HOME > 教えて掲示板 > 再発した神経障害から立ち直りたい

心理カウンセリング登録数

2472 件掲載中
2017/11/20 16:53現在

北海道・東北

北陸

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄



更新情報

富山県氷見市の心理カウンセリング

富山県氷見市の心理カウンセリング、ハッピーエブリデイさんの登録写真 ハッピーエブリデイさんを掲載しました。

神奈川県横浜市の心理カウンセリング

リスタ・カウンセリング・ルームさんを掲載しました。

東京都江東区の心理カウンセリング

東京都江東区の心理カウンセリング、竜の棲むところさんの登録写真 竜の棲むところさんを掲載しました。

奈良県奈良市の心理カウンセリング

メンタルセラピー 空さんを掲載しました。

兵庫県姫路市の心理カウンセリング

兵庫県姫路市の心理カウンセリング、出張カウセリング 縁 ~よすが~さんの登録写真 出張カウセリング 縁 ~よすが~さんを掲載しました。
更新情報

心理カウンセリング モバイル
心理カウンセリング
モバイル版


質問

再発した神経障害から立ち直りたい
困り度: ★★★★★
教えてNo.6 質問者:1 投稿日時:
2010-04-21 13:16:53

 御忙しい中失礼します。思い切って書き込みをします。
 現在32歳 既婚 2人の子供がいます。
 
 20歳の時に神経障害を起こし、一時期治ったのですが、電車の中で再発し現在に至っております。
  
 クリニックには通院していますが、なんとか電車など乗りもう一度闘いたい気持ちです。
 今の自分から克服したいのですが、胸が苦しくなったり 色々な症状がでます。

 仕事は今までパソコンで食べてきたのですが、在宅正社員という制度はやめて ステップをしたいと考えています。

 ただこのまま もう戻らないのではないかという絶望感で最近悩んでいます。


回答



この質問は締め切られました。
ご回答いただいた専門家の皆さま、
ありがとうございました。
回答を締め切るにあたり
質問者からのメッセージ

2010-04-21 07:02:20

0000-00-00 00:00:00



回答No:1
投稿日時:2010-04-21 13:42:21
回答者: 名古屋聖心こころセラピー(愛知県) 
自信度: ★★★☆☆

はじめまして。

いろいろとお悩みのようですが、カウンセリングなど受けられた事はありますか?
通われているクリニックがどういったところなのかは分かりかねますが、心療内科のようなところでは、薬の処方は積極的に行ってもカウンセリングなどで根本的な問題解決まで取り組んでいるところは少ないように思います。

不安や絶望的な気持ちの時の判断は、あまり良い結果を生むとは考えにくいです。
信頼できるカウンセラーにご相談される事をお勧めします。

参考になった:1件

回答No:3
投稿日時:2010-04-21 13:48:16
回答者: エスイープラン(埼玉県) 
自信度: ★★★☆☆

かずさん、こんにちは。
お問い合わせありがとうございます。
内容を拝見いたしましたが、今お持ちの目標はキャリアチェンジのことなのでしょうかね。
そのために、電車等の乗り物に乗れるように、とのことでしょうか。

現状クリニックにも通われているとのことですので、そちらの指示以外のことは控えなければなりませんので、手短に。
まずはいきなり元に戻るとは思わずに、少しずつ段階を経て、乗り物とご自身との関係を近づけるのがよろしいのでは、と思うところです。

できましたら、駄目とか、できない、無理、といったようなことは思わず、今はちょっと大変だけど、必ずまた戻れる、と思うようにしたら良いと思います。
職務体系を変えることが、急務ではなければ、より時間をかけ、今日の1歩、明日は更に1歩と、カメのような遅い歩みでも必ず辿りつけることをイメージしてみては如何でしょうかね。

みなさん、貴方を見守っていると思います。
私も応援しております。

参考になった:0件

回答No:4
投稿日時:2010-04-21 13:48:44
回答者: 株式会社Mind Support(東京都) 
自信度: ★★★☆☆

もしカウンセリングなどを利用するのではなく一人でどうにかしようとお考えであるならば、下記の方法が効果的です。

紙と鉛筆、ティッシュかタオルを用意し、2時間くらい一人になれる時間を作ってください。
分かりやすいところで、パニックで苦しい気持ちや、悔しい気持ちを書きなぐりましょう。

その内、他の怒りや悔しさも上がってくるでしょう。
それも書きなぐっていってください。

例えば社会に対する怒り、自分に対する苛立ち、両親に対する恨み辛み

大人の頭で考えたら、子供じみていて馬鹿げていると感じるかもしれません。
大人になって、そんなガキっぽい事言えないと思うかもしれません。

そんな大人の考えは一時、置いておいて、
とにかく書きなぐってください。

涙が出てきたら、枯れるまで泣きましょう。
大声あげて、泣きましょう。

全部出し切ったら、書いた紙を厳かに破り捨ててください。
さようなら…ありがとう…と言いながら破り捨てましょう。

これで、一時は症状は治まるでしょう。

どうしてこれでよくなるのか?について
理論的背景を述べると長くなりますが、決して眉唾ものの療法ではありません。
自律神経の関係とだけ述べておきます。

ただ症状が、どの程度の期間治まっているかは分かりせん。
一か月か半年か一年か30年か?

症状とはメッセージです。

心の中にストレスを溜めやすい性格だったり、自分を押し殺すことが多かったりすれば、また『やばいよ?』って心がメッセージを送ってきます。

普段から、自分というものを把握しておくことが大切です。

参考になった:0件

回答No:5
投稿日時:2010-04-21 13:56:38
回答者: 賢者の杖(千葉県) 
自信度: ★★★☆☆

はじめまして。
「賢者の杖」の松浦です。

20歳の時に神経障害を起こし、一時期治ったのですが、電車の中で再発したのですね。
また、クリニックに通院し、もう一度闘いたいお気持ちなのですが、胸が苦しくなったりしてしまうのですね。

失礼ですが、クリニック以外にカウンセリングは受けていらっしゃいますか?
神経障害は、病院とカウンセリングを併用すると治りが早いと言われています。
また、再発防止のためにもカウンセリングをお勧めします。

一時期治ったという事ですので、もう戻らないということは無いと思いますよ。
焦らず、ゆったりとした気持ちでのぞみましょう。
克服して、ステップ出来るといいですね。

参考になった:1件

回答No:7
投稿日時:2010-04-21 14:19:30
回答者: 表参道心理相談室(東京都) 
自信度: ★★★☆☆

かず 様

ご質問の内容、読ませていただきました。
失礼ですが、かずさんは男性でしょうか、女性でしょうか。
現在はパートナーの方とお子さんとお住まいですか。
それともシングルでお子さんを育てていらっしゃるのでしょうか。
他にご両親やご兄弟など、ご同居の方はいらっしゃいますか。
電車にはまったく乗れない状態ですか(通院は徒歩ですか?)。
それともラッシュ時などの混雑や長距離の乗車などを避け、
コンディションが良ければなんとか乗ることが可能なのでしょうか。

かずさんが現在、電車に乗れないには乗れないなりの何か大切な意味があるのかもしれません。
そしてまた、その状態で在宅正社員として今まで頑張っていらした経緯があり、
それなりに安定して暮らしてこられたのに、“今”というタイミングで、もう一度、
電車に乗るような生活へのシフトにチャレンジされることを考えていらっしゃることも、
きっと、ご自分では気づいていらっしゃらない何か大切な意味がおありではないかと、勝手ながらご拝察いたします。

もしかすると、今のかずさんにとってはカウンセリングで、その「謎に迫る」ことが、
きっと何よりも役に立つのではないでしょうか。 表参道心理相談室 萩原

参考になった:1件

回答No:8
投稿日時:2010-04-21 14:26:25
回答者: 株式会社ディアナ(東京都) 
自信度: ★★★☆☆

かずさん

お子様がいらっしゃるのでしたら余計にお困りになることも多いのではないでしょうか。

クリニック以外にカウンセリング等も併用してみたらいかがでしょうか?

かずさんとお話させていただいたわけではないので、無責任な回答は出来ないのですが、前に同期で、同じような症状の方がいらっしゃったので上記のような事を思いました。

チャレンジする気持ちもお持ちなので、きっかけづくりにもなるかもしれないと思います。

ただ、相性のようなものがカウンセラーとの間にはあると思いますので、相性の良いと感じられる方を選ぶとよいのではないでしょうか?

ディアナ 清水

参考になった:1件

回答No:9
投稿日時:2010-04-21 14:40:20
回答者: クリスタル マリア(千葉県) 
自信度: ★★★★★

こんにちは、思い切っての書き込み、熱い意志を感じます。
さて、神経障害で一時期回復され電車の中で再発されたとのことで
現在クリニックに通院されていますので先生に相談することは当然ですが
合わせて催眠療法カウンセリングをお受けになると良いと思います。
元に戻るか戻らないかを問うのはやってみてからでも遅くないはず!

ステップアップしたい!!その気持ちを大切に!!
応援しています。

参考になった:0件

回答No:10
投稿日時:2010-04-21 14:46:39
回答者: 空の色カウンセリングルーム(東京都) 
自信度: ★★★☆☆

始めまして、高橋と申します。

神経症の再発という、お辛い状況の中で、二人のお子様を抱え、仕事のなどの事も色々な思いめぐらせ、いま本当に大変な思いの中で過ごされているのでだろうと思いながら拝見させていただきました。


神経症の方は通院されて、回復に向けて頑張られていること。
それでも、今は不安感の中にあられるのですね。

クリニックでは、カウンセリング等は受けられていますか?

もし受けていない場合は、担当の先生に相談されて、もし現在の状況が、カウンセリングが有効であるとおっしゃるなら、カウンセリングに手、精神的なメンテナンスをされることをおすすめします。

薬とカウンセリングは共にあれば効果も拡大します。
そして、薬を離れる時も、カウンセリングを受けていることで、不安も軽減していきます。

あなたは今までにその病気を克服されたと言う経験を持たれています。
その経験は、あなたの本来の回復力を証明しています。
その経験は、あなたの強い味方になってもくれます。
そしてあなたの、本来の力をカウンセリングなどで引き出すことで、あなたは今の不安感から解放されていくことと、私は思っています。

仕事のことも、焦らないで下さいね。
時期が来れば自然にステップアップを踏み出すことができるようになると私は思います。
そのステップを安心して踏み出せる心の安定をまずは手に入れませんか?

まずは、Drと相談をして、今のあなたが無理をしないで通える地域のカウンセリングルームを探してはいかがでしょうか?

参考になった:0件

回答No:11
投稿日時:2010-04-21 15:14:38
回答者: アクトドリームサポート合同会社(北海道) 
自信度: ★★★☆☆

かずさん
始めまして中村と言います。

さて、かずさんの書き込みを拝見いたしました。
情報の少ない中での回答となりますので御陵謝ください。


かずさん、お子さんもいる中で大変でしたね。

しかし、かずさんの「前に向かおう」という意思は物凄く伝わってきます。
必ず、良い方向に向かいますよ。

クリニックも大事ですが、まずは心から話せるカウンセラーにお話をすることで
新しい事が見えてくると思います。

ぜひ、少しだけ気軽にお話をして、相性の良いカウンセラーを探されるのがいいと思います。

参考になった:0件

回答No:13
投稿日時:2010-04-21 15:39:30
回答者: 心の相談室(埼玉県) 
自信度: ★★★★★

こんにちは。心理カウンセラーの近藤敏広です。
お身体のこと大変だと思います。私も7年ほど同じような症状で苦しんでいた事があります。ここに質問されたと言うことは、あなたは、もう一段ステップアップされていると思います。なぜなら、たいていの人はネット検索で終わってしまって、いつまでも一歩前に踏み出せないでいるのです。あなたは、もうちゃんと一歩踏み出せていますね。それは、すばらしいことですよ。ひとは気にしている物がどうしても目についてしまうのです。それが良くても悪くてもです。あなたの前の扉が閉まっていても、もしかしたら後ろの扉は開いていて出口があるかもしれません。人間は習慣の生き物です。新しい何かを始めるときは少しずつはじめて下さい。あなたがいまのような行動をとるのには理由があると思います。人は記憶をもっていますが、記憶は単独では存在できないのです。記憶には必ず感情が伴います。そのお話を伺えればもう少し深くお話ができると思います。こんなことを言うと冗談だと思われる人がいますが、アメリカの行動療法では「エレベーターや満員電車を祝福する」ということが行われています。突き詰めて行けば、感謝の気持ちでしょうか、電車を動かしてくれる人に「ありがとう」もっと身近いところで「水道から水が出てくれてありがとう」というように、自分がいろいろな物や人に助けられていると思い始めると、周りの世界が親しく過ごしやすくなってきます。長くなりましたのでこれで失礼します。

参考になった:1件

回答No:14
投稿日時:2010-04-21 16:05:08
回答者: カウンセリングセンター 聴心館(東京都) 
自信度: ★★★★★

こんにちは。
クリニックに通院しながら,在宅正社員という形で頑張ってこられたのですね。
自分を克服してステップされたいという前向きな気持ちになられたと言うことでは,
非常に良い方向におられると思います。一方で,元気だったあの頃には
戻れないかもしれないという絶望感もあるということなんですね。
いざ現実にやってみようと言うときに,不安に感じるその気持ち,お察しします。

さて,20歳のときに神経障碍ということで,既往の詳しい状況がわかりませんから
軽率な判断はできませんが,チャレンジしてみようとお考えの今,
胸が苦しくなったり 色々な症状がでるということですので,
予期不安がある状況とお見受けします。

一般論になりますが,パニック障碍で予期不安のあるケースは,
認知行動療法によって,比較的に多くの方が解消しています。
認知行動療法はケースによっては医療保険がききますので
通院中のクリニックの先生とご相談されるのがよいと思います。
もしくは,認知行動療法に精通しているカウンセリングルームで
相談される方法もあります。この場合は,医療保険がききません。
相談先がなければ,こちらにお問い合わせいただいても結構です。

希望を持っていただいて良いかと思います。
相談に行くという形で,一歩前に踏み出してみましょう。

参考になった:2件

質問者コメント

本当に有難うございます。
予期不安がかなり強くあります。

回答No:15
投稿日時:2010-04-21 16:38:00
回答者: ハートイヤー(広島県) 
自信度: ★★★☆☆

かずさん。
こんにちは、ハートイヤーの松本です。
宜しくお願いいたします。

コメントを拝見しました。

かずさんは現状大変つらい思いをされいますね。
お子さんも2人いらっしゃる中で大変だと感じました。

神経障害を再発されたということですが原因となるものがあると思います。
それを気づければ良い方向にいくんではないでしょうか。
慌てることなくゆっくりと治していく気持ちを持ってください。

まずは、乗り物も少しずつ距離を伸ばしたり、出来るところまででいいんです。
また、信頼できる方にそばにいて頂ければより良いです。

絶望感を感じていらっしゃるようですが、クリニックに通院されたり、
ステップアップしたいと思っていますので必ず治ると思います。
1度は良くなったのですから。

かずさんの気持ちに応えられたかわかりませんが
通院を続けて焦らず進んでいってください。

参考になった:1件

回答No:16
投稿日時:2010-04-21 17:08:15
回答者: LIGHTWORKERS(東京都) 
自信度: ★★★★★

かずさん

家族を抱え、色々ご不安なことと存じます。
今必要なことは、メンタルケアーに加え、食を見直すことによる体質改善ではないかと思います。
体質が、陰性(緩み・冷やす)に傾いていると、不安が増したり、精神的に安定しません。
少し陽性(締まる・暖める)よりの食事にバランスか切り替えることで、身体も心も良い方向に向くと思います。

身体と心の同時のケアーが、安定した着実な改善方法だと信じております。
具体的な状況がわかりませんので、これ以上は書けませんが、よく考えて見て下さい。
お役に立てそうであれば、ご連絡ください。

参考になった:0件

回答No:17
投稿日時:2010-04-26 09:20:37
回答者: 播州カウンセリング研究所(兵庫県) 
自信度: ★★★☆☆

メールを拝見しました。
現在は、クリニックに通っていらっしゃっても、電車などに乗り込もうとすると、胸が苦しくなったり、いろいろな症状が出て来るとのこと。さぞ、お困りのことと思います。

メールを一読させていただいただけで判断するのは、いささか軽率かも知れませんが、
多分、パニック障害か、「不安・恐怖に関連した障害」であろう、と思われます。(本当は、いろいろな心理テストなどを実施して、問題点をキチンと分析することが先立つのですが)

このような事でお困りの方が、私の研究所にご相談にお越しになった場合、
次のような、手順で、対応させていただいております。

1.呼吸法、特に腹式呼吸法をマスターしていただく。
2.心身を、自由自在にリラックスさせる方法をマスターしていただく。

リッラクスするには、色々な方法がありますが、私のところでは、自律訓練の標準法を採用しています。
そして、上の1と2を、同時にご紹介するようにしています。

これらと並行して、
3.お客様が、日常生活の中で、不安や恐怖を感じておられる場面を、約10箇所ぐらい挙げていただきます。
 4.この不安や恐怖場面を、5?×8?ぐらいの大きさのカードに1枚1枚書き出し、不安や恐怖の軽いものから重いものへと、場面ごとに、順番に並べていきます。
 5.次に、これらを縦に並べて、点数をつけます。点数化と呼んでいます。一番の重いものを一番上に並べて100点とし、一番軽いものは、一番下に置いて、0点と設定し、あとは10段階ごとに点数化していきます。
 これは、お客様とご一緒に、作成します。出来上がったものを不安階層票と呼んでいます。

 6.この不安階層票に基づいて、その不安場面をイメージしていただき、イメージ操作によって、不安場面に慣れていただきます。
 不安場面を思い出し、リラックスし、また不安場面を思い出しリラックスし・・・の繰り返しをすることにより、不安や恐怖をすべて0点にしていきます。

 この順番は、不安や恐怖の強度が弱い場面から、強い場面へ向かって順次、進めていきます。
 この練習は、畳の上の水泳訓練に似ています。

次に、
 6.実際に、不安や恐怖を感じる場面に赴いていただいて、行動実験をしていただきます。カウンセラーが同席するのが一番理想的です。そして、その場面での不安・恐怖が消えるまで、その場面に居続けていただきます。
 これは、実際のプールの中での水泳練習に似ています。

◆怖いと思っていても、じっとそこで我慢していただいていると、不思議なことに、次第に不安や恐怖は、低下していきます。怖さの軽い場面から始めるので、無茶苦茶に怖くありません。上でイメージ練習をしたり、腹式呼吸法を覚えたり、自律訓練法を習得していますから、決してパニックを起こすようなことはありません。

 7.そしてじっと我慢していることにより、不安や恐怖は低下するものだ、という事実を実感していたけるようになります。これが治療に役立つのです。この体験をしていただくことが肝心で、これが回復につながります。

 8.これと並行して、認知療法を実施します。これは、その場その場での不安や恐怖に関するご自身の考え方を修正する作業です。
 9.場合によっては、催眠療法を併用しますと、急速に解消することがあります。

 10.相談回数は、5回から15回程度で終了します。要領が分ってこられると、5、6回目あたりから、お一人でも出来ます。

 11.お客様の中には、上の1と2だけで、つまり腹式呼吸と自律訓練の標準法をお教えしただけで、改善されてしまわれる方もいらっしゃいます。

 12.次に、1,2,と8(認知療法)だけで、軽くなったから、後は、自分で何とかします、と云って、自力で自己治療される方もいらっしゃいます。

もしも、当方の研究所へお越しいただければ、この様な手順でカウンセリングをしてさしあげる事が出来ます。

 13.他府県の方でした、グーグル等で、「パニック障害、行動療法、○○県(または大都市名)」、あるいは「パニック障害、認知療法、○○県」で検索されたら、治療してくれるカウンセリングルームを、探し出せるかもしれません。

 この障害は、従来のカウンセリングだけでは、なかなか効果が出ないのが実情です。

 「ただこのまま、もう戻らないのではないか、という絶望感で最近悩んでいます」と仰っていますが、この種の障害は、一見、大変なようですが、実際にお会いして、上記のような手順でカウンセリングを実施しますと、問題解消は、上に述べたとおり、短期間で終了します。勿論、慎重にやらねばならない部分もありますが・・・。

 14.カウンセリングに出かけるだけでも大変だ、とおっしゃる方には、腹式呼吸法けでも練習されると、外出が楽になります。
 腹式呼吸法は、グーグルなどで、腹式呼吸法と書いて検索されると、コンピューターが教えてくれます。
 15.自律訓練法などは、ビデオ、またはカセットテープの形で販売されていますので、インターネットか大手の本屋さんで、購入することも出来ます。

 16.グーグルで
自律訓練法、テープ・・・または
自律訓練法、ビデオ・・・と、書いて検索されれば、きっと探し出すことが出来ます。

 お答えになったかどうか、分かりませんが、今回のご質問に対し、とりあえず、以上の通りお答えします。
 ご不明の点がありましたら、再度ご質問下さい。
 では、これにて失礼します。

参考になった:0件

回答No:19
投稿日時:2010-05-04 14:15:32
回答者: ライフ ヒーリングあい(埼玉県) 
自信度: ★★★★☆

かずさん、始めまして。

文面から類推させていただきます。

「思いきって・・・」とありますので、頑張り屋で慎重派なのでは?と思いました。
まして既婚、お子様もお二人おあり・・・。
これまでに随分と悩んで頑張ってこられたのだなーとも。

現状を何とかしたいいうお気持ちが痛いほど伝わってきます。

お子様や奥様ともできれば楽しい外出を試みたいでしょうし、
お子様も望んでおられると感じるとあせる気持ちもわかります。


ところでお会いしてではないので、
いくつか関係ありそうなお話をさせていっただきます。

○20歳の時に神経障害を患ったとありました。

 若くしての患いの場合
心の成長具合や社会的対応力(ともに潜在意識です。お育ちの時の親子関係など)が長じて問題が出ることが多く、
繊細な育ち方をしたか、言語環境と脳と心の関係がどうかなど
が症状に大きく関与してきます。

脳の発達は神経の発達と言っても過言ではなく、
言語などがシナプスを介して伝達されるときに
脳内ホルモンの分泌度は
愛されて安心して育ったかどうかで変わってきます。

それにとりわけ関与するのがA10神経だということが
20年頃前から言われています。

この神経の分泌促進や抑止の援助をしているのがお薬です。


○一時治った頃と今の生活の違いを比べてみましょう。
責任感の強いお方だと思いますので
男として親としての重荷を必要以上に感じておられるかもしれません。

そのことなど日々考えていると
必ずこれは神経のバランスを狂わせます。

心が安心したり満たされたと感じた時に
脳内ホルモンは活発になります。

ですから、それを逆手に考えて
病も気楽に構えると変わってくることが分かります。

これが楽天的思考が重要なことがご理解いただけると思います。


家族形態にはいろんな形態があっていいものです。
そこでしか育めないものがあります。

お子様や奥様は、そうしたかずさんからしか学べないものを学んでもいます。
家族での分かち合いも大切な意味があることを受け取ってみていただけたらな
と思います。

肩の重荷をよこらっしょと
しばらく机の中にしまうのもいいかもしれません。


○能と神経、そして海馬などに放出できなかった感情は蓄積していきます。
これが潜在意識です。潜在意識は感情を表に出したり運動したりしている人は
すべてが楽天的ですから
重いエネルギーの蓄積にはならないのです。

○潜在意識には
更に奥深いものがあります。

パニック的障害の奥には過去生での感情の記憶が関わっていることが多々あります。

何かをきっかけにその記憶が飛び出します。
これにはリーデングや催眠療法などが必要になります。

パニック障害のみなら8回ほどで治癒していきます。


○心身はリンクしています。

 心身が辛いときは神経は昼夜別なく緊張することが多く
 自然呼吸が浅くなります。

 腹式呼吸や神経をほぐしてもらうための整体(行けたら・・・ですが)を
 併用することもお勧めです。

 心身が辛い時が長くなると呼吸は浅くなり、
やがて、眠っているときでも緊張は緩和されているとはいかなくなります。
ウルトレリアンリズムという一日周期のリズムがくるいだすためです。

それを緩和するための補佐です。


○日々は実は愛でみたされています。足元にこもれびが光っています。

  <愛しています。許します。許しています>を心に向かって唱えることだけでも
  潜在意識は変わり始めますので、これもお勧めです。

<今>あっての未来です。  
今を
楽しくほほえましくを祈っています。

○心の癒し(潜在意識)と日々の癒しの両面をお勧めいたします。
 もし、よかったらお電話ください。

参考になった:0件



当サイトへの無料登録はこちらからどうぞ


世界WEB標準の証明

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。