教えて掲示板の質問

「解離性障害?」に関する質問

  • 受付終了

kaitoさん

はじめまして。質問させていただきます。

自分は、よく記憶を飛ばします。
ほぼ共通していえるのは、直前にストレスがかかっていることです。
そして、怖いのは、いろいろと問題を起こしているにも関わらず、その記憶がないことです。
周りから言われて、「えっ?」となるのです。

昔、心理学をかじった経緯から、多少の知識はあるつもりです。
ただ、詳しくはわからないため、あと、医者に言うのも気が引けるため、こちらで質問させていただいております。
(※当方、統合失調症を患っており、精神科へかかっております。ただ、こちらに質問させていただいている内容は、統合失調症とは関係ないと思っています。)

ふと思ったことがあるのですが、むかし、性的な何かがあったような気がします。
ただ、それが夢なのか、現実の記憶なのかがわかりません。
もしそれが本当の事だとしたら、小学生以前の事だと思います。
自分は性行為に難があり、「なぜだろう」と思っていました。もしこれが本当の記憶だとしたら、これが原因なのか、と考えはじめた次第です。
それが、この記憶?なのかはわかりませんが。

具体的に、どのような障害が考えられるのか。
その診断法や治療法等はどのようなものがあるのか、などが知りたいです。

どうかよろしくお願いします。

少し混乱しているので、情報が不足している場合は教えて下さると助かります。

違反報告

2013年4月23日 11時34分

教えて掲示板の回答

狭山心理研究所

正式名は解離性同一性障害 (dissociative identity disorder) といいます。一般には多重人格という名称で知られています。

多重人格はひどい児童虐待で発生する病気です。性的虐待が多いので、アメリカでは女性に多い病気として知られています。

極端な人格変化と記憶喪失が特徴ですが、あなたに以下の経験がありますか。
1)気づいたら知らない場所にいる。
2)気づいたら知らない異性とホテルにいるが、どうしてそこまで行ったかわからない。
3)自分の部屋に買った覚えのない品物がある。
4)人からウソをついてと責められるが、自分には覚えがない。
5)頭の中で声が聞こえる、会話の場合もある。
6)頭痛がしてから記憶が消える。
7)筆跡の違うメモがある。

多重人格の治し方は幼児期の虐待の記憶を見つけることです。そのプロセスで色んな別人格が出ますが、虐待の記憶がすべて意識に戻ると人格は統合します。辛い作業ですが治療は可能です。

多重人格の症状と治療法については、私の著書として「多重人格」(PHP研究所)、「多重人格者の真実」(講談社)、訳書オシリスコンプレックス(コリン・ロス、PHP研究所)があります。

アメリカの専門家の間では、多重人格は統合失調症、ボーダーライン、うつ病等に誤診されやすい病気として知られています。解離性体験スケール(DES)というテストがあるので試してみるといいでしょう。30%を越えると解離性同一性の可能性があります。

違反報告

2013年4月25日 06時40分


お礼コメント

1.あります。 2.知らない異性と、というのはありません。 3.たぶんないです。 4.嘘というか、記憶にないことを責められたことはあります。 5.統合失調症なので、区別がつかないです。 6.そういった頭痛はありません。突然、というか、気付いたら時間が飛んでいる感覚です。 7.筆跡が違うメモというのはないと思います。

このような感じです。

検索して一番に出てきたものをやってみました。
得点平均=41.4285714285714、項目総数=28 だそうです。
うーん・・・。
とりあえず、主治医に話してみようかと思います。
スケールについては、伏せようかと思います。こういったのって、自分の場合、いつの間にか操作してしまっていることがあるので・・・。

2013年4月25日 14時18分

MIND~せらぴ~Salon theramom

はじめまして
精神科・心療内科へ勤務しております。
看護師歴32年セラピスト・カウンセラー歴15年のtheramomです。
おそらく力になれると思います。
詳しい内容をお聞きしたいので メールを下されば お答え出来ます。
解離される患者さんは意外に多くいらっしゃいます。

違反報告

2013年4月25日 01時53分


ELD hypnotherapy カウンセリングルームの尾玉と申します。

記憶が飛ぶ件のご質問について、回答いたします。

恐怖感によって、恐怖を回避するために記憶が飛んでいると推測されます。

記憶が飛んでいる状態は、現実から乖離した状態といえると推測されます。

簡単に申しますと、通っておられる精神科へご相談されることをお勧めします。

なぜかと申しますと、統合失調症が絡んでいる可能性が大きいからです。

統合失調症について、幻聴や妄想が起こることを基準として捉えられている方も多いと思いますが、統合失調症については、一般的に思われているより広い範囲を指します。
(何らかの要因により、思考がパニックになり、その間の現実がわからなくなる現象もあります。)

ストレスによる記憶の乖離については、ストレスによりパニックが起こり、そのことにより記憶が乖離していると推測されます。

記憶が乖離している間、あなたは何を思い、何を考えているんでしょうか。
何かの思考の渦に巻き込まれ、現実を認識できない状態になっているのではないでしょうか。(質問の文章からの推測しかできないこと申し訳ありません)

まずは通っておられる精神科のに相談され、回答を受けることが先決です。

そのうえで、精神科医がカウンセリングの必要があると説明を受けられた場合には、心理カウンセラーが必要ということになります。

幼少の頃の性的なことについてですが、現実的な記憶なのかわからないと、コメントされているので、気になさらないことが懸命です。
そのことについても、精神科医に説明されたほうが懸命でしょう。

違反報告

2013年4月24日 17時58分


お礼コメント

たしかに、統合失調症によるストレスで記憶が飛ぶことはあると思います。
ただ、それでは説明がつかないのが、書き忘れたかもしれないのですが、幼少時(生まれてから小学校卒業程度まで)の記憶が全くないという事だと思います。

現実検討不可な状態は、自分自身、いろいろと経験しています。
なので、それとは全く違うという事も理解できます。
その時は、パニック状態になっているわけでも、また、なる要素もないです。
気付いたら、「あれ、何してたんだっけ」状態なんです。
というか、「???」って感じでしょうか。
覚醒(?)時は、思考が止まっているように感じます。

ただ、主治医には相談してみることにしました。
ありがとうございました。

2013年4月25日 14時09分

カウンセリングスペース フィールマインド

kaitoさんはじめまして。
フィールマインドカウンセラーの小日向るり子です。

「記憶を飛ばす」というご相談の主旨に入る以前に、とても気になることがあります。
それは、現在の精神科の主治医になぜこのお話ができないかということです。
統合失調症に関係ないかどうかというのは、むしろ主治医の先生の方が適格な診断がくだせると思うのです。
kaitoさんは主治医の先生と「ラポール(信頼関係)」が築けていないと感じているのでしょうか?

統合失調症の状態を知らずに、kaitoさんの解離状態についてあれこれと述べるのは、かえって危険だと感じます。
ここはカウンセラーが回答するサイトで回答者は医師ではありません。
まずは、「関係ない」と決めつけずに、担当の医師にこの内容を話してみましょう。
話しずらければ、この相談内容の一部医師の部分だけ削除して印刷してもっていってもいいと思います。

精神科領域では、担当医師との信頼関係がその後の治療効果に大きく関係してきます。
もし医師と合わないと感じられているようでしたら、これをきっかけに他の精神科にかかることも検討されてもよいのではないでしょうか。

違反報告

2013年4月24日 16時54分


お礼コメント

信頼関係というか、
自分の実体験から、今の精神医学上、DIDの診断は厳密にされてないのでは、と思ったからなんです。
でも、とりあえず主治医に相談してみることにします。
ありがとうございました。

2013年4月25日 14時03分

中村カウンセリングルーム

はじめまして。中村カウンセリングルームの中村といいます。


これまで何人かの解離性障害の方を診ましたが、統合失調症と解離性障害は、症状的に重なる点が多い精神疾患です。

夢か現実かはっきりしない、性的な何かをされたような幼少期の記憶というのは、

解離性障害の多くの方が訴えられる特徴の一つではあります。

診断は、主に問診や質問紙検査、解離時の様子についての、周囲の方の証言など

からされます。

治療法としては、心理療法では、EMDR、催眠療法、精神分析的心理療法などがあります。薬物療法も行われています。

一般向け書籍としては、精神科医の岡野憲一郎先生や柴山雅彦先生の本が、新書などになっていて、わかりやすいと思います。

ご参考になればと思います。

違反報告

2013年4月24日 16時45分


お礼コメント

なるほどです。
問診や質問紙法以外にも、解離時の様子等も診るのですね。
なかなか厄介そうですね・・・。

EMDRってのは初めて聞きました。
あと、薬物療法もあるのですね。

いろいろ参考になりました。
ありがとうございます。

2013年4月25日 14時01分