教えて掲示板の質問

「親と自分とモラトリアム」に関する質問

  • 受付終了

Foxmanさん

大学4回生の男性です。
今就活はしていません。それは行きたい業界、職種、そして自信が無いからです。

自分は過去に大学を1年で中退しており、再受験で創作系の大学に行こうとしました。
しかし不合格となり、滑り止めの今の大学に入りました。
「なんとなく生きる」ことに反発し、何かクリエイティブな事で生きていきたいと秘かに思いながら大学生活を過ごしてきました。
やりたいことを目指すいわゆる「モラトリアム」としての学生生活を過ごしてきました。

しかし実際は大したことはできませんでした。
遠い場所で開かれたゲームの講演会に行ったり、プログラミングや絵の練習をやろうとしましたが、
ほんのちょっとしか進みませんでした。
おまけにゼミやサークルにも入らず、バイトも単発のものしかやってきませんでした。
友人も皆無で、次第に趣味に興味を失い、ただ淡々と学生生活を過ごすだけでした。

その間も母は「就活に有利になるから」と言って資格の取得を薦めてきましたが、
自分の意に合わないことなので、反発してきました。

今年の春に四回生になり、案の定就活は進みません。
そして当然、母は激怒します(父は数年前亡くなりました)。
母は「絶対正社員になれ」と言い、自分にあれこれと就活の指示をしますが、やはり動けません。
そして何度も母と衝突し合い、その度に泣く羽目になりました。

それは、自分の中で「クリエイティブな事がしたい」という意識が強いからでしょう。
しかし母が「お前は今まで何もしてこなかった!」というように、四年間というモラトリアムがあったにも関わらず、大したことをしてこなかったのは事実です。

また、「自分のやりたいようにやればいい」と考えても、母の援助無しでは生活していけなというもも情けない事実です。
独り暮らしをしたいと思っても、バイトだけで生活していける気も、根性もありません。

以前とあるカウンセラーの人からも、「あなたは親離れできていない」「あなたがいつまでもブレているから親もうるさく言うんだ」「あなたには主体性が無い」と言われてしまいました。それは事実でしょう。
それに非正規で生きていくにしても、特別なスキルが無いと無理でしょう。

自分は高校から今まで、「ただ時間が過ぎるのを待つだけ」の生活をしてきました。
親の金を無駄にしてきました。やりたいことのために大したこともできませんでした。スキルも身につけませんでした。
逃げてきました。甘えてきました。怠惰でした。情けないです。
後悔している部分もあるし、無い部分もあります。

結局自分は、甘えた環境でしか動けない人間なんだと思います。
親が正しく、自分が間違っているのでしょう。
モラトリアムの中でしか行動できない、そんな情けない人間です。

だから、今自分が欲しいものは、あと数年のモラトリアムです。
あと少しのモラトリアムが、自分の望みです。
その間に自由に行動し、バイトもし、その間に何らかの生きていけるようなスキルを身につけなければ、
後は親の言う通りにする、といった提案を親にしましたが、やはり怒られました。
親からの信用はもう無さそうです。これも自分がブレてきた結果です。

親の言うことも聞かず、かといってやりたいようにすらロクにできない。
自分は生きることに向いていないのかもしれません。しかし死ぬこともできません。ひきこもることもできません。
もう前向きなアドバイスさえ受けつけられません。


これを読んで、何らかのご意見があれば、お聞かせ願いますか。

違反報告

2013年8月14日 20時06分

教えて掲示板の回答

ELDhypnotherapy カウンセリングルームの尾玉と申します。

「文章から推測し、ご案内いたします。」

あなたは、
「なんとなく生きる」ことに反発し、何かクリエイティブな事で生きていきたいと秘かに思いながら大学生活を過ごしてきました。」
「やりたいことを目指すいわゆる「モラトリアム」としての学生生活を過ごしてきました。」
「自分の中で「クリエイティブな事がしたい」という意識が強いからでしょう。」
と書かれています。

あなたは、
「遠い場所で開かれたゲームの講演会に行ったり、プログラミングや絵の練習をやろうとしましたが、 ほんのちょっとしか進みませんでした。」
「友人も皆無で、次第に趣味に興味を失い、ただ淡々と学生生活を過ごすだけでした。」と書かれています。

あなたは日常的に矛盾を抱えて生活をしてこられていることが推測されます。
あなたは「なんとなく生きる」ことに反発したい気持ちがある」と書かれています。
あなたは「クリエイティブな事がしたいという意識が強い」と書かれています。

あなたの主張・心情は理解しますが、
あなたの大学4年間を振り返って、色々な気持ちはあっても「なんとなく生きる」ことを選択されていたと推測します。
あなたの大学4年間を振り返って、色々な気持ちはあっても「クリエイティブな事を継続してしていない」ことを選択されていたと推測します。

私はお母様の言われるように「絶対に正社員」になることが、現在社会を賢く生き抜く方法であるとは判断しませんし、現在社会では終身雇用制度も崩壊しているのですから、安全な人生のレールだとも判断できかねるところではあります。

しかし、現在でも「正社員が有利」であるという現実は存在しており、各種資格の取得は人生において有利に働くこともあるので、お母様の言い分には一理はあるでしょう。

あなたが、「クリエイティブな事で生きていきたい」という気持ちが強いことは理解しましたが、「クリエイティブな事」というのは具体的には、どの分野を指されているのか文章には書かれていません。

大学4年間を「モラトリアム」に費やされてきたということですので、具体的なクリエイティブの分野位は決められているだろうと推測しますが、そのクリエイティブの分野で働けるように毎日努力されてきたか、研鑽されてきたかについては、具体的行動はされていなかったのではないでしょうか。

もしかすると、未だにクリエイティブのどの分野・業種・職種に自分の人生を歩むのかも決められていないのではないでしょうか。

もし、大学4年間を費やして、未だにクリエイティブのどの分野・業種・職種に就くかも決めておられないようでしたら「モラトリアム」という言葉を安易に利用されないほうがよいと推測します。

あなたに、「だから、今自分が欲しいものは、あと数年のモラトリアムです。」と書かれていますが、具体的な将来的な夢・目標・指針も決めていないのであれば、無駄な年数となるでしょう。

あなたに必要なのは、「あと数年のモラトリアム」ではありません。

今すぐにでも、クリエイティブのどの分野・業種・職種で人生を歩んでいくのかという将来・未来についての夢と目標と案内します。

あなたが認識を改めないといけない点があると推測します。
誰でもはじめからプロな人間なんていません。
はじめから成功する人間なんていません。
人生についてはじめから自信を持っている人間などいません。
人間に完璧な人など存在しません。

毎日の失敗の積み重ね、その失敗の中から失敗の原因を探し出し、二度と同じ失敗をしないことで成功に変換していく毎日の努力が、遠回りに見えますが成功への近道といえるでしょう。

文章全体から、あなたは「ダメだ」「無理だ」「自信がない」と思うとすぐに物事を投出してしまう傾向があるように推測されます。

それでは、いつまで年数を経過しても、あなたの辿り着きたい場所へは辿り着けないでしょう。

はじめは誰でも失敗する。
失敗しても諦めない。
失敗の原因を突き止めればそれは成功。
二度と同じ失敗を繰り返さなければ成功。
毎日継続して、将来・未来の夢・目標に毎日一歩でも近づくという気持ちが必要であり、行動が必要とご案内します。

頑張ってください。

失礼します。

違反報告

2013年8月24日 10時07分


お礼コメント

回答して頂きありがとうございました。

2013年9月1日 02時01分

療匠庵 りょうしょうあん

療匠庵の外山と申します。
あなたがもう気付いていらっしゃるように、もう少しモラトリアムの時期をもらって、少しでも、スキルを身に着け、少しでもやりたい仕事につくのが、あなたの悲願ならば、やってみることです。
あなたの人生はあなたのものです。
お母様が、一時的に怒ったとしても、息子がスキルを身に着け、入りたい会社にはいることを最終的にはうけいれてくれるのではないでしょうか?
それでも、一歩も前に踏み出せないですか?
今は学生なのですから、援助してもらっても情けないことではないと思います。
お母様には、「出世払い」でよいのではないですか。
その代り、たくさんできる時に親孝行をすれば、きっと分かってくれると、思います。今は精神的親離れの時かもしれません。
「離れる」のですから、痛みはお互いにあるでしょう。
これも、あなたの成長には避けて通れない道です。
流した涙をむだにしない為にも、生きぬいて(行きぬいて)下さいませ。
辛い時はいつでも相談下さいませ。                                                  


                                                           
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

違反報告

2013年8月22日 15時09分


お礼コメント

回答して頂きありがとうございました。

2013年9月1日 01時58分

「自分なりの助言」を信条とする、仁世案内館代表カウンセラーです。

何らかのご意見をということですので、意見をさせていただきます。

>モラトリアムの中でしか行動できない、そんな情けない人間です。
>だから、今自分が欲しいものは、あと数年のモラトリアムです。
>あと少しのモラトリアムが、自分の望みです。

モラトリアムの中でしか行動できないと自覚されている“あなた”が、あと数年のモラトリアムを手に入れた後、“なりたい自分”を手に入れられる自信又は保証がありますでしょうか。
例として、起業にしても、銀行融資を受けるには、それ相当の採算と将来性のある事業計画がなければ、お金は貸してくれません。

あなたの母親も、失礼ではありますが、あなたにレールを引いてあげられるほど、力はないと思います。
だからこそ、母親のあなたへの言葉も、息子に対する至極当たり前の言葉のように思えます。

要するに、本当の意味であなたの一番の理解者である母親をも説得できない“モラトリアム”は、現実的ではなかったことになります。
モラトリアムなどと言っておらずに、今すぐにでも、行動に移されてください。
何年かかってもよいと思いますから。

違反報告

2013年8月21日 17時49分


お礼コメント

回答して頂きありがとうございました。

2013年9月1日 01時57分

憂うつの癒し屋

あなたは、今、この瞬間を生きることだけを考えていただきたいと思います。
コントロールできるのは今この瞬間だけですから、過去にこだわらず、未来を想像するのをやめてもらいたいと思います。
瞬間瞬間の積み重ねがほんとうの意味でのモラトリアム期間だと思います。
社会、親との関係はたしかに大切ですが、変に折り合いをつけようとしないことです。
自分の直感を信じて今の瞬間を生きるだけでいいと思います。
今は!!!!

違反報告

2013年8月21日 16時23分


お礼コメント

回答して頂きありがとうございました。

2013年9月1日 01時56分

横浜カウンセリングサービス

こんにちは。
横浜馬車道にあるカウンセリングルームです。

「行きたい業界、職種、そして自信が無い」ので就活せず、少し
猶予期間が欲しいと希望しています。

あなたのおっしゃる「クリエイティブな事がしたい」というお気持ちは
理解できますが、あなたの人生はスタートしたばかりです。
どこであなたの天職につながるか?活動してみなければわかりません。

人生は平坦ではありません。
文字通り、山あり谷ありの人生です。
どこで道が拓けるかわからないのも人生の醍醐味です。

様々なご意見が寄せられるでしょうが
あなたらしく、そしてあなたが納得できるように人生を進めてください。


違反報告

2013年8月21日 15時15分


お礼コメント

回答して頂きありがとうございました。

2013年9月1日 01時55分

カウンセリングルーム心の窓

Foxmamさん

悩ましい問題ですね。少し私の話を聞いてください。

モラトリアムという言葉、大分気に入ってらっしゃるようですね。本来は、執行停止 とか支払い猶予のようなイメージで使われる言葉が、大学の4年間もしくはその後の数年間することが決まらず、模索する時間として使われることが多くなっているようです。

では何を停止してもらって何を模索するのでしょうか。当然、日本人は大人になれば、仕事をし、いろいろな社会的責任を負わなければなりません。まずその責任を猶予されています。そしてその間に、自分が喜びをもってこれからの生活を支えていけるような仕事を模索するというのがこの時期の役割だと思います。
思い起こしてみれば、ほんの数十年前、つまり高度経済成長によって日本人の多くがゆとりをもって生活できるようになるまで、子どもたちは、義務教育が終われば、生産活動に身をゆだねるか、社会的にドロップアウトするかを迫られていたので、池田隼人の所得倍増計画辺りから、国を挙げてゆとりのある社会を目指していたわけです。ところが、社会が富を蓄えると、より多くの権力と富を得ようと思った人たちが、社会を便利という言葉をつかってがんじがらめにして、生産性を上げようとしてきました。その結果が、今の社会と、これから続くであろう未来へと引き継がれていて、人は何となく生きにくいと思うようになってきたというのが現代の実態で、その産物が、Foxmanさんのような方々だと思っています。
ですから、社会はもともとはモラトリアムを作るために必死になって働き続けてきたのであって、結果そういう人が増えることは、容認されるべきなのですが、そこは、社会を今牛耳っている指導的な立場にいる人たちは、あなたのような人が増えると、社会がひいては自分の社会的地位や富が衰退していくと危機感を感じて、あなたたちを仕事へと掻き立てているのです。

私は、モラトリアム大いに結構だと思います。じっくり社会を見据えて自分に合った仕事で、生きていこうとする姿非常に尊いとさえ思います。ただ気になることがあります。

まず、クリエイティブな仕事、クリエイティブな勉強とおっしゃっていますが、私は、社会に積極的にかかわろうとする気持ちさえあれば、いかなる仕事も、勉強もクリエイティブなものではないかと考えています。ITのプログラムなど、新しいヴァーチャルと関わっていくことだけが、クリエイティブと思っていらっしゃるように受け取れるあなたの考え方には、少し疑問を感じます。

次に、一番最初に書いてある業界、職種、自信がないという言葉ですが。業界職種は、周りの要因で、自信は自分の要因であるにもかかわらず、それをごちゃまぜにして、理由にしているところです。モラトリアムですから業界、業種がないというのは当然として、自信がないというのは、どういうことなのでしょうか。自信というのは、目的が見えて、それに向かっている時自分の中に湧いてくるものですから目的がない以上自信を理由にすること自体が変だと思います。つまり、自信がないのは、あなたの心の中で漠然と生きて行く自信がないのであって、これは勉強や、就活で解決されるものではないと思います。

今まで、どのような家族生活を送ってきたかは分かりませんが、一つの信条を親から与えられ、それに従って生きていこうとすると、自分の中で生きる気力が奪われてしまうことは、よくあることのようです。そしてその中で今までの日本人のように、ただ流されて生きて行くと、また自分の子供にも同じような信条を受け渡すことになり、現代のような停滞した社会を作る結果となるようです。

モラトリアム大いに結構、ただただ悩んでください。でも自然の摂理からいえば、親御さんは必ずあなたより先にこの世を去り、あなたは次の世代へ自分の意思を伝えてから去っていかなければならないと思います。

今日本には、奨学金などの、モラトリアムを支える制度もちゃんとあり、ひとりで生きていくことは、昔ほど難しいことではなくなってきています。それらを利用して、本当の自分の気持ちに合った仕事を見つけ、素晴らしい社会を作ってください。

違反報告

2013年8月21日 14時38分


お礼コメント

回答して頂きありがとうございました。

2013年9月1日 01時55分

郷家あかりカウンセリングルーム

Foxmanさん、はじめまして。郷家あかりと申します。

とってもいい!頑張れ!…そう思いました。
お母様のおっしゃること(資格取得や正社員を目指すこと)に従わず、「クリエイティブな仕事がしたい」そして「あと数年のモラトリアム」が欲しいとおっしゃる。
踏ん張ってみてほしいと思います。

日々、私が相談室でお会いする方には、御両親の望みに従って生きてきたものの行き詰り、抑圧してきた本当の思いに気づき始めて苦しんでいる方、それにさえ気づかずに「なぜ自分は何もやる気になれないのか」「何のために生まれてきたのか」と力を失いきっている方が、たくさんいらっしゃいます。

自分の人生を好きなように生きていい。

そのことに、どうしても許可をおろせない方たちです。30代、40代…、先日は、もう御両親を亡くした60代の方が見えましたが、振り返って「何のための人生だったのか…。母親の反応次第で判断して生きてきてしまいましたが、もうやり直せません」とおっしゃっていました。

参考になるかどうか…、私の息子の話をさせてください。
息子は、私たち両親が当然と思っていた進学校へ進んだものの”息切れ”を起こし、かろうじて大学へ進んだものの、やりたいことが見つけられず、結局1年で退学。その後、アメリカ留学をしてきたらどうか…という父親の話も、一旦承諾するもドタキャン…、ほんとうに腐っていました。

でも、道を見出せずもがいているように見えましたので、私は、思い切って沖縄で暮らしながら好きな海の仕事に繋がるよう、ダイビングのインストラクターになってみるっていうのはどうだろう…と提案してみました。
息子は喜びました。息子は、父親のような大企業で働く研究者にはなれない、サービス業がしたいんだ、と言っていましたが、父親は「そんなもの」呼ばわりだったので苦しんでいたからです。
8か月家を出て暮らし、沖縄の海と、優しく逞しい人たちに育てられ、大きくなって帰ってきました。結局、海の仕事を続けることは選択しませんでしたが、そこで得たものを、今の仕事(非正規雇用ですが望んでいたサービス業に就きました)で生かしています。
とても元気です、人生始まった、という感じだそうです。

そんな例を間近に見ている私なので、強く思うのです、Foxmanさん、踏ん張ってみてください、と。

まだまだ若いです。時間はたっぷりです。
好きなように生きる以外、どう生きたらよいのでしょう…。

お母様があれこれと、幸せになってほしくて提示したり指示したり嘆いたり怒ったりするのは当然です。でも正しいとか間違っているとか、そんなこと言っても仕方ないですし、お母様であってもFoxmanさんの人生を生きることはできません。

繰り返しますが、Foxmanさんの人生です。

でも、身体がノーと言っていないなら、動けるなら、早く動き出すとよいですよ。
間違っても失敗してもいいと思います。やり直せますから。
でも、頭であれこれ考えていないで、「これ!?」と思ったら飛び込んでみるといいし、それに出会えていなくても、動いていれば、ヒントやきっかけに気づけると思います。

確かにお母様の縛りから逃れるには諸々不足しているかもしれませんが、だからと言って、お母様の望みに従ったところで……ですよね。それがお分かりだから、モラトリアムが欲しい、とおっしゃっているのですよね。

元気を出して頑張ってみてください。応援しています!

違反報告

2013年8月21日 14時36分


お礼コメント

回答して頂きありがとうございました。

2013年9月1日 01時54分