教えて掲示板の質問

「どうしていいかわからない。」に関する質問

  • 受付終了

倖奈さん

もうどうしていいのか分かりません。
周りに相談する人もいず、苦しくて苦しくて。
最近は、生きていたくない。
私が死んだら、状況が良くなるのでは。
死にたい。とさえ考えてしまいます。
心療内科・精神科・カウンセリング
どこに行けばいいのかさえ
分かりません。
教えていただけませんか?

悩み事は…家族の問題です。

今、我が家に弟夫婦が住んでいるのですが
嫁の事で母親と弟が揉めます。

嫁は今妊娠中なのですが
流産しかかっている為、あまり動けません。
洗濯も掃除も食べた食器も
祖母がしています。
嫁は朝から晩まで寝っぱなしです。
それは分かっています。
しかし、弟が帰ってくると
外に出掛けたりします。
おかしくありません?
家事しないのに遊びには出かける。
そんな都合のよい出来事がありますか?
弟は『息抜き』だといいます。
が、私には納得いかない。
他にも嫁に対する愚痴は一杯あります。
が、私は皆が笑って過ごせるように
一切今まで言った事もありません。
母も嫁に対する愚痴をグッと我慢しています。
それは弟と喧嘩になるのも目に見えてるし
嫁も肩身が狭いだろうと見越して
黙って耐えてくれています。
弟が嫁を庇う気持ちは分かります。
嫁の立場も居場所が無くなると庇う気持ちは分かっています。
ですが、何故母が責められなきゃいけないのでしょうか。
弟からしたら自分たちは
気を使い、我慢しながら生活していると
母を責め、怒鳴ります。

遠慮しながら我が家に住んでます。

何故私が気を使い、遠慮しなくては
いけないのですか?
嫁は好き勝手してるのに何故…。

家を出る事も考えました。
でも、今私が家を出れば
誰が母を庇ってあげれるのか。
母を一人で責められてる姿は
見たくない。
母は女手一つで私達三人を育ててくれました。
そんな母に責めたてる弟も
横で知らぬ顔をする嫁も許せません。

死んでほしいとさえ思ってしまいます。
(勿論、悪い考えだと分かっています。)

母を庇うと弟の逆輪に触れるらしく
毎回私とも喧嘩になります。
勿論、私はグッと我慢し
怒鳴られ責められるだけです。

こんなに悩むなら生きていたくない。
でも、母を一人には出来ない。

どうしていいかわからない。
誰か助けて下さい。

違反報告

2013年8月17日 00時39分

教えて掲示板の回答

カウンセリングサービス月猫

カウンセリングサービス月猫の河村です^^
ご相談読ませていただきました。

倖奈さんが納得いかず、イライラする気持ちもよくわかります。

例えば、弟のお嫁さんに対しての愚痴は
祖母も含めて3人でスッキリするまで言い合ってみては
いかがでしょうか。

本人に言っても弟が守って拉致があかないのであれば
ただ、無理をして溜め込んでしまっているだけでは
ストレスがたまっていく一方です。

弟とお嫁さんが出かけている時に
好き放題3人で言いたい放題叫んでみましょう。

気持ちがスッキリするはずですよ^^

まずはそういった嫁や弟の行動について言いたいことを
我慢するというのをやめてみましょう。

それだけでかなり精神的に落ち着くと思います。

そして もし家を出て行くとするならば
それは弟夫婦のほうではないでしょうか。

倖奈さんは出ていく必要はありませんよ^^

家長はあくまでお母様です、お母様を差し置いて
気を遣いながらも我慢して住んでいるようなことを言うならば
それはお門違いも甚だしいと思います。

もし、弟さんが気を使って我慢して生活しているんだと
言うならば、そんなに我慢して居づらいならば
逆に悪いので引越してくれていいんだよと
逆手にとって伝えてみても良いかと思います。

正直な話、そのお嫁さんも流産しかかっていて危険な状態ならば
病院に入院されたほうが良いのではないかと思います。

本当に流産しかかっていて危険な状態ならば
お医者様はなんといってお嫁さんを家に帰したのでしょうか。

そんな状態で出かけることを息抜きというのは
弟さんも本当にお嫁さんの体を心配しているのかと疑ってしまいます。

そしてなにより、本当に流産しかかっているのかも怪しく感じてしまいます。

一度、そんなに動けないのであれば、何かあった時に危険なので
無事赤ちゃんが産まれるまでは病院に入院させてみてはどうかと
伝えてみてはいかがでしょうか。

弟は自分のお嫁さんを家族がみんなで守り、支えてくれていることに
対してあまりにも感謝するという気持ちが足りない気がいたします。

とにかく、弟やお嫁さんに言っても拉致があかないのであれば
3人で一度心にしまっていた本音を吐き出しあってみてください。

また何かありましたらお気軽にご相談くださいませ。

違反報告

2013年8月26日 02時35分


療匠庵 りょうしょうあん

療匠庵の外山です。
メールからの推察で失礼します。
お嫁さんを庇うが故に、母親、姉に怒鳴る弟さん。
流産しかけていることを理由に、わがままにふるまっているように見えるお嫁さん。
あなたは、毎日、苦々しく思いながらも、我慢して我慢して過ごしておられる。
自分のことだけ、考えれば、家を出ていけば、少し楽になるけど、女手一つで、育ててくれた、お母様が一人弟さんに責められるのを、庇う人がいなくなるので、出来ないのですね。
胸がかきむしられるような、悔しさ、辛さ、苦しさ、伝わってきましたよ。
まず、落ち着いて下さい。
今、あなたの家族は、新たな家族の一員とその危機(流産しかけている)に直面しています。
普通の状態ではないわけです。
弟さんも、妻と子供を守ることで、精一杯で、神経をとがらせているのかもしれません。
ただ、何年もこの状態ではないはずです。
子供さんが無事生まれることによって、また状況は変わるのではないでしょうか?
この数か月をなんとか乗り越えることですね・・・
あなたが、死にたいほど苦しいなら、家を出てもかまわないとと思います。
なぜなら、あなたの、弟さんへの思いと、お母様の弟さんへの思いは、少し温度差があると思うからです。
家を出ても、愚痴を聞く事や、支えてあげることはできると思います。
一諸にいたいなら、今のいっぱいいっぱいの弟さんを見守ってあげるような、気持ちが必要かもしれませんね。
お母様も、あなたも、お嫁さんに気を遣って、愚痴を飲み込んで、頑張っていらっしゃるのは、分かります。
ただ、流産しそうで、全員他人の中にポツンと入って、家の中で、喧嘩がおきてい、
環境でのお嫁さん、やはりどうしていいのかわからないのかもしれません。
本来なら、家族で決め事を作り、家事などは分担なさるのが、よろしいと思いますが、今は、難しそうですね。お子さんが生まれたら考えてみて下さい。
あなたやお母様にこそ「息抜き」が必要かもしれません。
気分転換をして、ストレスのかかっていない時の自分を一時でも取り戻してくださいませ。
乗り切れるエネルギーが少しはチャージされることと思います。
お互いを追い詰めませんように・・・。

違反報告

2013年8月24日 13時28分


「自分なりの助言」を信条とする、仁世案内館代表カウンセラーです。

弟さん夫婦と、元々住まれていた家族との軋轢と不満と疑念が、あなたを苦しめているのですね。

それにしても、今時、実家に嫁に入るとは、とても珍しいことです。
推測ですが、弟さんとその奥さんとの間で、実家に居やすいようにする約束のようなものが、交わされたのかもしれませんね。
あなたも、今のご時世なら、何となく、想像はつきますよね。
それでなければ、仮にも、あなたの弟さんです。
母親やあなたに、異常なまでに、責めたり、怒鳴ったりしますかね。
そういう意味では、弟さんも、辛い立場なのかもしれませんよね。

そして、あなたも、ご実家に愛着があるようです。
あなたと弟さんのどちらが、跡取りになるのか、もう既に、決まっているのですか。

弟さん夫婦が実家に入ることで、当然ながら、他人が1人混じるわけで、その他人が堂々たる振る舞いでいるならば、喧嘩が起きない方がおかしいですよね。

では、視点を変えて、あなたが、もしも、跡取りになる場合、弟さん夫婦は、実家を出ますね。
そして、あなたは、婿養子と結婚しますね。
その婿養子と、あなたの母親が、うまく暮らしていける保証はありますでしょうか。

昔の大家族は、助け合いの精神があったから、他人が入っても、何とか円満にやっていけました。
でも、今は、コミュニケーション能力が乏しい現代人です。
二世帯家族が急激に減り、高齢者世帯がやたらと目につきます。

結局、他人が加わると、その他人の振る舞い一つで、家族崩壊の恐れがあるから、核家族化が進んでいると思うのです。
あなたの母親は、おそらく家長でしょうから、家を離れるわけにはいかないですよね。
ご先祖も守らなければなりませんから。

そこで、とんでもない発想をします。
あなたのご実家の構造に問題があるのではないですか。
推測ですが、もしかしたら、常に、顔を合わせなければならないほど、狭いのではないでしょうか。
ましてや、他人が加わっているわけですから、それほど狭くないにしても、精神的には、とても狭く感じているのではないでしょうか。
もしそうだとすれば、まずは、家族全員が快適に暮らせる広い空間、大きい屋敷、もしくは二つの母屋が、必要だとは思われます。

いずれにしても、正直なところ、色々な方法は思いつきますが、家族の思い入れが強ければ強いほど、無責任な案は出せません。
しかしながら、このような事態で、あなたと母親が辛い思いをすることもありません。

元々の家族だけで、喧嘩になろうが、罵声が飛び交ろうが、とことん、話し合うことしか、解決の道はないのかもしれません。

違反報告

2013年8月23日 17時15分


りょうもう心理カウンセリング

倖奈さん、初めまして。
カウンセラーの須賀と申します。
弟さんご夫婦の勝手な振る舞いがお母様に負担となり、なおかつ倖奈さんのストレスになっているようですね。

私から2つ回答します。
まずは、「死にたい」と思う気持ちが強いようでしたら、精神科のお医者さんをオススメします。場合によっては、入院治療ということで、落ち着かない現在のご家庭から一旦距離を置くのもよいかもしれません。
病気と診断された場合、倖奈さんが入院されるということで、もしかしたら弟さんの反応も変わってくるかもしれませんし、お医者さんと弟さんを交えて病気のケアについて話し合うことで、今までの言動が変わるかもしれません。

次に、弟さんご夫婦との関係について。
お嫁さんが流産しかかっている現実を弟さんは軽く見ているのかもしれません。
その目線で、「からだに障るから、外出は控えたほうが良い」と説得されるのはどうでしょうか。
誰かが正しい、誰かが間違いといった議論では、おそらく平行線をたどるでしょうし、弟さんなりに本当は実家暮らしではなく、ご夫婦で住まわれた方がよいところ、やむを得ずご実家に甘えざるを得ない弱みがあると思われます。
ですので、その弱みをつつかれてしまえば、吠えて蹴散らすような対応になってしまうでしょう。

ものは言いようです。生まれてくるお子さんと、お嫁さんは、弟さんだけでなく、家族なんだから大事であって、だからこそ心配するものということをもう一度お話してみてはどうでしょうか。

別居その他の行動は、根気強く説得してみて、その結果を見てから再考されたらよいと思います。

よかったら、参考にしてみて下さい。
お大事に。

違反報告

2013年8月23日 15時55分


カウンセリングルーム心の窓

倖奈 さん

同居している弟さん夫婦のことが、生活、言動、態度いろいろなことで我慢が出来なくなってきているんですね。

まず、「心療内科、精神科、カウンセリングどこへ行けばいいのかさえ分かりません」とありますが、御自身で心が病んでいるという御自覚があるのでしょうか。御自覚がおありでしたら、病院へ行くよりまずカウンセリングへ相談に行ってください。そこで病院へ行くべきかどうかの、判断はしていただけると思います。

次に、弟さん夫婦の問題ですが、なぜ同居しているのでしょうか。この文からわかるだけでも成人して自立しているべき大人が、5人も自分を主張して1つ屋根の下で共同生活をすることには、かなり無理があります。だれか一人が、保護者でそのほかの方が被保護者であるという明確な位置関係があれば、可能でしょうが、それぞれが御自分の立場を主張するほぼ対等な立場での同居はどんな親しいな仲でも、必ず争いが起こります。ここをどうにかして改善しないと、あなたが御自身を仮に取り戻しても何の解決にもなりません。まずみなさんでそこをはなしあってはどうでしょうか。

次に、家族個々の問題ですが、おそらくあなたのご家庭の皆さんは、少し共依存関係に陥っていらっしゃると思えました。つまり、お一人、お一人が自立した人間関係を築けずに、どこかに依存し依存されることでなんとか成立している家族のように思えるのですが、どうでしょうか。もし、思い当るところがありましたら、家族みんなが、同意して、解決するのは難しいので、御自身の少しへんだということに気づかれた倖奈さんが、カウンセラーとの共同作業で克服してみてはいかがでしょうか。

女手一つで家族を養ってきたお母様は、本当に御苦労なされたと思います。その御苦労の中で、知らず知らずに無理をし心に傷をおっていらっしゃるかもしれません。あなたの自律した心でお母様を見守っておあげになることが、次の段階だと思います。

あまり、感情的にならずに、少しずつ解決の道筋をお立てになってください。

違反報告

2013年8月23日 15時46分


カウンセリングスペース フィールマインド

はじめまして。
フィールマインドカウンセラーの小日向るり子です。

一番大切なもの、守りたいものは何ですか?
ご相談内容を拝見させて頂き私が感じた事は、
「お母様とのストレスのない穏やかな日常」
ではないの?ということです。

兄弟の構成や詳細がわからないのであまり踏み込んだアドバイスはできませんが、弟さん夫婦が家を継がれるなら、遅かれ早かれ家は弟さん夫婦のものになりますよね。
でしたら、あなたとお母様がどこかに家を借りて引っ越しされればよいのではないでしょうか。

箱物や物質に対する執着を捨てれば、比較的簡単に解決しませんか?
とらわれが鬱症状を引き起こし『死にたい』願望が出てきているように感じますが、弟さん夫婦の問題に捕らわれて、あなたが死ぬなんて、ナンセンスです。

冷静になって、「大切なこと、守りたい気持ち」に焦点を当ててください。

違反報告

2013年8月23日 15時40分