教えて掲示板の質問

「子供を作ることに対して疑問を感じています」に関する質問

  • 相談中

knotsさん

私は現在33歳で、2年前に結婚しました。妻も同い年です。
周りの友達は皆、結婚して、子供を産んでいたり、子作りに励んでいたりします。
私達夫婦も子供について考えるのですが、どうしても積極的には今の妻との間に子供が欲しいとは思えません。

思い返すと、同棲、結婚も私からではなく妻からのアプローチで流れ流れて今に至ります。
妻が嫌いというわけではないのですが、恋愛感情というより友達の延長で付き合ったという感覚です。
正直言えば、この先の人生ずっと1人で先過ごすよりも、一緒にいて気を使わなくて楽で、趣味・嗜好も同じ人といれたらいいなくらいの感覚で結婚も決意しました。

しかし、いざ子供を作るという話が出たときに、今まで流されていた自分に対して「ほんとうにこれでいいのか?」と自問してみました。
今までお付き合いした人たちは恋愛感情でお付き合いをしていて、その相手との出産をイメージ出来ました。しかし、今の相手は本当に友達みたいな感覚で出産もイメージすることが出来ませんでした。
そのことが私自身ショックで、子供は作らないほうがいいと思ってしまいました。
さらに性生活に関しても、体の相性も良くないのと、友達・家族感覚になってしまい、今の相手にそういった魅力も感じない現状です。

妻には、これらのことに加え、「どうしても子供が欲しいというのなら、私と別れて別の相手を探した方がよいと思う」ということを打ち明けてみました。
すると妻は、「子供がいなくても一緒にいたい」と答えてくれました。

そう答えてくれて嬉しい反面、私が一生添い遂げる自信があるかと言われると正直ありません。
考えが悪い方向にしか働かなくなっており、この先の将来を考えると、何があるかなんてわからないし、離婚という可能性だって十分にあると思ってしまいます。
そうなったときに、妻が子供も作らず歩んできた人生は無駄になってしまうんじゃないかと不安にかられます。
それならば、私自身作る気持ちはないけれど、子作りをして出産した方がいいのでは?という、消極的な考えで自分を納得させようとしています。

そんな中で、周りの友人夫婦とその子供の姿や、家の外で見かける家族の姿を見ていると、「望まれて生まれてきた子どもたちと幸せに暮らしている。
今の自分が、こんな気持ちで作った子供と自分はそんな幸せになれるのだろうか?」という考えがよぎり、気持ちが沈んでしまいます。

しかし、こう考えている間にも妻の出産できる年齢もどんどん短くなっているという現実があり、気持ちが焦る一方です。
友人に「結婚して、子供作るのが本当に普通のことなのかな?」と相談しても、「そりゃそうだよ。」と言われ、自分の感覚がズレているだけなんだと落ち込む日々が続いています。

正直今の気持ちで子供を作る気にはなれないのですが、タイムリミットが私を焦らせて、どうしたらいいのかわからなくなっています。
質問という質問はないのですが、何かアドバイス頂ければと思い投稿しました。

違反報告

2018年1月12日 13時26分

教えて掲示板の回答

ワークメンタルカフェ

<どうしたらいいのかわからなくなっています。>
そんな時は、ゼロ思考になって自分の聲を聞いて見ることが一番です。

やり方は、
雑念の入らない場所(例えばシャワー室でシャワーを無心で浴びているとき)
に次の2点を自分に質問して見てください。

1、自分はどうなりたいのか?
2、自分は何がしたいのか?
いろんな考えが浮かんでくると思います。

自分のこころの聲を聞いて見てください。

<参考事項>
他人は、全くカンケイナイのです。
人は自由です。
急いでも良いが、焦ってはダメです、

違反報告

2018年1月17日 12時01分


mentalquest

はじめましてmentalquestの渡辺です。
医療機関で医療相談、生活相談、介護相談、カウンセリングを行っています。
「望まれて生まれてきた子供たち」という言葉が
言わんとしている事の象徴の様に感じました。
子供は必ず望まれて生まれてこなければいけません。
望まない自分がそれをしてはいけないというお考えでしょうか。
更に「今の妻との間に」の表現も気になるところです。
結婚という言葉は時として人を縛り、逃れられない責任という荷を
背負わされた感覚にとらわれる方も男性には多いと思われます。
結婚したら子供が生まれる説は成り立たなくなっています。
勝手なその説が女性を苦しめているのも事実です。
人の心は移ろいやすい。
奥様が言う「子供がいなくても一緒にいたい」は
今は心からの言葉だろうと思います。
しかし、5年後、10年後果たして変わらないかは
誰も予想出来ない。
子供が出来たら変わるだろうと言う人もいるかもしれないけれど
それはあまりにも無責任過ぎる意見です。
じゃあ、変わらなかったら。一つの人格を傷つけることになる。
アドバイスは参考にはなるけど、そこに正解はありません。
答えは二人にしか見い出せないのです。
knotsさんの考えは間違いではありません。
奥様と納得いく話し合いが出来る事を願っています。

違反報告

2018年1月15日 17時55分


こころの相談室 おうみ

「結婚して子供作るのが普通」ではありません。そもそも普通などありません。変わりたいと思うならそうすれば良いですが、あなたがこのままで良いと思うならこのままで良いです。人によってそれぞれの考え方があり、何が正しいということはありません。あなたはあなたの思う生き方をすれば良いと思います。先のことはわかりません。気が変わるのも自由ですし、同じままでも構いません。
奥様もあなたの気持ちを正直に説明をした上で同意していらっしゃいますから、それは奥さまの自由な選択です。一緒に暮らしていくという責任はありますが、あなたがあなたの考え方を変えなければならない責任はありません。奥様に対して説明が不十分かもしれないということであれば、それはまた話し合っていかれると良いと思います。

違反報告

2018年1月15日 14時36分


セルフハンター 自分探しコンサルタント 

こんにちわ。あなたの感覚が周りと違っていることについて落ち込む必要がまったくないことを強調させて頂きます。こうした「周りと同じべき」というプレッシャーは日本は格段に強く、それに従うことで本来の自分を押し殺し、合理化や誤魔化しをして時には自分や周りにうそをついて、周りや子供までも巻き込み苦しんでおられる方が非常に多いのです。それでも周りと違う生活を行うことは、精神面を強化し、自信をつけてゆかないと特に今後非常にストレスになってしまいます。

あなたはとても自分に正直で論理的で誠実な方のように見られます。一般の日本人よりもご自分を持っていらっしゃるようです。そうした方は社会の常識と自分の判断のギャップに苦しむことが多いのです。というのは一般的に社会の常識は「本来の自分として生きることを阻害」する場合が多いからです。

奥様にも本音を伝え、意志きちんと確認したということはとても素晴らしいと思います。パートナーにどのような方を選びどのような人生にしてゆくのかはあなたの自由ですが、人同士の出会いには深い理由があります。基本的にお互いに必要な人生の学びを得ながら成長して人生の課題を達成してゆくことです。ご結婚相手は最高の心のスパーリング相手です。互いが支え合えず、ただ利用しあい、成長ができない結婚は間違いです。

混乱した現代社会で生きることで、誰もが過去の生活から偏った思考や心の傷を抱えています。誰よりも多くの時間を過ごし、安心して心を開けるパートナーを持つことで、そうした問題を見つけ、理解し、癒し、よりよい思考を築き上げてゆきながら、自分以外の人との心のつながり方を学び、自分が持って生まれた貴方だけの素晴らしい能力を磨き、世界が向上するように貢献してゆく幸せを感じることも可能になります。こうした考えは日本ではまだ理解はされてはいないですが、古代から世界中の賢者らに言い伝えられてきたものです。

流されて結婚に至ったということ、体の相性が悪い、という点では今後お二人の間に大きな挑戦があると思いますので、深い自分探しを行ってゆく必要があると思いますが、今は縁あってご一緒になったパートナー同士お互いを尊重しながら正直に可能な限り心を開きながら学び合い、二人のつながりの度合いを確認してゆくことが重要だと思います。

また、奥様の人生を無駄にしない為ということですが、あなたが誠意をもって正直に心を打ち明け彼女を利用しなければ、どうした人生を選ぶかは奥様の選択であり、あなたの責任ではありません。今、それをきちんと明確にして互いに納得しておくことは未来のトラブルを防ぐには必須です。

このような視点についてこちらのサイトで講師も勤めているので、ご興味がありましたらご連絡下さい。
あなたの幸せな人生を応援しています。
https://cafetalk.com/tutors/profile/?id=85653&lang=ja

違反報告

2018年1月14日 15時45分


カウンセリングルーム エンジェル

knotsさん.はじめまして。
カウンセリングルーム エンジェルの湯田です。

今の奥さまとは、友達、家族感覚で、子供を作るイメージが出来ない、とのお悩みなのですね。

結婚を決める理由は、人それぞれですが、大事なのは決めてからどうするか、ではないでしょうか?

どんなに愛しあって結婚しても、幸せな夫婦像や子供をもつイメージが出来ていても、三年、五年、十年と時間の経過と共に幸せを感じられなかったり、惰性的に生活をしていたり、お互い無関心であったり、他の異性を好きになったり、離婚してしまう夫婦もいます。

何が大切なのでしょう?

大切なのは、今、目の前にいる人にどれだけ関心を持ち大切にできるか、ではないでしょうか。

誰でもそうだと思いますが、結婚も奥さまからのアプローチでの流れでされたとしても、結婚を決めた時には、夫として妻を精一杯愛してゆこう、妻を幸せにしてあげよう、夫としての責任を果たそう、など決意を固める、覚悟を再確認することが大切だと思います。

相手との間に子供が出来るイメージが持てることが、大事でしょうか?
イメージが持てたとしても結婚にはいたりませんでしたね。
持てなかったとしても、現実に結婚され、奥さまが出産されたら、knotsさんは父親となります。
今のままでは、お子様が出来たとしても、父親という自覚を持てずに今と同じように苦しんでしまう可能性もありますね。

それは今の奥さまでなくても、心の持ち方が変わらなければ、他の方であっても何も変わらないということだと思いますよ。

自覚も覚悟も自分の気持ちの中で、作り上げてゆくものだと思います。
毎日の生活のなかで、その様な心を持って行動を積み重ねてゆけば、いつか、考え方や行動も自分のもの、癖や習慣となってくるものです。

そんな自分の思いに気づきショックを受けた、ようですが今気づきご自身を振り返ることが出来たのは、ご自身を知る上で良かったのだと思います。

結婚に限らず、色々な面でご自分の考えや意見をハッキリさせることなく、周りに左右されることが多く、ご自分の気持ちを置き去りにしてきたのではないでしょうか?

もしかしたらそうせざるを得なかったのかもしれませんね。

奥さまのこれからを気遣える思いやりのある方だから、離婚をお考えになる様に感じられます。

奥さまが出産することを考えると年齢的に焦るお気持ちもわかりますが、まずはknotsさんご自身はどうされたいのかを考えてみましょう。

knotsさんがご自分を大切にされ、幸せを感じて過ごせます様願っています。

その後のご様子をご連絡いただければ幸いです。

違反報告

2018年1月13日 11時26分


心理カウンセリング らしんばん座

knotsさん、こんにちは。
カウンセリングルーム「らしんばん座」と申します。

そうですね、二昔くらい前の感覚ならば、結婚して子供を産み育てることは、「当たり前」の事でした。
しかし、今は違います。夫婦の形は夫婦の数だけ合って、子供を持つ持たないは、その夫婦で決めることです。
「子供を持たない」という選択も、一つの生き方として、それは「あり」だと思います。

恋愛感情と言うよりも友達感覚の夫婦、それも別段悪いことではありません。
要は、knotsさんご夫婦がそう思ってそう決めたのなら、それはknotsさんご夫婦の「正解」であって、他の人が意見を差し挟むいわれはありません。
奥様も、特に出産も、離婚も希望されていないのであれば、なんら問題は無いと思います。

ただ私が気になったのは、knotsさんの夫婦や家族に対する「自信の無さ」のようなものです。
夫婦に対する捉え方が消極的になってしまって、「こうやって幸せになろう」というお気持ちよりも、「不幸になっても、傷つかずに済むようにしておこう」というお気持ちが、見えてしまいます。
もしかしたら、この捉え方を見直すことによって、子供を作ることに対する気持ちも、変化するかも知れません。

そのためには、knotsさんにカウンセリングをお受けになることをお勧めします。
カウンセリングの中で、knotsさんの言わば「物事の捉え方の癖」のようなものに着目して、それをどうしていけば良いかを探ることが出来ると思います。

よろしかったら、下記にご相談ください。

==========================================================
★ 心理カウンセリング「らしんばん座」★
★ ホームページ http://ojisantherapist.la.coocan.jp/ ★
★ eメールdomo_arigatto@ojisantherapist.la.coocan.jp ★
==========================================================

違反報告

2018年1月12日 19時30分


月の森カウンセリングルーム

knotsさん、はじめまして。
月の森カウンセリングルームの小川です。
ご相談を読ませていただきました。

奥さまとの間に子どもを持つことについて、
果たしてそれでいいのかと躊躇するお気持ちがあるのですね。
しかし、奥さまのタイムリミットもあり、
焦る気持ちとためらう気持ちの間でお悩みの状態なのだと思います。

確かに、ひと昔前までは、結婚して子どもを持つということが
ごくごく普通のことだったと思います。
しかし現在、生き方は多様化していますので、
子どもを持たない(持てなかった、も含めて)ご夫婦も
少なからずいらっしゃることは事実です。

子どもを持つことは「普通」なのかもしれませんが、
世間や他人に流されることなく、
knotsさんご夫婦がどうしたいかということが、
いちばん優先的に考えられるべきことだと感じます。

奥さまも、「子どもがいなくても一緒にいたい」と
おっしゃっているようですし、
しばらくはこのままでもよいのではないでしょうか。
そしてまた、どちらかのお気持が変わったときに話し合い、
今後の生き方を決められていけばよいと思います。

私自身、子どものいない人生ではありますが、
いればいい、いなければいい、そういうものではないなと、
今さらながら感じることはありますし、
自分の人生を自分で受容していく気持ちも大切だと
気付かされております。

それでも、悩んでしまうような場合には、
ご夫婦そろってカウンセリングを受けられてもいいかと思います。
カウンセラーという第三者を間にはさんでお話することで、
新しい気づきがあるかもしれません。

生き方に、絶対的な正解などありません。
ご自分が進んできた道が、正解なのだと思います。


------
月の森カウンセリングルーム
小川みずき
http://カウンセリング.net/

違反報告

2018年1月12日 19時08分


愛知ミッション

knots さん

初めまして、愛知ミッションの平田と申します。流されていたご自身に気づいたことは良いことです。これは奥様との関係だけでなく、他でも出てませんでしょうか?

例えば、仕事とかで、自分がちょっと我慢すれば良いのかと相手の思うようにしてしてしまうとかです。

相手の意向に合わせて自分を納得させても無理があるので、どこかでそれは続かないものです。

今回も奥さまの意向に沿うというよりは、本当はknotsさん自身がどうしたいのかということをはっきりさせることが重要に思います。

では、どうしてこういうことが起きるのでしょうか?

人は多かれ少なかれ両親からの影響を強く受けます。クセが似るだけでなく、考え方も影響を受けます。気づくと無意識的に両親の人格が転移しているかのように振る舞うことがあります。

転移した状況で決断しても、自分自身ではないので、どこかでその決断はおかしかったとあとで気づくことがあります。

そうすると、自己決断しておらず、自分らしくないので、どこか変と感じるけれど、流されるようになります。

こうした状態が続くと自分ばかりか、周りの人にも影響を与えてしまいます。

ここで一度カウンセリングを受けるなりして、自分自身のそうした気づかず、転移している余分な思考を取り除いてみませんか?その上で最良の決断をされた方が良いかと思います。

自分でない思考で決断しても、最終的には後悔するだけでしょう。


電話で無料のカウンセリングをしていますので、一度受けてみませんか?以下のリンクをクリックして性格分析テスト(無料)をやって頂いたあとで、電話で無料のカウンセリングをしています。

違反報告

2018年1月12日 18時18分


訪問心理カウンセリング自然のこころ

knotsさん初めまして。自然のこころの西岡と申します。

奥様との結婚はこの先の人生ずっと1人で先過ごすよりも、一緒にいて気を使わなくて楽で、趣味・嗜好も同じ人といれたらいいな
というお気持ちで決意されたとの事。
それもまた、結婚生活を続ける理由として十分だと思います。
結果、子どもをつくる事を目的と思えないのも当然です。
knotsさんあ子どもが欲しくて結婚をなさったのではありませんから。
子どもは望んだからといってすぐに出来るものではありませんし、夫婦生活がある限り、いつ出来てもおかしくありません。
望まないとまではいかなくとも、望まれて生まれてきた子どもたちばかりとは限りません。
望む望まないに関わらず、夫婦生活の結果生まれてきた子どもたちも少なくないと思います。
大事な友人であり、家族である奥様を大事になさって、結果、子どもができるかは授かりものと考えるのはいかがでしょう?

私事を申しますと、私は離婚を経験し、子どもと父子家庭で暮らしております。
knotsさんと同じく元妻からのアプローチで流れ結婚、子どもを欲しいとも思っていなかったことも似ています。
子どもへの親としての責任を果たしているだけで父親らしくもありません。
しかし、子は懐いてきますし、長らく共に生活するのですから、家族として大事に想います。
knotsさんは奥様の事も考えられて焦っていらっしゃいますから、今は、奥様との結婚生活をお考えになればよいかと思いますよ。
子どもがいる友人、子どもが欲しい友人に、子どもをつくるのが普通かと相談しても、つくるのが普通と答えられるでしょう。
それぞれの事情を考慮しなければ、一般的にはつくるのが普通をおっしゃるかも知れません。
それは、決して感覚のズレではありません。
knotsさんに考慮して頂きたいのは、奥様は子どもを望まれているのか、そして、もしお子さんが生まれてきた時には
父親として責任をもってあげれるか。です。

違反報告

2018年1月12日 17時24分


TKカウンセリング

knotsさん、はじめまして
TKカウンセリングの片桐と申します。

knotsさんの子供を産む事への疑問、私も似たような経験をしておりますのでわかるような気がしております。
私の場合は、結婚や子供を産む選択はしていませんが、現在では相手との状況により考える事もあります。
お付き合いする方にお子さんがいる場合には仲良くしています。それは私自身が片親で育った為に苦労した事や、考え方や生き方などからも来ています。

まず、knotsさんの素直な気持ちに正直に生きる事ができないとどこかで必ず後悔します。人生には取り返しのつかない後悔も多いです。

結婚や同棲生活が長いと、お互いが異性として見られなくなる事もよくあることですし、相性が合わなかったり相手への異性としての魅力が感じられない場合などは、小作りそのものをしたくなくなるのは当然です。

奥様はとても理解のある方だと私は思います。
「子供がいなくても一緒にいたい」これはなかなか言える事ではありません。
なぜなら、子供を作ると言う事は、女性が本来持っている身体の仕組みによって産みたいという気持ちになるもであったり、ある程度の期限があること、家の血筋を守る事や、相手のご両親に孫ができる喜びや、世間体など様々な事柄を捨ててでもknotsさんと一緒にいたいという事なのです。

でも、わかってはいても心や身体に嘘をつく事は、大きなストレスとなりますし、後悔する事も出てきてしまいます。

お二人で過ごした時間はかけがえのないものであり、奥様も理解を示してくれているので、けっして無駄な人生にはなりません。なぜなら、二人で過ごした時間は、幸せな時間だったり、助けられたり、安らぎのもてる時だったはずです。その過去は別れて場合でも変わる事はありません。

また、他人の芝というのは良く見えるものですし、表面的なごくごく一部分でしか映らないものです。

ご自分の目に映った他人と同じような生活を希望するのであれば、ご自分の気持ちに素直にならずに子供を作る事も手ですが、産まれてきた子供の事を考えても下さい。望まれなかった子供が産まれてきてしまった気持ちを。

本来、そこまでお互いの将来を考えている中であるのなら、しっかりとお二人で話し合う事が大切です。

例えば、結婚観や子供に関して抱いている気持ち、今後の将来、生活に関わる全ての事、性生活への素直な気持ちなどありとあらゆる事をです。

価値観が合えばこの先も一緒にいられる事もできるでしょうし、意見の違う所なども認めあえる2人であるのなら、この先も一緒にいる事もできます。

例えば、お互いの事が大切な存在だから一緒にいるけど子供は作らない・作る場合は人工授精・性生活はお互い魅力を感じていないので、お互いの魅力がどこかを理解し、共に魅力が持てるよう、性生活をできるように努力する・性生活は他でする。性生活は他を交えて複数でする。子供は生まない代わりに、相手や相手の親にとってより深い愛情を注ぐなどなど

結婚も色々な形がありますし、人間関係も色々な形があって当然なので、○○じゃなきゃいけないとか、○○が普通だのような事はありませんし、その固定概念で苦しんでしまっているのであれば、その固定概念から自らを解放していく作業も必要となってきます。
knotsさんはズレてると仰っていましたが、そんな事は全然ありません。ご自分の素直な気持ちに、今気づいたというだけの話ですので問題ありません。
また何かありましたらどうぞお気軽にご連絡ください。
【全国どこでもお悩み相談・電話相談専門】
TKカウンセリング
●受付時間:9時~23時(最終受付22時)●不定休
●カウンセリング料金
30分1,500円
60分3,000円
90分4,500円
延長は30分ごと1,500円
(いずれも税込)
【特徴】
病院やお薬に頼ることなく、悩みや不安になっている「根本的な原因」部分から、波乱万丈で経験豊富な男女心理カウンセラーのもと、ストレスの「軽減・回復・解決」のご提案を行っております。
☛「他では解決できなかった方」は特にお勧めしております。
☛「悩みや不安に対応していく力」がつきます。
☛流れ作業ではなくお1人お1人と向き合います

違反報告

2018年1月12日 17時17分


ラディアンス

こんにちは、knotsさん

実は、ソニー(株)の創立者の井深大氏も、57才で離婚し、本当に結婚したかった人と結婚し幸せになりました。
私も、前妻との間に子供は作りましたが、一生添い遂げる意欲がなくなり、思い悩んだのですが、
私の大親分の井深氏が、離婚再婚し、幸せになったのを知って、下の子が二十歳になり、親権とかを考える必要がなくなったときに離婚、再婚しました。

初婚と、再婚と比べると幸せ度は雲泥の差です。
好みが一緒で、喧嘩もした事がなく、いつも一緒に居る事が楽しくて仕方ありません。
なぜかというと、再婚は特別な方法を用いて、理想のパートナーを引き寄せての結婚だからです。

自分はどんな人と結婚したいのだろう、理想のパートナーリストを数百項目書き出します。
それも、潜在意識にしっかりと繋がった状態でです。

通常の意識状態で理想のパートナーをイメージすると、検索結果がゼロになるリストになりますが
潜在意識に繋がった状態では、リストの項目を増やせば増やすほど、オンリーワンにの人に絞られていきます。

そのリストができあがったら、意識の力を使って、その相手に向かって呼びかけると、やがて来てくれます。
これは、物理学の量子力学という分野の「非局在性」という法則を使って、呼びかけます。
量子コンピュータにも使われている理論です。

すると、出会った瞬間「この人だ!」と分かります。
お互いに理想のパートナー同士なので、デートの約束もスムーズにでき、楽しい恋愛が始まります。
デートのたびに、理想のパートナーリストを思い出しながら、質問していくと、まさにぴったりの相手と分かります。
愛情がどんどん深まり、万難もスムーズに乗り越え、やがて同棲。

1年という期間を約束して、一年後に、お互いに幸せな結婚生活ができる確信が持てれば結婚。
持てなければ、友人知人に戻ります。

この同棲をするのが、親となる事への責任です。

生物としては、結婚は子供を作る事が第一目的ですが、
人間としては、人生を愉しむ事も結婚の目的です。

夫婦の幸せだけでなく、子供を作るなら、子供の幸せにも責任を持つ必要があります。
子供が3才くらいになると、浮気をしたくなるのが人間の本能です。

一生幸せに添い遂げる覚悟と確信がない結婚をするなんて、子供を不幸にするだけです。

そうなんです、偶然の出会いを期待している、今の恋愛・結婚のやり方は、博打と同じなのです。
現在、3組に一組が離婚、2組に一組がセックスレスになっています。

潜在意識で繋がっている、幸せな結婚ができる相手、
つまり、魂同士で、幸せな結婚を約束している理想のパートナーと結婚すると良いのです。

一生愛し合い、尊敬し合い、幸せな結婚生活ができる相手か、親権に見極めるのが1年間の同棲です。

一生幸せな結婚生活をする方法がこれです。私達だけでなく、多くの方がこれで幸せになっています
http://www.radiance.gr.jp/news/happymarriage8.htm

違反報告

2018年1月12日 16時57分


「あおぞら」人生相談&心理カウンセリング

   私達人間は「自分を幸せにする義務」があると思います。
   私達の一生は一度きりです。
   貴方のようなお互いの愛情に感心を持つ方はなおさら幸せになるべきです。
   
   私達が幸せを心から感じる時はどんな時でしょう。
   私は心から愛する人と,心身共共感し合い、一緒に過ごしている時です。

   私は6年前に妻を亡くし1年間とても寂しい気持で過ごしました。
   私の人生はこのまま幸せを諦めて良いのだろうかと、悶々とした毎日を過ごしていました。
   そんな時、ある高名な哲学者の運命的な言葉を聞く機会が有りました。

   「愛する人と幸せに生きる事が人間にとって最も大切な事である」
    「人は自分を幸せにする義務がある」・・・・私はこの言葉に感動しました。
   その哲学者は「愛する人を得る為に最善の努力をしなさい」
   チャレンジしなさい。
   私はこの言葉に目覚めました。
   そんなある日、ある女性と知り合う事が出来ました。

   彼女は本当に優しく心の純粋な人で「困っている人を救いたい」と言う慈愛に満ちた人でした。
   私は2度とこのような女性と逢えないかもしれないと思いました。
   
   私がその女性をパートナーとして得る為に、とにかく積極的にアプローチしました。

   そしてその女性と、これからの人生を二人で生きる事を誓い合えるほど深い愛で結ばれ、毎日心身共満ち足りた愛の生活を
   現在、営む事が出来るようになれた、その方法を貴方に是非、お話したいと思います。

   私達人間は母の胎内より生まれ出でたその瞬間から「慈愛願望すなわち無償の愛を求めて生き続けます」
   人は無償の愛を提供する人が現れると自分の存在に自信を持つことが出来ます。

   そして自分を好きになり大事にするようになります。
   そして今度は無償の愛を提供してくれる人に無償の愛で応えたくなっていきます。

   私は自分の気持ちをまず「心からの手紙」という形で彼女に届けました。
   彼女は私の「心からの手紙」に無償の愛を感じたと言ってくれました。

   貴方様の人生を心身ともに、どうぞ充実させてください。

   幸せだった時期を・・・「過去の思い出に終わらせていけません」
   
   貴方は愛する人と幸せになるべきです。 運命の出会いを目指してください。
   
   もしよろしければ貴方様の幸せな生活を得る為のカウンセリングをさせていただければ光栄です。
   ご連絡お待ちしています。
  
  「悩み、改善、解決完治を目指す」人生相談&心理カウンセリング
       「あおぞら」 松下愛ノ助 
     問い合わせ・ご予約電話 080-3397-2297
       ホームページ https://www.ai-aozora.com/

違反報告

2018年1月12日 16時53分


ファミリーカウンセリング米田

knots 様

こんにちは、はじめまして
お困りのお気持ちお察しいたします。
せっかくご結婚されたにも関わらず、お子様のことで、悩まれているご様子ですが、
もちろん、どのような生き方でもご夫婦でご納得できた生き方であれば、幸せだと思います。
問題は、なぜ、お子様のことで悩んでしまうのか、ご自身が十分にはご納得できていないことではないでしょうか?
ただ、こういう場合には、原因がわかっても、理屈ではご納得は難しいものです。
よろしければ、私の方でも承れます。

違反報告

2018年1月12日 16時30分


カウンセリングスペース Healing Forest

はじめまして、knotsさん。
お悩みの書き込み、ありがとうございました。
切実な問題ですね。

ですがこれはご夫婦でじっくりと話し合われて、お互いがしっかりと納得いくまで共に考えていく事だと思います。

世の中、様々な家族の形があります。
敢えて子供を作らずに夫婦だけで一緒に過ごすという「DINKS」なんていう考え方も昔はもてはやされました。
一方で子供が欲しくても様々な事情で出来ないご夫婦もいます。

「子供を作ることが普通」ではありません。
様々な形、それぞれの考え方や価値観があって良いんです。

違反報告

2018年1月12日 16時24分