教えて掲示板の質問

「セミが怖くて仕方ありません」に関する質問

  • 受付終了

rocoさん

はじめして。
とても困っている事があり、こちらで相談させて頂きたく思います。
私は大の虫嫌いで、特にセミが怖くて仕方ありません。
夏になるのが毎年恐怖で、セミの羽が落ちているだけでそこを通れない位、怖いです。
自分でも異常なのはわかっています。
毎日それが原因で外に出るのも恐怖で一杯です。
セミが家の外にいるだけでそこを通れないので、家の中に入る事もできず、友人に来てもらったりします。
しかし、毎回来てもらうわけにもいかず、一人でもセミがいてもそこを通れる位にはなりたいです。
このままでは本当に生活に支障をきたしてしまいます。もう既にきたしていますが…
去年、私をからかうつもりで、知人がセミの死骸を私に見せてきました。
震えと涙が止まらず、パニックになってしまいました。
周りからもただの虫嫌い位にしか思われず、理解してもらえません。
悩んだ挙句、バッチフラワーレメディーなども試しましたが、私には効かなかったようです。
本当に困っています。
何かいい方法があれば教えて頂きたいです。
宜しくお願いします。

違反報告

2013年7月31日 09時35分

教えて掲示板の回答

Healing Room ROSEMARY

rocoさん、はじめまして。Healing Room ROSEMARY と申します。よろしくお願いいたします。

虫、特にセミがお嫌いなのですね。
rocoさんだけではなく、虫の苦手な人、というより、「恐怖症」の人はたくさんいらっしゃいます。

また、虫のなかでもゴキブリや蜘蛛、百足、毛虫、蛾、など嫌われる種類は意外と多いものです。
中には蝶が嫌い、という人もいます。
その他、爬虫類や両生類を恐怖だ、という方は多いですね。

人間は、自分の姿かたちとかけ離れているものを嫌う傾向があるのだそうです。
そして、やはりこのようなモノの好き嫌いは、個人レベルの問題ですし、どれが正常でどれが異常、という類の話ではありません。

ですから、rocoさんがセミ恐怖症であったとしても、それが異常なのではありません。ご安心ください。

さて、恐怖症の克服には色々な療法があります。
曝露療法といって、その嫌いなものに徐々に慣れさせる、という療法がありますが、これは専門家と一緒にやらないと逆効果になりますからご注意くださいね。

セミ恐怖症になったのには、もしかすると幼い頃に何か原因となった出来事があったのかもしれません。
もし、それを探し出したい、という場合、そしてその時のご自分を癒してあげるにはヒプノセラピー(催眠療法)があります。

いずれにしましても、カウンセリングをお受けになって、少しずつ時間をかけて克服するのが良いかと思います。

セミは夏の間だけですし、セミを見るだけであれば大丈夫、という段階までいかれたら、きっと生活にはあまり支障がなくなるでしょう。

その段階までいくのも辛いことかもしれませんが、チャレンジしてみてください。

違反報告

2013年8月1日 22時09分


憂うつの癒し屋

セミが特に異常なほど怖いのですね・・・・・
それは、もしかしたら「鳴き声」にある可能性が考えられます。
鳴き声が過去のトラウマをフラッシュバックさせているのでは?と考えられます。
これは、アンカーリングと言って、特定の視覚的・聴覚的・触覚的のものが、
過去のトラウマを呼び覚ます引き金になっているということです。
私のHPの憂うつを癒すカウンセリング心理学
http://sinrigaku.comの中で、
まずは、「トピックスリスト」~「フォーカシング」で自分の抱えている問題を見つめます~これだけでは多分治らないでしょうから、次に「トラウマの治療法の紹介」の中で、一人でもできるものとしての根本的な治療の“曝露療法”や対処療法的な“アンカーリングとアンカー潰し”をやってみてください。
案外、傾聴カウンセリングと言って、あなたの話を支持的に受け入れ、共感してもらうことで、解決する場合もあります。
これは、一人でやる「フォーカシング」より効果が期待出来ます。
ただし、傾聴カウンセリングは対面式で行いますので、東京のお住まいの近くで、その手のボランティア団体を探すなど、(なければ有料の団体)時間、場所、(お金)の制約がかかることを覚悟しなければなりません。
私的には、まずは日常生活に十分に支障をきたしているわけですから、傾聴カウンセリングをお勧めします。

違反報告

2013年8月1日 17時45分


カウンセリングサービス月猫

はじめまして、カウンセリングサービス月猫の河村です。

虫が嫌いな方は多くいらっしゃいます。

平気な人からすればわからない恐怖心です、
しかし嫌いな方にとっては本当に重大な問題ですよね。

まずはなぜそこまでセミだけ嫌いになってしまったのか
セミの何が嫌いなのかから紙に書き出してみましょう。

蜂であれば刺されたとか、具体的な恐怖の経験があって嫌いになることがあってもセミですと、うるさく鳴く、いきなり飛び立つなどビックリする要素はあれど、自分に対して襲いかかってくるなど実害はない虫です。

意識しすぎないように、少しずつセミのことを考えないように
外に出るときも好きな音楽を聞きながらなど意識を逸らしていくように
して徐々にセミの存在を気にしないようにしていくことも可能です。

もし、友人達や家族に理解してもらうことでも安心感を得たいのも
あると思います、その場合はそれぞれの人の一番嫌いなものを
聞いてみて、理屈ではなく、生理的にも嫌悪感と恐怖感があるんだと
相手にもわかりやすく伝えてみると理解は深まると思いますよ^^

どんな人でも大嫌いなものがいきなり平気なるという方法はございませんので
少しずつセミはただ樹液を吸って子孫を残すために夏という短い間を
必死に生きているんだなって考えてみたり、セミの立場にたって
みるのも一つの手かもしれません。

また何かありましたらお気軽にご相談くださいませ★

違反報告

2013年8月1日 16時03分


マインドクラフト

セミが怖くて仕方がないのですね。なにか過去に「セミ」に恐怖感を抱くような体験もしくは、「セミ」と「恐怖」が結びつくような体験があったのでしょうね。「セミ」をみると、無意識レベルで心と体が「恐怖」のステートに入ってしまうのですね。これは催眠療法等の無意識をコントロールする療法をおすすめします。お近くの催眠療法やNLPを実践なさってるところにご相談されると良いと思います。

違反報告

2013年8月1日 16時00分


カウンセリングルーム心の窓

rocoさん
虫が大嫌いで、特にセミが嫌いでどうしようもないのですね。
1つ伺いたいのですが、セミが嫌いになったのは、ごく小さいころからでしょうか、それとも大きくなって何かきっかけがあったのでしょうか。文から察すると記憶になさそうですが、あった場合は、そのきっかけを、探ることによって、嫌いになった原因を見つけ出し、それを消していけばよいので意外と早く解決できますが、なかった場合は、そこを探る作業から始めるか、行動療法で時間をかけて慣れていくしかないので、時間がかかります。
お近くの、心理カウンセラーに相談し、カウンセリングを受けてください。
パッチフラワーレメディーも一種の暗示と思いますので、心理的なものがあまり大きくない場合は、個人作業でもできるのでしょうが、無意識の部分があまりに大きいと、個人作業では効果が出にくいと思います。
具体的には、セミの何に一番恐怖を感じるかを考えてもらい、少しずつその恐怖が自分の中で非合理的なことを納得してもらうように仕向けます。
他の恐怖症(たとえば高所、閉所、男性、など)と同じで必ず良くなります。

違反報告

2013年8月1日 15時27分


「心の相談ルーム」オアシス大阪

初めまして。「心の相談ルーム」オアシス大阪の、のぶさわです。
ご相談内容を拝見しました。

roooさんの場合は、セミに対する恐怖症なので、周囲に中々理解してもらえずに、
苦しまれたと思います。

特定の恐怖症(あなたの場合はセミ)に対する治療法としては、
NLPのイメージワークや認知行動療法のエクスポージャー法等がありますが、
即効性と言う面では、NLPを習得されたカウンセラーさんの所へ行かれるのが
早いと思います。

イメージを利用しますので電話やメールではなく、面談が良いと思いますので、
申し訳ありませんが、当方は大阪の為、お近くでNLPのカウンセリングルーム
を探されるのが良いかと思います。

違反報告

2013年8月1日 15時25分


こころの相談室 おうみ

rocoさん、こんにちは。小倉と申します。
よろしくお願いします。

単に虫が嫌いではなく、
異常なほど、そして生活に支障が出るほど嫌いなのですね。
それは、お困りのことと思います。

バッチフラワーレメディーの効果のほどは
私にはわかりませんが、
効かなかったと言うことですね。

虫が嫌いな人はたくさんいますね。
理由は人それぞれで、
というか、理由はどうでも良く、
嫌いな人はとにかく嫌いですね。

治す方法としてはいろいろあると思いますが、
一番簡単で、安上がりなのは、
強制的に慣れることです。

まずは、虫のようなものから徐々に慣れていきます。
虫の絵=>虫の写真=、虫の形のおもちゃ
=>小さい虫(アリなど)
=>急に動かない虫(蝉の抜け殻など)
=>遠くから虫(蝉など)を見る
=>木下から蝉をを見る

などの順番に近づいていってください。

治さなければならない、治したいという気持ちで、
頑張って頂くのが、一番の近道だと思います。

なお、危険な虫を相手にする必要は
当然ありません。蝉で十分だと思います。

どうぞお気をつけて。

違反報告

2013年8月1日 15時12分


横浜カウンセリングサービス

こんにちは。
横浜馬車道にあるカウンセリングルームです。

虫自体が嫌いだということですが、特に「セミ」を嫌いだと
意識されたのは幾つぐらいからでしょうか?

もしかしたら過去の出来事に起因している可能性があります。
その場合は、その過去を清算することにより改善が見込まれます。

お近くのカウンセラーをお訪ねになることをお勧めします。

違反報告

2013年8月1日 15時08分