教えて掲示板の質問

「不安障害」に関する質問

  • 受付終了

ゆうさん

私は、かなりの心配性でそのなかでも心気症ということで心療内科にかかっておりました
ちょっとした体の不調が気になったりして
病院に行って検査をしていただいても、ものすごく不安に掻き立てられます
気にしないでおこうと考えても、その考えないでおこうと思う考えが逆に気にしてしまい
1日中自分の体のことばかり考えてます
生活にも支障をきたしており
どうしたらいいでしょう

違反報告

2018年12月17日 22時54分

教えて掲示板の回答

カウンセリングルーム yasuko ママ

初めまして、カウンセリングルームyasukoママと申します。宜しくお願い致します。
体調がすぐれ無いと、気分も落ち込みますし、不安感にも捕らわれてしまいます。
ゆうさんだけでは、有りませんよ。誰しもそうなります。
心療内科にかかっておられたとの事でしたので、継続で心療内科にかかりながら、
カウンセリングも受ける事をお薦めします。同時進行で、かなり、症状は改善されると想います。
私で良ければ、お話をお伺い致しますし、又は、他のカウンセラーにご相談されてみて下さい。

違反報告

2018年12月23日 13時11分


心のカウンセリングさかい

たいへんお辛い思いをされているのですね。

薬が効いていないようですので、
その点は、まずは主治医にご相談されたらよいかと思います。

また、多くの方が述べておられるように、
認知行動療法が有効だと考えられます。

違反報告

2018年12月23日 11時38分


てもみ屋のほんだ

こんにちは
はじめましてですが、少し嫌な質問をしてしまいますが
許してくださいね
医師での診断で治療法としてはどのように
アドバイスをされるかは行ってみないとわかりません
それにより病薬を提供されることもありますが
飲んでみないと病状が治まるかはわかりません

一歩ひいて色々と考えてしまうことや悩むことは
誰しもあって、中にはあなたのように心配性になる事も
たくさんいます。しかし、今の生活の中では時間というのが
流れています。その中で我々は現実ということを
感じながら生活しています。
やった結果やこれからする事、
「過去」「現在」「未来」と時間はありますね
自分の感じる経験する中では「過去」と「現在」しか
わかりません。
みんなが思う心配性はすべて「未来」を悩みます
でも「未来」は経験できますん。
経験できないことに心を痛めるほど悩んでいることは
どう思いますか?
いつも経験しながら生きている私たちは夢を観る「未来」を
どうしようかと考えて生活しています。
のちにそれが「現在」になり経験となります。

何がいいたいかというと経験しないと「未来」が「現在」にならないことです
心配する前にやってみて経験してからその現状で失敗したのか
成功したのかが経験できることなのです。

しかし、失敗したらどうしようと考えてしまいます。
失敗したらどうしようと考えるか
失敗したからどうしようとでは考え方が違います。
それは失敗しても「現在」経験したからです。
経験したらどのように失敗を傾向にするかを考えたらいいことで
経験をしていないのに失敗の事をどうしようと考えるのは「未来」の
ままで経験できないということです。

心配性の心を解剖してどのように身体が不調になるのかも経験したことです
分析は出来ると思います。
どうしようとでることは、あなたにとって経験できるチャンスです。

違反報告

2018年12月21日 20時43分


世田谷メンタル相談室

初めまして。

世田谷メンタル相談室の代表junと申します。

ご相談内容を拝見致しました。

お身体のこと本当にお辛いですよね。

お気持ちお察し致します。


誰かに話すことによって和らぐこともあります。
私で宜しければお話をお聞かせ頂けますか?
ご一緒に考えていきましょう。

等事業所ホームページをご覧頂いたのち、go.ako.goa.04120323@gmail.comまでメールにてお待ちしております。

違反報告

2018年12月19日 22時26分


Mental care ~jun

初めまして、

Mental care~junの代表junと申します。

ご相談内容を拝見致しました。

お身体のこと、本当にお辛いですよね。
お気持ちお察し致します。

誰かに聞いてもらうことによって良い方向になることもあります。
私で宜しければお話をお聞かせ頂けますか?
ご一緒に考えていきましょう。

等事業所ホームページをご覧頂いたのち、go.ako.goa.041203@gmail.comまでメールにてお待ちしておりますね。

違反報告

2018年12月19日 22時01分


山の実カウンセリングルーム

こんにちは。
山の実カウンセリングルーム、臨床心理士の山根です。

心気症に対しては森田療法が有効だと思います。
簡単に説明しますと、体のことが気になる考えを無理になくそうとせず、
そこにあるものとして受け止め、
一方、ご自分のすべきこと(仕事など)をこなしていくことで
症状が緩和していくといった療法です。

湧いてくる考えを無理やりに消そうとしないことがポイントでしょうか。

文献としては「神経質の本態と療法」(森田正馬)などが挙げられます。

参考になりましたら幸いです。

違反報告

2018年12月19日 21時57分


臨床心理シランの室

ゆうさんはじめまして、臨床心理シランの室です。

一日中、体を監視していけば、日常生活もままならなくなるのは当然です。本当に辛い状態です。
しかし、正しい知識と対応法を知り、実践していけば、必ずもとの健康なあなたに戻れます。

あなたは、自分でも感じているように体の病気ではなく、心配性が度を越した心的状態になっているからです。自らの考え方や感情が招いた今の症状です。そのからくりを理解し、正しく対応していけば回復できます。

あなたは内向的で神経過敏で、ちょっとしたことが気になる、心の不安定状態にあります。そして不快感や恐怖や不安から逃避したりするか、無理にそれらを取り除こうと強迫観念のようになっています。

一日中、自分の体のことばかり考えるだけでも、神経は緊張し、少しの異変で興奮し、休まることはありません。
あるきっかけで、「恐ろしい病気になっているのでは」と恐怖を呼び起こすと、アドレナリンというホルモンが分泌され、悪循環が始まります。

恐怖・不安→交感神経の興奮→アドレナリンの分泌→恐怖・不安

という悪循環です。つまり、今の症状を作っているのは、体の病気ではなく、心であり、思考であり感情であり、生理であり、行動です。すべてつながっています。このからくりにメスをいれなければいけません。

もともとあなたは長期間、ストレスにさらされ、緊張、興奮で神経過敏状態にあったのかもしれません。
その神経過敏が恐怖と結びつき、不安状態(心気傾向)を維持させているようです。

神経過敏は過度の緊張と興奮から起きます。神経過敏が体の少しの異常感覚をとらえ、恐怖(大変な病気にかかっている、死に至る病かもしれない→死の恐怖)の引き金になっています。最大の課題は恐怖です。これにどう対処するかです。

次のように対処するとよいと思います。

重大な病気ではないか(恐怖・不安)→受け入れる(受容する)→恐怖や不安の波と一緒に流れていく→時の流れに身を任せる→不安や恐怖は消失

最も大事な点は、恐怖や不安を受け入れる(受容)することができるかどうかにかかっています。
      
不安や恐怖を除こうと逃げたり、安全確保したりしてはいけません。また、それらと戦ってもいけません。
そのまま受け入れ、水が流れるように一緒に流れていけばいいのです。やがて時が、不安や恐怖を消失させてく
れます。この繰り返しで徐々に回復していきます。

しかし、一人で実行するのは難しいので、サポーターが必要です。

サポーターとしては、心療内科と心理療法の二本立てが一番安全な道だと思います。
不安障害に効果的な心理療法は、認知行動療法かマインドフルネス認知療法か森田療法か当室の心理自然療法です。

心療内科では、あなたの神経過敏(過度の緊張や興奮)の鎮静や不眠傾向の対処として、精神安定剤や睡眠導入剤
を処方してくれるでしょう。それらは、今の症状の対応を助けてくれると思います。

良質の睡眠をとることが何よりも大事ですし、神経をリラックスさせることが必要です。自律訓練法や筋弛緩法なども取り入れるとよいと思います。(心理カウンセラーに指導してもらうとよい)


そもそも健康とは、雲の一片もない青空ではなく、雨あり、嵐あり、風あり、晴れあり、これらすべてが
健康の一面なのです。あなたは健康に対しての要求が強すぎているのかもしれません。

健康とは、一つの完成された状態ではなく、日々変化するものです。快適な不快感のない状態ではありません。快と不快は表裏であり、健康と病気は鏡の表と裏の関係ともいえます。苦痛は苦痛として痛みは痛みとして、言葉で「評価」せず、そのまま受け入れることです。頭や言葉でやりくりせず、そのまま、あるがままに、受け入れることが受容です。

恐怖や不安と戦ったり逃げたりせず、そのまま一緒に流れていき、時の経過に身を任せます。そうすればやがて、不安や恐怖は消えていきます。

違反報告

2018年12月19日 21時33分


心理カウンセリング らしんばん座

ゆうさん、こんにちは。
カウンセリングルーム「らしんばん座」と、申します。

心配性と言うことは、それだけでは悪いことではありません。
未来に潜んでいるリスクを予想して、あらかじめそれに対処することが出来るのですから。
むしろ、「用意周到な人」と、言葉を置き換えることも出来ます。
大きな事故やトラブルは、自分を過信しすぎて、必要な対策を怠っていることから起こります。
それに比べれば、「心配性」ということは、むしろ、ゆうさんご自身を守る力が強いと捉えることが出来ると思います。

ただ問題は、その「心配」が過ぎて、生活にも支障をきたすほどになってしまうことですね。
忘れようとすればするほど、その「心配」で頭の中はいっぱいになってしまうのは、無理も無いことです。
「忘れよう」とする思考が、かえってその「忘れたい物」に対して、意識を向けてしまうからです。

「考える」事も、「心配」に意識を向けさせて、さらにその「心配」を増幅させてしまう結果になります。
いくら考えても、答えが出ないからです。
答えが出ないので、さらに心配になって、さらに考えてしまう・・・。こんなことの、繰り返しになってしまいます。
この「思考の循環」を、どこかで断ち切らない限り、ゆうさんの「心配」は、どんどん増殖して行ってしまいます。

この考え方は、ゆうさんの一種の考え方の癖だと思います。
或る状態になると、必ず同じ思考のループが始まってしまう・・・。これは、言わば考え方の癖です。

しかし、ゆうさんがそう考えてしまうには、これまでの人生経験の中で培われた、「自分を守るための手段」があるはずです。
それはまず否定すること無く、認めてあげてください。
その上で、「別の考え方をしても大丈夫だよ」という、安心感のような物を作ることだと思います。

そのためには、カウンセリングと心理療法が有効だと思います。
特に「考え方の癖」に着目するような、例えば「認知行動療法」のような心理療法が、効果があると思います。

違反報告

2018年12月19日 17時03分


サニー

ゆうさん
本当にお困りですね。
文面を読みながら 私と似ているのかな?と思いつつ ・・・そうではなく
私のクライアントさんたちとキャンペーン共通してることがわかりました。

もし お薬でなんとかしようとしたときには 麻痺のような 感じないといったようなお薬療法であるように感じます。それは沢山の人からお聞きした情報からです。
カウンセリングや セラピーが良いかと思います。
ですが 一回や短期では難しいのが事実です。
つづけていただいた抱いて 1ヵ月前よりもいい
2か月前より良い 半年前よりさらによい・・・・と
結果的に 全体的に何かが少しづつ改善されて 体力 気力 意志力 精神の健康が
落ち着き 社会生活 家庭生活がととのっていかれています。

電話やメールでも可能なところが沢山あります。
相性の良い所 ビジネスだけではなく 本気でこの仕事に取り組まれている方のところへ行かれてみてください。

これはやらねばならないことですが
そして 一度で何処かが 少しでも改善されて居たら それを認めてください。
カウンセラーの実力を感じることです。それが できないと 結果的に 自分のためにならないところでお金を使いすぎて 
良くならない・・・・(私のところへいらっしゃる方やお問い合わせの方に沢山います。お金を使ったがよくならない。)

よい方のところへ 行かれたら 必ず 変化が起きてきます。(^^♪

あきらめないで 希望をもって セラピストやカウンセラーをお探しください。
私のところでも良かったらいらしてくださいね。

自分でできることを考えましたところですが
この症状の人たちは いつも 何かを気にして病んでいます。
はたから見ると たいしたことではない(もちろん気になる 困ったことであっても)
そのくらい みんなあるよ・・・体調不良にたいして 対処していけばいいでしょう・・・と思うものです。
ですから それを良い方向に利用しますと
大したことが無いんだ(それができれば苦労しないのは分かった上でのお話です)と 思う様に
一日に 何回かおこなってみてください。回数は ご自分で決めてください。

そして 人は いつも 何かを考えているものです。口には出していなくても いろんなことを考えています。
ですから 考えないのは無理なので 体調がよくなるための 何か?を考えてください。
例として
運動 栄養 アプリメント 瞑想 空気が綺麗だとからだにいい 早起きすると体にいい など 良いことも考える時間を増やしてみてください。

なにか好きだったことを考える時間を増やす

『もうやりました』と言われるかもしれませんが この文面だけですのでごめんなさいね。

頑張ってくださいね。
平和の使い サニー
https://ameblo.jp/aroma-7-sunny

違反報告

2018年12月18日 15時11分


月の森カウンセリングルーム

ゆうさん、はじめまして。
月の森カウンセリングルームの小川です。
ご相談を読ませていただきました。

ご自分の身体のことばかりが気になり、
次は、気にしてしまっていることが気になり、
結果として、生活にも支障が出ているのですね。
やめようやめようと思えば思うほど、
どんどんおつらい状態になっているのだと感じました。
そういった中で、よくがんばっていらっしゃると思います。

心療内科にかかっていたということですが、
現在はいかがでしょうか。
もう一度、心療内科で相談されてみて、
心理カウンセリング(心理療法)を受けてみても
よろしいかもしれません。

身体のことが不安だというお気持ちの、その奥に、
どんなものが隠れているのかが分かってくると、
解決のヒントが見つかるかもしれません。

お薬だけでは克服しづらい部分があるように感じましたので、
心理カウンセリングをお勧めさせていただきました。

ゆうさんのお気持ちが少しでも軽くなっていくことを
願っております。


------
月の森カウンセリングルーム
小川みずき
http://カウンセリング.net/

違反報告

2018年12月18日 14時19分


新宿ファミリーカウンセリング

ゆう 様

こんにちは、はじめまして
臨床心理士の米田です。
お困りのお気持ちお察しいたします。
せっかく病院にも行かれたご様子ですが、お薬の効果があまりないご様子ですので、カウンセリングの方が適切でしょう。
デリケートな原因のため、病院では、残念ながら対応できるところが少ないです。
よろしければ、私の方でも承れます。メール、LINEでのご利用であれば、低額で済みます。
お申し込み・お問い合わせは、以下のリンク先または店舗ホームページから承れます。

違反報告

2018年12月18日 14時01分


憂うつの癒し屋

はじめまして、心理カウンセラーのヨナガ マサアキと申します。
心配性は心配性でも、
人に心配りができる「心配性」になることです。
自分のことではなく、他人がどうすれば幸せになるのを常に考えていると、
自分のことで、心配する暇がなくなり、おまけに人からも感謝されるという
一石二鳥なことなのです。
自分のこと半分、他人のこと半分ぐらいがちょうどいいと思います。
わたしのHPの「トピックス・リスト」には、「セルフイメージ~理想の人生」など様々な心理に関するツールが掲載されておりますので一読してみて下さい。

違反報告

2018年12月18日 13時51分


カウンセリングルーム・エンパシー

ご相談内容を拝読しました。
病気を気にするのは、深層心理に「死」に対する過剰な怯えが潜んでいるかも知れません。
また、「健康であってはいけない」という禁止令も関係している可能性もあります。
あなたの思考は、あなたの感情や行動に影響します。
カウンセリングであなたの思考の歪みを修正しませんか?

違反報告

2018年12月18日 13時36分


こころの相談室 おうみ

振り返って考えてみていただくとすぐに分かると思いますが、気にしなくなるとか都合よく他のことで頭がいっぱいになるなどということはないと思います。ということは、どうやっても気になってしまうということです。
また、体調不良を気にするのは当たり前のことです。おっしゃるように生活に支障が出るほど気にするところが問題なのだと思います。ですので、気になり過ぎてもそれに耐えられるようになること、気にしつつもそれはいったん置いておいて他のことに取り組めるようになることが重要です。
心配なことを心配という状況のまま感情的気分的に抱えていると心配は膨らみます。客観的論理的に何が心配なのか、それはどうしてか、その原因はなにかを考え、対応策の実行を予定することで心配事は少し収まると思います。具体的には体調が悪い、お腹が痛いなどという時は、食べ過ぎたのか体が冷えたからなのか原因を考え、とりあえずすぐにできることとして温かいものを飲むとか部屋の温度を上げるなどした上で、仕事が終わればドラッグストアへ行こうとか、病院へ行こうと計画します。それまでは耐えるしかありません。どうしても耐えがたい時は誰かに説明して医務室へ行くとか救急車を呼ぶとかの応急策も考えられます。
感情的気分的抽象的ではなく客観的論理的具体的に考えるようにしてみてください。

違反報告

2018年12月18日 13時35分


Freedom Counseling School

はじめまして、

コメント拝見しました。

「不安障害」とのご相談ですね、

不安障害には心理カウンセリングが一番有効です。

個別対応しておりますので

一度、ご利用ください。



FCS 主宰 野口正彦

電話& LINE ID: 0445441539

※匿名では受付できません、氏名、ご住所、電話番号をお知らせください。
※ご相談者ご本人に30分無料カウンセリングいたします。

(営業時間内限定)平日:AM 9:00~ PM 6:00 までの受付になります。


お気軽にご相談ください。


------------------------------------------------------

日本心理カウンセラー協会 ★JPCA★

Japan Psychological Counselor Association.

FB: https://www.facebook.com/jpca20170801/


<★スカイプ相談★>
https://join.skype.com/MatRBdOe9DO0

------------------------------------------------------

Freedom Counseling School 

フリーダム・カウンセリング・サービス

FB: https://www.facebook.com/fcs1996st/


<★スカイプ相談★>
https://join.skype.com/IN1cA1qlnlgk

------------------------------------------------------

違反報告

2018年12月18日 12時38分


グレイス・ピリオド

はじめまして、静岡でストレス予防カウンセリングをしています林と申します。

何か一度気になるとものすごくそのことが気になることってありますよね。
心配性と自覚もあるので、いっそう気にされる方なんだと文章から感じられます。

身体にも不調が出ているということなので、早く楽にしたいですよね。
でもその方法が分からず、また焦って心配に・・・

一度当方のカウンセリングを受けてみることをお勧めします。

自分の身体のこと、心配になること、心療内科でのこと、いろいろと話していく中で、
自分自身を再確認できるかもしれません。

じっくりとお話しすることは、日常ではなかなかないと思うので、きっといい体験になると思います。

初回無料での対応もしていますので、少しでも興味がありましたら、気軽にお問い合せ下さい。

違反報告

2018年12月18日 11時25分