教えて掲示板の質問

「自分に自信が持てず彼女との将来が不安」に関する質問

  • 受付終了

幸さん

僕は現在大学生なのですが高1、15歳の夏
所謂おたふく風邪にかかりました。
僕は吹奏楽部に当時所属していて、野球部は強いしコンクールメンバーに選ばれる(僕は県しか出ていませんがその年関東ダメ金でしたが全国常連)しで多忙な夏。
元々体調に無頓着だったのもあり、気付かずに重症化。
急性精巣炎になって無精子症になるし、両耳は殆ど聴力を無くし、補聴器ありでも特に左はあまり聞こえません。
何とか読唇術も学んではいますが、うまくはいかず。
小4から金管バンドに所属
当時は音大を本気で目指していたのですが、部活は退部するし諦める事になりました。
それで金管バンドの時からの付き合いで正式には中1からになるのかな?
付き合っている彼女がいます。
彼女はこんな体になった僕を支えてくれるし、ご両親も長い付き合いなのもあって好意的です。
でも無精子症(片方無いし治療の見込みはほぼないらしいです)の事だけは知られていません。
リハビリを支えてくれたし、僕も彼女とはこんな体にならなければ将来をお互いに考えていました。
でもこのままで良いのか悩んでいます。
一応彼女は大分理解を示してくれているし寧ろ体調の悪化に気付かなかった事に責任者さを感じてはいるようです。
というか性格的にだから支えてくれている可能性も無きにしもあらずですが。
本心は分かりませんが、別れようと言われた事はありません。
僕が言い出した(大学受験の時)時は反対しましたし。
彼女もご家族も、僕に随分と好意的ですし、手話も学んでくれていますし。
でもそこまでしてもらえる価値は自分にあるのか。
また、多分彼女とは、その、性的な関係も大学に入学した頃からあるんですが、おそらく子供は望めない事も言えないでいます。
なにかアドバイスをお願いします。

違反報告

2021年1月8日 14時05分

教えて掲示板の回答

Counseling Room Heart To Heart

幸さん、はじめまして。
Heart To Heartの楠と申します。
お悩み、拝見しました。

もう少し、詳しくお話を伺わないと分からないこともあるので、ご状況やお気持ちを推察しながらお話しさせていただきますね。
幸さんは、おたふく風邪がもとで、現在の症状になられたのですね。

たいへんなご経験をされましたね。
多感な時期に、よく乗り越えられたと思います。
ご自身もよく頑張られたと思いますし、献身的に支えてくださる彼女さんの存在は大きかったですね。

彼女様のご両親とのご関係も良好で、手話も学んでくださるような、素晴らしい方々ですね。
良いご縁に恵まれていらっしゃると思います。
きっと、そんな皆様に対して、幸さんは後ろめたいようなお気持ちをお持ちなのではないでしょうか。

病気になったり、けがをしたりすると、看病してくれたり面倒を見てくれる人に対して、感謝の気持ちを感じるとともに申し訳ないと思ってしまいますよね。
でも、看病したり面倒を見る側としては、その人に早く元気になってもらいたい気持ちや、大事だと思うからこそ、看病したり面倒見ることを苦には思わないでしょう。

いつか恩返しできるように、まず元気になること、今はそれでよいのではないでしょうか。
お気になされている不妊について、私が知っている知識にはなりますが、少しお話させていただきますので気になりましたら詳しい専門家に聞いてみてください。

不妊は、男性・女性共にあることで、どんなに元気でも検査に異常がなくても、授からないこともあります。
はっきりわかる要因もあれば、ストレスや生活環境、または何の影響なのかはっきりとした原因は不明のことも多いそうです。

不妊に悩む方のために、不妊治療があります。
男性の場合でも、元気な精子を選び体外受精という方法で、妊娠を試みることもできるそうです。
実際に、夫が無精子症のご夫婦が体外受精で授かったというお話も聞いたことがあります。

不妊治療は高額にはなりますが、今は助成金も拡充されていますし、お若いうちにはチャンスは何度もあります。
今から諦めることはありません。
ただ、男性も女性も心身のご負担を伴うこともありますので、よくお二人でご相談の上で決めなければならないと思います。

幸さん、良ければ、未来のために今できることに向かってみませんか。
例えば、まずは無事に大学を卒業し、安定した生活を送れるようになることなどはいかがでしょうか。
社会人になり、生活が安定すれば、その後の未来についてより深く考えられるようになりますし、自信もつくと思います。

お付き合いは、今まで通りに続けて良いと思います。
お付き合いを続ける中で、お互い気持ちが固まったり変わったりすることもあるかもしれませんから、その時に話し合いをしてみてはいかがでしょうか。

彼女様の事を大切に考えらているからこそお悩みなっているとは思いますが、ご自分はどうしたいのかも、是非考えてみてください。

私の個人的な考えではありますが、夫婦は子供が欲しくて結婚するのではなく、その人とともに助け合って生きていきたいから結婚するのだと思います。
二人が一緒にいて幸せならば、それが一番です。

例え、子には恵まれなかったとしても、この人と一緒にいられて良かったと思える人生を過ごせたらとても素晴らしいことです。
幸さんと、彼女様でしたら、きっと大丈夫なような気がします。

未来の事は誰にも分かりませんが、良い未来にしていくためにできることはたくさんあります。
幸さんの未来が、幸せな未来になりますように、心から祈っています。

違反報告

2021年1月20日 01時09分


cocolana

はじめまして。
「cocolana」廣川いづと申します。
高校1年という楽しいはずの青春の時期に大変なご経験をしてきましたね。
それでもご自身の体の変化と向き合い頑張っている姿に、
その以前からのお付き合いの彼女さんとそのご家族が変わらず支えて下さっている。
とても素晴らしい方に出会っていたのですね。
まるで幸さんの将来に必要な人だから、
その3年前に神様が結び付けてくれたのではないかとすら思えてしまいます。

思春期以降に男性がおたふく風邪にかかると精巣に影響を及ぼす可能性があることは
ある意味常識的に周知されていることです。
彼女さんやそのご家族も、そのことは予想しているのではないでしょうか。
一度幸さんが別れを切り出した時も反対したということは
それでも幸さんと生きていこうと覚悟を決めているのではないでしょうか。

子供が授かる可能性が低くとも
今の医学、0%と言い切ることもできないかと思います。
ですがもし授からなかったとしても…


幸せの形に方程式はありません。

子供がいる幸せはもちろんありますが、
お金もかかりますし、心配も悩みも増えます。

子供がいないことで得られる幸せもあります。
子供がいないことが不幸と決めつけることはないのではないでしょうか。

「そこまでしてもらえる価値は自分にあるのか。」
は、幸さんが決めることではないと思います。

彼女さんがそう思えば、彼女さんから離れていくでしょう。

勇気が要ることかもしれませんが
折を見て彼女さんの本心を聞き
これからの二人のオリジナルストーリーが幸せなものになるよう
ゆっくりお話しをしてみたらいかがですか。
お二人にしかできないことがきっとあると思います。

不安な気持ちが大きくなったら、どうぞメールでお聞かせください。

違反報告

2021年1月13日 23時53分


mentalquest

はじめましてmentalquest(めんたるくえすと)の渡辺と申します。
医療機関で医療相談、生活相談、介護相談、カウンセリングを行っています。
宜しくお願いします。
幸さん、「自信」とは日々の積み重ねです。
ご自身の背負ってしまった運命を受け入れられる日が
必ず訪れます。
幸さんが将来を考える彼女に出会えたこと
彼女がサポートしたいと思える幸さんに出会えたこと
小さな幸せに感謝しながら
一日一日を積み重ねて行く先に待っているのは
今より幸せな事なのかどうかは分かりませんが
人生は沢山の選択で出来ています。
答えは自分次第。
大切な告白は急がずタイミングを見ましょう。

めんたるくえすと.com

違反報告

2021年1月13日 16時07分


美和の家ソル

幸さん。

ご相談を拝見しました。

先に問わせていただきますね。
幸さん自身が、大切な方々に、隠し事をし続けて生きていくことができますか。

彼女の気持ちや、結婚するかどうかの前に、それ以前の幸さんの人生の問題として考て欲しい。

もし、今まで支えてきてくれた人を失ってしまう恐れは当然にあるでしょう。
だからこその悩みだと思います。

しかし、あなたの人生は彼女がいるかどうかで決まるものではありません。

あなたがあなた自身の心と体と魂でどう生きていくか、です。

隠し事、嘘をつきながら生きていくのは大変な心の負担です。
それを背負う覚悟はありますか。

もし自分と誰かの幸せのために必要な隠し事ならば、それを突き通す自身はありますか。
もし、その隠し事が明るみに出たときに起こることも、覚悟しなくてはいけません。

どう生きるかは、自分で決めることです。
ご自分の夢をあきらめなくては行けなくなった経緯についても、自分の問題だったと真摯に向き合って受け止めてこられた幸さんです。
この先もご自身の道を切り拓ける力があると思います。

あなたが彼女に、自分の悩みを打ち明けるかどうかは、あなたの自由です。
もし伝えたあとに彼女がどう感じて、何を考え、どう決めるかも、彼女の自由です。

あなたにも選択の自由があるように、彼女にも選択の自由があり自分の人生を選択する権利があるのです。
その権利を奪うことは、尊厳を奪うことです。

それはあなたの愛ですか。

幸さんは今、利己的な愛と、他者を思う愛との葛藤に苦しんでいる。
それは心の成長の証です。
彼女やその家族、支えてくれた人々の愛によってあなたは確実に成長してこられた。

そのあなたが今度は誰かに正しい優しさを、愛を届けることが出来るのです。

どう選択してもいいでしょう。
その選択によって、あなたの感情が苦しくても、辛くても、どうしようもなく寂しくても、成長したあなた自身が正しい選択をしながら、自分の気持ちを慰め、
そしていつか『ああ、これでよかったんだ。辛かったけど、よく頑張ったな』と思える日が来るように、自分と共に歩んでいけると私は思います。

今のあなたが導き出す精一杯の愛の選択、それ以上に今、正しい答えはありません。
将来、より良い判断が出てきたときに、また考慮して選択しなおすことも出来ます。
私たちが持っている自由です。
そしてその選択に責任を持つことが出来ます。
幸さんの人生の最高責任者はどなたでしたか。

厳しいことを書いたかもしれません。
これからの幸さんの人生を心から応援しています。

違反報告

2021年1月13日 11時16分


cocoro"a"

cocoroa赤木です。
宜しくお願いします。

はじめまして幸さん。

まだお二人も若いので、ご結婚のことは先にされて、
やりやすい所から、違う見方をされてみませんか?

その中で気になる箇所が、

〉彼女もご家族も、僕に随分好意的ですし、手話もまなんくれてますし、、そこまでしてもらえる価値は自分にあるのか

といった所ですが、彼女は、幸さんだけの為に、それをする決断をしてるわけではありません。
ご自身の為にもされてますよ。

彼女さんはあなたの為に、手話されてますよね。
そこから見ていきます。

ご想像されてください。

彼女が手話をするのは、あなたと違う形でも、コミュニケーションをとりたいからです。

私たちは、普通のコミュニケーションを何気なく使ってますが、普通とは違うコミュニケーションができることを彼女は学んでいます。

あなたの症状自体が、彼女の成長、視野を拡げる役割、学びの機会を与えられています。
あなだがそうならなければ、彼女の成長はないんですね。違いますか?


質問します。考えてください。

手話が使えるようになって、彼女の普段のコミュニケーション能力は、以前と比べてどう変わったでしょうか?

さらに彼女はどうコミュニケーションについて考え方や価値観が変わったでしょうか?

それらが彼女が大切にしている事や、将来にどう役立ちますか?



確かにそうだと、見つけることができれば、そこまでしてもらえる価値は自分にあるのかという問いは、なくなるはずです。


あなたの今のありのままの状態が、彼女の為になっているんですから。

また彼女同様、親御さんも絶対に影響を受けられて、人生観変わっていると思いますよ。


最後になりますが、普通が幸せの幻想は崩れてきました。
もう多種多様性を受け入れ、共存共栄する時代になってます。

多種多様な音楽を奏で、1つのハーモニーにする。
あなたにとって、音楽とはなんでしょうか?

あなたの音楽は自分に何を与えてくれてますか?
あなたの音楽は人や周りに何を与えてますか?

それは音大にいかなければ達成できませんか?
他の方法では無理ですか?

お時間をかけて、ご自身の心に問いしてください。

ご参考になれば幸いです。
心が少しずつ晴れるのをお祈りしています。

違反報告

2021年1月13日 02時23分


カウンセリング赤坂

幸さん、苦しい毎日をお過ごしなのですね。
でもそろそろそんな日々とは、少なくとも「子どもができないかもしれないことを告げられずにいる状態」とはお別れしませんか?
幸さんを長い間支えてくれている素敵な彼女と、別れるか否かを決める前に。
結婚はまだ先のことでしょうから、幸さんが話した方がいいなという話題になった時にでも、打ち明けてみたらいかがでしょう。

「つねに真実を話さなくちゃならない。
なぜなら真実を話せば、あとは相手の問題になる」
とは、2か月ほど前に亡くなった俳優、ショーン・コネリーの言葉。
心にかかることを話さなければ、心の底から安らぐことはないでしょう。
そして、どうにもならなくなった時に打ち明けたとしたら、彼女は今まで黙っていたことを、騙していた、あるいは自分は信頼されていなかったと悲しく感じるかもしれません。
内容よりも、話してくれなかった事実に傷つこともあり得ます。

(これはもっと先の話ですが、相手のご両親に告げるか否かは、お二人で決めた方がいいと思います。
お二人が言いたいと思うのであれば別ですが、子どもをもつ云々に関しては、あくまでも当事者、お二人の問題です)

私の知人に、結婚相手が決まる前から、子どもをもたないと決めているAさんという女性がいて、夫の同意も得ていたようです。
30年ほどの結婚生活後に、夫は亡くなりました。

別の知人、Bさんも自分の子どもはもたないと決めている一人です。
「世の中には親を必要としている子どもがたくさんいる。もし自分たちが子どもを育てようという状態になった時は、養子を育てようと思っている」とのことでした。
子どもができないから養子を、ではなく最初から養子を考えているのです。
それが正しいとか不自然だ、あるいは立派だとかいうのではなく、子どもをもつというのは最終的には、あくまでも育てようとする二人が決めることです。

幸さんは、「治療の見込みはほぼないらしいです」と書いていらっしゃいますが、気休めではなく、本当のことはわかりませんよ。
こちらは知人Cさんのケースですが、バツイチ男性と結婚しました。
最初の結婚は、彼に子どもができないことがわかっていての結婚でしたが結局、子どものこともあり離婚に至ったと。
この事情を知っていて彼と付き合っていたCさんでしたが、ある日、妊娠していることに気づきます。
彼女はかなり悩んだようです、彼に信じてもらえないのではないかと。
結果的には結婚し、その後も妊娠して現在、2人の子どもがいます。

悔いを残さないためにも、自分にできる最善のこと(それは誠実であることだと私は思いますが)をしましょう。
ただ、私が気になったことは、「そこまでしてもらえる価値は自分にあるのか」という言葉です。
人と違うことを欠点、欠陥と捉えるのはやめませんか?、幸さんは、幸さんですよ。
「障碍(しょうがい)は個性」ともいわれますが、私自身は金子みすゞの「みんな違ってみんないい」の方がしっくりくる気がします。

ところで先ほどのめでたしめでたしのCさん夫婦ですが、実は現在、離婚の話し合いの最中です。
子どもがもてずに離婚する夫婦に、諦めていた子どもを二人も恵まれていながら離婚する夫婦。
子どもをもつことは素晴らしいことではありますが、それが夫婦の全てではありません。
幸せのかたちが一つだと決めた時から、不幸は始まるといいます。
お気持ちはわかりますが、今はその部分にフォーカスを当てすぎているような気がします。
打ち明けた時に白黒つけるのではなく、知ってもらった状態で付き合っていくなかで、深い前向きの話ができるようになるかもしれませんよ。
どうか、お幸せに!

違反報告

2021年1月12日 23時21分


こどものこころの相談室がじゅまる

幸さん、はじめまして。「こどものこころの相談室がじゅまる」です。
幸さんと、彼女さんとのなかで、お互いに「言えているようで、言えていないこと、触れていないこと、お互いに触れてはいけないと思っているところ」があるのかもしれませんね。
それから、ご自身にこどもを作る能力がほぼないこともそうですが、幸さんご自身が健康的な体ではなくなったこと、そういう自分がこれからどう生きて行ったらいいのか、彼女は本当に自分を見捨てないでいてくれるだろうか、彼女が支えてくれるのは彼女自身が感じている「後ろめたさ」からではないのか・・・ということを悩み、感じていらしゃるように聴こえました。
そう考えて行くと、「自分にこどもを作る力がない」と打ち明けることは、とても怖いことですよね。でも一方で、このまま打ち明けないでいることも、彼女のことを思えば思うほど胸が締め付けられる気持ちではないかと想像します。
これらのことは、「アドバイス」ではなく、まずはカウンセラーと話し合うことも必要ではないかなと思いますよ。
大学だと、学生相談室がありますので、そちらを活用することもできるでしょう。アドバイスはあくまで専門家の意見です。カウンセリングは自分で答えを見つけていく作業になります。幸さんなりの答えが見つかることを、私は願っています。

違反報告

2021年1月12日 22時55分


心理カウンセリング らしんばん座

幸さん、こんにちは。
カウンセリングルーム「らしんばん座」と、申します。

彼女は、幸さんが夢を諦めた原因は知っているのですね。
それでも、ずっと幸さんを支えてくれて、幸さんに理解を示してくれているのですね。
しかし、幸さんには知らせていない、将来子供を望めない体になっていることで、支えてもらえる価値が無いのではないかと、思っているのですね。

そうですね、確かに将来結婚して、二人の間に子供をもうけることもが出来れば、それは完璧に幸せなことだと思います。
しかし、その「完璧」が望めない状況だからといって、将来を共にする価値が無いと、言いきることは出来ないのではないかと思います。

彼女との結婚が、「子供」を条件にしているのなら、それは望みが無いことになります。
しかし世の中には、子供がいなくても幸せに過ごしているカップルは、沢山います。
仮に、お互いに何不足のない身体の持ち主だとしても、子供を授かるか授からないかは、誰にも予想できるものではありません。
つまりお二人が、今後も一緒にいることで幸せを感じることが出来れば、「子供」という要素が「幸せ」に占める割合は、ぐっと落ちてくるものです。
要は、幸さんが、ご自分の「完璧さ」に、こだわりすぎているのだと思います。

とは言っても、結婚を前提としたお付き合いをする中で、将来の一部として、幸さんの無精子症について、お話ししなければならない時は来ると思います。
その時に、彼女がどう判断するか、だと思います。
それは、今かもしれませんし、ずっと先になるかもしれません。結論を急ぐ必要は、無いと思います。

彼女の方から、別れを切り出されたことは無いのですね。
幸さんから別れを切り出した時は、反対をされたのですね。
それが、彼女の「気持ち」なのでしょう。

人間は、誰でもなにがしかの、「完璧で無い」部分を抱えています。
それが幸さんの場合、たまたま無精子症だったと言うことだと思います。
誰もが、もともと完璧では無いのですから、幸さんの「完璧で無い」部分にこだわりすぎる必要は、無いと思います。

違反報告

2021年1月12日 19時27分


てもみ屋のほんだ

こんにちは
人の人生の中で、状況や病気などで幾度となく影響されてきましたが、それらに技術や薬物が追いつき
乗り越えてきました。
今も又、全世界が無知の病に大手を振っています。現代は次世代に進もうとしている中で起こったことで
先端技術があっても色々な病気などがわいてきます。
自身の病も今現在では治療方法が少ないかもしれませんが、いずれ解明されてよいお薬が出来るかと思います

また、あなただけで悩まずに彼女の事が本当に結婚したい相手なら、自分だけの気持ちだけでなく
相手の気持ちも確認することも大事です。
彼女があなたの状態をもっても大好きで結婚したいと考えるかをちゃんと知ることです。
今は大学生なので未来の為に勉学し、就職してちゃんと一緒に暮らせるだけの自分が一人でも
生活できる環境を作れるまでは相手をちゃんと好きであるかもわからないかもしれません。

その気持ちを持ち続けて、あなたなりの人生を積み重ねて彼女があなたを必要であれば
病の事は考えず、先に進むべきです。

まずは、将来の事を話し合うことが必要かも。

違反報告

2021年1月12日 16時56分


女性専用心のサロン Cafe de therapy de....

幸さん 初めまして。

幸さんは、まだ大学生さんでいらっしゃいますよね?
将来はお二人両方にとって無限の可能性があります。
ずっと寄り添う人生なのか、別れが来て別の人になるのか、は、お体のことだけではなく全ての人にとって未知だと思うんですね。

それで、まずは他の先生方と同様の理由で 正直に事実と気持ちをお伝えして、
そして 将来がないからといって 別れる別れない ではなく、
若い今は気持ちだけで充分だと私は思うんです、、先はどうなっていくかわからないので。

もちろん真剣に考えられる幸さんは素晴らしいと思います!!
けれども あまり劇的なドラマのよいに思い詰めず、愛や幸せの方にフォーカスしながら、
(未だ そんなに愛し合える彼氏彼女がいなくて 寂しい思いをしている人もたくさんいます……)
それよりも、今は一生懸命勉強したり あらゆる知識を得たりしながら
自分自身の将来をしっかりさせることに集中することが最優先だと思うんです。
聴力の関係で、お仕事も限られてくるかとは思いますが、
必ず貢献できるものは見付かります!
それを頑張っていく時、本当の自信てつくものではないでしょうか?

子供に関しては、親を求めている他人の子もたくさんいます。
でも 仕事とお金については 自力がほとんどではないでしょうか?
それを得られて初めて、
今悩まれていることを 二人で考えるのが最善かと 私は思います。

誰にとっても、まるで障害のような欠陥てあって、
目に見える 見えないだけで 平等の気がするんです。
「自信がない」なら「信じて努力する」……
どんなその障害を 言い訳にすることなしに。

心配や言い訳、惨め感は それを前提にした人生を作ります。
幸せなこと、出来ることに感謝して伸ばすこと、
絶対こうする! という前向きな強い気持ちは そのような成功した人生を作ります。

その思いは、何が起きても自信を持って生きていける力になります。

そうして 幸さんの明るく強く幸せなアイデンティティーがしっかりされた時に、
今の彼女さんでも 他の誰かでも、幸せにしてあげることができると思いませんか?☆ミ

自分が自分に満足していなければ、人を本当には幸せにできません。

耳が不自由なのにがんばってきた 自分をまず誉めてあげて、
そしてがんばってください! 幸さんの幸せのために!!

違反報告

2021年1月12日 15時03分


非営利型 一般社団法人 マインドフルメイト

幸さん、こんにちは。

ご相談の内容を拝見させていただきました。

とても心苦しい状態だと思います。

現代社会はストレス社会と言われ、
様々な事が思いどうりにならない社会だと言われています。

そんな世の中で生きて行かなければいけない私たちですが、
大切な事は、ご自身が後々悔いを残さない事だと思います。

その為にも、ご自身の事をよくわかっている方に、
ご自身の思いや、お考えを様々な方に伝える・話す・相談する事は、
とても大切な事だと思います。

その繰り返しの先に、
その後のありようが見えて来るのでは、と思っています。

繰り返しになりますが、
大切な事は、ご自身が後々悔いを残さない事だと思います。

焦ってはいけません。

参考にしていただけましたら幸いです。

新型コロナウイルスの事や寒さ対策と、
油断できない時期になって来ましたが、
お身体を大切にお過ごしください。

マインドフルメイト:佐藤福男

違反報告

2021年1月12日 15時00分


カウンセリングルーム yasuko ママ

初めまして、カウンセリングルームやすこママと申します。宜しくお願いします。
相談内容を拝見致しました。幸さんの立場では、なかなか彼女に無精子の事は言いづらいのも良く解ります。
が、時間が経てばたつほど、もっといいづらくなりますよ。
彼女には、事実を伝えておくべきです。その上で、彼女がどうするか、どう思うかですよね。
まずは、勇気を出して彼女に話して下さい。隠し事は、いつかは解ってしまいます。
話を伝えたうえでの彼女との話し合いとなります。それから先の事は、又、じっくり時間を掛けて二人で解決して行く様にして下さい。頑張って勇気を出して下さいね。

違反報告

2021年1月12日 14時42分


秋葉原心理オフィスMAY

はじめまして、幸様。

秋葉原心理オフィスMAYの猪野と申します。

的はずれになってしまうかもしれませんが、感じたことをお伝えしたいと思います。


お話の内容から、お体の不調で一度夢を諦めざるを得なかったことをお察しいたします。

そうした経験から、「自分は夢をもってはいけない」という考えが生まれるようになったのではないかと推測されました。
もしかすると、幸様にとって彼女さんと将来をともにすることが夢であるけれども、「自分は夢をもってはいけない」という考えにより、彼女さんと一緒にいたいと思ってはいけないと思われているのではないかとも思いました。

一方で彼女さんのことがとても大切だからこそ、将来のことを考えると、ご自身がサポートしてもらってまでこのまま一緒にいるべきなのかと悩まれている面と、もしこの先も一緒にいるのならばご自身の状態を伝えた方が良いのかということでお悩みなのかなと思われました。

彼女さんに何をどうお伝えするか、ということを考えることも大切ですが、まずはご自身の経験を振り返り、ご自身に対する見方がネガティブになっていないか、今のご自身の思考を制限している過去の出来事はないか、ということから考えていただくことをお勧めいたします。

人は誰でもそうですが、自分に対する見方がネガティブになったり、何らかの過去の体験により今の自分の可能性を制限してまったりすることがあります。すると、大切な人が自分をどのように思っているのかを考えにくくなり、結果として自分で結論を出して遠ざかってしまうということも起こりえます。

もちろんポジティブに考えさえすれば良いということではありません。

ポジティブということだけではなく、今ご自身に何ができるのか、彼女さんの思いはどうなのか、など冷静に考えてみることが大切です。

彼女さんが将来どうしたいのか、ご自身がそのために何ができるのか、ご自身だけではなく彼女さんのお気持ちも大切です。

そのためにはどこかのタイミングで子供は望めないことをお伝えする必要がありますが、まずはご自分のお気持ちがネガティブになりすぎていないか、ご自身の将来を制限してしまう考えはないか、というところからお考えいただければと思います。

わかりにくいかもしれませんし、お悩みの深い部分までお答えできていないかもしれませんが、ご参考になれれば幸いです。

違反報告

2021年1月12日 14時38分


マインド・レスキュー『シェーズ』

幸さん、はじめまして。

私は大阪の梅田で決定力カウンセラーをしています井手耕心と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

幸さんのお悩みのメッセージを読ませていただきました。

高校一年生の夏におたふく風邪に罹ってしまわれたんですね。
その結果、無精子症になったり聴力を失ってしまわれたんですね。

お辛いと思います。

それまでの人生では想像もしていなかったことが起こって、
ご自分の人生に不安を感じておられることも
彼女さんとの関係を継続することにも心配されているのも
よくわかります。

ご自分と他の人を比べてみたり、
「普通だったら…」
「自分だけが…」
こんな風に考えてご自分を責めてしまっていませんか?

おたふく風邪に罹ったのは幸さんのせいではありません。
幸さんは何も悪くないんです。

彼女さんは幸さんとの子供が欲しくて、
ただそれだけのために交際してこられたんでしょうか?

彼女さんは幸さんの体調不良に気づけなかったから、
その罪悪感で幸さんに寄り添っておられるのでしょうか?
きっと違うと思います。

彼女さんは幸さんのことが「ただ好き」なんだと思います。
幸さんはどうですか?

私は人が幸せに生きるために大切なことは
『今とこれから』だと思っています。

辛いことも含めて今を受け入れることと、
これからどう生きるのか?を考えて行動するということです。

まずは彼女さんとのこれからの人生を考えてみてください。
幸さんに出来ることや彼女さんとどう生きたいのか?を
考えてみてください。

彼女さんの幸せが幸さんの幸せであることに気づけると思います。

私のクライアントには
事故や病気が原因で障害を負って人生に絶望された方や、
妊活が上手くいかない原因が自分にあることに苦しんでいる方が
たくさんおられます。

未来への不安は放っておくと
どんどん勝手に膨張してしまいます。
少し冷静になって彼女さんとの人生で本当に大切なものについて
考えてみてください。

大切なことですからもう一度いいます。
幸さんは何も悪くありません。
人はみな、幸せになるために生まれてきています。
子供を授かることは幸せなことに違いありませんが、
幸せな人生のための絶対条件ではありませんね。

辛かったり不安な時は私にメッセージをください。
メールでのご相談はカウンセリングではありませんので、
何回でも完全に無料です。
ホームページの無料相談のフォームからいつでもどうぞ。

深夜や早朝のカウンセリングのご予約もあり、
カウンセリングの合間に返信していますので
少し時間がかかることもございますが
出来るだけ早く(通常24時間以内)に返信いたします。

幸さんからのメッセージをお待ちしています。

違反報告

2021年1月12日 13時31分


カウンセリングルーム・エンパシー

ご相談内容を拝読しました。
川で溺れている我が子を助けるために川に飛び込む親の心理は、自分の為なのです。

そうしないと飛び込まなかった自分を責めながらの人生になることを無意識が知っているからです。
たとえ死んでも、その方が本望なのです。

やった後悔より、やらなかった後悔の方が引きずります。
あなたはどの選択が、その後の気持ちが楽でしょうか?

後悔しない選択肢が一番です。
たとえ結果がどうなっても・・。

違反報告

2021年1月12日 11時54分


愛知ミッション

幸さん、

初めまして、愛知ミッションの平田と申します。

難しい問題ですね。洗いざらい言うしかないでしょうね。

そうした状態になった幸さんでも彼女にとって相応しい存在なのかも疑問であることも伝えるべきです。相手にも人生があり、彼女が子どものいる未来を考えているなら、あなたは相応しい存在ではないでしょう。

幸さんが曖昧にしていることで、彼女の選択権を奪っている意識がありますか?そこに意識を持っていけば、自ずから答えがわかるでしょう。

個人的な話ですが、私は30年近く前の若い時に社員400人以上の会社をやめて、社員4人のベンチャー企業に転職して、その頃に、お見合いをしました。とても良い方でした。ところが、数か月後に二度目に会ったときは、そのベンチャー企業の社長とそりが合わずに解雇されました。

今と違ってネットのビジネスとか一人でも稼ぐことができない時代です。職を得るのは大変な時代です。

私は職がない存在なので、そんな自分が結婚する相手として相応しいか自分で問いました。相手の方は、そんな状態でも支えると言ってはくれましたが、自分のプライドとして、相応しくないと結論づけ、自ら断りました。

相手の方は泣いてました。

人はそれぞれ価値観があります。決めるのは自分です。ただ、相手との間にウソがない上で、彼女のことを大切だと思うなら、相手の意志や選択も尊重するのが、本当の関係だと思います。

違反報告

2021年1月12日 11時03分