩んでそれを乗り越える事によって、今を生きていることが分かるのではないでしょうか。少しそれで安心感を得る事が出来ましたら、今度は、自分の目標をじっくり時間をかけて考えてみましょう。
おぼろげでも、浮かんで来ればしめた物です。今度はそれに向かう目前の目標を立ててみましょう。
そんな作業をしているうちにあなたの周りには気づかないうちに人が集まり、楽しい時間が取り戻せるはずです。

あなたも、御両親も、今付き合っている人もみんなそういう悩みを持つ弱い人だということに気づいてください。そんな彼らにいいところを見せたり、期待にこたえようとしなくていいのです。あなたの人生は、あなた一人のものです。恥をかいても けなされても、みんな自分の糧になることです。恥ずかしがらずに、心の内を打ち明ける事は、今のあなたのとっては、決してマイナスになることではありません。

頑張る必要は無いんです。ただ今を精いっぱい生きている実感だけは忘れないでください。

違反報告

2013年9月30日 14時29分


りょうもう心理カウンセリング

まおさん、はじめまして。
カウンセラーの須賀と申します。

何事にも頑張れなくなり、趣味も無くなってしまったのですね。
今までが活発だっただけに、つらいですね。
なおかつ、ご両親や恋人にもうちあけられず、さらにつらいですね。
食欲も無くなっているのですね。

私から2つ回答します。

今のまおさんの状態から考えると、うつ病かもしれません。
早めにお近くの精神科か心療内科を受診されたほうがよいでしょう。
うつ病であるとしたら、治療の基本は、薬と休養です。
お医者さんに診断書も書いてもらって、休学したほうがよいかもしれません。
今まで、大変よく頑張ってこれたのですが、心身ともにちょっと疲れたのでしょう。
うつ病は、頑張り屋さんがかかりやすい病気ですが、ちゃんと治療すれば治ります。
その反面、ちゃんと治療しないと長期に渡ってつらい思いをするかもしれません。
おどすつもりはありませんが、お早めに治療されることをお勧めします。

もうひとつは、治療においてはご家族の理解とケアも必要です。
まおさん、親の立場で考えてみましょう。
まおさんのつらさに気づけず、打ち明けられず、何もできない方が、親にとっては悲しいと思いませんか。
元気であれば何よりですが、どんな人にも生きていれば、つらいこともあります。
誰かの助けが必要な時もあります。
せめてご両親には、SOSを出して、治療に協力してもらうべきと思います。

よかったら、参考にしてみて下さいね。
お大事に。


違反報告

2013年9月30日 14時09分