教えて掲示板の質問

「夫の浮気」に関する質問

  • 受付終了

こまりんごさん

家族構成

子供(1歳)一人

夫は育児も家事も手伝って、しかも私にも大変優しいいい夫であり父親です。

しかし、先日夫が1人の女性と浮気をしていることが発覚しました。
まさかと信じられませんでしたが、その時は自分も子供に夢中で夫に構ってあげれてなかったのが原因だと(実際夫にもそう言われました)思い、夫ももう会わないからと約束してくれたのでもう一度頑張ろうと決めました。

しかし、夫の浮気は結婚前から、しかも多数の人と同時進行、ときには男友達とつるんでと乱交していたり、私が実家に帰っている時は家に連れ込んだり、出張と嘘をついて遊んでいたり、合コンをしては新規開拓していました。
それでも、もう絶対ない、自分がどうかしていたというので、その言葉を信じようとしているのですが、どうしても本当に悪かったという気持ちが伝わってきません。

先日も指輪をなぜかスーツのポケットに入れて帰ってきていたので問い詰めると、きつかったから外したと言っていたのに、もう一度聞くと、その後仕事で手を洗うことがあって外したって言ってるだろ!と怒りました。自分では言っていることが合っていないことに気付いていないようでした。
それが本当だとしても、自分の不貞行為がバレて、本当に悪いと思って不安になったらちゃんと説明するからと言ってくれた人が、そんな態度を取れるものだろうかと不信感でいっぱいです。

心の奥ではまた浮気は必ず繰り返されると思っている自分がいます。
でも、夫がまだ好きです。子供を一人っ子にもしたくないし、片親になるなんて可哀そうで仕方がありません。
でも、こんなことが繰り返されるかと思うと辛くてたまりません。
自分で決断することも出来ず、毎日鬱々と食事も取れず、眠りも浅い状態で、最近は何もしたくありません。
子供を見ていると切なくなります。
皆さんだったらどうしますか?私はどうしたらいいのでしょうか。

①夫と離婚して子供と2人で頑張る
②夫を疑いながらも続けていく

結論はこの2つしかないんでしょうか。
どちらも辛いです。

違反報告

2013年6月29日 10時06分

教えて掲示板の回答

こんにちわ カウンセリング&コーチ みらい3 のひろみです。

浮気をされるのは、辛いですね。

お子様がいるのに、離婚するか?
離婚せず、子供のために我慢するか?

辛いお気持ちよくわかります。

浮気を発覚するまでは、良いパパであり、良い旦那様と思っていたから、余計辛いですね。

どう選択するのがあなたにとって一番幸せか考えるところですね。

まず最悪な状態を考えてみましょう。

離婚・・・ですか?
ひとりで子育て・・・ですか?

やはり、出来れば両親が揃っている家庭でお子様を育てたい。
もちろん、そう考えるのは当然です。

私自身も両親が離婚せず、お互いに耐えて何十年と過ごしてきてくれたことに感謝しています。あなたも同じですね。

さて、
どうするか?

‘浮気’を、、離婚するほど、重大なことととらえるか?どうか?

離婚する前から浮気性だったにも関わらず、あなたが発覚したのはつい最近・・・
つまり、だんなさまにとっては、浮気という深刻な気持ちよりは、新しい女性をゲットするゲームのような感覚??

何年も女性たちと遊びをうまくやりながら、あなたと結婚生活もして、良いパパ、良い旦那様、であった。彼としては、今さら、浮気がばれて面倒だな・・・と思っているでしょうか?「もうしない」と、とりあえず、あなたに答えている感じ。

私は、

もうひとつの選択肢: 許す

をあなたに、ご提案します。

彼のゲームを、受け入れる。
そんなこともあるか・・・と受け入れる。

彼は、あなたが、浮気を発覚するまで、良い家庭を築いていた・・・その愛を
受け入れる。



浮気する欠点以外に、、“旦那様の良いところ”はどこですか?

パパとして、子供とうまくやってくれている、、“旦那様の良いところ”はどんなところですか?

違反報告

2013年7月14日 11時02分


「夫と離婚して子供と2人で頑張る。夫を疑いながらも続けていく。結論はこの2つしかないんでしょうか。どちらも辛いです。」
こんな寂しく惨めな考えは即刻中止です。
こういう気持ちになるときに、ご主人の不倫の解消策をお考えになっても名案が浮かばないばかりか、そこから結論が得られたとしてもロクな結論でしかありません。
ご主人と離婚をしたくないのであれば、この事を前提にして、不倫を働いたご主人を責めるのではなく、不倫という行為そのものについてご主人と話し合うべきです。
不倫を働いたご主人を責めると感情的になります。
そして、人のいいご主人はその場を繕うために、思ってもいない嘘も言うでしょう。
例えばです。
「その時は自分も子供に夢中で夫に構ってあげれてなかったのが原因だと(実際夫にもそう言われました。」
この様な言い訳が通用するなら、いくらでも不倫の言い訳は可能です。
そして、正当化されてしまいます。
ここでひとつ申し上げておきます。
ご主人が過去に、あなたが留守の時に家に女性を連れ込んだ。
と、お書きになっていますが、これは、妻も外の女性も同じ女性と見なしている証拠なのです。
なので、次から次に相手を変えても特別悪い事をしている自覚が湧かないのです。
話を元に戻します。
別れずにこれから良い夫婦を続けていきたい希望をがあるのなら、不倫というものはどういう意味があるのか。
どう言う動機で不倫を働くのか。
不倫を働かれた配偶者はどう言う思いになるのか。
不倫を働いた夫婦・家族はどのような思いがわき起こるのか。
不倫を働いた家族の惨めな実例は、如何なのか。
夫婦は、どのような夫婦像が望ましいのか。
等々について、夫婦で家の外で話し合うのです。
決して、あなたが、と言う主語を使って不倫問題の会話をしないことです。
主語は「不倫」です。
この不倫が人に与える影響を話し合うのです。
そうすれば必ず夫婦の合意点に行き着きます。
その合意を元に夫婦のやり直しをすれば良いのです。
不倫を始め夫婦の間に困難な問題が発生したときは、発生事案の問題点が必ず存在します。
その点について夫婦で話し合えば、問題解決のための共通の認識が成立します。この様にして、不倫という好き嫌いとか衝動という気持ちの問題を、気持ちで対応するのではなく、理性で解決する方法を選択されると上手く行きます。

違反報告

2013年7月4日 07時16分


療匠庵 りょうしょうあん

療匠庵の外山と申します。配偶者に浮気を繰り返されるのは、とても辛いものがあると、思います。ご主人のご両親に内緒で相談してみてはどうでしょう?お孫さんのこともあるので、親身に相談にのってくれるのではないでしょうか?
もし、わたしがあなたなら、経済的に自立をし、離婚届を胸ポッケトに、浮気旦那と対決し、距離をおきます。でも、あなたは、私ではありません。あなたには、あなたにあった解決方法があるはずです。浮気以外は、いい夫で、いい父親・・・。
浮気の熱病が治まるまで、信じて待つのも一つの方法かもしれません。

違反報告

2013年7月2日 20時09分


ELD hypnotherapy カウンセリングルーム 尾玉です。

まず、ご主人様の浮気について、文章をまとめましょう。

①夫の浮気は結婚前から、しかも多数の人と同時進行
②夫の浮気は結婚前から、男友達とつるんでと乱交
------------------------------------------------------
③結婚した後も、あなたが実家に帰っている時に女性を家に連れ込む
④結婚した後も、出張と嘘をついて女性と遊んでいた
⑤結婚した後も、合コンをしては女性の新規開拓していた
⑥先日も、夫が1人の女性と浮気をしていることが発覚。

①②は結婚する前の出来事です。
※ご主人様だけでなく、ご主人様の友人達も関係していますね。

③~⑥は結婚した後の出来事です。
新しい女性を探す行為にも余念がないですね。
一貫して、他の女性との行為をすることに、計画・行動がされています。

ご主人様は、ご結婚前がから、XXX依存といいますか、
他の女性とXXXをすることを一貫して計画・行動されています。

他の女性とXXXすることに対して罪悪感は全くないと推測されます。

あなたへの罪の罪悪感・ご子息への罪悪感はあっては多少あるでしょう。
しかし、他の女性とXXXすることに対して罪悪感は全くないわけです。

他の女性とXXXすること⇒あなた・ご子息への罪悪感へ結びついていないと推測されます。

彼の心の中では、家庭と他の女性とのXXXは区分けされてると推測されます。

あなたが、ご主人様の不貞を発見する度に、激怒し、説教・説得しても、あなたのご主人は言葉のうえでの表現としては謝罪しますが、心の中では、あなたを不信にさせた・不安にさせたことへの謝罪でしかありません。

他の女性とのXXXについての心からの謝罪ではないと推測します。

ご主人は他の女性とXXXの行為をすることに罪悪感など持っていません。
ご主人の友人も他の女性とXXXの行為をすることに罪悪感などないと推測されます。

あなたが、どの時点で、ご主人の性癖をお知りになったのは不明ですが、ご主人はご結婚前から、ご友人と共に性癖を共有され、生活されてきたと推測されます。

ご主人だけでも大変ですが、そのうえご主人の周辺の友人も類友の方が少なからずおられるのですから、この性癖を変更・更生へ導くには相当の困難となるでしょう。

お主人は何年間も、多数の女性と知りたい、多数のの女性とXXXの行為を習慣として持たれています。精神的にも罪悪感は薄れる・ないほど、潜在意識(無意識)の中で習慣が固定化・強化されています。

あなたも今まで、浮気が発覚する度に、最終的には「次はダメ」と言いながら、今回の件はと、許し続けています。

ですので、ご主人様の心の中では、端的な表現をしますと「発覚しても許してくれる」という習慣が、潜在意識(無意識)の中で習慣が固定化・強化されて、根付いています。

ご主人がカウンセリングを受けるとしても、依存症の傾向が強くなっているので、長期間のカウンセリングが必要でしょう。
(もちろん依存習性が変更されない可能性もあります)

依存の習慣が変更されるまでは、ご主人様の思考・行為・行動は継続されます。

あなたの忍耐力・精神力が、それまで保つことができるかの問題もあります。


では、現在のあなたの心の動きはどうでしょう。

現在、夫は育児も家事も手伝ってくれている、いい夫であり父親
現在、私にも大変優しいいい夫であり父親
浮気が発覚、「もう一度頑張ろう」と決めた
先日も浮気の痕跡らしきものを発見
心の奥ではまた浮気は必ず繰り返されると感じている
自分で夫婦生活継続もしくは、離婚の決断することも出来ない
毎日鬱々と食事も取れず⇒食欲減退
眠りも浅い状態⇒不眠症
最近は何もしたくありません⇒無気力

現在のあなたは
自分で夫婦生活継続もしくは、離婚の決断することも出来ないにあり、
体調変化が現れているのに意識されていない状態と推測されます。
食用減退⇒不眠症⇒無気力  ストレスによる体調の変化と推測されます。

このままでは、あなたのほうが、大きな総合病院などを受診しなければならい可能性が大きくなるでしょう。(あなたのほうが精神的にまいるほうが早いです)

・あなたの自己弁護(あなた現実から目を逸らすようにしている工夫)
現在、夫は育児も家事も手伝ってくれている、いい夫であり父親
現在、私にも大変優しいいい夫であり父親
子供を一人っ子にもしたくない
子供を片親になるなんて可哀そう

あなたはお子様を利用して、現実から、ご自身の心から目を逸らしていると推測されます。

さて、あなたの将来・未来の「希望・夢」「進むべき道」は何でしょう。
どこに向かいたいですか。それにより選択する道は変わるでしょう。

①あなたが、ご主人の浮気を許す寛容さを持つ。そのうえで夫婦でカウンセリングを受けながら生活を継続し、家庭円満への道を進む。
※ご主人さまが完全に今までの習慣を抜けられる保証は今ありません

②あなたが、ご主人様の庇護下から自立することを決意する。そして、あなたが自立され、あなたと子供様とで生活をはじめる。(別居)
そのことによって、ご主人も真剣に相談のテーブルに座る可能性もあります。
(本気でご主人がカウンセリングに行く気が出るかもしれない。悪友と縁を切る可能性もある。あくまで希望的観測であり、可能性・未知です。)

③あなたが、ご主人様の庇護下から自立することを決意する。そして、あなたが自立され、あなたと子供様とで生活をはじめる。(離婚)
あなたは、新しいあなたとなることを誓い。新しい将来・未来への目標も持って進んでいく。子供様と一緒に。

あなたは、将来・未来において、幸せになる権利があります。
私は、あなたが、どのような未来・将来を幸せと感受されるのかは存じません。
でも、あなた自身の心は知っています。心だけはしっかり知っています。

あなたが、することは現実から目を逸らして、子供様のことを言い訳にすることでしょうか。

あなた自身が、自分の本当の心、涙を流して悲しんでいる心を抱きしめてあげる時ではないでしょうか。そして本当の心の声に耳を傾けて傾聴する時でしょう。

あなたは、将来・未来において幸せになる権利があります。

どのような選択をするか、どのような将来に向かって選択をするかは、あなたしかできないことであり、あなたが選択することです。

あなた自身が、自分の本当の心、涙を流して悲しんでいる心を抱きしめてあげる時です。そして本当の心の声に耳を傾けて傾聴する時です。

しっかりしてください。

詳細を相談したくなった時は、気軽にご相談ください。
ELD hypnotherapy カウンセリングルームは電話相談・メール相談無料です。

失礼いたします。

違反報告

2013年7月2日 09時22分


Healing Room ROSEMARY

こまりんごさん、はじめまして。

ご主人の度重なる女性問題に悩まされ、お子さんを抱えてこれから先どのように家庭をたてなおして行こうか、悩んでいらっしゃるのですね。

まず、今一度ご自分に問い直していただきたいのは、これから先、本当にご主人を信じられるかどうか、ということです。
そして、これから先、もしまたご主人に女性問題が起こったとして、それをあなたが見て見ぬふりをして、お子さんにはあなたが悩んでいることを気付かれずに、平穏な家庭であるように取り繕っていかれるか、ということですね。

それができるのであれば、今まで通りに親子3人で生活を続けましょう。もしかしたら今後、ご家族が増えることもあるでしょう。

もし、できるかどうか、自信がない、というのであれば、ご自分の身近なご家族に相談をして、今後の身の振り方を考えた方が良いでしょう。

>①夫と離婚して子供と2人で頑張る
 ②夫を疑いながらも続けていく
 結論はこの2つしかないんでしょうか。
 どちらも辛いです。

①が辛いのはどういう理由でしょうか。経済的理由でしょうか、お子さんを片親にしてしまう辛さでしょうか。

どちらの辛さにしても、あなたはずっと「辛い、辛い」と言っているだけで人生を過ごすのでしょうか。
多分、どの状況になろうとも、あなたは何とかその辛さから抜け出ようと努力をなさるのではないでしょうか。

それと、あなたは決してひとりぼっちで生きているのではありません。
必ず、誰かから何かしらの手助けを受けることがあるでしょう。

ですから、まずは私が上述したこと
 ・ご主人を信頼できるか。
 ・女性問題に目を瞑ることができるか。
を、自問自答してみてください。

まだまだ人生はこれから。先は長いんですね。
お子さんを笑顔で育ててあげられるように、気持ちを整理なさってください。


違反報告

2013年7月1日 22時27分


カウンセリングルーム・エンパシー

はじめまして、カウンセリングルームエンパシーです。
あなたからのご相談内容を拝読いたしました。

あなたは、ご相談される前に既に答えを知っています。
それに気づかれないのは、顕在意識での自覚がないからです。

でも、潜在意識では答えが出ています。
それを確かめる方法があります。

回答の一環として、やり方を具体的にお教えいたしますので、遠慮なくメール連絡してください。お待ちしております。

違反報告

2013年7月1日 16時44分


こまりんごさん、はじめまして。心理カウンセリング こころの駅 カウンセラーのヤカタです。

度重なるご主人の浮気に悩まされて、ご主人のことがもう信じられなくなってしまったのですね。

>夫は育児も家事も手伝って、しかも私にも大変優しいいい夫であり父親です。
「私にも大変優しい」と書かれていますが、本当にご主人はあなたに対して優しいと言えるのでしょうか? 1歳の子どもさんに対して優しいと言えるのでしょうか?
ものすごく疑問に感じました。

結婚前から「複数の他の女性と肉体関係持っていた」ことを知っていたわけですよね。こまりんごさんが実家に帰っている間に家にまで別の女性を入れていたこともあるわけですね。
それでもこの男性のことを「大変優しい」と本当に感じますか?

こまりんごさんは、幸せな結婚生活を夢見て、この男性と結婚したと思います。ところが実際結婚生活を送ってみると、自分の描いていた願望と自分が心に抱く感覚や感情との間にギャップが生じて来た。こういう状態を心理学では「認知的不協和な状態」と言います。

ひょっとすると結婚前から「認知的不協和な状態」が起こっていたのかもしれません。そういう状態で結婚に踏み切ったということかもしれませんね。

そしてこの「認知的不協和な状態」が起こると人は不快に感じるので、何とかこの状態を解消しようとします。

つまりこまりんごさんの場合は、「家事も育児も手伝ってくれる夫は私に大変優しい人なのだ」と思い込むことによって「認知的不協和な状態」を解消しているだけに私には思えるのですが、いかがですか? この点をよくご自分の心に問うてみてほしいのですが・・・

こまりんごさんの本当の感情は何ですか?
今この男性と結婚生活を続けていて本当に幸せを感じているか?
絶えず不安に苛まれていないか?
充実した人生を歩んでいると自信を持って言えるか?
本当の自分の感情を抑圧していないか?
ご自分の心に問うてみてください。

自分の思考、意識、感情、欲求を大切にしないと自分らしい人生を捨ててしまうことになりますよ。

子どもさんのことを心配されていますが、子供はいくら「お母さんはお父さんと一緒にいて幸せよ」と言葉で伝えても、見破りますよ。子どもは親の言葉に影響を受けるのではなく、親の行動に影響を受けるからです。

昔から言いますよね「子どもは親の背中を見て育つ」と。この格言はそういう意味です。

信じられない夫と一緒にいるお母さんの姿を見て育つ子どもが、たとえ形の上で両親がそろっていたとしても本当に幸せなのでしょうか?

いつも「母子家庭 = 不幸せな家庭」とは限らないと思いますが・・・

ここから先はこまりんごさんがご自分で考え、結論を出してください。
離婚するもよし、このまま結婚生活を続けるもよし。

こまりんごさんが、真に「自分の人生を歩んでいる」と感じられるような結論を出してください。












違反報告

2013年7月1日 16時16分


オフィスオオヤマ

こまりんごさん
こんにちは!

カウンセラーの大山智之でございます。

もしかして、こまりんごさんは
ご主人が変わってくれたらいいのに・・・と思っていますか?

ご自身で書かれています
『夫は育児も家事も手伝って、しかも私にも大変優しいいい夫であり父親です。』

お子さんのこともしっかりと考えていらっしゃる。
こまりんごさんは素敵な女性です。

いくら素敵な方でも
人を変えようとすると
多くは失敗に終わるものです。

貴重な時間を
フォーカスし
チャレンジするべきは
自分を変えることです。

こまりんごさんは
ご主人に頼りすぎてはいませんか?

こまりんごさんが
他人から見ても充分に魅力的で
自立して子供を
食べさせて上げれる女性であれば
選択肢は増えますか?

反対するものは
はびこるものです。

こまりんごさんが
自分を信じ切ると決めたなら
自分が選んだご主人を信じ切らないと
自分を信じる事はできないと思いませんか?

そのあと、たとえ
どんな選択をしても
後悔はしないと思うのですがいかがですか?

まず、こまりんごさんの
今の言葉の選び方
ご主人との接し方愛され方の癖を見つけだし
習慣を変える必要があるのではないでしょうか?

人は言葉で変わるものです。

多くの場合、原因は他人ではなく自分にあるものです。

違反報告

2013年7月1日 15時34分


お礼コメント

ご回答とても心に届きました。
今回いろいろな事を考える中で、大山さんのおっしゃる通り、相手を変えようとするのではなく、まず自分が変わる必要がると気付きました。
そうしなければ、きっとこのまま続けても何も変わらない。
人は言葉で変わるもの。
その言葉で勇気を頂けました。
頑張ってみます。有難うございました。

2013年7月2日 21時17分

あゆみカウンセリングルーム

こういう人は、だいたいこんなものです。本音は言っていることよりも、やっていることに出るものです。

ご主人の行動は、改まらないでしょう。それを前提に、夫婦生活を持続されるかどうか、判断されるとよいのではないでしょうか。

お近くの家裁に「家事相談」を申し込んで、調停のことなどもお聞きになるとよいと思います。

違反報告

2013年7月1日 14時46分


「と」を大切にしていきたい、メンタル心理カウンセラーです。

あなたが書かれているご主人の行為は、「浮気」ではなく「セックス依存」ではないかと思うのです。
性的嗜好が極端に強い性癖を持たれている方のように思います。
この依存状態に陥ると、“止めよ”との言葉に、過剰に反応します。

もしそうならば、残念ながら、アルコール依存やギャンブル依存のように、根本的な治癒の望みは薄いです。
精神科やカウンセリングに頼り、「理性」で抑制するしかないのです。

社会的道徳に反する「性的倒錯」に走る前に、ご主人が自覚すべきなのですが、何しろ楽しいわけですから、自覚どころか、ますます、のめり込むと思われます。

そこで、あなたが考えた2つの結論である、
①夫と離婚して子供と2人で頑張る
②夫を疑いながらも続けていく
の他に、
③夫を諭し、セックス依存の可能性があることを自覚させ、治療を受けさせる
ことが、考えられます。
ただし、ご主人を諭し自覚させるには、あなたに“かなりの負担”がかかります。

いずれにしても、今のあなたの状態では、あなた一人の力では、解決には至りません。
双方のご両親に、あなたから相談されて、心の負担を少しでも減らすことを提案いたします。

そして、あなたが①を選択されるのならば、ご主人の問題は、ご主人の自己責任です。
もし、②を選択されるならば、③も視野に入れて、ご主人のご両親に協力を仰ぎ、ご主人の行為に「セックス依存」の可能性があるかを、精神保健福祉センターや保健所などに相談されてみてください。

違反報告

2013年7月1日 14時27分


はじめまして。
在宅カウンセリング『ゆきやなぎ』のカウンセラー、しらいと申します。

大変つらい思いをされていらっしゃるんですね・・・。
あなたお一人で抱え込んでしまっていないかが、とても気にかかります。
勇気を出してここにご相談に来られたことを嬉しく思います。
少しでもお力になることができればと思い、回答をさせていただきます。

まず、旦那様の浮気に対してですが、
あなたご自身も、旦那様も、当初は、
「子供に夢中で夫に構ってあげれてなかったのが原因」
と感じていらっしゃったんですね。

しかし、あなたはもう既にご存知だとは思いますが、これは、


「あなたご自身の優しさと謙虚さから出た、謝罪の気持ち」
            +
「旦那様の無責任と甘えからきた、責任転嫁」


だと、私は思うのですが・・・ご相談者様はいかがでしょうか?

そもそも、旦那様は、あなたとのご結婚前から貞操に関して
かなりルーズな性格の方のようですし・・・。
旦那様ご本人に、それを変えようというご意志が
現時点では見られないように思えることも、なおさら不信感が募りますよね。

結論としては、

①夫と離婚して子供と2人で頑張る
②夫を疑いながらも続けていく

この2つ以外にも、方法はまったくないというわけではありません。
例えば、夢見がちで、あまり現実的とは言いがたい選択肢かもしれませんが、

③「夫が変わってくれることを信じ、また、自分自身も、夫を変えていけるような自分になる」

などの答えも、なくはないと思います。
が・・・結婚前からの旦那様の行為を思いますと、
「旦那様を信じる」や「旦那様と一緒にいる」ということ自体が、
あなたを今以上に追い詰めてしまいかねないと、私は懸念しています。

どんなに送信機(あなたの旦那様を想う心)が良くても、
もしも、受信機(あなたの心を受け取る旦那様の姿勢)が壊れていては、
伝えたいことも伝わらない、ということがあるのも、悲しいですが現実です。

最終的に、結論を決めるのは、ご相談者様ご自身となりますが、
仮に、①を選んだ場合・②を選んだ場合・③を選らんだ場合・・・・・・
どれが、ご相談者様ご自身にとっても、お子様の今後にとっても
幸福な生活を送ることでできそうですか?

「あなたご自身の立場から考えてみること」
(妻として、今の旦那様で良いのか・許せるか・信じられるか)

「お子様のお気持ちになって考えてみること」
(どのような環境・親が望ましいか)

以上の2つの側面から、じっくりと考えてみてはいかがでしょうか?

今の旦那様は、あなたのことを妻として、生涯の伴侶として、
心底 大切にしてくれそうですか?
あなたの幸福を心から考えてくれているでしょうか?
あなたの心に真摯に応えてくれそうですか?

そして、お子様は、あなたの旦那様のことを
「尊敬できる父親」「大好きなお父さん」と、純粋に思うことができそうですか?
あなたの旦那様は、父親として、お子様に良い影響を与えることができそうですか?

兎にも角にも、ご相談者様ご自身と、お子様にとっての
“本物の幸福とはなにか”を、しっかり見失わずにいてくだされば、と思います。

長文、失礼いたしました。


在宅カウンセリング『ゆきやなぎ』 しらい

違反報告

2013年7月1日 14時22分


家族こころ相談室 カウンセリングルーム フェアリー

こまりんごさん

ご質問ありがとうございます。
家族こころ相談室
カウンセリングルーム フェアリーのきくちです。

ここではポイントだけなので、結論からお伝えしますと、

①夫と離婚して子供と2人で頑張る
②夫を疑いながらも続けていく
>結論はこの2つしかないんでしょうか。
>どちらも辛いです。

と、ありますが、方法はもう一つあります。

そのもう一つとは、
あなたの大きな目的が『しあわせな家庭を築きたい』
というものであり、確かな目的であるならば、ですが、
そうであるなら、
あなたがご主人を理解して、受け入れて、浮気以上に
『夫には良いところがある』と好きなところを見て、
そこがあるから浮気されることを認めて許して、いっしょに暮らすことです。

そんな神様みたいな気持ちになれないと言うのであれば、
こういう気持ちになりたいのか?
なりたくないのか?で変わってきます。
こういう善人の気持ちになりたいなら自己暗示をかけて
考えを習慣づける訓練を当ルームではやっております。

しかし、こういう気持ちにはなりたくないです。
というのであれば、訓練は脳に入っていかないので無理ですね。

そして、あなたが自分を変えて夫を理解し許し、受け入れると
同時にご主人にもカウンセリングに来てもらって、
なぜ浮気が癖になっているか?を分析していきます。

浮気は癖、習慣になっていることがあります。
ある意味、「依存性」です。
タバコやギャンブルが依存性であるように、彼もストレスを
浮気で解消しているのかもしれませんね。

でも、それはストレス解消ではなく、依存です。
浮気は現実逃避です。
依存心が強いということは自分を律する『自律』ができていないことに
なりますから、ご主人の中の何かが育っていないのでしょう。

面談でそれを育てていきます。
そして、浮気の癖を根本的に直していきましょう。

家族療法がいいと思いますよ。

違反報告

2013年7月1日 13時31分


お礼コメント

親切なご回答有難うございました。
こちらに投稿してから何度か主人と話しをしました。
誠実に私の不安を解消しようとしてくれているのが伝わりました。
幸せな家庭を築きたいです。フェアリーさんの言うとおり、夫のいいところを認め、
すぐには難しいですが少しずつ許し、本当の家庭を築いていこうと思います。
もう一度頑張って、それでも駄目なときは、もう別れようと決断しました。
なのでそれまで、まず自分が変わり、それが主人にも伝わるよう努めていきます。
有難うございました。

2013年7月2日 21時12分

ゲン鷹の台カウンセリング

こまりんごさんへ

ゲン鷹の台カウンセリングの原 水樹です。

とんでもない男性ですね。

浮気というよりも、病気です。

簡単に治るものでは無い気がします。

一緒にいたら、あなたがずっとその夫の行動と不信感に苦しめられると思います。

これは妻に対する暴力。

暴力に気づいたら、そこから離れる事が大切。

あなたも、お子さんもです。

その先の事はどうにかなります。

きっと多くの人が手を差し伸べてくれるでしょう。

離婚=子供が一人っ子で可哀相?

そんな人が父親であることの方が子供が可哀相だと思いませんか?

ずっと子供と二人で暮らすのも楽しいですし、この先、良い人に出会えば再婚したって良いのです。

「離婚しないのは子供の為」という言い訳だけはやめましょう。

何よりもあなたが心穏やかで幸せでいることこそが、

子供の情緒や健全な成長に欠かせない栄養になることを忘れないでください。

違反報告

2013年7月1日 13時30分