教えて掲示板の質問

「過去の後悔、未来の不安」に関する質問

  • 受付終了

ゆーままさん

自業自得ですが、聞いて下さい。

只今1歳の娘がいます。
妊娠前から喫煙していて、妊娠中も喫煙していました。
本数も減らさず、切迫早産で入院した二週間以外、ずっと喫煙していました。
娘は無事産まれてくれましたが、
出産後娘の顔を見て今更ながら喫煙していた事を後悔しました。
出産後は一度も喫煙はしていませんが、
娘の顔、笑顔を見るたび、(こんな可愛い子が居たのに…自分は何て事をしてたんだ。)等考えてしまいます。
妊娠中、まだ見ぬ自分の子の命を甘く見ていました。
今更毎日ネットで、妊娠中の喫煙の影響を検索してしまい
知的障害、小児がんの確立の増加等を見て怖くて仕方がありません。
一度考え出すと止まらなくなり、1ヶ月以上ずっと
このことを考えています。
過去を気にしても仕方がない。と思い、考えるのを辞めよう。と何度も思いましたが、
娘に害を及ぼしてしまったのに、気にしないなんて出来ない…と思ってしまいます。
将来喫煙の影響が娘に出るのが怖い事はもちろん、
喫煙していた事を娘が知った時、嫌われるのではないか…等も怖いです。

こんな最低な自分が本当に嫌になります。
自業自得ですが、毎日考えても考えても解決できず、しんどいです。

乱文で申し訳ありませんが、何かお言葉を下さい。

違反報告

2013年9月20日 21時29分

教えて掲示板の回答

お悩み相談 Counseling-Kei

初めまして、ロジュディス ケイコと申します。
人は皆いろいろな経験や失敗をし、その中から学びながら、生きています。 
二度と後悔しない人生にする為に......
ゆーままさんは、もし娘さんがいなかったら、まだ喫煙されていたかもしれませんよネ。 ですから、この様に捉えたら如何でしょう?

これだけの痛みを背負ってあなたに愛を伝えようと、あなたを助けようと、ゆーままさんの所に来てくれたんだ!と。 
つまりゆーままさんに、『このままの生活をしていると体に悪いよ!』、『生活を変えて!』と伝えたくて、生まれてきてくれたのかもしれません。  それ位大きな代償を払わなければ、あなたは止められなかったのかもしれません。
ですから娘さんには感謝です。 大きな勉強をさせてくれているのです。
申しわけないよりまず「感謝」ですネ。 そして本当に後悔の気持ちがおありでしたら、その気持ちと娘さんの為にも今からでもする事はありますョ。

ご自分の失敗から学んだ事、同じ様にしている妊婦さんに、ゆーままさんの後悔のお気持ちを伝える事です。 伝える手段は何でも良いでしょう! ブログでも、あるいは自助グループに参加されて体験談をお話されるのも良いでしょう。
もし一人でも妊婦さんの喫煙を、ゆーままさんが止める事が出来たら、ゆーままさんの後悔も、して来た事も全て活かされる事になりますよネ。 
それはゆーままさんが新しい命をも助けている事になりませんか?
そうなれば娘さんがこの世に生れて来てくれた意味もわかり、きっと尚いっそう娘さんを愛しく感じられる事でしょう。

終わってしまった事をいつまでも悔いるのではなく、その意味を考え未来にそれを活かす事で、娘さんが大きくなった時、きっと理解し、許し、尊敬してくれるようになるかもしれません。
どうぞ、その後悔を活かし、意味のある人生におき換えて行かれる事を、切に希望しております。 

違反報告

2013年9月28日 00時26分


お礼コメント

回答ありがとうございます。
おっしゃる通り、娘がいなかったらきっと今でも喫煙していたと思います。
娘が産まれてきてくれた事に感謝します。
自分ができる事、探していきたいです。

2013年9月28日 00時31分

旭カウンセリングルーム

過去の事を忘れる事が出来ず苦しんでいますね。失敗した事を反省しているのですからそれ以上考えなくて良いのです。不安性(回避性)人格障害になっていますね。失敗を恐れて新しい事が出来ないのです。その根底にあるのは、低い自尊心と低い自己評価です。自責の念は必要ないです。考え過ぎると「うつ病」になるかも知れません。子供さんが元気に成長する事を考えましょう。

違反報告

2013年9月27日 18時23分


お礼コメント

回答ありがとうございます。

これから先娘が健康に育つよう考えて行きたいと思います。
前向きな人生を送りたいです。

2013年9月27日 18時29分

あなたはとてもやさしいお母さんですね
後悔と不安でつぶされそうになりながら、賢明に努力しておられるのがわかります。
たいへんツライ時間をお過ごしのことと思います。

ここでまず確かめておきたいのは、病気にはだれでもなるということ。
そして妊娠中の喫煙が原因だろうが大気汚染が原因だろうが放射能が原因だろうが、病気は病気だということ。
また、喫煙を後悔すれば病気が免れるわけでもないということです。

病気になるかもしれないし、ならないかもしれない。
それは誰にもわかりません。
そのことをまずしっかりとご自分に確かめてください。


そのうえで、こう考えてみてください。
あなたはもうじゅうぶん苦しんだのではないでしょうか。
じゅうぶんすぎるほど、ご自分を責め苛んだのではないでしょうか。

妊娠中の喫煙というのは考えが足りなかったというのは事実ですが、といって今になって後悔してもどうしようもないことはご自身がいちばんよくわかっておいでのことです。
あまり自分を責めすぎないようにしましょう。
誰にでもまちがいはあります。
ましてや未経験のことなら結果が想像できませんから、間違いを犯しやすいですよね。
人間ですからとうぜんのこと。


けれど、では「まちがいはしかたがないのだから、後悔しても意味がない」というのも、それはまたちがうのではないかと思います。
わたしたち人間は後悔することによって、「ほんとうに大切なことはなんだったか」を魂に刻むからです。
あなたにとって何より大切だったのは、娘さんの健康であり、いのちでした。
後悔が胸をつき刺すそのたびに、そしてそんな自分でも恵まれた娘さんのいのちを思うたびに、こんなに素晴らしくかけがえのない宝物はない、と心底あなたは感じていらっしゃるでしょう。
そんなお母さんのことを、お子さんはきっととても誇らしく思い、尊敬するにちがいありません。

小さい子供にとって、お母さんは世界そのものです。
世界は自分を大切にしてくれている、愛してくれている、と確信している子供はまっすぐに育ちます。
もしこのさき病にかかっても、これほど愛されているお子さんですから、たくましく強く、病に立ち向かうことができるでしょう。


ただ、お母さんの後悔や心配が強すぎるのは、ぎゃくにお子さんにとっては「自分のせいでお母さんが苦しんでいる」という罪の意識をもたせることになります。
ですから親として後悔するのは当然のことですが、後悔は後悔として、ご自分のなかでいったん整理しましょう。
そのうえで、親として、お子さんが病気にならないようにできるかぎりのことをなさればいいのではないでしょうか。


後悔も不安も、あなたに大切なことを教えてくれました。
こころすべきは、その後悔と不安にのみこまれないこと。
のみこまれそうになったら、「わたしにとってはこの子と一緒にいることがなにより大切だし、なによりうれしくよろこびなんだ」と思ってください。
そして、そのうれしさやよろこびを、精一杯お子さんに伝えてください。
後悔と不安でいっぱいのおかあさんと一緒にいるよりも、自分と一緒にいるよろこびが心に溢れているおかあさんといることのほうが、お子さんにとってなによりもの贈り物になるにちがいありません。


さいごに、

それでも大切な我が子が病気になったら・・・と不安になるときはありますよね。
そんなときには、あなたはもうすでにいろんな病気のことや病院のことなど、さまざまに調べて検討済みである、という事実を思い出してくださいね。

もし病気になっても、あなたには打つべき手はしっかりわかっています。
それに、あなたをサポートしてくれる家族や友人もおいででしょう。
わたしたちもいます。
みなでいっしょに乗り越えていきましょう。
お子さんも、きっと応援していますよ!

違反報告

2013年9月27日 17時52分


お礼コメント

回答ありがとうございます。
読んで行くうちに、段々と心が楽になってきました。
後悔は忘れてはいけない。でも一旦しまえるようにしたいです。
これから先、私の愛情全部で娘を包み育てて行きたいです。
苦しくなった時は教えて頂いた言葉を心で繰り返したいと思います。

2013年9月27日 18時10分

ホリスティックヘルスサポート ピュア・ジョイ

ゆーままさん、こんにちは。
おおたかと申します。

お嬢さんのこと、さぞかしご心配のことと思います。
私も妊娠中の投薬を後々まで心配していたことがあり、お気持ち痛いほどわかります。

現代社会ではたばこばかりでなく、環境汚染や食品添加物、放射能や予防接種の害
薬害などに苦しむ方々がたくさんおられます。
実は私は心理カウンセリングだけでなく、自然療法も手がけておりますが、正に
このような「害」の問題に取り組んでいます。
友人の小児科医師も後押しする療法です。
療法についてはここでご紹介するには適切ではないかと思いますので、詳細は
省かせていただきますが、思いもかけない朗報になるはずです。
HP経由でご連絡をいただければ内容をご案内させていただくことは可能です。

ゆーままさんの心理面ですが…
人間は実は潜在意識でつながっており、親子、家族関係ではそれが本当に強く
表面化してきます。
私は様々な手法を使ってその方が苦しんでいる「意識」そのものに変化を起こす
サポートをしていますが、例えば、お子さんに全く何も手を加えずとも、お母さんの
意識の変化がお子さんの心身の状態を変えることはしばしばあります。
また、これは親子関係ばかりでなく人間関係でも言えることですが、その人個人を
「どのように見るか、接するか」はとても大切です。
その人を「○○な人」と信じていることによって、本当にその人はそのように振舞う
のです。
回復不可能と思われた重い精神疾患の患者でも真摯に人間として愛をもって
接すれば、回復できるというような驚くべきことも起こります。
これは、キューブラー・ロスという精神科医がそのように患者に接することで
「治療の見込みがないと思われていた統合失調症患者たちの、実に94%を退院
させることができた」という言葉を残している通りです。

信じがたいかもしれませんが、ゆーままさんもお嬢さんを「可愛そう」とか「不健康に
なるかも」とは見ずに、お嬢さんが健康に生き抜く力を持っていると信じてあげること
で、逆にその考えがプラスに転じていくと思います。
そういう意味で、ゆーままさんの心配されるお気持ちそのものをカウンセリング等で
少しでも軽くしていくこともとても大切なのではないでしょうか…

ですので、このような場で苦しい胸のうちをまずは少しでも表現していただいて、
本当に良かったと思っています。
家族やお友達にこのようにお話しされることで、解決法はなくても少なくとも山のよう
になった不安感は少しは軽減されるはずですので、日頃から意識されて下さいね。

違反報告

2013年9月27日 17時34分


お礼コメント

回答ありがとうございます。
お話、とても興味深かったです。
娘の健康を信じ、家族にも協力して貰い前を向いて行こうと思います。

2013年9月27日 18時03分

療匠庵 りょうしょうあん

療匠庵の外山と申します。
ご自分を、律することができず、喫煙を続けたが、生まれてきたお子さんの顔を見てて、後悔し、お子さんが将来大丈夫か不安なのですね。
あなたは、ある意味、今回のことで、本当の意味で母親になれたのかもしれません。
あなたが、喫煙していたことは変えられません。
もうすでに、何か悪い兆候でもあるのですか?
もしないのであれば、なってもいないことで、あれこれ悩む時間を、今まで、喫煙の害に無頓着だった分、今から、今日から、健康的な生活に全身全霊を傾ける時間に変えてはどうでしょう?
お子様は、あなたの妊娠中の喫煙より、どれだけ真摯に育ててくれたかを見ているのではないでしょうか。
もし、「病気」や「障害」を持ったとして、それはお子様にっとて、あなたにとって、絶対的に悪いことなのでしょうか?
あなたは、視野を広げる必要があるかもしれません。


違反報告

2013年9月27日 17時31分


お礼コメント

回答ありがとうございます。
今現在発育は順調と検診で言われています。
妊娠中よりも、これからですよね。
前を向いて娘と健康的な生活を送りたいと思います。

2013年9月27日 17時57分

サニー

ご相談者さまへ
ご自分を振り返り 反省と後悔の日々・神経質におびえたりしているように拝見させていただきました。ご自分を反省されることは とても良い事ですし、子供の命を重んじられるお母さんに成長された御様子を感じます。
文章からだけでは お伝えしかねることもあります。実際に 1歳の娘さんの健康状態や発育状態はいかがでしょうか?この件についてもお話を伺いたく感じます。それによってまた お伝えできることもあるかと思います。
そして 今の ご相談者さまに 大切・必要だと感じますのは、娘の発育や健康状態を的確に冷静に観察することです。もちろん 愛情とともにです。
その状況により 次には 何をすべきかが出てきます。今は愛情をもって観察していくこと。その時に 医療に通じた情報を得ること・インターネットの情報も参考にされるといいかと思いますが これは 鵜呑みにすべてをしないこと。
喫煙による影響により問題であろう医療機関による 診断の中に含まれる 状況を把握して その症状が起きていると認識された時には、速やかに医療に相談にでかけるといいかと思います。
次に大切・必要なことは、ご相談内容だけを拝見しますに 母親の精神状態がすぐれません。こちらのほうがかえって 子供に直接悪影響を与える可能性がこれからも高いと感じます。
そのことを 頭において 自己管理をされることをおすすめします。良い精神状態で子供と関わることがどんなに重要であるかを認識されてください。
お母さんが子供にとっての世界なのです。
今までの 自分の未熟さをしっかり認識して忘れませんように。だからこそ 成長していこうと思えるものです。そして 過去はやり直せません。今後 子供にとって母親が良い環境になっていくことを考えてください。
自分が 落ち着いて明るく子供を観察 育成を行いながら 過去の分まで良い環境になってください。良い環境とは何か?を 考えてください。
また どうしても 不安などが 取り除けないようでしたら 私のエネルギー的なセッションを受けてください。動揺や不安を改善し、いかに成長していくかをカウンセリングさせてください。ご自宅でも電話やスカイプでのご相談が可能です。対面で行えれば良いのですが無理な場合も未来への不安や動揺・罪悪感などの感情や意識の問題に対応するエネルギー的なことも遠隔で行えます。氣を変容させて癒すことなどが可能です。必要だと感じた時には、再度 ご依頼くださいませ。

そして まず おおきく ゆっくりと深呼吸をして 子供を見てください。
可愛いですか?(#^.^#)
子供を可愛いと感じているお母さんでいてください。
子供が一番好きなエネルギー(氣)は 『あなたが可愛い』です(#^.^#)

沢山 沢山 可愛いと感じてあげてください。
カウンセリングサニー

違反報告

2013年9月27日 15時02分


お礼コメント

回答ありがとうございます。
おっしゃる通り普通の精神状態じゃないように自分でも感じています。
娘の世界は私。とても心にひびきました。
娘の事は本当に可愛いです。愛しています。
でも、だから、喫煙してしまった事が苦しいです。

娘を可愛いと思い続けられる母でいます。

2013年9月27日 15時39分

追加コメント

カウンセリングサニーです
明るい お返事がいただけて ほっとしました(#^.^#)

2013年9月28日 11時08分

ことゆめ心理カウンセリング

お嬢さんのこと、可愛くて可愛くて仕方が無いのですね。
生まれて来てくれて実際目の前でお嬢さんを見た瞬間から、深く愛してしまったんですね。

人を深く愛するとそういう気持ちが生まれるものですよ。

過去のこと、色々悩むのはどんな母親も同じです。

あれがいけなかったんじゃないか
これがいけなかったんじゃないか

母親ってそういうものです。

その分、この先、お嬢さんのことで辛いことがあった時、
ぐっとこらえる為の苦い薬を貰ったのだと思いましょうよ。

   ことゆめ

違反報告

2013年9月27日 14時52分


お礼コメント

回答ありがとうございます。
娘を見た瞬間、今までになかった感情が出てきました。
可愛いくって、可愛いくって仕方がありません。
この子のためなら何でもしたい!
でも、出来なかった自分が嫌で仕方がありません。

苦い薬。そう思い、これから愛情いっぱい育児をしたいと思います。

2013年9月27日 14時59分

追加コメント

最後の文、わかりづらかったですよね。

例えばお嬢さんが成長して生意気を言ったりした時に

今の辛さを思い出すと我慢ができたりするということを言いたかったのです。

過去の喫煙のことも、それを後悔して苦しんでいることも、マイナスなことばかりではありません。

2013年9月27日 14時59分

お礼コメント

私の方こそ解りづらい書き方をしてしまいました。
おっしゃって下さった言葉の意味解りました。
ありがとうございます。

2013年9月27日 15時41分

追加コメント

とてもお早いお返事をありがとうございました。

ゆーままさんからのせっかくのお返事を読む前にこちらから補足を入れてしまい話が前後してしまいました。
すみません。

どうかこれからも愛情いっぱいの育児を楽しんでください。

2013年9月27日 16時03分

カウンセリングルーム・エンパシー

喫煙は発ガンの可能性を高めるというリスクはありますが、あくまで可能性を高めるというだけです。ですから、高い被爆でもしない限り、必ず絶対に癌になるというものは殆ど無いと思います。人間は、どちらかというとネガティブな結果を想定して生活している方が楽です。しかし、毎日悪い結果ばかりを想定して生きていくのは疲れます。人が生きていくのにリスクは付きものです。たばこを吸わなくても肺ガンになる人、お酒を飲まなくても胃ガンになる人もいます。今のあなたを苦しめている不安の正体は、「認知の歪み」です。認知療法で修正することをお勧めいたします。無料で回答フォローいたしますので、「mental@r-empathy.com」 までご連絡ください。

違反報告

2013年9月27日 14時36分


お礼コメント

回答ありがとうございます。
ネガティブな方ばかり考えてしまい、
中々ポジティブな方向へ考えるのは難しいです。
もう少し自分で考えて連絡させて頂くかもしれません。
その時はよろしくお願いします。

2013年9月27日 14時51分

カウンセリング 催眠療法(ヒプノセラピー)の総合セラピールーム

起こってもいない事を心配しても意味がありません。

娘さんは「今」健康体であるのですから、

「今」、娘さんと愛情を持って楽しく過ごすことが一番です。

過去は流れ去ってしまったもので、やり直すことはできません。

今を楽しくしっかり生きることが、良い未来をつくります。


どうしても、生活に支障をきたすという場合は、

ご相談ください。

http://healing-sweet.net/ryou/fuan.html

違反報告

2013年9月27日 14時29分


お礼コメント

回答ありがとうございます。
過去を気にしすぎて、『今』を大切に出来ていなかったと思いました。
今の娘をよく見て、愛情をいっぱいそそぎたいと思います。

2013年9月27日 14時45分

カウンセリングルーム心の窓

ゆーままさん

生まれたお嬢さんの顔を見るたびに過去の自分の犯した過ちを思い出し辛いのですね。

残念ながら、人は今のところ過去に時間を戻して過ちを消し去ることはできません。
未来を確実に予見することもできません。

あなたにできる事は、過去の過ちを胸の中に大事にしまっておき、二度と繰り返さないように今を生きる事だけです。

せっかく授かった大切な命です。過去を悔いるエネルギーや未来を憂うエネルギーをすべて使ってお嬢さんを大切にしてあげてください。

変わろうと思った今から、あなたの新しい人生は始まり素晴らしいものとなるはずです。

違反報告

2013年9月27日 14時17分


お礼コメント

回答ありがとうございます。
もう二度と娘に害がある事はしません。
娘と一緒の未来が素晴らしいものになるよう、
努力していきたいと思います。

2013年9月27日 14時42分

こころの相談室 おうみ

ゆーままさん、こんにちは。

まずは、無事ご出産されたことをお祝いいたします。
おめでとうございます。

振り返って反省されているのであれば、
これ以上悔やみ続けても仕方がありません。
これからは、お子さんを大切になされば
良いと思います。

喫煙の影響が結果的にお子さんに出た時、
ゆーままさんが全力で守ってあげてください。

何よりも、お子さんと楽しく暮らして
いかれることが、お子さんのために
なると思います。

違反報告

2013年9月27日 13時19分


お礼コメント

回答ありがとうございます。
何があっても(無い方がいいですが)守っていきます。
前を向き、子育てをしていきたいと思います。

2013年9月27日 14時40分

追加コメント

頑張ることも必要かもしれませんが、

なによりも、楽しい家庭にすること、

子育てを楽しまれたら良いと思います。

ということも、なかなか難しいことですが。

2013年9月30日 12時30分